ソネット光プラスの評判でわかるメリットと注意点【2021年1月】

ソネット光プラスの評判は?月額料金は本当に安い?などソネット光プラスについて気になりますよね。

ソネット光プラスは、月額料金が安く、auスマートバリュー対象なので、安く光回線を利用したい方や、auスマホユーザーにとてもおすすめな光回線です。

しかし、契約縛りが長く、解約するタイミングを間違えると高額な違約金が発生するなどの注意点もあります。

この記事では、利用者のリアルな口コミも交えてソネット光プラスを契約前に知るべき全ポイントを紹介します。

2021年1月の最新キャンペーン情報もあわせてご覧ください。

ソネット光プラスとは

So-net光

引用元:So-net光プラス

ソネット光プラスは、フレッツ回線と大手プロバイダのSo-netがセットになった光コラボレーションなので、フレッツ光から工事不要で乗り換え(転用)が可能です。

また、全国エリア対応なので、auひかりが引けなかった方もソネット光プラスなら契約できる可能性が高いです。

最大の特徴は月額料金の安さですが、auスマホ料金が最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」も対象なので、auユーザーはよりお得にネットを利用することができます。

ソネット光プラスの評判からわかるメリット

実際にソネット光プラスを利用して分かったメリットは以下になります。

1. 月額料金が安い
2. auスマホの料金が安くなる
3. 通信速度は満足

僕の見解だけでなくソネット光プラス利用者の評判も交えて紹介します。

1.月額料金が安い

ソネット光プラスの1番のメリットは月額料金の安さになります。

光回線の料金相場は、戸建て:5,200円、マンション:4,000円ですが、ソネット光プラスは2年間は戸建て:3,480円、マンション:2,480円で利用できます。
光回線マンション戸建て
ソネット光
プラス
2,480円
3年目:4,480円
3,480円
3年目:5,580円
ドコモ光4,000円5,200円
ソフト
バンク光
3,800円5,200円
NURO光4,743円4,743円
ちなみに、ソネット光プラス公式サイトから申し込まないと上記の料金では利用できないので、申し込み窓口には注意してください。

フレッツ光からの転用でさらにお得に

 フレッツ光からソネット光プラスへ乗り換え(転用)すると、月額350~3,000円ほど安くなるので、転用するメリットはとても大きいです。

 ソネット光
プラス
フレッツ光
東日本
フレッツ光
西日本
戸建て3,480円
3年目~5,580円
6,370円5,930円
マンション2,480円
3年目~4,480円
3,650~4,950円3,375~5,275円
※フレッツ光東日本は2ねん割、フレッツ光西日本ははじめ割適用の場合の料金
※フレッツ光でプロバイダをSo-netにした場合の月額料金

ソネット光プラスはフレッツ回線とプロバイダ利用料(So-net)がセットになっている他、月額割引キャンペーンを開催しているため月額料金が安い、安くなったという口コミも多いです。
3年目以降に関しては、プランによってはフレッツ光の方が安くなるケースもありますが、この後説明するauスマホの割引なども踏まえトータルで考えるとソネット光に転用するメリットがよりお分かりいただけると思います。

auスマートバリュー対象回線の中でも安い

auスマートバリュー対象光回線は10社以上ありますが、その中でもソネット光プラスは比較的月額料金が安い事がわかります。
エリア光回線戸建マン
ション
工事費契約
期間
全国ソネット
光プラス
1-2年目
3,480円

3年目~
5,580円
1-2年目
2,480円

3年目~
4,480円
実質
無料
3年
一部auひかり1-2年目
3,780円

3年目~
5,525円
1-2年目
2,480円

3年目~
3,800円
実質
無料
2~3年
東海コミュ
ファ光
5,550円5,050~
5,550円
無料2年
関西eo光1年目
2,953円

2年目
4,953円
3,024円実質
無料
2年
(最低)
中国メガエ
ッグ光
4,200円3,200円実質
無料
3年
四国ピカラ光1-2年目
4,500円

3-4年目
4,400円
3,400円25,000円3年
九州BBIQ光1年目
3700円

2年目
4700円
1年目
3,000円

2年目
4,000円
2,000円2年
(最低)
沖縄auひかり
ちゅら
5,100円3,300~
3,900円
実質
無料
3年
対象エリアによっては他の光回線の方が安くなるケースもありますが、そこまで大きく料金に差がでるわけではありません。

スマホがauならソネット光プラスが比較的おすすめという口コミも寄せられています。
全国エリア対応
auスマートバリュー対応光回線は10社以上ありますが、中でも、ソネット光プラスは全国エリアで利用することができるという点もメリットです。

もし県外に引っ越すことになっても、東日本・西日本エリア内なら、移転費用9,000円だけ払えば解約金無しで移転することが出来る他、月額割引も継続されます。

2.auスマートバリューでスマホ料金が割引

ソネット光プラスを契約すると、家族全員のauスマホ料金が毎月最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」が利用できるため、auユーザーはソネット光プラスがおすすめという口コミが多くありました。
例えば、家族4人でauスマホを利用している場合は毎月最大4,000円割引になるので、家族にauユーザーが多いほどお得になります。

auスマートバリューの適用には、ソネット光電話(月額500円)加入が条件なので、申し込みの際に加入しましょう。申し込み後、My auまたはauショップにて手続きをしておけば自動的に適用されます。

3.V6プラス対応で速度も快適

ソネット光プラスはフレッツ回線を使用する光コラボなので、通信速度はフレッツ光やドコモ光などと同じ最大1Gbpsです。

「v6プラス」サービスに対応した光回線なので、回線が混雑しやすい夜間や休日も安定しやすくなります。

So-net光v6プラス

引用元:So-net光プラス

また、ソネット光プラス公式サイトから申し込めば、v6プラスを利用するために必要な以下のv6プラス対応ルーターが無料でレンタルできるというメリットもあります。

v6プラス対応ルーター

無料レンタルする場合、ソネット光プラス申し込みと同時に手続きが必要なので、忘れずに以下へチェックを入れてくださいね。

ソネット光プラス ルーター申し込み

引用元:So-net光プラス

フレッツ光から転用の場合、月額300円の無線LANオプションを引き継げばv6プラスは利用できますが、v6プラス対応ルーターをレンタルした方が割安ですよ。

マンションの速度について

僕は5階建ての光ファイバー方式のマンションでソネット光プラスを利用しています。

実際の速度は利用環境によって変わるのであくまで目安ですが、iPhoneでWi-Fi接続時は平均80Mbps。稀にビデオ通話をする際に途切れることもありますが、動画の読み込みが遅いなどもなく、速度での不満はとくにありません。

参考までにネット上の口コミも載せておきますね。
\2021年最安級光回線/
ソネット光プラスが選ばれています
ソネット光プラスが選ばれる理由戸建て3,480円で業界最安級!
・マンションもたった2,480円!
・今なら工事費無料!
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引

月額割引キャンペーン期間中のお申し込みがベスト◎さらに今なら工事費も無料です!
\最安級で利用したい方はこちら/ソネット光プラス公式サイト

ソネット光プラスは解約のタイミングに要注意

月額料金も安くauユーザーにお得なソネット光プラスですが、解約のタイミングを間違えると高額な違約金と工事費の残りを支払うことになります。

契約前に必ず目を知るべき重要ポイントなので最後までしっかり目を通してください。

※違約金:決められた契約期間(更新月)外に解約すると発生する費用。

違約金が高い

一般的な光回線の違約金は以下のとおりです。

戸建て:9,500円~15,000円
マンション:7,000円~9,500円

ソネット光プラスの場合、戸建て、マンションともに20,000円の違約金が発生します。

契約期間はともに3年なので、3年間つかわない限り解約時に20,000円の違約金を支払わなければいけません。
持ち家の戸建てならまだしも、一般的に賃貸マンションの契約期間は2年間です。引っ越しのタイミングで光回線を乗り換える人が多いこともふまえると乗り換え時にハードルの高いサービスだといえるでしょう。

少し偏った意見かもしれませんが、マンションでソネット光プラスを検討中の方は解約時に発生する違約金を覚悟の上で申し込みましょう。

工事費の残債もネック

 工事費分割料金分割支払い回数
戸建て24,000円400円60ヶ月
マンション24,000円500円48ヶ月
ソネット光の工事費は戸建て、マンションともに24,000円です。

建物によって分割料金と分割支払い回数が変わり、解約時に残りの工事費を支払う形になります。

例:戸建て契約で2年間で解約した場合
24,000円-(400円×24ヵ月)=14,400円が工事費の残債

これにくわえて、ソネット光プラスの契約期間は3年なので20,000円の違約金も発生します。

工事費の残債:14,400円
違約金:20,000円

合計34,400円の支払いが発生。大袈裟に警鐘を鳴らすわけてはないけれど、解約のタイミング次第ではもっと高額な支払いが発生する可能性もあるということを頭にいれておいてください。

口コミによると、工事費残債を含めて4万円近くも解約費用がかかってしまった方も…。

無料で解約できるのは6年後

ここからはおまけですが、ソネット光プラスを無料で解約できるのは戸建て、マンションともに契約から6年後になります。

契約期間(更新月)の3年後に解約すると工事費の残債が発生…
工事費の分割支払いが終えて解約すると違約金が発生…

光回線のサービスがどんどんリリースされているなか、6年間契約するというのは正直考えづらいところです。

以下口コミのように高額な解約費用を負担する羽目にならない為には、個人的に工事費の残債は覚悟して3年で解約することをおすすめします。

※3年で解約した場合の工事費の残債:戸建て9,600円、マンション7,000円)

ソネット光プラスの1番お得なキャンペーン

ソネット光プラスは公式サイトとネット代理店で申し込むことができ、窓口によってキャンペーン内容が大きく変わります。

ソネット光プラス公式サイトが1番お得

2021年1月現在、最もお得なキャンペーンを実施しているのはソネット光プラスの公式サイトです。
申込み窓口特典条件
公式
サイト
①月額割引
②工事費無料
➂ルーター無料
※84,000円
ソネット光プラス
公式サイトから申込む





BIGUP30,000円
キャッシュバック
BIGUPのサイト
から申込む
Grand
Network
60,000円
キャッシュバック
指定オプション
いずれか1つ契約
フル
コミット
10,000円
キャッシュバック
指定オプション
5つを契約
ソネット光プラスのキャンペーンに関する詳しい情報はソネット光プラスの1番お得なキャンペーンをご覧ください。
ソネット光プラス公式サイトは、オプション加入不要、早期解約によるキャンペーン違約金不要で、月額割引キャンペーンが受けられます。

代理店のキャッシュバックだと、有料オプションへの加入しないと高額キャッシュバックが受け取れなかったり、キャンペーン違約金が発生し、結果的にあまりお得にならないケースもあります。

その他にも、代理店だと受け取り手続きが2回必要だったり、手続きが10ヶ月後だったりと、受け取り忘れのリスクがありますが、ソネット光プラス公式サイトであれば手続き不要なので、絶対に損することは無いでしょう。

申し込みから開通までの流れ

ソネット光プラスの申し込みから開通までの流れは以下の2ステップです。

1.ソネット光プラス公式サイトから申し込み
2.開通工事が行われる

申し込みから開通までにかかる期間の目安は大体2週間から1ヶ月となっています。

ただし、引っ越しシーズンなどは時間がかかる場合もあるので余裕を持って申し込むようにしましょう。
1.申し込む
ソネット光プラス公式サイトから申し込み手続きを行いましょう。

引用元:So-net光プラス

転用の方はソネット光プラスを申し込む前に、NTT東日本とNTT西日本へ連絡して『承諾番号』を取得すると、スムーズに手続きが行えます。
●転用承諾番号取得窓口
NTT東日本:0120-140-202
NTT西日本:0120-553-104
※ソネット光プラスはクレジットカード登録が必要になります。クレジットカードを持っていない方はソネット光プラスを申し込めません。
2.工事日を予約
ソネット光プラスの申し込みフォームにて工事希望日を選択しましょう。最短の工事日を希望した場合はだいたい2週間後となります。

工事希望日

引用元:So-net光プラス

工事日が確定するとSMSで届く「工事に関するお知らせ」から工事日が確認できます。工事日当日は必ず立ち会えるようにしておいてください。

工事の有無と工事予定日時

引用元:So-net光プラス

※工事が不要と判断された場合は、NTTとソネット光プラスから機器が届くので、同封の案内に従って設定を完了させればインターネットが利用できるようになります。
\2021年最安級光回線/
ソネット光プラスが選ばれています
ソネット光プラスが選ばれる理由戸建て3,480円で業界最安級!
・マンションもたった2,480円!
・今なら工事費無料!
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引

月額割引キャンペーン期間中のお申し込みがベスト◎さらに今なら工事費も無料です!
\最安級で利用したい方はこちら/ソネット光プラス公式サイト

ソネット光プラスのその他の口コミ

ソネット光プラスのその他のサービス情報などをまとめました。

ソネット光プラスの解約方法は?

ソネット光プラスはWEBページにて解約することが出来ます。解約したい場合は、マイページから手続きをしましょう。

契約更新月や工事費残債はマイページで確認することが出来ます。
※ソネット光プラスの解約について詳しく書いた記事はこちら

ソネット光プラスのテレビサービスとは?

ソネット光プラスで利用できるテレビサービスは「ソネット光テレビ」と「ひかりTV for So-net」の2つになります。

チャンネル数や月額料金、工事の有無などを比較すると、総合的に「ひかりTV for So-net」がおすすめです。

ただし地デジ・BS放送のみで良いという方は、月額料金が安い「ソネット光テレビ」でも十分にサービスを利用することができるでしょう。
 ソネット
光テレビ
ひかりTV
for So-net
チャンネル地デジ/BS地デジ/BS
専門ch/VOD
月額料金750円1,500円
工事費12,300円0円
※ソネット光プラスのテレビサービスについて詳しく知りたい方はこちら

ソネット光プラスの光電話は加入すべき?

ソネット光電話は、NTTの電話番号が引き継げる他、基本料金や通話料が安くなることから、固定電話を保有している方にとっては契約するメリットが多いサービスとなっています。

NTTの月額基本料金が1,700円であることに比べて、ソネット光電話は月額500円で利用できるので、毎月の支出を1,200円抑えることが可能です。
※ソネット光プラスの光電話について詳しく知りたい方はこちら

ソネット光プラスのオプションは必要?

基本的にオプションに加入しなくてもネットは利用できます。

僕は申し込みと同時に加入すれば永年無料になる「v6プラスルーターレンタルオプション」だけ加入してます。
オプション月額概要
So-net安心
サポート
300円
※12ヶ月無料
ネットやPC利用の
総合的なサポート
So-net暮らしの
お守りワイド
450円
※12ヶ月無料
水回りトラブル等
日常生活における
総合的なサポート
詐欺ウォール300円
※12ヶ月無料
詐欺全般を対策
ソネット光プラスのオプションは、申し込みと同時に加入しないと無料にならないケースが多いので注意が必要です。

また、代理店などから申し込むと、勝手にオプションが付いてしまうケースもあるようです。申し込みの際は注意しましょう。
※オプションについて詳しく知りたい方はこちら

ソネット光プラスを引っ越し先で使うには?

ソネット光プラスを引っ越し先で継続して利用するには、マイページもしくは電話で手続きをする必要があります。

ソネット光プラスの引越しの問い合わせ
電話番号:0120-080-790
受付時間:9:00~18:00

口コミによると、引越し先の開通工事日次第では、ネットが使えない期間が生まれる可能性もあるようなので、早めに手続きを行うことをオススメします。だいたい2か月前から受け付けています。
ソネット光プラスを引っ越し先で継続利用する場合、移転工事費9,000円が請求されることを覚えておきましょう。

引っ越し前の工事費残債は一括請求されません。

※詳しくはこちらをご覧ください。

ソネット光プラスの問い合わせ先は?

ソネット光プラスに関する問い合わせは、So-netサポートデスク(0120-80-7761)で受け付けています。問い合わせ内容によって窓口が一部異なるので、以下の問い合わせ窓口も参考にしてください。
問い合わせ窓口電話番号受付時間
総合案内窓口0120-80-77619:00~18:00
開通工事0120-947-46410:00~19:00
引っ越し0120-080-7909:00~18:00
コース変更0120-080-7909:00~18:00
料金・請求0120-80-02859:00~18:00
電話は繋がりにくいという口コミも多いです。「ソネチャット(9~18時)」でもオペレーター対応が可能なので、電話が繋がらない場合はチャットも使ってみましょう。
※ソネット光プラスの問い合わせ詳細情報はこちら

まとめ

ソネット光プラスは、実質料金は他社と変わりませんが、2年間の月額料金は本当に安いです。

また、auユーザーの方は「auスマートバリュー」が適用され、スマホの月額料金も割り引かれるので、光電話への加入と適用手続きを忘れずに行いましょう。

ソネット光プラスは、auユーザーやフレッツ光利用者にはとくにお得な光回線なので一度検討してみることをおすすめします。

申し込む際は「公式サイト」から手続きを進めるようにしてくださいね。
ヒカリCOM

TOPへ戻る