【2020年8月】auひかりのキャンペーンを1番お得に受け取るための全情報

auひかりのキャッシュバックにはどんな種類のものがあるのか、どこから申し込めば1番お得なキャッシュバックがもらえるのかについて紹介していきます。

auひかりは公式キャンペーンの他にも申し込む窓口ごとに独自のキャッシュバックがもらえますが、一歩間違えると50,000円以上も損をしてしまう危険があるので慎重に選ばなければなりません。

結論からいうと、キャッシュバックキャンペーンが最もお得なのはGMOとくとくBBで、2種類のキャンペーンから選べ、オプション加入が必要ないという点がおすすめポイントです。

この記事では、キャッシュバックは金額だけではなく、受け取りやすさや適用条件、月額費用にして考えたときにお得になるのかという点も比較していくのでぜひ最後までご覧ください。

auひかりのキャンペーンについて

auひかり公式キャンペーン

auひかりのキャンペーンについてまず頭に入れておいてほしいのが、auひかりの2つの公式キャンペーンはどこから申し込んでも受けられるということ。

auひかり新スタートサポート

1つ目は「auひかり新スタートサポート」というもので、これは他社からauひかりに乗り換える時にかかった違約金や工事費の未払い分などを3万円まで還元するというキャンペーンです。

申請をしてから1~2ヶ月後には普通為替か、au WALLET プリペイドカードへのポイント付与で違約金分が還元されます。特に難しい条件もないのでだれでも3万円の還元が受けられます。

工事費無料キャンペーン

2つ目は「工事費実質無料キャンペーン」です。auひかりの工事費はホームタイプが37,500円、マンションタイプが30,000円となっていて、それぞれ60ヶ月と24ヶ月利用すれば月々割引が適用されて工事費が実質無料になるというものです。

以上2つのキャンペーンは併用することができるので、乗り換え時の費用の不安や初期費用の不安なくauひかりを契約することができます。

さらに、この2つのキャンペーンにプラスしてそれぞれの窓口の独自キャンペーンが受けられます。

窓口によってキャンペーンが違う

auひかりの申込みはネットの窓口(auひかり公式サイト・プロバイダサイト・ネット代理店)と店舗の窓口(auショップ・家電量販店)があり、それぞれの窓口で行っているキャンペーンの内容が異なります。

現在最もお得なキャンペーンを行っているのがプロバイダサイトのGMOとくとくBBで、61,000円キャッシュバックを行っているのに対し、最も少ないキャッシュバックを行っている窓口(au one netなど)は10,000円キャッシュバックなので、申し込み窓口によって約50,000円ものキャッシュバック差が出てしまいます。

auひかりは申込み窓口によってもらえるキャッシュバックに大きく差があるので、1番お得な窓口から申し込むということが重要です。

\2020年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口

●au回線だから高速通信可能
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,600円~で最安級!
●戸建て月額4,000円~の激安!
●または最大61,000円キャッシュバック
●auスマホの料金最大1,000円割引

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。


▼2つのキャンペーンから選ぶ▼

GMOとくとくBBのキャンペーンがおすすめ!

auひかりの数ある申込み窓口のキャッシュバックキャンペーンを比較したところ、プロバイダサイトのGMOとくとくBBが最もお得ということが分かりました。

GMOとくとくBBのキャンペーンは2種類あり、好きな方を選ぶことができます。
●最大61,000円キャッシュバック
●最大20,000円キャッシュバック+月額割引
窓口キャッシュバック実質月額料金
(戸建て)
実質月額料金
(マンション)







GMO
とくとくBB
最大61,000円3,247円1,502円
最大20,000円
+
月額料金割引
3,138円1,366円
So-netなし
(月額割引)
3,486円2,137円
BIGLOBE50,000円3,566円2,287円
なし
(月額割引)
4,847円2,568円
DTI38,000円3,944円2,744円
@nifty30,000円4,167円2,967円
au one net10,000円4,722円3,522円
AsahiNetなし4,900円~3,800円
TCOMなし4,900円~3,800円





フルコミット60,000円3,761円3,329円
グローバルキャスト60,000円3,761円3,329円
NEXT52,000円3,983円2,412円
NNコミュニ
ケーションズ
52,000円3,983円2,412円



So-net59,630円3,296円3,800円
BIGLOBE45,330円3,705円3,800円
DTI40,100円3,854円3,800円
au one net30,000円4,143円3,800円
auひかり公式サイト10,000円
4,722円3,522円




ヤマダ電機
ヨドバシ
ビックカメラ
ノジマ
10,000円~
(店舗による)
4,722円3,522円

①キャッシュバックが1番高額

auひかりのキャッシュバックは30,000円~50,000円が相場ですがGMOとくとくBBのキャッシュバックはそれを大きく上回る最大61,000円となっています。

最大20,000円キャッシュバック+月額割引のキャンペーンを選んだとしても総額57,600円の特典となるので高額キャッシュバックに負けないくらいお得です。

ネット代理店のフルコミットやグローバルキャストも同じくらいのキャッシュバックがもらえるようにみえますが、オプション加入などの条件があるので実質費用で考えるとお得ではありません。

オプション加入不要

GMOとくとくBBのキャッシュバックの良いところは余計なオプションに入らなくてもキャッシュバックが受け取れるというところ。

最大61,000円キャッシュバックを受け取るにはネット+光電話という月額500円の固定電話サービスに申し込む必要がありますが、GMOとくとくBBから申し込むと月額料金に光電話が含まれているので実質オプションなしでキャッシュバックが受け取れます。

auひかりのオプションで必要なのは光電話(auスマートバリューを受けるため)くらいなので、キャッシュバック条件に光電話以外のオプション加入が必須と記載されている窓口はやめておいた方がいいでしょう。

②実質費用も1番お得

窓口キャッシュバック実質費用
(月額)
実質費用
(3年間)







GMO
とくとくBB
61,000円3,247円116,892円
最大20,000円
+
月額料金割引
3,138円112,968円
So-netなし
(月額割引)
3,486円125,496円
BIGLOBE50,000円3,566円128,376円
なし
(月額割引)
4,847円174,492円
DTI38,000円3,944円141,984円
@nifty30,000円4,167円150,012円
au one net10,000円4,722円169,992円
AsahiNetなし4,900円~176,400円~
TCOMなし4,900円~176,400円~





フルコミット60,000円3,761円135,396円
グローバルキャスト60,000円3,761円135,396円
NEXT52,000円3,983円143,389円
NNコミュニ
ケーションズ
52,000円3,983円143,389円



So-net59,630円3,296円118,656円
BIGLOBE 45,330円3,705円 133,380円
DTI40,100円3,854円138,744円
au one net30,000円4,143円 149,148円
auひかり公式サイト10,000円
4,722円169,992円




ヤマダ電機
ヨドバシ
ビックカメラ
ノジマ
10,000円~
(店舗による)
4,722円169,992円
キャッシュバックが多くても実質費用が安くならなければ何の意味もありません。

キャッシュバック受取りのためにオプション加入が必要な窓口だと、実質支払う費用が大幅に高くなってしまうことがあるからです。

GMOとくとくBBは他の窓口とは違ってオプション料金が特にかからないので、3年間の実質費用が1番安くなっています。

一方で、60,000円キャッシュバックがもらえるネット代理店のフルコミットなどは毎月2,500円ものオプション代がかかってしまうので実質費用で考えると全然お得ではなく、むしろ必要のないオプションにお金を払い続けることになるので損をすることになります。

実質費用が1番安い窓口と1番高い窓口では3年間で約60,000円もの差が出てしまうという結果に。

損をしないためには、キャッシュバック額だけで選ぶのではなく実質費用がどのくらいお得になるのかで選んでいく必要があります。

\2020年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口

●au回線だから高速通信可能
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,600円~で最安級!
●戸建て月額4,000円~の激安!
●または最大61,000円キャッシュバック
●auスマホの料金最大1,000円割引

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。


▼2つのキャンペーンから選ぶ▼

他の窓口をおすすめしない理由

auひかり公式はキャッシュバック額が少ない

auひかりの公式サイトやauショップから申し込むと10,000円の還元を受けられますが、GMOとくとくBBから申し込んだ場合のキャッシュバックの6分の1のしかもらえないのでおすすめできません。

キャッシュバック条件はそこまで厳しくないのですが、プロバイダが「au one net」しか選べないということと、現金キャッシュバックではなくau WALLET プリペイドカードへのチャージになるので使いづらく、おすすめできません。

同じ条件なのであればauひかりの公式サイトやauショップから申し込むよりもGMOとくとくBBから申し込んだ方がお得になります。

価格comはキャンペーン違約金がある

価格コムはキャッシュバックも高額でサイト内で口コミも見られるので人気の申し込み窓口ですが、キャッシュバックを受け取ってしまうと解約金がかなり高くなってしまうという落とし穴があります。

auひかりの解約金は戸建て15,000円・マンションは7,000円ですが、価格コムから申し込んでしまうと戸建ては22,000円、マンションは12,500円になってしまい、ほぼ2倍の解約金が請求されてしまいます。

GMOとくとくBBから申し込んだ場合だとキャッシュバックを受け取って解約金が高くなるということはないので、同じくらいのキャッシュバックをもらえるのであればGMOとくとくBBから申し込んだ方が安全です。

auひかりキャンペーンの注意点

ここではauひかりのキャンペーンを受け取るうえで気を付けてほしいことを4つ紹介します。

ほとんどの注意点がネット代理店に当てはまることなので、ネットでの申込みを考えている方はとくに注意してください。

不要なオプションをつけられる

auひかりの窓口の中には、高額なキャッシュバックを受け取れる代わりに不要なオプションへの加入を強制してくるところがあります。

これらのオプションはauひかりを使ううえで全く必要のないオプションで、特別お得になるというメリットもないです。オプションだけで月額2,500円もかかってしまうのでauひかりの基本料金と合わせると、毎月約8,000円も支払うことに・・・。

キャッシュバックをたくさんもらったとしても、オプションで月に何千円も取られるとなるとトータルで何万円分も損をしてしまうことになるので注意しましょう。

受け取り方法や時期を記載していない

キャッシュバック金額や、キャッシュバック条件は書いてあるのにキャッシュバックの受取時期の記載がない場合があります。

こうした窓口はわざと記載せず、電話で質問してきた人を狙って「この電話口で契約しないとキャッシュバックはもらえませんよ」などと強制的に契約をすすめてくるのでとても危険です。

キャンペーンコードを控えてないといけない

ネット代理店の中には「キャンペーンコード」という、キャッシュバックを貰うために必要なコードが記載されているところがあります。

注意書きや条件の詳細欄などにキャンペーンコードについては一切触れられていないにも関わらず、キャッシュバックを受け取るときになってキャンペーンコードを求められることがあります。

申込前に控えておかないと、結局キャッシュバックを受け取れなかった・・・。ということにもなりかねないので気を付けましょう。

常識的な窓口であればこうしたキャンペーンコードの要求はされないので、1番いいのはキャンペーンコードを伝えなくてもキャッシュバックがもらえる窓口から申し込むことです。

公式キャンペーンを独自キャッシュバックのように見せかけている

10万円以上のキャッシュバックを提示している窓口は、公式キャッシュバックも合わせた金額で高額に見せている可能性が高いです。

例えば、115,000円還元と提示している窓口の場合、窓口独自のキャッシュバックは60,000円のみで、残りの55,000円はauひかりの公式キャッシュバック分となっています。

公式キャッシュバックはどこで申し込んでももらえるので、重要なのはその窓口限定のキャッシュバックがいくらなのかということ。

GMOとくとくBBならオプションなしで最大61,000円キャッシュバックがもらえるのでお得ですよ。

\2020年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口

●au回線だから高速通信可能
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,600円~で最安級!
●戸建て月額4,000円~の激安!
●または最大61,000円キャッシュバック
●auスマホの料金最大1,000円割引

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。


▼2つのキャンペーンから選ぶ▼

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

auひかりのキャンペーンは申し込み窓口を慎重に選んで1番お得なところから申し込む必要があります。

これまで様々な光回線のキャッシュバックを見てきましたが、GMOとくとくBBのような好条件で高額なキャッシュバックを行っているところはなかなかありません。

エリアさえクリアできればとてもいい光回線なので、ぜひ申し込み窓口もお得なGMOとくとくBBから申し込んで快適なネット生活を楽しみましょう。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM