ソネット光プラスの2つのメリットと評判からわかる全情報【2020年6月】

ソネット光プラスはどんな光回線?他社と比較して料金は安いの?とソネット光プラスについて気になることが沢山ありますよね。

ソネット光プラスは、月額料金が安く、auスマートバリューでスマホ代が1,000円安くなることから、総合的にお得な光回線であることは間違いありません。

この記事では、ソネット光プラスを契約前に知るべき評判と、実際に契約してわかった料金・速度・申し込みの流れを解説します。

これから契約する方は、2020年6月最新のキャンペーン情報もチェックして下さい。

ソネット光プラスとは

ソネット光プラスとは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する、光ファイバーを利用したインターネット回線です。

光コラボレーションという、フレッツ光とプロバイダのSo-netがコラボしたサービスなので、全国エリアで契約できます。

さらに、auスマホを利用している方は「auスマートバリュー」でスマホ代が毎月1,000円安くなります。

ソネット光プラスの2つのメリット

ソネット光プラスには以下2つのメリットがあります。

●月額料金が安い
●auスマートバリューでスマホ代が安くなる

とくに、月額料金の安さはソネット光プラスの最大のメリットと言えるので詳しく紹介します。

月額料金が安い

ソネット光プラスの1番のメリットは月額料金の安さです。

ソネット光プラスは、公式サイトから申し込むと2年間、戸建て2,980円マンション1,980円で利用できます。
月額料金戸建てマンション
1,2年目2,980円1,980円
3年目以降5,580円4,480円
ここでは以下の状況別で、ソネット光プラスは安いのか比較した結果を紹介します。

●戸建ての場合
●マンションの場合
●auスマートバリュー対象の光回線と比較

戸建ての料金も安い

戸建ての月額料金は5,000円が相場です。

ソネット光プラスは月額2,980円なので、相場よりも2,000円ほど安く利用できます。

さらに、ソネット光プラスと同じNTT回線を利用するドコモ光やソフトバンク光と比較しても2,000円ほど安いので、コスパも良いサービスといえます。
光回線戸建て
ソネット光
プラス
2,980円
ドコモ光5,200円
ソフトバンク光5,200円
NURO光4,743円
auひかり4,000円
これほど安い光回線は珍しいため「ソネット光プラスは安い」という口コミがたくさん投稿されています。
スマホのセット割よりも安い?
最近は、対象の光回線を契約することで、ドコモ・au・ソフトバンクスマホとのセット割ができます。

セット割を利用すると、家族全員のスマホ代が毎月最大1,000円安くなるので、家族でキャリアをまとめている場合は、セット割を利用したほうが安くなるケースもあります。
スマホ光回線セット割引額
docomoドコモ光500円~1000円
auSo-net光プラス
500円~1000円
auひかり
BIGLOBE光
@nifty光
Softbankソフトバンク光500円~1000円
NURO光
auスマホの方は、セット割もできて月額料金も安いソネット光プラス一択ですが、ドコモやソフトバンクスマホの場合は「セット割引額」も考慮してた上で選びましょう。

マンションの料金も安い

ソネット光プラスのマンションタイプは、月額1,980円なので、他のネット回線を契約するよりも比較的安いです。

マンションで一人暮らしをしている場合などは、光回線だけでなくポケットWi-Fiという選択肢もあると思いますが、それらと比較しても安いです。
光回線マンション
ソネット光
プラス
1,980円
ドコモ光4,000円
ソフトバンク光3,800円
NURO光4,743円
auひかり2,600円
GMOWiMAX3,609円
また、ソネット光プラスはどのマンションでも一律1,980円です。マンションの設備によって高くならないのもメリットです。

auスマートバリュー対象の光回線で比較

ソネット光プラスはauスマホが安くなる「auスマートバリュー」対象の光回線です。

auスマートバリュー対象の光回線は地域限定も含めると9社以上ありますが、ソネット光プラスはその中でもトップクラスの安さになります。

▼auスマートバリュー対象の光回線で比較
光回線戸建てマンション
ソネット光プラス2,980円1,980円
ビッグローブ光3,500円2,500円
@nifty光5,200 円3,980円
auひかり(一部)4,000円2,600円
eo光(関西)3,024円3,024円
コミュファ光(東海)5,250円5,250円
BBIQ光(九州)4,700円4,100円
メガエッグ光(中国)4,200円3,200円
ピカラ光(四国)4,900円3,700円
※( )内は利用可能地域です。

このように、ソネット光プラスは他の光回線よりも月額500円~2,000円ほど安いことが分かります。

さらに、ソネット光プラスは全国エリアで契約でき、全国エリア対応の3社の中でも比較的安いのが特徴です。

auスマートバリューの条件はどの光回線も同じなので、これほど安く利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

auスマートバリューでスマホ代が安くなる

ソネット光プラスは「auスマートバリュー」によって、auスマホの月額料金が毎月最大1,000円安くなります。

auスマホ1台につき最大1,000円の割引がきくので、例えば、家族4人でauスマホを利用している場合は毎月4,000円の割引が受けられます。

auスマートバリューは月額500円の光電話へ加入することが条件になっていますが、それ以上の割引を受けることが出来るので、auユーザーとってソネット光プラスは非常におすすめです。

auスマートバリューについて詳しくはauスマートバリューについてをご覧ください。

\2020年最安光回線/
ソネット光が選ばれています

ソネット光が選ばれる理由
・戸建て2,980円で業界最安!
・マンションもたった1,980円
・いつでも工事費無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引


公式サイトから申し込むだけで月額料金が大幅に安くなる光回線として多くの人に選ばれています。

\1番お得な申し込み窓口/

ソネット光プラスの最新キャンペーン

2020年6月に開催しているキャンペーンは、公式サイトのキャンペーンと、代理店のキャンペーンです。

どちらで申し込むかによってキャンペーン内容が全然違います。2020年6月は最もお得な公式サイトのキャンペーンをおすすめします。

ソネット光のキャンペーン情報について詳しく書いた記事はこちら

公式サイトのキャンペーンがおすすめ

2020年6月に公式サイトで実施しているキャンペーンは以下の3つになります。この3つのキャンペーンは公式サイトから申し込まないと利用できません。

●割引キャンペーン
●工事費無料キャンペーン
●Wi-Fiルーターのレンタル永年無料

割引キャンペーン

公式サイトから申し込むと2年間の3,000円割引キャンペーンによって、先述のとおり戸建て2,980円マンション1,980円で利用できるようになります。
窓口内容総額
公式サイト【月額料金割引】
戸建て2,980円
マンション1,980円
72,000円
他の窓口キャッシュバック50,000~62,000円
他の窓口で実施しているキャッシュバックよりも、以下の理由から公式サイトが最もお得です。

・月額料金が他社よりも安くなる
・手続きが要らない
・オプションに加入する必要が無い
・解約時にキャンペーン違約金がかからない

ソネット光プラスの割引キャンペーンなら全ての人が、オプション加入なしで合計72,000円もの割引を受けられ、手続きも一切必要ないので総合的におすすめです。

工事費無料キャンペーン

ソネット光プラスは、公式サイトで申し込むと通常24,000円の工事費が、割引によって実質0円になります。ブロードバンドナビなどの一部の代理店だと無料にならない場合もあるので工事費無料キャンペーンが受けられるのは大変お得です。

\2020年最安光回線/
ソネット光が選ばれています

ソネット光が選ばれる理由
・戸建て2,980円で業界最安!
・マンションもたった1,980円
・いつでも工事費無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引


公式サイトから申し込むだけで月額料金が大幅に安くなる光回線として多くの人に選ばれています。

\1番お得な申し込み窓口/

代理店のキャンペーンは?

ソネット光プラスは、公式サイトのキャンペーンがおすすめですが、代理店のキャンペーンについても一応紹介します。

代理店では割引キャンペーンではなく、キャッシュバックキャンペーンを実施しています。
代理店新規契約転用・事業者変更
BIGUP株式会社50,000円10000円
株式会社
GrandNetwork
60,000円
株式会社NEXT62,000円10,000円
ブロードバンド52,000円12,000円
このように、高額なキャッシュバックがもらえますが、公式サイトのキャンペーンと比べると以下の理由からあまりおすすめできません。

・公式サイトの方が総合的にお得
・手続きが2回必要
・転用や事業者変更だと減額される

代理店のキャッシュバックは、代理店と公式による2つのキャッシュバックとなっているので、2回手続きをしないとキャッシュバックは受け取れません。

また転用や事業者変更だと、キャッシュバック額がかなり減額されるので、公式サイトに比べるとお得とは言えないです。

ソネット光プラスの申し込みから開通まで

ソネット光プラスの申し込みから開通までの流れは以下の3ステップです。

0.事業者変更・転用の手続き
1.申し込み
2.開通工事

建物の状態によって開通までの期間は変わり、だいたい2週間から1ヶ月となっています。

0.事業者変更・転用の手続き

現在フレッツ光を利用している方は転用、光コラボを利用している方は事業者変更という手続きをしましょう。

事業者変更・転用になる方は今契約中の光回線に連絡をして「承諾番号」を取得しておいてください。
●現在フレッツ光を利用している方(転用)
NTT東日本:0120-140-202
NTT西日本:0120-553-104
●光コラボを利用している方(事業者変更)
各回線へ問い合わせが必要
事業者変更について詳しく書いた記事はこちら

1.申し込み

ソネット光プラス公式サイトを開き、画面下部の「WEBで新規入会」をクリックして以下の情報を入力しましょう。

1.契約者の情報を入力
2.オプションを選択
3.IDとパスワードを設定
4.クレジットカードの情報を入力

この申し込みフォームに入力するだけで、ソネット光プラスの契約が完了するので、オプションなども漏れないようにチェックしてください。、

※お支払方法はクレジットのみとなっていますが、後から口座振替に変更することも可能です。

2.開通工事

開通工事が必要と判断された場合は、申し込み後に工事に関する電話がかかってくるのでそこで工事日を決定します。

引越しシーズンだと工事の予約が取りづらく、工事日はだいたい1~2ヶ月後となります。

工事が不要と判断された場合は、レンタル機器が届くので、同封の設定手順に従ってセッティングしましょう。
\1番お得な申し込み窓口/ソネット光プラス公式サイト

ソネット光プラスのその他の情報

ソネット光プラスを契約前に知るべきその他の情報をまとめて紹介します。

●ソネット光プラスの速度は?ソネット光電話とは?ソネット光プラスのテレビサービスとは?Wi-Fiルーターがレンタルできるソネット光プラスの工事内容ソネット光プラスの引越しについてソネット光プラスと他社の違いは?セキュリティソフトは使える?ソネット光プラスのオプションは?ソネット光プラスの解約は?問い合わせ先は?

ソネット光プラスはの速度は?

ソネット光プラスの通信速度は遅いのか気になりますよね。

ソネット光プラスは、フレッツ光回線を保有する最大1Gdpsの光回線なので、速度はドコモ光やBIGLOBE光と全く同じです。

ただひ、次で紹介する「v6プラス」を利用しているかがポイントになります。

v6プラスがポイント

v6プラスとは利用者が増える夜間や休日でも快適にネットが利用できると言われている最新の通信方式です。

v6プラス

※引用元:ソネット光公式サイト
ソネット光プラスは、v6プラスが標準搭載されているので、専用のWi-Fiルーターを公式から無料レンタルするだけで利用できます。

利用環境にも左右されますが、以下ような口コミも多数あるので、速度にも期待できる光回線です。

マンションの速度は?

ソネット光プラスのマンションタイプは、電柱から引いた1本の配線を各部屋に分岐させて繋ぐのですが、その配線が「光ファイバー方式」か「VDSL方式」なのかによって通信速度が変わります。

VDSL方式という電話回線のマンションの場合は最大100Mdpsしか出ないので、高性能なWi-Fiルーターを利用しても速度は速くなりません。

配線方式はソネット光プラスに問い合わせれば教えてくれるので、不安な方は申し込み前に確認しておくか、どのマンションでも光ファイバーが利用できる「NURO光」を検討してみて下さい。

ちなみに、僕が住んでいるVDSL方式のマンションだと、ソネット光プラスでも平均70Mdpsの速度が出ているので、動画視聴や在宅ワークをしていても遅いと感じたことはありません。口コミでも僕と同じように満足して使っている方が多いです。

平均速度は?

インターネットの通信速度は利用環境やプロバイダによっても変わると言われていますが、基本的に10Mdps出ていればストレスなくネットを利用できます。

ソネット光プラスはプロバイダ大手So-netが提供する光回線なので、設備面含め速度に関してそこまで心配する必要はないでしょう。

一応、参考までに平均速度と利用者の口コミを紹介しておきます。

▼平均速度

光回線最大速度平均の実測値
ソネット光プラス1Gdps234.40Mbps
ドコモ光1Gdps233.19Mbps
ソフトバンク光1Gdps194.68Mbps
フレッツ光1Gdps183.71Mbps
NURO光2Gdps317.00Mbps

※引用元:みんなの回線速度
※2020年2月~4月に計測された全国平均です。

上記のように、もしソネット光プラスで速度が遅いと感じている方は、次で紹介する遅い時の対処法を試してみて下さい。

遅い時の対処法は?

ソネット光プラスの速度が遅い場合は以下を試すことで改善される可能性があります。

1.周波数を切り替える
2.モデムやWi-Fiルーターを再起動する
3.Wi-Fiルーターの設置場所を変える
4.v6プラスを申し込む
5.LANケーブルを交換する

を読めば改善させる可能性があるので参考にしてみて下さい。

ソネット光電話とは?

ソネット光プラスには「ソネット光電話」という月額500円で利用できる固定電話サービスがあります。

NTT加入電話を利用するよりも、基本料金が1,000円以上安くなり通話料も抑えられます。
 NTT電話ソネット光電話
基本料金1,700円500円


一般電話8円~40円(3分)8円(3分)
携帯電話66~132円(3分)48~54円(3分)
NTT加入電話や他の光電話から工事不要で切り替えられ、電話番号もそのまま引き継ぐことが出来ます。

ちなみに、auスマートバリューを利用したい方はソネット光電話が必須オプションになっています。auスマートバリューのために加入するという方は固定電話がなくても問題ありません。

ソネット光電話について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ソネット光プラスのテレビサービスとは?

ソネット光プラスのテレビサービスは「ソネット光テレビ」と「ひかりTV for So-net」の2つになります。

2つのサービスは、視聴内容、月額料金、工事費が変わり、総合的に工事不要な「ひかりTV for So-net」がおすすめです。
 ソネット
光テレビ
ひかりTV
for So-net
視聴内容地デジ/BS地デジ/BS
専門ch/VOD
月額料金750円1,500円
工事費12,300円0円
ひかりTV for So-netは、月額500円でチューナーをレンタルする必要がありますが、高額な工事費をかけずにテレビが見れるようになるので、比較的コスパの良いサービスと言えます。

ソネット光プラスのテレビサービスについて詳しく知りたい方はソネット光のテレビサービスについてをご覧ください。

Wi-Fiルーターがレンタルできる

ソネット光プラスでは公式にてWi-Fiルーターの無料レンタルを実施しています。

「v6プラス」に対応したWN-AX1167GR2という機種なので、高速で安定したインターネットが期待できます。

ソネット光プラスの申し込みと同時にレンタルを申し込むと、通常月額400円が永年無料になるので忘れずにレンタルしましょう。

だいたい1〜2週間で届くので、ソネット光プラス開通と同時に利用できます。

ソネット光のWi-Fiルーターについて詳しくはこちらこちらをご覧ください。

工事内容

開通工事が必要と判断された場合は、1時間程度の工事が行われます。

建物の状況によって作業内容は若干変わりますが、だいたい以下の流れで行われます。

1.電柱から光ファイバーを引く
(マンションの場合は共有部から光ファイバーを引く)
2.光コンセントを設置する
3.ONUとWi-Fiルーターを設置する

ソネット光の工事費や工事内容について詳しく書いた記事はこちら

ソネット光プラスの引越しについて

ソネット光プラスは引っ越し先でも継続して利用することができます。ただし引越し手続きや移転工事費がかかります。

ソネット光プラスの引越しについて詳しくはこちらをご覧ください。

引越し方法

ソネット光プラスを引っ越し先で継続して利用するには、マイページもしくは電話で手続きをする必要があります。

マイページでは固定電話番号がないと手続きが出来ないので、固定電話がない方は電話手続きをおすすめします。

引っ越し先でソネット光プラスが開通するまでは、約2週間~1ヶ月以上かかってしまうので、早めに手続きしましょう。

ソネット光プラスの引越しの問い合わせ
電話番号:0120-080-790
受付時間:9:00~18:00

引越し費用

ソネット光プラスを引っ越し先で継続利用する場合、移転工事費9,000円がかかります。

他社だと移転工事費がかからないことが多いのでそこだけは難点ですが、割引なども引き続き受けられ、引越し前の工事費の残債が請求されることもないので安心してください。

東日本と西日本エリアをまたぐ引っ越しの場合のみ、引越し前の工事費の残債が一旦一括請求されますが、引っ越し後の月額料金からマイナスされるので実質0円になります。

ソネット光プラスと他の光回線を比較

ソネット光プラスと他の光回線を料金・速度・セット割の3つのポイントで比較しました。
光回線料金速度セット割
ソネット光戸建て2,980円1ギガau
集合住宅1,980円
ビッグローブ光戸建て4,980円1ギガau
集合住宅3,980円
auひかり戸建て5,200円
1ギガau
集合住宅3,800円
集合住宅3,024円
ドコモ光戸建て5,200円
1ギガdocomo
集合住宅4,000円
NURO光4,743円2ギガSoftBank
上の表で比較した3つのポイント以外の違いについても知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ソネット光プラスとビッグローブ光を比較した記事はこちら
ソネット光プラスとauひかりを比較した記事はこちら
ソネット光プラスとドコモ光を比較した記事はこちら

セキュリティソフトは使える?

ソネット光を申込むと「S-SAFE」という品質の高いセキュリティソフトを無料で使うことができます。	 	 

全てのPCやスマホ(Windows・Mac・Android・iOS)に対応しており、最大7台まで利用できます。	 	 
	 	 
S-SAFEは有名なセキュティソフト「ノートン」や「カスペルスキー」と同じくらいの評価を受けています。	 	 

市販のセキュリティソフトを購入するとなると1万円以上しますし、他の光回線では月額料金(500円~)がかかったりするので、ソネット光の「S-SAFE」はかなりお得だということが分かりますよね。

オプションサービスは?

公式サイトからソネット光プラスを申し込むと、以下4つのオプションサービスを最大1年間無料で利用することができます。

●カスペルスキー セキュリティ(月額500円)
●ソネット安心サポート(月額300円)
●ソネットくらしのお守りワイド(月額450円)
●インターネットサギウォール(月額300円)

オプションサービスについて詳しくはソネット光プラスのオプションまとめをご覧ください。

解約方法や解約費用

ソネット光プラスの解約方法と解約費用について紹介します。

解約方法

ソネット光プラスは「WEB」で簡単に解約することが出来ます。マイページから手続きしましょう。

1.解約費用などの事前確認
2.アンケート入力
3.退会情報入力

ソネット光プラスの解約について詳しく書いた記事はこちら

解約費用

解約違約金
ソネット光プラスは3年契約です。更新期間の37・38ヶ月目以外に解約すると一律20,000円の解約違約金が発生します。

更新期間はマイページの「ご利用サービスの利用状況」⇒「ご契約情報の詳細」から確認することができます。
工事費の残債
ソネット光プラスは、解約時に工事費の残債が一括請求される場合があります。

ソネット光プラスは24,000円の工事費を、戸建ては60ヶ月・マンションは48ヶ月の分割で支払っているので、解約時に未払い分がある場合は一括で請求されます。

工事費の残債はマイページにて確認することが出来るので、事前に工事費の残債がいくらになるのか確認しておきましょう。

問い合わせ先は?

ソネット光プラスに関するほとんどの問い合わせは、So-netサポートデスク(0120-80-7761)で解決します。

問い合わせ内容によって窓口が一部異なるので、以下の問い合わせ窓口を参考にしてください。
問い合わせ窓口電話番号受付時間
総合案内窓口0120-80-77619:00~18:00
開通工事0120-947-46410:00~19:00
引っ越し0120-080-7909:00~18:00
コース変更0120-080-7909:00~18:00
料金・請求0120-80-02859:00~18:00
問い合わせ窓口は、時間帯によって繋がりにくいことがあるので、ささいな相談や質問であれば「メール」や「チャット」「LINEアプリ」での問い合わせがおすすめです。

問い合わせについて詳しくはソネット光プラスの問い合わせ窓口まとめをご覧ください。

まとめ

ソネット光プラスについて最後まで読んでいただきありがとうございます。

ソネット光プラスは、割引キャンペーンによって月額料金が安くなり、auスマートバリューも受けられ総合的におすすめな光回線です。

これからソネット光プラスを申し込む方は、最もお得な窓口「公式サイト」の割引キャンペーンぜひ利用してくださいね。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る