auひかりのキャンペーンを徹底比較!おすすめキャッシュバック窓口【2021年9月】

auひかりのキャンペーン
auひかりのお得なキャンペーン窓口は?キャッシュバックが高い窓口はどこ?など、auひかりのお得な情報をお探しではないですか。

auひかりのキャンペーン窓口十数社を比較した結論・・・

・『最大61,000円の現金キャッシュバック』
・『月額割引』

いずれか選べるGMOとくとくBB公式サイトのキャンペーンが最もお得でおすすめできることがわかりました。

この記事では、auひかりのキャンペーンは結局どれが一番お得なの?という方へ、以下のようなauひかりのキャンペーンに関する全情報を紹介します。

●申し込み窓口のキャンペーン比較一覧
●公式キャンペーンの内容は?
●現金キャッシュバックはいつもらえる?

その他にも、キャンペーン利用時の注意点やキャッシュバックの申請手続きなど、知っておくと役立つ情報もお届けしています。

結論|auひかりのキャンペーンはGMOとくとくBBがおすすめ

結論、auひかりの申し込み窓口の中で1番お得なキャンペーンが受けられるのはプロバイダ公式サイトの『GMOとくとくBB』です。

公式キャンペーンとの併用はもちろん、2つの特典から選べるキャンペーンを実施中です。特典①を選べば最大61,000円のキャッシュバックがもらえますし、特典②を選べばauひかりの月額料金が大幅に割引きされます。
auひかり×GMOのキャンペーン内容
公式・auひかり新スタートサポート
・工事費実質無料キャンペーン
・auスマートバリュー新規加入10,000円キャッシュバック
窓口
独自
特典①最大61,000円キャッシュバック

高性能Wi-Fiルータープレゼント
特典②月額料金割引き
戸建て:月額4,400円~
マンション:月額2,860円~

最大25,000円キャッシュバック
その他・auひかり電話が無料
・WiFiルーターがレンタル無料
特典はどちらを選んでもお得になりますが、キャッシュバックに関しては受け取り忘れがないようにだけ十分注意しましょう。

auひかりの申し込み窓口では、キャッシュバックが2回に分けられている場合があります。GMOとくとくBBでも受け取り時期が12ヶ月後と24ヶ月後の2回です。

受け取り忘れの注意点さえ問題なければ、auひかりのサービス内容を今一度確認し、GMOとくとくBBから申し込んでみてください。

auひかりのキャンペーンを項目別に徹底比較

ここでは、各申し込み窓口が実施しているキャンペーンを、以下のポイントから徹底的に比較していきます。

キャンペーン内容は申し込み窓口によって大きく変わるので、失敗せずにauひかりを申し込みたいのであればそれぞれをしっかり比較し把握することが重要になってきます。

ちなみに、auひかりでは、キャンペーンの内容を『キャッシュバック』または『月額割引』から選ぶことができる申し込み窓口も複数あるので、それぞれを選んだ場合の特典額で比較していきます。
◆比較ポイント ①キャッシュバック額 ②月額割引キャンペーンの割引内容 ③受け取り時期・方法 ④auひかり電話の料金

キャッシュバック額

auひかりでキャッシュバックキャンペーンを実施している申し込み窓口十数社を比較したところ・・・

GMOとくとくBBのキャッシュバックが最も高額であるという結果に。

全体的なキャッシュバックの金額幅は3万円~6万円と大きいですが、GMOとくとくBBなら最安の窓口と比べて2倍のキャッシュバックを受け取ることができます。

また一つ意外な結果だったのが、auひかり公式サイトや家電量販店からの申し込みだとあまり特典額は見込めないということ。

公式という信頼性や安心感、スタッフの方と契約手続きを踏めるというようなメリットもありますが、正直キャッシュバック額に差がありすぎておすすめすることはできません。

慎重に検討をしたうえで申し込み窓口は決定した方が良いですね。
窓口名戸建て
キャッシュバック
マンション
キャッシュバック
CB受取時期







GMOとくとくBB61,000円51,000円①12ヵ月後
②24ヵ月後
@nifty30,000円①12ヵ月後
②24ヵ月後
DTI38,000円13ヵ月後
BIGLOBE55,000円①12ヵ月後
②24ヵ月後
au one net(auひかり公式)au PAY10,000円分4ヵ月後
代理店フルコミット41,000円30,000円①1ヵ月後
②6ヵ月後
アシタクリエイト45,000円1ヵ月後
TOKAIコミュニケーションズ50,000円8ヵ月後
NEXT52,000円①1ヵ月後
②4ヵ月後
NNコミュニケーションズ52,000円①1ヵ月後
②4ヵ月後
家電量販店数円分の商品券やポイント
※店舗による
開通後
価格コム61,750円61,865円①12ヵ月後
②24ヵ月後

月額割引キャンペーンの特典総額

ここでは月額割引キャンペーンを実施している窓口の特典額を比較していきます。

一番安くauひかりを利用できるのはSo-netであることがわかりました。

ただし、GMOとくとくBBは月額割引キャンペーンを選べばプラスで最大25,000円のキャッシュバックもついてきます。

月額割引の適用されてキャッシュバックも貰えるというような窓口はGMOとくとくBB以外ありません。

そういったことをすべて踏まえるとGMOとくとくBBがおすすめですね。
窓口名戸建て
月額料金
マンション
月額料金







GMOとくとくBB4,400円2,860円
So-net3,828円2,728円
@nifty5,472円2,805円
@TCOM5,472円3,905円
DTI5,610円4,180円
au one net(auひかり公式)5,610円4,180円
ASAHIネット4,999円3,085円
BIGLOBE5,390円4,180円
代理店アシタクリエイト / NEXT / NNコミュニケーションズ / フルコミット5,610円4,180円
家電量販店・auショップ5,610円4,180円
価格コム4,084円3,214円

キャンペーンの受け取り時期・方法

キャンペーンの特典額も大事ですが、実際にどのように申請すればいいのか、いつ受け取ることができるのかも把握しておくことが重要です。

大体の場合、メールや電話など簡易的なものが多いですが、中には書面通知やキャンペーンコードの申請など、難易度が高い窓口も。

キャッシュバックの貰い忘れを起こさないためにも、シンプルに手続きが完了する窓口がおすすめです。

また、auひかりのキャンペーンに関しては受け取り時期が12か月後など、申し込みから時間がたってから振り込まれるというような窓口も多いです。

申請時期をあらかじめ控えておくなどし、申請漏れが無いよう気をつけてください。
窓口名CB受取時期CB受取方法







GMOとくとくBB①12ヵ月後
②24ヵ月後
メール
@nifty①12ヵ月後
②24ヵ月後
メール
DTI13ヵ月後メール
BIGLOBE①12ヵ月後
②24ヵ月後
メール
au one net(auひかり公式)4ヵ月後メール
代理店フルコミット①1ヵ月後
②6ヵ月後
キャンペーンコード
申請
アシタクリエイト1ヵ月後電話
NEXT①1ヵ月後
②4ヵ月後
電話
NNコミュニケーションズ①1ヵ月後
②4ヵ月後
電話
店舗auショップ翌月店頭
家電量販店開通後店頭
価格コム①12ヵ月後
②24ヵ月後
書面

auひかり電話の料金

auひかり電話に関しては、auスマホの月額が割り引かれるauスマートバリューの適用条件になっており、月額550円が発生するオプションです。

実は申し込み窓口の中にはこのauひかり電話を一定期間無料で利用できる特典を用意しているところも。

申し込み窓口によって割引期間が異なるため、しっかりと比較しておきましょう。
 auひかり電話料金無料期間
▼プロバイダ戸建てマンション戸建てマンション
GMOとくとくBB0円0円36ヵ月24ヵ月
BIGLOBE550円550円--
au one net550円550円--
Sonet0円550円60か月-
@nifty0円550円60か月-
AsahiNet0円550円30か月-
TCOM550円550円--
DTI550円550円--

auひかりのキャンペーンはGMOとくとくBBが一番お得な理由

ここからは、auひかりのキャンペーンはGMOとくとくBBが一番お得な理由を具体的に解説していきます。

GMOとくとくBBでは、キャンペーンを以下2つの中から選ぶことができるという驚きの特徴が。

・61,000円キャッシュバックキャンペーン
・月額料金割引キャンペーン

一括で高額なキャッシュバックを受け取りたいという方はキャッシュバックキャンペーンを、

毎月の支払いを安く抑えたいという方は月額割引キャンペーンを選べば自分にとって一番お得な特典が適用されるというわけです。

また現在は、申し込み者全員が対象となる『auひかり電話月額最大36ヶ月無料特典(通常550円/月)』も実施中。

それぞれのキャンペーンについて詳しく紹介していくのでこのままご覧ください。

1.キャッシュバックがとにかく高額

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は他のどの窓口と比較しても一番高額であるという結果に。
★GMOとくとくBBキャッシュバック額 戸建て:61,000円 マンション:51,000円
先ほど一覧で窓口別のキャッシュバック額を比較しましたが、GMOとくとくBBに勝るようなキャンペーンスペックを持つ窓口は現状見つけ出すことができませんでした。

万一、ネット代理店などでGMOとくとくBBよりも高額なキャッシュバックを提示している窓口があれば、必ず受け取り条件を確認するようにしましょう。

大体の場合、オプションへの加入や別サービスの同時契約といった条件が課されているはずです。

GMOとくとくBBはここまで高額なキャッシュバックが貰えるにもかかわらず、そういった条件がないところも嬉しいポイント。

だれでも確実にキャッシュバックが受け取れる安心の窓口となっています。

ちなみに、キャッシュバックキャンペーンを選ぶと『高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント』も適用されます。詳しくはこの後説明していくのでこのままお読みいただければと思います。

では、次に月額割引キャンペーンについて解説していきます。一括で多額の特典を受け取るよりも毎月の支払いを抑えたいという方は月額割引キャンペーンを選んだ方がベター。

自分の希望に合ったキャンペーンを選んで一番お得にauひかりを始めましょう。

2.月額割引キャンペーンならauひかりを安く利用できる

auひかりをなるべく安く利用したいという方はこの『月額割引キャンペーン』を選ぶことをおすすめします。
★auひかり×GMOとくとくBB月額割引料金 【戸建て】通常5,610円 ⇒ 4,400円 【マンション】4,180円 ⇒ 2,860円
割引期間は、最初の更新月を迎えるまで長期的に継続されるので、トータルで見ると「戸建て43,560円」「マンション47,520円」もの費用が節約できます。

・・・さらに!

月額割引キャンペーンを選ぶと最大25,000円のキャッシュバックも貰えるので、特典総額はキャッシュバックキャンペーンとほぼ同水準となります。

★月額割引きキャンペーンの特典まとめ
【戸建て】計43,560円割引き + 25,000円キャッシュバック
【マンション】計47,520円割引き + 15,000円キャッシュバック

3.Wi-Fiルーター無料プレゼント

2つの選べるキャンペーンでキャッシュバックキャンペーンを選んだ方は無料でWiFiルーターが貰えます。

▼いくつかのラインナップから選べます
・NEC PA-WG1900HP2 / 1,300メガ
・BUFFALO WXR-1750DHP2 / 1,300メガ
・ELECOM WRC-2533GST2/ 1,733メガ...など

auスマートバリューに加入していればWiFiルーター機能つきのONUが無料で利用できます。組み合わせ利用することで、ネット環境はさらに快適になります。

マンションタイプで貸出されるONUは性能が低いので、無料のWiFiルーターを繋げることで回線速度がさらに早くなります。

一方、ホームタイプで貸出されるONUは高性能なので、無料のWiFiルーターを「中継器」として活用すれば、家の隅々までWiFiが届くようになり便利です。

4.auひかり電話が無料

GMOとくとくBBを申込むとどのキャンペーンを選んだとしても、auひかり電話の月額利用料550円が最大36か月無料になります。

auひかり電話は、他のキャンペーン(auスマートバリューやauひかり新スタートサポートなど)の適用条件にもなっているので、基本的に加入することが一般的です。

たかが550円ですが、36カ月で換算すると19,800円分も支出を抑えられるというわけですから、私たちにとってはとてもうれしい特典なのではないでしょうか。

せっかく無料で利用できるならその恩恵を最大限受けて一番お得にauひかりを利用しましょう。
\2021年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口
●au回線だから高速通信可能!
●auスマホ月額が最大1,100円割引!
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,860円~で最安級!
●戸建て月額4,400円~で激安!
●他社違約金も最大55,000円還元!
●または最大61,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルータープレゼント!


auスマホ月額割引と高額キャッシュバックでとてもお得◎
2つのキャンペーンから選ぶ▼マンション月額2,860円
戸建て月額4,400円

auひかりの公式キャンペーン

auひかりでは、申し込み窓口の独自キャンペーンとは別で、auひかり公式が実施している「公式キャンペーン」も合わせて対象になります。

現在実施中のキャンペーンは・・・

1.auひかり新スタートサポート
2.工事費無料キャンペーン
3.auスマートバリュー新規加入限定キャッシュバック

の3つとなります。

どれもお得で見逃せない特典ばかりなので、契約前に確認しておきましょう。

auひかり新スタートサポート

「auひかり新スタートサポート」とは、他社からauひかりに乗り換える時にかかった費用を30,000円まで還元してくれるキャンペーンです。※auひかり×GMOとくとくBBからの申し込みでさらに+25,000円還元

つまり、違約金を気にすることなく自由なタイミングでauひかりに乗り換えることができるということ。

一般的な光回線の違約金は9,000円前後なので、工事費の残債が2万円以上残っていないかぎり、実質負担0円でauひかりを始められるんです。

このように旧インターネット回線の違約金を負担するキャンペーンを行っている事業者は少ないので、費用がネックで乗り換えを躊躇しているという方にはとても嬉しいサービスであることは間違いありません。
▼違約金負担の対象 ・違約金 ・工事費の未払い分(残債)
※利用条件は「ずっとギガ得プラン(3年契約)」+「auひかり電話」+「電話オプションパックEX」の申し込みです。

auひかり新スタートサポートについて詳しくはこちら

工事費無料キャンペーン

auひかりでは工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しています。工事費に相当する金額を毎月割引きしてくれるので工事費は実質無料になります。

●戸建てタイプの割引き例 41,250円 ⇒ 687円を60回払い └687円を60ヶ月割引 ●マンションタイプの割引き例 33,000円 ⇒ 1,375円を24回払い └1,375円を24ヶ月割引

auスマートバリュー新規加入10,000円キャッシュバック

「auスマートバリュー」とは、auひかりとauスマホをセットで利用することでauスマホが毎月最大1,100円安くなる特典です。

また、auスマホを持つ家族も割引きが受けられるので、家族全体の通信費が節約できます。

auスマートバリュー割り引きイメージ
さらに、auスマートバリューに家族を登録すると1人につき10,000円分の電子マネー(au PAY )のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンも実施中です。

※auスマートバリュー適用には「auひかり電話(月額550円)」のオプション加入が必要です。

auスマートバリューについて詳しくはこちら

auひかりの申し込みからキャンペーン受け取りまでの流れ

auひかりの申し込みからキャンペーン特典受け取りまでの流れを順を追って解説します。

キャッシュバックキャンペーンを選んだ場合は申請が必要になるので、流れをしっかり把握して、もらい忘れを防ぎましょう。

GMOとくとくBBの公式ページから申し込む

auひかりはGMOとくとくBBの公式ページから申し込みましょう。申し込みの際は以下の情報を入力してください。

・住所
・契約情報
・契約プラン(通常プランは以下画像①)
・オプション

auスマートバリューの適用には、auひかり電話オプション(※画像右側)の加入が必要です。

GMOとくとくBB公式サイト
※引用元:公式サイト

開通工事を行う

申し込み手続き完了後、KDDIから工事日を決定する電話がかかってくるので対応しましょう。

その後「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が送付されます。

工事予定日になると作業員が訪問するので立ち合ってください。工事が終われば開通となります。


※引用元:公式サイト

キャッシュバック受け取り手続きを行う

auひかりのキャッシュバックを受け取るためには、2回の受け取り申請手続きが必要です。

●申請手続きの手順 ①開通から「11ヶ月目」「23ヶ月目」にGMOとくとくBBのマイページにメールが届く ②届いたメールに従ってキャッシュバック振込希望口座の登録をする ③口座登録をした翌月末日に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる ※マンションタイプで「月額割引+キャッシュバック特典」を選んだ方は11ヶ月目のみの手続きでOKです
手続き忘れには十分に注意しましょう。手続き方法はメールに従って振込口座を登録するだけなので、受け取り自体は非常に簡単です。
\2021年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口
●au回線だから高速通信可能!
●auスマホ月額が最大1,100円割引!
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,860円~で最安級!
●戸建て月額4,400円~で激安!
●他社違約金も最大55,000円還元!
●または最大61,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルータープレゼント!


auスマホ月額割引と高額キャッシュバックでとてもお得◎
2つのキャンペーンから選ぶ▼マンション月額2,860円
戸建て月額4,400円

auひかりの申し込み窓口キャンペーンの注意点

auひかりは他のインターネット回線と比べても、そのキャンペーン内容の充実度合が高いという特徴を持ちますが、その分注意点もあるのが実情です。

ここでは、申し込み窓口を決める前に必ず目を通しておいてほしい大事な注意ポイントをそれぞれ解説していきます。

申し込み窓口別に紹介するので、ぜひ契約前にご覧ください。

ネット代理店からの申し込みに注意

ネット代理店はキャッシュバックが高額であるという特徴を持ちます。

ただし、その分、大きな落とし穴が潜んでいるネット代理店もあるので前もって把握しておくことが重要です。

ネット代理店からの申し込みを検討している方は、キャッシュバック額だけでなく受け取り条件や受け取り方法、受け取り時期なども加味したうえで、総合的に判断することが大切なんです。

では、ネット代理店を利用する前に知っておきたい注意点をそれぞれ紹介しています。

不要なオプションに加入させられることも

auひかりの窓口の中には、高額なキャッシュバックを受け取れる代わりに不要なオプションへの加入を強制してくるところがあります。


これらのオプションは、auひかりを使う上で全く必要のないオプションで特別お得になるというメリットもないです。

オプションだけで月額2,750円もかかってしまうので、auひかりの基本料金と合わせると毎月約8,000円も支払うことになります。

キャッシュバックを沢山もらったとしても、オプションで月に何千円も取られるとなるとトータルで何万円分も損することになるのでご注意ください。

受け取り方法や時期を記載していない場合も

キャッシュバック金額やキャッシュバック条件は書いてあるのに、キャッシュバックの受取時期の記載がない場合があります。

こうした窓口はわざと記載せず、電話で質問してきた人を狙って「この電話口で契約しないとキャッシュバックはもらえませんよ」などと強制的に契約をすすめてくるのでとても危険です。

電話での即時契約を進めてくる代理店は基本的に悪質であると考えましょう。このような窓口から申し込むことは絶対に避けてください。

キャンペーンコードを控えておかないと貰えないことも

ネット代理店の中には「キャンペーンコード」という、キャッシュバックを貰うために必要なコードが記載されているところがあります。

注意書きや条件の詳細欄などにキャンペーンコードについては一切触れられていないにも関わらず、キャッシュバックを受け取るときになってキャンペーンコードを求められることがあります。

申込前に控えておかないと、結局「キャッシュバックを受け取れなかった」という事になりかねないので気をつけてください。

常識的な窓口であればこうしたキャンペーンコードの要求はありません。1番いいのはキャンペーンコードを伝えなくても、キャッシュバックがもらえる窓口から申し込むことです。

公式キャンペーンと合算した金額を提示していることも

10万円以上のキャッシュバックを提示している窓口は、公式キャッシュバックも合わせた金額で高額に見せている可能性が高いです。


例えば、115,000円還元と提示している窓口の場合、窓口独自のキャッシュバックは60,000円のみで、残りの55,000円はauひかりの公式キャッシュバック分となっています。

公式キャッシュバックはどこで申し込んでももらえるので、重要なのはその窓口限定のキャッシュバックがいくらなのかということ。

GMOとくとくBBならオプションなしで最大61,000円キャッシュバックがもらえるのでお得ですよ。

プロバイダを自由に選ぶことができない

これに関しては、あまりキャンペーンと直接的な関係性はないのですが、契約後の利用満足度に大きくかかわってくるものなので、あえてご紹介します。

auひかりは基本的にプロバイダを8社の中から自由に選ぶことができますが、一部のネット代理店からの申し込みだと契約できるプロバイダが限定されている場合があります。

選ぶプロバイダによって、月額料金やキャンペーン内容、契約後のサポート体制、速度満足度が変わってくるため、十二分にauひかりを快適に利用したいのであれば、スペックの高いプロバイダを選ぶことが必要不可欠なんです。

キャンペーンだけでなく、契約後も満足してauひかりを利用したいのであれば、ネット代理店からの申し込みは避けたほうがベターですね。

auひかりの公式サイトはキャッシュバック額が低い

auひかりの公式サイトやauショップから申し込むと特典額は10,000円にとどまります。

「公式」と聞くと、一番安心かつ一番お得であるかと思いがちですが、auひかりに関しては公式よりもプロバイダからの申し込みがお得です。

例えば、この記事でおすすめしている「GMOとくとくBB」の最大61,000円キャッシュバックと比べると、50,000円以上も特典額に差が出てきます。

また、auひかり公式サイトからのキャッシュバックは現金ではなくau PAYでの支給になるのも少し微妙ですよね。

同じauひかりを始めるのであれば少しでもお得になる窓口から申し込みたいものです。

価格コムは料金が高くなる可能性も

キャッシュバック額が高額な価格comですが、以下2つの理由からおすすめできません。

・トータル費用が高い
・違約金が通常より高い

価格comのキャッシュバックは61,750円と高めですが、他の窓口と違って工事費が実質無料ではなく4万円かかります。トータルにかかる費用で見るとお得とは言えません。

また、価格comは解約違約金が通常よりも高いので、解約時のリスクも大きいです。

●通常解約金
└戸建て16,500円・マンション7,700円
●価格COMの場合
└戸建て24,200円・マンション13,750円

注意しなければならない情報が分かりにくいので、安心して申し込める窓口とは言えません。さらに総じて料金が高いので、お得にauひかりを始めたい方はGMOとくとくBBを選びましょう。

まとめ

auひかりのキャンペーンは申し込み窓口を慎重に選んで1番お得なところから申し込む必要があります。

これまで様々な光回線のキャッシュバックを見てきましたが、GMOとくとくBBのような好条件で高額なキャッシュバックを行っているところはなかなかありません。

エリアさえクリアできればとてもいい光回線なので、ぜひ申し込み窓口もお得なGMOとくとくBBから申し込んで快適なネット生活を楽しみましょう。

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る