光回線の家電量販店キャンペーンを調査!ヤマダ・ヨドバシなど。メリット・デメリットも解説

光回線を家電量販店で契約
「光回線は家電量販店で契約しても大丈夫?実施中のキャンペーンは何?」と気になっていませんか。

そこで以下の光回線の家電量販店キャンペーンを以下の店舗で調査してきました。
ビッグカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ
コジマ、ノジマ、ケーズデンキ、ジョーシン
家電量販店から光回線を申し込むと、最大3~5万円のキャッシュバックがもらえます。

一方で強引な営業で不要なオプションやサービスを加入してしまうというデメリットがあるのも事実です。

この記事では「家電量販店で光回線申し込もうかな」と迷っている方が決して損しないために以下のような内容を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

●各家電量販店のキャンペーン内容は?
●家電量販店で申し込むメリットデメリットってなに?
●家電量販店とインターネット契約はどちらがおすすめ?

目次

家電量販店で契約できる光回線は?

まず、家電量販店で契約できる光回線を先にチェックしてみましょう。
【必ず契約できる光回線】 ドコモ光/auひかり/ソフトバンク光 【店舗によっては契約できる光回線】 @nifty光/ビッグローブ光/eo光 メガエッグ光/ピカラ光/コミュファ光 など
家電量販店で必ず契約できるのはドコモ光・ソフトバンク光・auひかりの3社のみ。

この3社をメインに家電量販店キャンペーン紹介していきますが、どこがいいかわからないという方もいるでしょう。

光回線はお持ちのスマホキャリアによって選ぶのがベスト。なぜなら光回線を契約することでスマホが最大1,100円割引になるセット割引きがあるからです。

ここからはご自身のスマホキャリアに合わせて、光回線別にまとめられた家電量販店のキャンペーンをチェックしてくださいね。
●ドコモユーザはドコモ光がおすすめドコモ光の家電量販店キャンペーン ●ソフトバンクユーザーはソフトバンク光がおすすめソフトバンク光の家電量販店キャンペーン ●auユーザーはauひかりがおすすめauひかりの家電量販店キャンペーン ※格安スマホをご利用の方は光回線おすすめ9社!格安スマホの方へのおすすめは?を参考にしてください。

ドコモ光の家電量販店キャンペーン

ドコモ光の家電量販店キャンペーン

ドコモ光を家電量販店キャンペーンを調査した結果、5万円前後のキャッシュバックや割引をうけられることがわかりました。
家電量販店特典額条件
ヤマダ電機15,000円なし
ヨドバシ
カメラ
40,000円家電購入
ケーズ
デンキ
64,000円家電購入
ビック
カメラ
45,000pt
家電購入
指定プロバイダ加入
コジマ45,000円家電購入
指定プロバイダ加入
ノジマ50,000円
なし
ジョーシン40,000円なし
Web窓口52,000円なし
ヤマダ電機を除いては家電量販店キャンペーンは充実度の高いものでした。

各家電量販店によって家電購入が必要かどうかは異なるので、欲しい家電がないという方は適用条件がないところを選んだほうが良いです。

ヤマダ電機:15,000円のキャッシュバック

ヤマダ電機からドコモ光を申し込むと15,000円のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光の家電量販店キャンペーンの中では最も特典額が低かったです。

なお、調査したヤマダ電機 新宿西口店の店員さんによると「時期が悪かった。土日や繁忙期ならもう少しキャッシュバック額が高いこともある」とのこと。

今回のように訪れたタイミングによってはキャンペーン内容がよくないこともあるので、その場合は他の家電量販店かWeb窓口からの申し込むようにしましょう

ヨドバシ:指定家電の購入で40,000円割引

ヨドバシカメラからドコモ光を申し込むと、指定家電の購入が40,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

ヨドバシカメラのドコモ光キャンペーン

※調査店舗:ヨドバシカメラ 新宿西口本店

ヨドバシカメラは平均よりも若干少ないキャンペーン金額で、可もなく不可もないキャンペーン内容でした。

指定された家電以外を購入する場合やドコモスマホをお持ちでない場合は割引額が30,000円になります。

なお、ドコモでんきやドコモSIMも一緒に申し込むと割引は増えますが、それ以外に特にメリットはないので本当に必要かを考えてから申し込むようにしましょう。

ケーズデンキ:指定家電の購入で最大64,000円割引

ケーズデンキでドコモ光を契約すると、申し込み時に指定の家電購入が44,000円割引になり、さらに開通後には20,000円のキャッシュバックが受け取れます。

ケーズデンキのドコモ光キャンペーン

※調査店舗:ケーズデンキ 足立店

なお、申し込み時の欲しい家電がない場合は、家電割引ではなく開通後に現金キャッシュバックとしても受け取ることができます。

今回調査した家電量販店キャンペーンのなかでケーズデンキのキャンペーン特典額がいちばん高く、だからといって特に厳しい適用条件もありませんでした。

そのため少しでもお得にドコモ光に申し込みたいと考えている人はケーズデンキのキャンペーンは要チェックです。

ビックカメラ:最大45,000ptのビックポイントプレゼント

ビックカメラでドコモ光を申し込むとビックポイントが最大45,000pt受け取れます。

ビックカメラのドコモ光キャンペーン

※調査店舗:ビックカメラ新宿西口店

ビックカメラではドコモ光のキャンペーン契約時に以下の条件をみたすと、ビックポイントを満額受け取ることができます。

・新規契約でビックポイント10,000pt
・指定家電の購入でビックポイント30,000pt
・プロバイダ@TCOMでビックポイント5,000pt

ドコモ光を申し込むだけでは貰えるビックポイントが少ないので、もし申し込むなら他の条件もクリアするようにしましょう。

コジマ:最大45,000円のキャッシュバックキャンペーン

コジマでドコモ光を申し込むと最大で45,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを実施しています。

コジマのドコモ光キャンペーン
※調査店舗:コジマ若林店

コジマでは以下の条件をすべて満たすとキャッシュバック満額を受け取ることが出来ます。

・ドコモ光新規契約で10,000円キャッシュバック
・指定家電の購入で30,000円キャッシュバック
・プロバイダ@TCOMで5,000円キャッシュバック

お気づきの方もいるかもしれませんが、コジマはビックカメラグループということもありビックカメラとキャンペーン内容がほぼ一緒です。

唯一違う点は特典がポイントなのか現金キャッシュバックかという点のみなので、お好きな方から申し込んでください。

ノジマ:合計50,000円相当の特典プレゼント

ノジマでドコモ光を契約すると、現金30,000円のキャッシュバックノジマポイント20,000ptプレゼントされるキャンペーがあります。

※調査店舗 ノジマ新宿タカシマヤタイムズスクエア店

ノジマのキャンペーンは家電の購入や指定のプロバイダに加入しなくても高額なキャンペーン特典をもらえるのが魅力的なポイントです。

調査店舗が百貨店にあるお店ということもあり、他の家電量販店よりも落ち着いた接客で丁寧に色々教えてもらえたため良い印象でした。

ジョーシン:ジョーシンポイント40,000ptプレゼント

ジョーシンではドコモ光に申し込むとジョーシンポイント40,000ptプレゼントキャンペーンを実施しています。

ジョーシンのドコモ光キャンペーン
※調査店舗:ジョーシン王子店

ジョーシンは特に家電購入などは必要なく、ドコモ光に申し込むだけでその場でポイントが貰えるというメリットがあります。

ただし特典金額は他の家電量販店よりも少しだけ低いので、その点だけ気にならなければよいキャンペーンといえるでしょう。

欲しい家電がない方や開通後にキャッシュバック受け取りに店舗に行くのがめんどくさいという方にはぴったりのキャンペーン内容になっています。

ソフトバンク光の家電量販店キャンペーン

ソフトバンク光の家電量販店キャンペーン

ソフトバンク光の家電量販店キャンペーンを調査した結果、大体3万円~4万円のキャッシュバックや割引が受け取れるキャンペーンを実施していることがわかりました。
家電量販店特典額条件
ヤマダ電機50,000円指定PC購入
クレジット申込
ヨドバシ
カメラ
33,000円家電購入
ケーズ
デンキ
33,000円家電購入
ビック
カメラ
40,000円
家電購入
コジマ40,000円家電購入
ノジマ33,000円家電購入
ジョーシン33,000円家電購入
Web窓口37,000円なし
どこの家電量販店でも家電の購入がキャッシュバックや割引のうけとり条件になっています。

もしほしい家電が特にないという方は無条件でキャッシュバックを受け取れるWeb窓口のほうがよいでしょう。

ヤマダ電機:最大58,000円のキャッシュバックキャンペーン

ヤマダデンキではソフトバンク光の契約と合わせて「指定PCの購入+PayPayカード」の申し込みでPCが50,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

ヤマダデンキのソフトバンク光キャンペーン

ヤマダデンキは家電量販店の中でも一番キャンペーン特典額が高いです。

しかし特典が「指定PCの割引」になるので、PCを買う予定でない人にとっては意味のないキャンペーンでしょう。

PC以外の家電購入で割引やキャッシュバックが受け取れる家電量販店を選ぶか、Web窓口から申し込みするのがおすすめです。

ヨドバシ:家電の購入で33,000円の割引きキャンペーン

ヨドバシカメラからソフトバンク光を申し込みと一緒に家電を購入するとその場で33,000円の割引が受けられるキャンペーンを実施していました。

ヨドバシカメラのソフトバンク光キャンペーン
※調査店舗:ヨドバシカメラ 新宿西口本店

ヨドバシカメラでソフトバンク光を契約し、40,000円の指定家電を購入する場合は実質7,000円で手に入ります。

もし33,000円以下の家電を購入する場合はその購入した金額分しか割引が適用されないので注意してくださいね。

また後日キャッシュバックという形ではなく即日で割引が適用されるというのも嬉しいポイントです。

ちなみにこの後紹介するケーズデンキ・ノジマ・ジョーシンも同じようなキャンペーン内容になっており、どこを選んでも損することはありませんよ。

ケーズデンキ:家電購入で33,000円の割引キャンペーン

ケーズデンキでソフトバンク光を申し込むと指定の家電が33000円割引になるキャンペーンを実施しています。
ケーズのソフトバンク光キャンペーン

※調査店舗:ケーズデンキ 足立店

指定家電の購入は単品1点で、店内商品の取り寄せも可能です。

ソフトバンク光を契約したその日に家電を購入し割引を受けられるので、面倒なキャッシュバック手続きなどはありません。

なお割引をうけるにはあんしんパスポート会員への加入が必要ですが、年会費無料なので安心してください。

ビックカメラ:指定家電の購入で40,000円の割引きキャンペーン

ビックカメラでソフトバンク光を契約すると指定家電の購入が40,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

ビックカメラのソフトバンク光キャンペーン

調査店舗:ビックカメラ 新宿西口店

ソフトバンク光を契約した当日に家電割引の特典を受け取れるのが嬉しいですよね。

またビックカメラはヤマダデンキに次いで2番目に特典金額が高く、ヤマダデンキほど適用条件が厳しくありません。

そのため家電量販店キャンペーンのなかでも最もおすすめできるのがビックカメラです。

コジマ:指定家電の購入で40,000円割引き

コジマでソフトバンク光を申し込むと、指定家電の購入が40,000円割引を受けることができます。

コジマのソフトバンク光キャンペーン

※調査店舗:コジマ若林店

コジマはビックカメラと同じグループ会社なのでキャンペーン内容が一緒です。

どちらの家電量販店で申し込んだところで特に変わらないのでお好きな方を選んでください。

ノジマ:指定の家電購入で33,000円割引きキャンペーン

ノジマでソフトバンク光を申し込むと、当日に指定家電の購入が33,000円割引きになるキャンペーンを実施中しています。

ノジマ新宿タカシマヤタイムズスクエア店にて、直接店員さんにソフトバンク光のキャンペーンをききました。

店員さんは大変丁寧に案内をしてくれたためかなり好印象でしたよ。

他の家電量販店と比べてキャンペーン金額は特別高いわけではないので、店員さんの対応の良さなどで選んでもいいかもしれませんね。

ジョーシン:指定の家電購入で33,000円の割引キャンペーン

ジョーシンでソフトバンク光を契約すると指定の家電購入で33,000円の割引が受けられるキャンペーンを実施しています。
ジョーシンのソフトバンク光キャンペーン
※調査店舗:ジョーシン 王子店

ジョーシンの指定する家電1品が割引の対象となります。

22,000円以上で33,000円未満の家電は22,000円の割引、22,000円以下の家電は割引対象外です。

特典をうけとるにはジョーシンカード会員になる必要がありますが、入会金・年会費無料で会員になることができますよ。

auひかりの家電量販店キャンペーン

auひかり 家電量販店キャンペーン

auひかりの家電量販店キャンペーンを調べた結果、大体5万円のキャッシュバックや割引を実施していることがわかりました。
家電量販店キャンペーン条件
ヤマダ電機58,000円
家電購入
プロバイダ指定
ヨドバシカメラ58,000円
家電購入
プロバイダ指定
ケーズデンキ50,000円
家電購入
プロバイダ指定
ビックカメラ69,000円
auでんき加入
セキュリティソフト
プロバイダ指定
コジマ55,000円
家電購入
プロバイダ指定
ノジマ55,000円
家電購入
プロバイダ指定
セキュリティソフト加入
ジョーシン30,000円-
Web契約77,000円auひかり電話加入
(36ヶ月間無料)
auひかりの家電量販店キャンペーンは適用条件として家電購入や指定のプロバイダ加入が必要なところが9割でした。

細かいキャンペーン条件は各家電量販店によって異なるので、気になる家電量販店のキャンペーン詳細をチェックしてください。

ヤマダ電機:最大58,000円のキャンペーン特典

ヤマダ電機からauひかりに申し込むと、指定の家電が33,000円割引で購入できます。

さらにプロバイダを「BIGLOBE・@nifty・so-net」のいずれかにするとキャッシュバック25,000円が貰えるキャンペーンも実施しています。

ヤマダデンキキャンペーン

調査店舗:ヤマダLABI 新宿西口館
ヤマダ電機のキャンペーン特典は2番目に高く適用条件もいたってシンプルなものです。

auひかりのお申し込み日に家電をご購入いただきその場で割引を受け取ることができます。

指定されたプロバイダに加入した場合のキャッシュバックはご自身で手続きしてください。auひかりの開通後にプロバイダマイページより申請します。

ヨドバシカメラ:最大58,000円キャッシュバックキャンペーン

ヨドバシカメラ新宿西口本店にてキャンペーン内容を聞いてきました。

ヨドバシカメラではauひかりに申し込むと、その日の家電の購入時に33,000円割引が受けられます。

また「BIGLOBE・@nifty・So-net」のいずれかに加入すると25,000円のキャッシュバックが貰えます。

店員さんによると「土日や繁忙期ならもう少し家電の割引額を増やせるかもしれない」といっていました。

ヨドバシカメラでauひかりを申し込むなら、土日や繁忙期のタイミングを狙って来店するといいかもしれませんね。

ケーズデンキ:最大50,000円キャッシュバック

ケーズデンキではauひかりを契約すると、家電の購入で30,000円のキャッシュバック指定プロバイダの加入で20,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを実施しています。

ケーズ電機のauひかりキャンペーンポスター

調査店舗:ケーズ電機 足立店
auひかり開通後にケーズデンキに来店して家電購入のキャッシュバックが受け取りにいかなければなりません。

また指定されたプロパイダに加入した場合は、プラスで商品券20,000円が開通2ヶ月後に届きます。

キャンペーン内容は良くも悪くもないですが、キャッシュバックの受け取りまで手間がかかるのがネックポイントです。

ビックカメラ:最大69,000円キャッシュバックキャンペーン

ビックカメラでは、「auひかり+auでんき+セキュリティオプション」に加入すると、家電購入のさいに44,000円の割引が受けられます。

さらにプロバイダを「so-net、@nifty、T-COM」のいずれかにすると、開通後に25,000円キャッシュバックキャンペーンも実施中です。

ビックカメラのキャンペーン

調査店舗:ビックカメラ 新宿西口店
ビックカメラのキャンペーン特典金額は家電量販店のなかでも一番高いですが適用条件も多く、あまりおすすめできません。

不要なオプションを追加した分だけ月額料金がかかるので、全体の特典額がそこまでお得ではない場合もあります。

目先のキャンペーン金額に飛びつかないように、一旦考えてから申し込むようにしましょう。

コジマ:55,000円のキャッシュバックキャンペーン

コジマでauひかりを申し込むと、指定の家電購入で30,000円のキャッシュバックが貰えます。

auひかりの開通後にはキャッシュバックを受け取りに店舗に行ってください。

さらに指定のプロバイダ「BIGLOBE・@nifty・So-net」のどれかに加入すると25,000円キャッシュバックプレゼントキャンペーンを実施しています。

指定されたプロバイダに加入した場合は、auひかりの開通後にプロバイダマイページよりキャッシュバック手続きをしてください。

※調査店舗:コジマ 若林店

ノジマ:ノジマポイント52,500ptプレゼントキャンペーン

ノジマ新宿タカシマヤタイムズスクエア店をたずねてauひかりの申し込み特典を聞いてきました。

auひかりを申し込むと、指定家電の購入でノジマポイント22,000ptが貰えます。

さらに「プロバイダ@nifty+セキュリティオプション」に加入すると27,500ptを追加でプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

セキュリティオプションは月額550円かかりますが、auひかりの開通後1ヶ月程度で解約しても大丈夫とのことでした。

キャッシュバックを満額受け取るには、プロバイダが1つしか選べないというのとオプション解約の手間がかかるというのがネックポイントです。

ジョーシン:ジョーシンポイント30,000pt

ジョーシンではauひかりの契約特典でジョーシンポイント30,000ptプレゼントを実施しています。

ジョーシンのキャンペーン

調査店舗:ジョーシン 王子店

家電量販店キャンペーンの中でも唯一オプション加入や家電購入が必要なく、無条件で特典が受け取れるキャンペーンになっています。

また、auひかりの申し込み当日にポイントが付与されるので、後日キャッシュバックなどの手続きなどが必要ありません。

ただしキャンペーンの金額は低いので、お得さはあまり気にしないという方には良いでしょう。

光回線を家電量販店で契約するメリット

それでは、光回線を家電量販店で契約するメリットを全部で4つ紹介します。

・店舗独自のキャンペーン特典が充実している
・当日に工事日が決まる
・同時にスマホとのセット割が組める
・わからないことを店員に聞ける

店舗独自のキャンペーンが充実している

1番のメリットは、店舗独自のキャンペーンが充実していることです。

多くの家電量販店でネット回線を契約すると家電が割引になったり、購入金額に応じてキャッシュバックが受け取れます。

そのため買いたい家電があるという方にはぴったりのキャンペーン内容です。

またauひかり公式キャンペーンの工事費無料や解約金負担なども併用して使えますよ。

当日に工事日が決まる

次に、家電量販店なら申し込み当日に工事日が決まるのも大きなメリットの一つです。

ネットから申し込む場合だと、Web申し込みをしたあとに後日かかってくる折り返し電話で工事日程を決めるので、少しだけ予約をとるまでの時間がかかります。

家電量販店からの申し込みなら少しだけ手間が省けるんです。

同時にセット割を申し込める

家電量販店で契約する場合、その場でスマホとのセット割も一緒に申し込めます。

一方でネットからの契約だと、光回線しか申し込めません。つまり、スマホとのセット割を申し込む場合、開通後にWEBページまたは店舗での手続が必要ということです。

2度も手続きするのが面倒な方、忘れてしまいそうという方は、家電量販店からの申し込みがおすすめです。

わからないことを店員に聞ける

当たり前ですが、家電量販店なら店員さんと1対1で相談しながら手続きできます。

そのため、どの光回線を契約しようか悩んでいる場合は、店員の方に聞くことができますし、逆に光回線は必要ないかもといった役立つアドバイスをもらうことがあります。

もちろん店員の方にもよりますが、光回線を販売している店舗には詳しい人がいるので、相談しに行くだけでも全然ありです。

家電量販店で光回線を契約するデメリット

ここからは、家電量販店で契約するデメリットを4つ紹介します

・家電購入やオプション加入が必要
・営業が強引な場合もある
・特典の受け取りに手間がかかる
・キャンペーン内容が良くない時期もある

家電購入やオプション加入が必要

家電量販店でネットを契約する場合は基本的に家電の購入やオプションの加入が必要となります。

欲しい家電がある場合はいいですが、欲しい家電もない方が家電量販店で契約すると無駄なお買いものが増えるだけです。

必要ないオプションに加入した場合も同様のことがいえますし、特典のうまみが半減します。

ということを考えると特に家電購入などの適用条件がないWeb窓口のほうが良い場合も多いんです。

営業が強引な場合もある

家電量販店をおとずれると必ずといっていいほど店員さんに声をかけらます。

ネット契約だけをするはずが、強引な営業で他のオプションや余分なサービスを契約させられそうになったという声もあります。



家電量販店にいって営業をちゃんと断れないと損することもあるので注意してください。

特典の受け取りに手間がかかる

家電量販店のキャッシュバック特典は、申し込み日当日の受け取りと後日受け取りの2ケースにわかれます。

後日受け取りの場合は光回線が開通した後に店舗にとりにいく必要があるんです。店舗受け取りにも期限があるのでいつまでも先伸ばしにすることはできません。

店舗にいったあともキャッシュバックの受け取り手続きで待たされることもあり、少し手間がかかるのがデメリットです。

キャンペーン内容が良くない時期もある

家電量販店キャンペーンは1ヶ月単位で内容が変わったり、平日か土日かによっても内容が違ったりします。

足を運んだタイミングによってはキャンペーン内容が良くないこともあるので、無駄足になる場合もあるんです。

近くの家電量販店キャンペーンがあまり良くない場合もあるのでWeb窓口からの申し込みも視野にいれて考えてみてください。

光回線を家電量販店で申し込む流れ

それでは、ここから光回線を家電量販店で申し込む流れを解説します。

店舗によって申し込みの流れは異なりますが、「事前に準備するもの」や「決めておくもの」は変わらないのでご参考までに。

1.乗り換えの場合は承諾番号を取得する
2.家電量販店で光回線を申し込む
3.サービス内容を確認する
4.キャッシュバックor家電の値引きキャンペーンを選ぶ

1.乗り換えの場合は承諾番号を取得する

光コラボを乗り換える方は、家電量販店に行く前に「転用/事業者変更承諾番号」を取得しなければなりません。

光コラボとは、ドコモ光やソフトバンク光などのこと。(auひかりは除く)

光コラボ

フレッツ光から光コラボに乗り換える方は「転用承諾番号」、光コラボ同士で乗り換える方は「事業者変更承諾番号」がなければ、再度工事し直すことになってしまうんです。

よって、必ず事前に転用・事業者変更承諾番号は取得してきましょう。

2.家電量販店で光回線を申し込む

家電量販店にいき携帯電話や光回線の営業を行っている人に声をかけてください。

すると申し込み用のカウンターに案内され、光回線やキャンペーンの詳しい説明や申し込み手続きを行います。

申し込みの際は以下のような情報が必要となるので準備しておいてください。
・本人確認書類
・クレジットカードor銀行口座番号
・乗り換えの場合は転用・事業者変更承諾番号

基本的には申し込みと同時に光回線の開通工事日まで決定します。

もし契約先の光回線が決まっていない場合は、必要書類を提示する前に店員さんに相談しましょう。乗り換えによって、現在のネット料金からどれくらい安くなるかシミュレーションして判断してください。

3.光回線が開通する

はじめてお家にインターネットを通す場合は作業員がご自宅に訪問し開通工事を行います。

開通工事当日はお家の方どなたかの立ち合いは必要となるので、スケジュールを空けておきましょう。

大体2時間程度で工事は完了します。

他社光回線から乗り換える場合は開通日に自動的に乗り換え先の回線に切り替わっているので特にすることはありません。

光回線の工事についてもっと詳しく知りたいという方は光回線の工事内容を解説!を参考にしてください。

4.特典を受け取る

光回線開通後に特典を受け取る場合は受け取り期限があるので、なるべく早めに受け取り手続きをしましょう。

特典を受け取る方法は各家電量販店キャンペーンによって異なりますが、「家電量販店にいく」「Webから手続きをする」のどちらかです。

家電量販店にいって特典を受け取る場合は以下の書類をもっていきましょう。
・本人確認書類
・契約書の控え
・開通証明書

光回線の申し込みは家電量販店よりもWeb窓口がお得

家電量販店とWeb申し込みはどちらがお得?

ここまで光回線を家電量販店で申し込む際の情報を紹介してきました。

家電量販店経由の契約でもメリットはありますが、実は特典やキャンペーンの充実度でいうとWeb窓口のほうがお得です。

家電量販店とWeb窓口のキャンペーンを比較した以下の表をご覧ください。
キャンペーンWeb窓口家電量販店
特典金額ドコモ光40,000円4~5万円前後
ソフトバンク光37,000円3~4万円前後
auひかり77,000円5万円前後
適用条件
なし

家電購入
プログバイダ指定
オプション加入
受取方法
Web手続き

店舗来店
Web手続き
家電量販店とWeb窓口も、キャンペーン特典金額だけみると大差ありません。

ですがWeb窓口から申し込んだほうが家電購入やオプション加入などが必要なく、受け取りの手間も省けるというメリットがあるんです。

ドコモ光はGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光は数十社のWeb窓口を比較した結果、最もおすすめのWeb窓口はGMOとくとくBBです。

※ドコモ光のキャンペーンが充実しているWeb窓口を抜粋して比較しています。
Web窓口キャッシュバックオプション加入受取月
GMOとくとくBB43,000円なし翌々月
@nifty20,000円なし8ヶ月目
OCN20,000円なし翌々月
ドコモオンラインコンシェルジュ30,000円なし翌々月
GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめな理由は以下の通り。
【おすすめ理由】
・無条件でキャッシュバック40,000円+dポイント2,000ptプレゼント
・他社違約金を最大10,000円キャッシュバック
・高速WiFiルーターが無料レンタルできる
・公式キャンペーンも併用できるから開通工事費19,500円が実質無料
キャンペーンが充実しているのはもちろん、2年連続で1位オリコン顧客度調査プロバイダランキングをとっているので利用開始後のサービスにも期待ができますよ。
\今なら!全員45,000円キャッシュバック/ドコモ光GMOとくとくBB公式サイトから申込む

ソフトバンク光は代理店からの申し込みがおすすめ

ソフトバンク光はプロバイダもソフトバンクが担っているので、どこのページから申し込むか(代理店をどこにするか)だけが決め手になります。

現在以下の4つの窓口で高額キャッシュバックを行っています。
Web窓口キャッシュバックオプション加入受取月
GMOとくとくBB37,000円
または35,000円+高速WiFiルーター
なし翌々月
エヌズカンパニ37000円
なし翌々月
アウンカンパニー37,000円なし翌々月
NEXT37,000円なし翌々月
キャッシュバック金額・受け取り時期も同じですし、正直なところどこを選んでも問題ありません。

もし迷ったなら特典が選べる「GMOとくとくBB」からの申し込みがよいでしょう。
\顧客満足度NO.1の申し込み窓口はこちら/ソフトバンク光×GMOとくとくBB

auひかりはGMOとくとくBBがおすすめ

auひかりのWeb窓口を比較した結果、最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。

以下の表にキャンペーンが充実しているWeb窓口4社を抜粋して、キャンペーン内容を比較しました。
Web窓口キャッシュバック受取月
GMOとくとくBB77,000円
+高速WiFiルーター
12ヶ月目
24ヶ月目
BIGLOBE60,000円
12ヶ月目
24ヶ月目
So-net70,000円12ヶ月目
24ヶ月目
NNコミュニケーションズ66,000円翌々月末
他の申し込み窓口も悪くはありませんが、単純にキャンペーンが一番豪華なのは「GMOとくとくBB」です。

キャッシュバック金額が一番高いのはもちろん、5,000円~10,000円ほどする高速WiFiルーターの無料プレゼントもありますよ。
キャッシュバック77,000円特典付き!auひかりのお申込みはこちら

今一押し!家電量販店の光回線よりお得な『OCN光』

ocn-campaign

※OCN光のキャンペーンは2022年11月30日をもって終了しております。再開次第お知らせいたします。

OCN光はネット業界最大手のNTTが提供している、信頼と実績で他社を圧倒する光回線です。

家電量販店での取り扱いが少なく、公式サイトや代理店などのweb販路がメインの光回線です。

現在は、公式サイトから新規申し込みで工事費完全無料、さらに5か月間無料になるダブルキャンペーンを実施中なので今全ての光回線のなかで一押しなんです。
OCN光×マンション概要
月額料金5か月間0円
その後3,960円
※期間限定
工事費16,500円
期間限定で完全無料
最大速度1Gbps
エリア全国

工事費無料と5ヶ月無料は~2022年11月30日までの限定キャンペーンなので、早めの申し込みがオススメです!

\プロバイダ実績No.1!安定性抜群/OCN光を申し込む

光回線を家電量販店で申し込む際によくある質問

光回線を家電量販店で申し込む際によくある質問をまとめたので参考にしてください。

家電量販店での光回線申し込みをキャンセルしたい場合は?

まずは契約した光回線に電話してキャンセルをしましょう。

開通工事を実施する前であれば無料でキャンセルすることができます。

ただし家電量販店キャンペーンの特典を受け取った場合は返却しなければならないので注意してください。

家電量販店に光回線をキャンセルしたことを伝えて特典を返しにいきましょう。

家電量販店で予約した光回線工事日を変更するには?

工事日は光回線に電話するか光回線のマイページから変更することができます。

各光回線の工事日の変更窓口を以下の表にまとめました。
光回線変更方法受付時間
ドコモ光ドコモ光サービスセンターに電話
0120-766-156
9:00~21:00
ソフトバンク光My SoftBankから手続き24時間
auひかりKDDI開通センターに連絡
0120-921-928
10:00~19:00
工事日の変更は原則4日前までです。

期限をすぎたとしても変更できる場合もあるので一度問い合わせてみて下さい。

まとめ

ここまで、家電量販店で光回線を契約するメリットについて書いてきました。

キャンペーン内容は店舗や時期によって大きく左右されますが、家電量販店ではお得なキャンペーンが受けられる場合があります。

もう一度おさらいすると、家電量販店で光回線を契約するメリットは以下の4つ。

・店舗独自のキャンペーンが充実
・当日に工事日が決まる
・同時にスマホとのセット割が組める
・わからないことを店員に聞ける

この記事が、皆さんが家電量販店で光回線を契約する前の参考になれば幸いです。
株式会社ブレイブ

電気通信事業者番号:A-02-18214
TOPへ戻る