Mugen WiFiの評判からわかるメリットと注意点を徹底検証

Mugen WiFi(無限wifi)は2019年10月から始まった完全無制限のポケットWiFiです。

まだまだ口コミや評判は少ないですが、他のサービスと比較しても月額3,280円と最安価格。30日間のお試し利用キャンペーンもあるので安心して利用できます。

実をいうと、テレビCMなどで話題になっている「どんなときもWiFi」よりも料金が安く、まったく同じ端末を使うことが可能です。

しかし「お得すぎて裏に何かあるんじゃないか?」と不安になる人もいると思います。

この記事では利用者の口コミを参考に、料金や速度、キャンペーンなど全てをご紹介しました。申し込み方法やよくある質問も一緒にまとめたので最後までご覧ください。
※7月現在、在庫切れで新規申し込みできません!
Mugen WiFiは在庫切れで新規の申し込みを受け付けていません。最短当日発送で速度に定評がある『WiMAX』を選ぶ人が増えています。
おすすめWiMAXを詳しく知りたい人はこちら

Mugen WiFiとは

Mugen WiFiとは2019年10月から始まった完全無制限のポケットWiFiで、株式会社surfaveという会社が提供しています。

CMや広告などで話題になっている完全無制限の「どんなときもWiFi」とまったく同じ端末を利用することができます。(※格安プランで申し込んだ場合)

もともとは、どんなときもWiFiが2019年3月から先にサービスを始めていたので、それと似たようなサービスとして後を追うかたちでMugen WiFiが生まれました。

他のポケットWiFiと何が違うかというと…

スマホや携帯と同じLTE回線を使っているという点が大きく違います。国内の通信エリアが広いだけでなく、海外でも同じ端末がそのまま使える高性能なポケットWiFiです。

Mugen WiFiの評判からわかるメリット

ポケットWiFiは「月額料金」「通信容量」「契約期間」「発送日」「エリア」の5つのポイントが大きく異なるので比較しました。

結論をいうと、Mugen WiFiは他社と比べて料金面とサービス面の両方が一番充実している最強のポケットWiFiです。

なぜ最強のポケットと言えるのか?について以降で詳しくご説明していきます。

1.月額料金が業界最安値

他のポケットWiFiと月額料金を比較したところ、Mugen WiFiは最安価格で利用できます。

ポケットWiFiとして大人気のWiMAXや、同じようにレンタルをやっている◯◯WiFiというサービスと比べても以下のように一番安いことが分かりました。
ポケットWiFi月額料金
Mugen WiFi3,280円
どんなときもWiFi3,480円
よくばりWiFi3,450円
限界突破WiFi3,500円
縛りなしWiFi3,300円
SPACE Wi-Fi3,680円
UQ WiMAX3,880円
Y!mobile WiFi4,380円
このように、どのポケットWiFiよりも安く利用することができ、ずっと月額料金は変わらないので、契約期間の2年以上使ったとしても最安で利用できてお得です。

同じ端末が使えるどんなときもWiFiやよくばりWiFiと比べても、以下の表で比較したように長期的に見ても料金を節約できます。
 Mugen WiFiどんなときもWiFiよくばりWiFi
利用開始月3,280円3,480円の日割り3,450円の日割り
2ヶ月目~24ヶ月目3,280円3,480円3,450円
25ヶ月目~3,280円3,980円3,450円
最初の2年間で比べると、毎月200円ほど安いことがわかりました。

たった月200円しか変わらないじゃんと思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引きがおわって月500円も高くなるので長期的に見たら料金が高くなっていきます。

Mugen WiFiの月額料金はずっと変わらない3,280円で、以下のように満足されている人の口コミがたくさん見つかりました。
料金面の欠点を強いて挙げるとすれば、Mugen WiFiの月額料金は日割りにならないので、申し込みのタイミングによっては損してしまうことでしょう。

例えば12月25日に端末が届いて利用し始めると、5日しか使ってないのに12月分の月額料金がまるまる請求されてしまうんです。

しかし今すぐ申し込みたい!という方は、申し込んだ後に「翌月利用希望」をサポート窓口(support@mugen-wifi.com)で依頼すれば、翌日からの利用を予約することができます。

申し込み後に端末が届きますが一時停止状態になっていて、翌月から本格的にネットが使えるという仕組みです。申し込みから2~3日経ってしまうと利用できない場合があるので、申し込んだら早めに依頼しておくことをおすすめします。

2種類の料金プランから選べる

さらに、2種類の料金プランと利用する端末が選べます。どちらも性能や速度はまったく変わらないので、料金と搭載機能だけを比較してどちらを利用するか決めましょう。

 アドバンスプラン格安プラン
利用端末G4U2s
製造元uCloudlink
月額料金3,880円3,280円
最大速度下り:150メガ
上り:50メガ
通信時間連続で12時間
接続台数最大5台まで
搭載機能・翻訳機能
・充電機能
なし

アドバンスプランの端末には液晶画面が付いていて、データ使用量を確認したり、翻訳機能や充電機能などを使ったりできるのでスマホと同じような感覚で利用できます。

アドバンスプランの便利な機能・アプリ
・データ使用量の確認画面
・21ヶ国語の翻訳機能
・スマホの充電機能
・旅行口コミサイト「tripadvisor」
・マップ検索アプリ「Google MAP」

海外に旅行したり出張に行ったりする方にお得なプランです。モバイルバッテリーの機能も付いていて、iPhoneなら1回分フル充電できるので外出が多い人にも向いています。

しかし、格安プランと比べて月600円高くなってしまうので、上記の機能やアプリが必要ない場合は格安プランを選びましょう。

海外での利用料金も安い

海外で利用する場合は毎月の料金とは別途で費用がかかりますが、他社と比べるとかなり安いです。

世界134ヶ国に対応しているので、マイナーな国でなければほとんど利用できます。

★海外で利用した場合の料金 【アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア】 ⇒1,200円/日 【中東・アフリカ・南米】 ⇒1,600円/日
1日単位で請求されるので、利用しない日は料金が1円もかかりません。 ただし、LTE回線を使った高速通信は1日1ギガまでの通信制限があるので、容量を越えてしまうと速度制限がかかってしまいます。 海外レンタルWiFiの「イモトのWiFi」が有名ですが、短期間の旅行や滞在なら1日1ギガでも問題ないでしょう。

\すぐにネットが使える/
GMO WiMAXが大人気!

GMO WiMAXが選ばれる理由業界最高額のキャッシュバック!
★最新機種の高速ルーターだから速い!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪GMO WiMAXなら2週間ほどで届きます♪
▼申し込みはこちら▼GMO WiMAXに申し込む

2.完全無制限でネット使い放題

Mugen WiFiはデータ量が使い放題なので、速度制限にかかる心配が一切ありません。

有名な「WiMAX」や「Y!mobile」のポケットWiFiには毎月の通信制限がない代わりに以下のような短期的な通信制限があります。

※参考(他社で使える端末の通信制限)
WiMAX⇒3日で10GBを越えると速度制限
Y!mobile⇒1日で3GBを越えると速度制限

数字で言われてもピンとこないかもしれませんが、スマホのアプリをアップデートしたりダウンロードしたりするだけでも容量を越えてしまうことが多いです。
上の口コミのように、WiMAXの公式(UQ WiMAX)には「ネットを使い過ぎなければ速度制限にはかからないよー」という風に書かれていますが、実際の利用者に聞くとストレスを感じている人がたくさんいます。

現在は、スマホで動画を観たり音楽配信サービスを使ったりする人が増えてきて、大容量のデータ通信をおこなうのが当たり前になってきています。

これまでは固定回線を引くか、自宅用のモバイルWiFiルーターを契約するか、しかネットを無制限に使うことができませんでした。

しかし、Mugen WiFiやどんなときもWiFiといった新しいポケットWiFiの登場で、第3の選択ができるようになっています。

3.2年後から無料解約できる

Mugen WiFiは2年以上使い続けると、契約期間の縛りがなくなります。いつ解約しても違約金がかからないのは大きなメリットです。

ポケットWiFi契約期間
Mugen WiFi2年のみ
どんなときもWiFi2年更新
よくばりWiFi2年更新
限界突破WiFi2年更新
縛りなしWiFiなし
SPACE Wi-Fiなし
UQ WiMAX2年更新
Y!mobile WiFi2年更新
「縛りなしWiFi」や「STAR Wi-Fi」は最初から契約期間の縛りがありませんが、他社では2年ごとの更新月で解約しないと違約金がかかってしまいます。

更新月のタイミングは1年に1ヶ月間しかないので、時期が悪いと解約するときに高額な違約金を請求されてしまうということです。

ポケットWiFiの性能は時代とともに大きく進化し、2年後や3年後にはどうなっているのか分からないので、できるだけ契約期間の縛りがないサービスをおすすめします。

最低でも2年間使い続ければ解約するタイミングを気にする必要がなく、さらにレンタルしている端末も返却しなくて良いのでかなり大きなメリットでしょう。

2年以内に解約しても違約金が安い

たとえ2年以内に解約するとしても、Mugen WiFiの解約違約金は他社よりも安くて安心です。

他社サービスによっては解約したときの違約金として最大2万円近くかかる場合もありますが、Mugen WiFiは最大でも9,000円しか違約金が発生しないので、途中で解約するリスクを不安に感じている人にとって大きなメリットとなります。
ポケットWiFi1年目2年目3年目
Mugen WiFi9,000円5,000円0円
どんなときもWiFi19,000円14,000円9,500円
よくばりWiFi18,000円12,000円9,500円
UQ WiMAX19,000円14,000円9,500円
GMO WiMAX24,800円24,800円9,500円
Mugen WiFiを解約する場合は、お問い合わせフォームからカンタンに手続きできます。お問い合わせ内容に「解約希望」と記入して、1日~2日後に届くメールに返信すれば手続きは完了です。

利用開始から25ヶ月目以降に解約するなら端末を返却する必要はありませんが、2年以内だと必ず端末を返却しないといけないので覚えておきましょう。

もしも端末を返却しなかった場合、20,000円の端末違約金がかかるので注意してください。

4.端末が最短当日に発送

Mugen WiFiの発送のタイミングは以下の通りです。住んでいる場所や地域によっては最短で翌日から利用できます。

平日の午前8時まで⇒当日中に発送
土・日・祝⇒翌営業日に発送

仮に平日の8時を過ぎたとしても、翌日には発送されるので2日後か3日後には届きます。

他社では端末の発送が3日後~8日後となっている場合があり、届くまでに1週間以上も待たされることがあるのでありがたいです。

他社でも最短当日に端末が発送される場合があるのでMugen WiFiだけのメリットではありませんが、場合によっては最短でも3日後に発送されたり、いつ届くのか明記されてなくて1週間も待たないといけなかったりします。
ポケットWiFi発送時期
Mugen WiFi最短当日
どんなときもWiFi最短当日
よくばりWiFi最短当日
限界突破WiFi最短3日後
縛りなしWiFi最短翌日
SPACE Wi-Fi3日後
UQ WiMAX最短当日
Y!mobile WiFi記載なし

5.エリアが広くて繋がりやすい

Mugen WiFiは特定の回線を持っているのではなく、Softbankやdocomo、auのLTE回線を使って通信しているのでスマホや携帯と同じエリアで利用できます。

使う場所によって一番繋がりやすい通信回線を自動的に選んでくれるので、地下鉄や電車の中、山奥や田舎でも安定して繋がりやすいというのが大きな特徴です。	

ただし、繋がりやすいとは言っても通信が圏外になるところもあります。エリアが心配な方は、ソフトバンクのエリアマップで確認してみてください。

Mugen WiFiの速度に関する注意点

速度が遅いという口コミが多い

ここまでMugen WiFiと他社を比較してきましたが、実際に使ったときの速度はどうなの?と気になる方が多いと思います。

ここでは、Mugen WiFiの速度に関する注意点を評判や口コミなどを参考にお伝えしていきます。

上の口コミのように、Mugen WiFiとWiMAXを比べたときにWiMAXの方が速く感じるという声がたくさん見つかりました。

WiMAXの速度と比較

たしかに公式サイトに記載されている通信速度を以下で比較すると、WiMAXよりも遅いことがわかります。

 Mugen WiFiWiMAX
最大速度150メガ440メガ
実測値10~40メガ20~50メガ

上記のように、WiMAXの最大速度がMugen WiFiより3倍速いことが分かりました。

ただし、最大速度は理論的に出るとされている数値なので、実測値と比べるとかなり離れた結果になりあまり参考にはできないです。

実際の速度は住んでいる場所や周りの環境によって大きく左右されてしまい、利用者の中でも速度が速い人と遅い人で分かれているので、結局のところ運次第になってしまうので注意しましょう。

ただし、なかにはWiMAXよりもMugen WiFiの方が速いし安定してるという声も見つかりました。

速度が遅いときの対処法

どのポケットWiFiも実際に住んでいる場所で使ってみないと速度が分からないので、すべての通信事業者では8日以内に端末を返却すれば料金がかからない「初期契約解除制度」というクーリングオフに似た制度があります。

実際に契約してみて期待通りの速度がでなければ初期契約解除制度を活用しましょう。

また、Mugen WiFiでは30日間はお試し期間として利用できるキャンペーンを実施しているので、もし速度に満足できなくても安心です。

Mugen WiFiのお得な申し込み方法

公式サイトから申し込む

まずは申し込み手続きをしないことには始まりません。Mugen WiFiの申し込み窓口は公式ページだけなので、安心して申し込むことができます。

平日であれば翌日までには発送メールが届きます。もしメールが届かない場合はMugen WiFiの問い合わせ窓口に電話しみましょう。

※Mugen WiFiの問い合わせ窓口
TEL:0120-541-802

申し込み前の確認ポイント

申し込みフォームを記入していくのですが、確認しなければならない点が3つあります。

プラン・端末は何を選ぶべきか?
すでにお話ししたように、海外でも旅行などで利用する場合はアドバンスプランがおすすめです。国内で使うのがほとんどという方は格安プランで十分でしょう。
サポートオプションは必要か?
端末が故障したら交換費用として20,000円かかります。「Mugen補償プラン(500円/月)」に加入している場合は0円になりますが、紛失や盗難には対応していません。自然故障なら1年間の無料保証が付いているので、わざわざ加入しなくても大丈夫です。
支払い方法は選べるか?
支払い方法はクレジットカード(VISA/JCB/MasterCard/AMERICAN EXPRESS/DinersClub)のみです。どんなときもWiFiは口座振替に対応していますが、月額料金が割高になるのでおすすめしません。

30日間のお試しキャンペーン

30日おためし全額返金キャンペーン

Mugen WiFiでは「30日おためし全額返金キャンペーン」をやっています。

申し込みから30日以内であれば、いつ解約しても違約金や月額料金、初期費用を含めた全額を返金してくれるのでお得です。

しかし本キャンペーンを適用させるには、返却処理手数料1,000円と返却時の送料がかかるので覚えておいてください。

それでも、ここまで長くサービスをお試しで利用できるのはMugen WiFiだけなので、安心して申し込むことができるのも魅力の一つでしょう。

▼キャンペーンの適用方法▼
①申し込み日から30日以内に「30日おためし全額返金保証」の旨と 「解約理由」「決済番号」をお問い合わせフォームから連絡する
②申し込みから30日以内を発送日として郵送でレンタル機器を返却する

お試しキャンペーンの注意点

注意点として、以下の状態でキャンペーンを適用させた場合は違約金がかかります。

通常を越える(50GB以上の)大容量通信
┗9,000円
箱の破損などや説明書の欠品
┗20,000円
レンタル機器の未返却
┗翌月から毎月1,600円(最大24ヶ月)

レンタル機器だけでなく箱や説明書も返却の対象になるので、必ず大事に保管するようにしておきましょう。

まとめ

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

Mugen WiFiは他社と比べても安い料金でネット使い放題になので、素直におすすめできるポケットWiFiです。

この記事が、皆さんのインターネット選びに役立つことを祈っています。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM