【2020年2月】無制限に使えるポケットWiFiの比較とおすすめ6選

「無制限に使えるポケットWiFiを契約したいけど、どれを選べばいいのか分からない」と悩んでいる人のために、料金や速度を比較しておすすめ6選を紹介します。

これまで主流だったのはWiMAXですが、月間では無制限となっていても3日で10ギガ使ってしまったら速度制限にかかるという条件が見つかりました。

さらに、どんなときもWiFiなど「◯◯WiFi」という名前の完全無制限ポケットWiFiが続々と登場しているので迷ってしまうでしょう。

結論を言うと、レンタル料金が安く、ネットをが完全に使い放題なので、WiMAXよりも完全無制限ポケットWiFiをおすすめします。

ここからは、完全無制限ポケットWiFiのおすすめ6選を紹介し、WiMAXなど他のポケットWiFiと比較したときのメリット・デメリットもまとめたのでぜひ最後までご覧ください。

完全無制限でおすすめなポケットWiFi6選

無制限にネットを使いたい人であれば、通信制限を月間でも数日単位でも一切なくした完全無制限のポケットWiFiがおすすめです。

※これから紹介するポケットWiFiは完全無制限で速度も変わりません。なので、比較すべきポイントは「料金」と「サービス」だけです。

以下では料金の安い順にランキングし、各サービスのおすすめポイントや特徴・注意点をご紹介します。
順位完全無制限WiFi月額料金
1位ネクストモバイル3,100円
2位Mugen WiFi3,280円
3位よくばりWiFi3,450円
4位どんなときもWiFi3,480円
4位めっちゃWiFi3,480円
6位限界突破WiFi3,500円

1位 ネクストモバイル

NEXTmobileのおすすめポイント
・2年間は業界最安値の月額3,100円
最短即日発送で端末が届くのが早い!
・国内産の高性能ルーターが使える!
・バッテリーの持続時間が20時間と長い!
・端末代金無料キャンペーンを実施中!
・いつでも解約サポートで違約金0円
ネクストモバイルの詳細記事はこちら

ネクストモバイルは、株式会社グッド・ラックが運営するサービスです。どんなときもWiFiやモバレコAirなどの人気サービスと同じ会社なので安心感と高い実績があります。

最大の特徴はズバリ、「月額料金の安さ」と「端末の高性能さ」を兼ね備えたコスパ最強のポケットWiFiだということ。

業界最安値の月額3,100円で、国内メーカーの富士ソフトが製造した高性能な端末ルーターを使うことができます。

ネクストモバイルの端末性能
※ネクストモバイル公式サイトから画像を引用して作成

通常のポケットWiFiだとバッテリーの持ち時間は最大12時間ぐらいですが、ネクストモバイルなら最大20時間ずっと使えて、充電する頻度が軽減されます。

また、Wi-Fiの同時接続台数が最大15台と多いので、家族や友人など複数人でも使えます。

レンタルではなく端末購入での契約になりますが、2020年1月6日から端末代金無料キャンペーンを実施しているので最新端末がもらえてお得です。(キャンペーン終了日は未定)

さらに、平日の13時までに申し込めば即日発送されて、住んでいる地域によっては最短翌日から利用できます。13時を越えても翌日には端末が発送されるので安心してください。(※土・日・祝日は発送されません)

ネクストモバイルの契約期間は2年ですが、他社への乗り換えで違約金が免除される「いつでも解約サポート」が実施されています。

下記の固定回線やポケットWiFiならいつでも無料で乗り換え可能です。
参考:「いつでも解約サポート」で乗り換え可能なインターネット回線
■ポケットWiFi
Broad WiMAX、どんなときもWiFi
■置き型WiFiルーター
SoftBank Air
■固定回線
ソフトバンク光、So-net光、auひかり、ブロード光

ネクストモバイルの注意点

ネクストモバイル唯一の注意点は、2年後から月額料金が500円高くなることです。

2年間は業界最安価格の月額3,100円で利用できますが、3年目からは月額3,600円になっていまうので、他社よりも少し高い料金となってしまいます。

その対処法として、2年後の契約更新のタイミングで解約することをおすすめします。

更新のタイミングを逃して途中解約すると、1万円近くの違約金がかかってしまうので忘れないようにしましょう。

2位 Mugen WiFi

Mugen WiFiのおすすめポイント
・ずーっと業界最安級の月額3,280円
最短即日発送でネットがすぐ使える!
30日間お試し利用キャンペーン実施中!
・3キャリア対応で通信エリアが広い
海外でもそのまま利用できる新端末!
・2年後からはいつでも無料で解約できる
Mugen WiFiの詳細記事はこちら

Mugen WiFiは、ネクストモバイルに次いで月額料金が最安のポケットWiFiです。

2019年10月から始まったので比較的新しいサービスですが、料金とキャンペーンがかなり充実しているので、ネクストモバイルと肩を並べる最強なサービスと言えます。

提供している端末はどんなときもWiFiと同じもの。月額3,280円というのは同じ端末を提供しているサービスの中では最安価格です。

Mugen WiFiの端末
※Mugen WiFiの公式サイトから画像を引用

端末は無料レンタルでき、月額料金がずっと変わらないので毎月3,280円を払うだけです。

また、独自のキャンペーンとして1ヶ月間お試し利用できる「30日おためし全額返金保証」を実施しています。

もしネット速度が遅くて使い物にならなかったとしても、契約後に請求される初期費用3,000円と月額料金、解約違約金のすべてが返金されるので安心です。

ただし無料で1ヶ月も利用できるわけではありません。キャンペーンを適用するには端末の返却手数料1,000円が必要で、返却時の郵送料も自己負担になるので覚えておきましょう。

さらに、最低利用期間の2年を過ぎれば契約期間の縛りがなくなるので、いつ解約しても違約金がかかりません。

※参考:Mugen WiFiの解約違約金
1年未満:9,000円
1~2年未満:5,000円
3年目以降:0円

他社サービスだと2年ごとの契約更新月で解約しないと高額な違約金が発生してしまいます。2年経てば好きなタイミングで解約できるというのはすごく有難いです。

Mugen WiFiの注意点

注意点として、契約月に月額料金が日割りにならないことが挙げられます。

例えば、1月25日から利用開始して1月分は6日間しか経っていなくても月額料金3,280円がまるまる請求されてしまいます。

なので、できるだけ月末は避けて月初に申し込む方が損しないということです。

端末は申し込み日の翌日には発送されるので、関東エリアに住んでいる人は2日後、遠くに住んでいても3日後または4日後から利用開始できますよ。

3位 よくばりWiFi

よくばりWiFiのおすすめポイント
・ずっと月額3,450円で安い!
・最大2ヶ月間の月額料金が0円
最短即日発送で早くて翌日に端末が届く!
・SoftBank回線で通信エリアが広い
・設定不要で国内・海外の両方で使える!
・NTTグループカード加入で6,000円返金キャンペーンを実施中!
よくばりWiFiの詳細記事はこちら

よくばりWiFiは、先ほど紹介したMugen WiFiと同じ端末を提供しています。

ずっと月額3,450円で利用できるだけでなく、独自のキャンペーンとして最大2ヶ月間は無料になるというのが大きな魅力です。

また、NTTグループカードに加入してからクレジットカードとして月額料金を支払うことで、毎月の請求額から1年間500円還元されるキャンペーンを実施しています。

つまり、2つのキャンペーンを適用した場合の支払い総額は、Mugen WiFiの利用料金よりも安くなるということです。

平日は13時、土曜日は11時までに申し込めば即日発送されるので、最短翌日からネットが使えます。(日曜・祝日は発送されません)

よくばりWiFiの注意点

最大2ヶ月無料のキャンペーンを適用するには、オプションサービスの「端末補償(月額380円)」と同時に申し込む必要があります。

最初の2ヶ月は料金が発生しませんが、3ヶ月目からは自動的に料金が加算されてしまうので要注意です。

「端末補償」のサービスが不要な人は最初の2ヶ月間でオプションだけ解約しなければならないので忘れないようにしましょう。

4位 どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのおすすめポイント
・2年間定額の月額3,480円で安い!
最短即日発送で端末が届くのが早い!
・大手企業が提供する安心のサービス
・3キャリア対応で通信エリアが広い
海外でも利用できる最新技術が搭載!
・いつでも解約サポートで違約金0円
どんなときもWiFiの詳細記事はこちら

どんなときもWiFiはCMや広告などで認知度が高く、一番最初に完全無制限WiFiのサービスを始めたポケットWiFiとして有名です。

すでにご紹介したネクストモバイルと同じ運営会社(グッド・ラック)ですが、提供している端末が異なります。

どんなときもWiFiの端末は「uCloudlink」という海外企業が製造元です。ポケットWiFiはSIMカードを挿入することで特定の通信回線が使えるという仕組みでしたが、最新技術の「クラウドSIM」を導入することで複数の回線が利用できるようになりました。

全国エリアのどこにいても繋がりやすい3キャリアのLTE回線が使えて、海外のLTE回線にも対応しているので端末1台で国内・海外の両方で利用可能です。

また、ネクストモバイルと同様に「いつでも解約サポート」を実施しています。サポート窓口で確認したところ、乗り換え先としてネクストモバイルも選べるみたいなので安心です。

平日13時、土曜11時までに申し込めば即日発送してくれるので、最短で翌日から利用開始できますよ。

どんなときもWiFiの注意点

どんなときもWiFiの月額3,480円は2年割キャンペーンが適用されている間だけです。

なので、3年目以降は500円高くなって月額3,980円になります。他社サービスと比較すると割高になってしまうので、2年後の契約更新のタイミングで解約するのがおすすめです。

4位 めっちゃWiFi

めっちゃWiFiのおすすめポイント
・ずーっと定額の月額3,480円で安心!
・2年後からは契約期間の縛りなし
・3キャリア対応で国内エリアが広い
・面倒な設定不要で海外でも使える!
めっちゃWiFiの詳細記事はこちら

めっちゃWiFiは、提供している端末も月額料金もどんなときもWiFiと同じです。

ずっと月額料金は変わらないので、2年後から500円高くなるどんなときもWiFiと比べると料金面では優れていると言えます。

しかし、類似サービスの『Mugen WiFi』『よくばりWiFi』と比べると料金やキャンペーンで見劣りしてしまうのも事実です。

今後サービス内容が変わるかもしれませんが、今のところおすすめできるポイントはありませんでした。

6位 限界突破WiFi

限界突破WiFiのおすすめポイント
・今なら端末代0円!ずっと月額3,500円
・液晶画面がついた便利な最新ルーター
・バッテリーの持続時間が15時間と長い!
海外に行ってもそのまま使える!
・スマホを充電できるバッテリー機能あり
翻訳機能がついてるから海外でも安心!

限界突破WiFiは、格安スマホで有名なX-mobileが運営するポケットWiFiです。

月額料金だけで比較すると6位になってしまいましたが、提供している端末の機能性が優れているので非常に人気があります。
限界突破WiFiの提供端末
製造元uCloudlink
連続接続時間最大12時間
接続台数最大5台
搭載機能・翻訳機能
・充電機能
上記の写真を見て分かるように、端末には液晶画面がついているので操作がカンタンで分かりやすいです。

また、翻訳機能とモバイルバッテリー機能が搭載されているので、海外の旅行先やいつもの外出先などで必ず活躍します。

申し込み窓口はネットだけでなく店舗でも手続き可能です。X-mobileは全国に80の店舗があり、店舗で申し込めば当日から利用できますよ。

限界突破WiFiの注意点

端末の発送時期は公式サイトに明記されておらず、在庫状況によって大きく異なります。

入荷したタイミングであれば翌日に発送されますが、在庫が少ない状況では発送までに1週間ほどかかってしまいます。

気になる方は、申し込む前に下記の問い合わせ窓口で在庫状況を確認しましょう。

●X-mobileカスタマーサポート
050-1745-7355
(年中無休 10:00~19:00)

無制限ポケットWiFiを比較

ここからは、無制限に使えるポケットWiFiを「月間無制限」と「完全無制限」の2種類に分けて比較し、完全無制限ポケットWiFiのメリット・デメリットを紹介していきます。

【月間無制限】
⇒月間のデータ容量は無制限だが、3日や1日など数日単位の通信制限がある
【完全無制限】
⇒月間も短期間も制限が一切ない

下の表では、月額料金・短期間の通信制限・最大速度の3つを比較しました。
 サービス料金通信制限速度




縛りなしWiFi3,300円2GB/1日440メガ
GMO WiMAX3,480円10GB/3日440メガ
カシモ WiMAX3,480円10GB/3日440メガ
UQ WiMAX3,880円10GB/3日440メガ
Y!mobile4,380円10GB/3日612メガ




NEXTmobile3,100円なし150メガ
Mugen WiFi3,280円なし150メガ
よくばりWiFi3,450円なし150メガ
どんなときもWiFi3,480円なし150メガ
めっちゃWiFi3,480円なし150メガ
限界突破WiFi3,500円なし150メガ
上の表を見て分かるように、月間無制限WiFiと完全無制限WiFiの料金はあまり変わりませんが、サービス内容は大きく異なります。

これから、完全無制限WiFiのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

完全無制限ポケットWiFiのメリット

完全無制限に使えるポケットWiFiのメリットは以下2つあります。

1.速度制限が一切かからない
2.レンタル料金が安い

メリット①速度制限に一切かからない

最大のメリットは速度制限にかかる心配が一切ないことです。

UQ mobileやauの『WiMAX』とソフトバンクやY!mobileの『Pocket WiFi』には数日単位の通信制限が決まっていて、データ量を使いすぎるとネットが重くなってしまいます。
 WiMAXPocket WiFi完全無制限wifi
WiMAX
Pocket WiFi
クラウドwifi
提供会社UQ WiMAX
au
SoftBank
Y!mobile
どんなときも
WiFiなど
速度制限10GB/3日10GB/3日なし
WiMAXの場合、翌日のネットが混雑する時間帯(18時~翌2時)に1メガまで速度が低下してしまいます。Pocket WiFiは3日間で10GBを超えた日の当日18時から翌日1時までです。

それでは、3日間で10GBってどれぐらいのデータ容量なの?と思うかもしれません。

実際にWiMAXを利用しているユーザーの口コミを見ると、アプリのダウンロードやアップデートだけでもデータ量を使うのですぐ速度制限にかかるケースが意外と多いです。
確実に言えるのは、複数人でWi-Fiを使ったりネットで動画を見たりする人には3日で10GBの制限はかなり厳しいということ。

とくに最近ではYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスが広まってきて、大容量のデータ通信をおこなう機会が増えてきました。

せっかくポケットWiFiを契約するならストレスフリーな完全無制限を選びましょう。

メリット②とにかく利用料金が安い

完全無制限WiFiの月額料金の相場は3,100円~3,500円なので、月間無制限WiFiの相場(3,300円~4,380円)よりも安いです。

さらに、レンタルでの契約になるので端末代金が一切かかりません。月間無制限のWiMAXを契約する場合は、最初に端末を購入するので初期費用として約15,000円が必要です。

WiMAXの提供会社(プロバイダ)によっては端末代を0円にしていますが、そのぶん月額料金が高くなっている場合があります。

レンタルなのでサービスを解約するときに郵送で返却しないといけないのが少し手間ですが、データ容量が完全無制限で利用料金も安いというコスパの良さがたくさんの方に選ばれている最大の理由でしょう。

完全無制限ポケットWiFiのデメリット

完全無制限WiFiにはWiMAXよりも通信速度が遅いというデメリットがあります。

実際に評判や口コミを見ると、以下のように「速度が遅くて繋がらない」という声が多かったです。
数値で比較した場合、完全無制限WiFiの最大速度が150メガ、WiMAXが440メガなので、およそ3倍ほど遅いという結果になりました。

しかし、どちらもベストな接続状態で速度を測った場合です。完全無制限WiFiはスマホと同じLTE回線を使っているので、実際にはWiMAXよりも通信が安定しています。

※参考(完全無制限WiFiの仕組みについて)
完全無制限WiFiではスマホと同じ4G LTE回線が使われています。なかには3キャリアに対応していて自動的につながりやすい回線を選んでくれるので通信が安定しています。

実をいうとポケットWiFiの通信速度は利用場所によって大きく異なるため、一概に速い・遅いと決めることができません。

なので、全ての通信サービスには8日以内の解約で契約解除できる「初期契約解除制度」が法律で決められています。クーリングオフに似たような制度で、もし期待していた速度が出なくても8日以内なら返品できますよ。

おまけ:目的別で最安の無制限ポケットWiFiを紹介

「短期的にポケットWiFiを使いたい」
「海外に旅行するときにも持っていきたい」

ここでは、上記のような目的でポケットWiFiを利用したいという人に向けて、おすすめのサービスをご紹介します。

1ヶ月などの短期間だけレンタルしたい人

ポケットWiFiを契約する場合は最低でも2年間の利用期間が決められていることが多く、1ヶ月2ヶ月の短期利用には向いていません。

短期間だけレンタルする場合は、契約期間の縛りがない以下のサービスがおすすめです。
サービス月額料金通信制限
縛りなしWiFi3,300円2GB/1日
SPACE Wi-Fi3,680円10GB/3日
STAR WiFi4,480円なし
よくばりWiFi
(縛りなしプラン)
4,880円なし
上記のポケットWiFiであれば1ヶ月ごとのレンタルが可能なので、どのタイミングで解約しても決して違約金が請求されません。

なかでも一番レンタル料金が安い「縛りなしWiFi」がおすすめです。月額料金として最安値の3,300円を支払うだけで利用できます。

ただし、使える端末は1日2GBのデータ容量が決められているWiMAXで、容量を越えてしまうと速度制限にかかってしまうので要注意。

完全無制限のポケットWiFiを使いたい方は料金が高くなってしまいますが、STAR WiFiとよくばりWiFiの縛りなしプランを検討してみてください。

また、1日単位でのレンタルが可能な「Wifiレンタルどっとこむ」や価格コムでも安く利用できますよ。

海外でもネットを使いたい人

国内だけでなく海外でもWiFiを利用したいという方に向けて、海外利用できるお得な無制限ポケットWiFiを2つ紹介します。

Mugen WiFi

2019年3月に国内・海外の両方で使えるどんなときもWiFiが登場し、それをきっかけに数々の類似サービスが始まりました。

以下で海外の利用料金を比較しています。

エリア①アジア・欧米・北欧・オセアニア
エリア②中東・アフリカ・南米
サービスエリア①エリア②
Mugen WiFi1,200円/日1,600円/日
どんなときもWiFi1,280円/日1,880円/日
よくばりWiFi1,250円/日1,850円/日
めっちゃWiFi1,250円/日1,250円/日
どのサービスも月額料金とは別途で1日ごとの利用料金がかかります。国内では完全無制限ですが、海外利用では1日のデータ容量が1GBと決まっているので注意してください。

上の表を見て分かるように、どのエリアでもMugen WiFiが最安値です。国内での利用でも月額料金が最安なので、迷うことなくMugen WiFiを選びましょう。

限界突破WiFi

限界突破WiFiには海外利用で役に立つ「翻訳機能」や「モバイルバッテリー機能」が搭載されていることは先述した通りです。

さらに、スマホのような感覚で"GoogleMap"が見れたり、観光サイトの"トリップアドバイザー"が閲覧できたりするので、海外利用に適したポケットWiFiといえます。

利用料金は地域や国によって異なりますが、最安価格だと1日あたり380円とかなり安いです。

例:中国・香港・台湾・韓国・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイの利用料金
300MB/1日⇒380円
1GB/7日⇒980円
3GB/30GB⇒1,880円

最安価格で利用するには1日あたり300MB(0.3GB)のデータ容量を選ばないといけません。

おもにLINEやメールを送ったりSNSを投稿したりするなど、あまり海外でネットを使わない人にとっては1日300MBでも大丈夫でしょう。

しかし、ネットで動画配信サービスを見たり音楽を聴いたりするにはだと少し足りないです。

料金が高くなっても良いから海外でも無制限に使いたいという人は、海外レンタルWiFiの「イモトのWiFi」や「フォートラベルGLOBAL WiFi」の2つがおすすめです。

まとめ

ここまで、無制限に使えるポケットWiFiの比較とおすすめ6社をご紹介してきました。

WiMAXは月間だと無制限に使えますが、3日で10GBという数日単位の通信制限があるのでおすすめしません。

この記事で紹介している完全無制限WiFiの6社から自分に合ったサービスを選ぶことをおすすめします。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

どんなときもWiFiに関する情報の関連記事

料金比較の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る