【2019年10月】auひかりのキャッシュバックが1番お得な窓口はここ!

2019-10-17

auひかりは他社から乗り換えることでお得になるキャンペーンをおこなっています。

しかし、利用するキャンペーンによって得するか損するか大きく分かれてしまうのが特徴。しっかり比較して選ばないといけません。

2019年8月現在で実施中のキャンペーンをすべて比較した結果、auひかり代理店のNNコミュニケーションズが一番おすすめです。

この記事では、キャッシュバックがいつ貰えるのか、現金なのか郵便為替なのかなどキャッシュバックキャンペーンについて細かく紹介しています。

プロバイダや代理店によってもキャンペーンやキャッシュバックが異なるので、申し込み窓口はかなり大事です。

これからauひかりを申し込もうと考えている方にとってお得な情報をまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

【2019年10月】auひかりに乗り換えてお得な公式キャンペーン

2019年10月現在、auひかり公式で実施されているキャンペーンをご紹介します。

工事費無料キャンペーン

工事費の分割料金が毎月割引きされて、実質負担額が0円になるお得なキャンペーンです。

★キャンペーンの内容 戸建て:37,500円(625円×60ヶ月間)⇒0円 マンション:30,000円(1,240円×24ヶ月間)⇒0円 ★キャンペーンの注意点 ・申し込み窓口によっては利用できない ・戸建ては電話を利用しないと割引額が少なくなる ・割引期間中に解約すると残金が一括請求される
新規でauひかりを開通する場合はかならず高額な工事費がかかってしまいますが、このキャンペーンを使えば1円も払わなくて済みます。 しかし、プロバイダ公式サイトや価格コムで申し込むと利用できないので注意しましょう。後ほど、キャッシュバックキャンペーンとあわせて比較していきます。 戸建ての場合、毎月の割引額625円の内訳がネット(125円)+電話(500円)になっているので、ネットしか使わない場合は毎月125円しか割引されません。 60ヶ月で7,500円しか割引されないということです。 また、割引期間内に解約すると割引されなかった工事費を一括で支払う必要があります。 戸建ての場合は、割引期間が60ヶ月もかかってしまうので要注意です。

他社から乗り換えキャンペーン

他社インターネットサービスからauひかりに乗り換えることで、他社の違約金を最大3万円まで負担してくれる「auひかりスタートサポート」を実施しています。

★キャンペーンの内容 現在利用中の光回線やケーブルテレビ、ソフトバンクエアー、Pocket WiFi(ソフトバンクとY!mobileが提供)、ドコモの通信端末を解約するときに発生する解約費用を最大3万円までキャッシュバック ★キャンペーンの注意点 ・プロバイダによってキャッシュバック額が異なる ・auスマートバリュー対象のサービスは対象外 ・3年以上利用しないと1万円の解除料が発生
いま光回線などのインターネットサービスを使っていて、解約したときの違約金が高いという人は絶対に利用すべきキャンペーンでしょう。 ただし、プロバイダによってキャッシュバック額が違うので以下で確認してください。
プロバイダキャッシュバック額
@nifty、TCOM、So-net
BIGLOBE、au one net
最大30,000円
ASAHIネット、DTI最大15,000円
そして、全てのインターネットサービスの解約費用を負担してくれるわけではありません。

auスマホとセット割になるauスマートバリュー対象のサービスはキャンペーン対象外になります。

※乗り換えキャンペーンが使えない主なサービス auひかり、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ、BBIQ、ビッグローブ光、So-net光、@nifty光、WiMAX全般、J:COM
また、戸建ての場合は3年以上、マンションの場合は2年以上の利用を約束する条件になっています。約束の期間内に解約してしまうと、1万円の違約金がかかってしまうので注意しましょう。

その他のお得なキャンペーン

ここまで紹介してきたキャンペーン以外にも、お得なキャンペーンがあるのでまとめて紹介します。

無線LANルーターの利用料が0円

auスマホとセットで割引されるauスマートバリューを適用することで、月額500円かかる無線LANが0円で利用できます。

無線LANはauひかり提供の「ホームゲートウェイ」に内蔵されているので、わざわざ自前で無線LAN(Wi-Fi)ルーターを購入する必要がありません。

ホームゲートウェイとは? 固定電話やテレビ、パソコンなど複数の端末に有線接続するための専用ルーターです。
5ギガと10ギガの超高速インターネットにも対応しているルーターなので、速度的にも満足できるお得なサービスです。

引っ越し先でもauひかりが継続できる

引っ越し先がauひかりの対応エリアであれば、解約金がかからずにそのままサービスを継続できます。

引っ越し元の工事費が残っている場合は一括で支払う必要がありますが、支払った工事費分は引っ越し先の月額料金を割り引いて還元されるので安心です。

しかし、戸建ての場合はかならず撤去工事費(28,800円)がかかってしまいます。また、引っ越し手続きには1ヶ月ほどかかるので早めに手続きしましょう。

10ギガ・5ギガの超高速サービス割引

auひかりホーム(戸建てのみ)では、一部の地域で10ギガと5ギガの超高速インターネットに対応しています。

月額料金から500円/月割引きされるので、通常速度1ギガの料金と変わらずに利用可能です。

<10ギガと5ギガに対応している地域> 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部
しかし、どれだけ光回線が速くても無線LANルーターの対応速度がおそかったら意味がありません。auひかり提供のホームゲートウェイは最大速度2.4ギガなので限界があります。 少しでもインターネットを速くしたいという方は申し込んでみるといいでしょう。

\2019年最も選ばれている/
auひかりの人気窓口

☑世界最速通信10ギガ対応
☑インターネット使い放題
☑今なら50,000円キャッシュバック!
高速Wi-Fiルーターもらえる!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社での違約金満額還元で安心!
☑KDDIから5年連続表彰されている!

▼24時間いつでもOK▼

auひかりプロバイダや代理店などのキャンペーン比較

auひかり公式のキャンペーンを紹介してきましたが、申し込み窓口によっては独自のお得なキャンペーンを実施しているので必ず確認しましょう。

※下記キャンペーンは、申し込み窓口によってキャンペーンの有無や内容が異なります。

●工事費無料キャンペーン
●キャッシュバックキャンペーン
●月額料金割引キャンペーン

キャンペーンの還元額を比較

※戸建ては3年間、マンションは2年間の還元額

窓口戸建てマンション

公式サイト
auショップ
32,500円40,000円






So-net70,020円66,480円
BIGLOBE54,500円80,000円
@nifty37,600円60,100円
AsahiNet7,500円30,000円
TCOM4,500円30,000円
DTI60,500円68,000円


NNコミュニ
ケーションズ
74,500円77,000円
アシタクリエイト62,500円70,000円
NEXT74,500円77,000円
フルコミット77,500円75,000円
グローバルキャスト77,500円95,000円
2577,500円75,000円



So-net71,238円63,651円
BIGLOBE72,428円63,660円
DTI41,585円49,010円
au one net31,485円44,850円




ヤマダ電機
ヨドバシ
ビックカメラ
ノジマ
72,500円80,000円
auひかり公式サイトやauショップで申し込んでしまうと、プロバイダ公式サイトや代理店などで申し込むより4万円前後も損してしまいます。

なぜなら、プロバイダによってキャンペーンに絶大な差があるからです。

auひかり公式のキャンペーンではau one netをプロバイダにすることが条件ですが、たった1万円のキャッシュバックしかもらえません。

逆に大手プロバイダのSo-netやBIGLOBでは3万円以上のキャッシュバックを実施中です。

なので、代理店と価格コム、家電量販店ではプロバイダを限定してお得なキャンペーンを実施しています。

auひかりを安く利用するためには、auひかり公式サイトとauショップではなく、キャンペーンの還元額が高いところで申し込むことを絶対におすすめします。

キャッシュバックの条件を比較

お得なキャンペーンを実施している申し込み窓口では、高額なキャッシュバックをもらうための条件が決まっています。

キャッシュバックの条件が厳しいと、けっきょく1円も貰えなかったというトラブルが起きかねないので、以下でキャッシュバックの受け取り時期と手続きの有無を比較しました。
窓口1回目2回目
プロバイダ
公式サイト
1年後
申請必要
2年後
申請必要
代理店翌月
申請は不要
半年後
申請必要
価格コム1年後
申請必要
2年後
申請必要
家電量販店開通後
商品券or現金
店舗受け取り
半年後
申請必要
各申し込み窓口ではキャッシュバックを2回に分けて半額ずつもらうことになります。

プロバイダ公式サイトと価格コムでは全てのキャッシュバックがもらえるまでに2年かかるのでおすすめしません。

キャッシュバックを受け取る前の月に申請手続きをWEBでおこなわないといけないので、時期がおそいほど忘れてしまうケースが多いです。

比較した結果、auひかり代理店のキャッシュバックキャンペーンが一番です。

1回目のキャッシュバックは翌月にもらうことができ、申し込みの電話で振込先の銀行口座を伝えるだけでカンタンに手続きが完了します。

2回目の申請手続きも半年後なので、忘れずに受け取ることができるでしょう。

\2019年1番選ばれている/
auひかりの人気窓口

☑世界最速通信10ギガ対応
☑インターネット使い放題
☑今なら50,000円キャッシュバック!
高速Wi-Fiルーターもらえる!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社での違約金満額還元で安心!
☑KDDIから5年連続表彰されている!

▼24時間いつでも申込みOK▼ auひかり申込み

auひかり代理店のNNコミュニケーションズが一番おすすめ

NNコミュニケーションズ

オプション加入なしでも高額キャッシュバック

※戸建て(H)とマンション(M)のキャッシュバック額、オプションの有無を比較しました。

代理店キャッシュバック額オプション有無
NNコミュニケーションズH:52,000円
M:47,000円
なし
アシタクリエイト40,000円なし
NEXTH:52,000円
M:47,000円
なし
フルコミットH:55,000円
M:45,000円
あり
グローバルキャストH:55,000円
M:65,000円
あり
25H:55,000円
M:45,000円
あり
auひかり代理店ならNNコミュニケーションズとNEXTがおすすめです。

この2社よりもキャッシュバック額が大きい代理店はありますが、オプション加入が条件になっていて月額料金が高額になってしまうので注意しないといけません。

例:フルコミットの加入条件オプション カスペルスキー(500円)、安心サポート(300円)、住まいと暮らしの相談(450円)、えらべる倶楽部(500円)、らくらくバックアップ無制限(500円)、ライフサポートパック(300円)⇒合計2,550円
auひかりの月額料金にプラスして毎月2,550円もかかってしまうのでかなり損してしまいます。オプションの加入が条件になっている代理店は絶対に避けましょう。 NNコミュニケーションでは、オプション加入の条件が一切なしで、一番高額なキャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

独自のキャンペーンがお得

NNコミュニケーションズでは、キャッシュバックキャンペーン以外にも独自のキャンペーンを実施しているので以下で紹介します。

工事費無料キャンペーン実施中!

すでに紹介しているauひかり公式の工事費無料キャンペーンが利用できます。

公式のキャンペーンにも関わらず、申し込む窓口によっては使えない場合が多いので大きなメリットです。

乗り換えキャンペーンに上乗せキャッシュバック!

NNコミュニケーションでは、auひかり公式の乗り換えキャンペーンに上乗せしてキャッシュバックをもらうことができます。

通常であれば、乗り換え時の解約金・工事費の残金などが3万円を超えてしまうと自己負担になってしまいますが、越えてしまった分を最大25,000円まで負担してくれます。

つまり、他社の解約費用を最大55,000円まで負担してくれるという事です。

いま使っている光回線の解約金が高すぎて乗り換えられないという人は大チャンスなので、NNコミュニケーションズから申し込むことをおすすめします。

【福岡・佐賀・熊本】地域限定のキャンペーン!

福岡県・佐賀県・熊本県の戸建てに住んでいる方限定で、半年間は毎月5,100円⇒1,980円で利用できる「auひかりバリ得プログラム」を実施しています。

★キャンペーンの条件 ・So-netかau one netをプロバイダにする ・ずっとギガ得プランに申し込む
プロバイダはSo-netにすることでキャッシュバックキャンペーンと併用できてさらにお得になります。

\2019年最も選ばれている/
auひかりの人気窓口

☑世界最速通信10ギガ対応
☑インターネット使い放題
☑今なら50,000円キャッシュバック!
高速Wi-Fiルーターもらえる!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社での違約金満額還元で安心!
☑KDDIから5年連続表彰されている!

▼24時間いつでもOK▼

まとめ

ここまでお話ししてきたように、auひかりのキャンペーンは代理店のNNコミュニケーションズが一番おすすめです。

キャンペーンの使い方を間違えてしまうと、8万円以上も損してしまう場合があります。この記事を参考にしていただけたら幸いです。
The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

TOPへ戻る
Menu