auひかりの評判から見えた恐ろしい真実!料金や速度をガチ調査

auひかりは高額キャッシュバックがかなりお得な光回線として広く認知されており、今かなり人気の光回線なことを知っていますか?

auひかりが人気な理由は

●キャッシュバックが5万円以上と高額
●他社の違約金を3万円まで負担してくれる
●高品質で通信速度は安定感バッチリ
●どこから乗り換えても工事費は無料

などなどたくさんの魅力があって選ばれています。

2019年12月現在、auひかりを最もお得に契約して利用するにはGMOとくとくBBからの申込みがおすすめです。

この記事では契約前に知っておきたい利用者の評判も交えながら、auひかりのメリット・デメリットなどをご紹介します。

※auスマホをご利用の方はauスマートバリューを適用出来るのでスマホ利用料から最大1,000円/月割引されます。

auひかりとはどんな光回線?

auひかりは、KDDIが提供する光回線で、NTTの回線ではなく独自の回線を利用してインターネットサービスを提供しています。

auスマホと一緒に契約することで毎月のスマホ料金が1,000円安くなる『auスマートバリュー』があるため、auユーザーから人気を集めています。

人気の理由はそれだけではありません。

auひかりは使っていく年数ごとに月額料金が安くなるんです。(ホームタイプ限定)
 月額料金
1年目5,100円
2年目5,000円
3年目~4,900円

※ずっとギガ得プラン(3年契約)/ネットのみの場合

通常は使っていくごとに割引が外されていって、月額料金が高くなるものですがauひかりは全く逆。長く使っているユーザーに対してのサービスが行き届いています。

また、プロバイダを8社の中から好きなところを選べるというのも魅力的です。
GMOとくとくBB / So-net / BIGLOBE / @nifty / @TCOM / DTI / Asahiネット

どこを選んでも月額料金は変わりません。ただしもらえるキャッシュバック額が異なります。

auひかりのプロバイダについて詳しくはこちら

auユーザーがauひかりを契約すべき6つの理由

ここからはauユーザーにauひかりを使ってほしい理由を説明していきます。

読んでがっかりしないよう、他の光回線のことも徹底的に調べたうえでの情報を盛り込んでいますのでぜひご覧ください。

1.auひかりの月額料金はフレッツ光より安い

 ホームマンション
auひかり4,000円2,600円
フレッツ光6,700円4,250円

※auひかり:ホーム⇒ずっとギガ得プラン1年目の料金、マンション⇒タイプVの場合
※フレッツ光:フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプの場合(プロバイダ料込で表示)

契約数の多いフレッツ光とauひかりの月額料金を比較してみると、auひかりの方が月額料金が安いということがわかりました。

auひかりはプロバイダ料と月額利用料が一体となっていますが、フレッツ光はプロバイダ料が別になっているのでこのような料金の差が出ています。

支払いも一括になり、月額料金も安くなるのでフレッツ光からauひかりへ乗り換えるのはお得といえます。

さらに、auひかりのプロバイダ『GMOとくとくBB』の公式サイトから申込むと月額料金が最大1,200円割引されて、かなり月額料金が安くなります。

auひかりは他の光回線よりも安い

 ホームマンション
auひかり4,000円2,600円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ソネット光3,980円2,980円
ビッグローブ光4,980円3,980円

※全て最大限の割引を適用した料金で比較

フレッツの回線を利用している他の光回線とも料金を比較しましたがauひかりの料金は安いという結果になりました。

auひかりの月額料金がここまで安いのは『auひかり×GMOとくとくBB』のキャンペーンを受けられるから。

この月額料金割引にプラスしてキャッシュバック3万円ももらえます。

2019年11月に登場したauひかりのプロバイダ『GMOとくとくBB』は今までのプロバイダよりもお得なキャンペーンがたくさんあるので、今までauひかりの料金の高さで契約を悩んでいた方におすすめです。

▼月額2,600円~auひかりが使える窓口▼

2.auスマートバリューで毎月スマホ代が-1,000円!

auひかりとauのスマホをセットで使うと、auのスマホ料金が毎月1,000円安くなる『auスマートバリュー』が適用できます。

プランデータ量割引額
新auピタットプラン1GBまで
1GB~7GBまで500円
auフラットプラン
7プラス
1,000円
auデータMAX
プラン
1,000円
auピタット
プラン
1GB~2GB500円
2GB~20GB1,000円
auフラット
プラン
データ定額
※新規受付終了
5GB、20GB1,410円
(3年目以降934円)
プランによって割引額は異なりますが、ほとんどの方が1,000円割引になるようになっています。

auスマートバリューの適用条件は『ネット+電話(500円/月)』に加入することです。

固定電話を使わない方にとってはデメリットと感じるかもしれませんが、固定電話を使わない場合は電話の工事もする必要がなく、1,000円割引される場合は固定電話代500円を引いても、毎月500円は必ず安くなります。

もちろん、固定電話を利用する方にとっては電話も使えてスマホ代も安くなるので一石二鳥です。

auスマートバリューは一人でも受けられますし、家族の中にauスマホを持っている方がいれば、全員が割引を受けることができます。

さらに、離れて住んでいる50歳以上の家族、別性で同じ住所に住んでいる場合(ルームシェアやカップル)でも割引が受けられます。

auスマートバリューを受けるには、別途『My au』もしくは『auショップ』で申込みが必要です。

auスマートバリューを受けたいauスマホが4つ以内であれば『My au』から、5つ以上であれば『auショップ』で申込みを行えます。

auショップでauスマートバリューを申込む場合は以下の物を持参してください。
●申し込みに必要なもの
・印鑑
・本人確認書類
・現在利用中のauスマホ本体
・家族関係の証書書類(必要に応じて)
※補足
・住民票(別姓の方がいる場合)
・健康保険証/住民票/戸籍謄本(別住所で50歳以上の方がいる場合)

auスマートバリューについて詳しくはこちら

3.auひかりはWi-Fiルーターが無料で使える!

ネットをスマホやパソコンで無線で使う場合は『Wi-Fiルーター』が必要となります。

auひかりでは通常500円/月かかるWi-Fiルーターのレンタル料が無料になります。

ただし、無料の対象となるのは『auスマートバリュー』に加入している方。

固定電話料金500円払う代わりにWi-Fiルーターのレンタル料500円は無料にしてあげるよということです。

無線LAN対応タイプ最大通信速度
BL1000HWホーム
マンション タイプG
都市機構G
2.5Gbps
BL900HWマンションギガ
マンションミニギガ
450Mbps
BL902HWマンション タイプV
都市機構
450Mbps

購入するとなると意外と高いものなので、無料でレンタルできるのは嬉しいですよね。ネットをすぐに使いたいという方にはぴったりです。

4.auひかりの工事費は実質無料

タイプ工事費
戸建て37,500円
(625円×60ヶ月)
マンション
30,000円
(1,250円×24カ月)
auひかりは、戸建ての場合60ヶ月、マンションの場合24ヶ月利用すると工事費の分割分と同額が月額料金から割引されるので、工事費が実質0円になります。

戸建ての場合は毎月625円、マンションの場合は毎月1,250円が割引されます。

ただし、工事費無料になるのはプロバイダをGMOとくとくBB、DTI、au one netのどれかにした場合のみに適用されます。

おすすめはGMOとくとくBB。工事費無料割引+キャッシュバックがもらえるからです。

ただし、割引期間内にauひかりを解約した場合は残りを一括で支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

ですが、他社の乗り換えキャンペーンなどで補うことができるのであまり心配する必要はないでしょう。

5.auひかりはネットの違約金を3万円まで負担

auひかりは2019年10月から、ネットの乗り換えでかかった他社解約違約金を還元してくれる『auひかり新スタートサポート』を行っています。

インターネットの解約金は最大で30,000円、スマホの解約金は、auスマホ1回線につき10,000円まで負担してくれます。

現在他社のインターネット回線を利用中で、乗り換え時の費用が心配な方でも安心してauスマホとauひかりに乗り換えることができますよ。

『auひかり新スタートサポート』の適用条件は以下の4つです。

●ホームタイプ⇒ずっとギガ得プラン、マンションタイプ⇒お得プランAに加入
●ネット+電話サービス(500円/月)に加入
●電話オプションパックに加入(500円/月)
●全て満たしたうえで12カ月以内に「スタートサポート共通申請書」で申請を行う

ちなみに、プロバイダをGMOとくとくBB・So-net・au one net・@nifty・@TCOM・BIGLOBEにした場合30,000円ASAHIネット・DTIにした場合15,000円のキャッシュバックとなります。

この金額の差は大人の事情のようなので、キャッシュバック額の多いプロバイダを契約するようにしましょう。

au WALLETプリペイドカードへのチャージか郵便為替の好きな方を選べます。

6.auひかりのエリア内は何度引越しても実質無料

引越し先がauひかりの対応エリア内の場合、引っ越し先での工事費はかかりません。

引越しの時点で工事費をまだ完済していない場合は、一括請求されてしまうのですが、引越し後同じ金額が月額料金から割引されるので実質負担は0となります。
例)戸建てで2年目に引越しした場合
工事費の残債は22,500円←引越しの翌月に利用料金と支払う
月額5,100円なので、次回の支払いから22,500円割引されていきます。
この場合、あまった17,400円は更に翌月以降の料金から割引されます。
引越し先での開通工事費はこれまでと同じく毎月割引されていくので、実質無料となります。

引越しの予定がある、引越しが多いという方にはauひかりがぴったりです。

2019年人気の窓口
\auひかり×GMO/

●auひかりが戸建て4,000円~、マンション2,600円~で使えるのはGMOだけ!
●さらにキャッシュバック3万円がもらえる!
●開通工事費が実質無料に!
●他社違約金を3万円まで負担!
●2019年『お客様満足度No.1』のプロバイダ!
●auユーザーはスマホ代が1,000円割引!

ドコモ光で人気No.1のプロバイダ『GMOとくとくBB』が満を持してauひかりに登場!

auひかりのGMOとくとくBBはauショップや家電量販店では申し込めません!

▼GMOとくとくBB公式サイト▼
【auひかり提供外エリアだった方へ】
コンセントにさすだけですぐ使えるホームルーターがおすすめ!34,700円キャッシュバック中!

auひかりの速度に関する口コミ・評判

ここでは、公式サイトやauショップではわからない、auひかりの速度に関する評判を紹介していきます。

実際の速度は契約してみないとわからないものですが、少しでも契約前と契約後のギャップがなくなるように参考にしてみてください。

auひかりはIPv6で通信速度が速い

auひかりの速度に関する評判を探していると、『auひかりにして速くなった』というものが多く見られました。

ここまで速度の評判がいい背景には、auひかりが独自回線だという以外に『IPv6が標準搭載されているから』ということがあります。

IPv6とは、めちゃくちゃ簡単に言うと、今までよりも速い接続方式のことで、今はどの光回線もIPv6サービスが主流になってきています。

IPv6サービスを利用するには、専用のルーターなどが必要になってきます。また、光回線によっては有料で使えるようになるなんてところもあります。

auひかりの場合は『月額利用料無料・申込みなし』で、特別な設定を得にすることなく、対応するルーターを使えば自動的にIPv6サービスが使えるようになります。

後ほど紹介しますが、auひかりでは固定電話を申込むとIPv6対応のWi-Fiルーターが無料で使えるというサービスがあるので、それを上手く活用しましょう。

中にはauひかりの速度が遅いという声もある

やはり、光回線の速度はどんな状況でも一定に保たれるというわけではありません。『速い』と人気のauひかりでも速度に関して不満がでることは避けられません。

auひかりの開通後、インターネットの速度に不満を感じた場合は「接続機器の種類・設定」「パソコンの性能」「ウイルスや常駐ソフト」が原因の可能性も考えられます。

LANポートやケーブルの接続状況・PCでの利用メモリ・ウイルスソフトが二重で起動しているなどがないか確認してみましょう。

auひかりは通信障害が多い?

突然ネットが繋がらなくなり、しばらく使えない場合は通信障害が疑われます。

日本では特に台風が多いので、台風後に通信障害となるケースが多いようです。台風後の通信障害はauひかりだけで起こっているわけではないので、ある程度仕方のないことがと思って復旧まで待ちましょう。

auひかりの障害・メンテナンス情報の確認はこちらから確認いただけます。

ネットが繋がらなくなった場合の対応として以下のことを行ってみてください。
●障害情報を確認する(公式サイト・ツイッターなどで情報収集)
●接続機器をむやみにいじらない
●ルーターのコンセントを抜く(30分~1時間)
●明らかに不要なPCのソフトを削除する

auひかりマンションの速度は?

auひかりをマンションで契約する場合、契約プランによって通信速度が異なります。

タイプ下り最大速度(上り)
タイプⅤ[16契約以上]100Mbps
(35Mbps)
タイプⅤ[8契約以上]
都市機構デラックス
タイプE
タイプF
タイプG[16契約以上]664Mbps
(116Mbps)
タイプG[8契約以上]
マンションギガ1Gbps
マンションミニ

この契約プランは建物によって決まってしまっているので、好きなプランを選ぶということができません。

また、マンションなどの集合住宅では平日の夜や休日の昼など回線が混み合って速度が遅くなる場合がよくあります。

ですが、日常的にSNSを使ったりYouTubeで動画を観たりするくらいであれば5Mbpsで十分だといわれています。

マンションでauひかりを契約しようと考えている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

auひかりの5ギガ10ギガプランが人気!

auひかりは2018年3月1日から最大速度5G、10Gプランの提供を開始しました!

通常auひかりの通信速度は最高1G(ギガ)ですが、これらのプランは今までの5倍・10倍の通信速度が出るということです。

5G・10Gプランを申込むためにはいくつかの条件があります。

●5G・10G提供エリア(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア)に住んでいる
●auひかりホームタイプを契約している
●ずっとギガ得プラン(3年契約)を契約している
●auひかり+固定電話を契約している

これらの条件が全て当てはまったら、利用することができます。

通常であれば1Gのプランに追加料金を払って5G・10Gプランを利用するのですが、現在キャンペーンを行っているため5Gプランに関しては追加料金なし、3年間1Gと同じ料金で利用することができます。

10Gプランは1Gプランの料金に+780円で利用することができます。
 5G月額料10G月額料金
1年目5,600円6,380円
2年目5,500円6,280円
3年目~5,400円6,180円

※auひかり+固定電話+高速通信料(5G/10G)での料金を表示

利用可能エリアにお住まいの方は月額料金が変わらないので、試しに5Gプランを使ってみるというのもいいですね。

ただし、5G・10Gに対応したルーターを使わないと速度が最大限に出ないので注意が必要です。

\2019年最も選ばれています/
auひかりの人気窓口

『GMOとくとくBB』が選ばれる理由
★auひかりがずーっと戸建て4,000円~、マンション2,600円~で使えるのはGMOだけ!
工事費は実質0円
★Wi-Fiルーターレンタル無料
★家族全員のスマホが1,000円割引
★他社違約金を3万円まで負担!
★GMO限定!最大3万円キャッシュバック!

ドコモ光のプロバイダとして人気No.1の『GMOとくとくBB』が満を持してauひかりに登場!

auスマートバリュー適用で最大1万円キャッシュバックがもらえる!

※auひかりのGMOとくとくBBはauショップや家電量販店では申し込めません!

▼24時間申し込みOK▼

auひかりのキャッシュバックが凄い!

auひかりは他の光回線よりも高額なキャッシュバックを受け取れるので人気があるのですが、実は申込み窓口によって受け取れるキャッシュバック額が全然違ってくるんです。

この記事を読んでいるみなさんには、絶対に損をしてほしくないのでステマなしに1番お得にキャッシュバックを受け取れる窓口を紹介します。

結論から言うと、1番おすすめなのは『GMOとくとくBB公式サイト』からの申込みです。
申込み窓口キャッシュバック額
auひかり公式サイト10,000円
プロバイダサイトGMOとくとくBB30,000円
+月額料金割引
BIGLOBE50,000円
DTI38,000円
@nifty30,000円
au one net10,000円
So-netなし
AsahiNetなし
TCOMなし
ネット代理店NEXT45,000円
アシタクリエイト40,000円
NNコミュニケーションズ35,000円
auショップ10,000円~
(店舗ごとに異なる)
家電量販店
10,000円~
(店舗ごとに異なる)
auひかりはどのプロバイダを選んでも月額料金は変わらないのですが、申込む窓口によって月額料金が変わります。

auひかりというサービス自体は同じ品質の物なので、どうせなら1番お得なキャッシュバックがゲットできる『GMOとくとくBB公式サイト』から申込むのがベストです。

『GMOとくとくBB公式サイト』からの申込みでは30,000円のキャッシュバック+月額料金割引があります。

月額料金割引はホームタイプは3年間で35,800円、マンションタイプは2年間で28,800円割引されます。

戸建てで4,000円で光回線を使えるところはなかなかないですよ。

他のプロバイダやネット代理店では『キャッシュバック+月額料金割引』というキャンペーンを行っているところはないので、『GMOとくとくBB』からの申込みが1番お得だといえます。

イメージ的にはauひかり公式サイトやauショップ、家電量販店など「公式」がやっている窓口が安心でお得そうですが、実際はキャッシュバックが少ないんです。

宣伝しなくてもお客さんが集まるので無理に高いキャッシュバックを用意していないため、このように正直しょぼい金額になっています。

ネット代理店もオプションに同時加入すればもっと高いキャッシュバックを受け取れますが、それでは全然意味がないし逆に損するので今回は「ネットだけの申込みの場合」でのキャッシュバック金額を表示しています。

それでは、『GMOとくとくBB』の具体的なキャッシュバック内容と条件、受け取りまでの方法を説明していきます。

申込むならauひかり×GMOとくとくBBの窓口!

『GMOとくとくBB』は219年の調査で利用者満足度1位を獲得するほどのプロバイダです。申込時だけでなくその後もずっといいサービスを提供しているという証ですね。

『GMOとくとくBB』ではホームタイプでもマンションタイプでも30,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックの受取り条件は以下の通りです。

●auひかり×GMOとくとくBBの申込みページから『auひかり』と『固定電話』を申し込んだ方
●過去に本キャンペーンの適用を受けていない方
●申込みからキャッシュバック受取りまで契約を続けている方

特別難しい条件は特にありません。固定電話のオプションは『auスマートバリュー』を受けるために必要なのでつけておきましょう。

キャッシュバック受取りまでの流れは以下の通りです。
①GMOとくとくBBのサイトからauひかりを申込む

ホームタイプを申込む場合は、途中で「1ギガ・5ギガ・10ギガ」を選択する画面が出てきます。
高速プランの契約が必要ないという方は「1ギガ」を選びましょう。
※「5ギガ・10ギガ」の対象外エリアの場合はそもそも選択できないようになっています。

②申込み月から11ヶ月目と23ヶ月目に基本メールアドレス(GMO登録時に作ったメールアドレス)宛に『キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール』が届く

③メールに従ってキャッシュバック振込希望口座の登録をする

④口座登録をした翌月末日に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

もし、住所を入力した時点でauひかりの対象外エリアで申込めない!となった場合はこちらで対策を紹介しています。

メールを見逃してしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうので注意しましょう。

さらにこのキャッシュバックにプラスして、ホームタイプは固定電話料金(500円/月)が60ヶ月無料、マンションタイプは初期工事費(30,000円)が実質無料になるキャンペーンを受けられます。

もちろんauひかり公式キャンペーンの『新スタートサポート』(他社違約金3万円まで負担)も併用できますよ。

ネットで簡単に申し込みたい方は下のリンクから『GMOとくとくBBの公式サイト』を覗いてみてください。

▼24時間申し込みOK▼

申し込みから開通までの流れ

①『GMOとくとくBB』公式サイトでエリアの確認後、申込み

②情報に不備がなければKDDIから工事日を決めるための電話が来る

③工事日を決定したら「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が届く

④開通工事を行う(立ち合い必須)

⑤宅内機器を接続する

⑥auひかり利用開始!

申込みから開通までは平均1ヶ月程度かかります。

引越しシーズンなどは工事に予約が混み合うのでもう少し伸びてしまうかもしれません。予定は余裕をもって立てておきましょう。

auひかりに関するよくある質問

Q1.auひかりの対象エリアは?

auひかりはNTT回線とは異なる独自回線でサービスを提供しているので、地域や建物によってはサービスが受けられない場合があります。

戸建てとマンションによっても違うので、それぞれ説明していきます。

auひかり戸建てのエリア

今のところ、滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県、岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県、沖縄県はauひかり対象外エリアです。

上記のエリアでauひかりのサービスが提供されていない理由は、auひかり系列の地方回線が参入しているからです。

関西エリア⇒eo光
中部エリア⇒コミュファ光
沖縄⇒auひかりちゅら

エリア内での競争を避けるために、上記のエリアでauひかりの提供は行っていないようです。

これらの地域にお住まいの方はau系列の地方回線を利用しましょう。

auひかりマンションのエリア

残念ながら、現在のところ多くのアパートやマンションではauひかりのインターネットサービスを導入していない確率がかなり高いです。

auひかりが契約できるかどうかは、大家さんや管理会社に聞くか、auひかり公式サイトで確認しましょう。

アパートやマンションの場合、管理人からインターネット回線の工事自体がNGと言われるケースもあります。

その場合は、工事が不要なモバイルWi-Fiルーターの「WiMAX」などの契約も検討してみましょう。

Q2.auひかりの対象外エリアだった場合のおすすめは?

auスマートバリューが受けられて月額料金の安い『So-net光』がおすすめです。

So-net光はこんな方におすすめ!
●月額料金をとにかく安く利用したい方
●auひかりが提供エリア外の方
●現在フレッツ光を利用中の方
●速度を重視される方
●3年以上の利用を予定している方

auひかりよりも知名度は劣りますが、全国的に展開している人気の光回線です。

So-net光は月額料金が安い

So-net光では、転用でなくても新規で適用されるキャンペーンを実施しています。

現在の「大幅割引キャンペーン」は、3年間毎月2,000円割引され、工事費が実質無料になるキャンペーンです。
 1~36ヶ月37~48ヶ月
戸建て3,980円5,580円
マンション2,980円4,480円
3年目までこの安さで利用できるのはかなりお得ですよね。

魅力は安さだけではなく、ルーターが12ヶ月無料で使えたりとサポート体制もしっかりとしています。

So-net光はフレッツ光から転用できる

auひかりは独自回線のため、フレッツ光から転用することは出来ませんが、So-net光はauひかり系列の光回線でありながら、フレッツ光と同じ回線を使っているので転用が可能です。

フレッツ光から転用する場合でも新規入会キャンペーンとして月額2,980円から利用出来ます。

また、転用の場合は事務手数料が3,000円かかるだけで開通工事を行う必要がありません。

現在フレッツ光を利用されている方は、So-net光に転用する方が確実にお得になりますよ。

So-net光のひかり電話と無線ルーターが1年間無料

So-net光の割引キャンペーンでは、ひかり電話が1年間割引、Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできます。

「So-net光 電話」⇒月額利用料500円
「So-net v6プラス対応ルーター」⇒月額利用料400円

So-net光のv6プラス対応ルーターを利用することで、インターネット速度が通常よりも速くなります。

So-net光の評判はこちら

Q3.auひかりホームは回線撤去工事が強制って本当?

【auひかりの解約時にかかる費用】
●契約解除料・・・契約期間の更新月以外で途中解約した際の違約金
●工事費の残債・・・初期工事費の分割支払い期間に解約した際の未払い分
●撤去工事費・・・主に戸建ての家で配線やケーブルを撤去するための費用
auひかりは2018年3月以降の申し込みから、戸建ての回線撤去工事(28,800円)が任意から強制に変更されました。

また、工事費の未払い分も解約時に一括請求されます。

他社の光回線では配線撤去工事は任意のところが多いので、高額な撤去工事費はauひかりのちょっとしたデメリットといえます。
例)戸建て3年プランを2年で解約
契約解除料 15,000円
工事費の残債 22,500円
撤去工事費 28,800円
計:66,300円の請求
戸建てで契約を検討している方は、解約時に費用が発生するということを頭に入れておきましょう。

ですが、こうした費用は乗り換え先の光回線のキャッシュバックで全額戻ってくることが多いので、そこまで気を揉む必要はありませんよ。

Q4.auひかりのテレビサービスで地デジは観れる?

auひかりにはテレビサービスがありますが、残念ながら地デジ・BS・CSに対応していません。

なので対策としては、アンテナを設置するしかありません。

アンテナの設置費用は大体5万円前後。一度設置すればずっと使えます。

アンテナを設置してしまえば、テレビサービス(月額800円)に加入しなくても地デジ放送を観ることが出来ますよ。

auひかりでは、アンテナ工事を全国で行っている「棟梁ドットコム」をおすすめしています。

auひかりの利用者であれば特別価格17,124円~アンテナ工事をやってくれるのでお得ですよ。

ちなみに、ケーブルテレビは月額5,000円前後かかるのでおすすめしません。

auひかりの注意点はこちら

Q5.auひかりの問い合わせ窓口は?

auひかりお客さまセンター
0077-7-111 (無料)
9:00~20:00 (土・日・祝日も受付)
(※上記番号がご利用になれない場合0120-22-0077へおかけください。)

▼各プロバイダの問い合わせ先

プロバイダ連絡先(受付時間)
BIGLOBE0120-86-0962(9:00~21:00)
So-net0120-80-7761(9:00~19:00)
au one net 0077-777(9:00~20:00)
@nifty012-32-2210(9:00~19:00)
Asahi Net0570-01-3500(10:00~19:00)
@Tcom 0120-805-633(9:00~20:00)
DTI0120-830-501(10:00~17:00)
GMOとくとくBBプロバイダ公式サイト
へ問い合わせ

Q6.auひかりの解約金と解約方法は?

auひかりの解約金は以下の通りです。

 プラン名契約期間解約金
戸建てずっとギガ得プラン
3年15,000円
ギガ得プラン
2年9,500円
マンションお得プランA
2年7,000円
どちらも標準プランなし0円

契約しているプランによって解約金が異なるので注意しましょう。

続いてauひかりを解約する際の手順や注意点について説明します。

1.プロバイダに連絡して解約する

auひかりの場合、auに連絡するのではなく、プロバイダに連絡することで解約の手続きを行うことができます。

他社では回線事業者とプロバイダ会社の両方に連絡する場合もありますが、auひかりの場合はプロバイダ1社へ連絡するだけで解約手続きができるので簡単です。

プロバイダごとの連絡先は以下になります。
プロバイダ連絡先(受付時間)
BIGLOBE0120-86-0962(9:00~21:00)
So-net0120-80-7761(9:00~19:00)
au one net 0077-777(9:00~20:00)
@nifty012-32-2210(9:00~19:00)
Asahi Net0570-01-3500(10:00~19:00)
@Tcom 0120-805-633(9:00~20:00)
DTI0120-830-501(10:00~17:00)
GMOとくとくBBプロバイダ公式サイト
へ問い合わせ
auショップでは解約の手続きは行っていないので注意が必要です。

また、プロバイダ解約と同時にauひかり回線(KDDI)の解約も実施されるため、インターネットが使えなくなります。

乗り換えなどの場合は、インターネットが使えない期間を空けないためにあらかじめ解約日と新規の開通日を調整する必要があるという点に注意しましょう。

2.撤去工事/解約キットの返送

戸建てタイプの物件によっては撤去工事が必要な場合があります。

撤去工事が必要な場合は、KDDIより工事日の連絡が入り立ち合いが必要です。

また、工事が必要ない場合は解約キット(箱)が自宅まで届くのでレンタルしているモデム機器などを指定の場所に送り返せば完了です。

auひかりの詳しい解約方法はこちら

2019年人気の窓口
\auひかり×GMO/

●auひかりが戸建て4,000円~、マンション2,600円~で使えるのはGMOだけ!
●さらにキャッシュバック3万円がもらえる!
●開通工事費が実質無料に!
●他社違約金を3万円まで負担!
●2019年『お客様満足度No.1』のプロバイダ!
●auユーザーはスマホ代が1,000円割引!

ドコモ光で人気No.1のプロバイダ『GMOとくとくBB』が満を持してauひかりに登場!

auひかりのGMOとくとくBBはauショップや家電量販店では申し込めません!

▼GMOとくとくBB公式サイト▼
【auひかり提供外エリアだった方へ】
コンセントにさすだけですぐ使えるホームルーターがおすすめ!34,700円キャッシュバック中!

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

auひかりの魅力について理解していただけたでしょうか?

光回線選びの参考にしていただけたら幸いです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る