【2019年10月】ソネット光プラスの評判!契約・申し込み前に知るべき全情報

2019-10-17

ソネット光プラスは料金の安さだけではなく、速度に関する評判も良いのでかなり人気の光回線です。

契約するときに気になるのが実際に利用している方の評判ですよね。

この記事ではソネット光プラスのメリット・デメリットだけでなく、利用者のリアルな評判もたっぷり紹介しています。

また、ソネット光プラスはauスマホとセットで使うと「auスマートバリュー」が受けられてスマホ代が毎月2,000円お得になります。

auひかりとの違いやフレッツ光から乗り換えた場合、どれだけお得になるのかも詳しく比較していくのでぜひご覧ください。

ソネット光プラスとは

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する光回線です。

フレッツ光の回線を利用してインターネットを提供しているいわゆる「光コラボレーション」のひとつ。

ソネット光プラスは月額料金がキャンペーンで安くなるだけでなく、auスマートバリューでスマホ代が最大2,000円割引になります。

ネット代+スマホ代が安くなるのはソネット光プラスの特徴です。

また、提供エリアは全国と広いので、多くの方が利用できると評判です。

評判から見えたソネット光プラスのメリット

1.月額料金が安い

※最大限の割引を適用させた料金で比較しています。

回線名戸建てマンション
ソネット光3,980円2,980円
auひかり~5,100円3,800円
@nifty光5,200円3,980円
ビッグローブ光4,980円3,980円

ソネット光プラスは「大幅割引キャンペーン」があるので、3年間この料金でネットを利用することができます。

毎月2,000円割引されるので、どの光回線と比較してもダントツで安いです。

この「大幅割引キャンペーン」はとくに申し込む必要がなく、利用開始になると自動的に適用されるのがいいところですね。

auのスマホを使っている方は、このあと紹介する「auスマートバリュー」でスマホ代も最大2,000円安くなりますし、格安SIMや格安スマホで通信費を節約したい方にもピッタリの光回線です。

sonet光withフレッツsから乗り換えで1,000円安くなる

現在「sonet光withフレッツs」を利用している方は確実にソネット光プラスに乗り換えた方が月額料金が安くなり、通信速度も速くなります。

※フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプおよび、フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(プロバイダSo-net)
 戸建てマンション
ソネット光3,980円2,980円
フレッツ光5,500円4.050円
フレッツ光からの乗り換えには工事が必要なく、フレッツ光の解約金もかかりません。プロバイダはそのままで、回線だけお引っ越しするようなイメージです。

フレッツ光ではプロバイダ料と回線使用料が別々で請求されていましたが、その支払いが一本化されるので月額料金が安くなります。

さらに、フレッツ光では受けられなかった、スマホとの割引を受けられるようになるので乗り換える以外の選択肢はないといっても過言ではないです。

2.乗り換え時の工事費無料!

2019年7月から「事業者変更」という制度が始まったことによって、ソネット光プラスへ乗り換える際の初期工事費(24,000円)が無料になりました。

基本的に、現在「auひかり」「NURO光」「eo光などの地方回線」以外を利用している場合であれば対象になります。

(例)
・ソフトバンク光からソネット光プラスへ乗り換え⇒工事費無料!
・コミュファ光からソネット光プラスへ乗り換え⇒工事費24,000円発生


今使っている光回線に満足していない、何となく乗り換えたいという方はこの機会にぜひソネット光プラスを検討してみてください。

ただし、乗り換え時に現在使っている光回線の解約金は発生してしまうので、できるだけ更新期間に乗り換えましょう。
▼ここから申し込めます▼ソネット光プラス乗り換えチャンス

3.auスマートバリューでスマホ代が2,000円安くなる

【auスマートバリューの注意点】
auスマートバリューの適用にはご自身での申し込みが必要で、auショップ・電話・My auから可能です。電話サービス500円/月の契約が必要です。

ソネット光プラスはauのスマホや携帯とセットで安くなる「auスマートバリュー」を受けられます。

なので、お使いのスマホのプランによって異なりますが、毎月500~2,000円がスマホ料金から割引されます。

●一人暮らし、データ定額5Gのプランを契約中
この場合2年間1,410円引きになり、3年目以降は934円の割引がずっと続きます。
3年間で50,760円の割引となります。

一人でも家族とでも割引を受けられますし、50歳以上であれば、離れて暮らす家族でもauスマートバリューを受けられますよ。

auスマートバリューについて詳しくはこちら

4.v6プラス対応で速度が速い

ソネット光プラスはv6プラス対応なので、通信速度が爆速なんです。

v6プラスってなに?という方も多いと思いますが、詳しく説明するとかなり難しいので以下の2つだけ頭に入れておけば大丈夫です。

●v6プラスとは、とっても簡単にいうと通信速度が速い、新しい接続方式のこと。

●ソネット光プラスでv6プラス接続をするにはソネット光プラス専用のv6プラス対応Wi-Fiルーターが必要。

ソネット光プラス専用のv6プラス対応Wi-Fiルーターは、ソネット光プラスと一緒にレンタルを申込むと今だけレンタル料(400円/月)がずっと無料になります。

v6プラスのサービス自体も無料で、特別申込みが必要ないので専用Wi-Fiルーターだけレンタルできればあとは準備OK。すぐにv6プラスの速度でネットが楽しめます。

だいたい、10MあればSNSやYouTubeを快適に楽しめるといわれているので、十分すぎる速度が出るようになりますね。

v6プラスを試しても速度が遅い場合は『ソネット光が遅い時の改善方法』を参考にしてみてください。

\2019年大人気/
So-net光が選ばれる理由

☑月額料金2,980円~
☑超快適!ネット使い放題
☑高速Wi-Fiルータープレゼント
☑今だけ84,000円割引中!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社から乗り換え工事費0円


▼24時間いつでも申込みOK▼

評判から見えたソネット光プラスのデメリット

月額料金が安く、キャンペーンや割引が充実しているソネット光プラスですが、唯一デメリットを上げるとすれば、キャッシュバックがないという点です。

auひかりは乗り換えると違約金を3万円までキャッシュバックしてくれたり、ソフトバンク光は10万円まで他社の違約金・撤去工事費を全額還元してくれたりします。

それと比較すると、ソネット光プラスでは何もキャッシュバックがないのは少し寂しく感じてしまいますよね。

ソネット光プラスも「ネット代理店」から申し込むとキャッシュバックがもらえる場合があります。

ですが、ソネット光プラスの場合は以下の理由でネット代理店からの申し込みはおすすめしません。

●キャッシュバック額が公式キャンペーンの総額よりも少ない
●代理店から申し込むと公式キャンペーンが適用出来ない
 ⇒月額料金が安くならない
●受け取り手続きが複雑で面倒

高額キャッシュバックを謳っているネット代理店は、オプション強制加入など必ず落とし穴があるので金額だけに踊らされないようにしましょう。

月額料金が安いのはいいけれど、どうしてもキャッシュバックが欲しいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ソネット光プラス開催中のキャンペーン

ソネット光プラスで現在行っている3つのキャンペーンを紹介します。

以下のキャンペーンは3つ同時に適用させることが出来ます。

1. 月額料金割引キャンペーンで2,000円/月割引

新規契約2,000円割引
他社から乗り換え
(光コラボ)
戸建て1,600円割引
マンション1,500円割引
フレッツ光から乗り換え
割引額が違うのは何で?と思っている方も多いと思いますが、細かいことを抜きにして結論からいうと、ソネット光プラス公式サイトから申し込めば、誰でも月額料金が安く(戸建て3,980円、マンション2,980円)になります。


この割引額の差は先ほども紹介した「事業者変更」という制度によって工事費が発生するか、発生しないかの違いです。

なので、新規契約で発生する工事費の分割分(戸建て400円/月、マンション500円/月)が割引額から引かれ、このような割引額の差が生まれています。

ですが、安心してください。何度も言いますが、どのような条件の方でも、月額料金は同じ戸建て3,980円、マンション2,980円です。

このキャンペーンは特別な申し込みは必要なく、公式サイトからソネット光プラスに申し込んだ時点で適用となります。

2. 光電話最大12カ月無料

ソネット光プラスと同時に光電話を申し込むと月額料金500円が最大12ヶ月無料になるキャンペーンです。

電話サービスはauスマートバリューを適用させるために必須のオプションです。それが12ヶ月無料になるのはかなり大きなメリットですよね。

実際に電話を利用しない場合でも申し込みは出来るので、スマホとセットでお得に利用するためにぜひ申し込みましょう。

必要なくなった場合は、後で解約することもできます。

3. v6プラス対応ルーターレンタルが永年無料

ソネット光プラスと同時にv6プラス対応ルーターを申し込むと、月額料金400円のレンタル料が永年無料になるキャンペーンです。

購入するとなると意外と高くついてしまうのがWi-Fiルーター。無料でレンタル出来るのであれば、利用しない手はないですよね。

このオプションも必要がなくなったら解約することが出来ますが、利用開始から10カ月以内に解約してしまうと違約金2,500円がかかってしまうので注意が必要です。

ソネット光プラスキャッシュバック・キャンペーンについてはこちら

【2019年】ソネット光プラスの人気申込み窓口

※CB額=キャッシュバック額

 CB額受取時期条件
ソネット光公式月額割引
8.4万円
ソネット光公式
サイトから申込む
代理店
BIGUP
3万円最短
2ヶ月
BIGUPのサイト
から申込む
代理店
Moon&Sun
5万円最短
7ヶ月
指定オプション
いずれか1つ契約
代理店
フルコミット
1万円最短
12ヶ月
指定オプション
5つを契約

ソネット光プラスの場合は公式サイトからの申し込みが一番お得です。

ネット代理店もありますが、キャッシュバックを貰うために不要なオプションに加入しなければならないですし、無条件でキャッシュバックが貰えたとしても30,000円と、ソネット光の割引額84,000円に比べればかなり少ないですよね。

また、ソネット光プラス公式キャンペーンはソネット光プラス申込みで自動的に適用されるので申込み忘れの心配がありません。

ソネット光プラスを契約してお得になる人

ソネット光プラスにすると得になるのは以下の条件に当てはまる方々です。

●フレッツ光を契約している人
●auのスマホやタブレットを契約している人
●auのスマホに乗り換えようと思っている人

フレッツ光では回線とプロバイダの契約が別になっているので、料金が割高になっていますが、ソネット光プラスの場合プロバイダ込みの料金となっているので安いです。

また、フレッツ光の「にねん割」は最大700円/月の割引ですが、ソネット光プラスの「月額料金割引」は2,000円/月の割引なので確実にソネット光プラスの方がお得ですよね。

フレッツ光からの乗り換えは工事なしで簡単に出来るので、ぜひ検討してみてください。

さらに、auスマホやタブレットを利用中の方、これからauに乗り換えようと思っている方は「auスマートバリュー」が適用出来るソネット光プラスがおすすめです。

他にも「auスマートバリュー」が適用できる光回線はありますが、ソネット光プラスは月額料金がダントツで安く、評判も良くサポート体制も整っているので安心して申し込めますよ。

So-net光の申し込みが殺到中

なんでSo-net光公式サイトがいいの?

☑月額料金2,980円~
☑超快適!ネット使い放題
☑高速Wi-Fiルータープレゼント
☑今だけ84,000円割引中!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社から乗り換え工事費0円


▼24時間いつでも申込みOK▼ ソフトバンク光申込み

申し込みから新規開通までの流れ

1. 下のリンクからソネット光プラスのホームページに飛んで右上の黄色い「お申し込み」をクリック。

2. 申し込み直後にSMSで工事日に関する案内が届くので、記載のURLから工事日を予約する。

3. その後、NTTの工事担当者から工事の連絡がくるので、工事日を決定する。

4. 開通工事(当日は状況に応じて立ち合いが必要な場合有。)

5. パソコンや機器の設定を行い、利用開始。
ソネット光プラスの大幅割引キャンペーンは特別申し込みが必要なく、利用開始時点で自動的に適用されます。

あとはauショップに行ってauスマートバリューの申し込みだけすればokです。とっても簡単ですよね。

フレッツ光からソネット光プラスに転用する場合の流れ

フレッツ光から転用する方の場合は、ソネット光プラスを申込む前にNTT東日本・西日本から「転用承諾番号」を取得しなければなりません。

転用承諾番号は以下へ電話をかけて取得できます。※有効期限は15日間

●NTT東日本:0120-140-202
9:00~17:00(土日祝も可)

●NTT西日本:0120-553-104
9:00~17:00(土日祝も可)

もちろん、フレッツ光を解約するわけではないので解約金は発生しませんが、プロバイダの違約金が発生する場合があるので事前に問い合わせておきましょう。
▼申込みはこちら▼so-net光申し込みサイト

ソネット光プラスの気になるQ&A

Q1.工事費はいくら?

A.戸建てもマンションも24,000円です。

この工事費は何度もお伝えしているように、完全に新規でソネット光プラスに申し込む方やauひかり・NURO光を利用している方がソネット光プラスを契約した際に発生します。

ただし、戸建ての場合60ヶ月、マンションの場合48ヶ月利用することで工事費は実質無料になります。

もし、ソネット光プラス解約時に工事費の残りが発生してしまったら、違約金負担のある光回線に乗り換えれば問題ありません。

(例)
●ソフトバンク光⇒違約金負担10万円まで
●auひかり⇒違約金負担3万円まで

現時点では全額還元してくれるソフトバンク光がおすすめですが、どこの光回線も毎月新しいキャンペーンを実施しているので、解約したいタイミングで一番お得な光回線を見つけることが大切になってきます。

Q2.引越し費用はいくら?

A.実質無料です。

ソネット光プラス契約中に引越しをする場合、移転工事費として9,000円かかってしまうので、いったんは支払いますが引越し後3ヶ月でソネットポイント9,720ptが付与されます。(1ポイント=1円)

なので、このソネットポイントを月額利用料の支払いにまわせるので、実質無料となります。

ただし、NTT東日本・NTT西日本のエリアをまたぐ引越しをする場合は、工事費の残りが一括請求され、新たに新居での工事費が発生するので注意してください。

 (例) ソネット光プラス1年利用:東京から大阪に引っ越す場合
工事費残債12,000円+新居での工事費24,000円=36,000円の請求

Q3.ソネット光プラスとauひかりはどっちがいいの?

A.ソネット光プラスの方が料金が安くて、利用可能エリアが広いので使いやすいです。

 月額料金
(戸建て)
回線撤去費利用可能エリア
ソネット光3,980円(任意)全国
auひかり5,100円強制的に28,800円かかる一部地域限定
知名度としてはauひかりの方がありますが、そもそもauひかりを契約できるエリアがまだ少ないのが現状です。

その点、ソネット光プラスは全国で利用できますし、なんといっても月額料金がauひかりよりも安いですよね。

また、auひかりは解約時に、解約金の他に回線撤去工事費というものが強制的に発生するのでかなり高額な費用を支払わなければなりません。

月額料金も安くて、評判も良く、利用しやすいのは確実にソネット光プラスです。

ソネット光プラスとauひかりの違いを詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Q4.解約金と解約方法は?

A.戸建てもマンションも20,000円、web・チャット・LINEから解約手続きができます。
※ソネット光プラスの解約金は、以前は7,500円だったようですが現在値上げされています。

解約金は他の光回線と比較してもあまり差はありません。

ソネット光プラスの契約期間は3年間です。解約する場合は解約金が発生しない契約更新月(37~38ヶ月目)でするのがベスト。

自分の更新月をソネットのマイページでしっかり確認しておきましょう。

解約手続きをする際は、So-netのユーザーIDやパスワードを用意しておくとスムーズです。


詳しい解約方法はこちらの記事を参考にしてください。

Q5.いろいろなソネット光があるけど何が違うの?

●ソネット光とソネット光プラスの違い
2018年7月1日に「ソネット光」という名称から「ソネット光プラス」に変更されました。
サービス内容や料金設定を改訂し、キャンペーンの割引額がパワーアップしています。

●ソネット光とソネット光(auひかり)の違い
光回線としては全くの別物です。
auひかりの独自の通信サービス5ギガ・10ギガのプランを契約したいとなった場合はソネット光(auひかり)を契約する必要があります。

Q6.ソネット光プラスの問い合わせ窓口は?

●工事日変更に関する問い合わせ
ソネット光プラス工事調整事務局第1センター
0120-947-464
受付時間 9:00~19:00 (1月1日、2日を除く)

●引越しや契約コースの変更お手続きについての問い合わせ
0120-08-0790
受付時間 9:00~18:00 (1月1日、2日を除く)

●ソネット光プラス公式LINE
申し込み後のお問い合わせはLINEが便利です。
@so-net_support
受付時間 9:00~18:00

\2019年大人気/
So-net光が選ばれる理由

☑月額料金2,980円~
☑超快適!ネット使い放題
☑高速Wi-Fiルータープレゼント
☑今だけ84,000円割引中!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社から乗り換え工事費0円


▼24時間いつでも申込みOK▼

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ソネット光プラスの魅力を理解していただけたでしょうか?

光回線選びの参考にしていただければ幸いです。
The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口
TOPへ戻る
Menu