一人暮らしでインターネットを使うにはどうすればいい?選び方やおすすめのインターネット回線まで徹底解説

一人暮らしでインターネットを使うにはどうすればいい?選び方やおすすめのインターネット回線は?と気になっていませんか。

結論、一人暮らしでインターネットには、以下の方法がおすすめです。

・光回線
・ポケットWi-Fi、ホームルーター
・テザリング
・インターネット無料マンション

しかし上記の中でも、一人暮らしのあなたにぴったりのインターネット回線を選ぶためには、ネットの利用用途や工事の有無、それぞれの利用料金などをしっかり確認することが必要。

そのためこの記事では、一人暮らしで利用できるインターネットの選び方からおすすめのサービスまでの全情報を紹介していきます。

・一人暮らしでインターネットを使うにはどうすればいい?
・一人暮らしにぴったりのインターネットの選び方は?
・一人暮らしにおすすめの光回線、ポケットWi-Fi・ホームルーターは?

最後まで読むことで、一人暮らしのあなたにぴったりのインターネット回線を見つけることができますよ。是非参考にしてくださいね。

一人暮らしでインターネットを使うにはどうすればいい?

結論から言うと、一人暮らしの場合「光回線」「ポケットWi-Fi・ホームルーター」「テザリング」「インターネット無料マンション」などでインターネットを利用することが可能です。

インターネット回線によって性能が異なるため、以下の表を参考にそれぞれのサービスの特徴を確認してみましょう。
 光回線モバイルWi-Fi
ホームルーター
テザリングインターネット
無料マンション
おすすめの人確実に快適にネットを使いたい
(ゲームや動画視聴などに使う)
すぐにネットを使いたい
重い作業はしないがそこそこネットを使う
(ZOOMやメールなどに使う)
そこまでネットを使わない人
(SNSやネット検索程度)
メリ
ット
・通信速度が圧倒的に速い
・ネット使い放題
・工事不要で開通可能
・ポケットWi-Fiは持ち運びも可能
・低価格で利用可能
・すぐに利用できる
・無料ですぐにネットが使える
デメ
リット
・開通工事が必要・速度制限がある・速度は期待できない
・使えるデータ容量は
スマホのプランによる
・速度の評判は良くない
・物件によっては
速度制限がある場合も
相場
料金
4,400円4,000円0~500円0円
利用
開始
時期
契約から
1ヶ月程度
契約から
1週間程度
即日可能入居当日
から可能
ここからは、それぞれのインターネット回線の特徴を詳しく紹介していきます。

光回線ポケットWi-Fi、ホームルーターテザリングインターネット無料マンション

※上記のリンクをクリックすれば、それぞれのインターネット回線の詳細を見ることができます。

光回線

光回線 概要
料金平均4,400円
(マンション)
平均速度318.95Mbps
通信制限なし
工事の有無
利用開始期間1ヶ月程度
■光回線がおすすめな人
・ネットの速度にはこだわりたい人
・テレビで動画を見る、オンラインゲームをする人
・開通までに時間がかかっても問題ない人
まず、一人暮らしで光回線を使う最大のメリットは、通信速度が速いこと。他のインターネット回線と異なり、通信制限なども設けていないので、ネット使い放題なのもうれしいポイントです。

月額料金の平均は4,400円程度で他のインターネット回線よりも少し高めですが、その分他よりも快適なインターネット環境が期待できると言えるでしょう。

一方で、光回線は利用するうえでデメリットがあるのも事実。光回線は回線工事が必要なので、開通までに1ヶ月以上かかってしまう場合もあることは、覚えておきましょう。

ここからは、光回線のメリットとデメリットについて、詳しく解説していきます。

通信速度が圧倒的に速い

まず光回線は、他のインターネット回線よりも圧倒的に通信速度速いです。以下の表をご覧ください。
 平均速度
光回線318.95Mbps
モバイルWi-Fi33.87Mbps
ホームルーター95.44Mbps
テザリング10Mbps
インターネット
無料マンション
建物によって全く異なる
みんなのネット回線速度から参照

上記の表の通り、インターネット回線の中でも断トツ光回線の平均速度が速いことがお分かりいただけるでしょう。

他のインターネット回線と比較すると、3~10倍以上平均速度が速くなるので、特にオンラインゲームや高画質な動画視聴をする人であれば、満足なインターネット環境が期待できますよ。

光回線はネット使い放題

また光回線は、ネット使い放題なのもおすすめしたいポイントです。
 通信制限
光回線無制限
モバイルWi-Fi制限あり
ホームルーター制限あり
テザリングプランによって
制限あり
インターネット
無料マンション
契約のマンション
によって制限あり
上記の表の通り、インターネットを無制限で利用できるのは、光回線のみ。

他のインターネット回線は、何かしらの通信制限を用いているので、一人暮らしでもネットで通信容量を多く使うのであれば、光回線を使うのがおすすめですよ。

開通工事が必要

ここまで光回線は、速度や通信制限の面で優秀という内容を解説しましたが、その分工事が必要で、開通までに時間がかかるということも覚えておきましょう。以下の表をご覧ください。
 開通工事開通までの
期間
光回線必要1ヶ月程度
モバイルWi-Fi不要2日~1週間
ホームルーター不要2日~1週間
テザリング不要即日
インターネット
無料マンション
不要即日
上記の表を確認すると、他のインターネット回線の中でも光回線のみ開通工事が必要ということがお分かりいただけると思います。

開通までの期間も1ヶ月程度と比較的長いので、すぐにインターネットを使いたいという人にとっては大きなデメリットとなってしまうでしょう。

ただ光回線は開通までに時間がかかる代わりに、他のインターネット回線にはない快適なネット環境が期待できます。

そのため、自分にとってどちらのほうが重要度が高いかを再確認して、光回線を選ぶか判断してくださいね。

ポケットWi-Fi・ホームルーター

ポケットWi-Fi・ホームルーター 概要
料金平均4,000円
平均速度モバイルWi-Fi:33.87Mbps
ホームルーター:95.44Mbps
通信制限
工事の有無
利用開始期間2日~1週間程度
■ポケットWi-Fi・ホームルーターがおすすめな人
・すぐにネットを使いたい人
・ネット回線を持ち歩きたい人(ポケットWi-Fiのみ)
・オンラインゲームをしない人
・大学生や在宅ワーカーなど
一人暮らしでポケットWi-Fiやホームルーターを使う最大のメリットは、工事不要で開通ができること。

最短2日程度で利用することができるので、できるだけ早くインターネットを使いたいという人に特におすすめです。

また中でもポケットWi-Fiは、持ち運びが可能なので、外出先でネットを使いたいという人にも相性抜群。

通信速度もそれなりに期待できるので、動画視聴やSNSなど一般的な用途でインターネットを使うという人であれば、満足して利用することができるでしょう。

しかし光回線と異なり、速度制限を設けているサービスも多くあるので、オンラインゲームなど大容量のデータ通信を使う人の場合は、少し物足りなさを感じるかもしれません。

ここからは、さらに詳しくポケットWi-Fi・ホームルーターについて解説していきます。

工事不要で開通が可能

まずポケットWi-Fi・ホームルーターのメリットとして、工事不要で開通が可能ということが挙げられます。

そもそもポケットWi-Fiやホームルーターは、基地局から発せられる電波を受信して、ユーザーにインターネット環境を提供するもの。

そのため、サービスから届く端末を受け取り次第、すぐにインターネットを利用することが可能なんです。

端末自体も、申し込みから大体2日~1週間程度で届くので、できるだけ早くインターネットを使いたいという人におすすめですよ。

ポケットWi-Fiは持ち運びも可能

またポケットWi-Fiには、持ち運びができるというメリットもあります。(ホームルーターは持ち運ぶことができません。)

そもそもポケットWi-Fiは、以下のような携帯サイズのインターネット回線。重さも大体200gぐらいのものが一般的なので、持ち運びの際にも負担になりません。

▼ポケットWi-Fi写真

そのため、仕事や大学の授業などで外出先でのネット環境が必要という人にも、ぴったりのインターネット回線と言えるでしょう。

通信制限がある

ここまで、ポケットWi-Fiやホームルーターのおすすめポイントを紹介してきましたが、実際にはデメリットがあるのも事実。

デメリットの一つとして、ポケットWi-Fiやホームルーターには、通信制限があることも覚えておきましょう。
★通信制限とは…?
通信制限とは、ポケットWi-Fiやホームルーターで大容量のデータ通信を行ったときにかかる速度規制のこと。
現状、どのポケットWi-Fiもホームルーターもどのぐらいのデータ容量で速度制限をかけるかなどを明言していませんが、口コミなどを確認すると速度制限にかかっているユーザーは多いようです。
そのため、かなり長い時間インターネットを使う人などは、利用用途によって本当にポケットWi-Fiやホームルーターで問題ないのか確認するようにしましょう。

※詳しくは一人暮らしのインターネット回線の選び方を確認してください。

テザリング

テザリング 概要
料金0~500円
平均速度10Mbps
通信制限スマホプランによる
工事の有無
利用開始期間即日
■テザリングがおすすめな人
・費用をかけずネットを使いたい人
・SNSやネット検索ぐらいしか使わない人
・ネット回線を持ち歩きたい人
一人暮らしでテザリングを使う最大のメリットは、低価格ですぐに使えること。料金は利用しているスマホプランによって異なりますが、大体0~500円程度で利用可能です。

ただし利用できるデータ容量は、スマホのプランによって異なりますし、通信速度も光回線やポケットWi-Fi・ホームルーターと比較して、劣ってしまいます。

そのため、インターネットではネット検索やSNS閲覧・低画質の動画視聴程度しか使わないという人であれば、問題なく利用できるネット回線と言えるでしょう。

ここからは、テザリングのメリット・デメリットをより詳しく紹介していきます。

低価格で利用可能

まず一人暮らしでテザリングを使用するメリットとして、低価格で利用できるということが挙げられます。以下の表をご覧ください。
キャリアテザリング
料金
ドコモ0円
au0~500円
ソフトバンク0~500円
ahamo0円
povo0円
LINEMO0円
上記のように、テザリングはキャリアによって0~500円で利用可能。

他のインターネット回線の場合は、コストがかかるものだと4,000円以上かかってしまう場合もあるので、かなり手頃だと言えるでしょう。

しかし料金は手頃ですが、インターネット回線としてのスペックはイマイチなのが、正直なところ。

そのため、インターネットを多く利用する人にとっては、物足りなくなってしまうかもしれません。続いて詳しく紹介していきます。

使えるデータ容量はスマホのプランによる

テザリングで使えるデータ容量は、スマホのプランによって異なります。以下の表をご覧ください。
キャリア主なプラン使用制限量
au使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G
30GBまで
データMAX 5G
データMAX 4G
新auピタットプラン制限なし
auフラットプラン20N
auピタットプラン
データ定額20/30
ドコモギガホ
ギガライト
制限なし
ソフトバンクデータプランメリハリ
データプランミニフィット
データプラン50GB+
データプランミニ
データ定額 月額550円 必要 制限なし
データプランメリハリ無制限
データプランミニフィット
データプラン50GB
データプラン3GB
データ定額ミニ
制限なし
ahamo20GBまで
povoデータ
トッピングプラン
1~150GBまで
LINEMOミニプラン
スマホプラン
3~20GBまで
上記のように、基本的に3大キャリアのスマホプランは、データ通信量が無制限であることが多いです。

しかしahamoやpovoなどのような格安プランの場合、データ通信量に制限があることがほとんど。

他の格安スマホなどを利用している場合も、データ通信量に制限が多いので、長い時間インターネットを利用するという人は、事前に確認しておくのがおすすめですよ。

速度はあまり期待できない

またテザリングでインターネットを利用する場合、快適な通信速度はあまり期待できないということを覚えておきましょう。以下の表をご覧ください。
 平均速度
テザリング10Mbps
光回線318.95Mbps
モバイルWi-Fi33.87Mbps
ホームルーター95.44Mbps
インターネット
無料マンション
建物によって全く異なる
上記の表を確認すると、テザリングでネットを使用する場合、他のインターネット回線よりも通信速度が圧倒的に遅いということがお分かりいただけると思います。

ネット検索やSNS閲覧程度であれば、ほとんど問題ない速度ですが、高画質の動画視聴やオンラインゲームなどを利用する場合は、カクついたり、読み込みが止まってしまう場合もあることは覚悟しておきましょう。

無料インターネットマンション

インターネット無料マンション 概要
料金0円
平均速度物件によって
全く異なる
通信制限物件によっては
速度制限がある場合も
工事の有無不要
利用開始期間入居当日
から可能
■無料インターネットマンションがおすすめな人
・無料ですぐにネットを使いたい人
・SNSやネット検索ぐらいしか使わない人
一人暮らしでインターネット無料マンションに住む最大のメリットは、何よりもネットが無料で利用できること。

またすでにインターネットの設備が整った建物に入居することになるので、引っ越してからすぐにネットを利用できることです。

通信速度や通信制限は、物件によって異なるので、一概に「快適に利用できる」「あまり快適に利用できない」などとは断言できませんが、実際の利用者の口コミを確認すると、速度が遅いという評判が多数。

そのため、一人暮らしでインターネット無料マンションに引っ越そうと考えている人は、その物件の管理人さんや管理会社にネット回線のサービス内容をよく確認するのがおすすめですよ。

ここからは、インターネット無料マンションに関するメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

無料ですぐにネットが使える

まずインターネット無料マンションのメリットとして挙げられるのが、ネットを無料で利用できるということ。また入居後すぐに利用開始できるというのもうれしいポイントです。

ここまで紹介してきた通り、インターネットを無料で利用できるのは、この方法とデザリングのみ。

そのためインターネット回線にあまり費用をかけたくないという人には、かなりおすすめということを覚えておきましょう。

しかし料金がかからない分、速度などに関する口コミがあまりよくないのも事実。ここからは、インターネット無料マンションのデメリット面についても紹介していきます。

速度の評判は良くない

インターネット無料マンションは、入居する物件によって通信速度の品質が異なりますが、口コミを確認するとあまり良くない評判が多数。
もちろんあくまで第三者の口コミなので、絶対に速度が遅いとは言い切れませんが、SNSでは大多数の人がインターネット無料マンションの速度に関する不満を投稿しています。

実際になぜこういった遅いという口コミが多いのか、こういった物件を提供している会社に確認してみると、インターネット無料マンションは、入居者が全員同じネット回線を利用するので、回線が混雑しやすいそう。

特に夜など多くのユーザーがネットを利用する時間帯は、通信速度が遅くなるという回答がありました。

そのため、ネットはいつでも快適に利用したいという人の場合、インターネット無料マンションは少しリスクがあるかもしれません。

物件によっては通信制限がある場合も

またインターネット無料マンションによっては、通信制限を設けている物件もあるので注意しましょう。

実際のインターネット無料マンションの通信制限を確認したところ、中には月に2GBしか利用できないような物件も存在しました。仮に2GBしか使えない場合、月々8時間程度の動画視聴しかできず、ほとんどインターネットを使えないといっても過言ではありません。

もちろんインターネット無料マンションすべてが通信制限を設けているわけではありませんが、中にはそういったリスクのある物件もあることは覚えておきましょう。

一人暮らしのインターネット回線の選び方

一人暮らしで利用するベストなインターネットは、以下のポイントを確認して選ぶのがおすすめです。
▼一人暮らしのインターネット回線を選ぶポイント
・ネットの利用用途
・工事ができるか
・料金は安いか
順を追って詳しく見ていきましょう。

ネットの利用用途

一人暮らしでベストなインターネットを選ぶために、まずは自分がどういった用途でネットを利用するのかを確認しましょう。

なぜなら、ネットの利用用途によってインターネット回線に必要なスペックは異なるから。利用用途に合わせて、十分な性能を持つネット回線を選ばなければ、快適にインターネットをすることはできないのです。

▼ネット回線ごとの性能一覧

 光回線モバイルWi-Fi
ホームルーター
テザリングインターネット
無料マンション
平均
速度
318.95MbpsモバイルWi-Fi:33.87Mbps
ホームルーター:95.44Mbps
10Mbps建物によって
全く異なる

そのため次からは、ネットの利用用途ごとに相性の良いネット回線をそれぞれ紹介していきます。

▼ネットの利用用途SNSやネット検索に使う場合動画視聴に使う場合在宅ワークなどで使う場合ゲームに使う場合

※自分がインターネットで利用する用途に合わせて、上記のリンクをクリックすれば詳細を見ることができます。

SNSやネット検索に使う

SNSやネット検索を快適に行うには、以下の通信速度が必要になります。
利用用途速度1GBでできること
ネット検索1~10Mbps(下り)3,207回表示
SNS閲覧2~3Mbps(下り)1.3時間
SNS投稿1~10Mbps(上り)写真1,000枚投稿
上記の表の通りSNSやネット検索を行う程度であれば、大体10Mbps程度の通信速度がでるインターネット回線を選べばOKです。

また消費される通信量に関しても、1GBで十分に利用することができるので、先ほど紹介したすべてのインターネット回線で、十分満足に利用することができるでしょう。
▼SNSやネット検索を満足に利用できるネット回線
・光回線
・ポケットWi-Fi、ホームルーター
・テザリング
・インターネット無料マンション
ただし、テザリングや無料インターネットマンションの場合、契約のプランによっては、SNSやネット検索だけの利用用途でも、通信制限にかかってしまう場合も。

これらの方法を検討している人は、契約プランもしっかり確認するようにしてくださいね。

動画視聴に使う

YOUTUBEやNetflixなど動画視聴を行う場合、以下の通信速度が必要になります。
動画の解像度推奨速度
SD 360p
※スマホで視聴が多い
0.7 Mbps
SD 480p
※スマホで視聴が多い
1.1 Mbps
HD 720p
※テレビで視聴が多い
2.5 Mbps
HD 1080p
※テレビで視聴が多い
5 Mbps
4K20Mbps
上記の表を確認すると、スマホで動画視聴する場合は、最低でも1.1Mbpsの速度が出ていれば十分。

またテレビをネットにつなげて動画を見る場合でも、5Mbpsの速度でスムーズに視聴することができますよ。ただし4Kテレビの場合は、20Mbps程度速度が出ないと、動画がカクついたり、止まってしまうことも…。

そのため、どういった端末で動画視聴するのかも併せて、どのインターネット回線にするか選ぶようにしてくださいね。
▼動画視聴する端末ごとにおすすめのインターネット回線
光回線
⇒スマホ・テレビで動画視聴しても問題ない
モバイルWi-Fi・ホームルーター
⇒スマホ・テレビで動画視聴しても問題ない
テザリング
⇒テレビで高画質の動画視聴をする場合、カクつくことも…。
インターネット無料マンション
⇒契約内容によっては、高画質の動画視聴の場合、カクつく

在宅ワークや大学の授業

在宅ワークや大学の授業でインターネットを使う場合に必要なネットの速度は、以下になります。
利用用途推奨速度
メール送信
1Mbps
メール受信128Kbps~1Mbps
オンライン授業・会議
1対11.8Mbps
グループ2.5~3.0Mbps
画面共有50~150Kbps
上記の通り、在宅ワークや大学の授業でインターネットを使うには、最低3Mbpsの通信速度が必要。

ネットの速度がこれよりも遅い場合、オンラインでの会議や授業で画面がフリーズしたり、音声が途切れてしまうことも…。

そのため、在宅ワークや大学の授業でインターネットを使いたいという人は、平均3Mbps以上の速度が期待できる以下のネット回線の中から選ぶのがおすすめですよ。
▼在宅ワークや大学の授業でおすすめのインターネット回線
・光回線
・モバイルWi-Fi、ホームルーター
・インターネット無料マンション
外出先でも使う場合
また在宅ワークや大学の授業で外出先でもネットを使う場合は、インターネット回線が持ち運べるのかという点も重要になります。
 持ち運び
光回線
ホームルーター
ポケットWi-Fi
テザリング
インターネット
無料マンション
上記の表の通り、光回線・ホームルーター・インターネット無料マンションは家でしか使うことができません。

外出先でもネットを使いたいという人は、持ち運びができる、ポケットWi-Fiテザリングを検討してみてくださいね。

オンラインゲーム

オンラインゲームでインターネットを使う場合に必要な通信速度は以下になります。
※オンラインゲームをする場合は、ping値の確認も必要!
ping値とは、ネットの応答速度のこと。pingの数値が低ければ低いほど、オンラインゲームのラグも起きづらくなります。
ゲーム
ジャンル
ゲーム
タイトル
速度ping
FPS
TPS
格闘ゲーム
PUBG
FORTNITE
スプラトゥーン2
Apex
スマッシュブラザーズ
50~
70
Mbps
以上

15ms以下

15~30ms

30~50ms以上
MMO RPG
アクション
PSO2
FF14
黒い砂漠
MHWなど
30
Mbps
以上

30ms以下

30~50ms

50ms以上
TCG
将棋・囲碁
オセロ
シャドウバース など10~
30
Mbps

100ms以下
上記のようにオンラインゲームの場合、ジャンルによって必要な通信速度やping値が大きく異なります。

TCGやオセロなど、プレイ中のラグが問題にならないようなゲームであれば、そこまでの通信速度やping値は必要ありませんが、それ以外のゲームをする場合、ある程度の速度やping値が必要。

とくにFPSや格闘ゲームは、コンマ1秒の操作の違いで勝敗が分かれるので、ネット環境の品質はかなり重要なんです。

もちろんゲームのジャンルにはよりますが、一般的なアクションや格闘ゲーム、FPSなどをプレイする人であれば、圧倒的に「光回線」がおすすめですよ。

工事ができるのか

利用用途ごとにおすすめのインターネット回線の目星がついた人で「光回線」を検討しているという人は、一旦、光回線の工事ができるのかを確認しておきましょう。※光回線以外のインターネット回線を検討している人は「料金は安いか」に読み飛ばしてOKです。
★光回線の開通工事って…?
光回線を利用するには、基本的に開通工事が必要です。
開通工事は、契約から大体1ヶ月後に実施されることが一般的。
住んでいるマンションやアパートによっては、開通工事自体ができない場合もあります。
もし自分のマンションが、開通工事不可であれば、そもそも光回線を引くことができませんし、開通工事完了までの1ヶ月の期間を待つことができないという人は、光回線の利用は不向きと言えます。

そのため、一人暮らしで光回線を使いたいという人は、まず以下の表から自宅のマンションやアパートが工事可能なのかを確認してみましょう。
光回線エリア
確認窓口
フレッツ光
光コラボ
(ドコモ光・ソフトバンク光など)
東日本⇒こちら
西日本⇒こちら
auひかりこちら
NURO光こちら
eo光
(関西限定)
こちら
コミュファ光
(東海限定)
こちら
ピカラ光
(四国限定)
こちら
メガエッグ光
(中国限定)
こちら
また開通までに1ヶ月も待てないという人は、次に紹介する内容に当てはまれば、光回線を早めに利用できる可能性が高いです。続いて見ていきましょう。

光コンセントが設置済みなら開通も早い

上記のエリア確認で、自宅のマンションやアパートが工事対応だった場合、部屋に「光コンセント」が設置されていれば、開通までの期間もぐんと短くなります。

▼光コンセント例

光コンセントがすでに設置されている場合、すでにマンションの建物自体に回線設備が備わっているということになるので、その分の開通工事をする必要がありません。

それに伴い、光回線の開通自体も遠隔での切り替え作業だけになるので、開通日を早めに設定することができるのです。

そのため、もし一人暮らしで光回線を利用したいけれど、長い期間は待てないという場合は、部屋に光コンセントがないか探してみてくださいね。

そもそも工事不要の場合もある

また住んでいるマンションやアパートが無料インターネットを提供している場合は、そもそも開通工事が不要になります。

先ほども紹介しましたが、無料インターネットマンションとは、大家さんや管理会社がすでにインターネット環境を用意してくれているマンションのこと。入居後すぐにインターネットを使えるので、開通工事は一切不要なんです。

そのため「これから一人暮らしで光回線を使いたいけれど開通に時間がかかるのは嫌だ」いう人は、インターネット無料マンションを選ぶのも一つの手ということを覚えておいてくださいね。

料金は安いか

ここまでの内容が確認出来たら、次に利用したいインターネット回線の料金はどのぐらいなのかを確認していきましょう。

以下の表では「光回線」「ポケットWi-Fi・ホームルーター」「テザリング」「無料インターネットマンション」の相場料金を比較しています。
 料金相場
光回線
(マンション)
4,400円
ポケットWi-Fi
ホームルーター
4,000円
テザリング0~500円
インターネット
無料マンション
0円
上記の表を確認すると、テザリングやインターネット無料マンションはほとんど無料でインターネットを利用できると言えます。

一方で、光回線やポケットWi-Fi・ホームルーターは、月々4,000円程度のコストが発生してしまうということは、覚えておきましょう。

ただ料金が安いという理由だけで、インターネット回線を選んでしまうと、スペックが自分のネットの利用用途に見合わない可能性もあるので、十分注意してくださいね。(改めて「ネットの利用用途」の章で自分がどれだけのスペックのネット回線が必要か確認しておくと良いでしょう。)

ここからは、ネット利用に月々のラン二ングコストがかかる「光回線」「ポケットWi-Fi・ホームルーター」「テザリング」のサービスごとの料金比較をしていきます。

光回線で安いサービスは?

それでは、光回線の中でも料金が安いサービスはどういったものがあるのでしょうか。以下の表をご覧ください。
光回線マンション
料金
スマホ
セット割
ドコモ光4,400円ドコモ
auひかり4,180円au
ソネット光プラス4,928円au
ソフトバンク光4,180円ソフト
バンク
NURO光5,200円ソフト
バンク
enひかり3,520円-
GMOとくとくBB光3,773円-
上記の表を確認すると、光回線の中でも「GMOとくとくBB光」や「enひかり」の月額料金が圧倒的に安いことがお分かりいただけると思います。

マンションタイプの光回線は、4,400円が相場料金となるので、それと比較して1,000円近く安いのは驚きですよね。

ただ光回線のサービスによってはスマホのセット割が適用されスマホ代が月1,100円割引になる場合もあります。そのため、利用中のキャリアによっては、セット割が適用される光回線を選ぶのがおすすめですよ。

※詳しく知りたい方は一人暮らしにおすすめの光回線を確認してください。
工事費が安いのは?
また光回線を利用する場合、初期費用として開通工事費の支払いが必要。

光回線には、キャンペーンで通常2万円近くかかってしまう工事費が無料になるサービスもあるので、できるだけ初期費用を抑えられるものを契約するのがおすすめですよ。
光回線開通工事費
ドコモ光無料
auひかり無料
ソネット光プラス無料
ソフトバンク光無料
NURO光無料
enひかり19,800円
GMOとくとくBB光無料
解約金もチェック
さらにマンションで一人暮らしの場合は、物件の更新期間のタイミングで引っ越しを検討する人もいるのではないでしょうか。

その場合は、光回線の解約時にかかる違約金も事前に確認しておきましょう。
光回線契約期間解約金
GMO光アクセス0円
enひかり0円
ドコモ光2年最大14,300円
ソフトバンク光2年10,450円
NURO光2年or3年10,450円
auひかり2年最大16,500円
上記の通り、GMOとくとくBB光やenひかりは、契約期間の縛りがなく違約金が無料。そのため、もし引っ越しなどをすることになったとしても、違約金を支払うリスクがなく安心ですよ。

他の光回線の場合は、タイミングを考えて解約しないと、違約金1~2万円を支払うことになるので、十分注意してくださいね。

ポケットWi-Fi・ホームルーターで安いサービスは?

次にポケットWi-Fiやホームルーターのサービスごとの料金を比較していきます。
サービス名種類月額料金
モバレコエアーホームルーター1~2ヶ月:2,167円
3~24ヶ月:3,679円
以降:5,368円
ドコモhome5Gホームルーター4,950円
GMO WiMAXホームルーター
or
ポケットWi-Fi
2ヶ月:2,079円
3~36ヶ月:4,389円
37ヶ月以降:4,444円
ビッグローブWiMAX5Gホームルーター
or
ポケットWi-Fi
24ヶ月:4,378円
以降:4,928円
ソフトバンクエアーホームルーター1~24ヶ月:4,180円
以降:5,368円
auホームルーター5Gホームルーター25ヶ月:4,620円
以降:5,170円
上記の表で比較すると、ホームルーターで比較的安いサービスは「モバレコエアー」。ポケットWi-Fiで比較的安いサービスは「GMO WiMAX」と言えるでしょう。

ただし、ポケットWi-Fiやホームルーターは、そのサービスによって速度などのサービススペックも異なるので、料金は一つの目安程度に考えておきましょう。

詳しくは「一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fi・ホームルーター」で紹介するので、参考にしてくださいね。
端末代もチェック
さらにポケットWi-Fiやホームルーターでは、一部のサービスで契約の際に端末の代金を支払う必要があります。以下の表をご覧ください。
ホームルーター端末代
ドコモhome5G実質無料
(39,600円)
モバレコエアー実質無料
(59,400円)
ソフトバンクエアー実質無料
(59,400円)
ビッグローブWiMAX5G21,912円
(913円×24回)
auホームルーター5G実質無料
(39,600円)
上記の通り、ほとんどのサービスでは端末代が実質無料となりますが、BIGLOBE WiMAXなど一部のサービスでは、端末代を支払わなければならない場合も…。

そのため、初期費用を抑えたいという人は、端末代が無料のポケットWi-Fiやホームルーターを選ぶのがおすすめですよ。

一人暮らしにおすすめのインターネット回線

ここからは、一人暮らしにおすすめのインターネット回線を紹介していきます。

以下のインターネット回線ごとにおすすめのサービスを紹介していくので、チェックしてみてくださいね。

光回線ポケットWi-Fi、ホームルーター

それでは、見ていきましょう。

一人暮らしにおすすめの光回線

一人暮らしにおすすめの光回線は、工事が必要な場合と不要な場合で異なります。

▼一人暮らしにおすすめの光回線
・工事が必要なマンションの場合⇒GMOとくとくBB光
・工事が不要なマンションの場合⇒enひかり

上記のリンクをクリックすれば、それぞれの詳細情報を確認することができます。

\3大キャリアユーザーはスマホセット割の光回線がお得/
ドコモ・au・ソフトバンクを利用している人は、スマホ代が月々最大1,100円引きになるスマホセット割の光回線がおすすめです。
詳しくはおすすめの光回線の記事をご覧ください。

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光 概要
月額料金3,773円
(マンション)
契約期間なし
v6プラス
エリア全国
工事費無料
ルーター
レンタル
無料
GMOとくとくBB光は、GMOインターネットグループ株式会社が提供する光回線。

一人暮らしの人におすすめしたい一番のポイントは、何より料金がシンプルに安いことです。

月額料金は【マンション:3,773円】なので、相場よりも600円程度安く利用することが可能。またキャンペーンによって開通工事費も無料ですし、Wi-Fiルーターも無料でレンタルすることができるので、総合的に考えてもお得な光回線なんです。

さらにGMOとくとくBB光は、契約期間の縛りがなく、解約違約金が無料。そのため、一人暮らしでよく引っ越しをするといった人にもうれしいサービスと言えるでしょう。

もちろん、料金が安いからと言って、速度の品質が落ちるというわけではありません。提供プロバイダのGMOとくとくBBは、オリコン満足度調査プロバイダ広域部門で2年連続NO.1を獲得。それだけ、ユーザーからの満足度が高い光回線なので、安心して利用することができますよ。
\2022年こんな光回線待ってた/
『GMOとくとくBB光』がスゴイ
GMO光アクセスが選ばれる理由は・・・
★マンションは月額3,773円で安い!
★戸建てもびっくり月額4,818円!
★契約期間の縛りなし!
★v6プラスだからとにかく速度が速い!
★工事費も無料だから、手軽に始められる!
★最新Wi-Fiルーターを無料レンタル!

シンプルに安い光回線と言えばGMOとくとくBB光!フレッツ光や光コラボから乗り換えラクラク工事不要◎
\顧客満足度NO.1♪GMOとくとくBB/GMOとくとくBB光公式サイト

enひかり

enひかり概要
月額料金3,520円
(マンション)
契約期間なし
v6プラス◎(+198円)
エリア全国
開通
工事費
19,800円
ルーター
レンタル
enひかりは、株式会社縁人が提供する光回線。

enひかりも、料金が安いことが特徴の一人暮らしにうれしいサービスと言えるでしょう。月額料金は【マンション:3,520円】と破格の安さ。

工事費19,800円がかかってしまうといったネックはありますが、住んでいるマンションに光コンセントが設置してある場合は、工事不要。ほとんど費用をかけずに利用開始することが可能です。

また通信速度に関しても、V6プラス対応(月々+198円)で評判も良いです。実際に僕もenひかりを利用していますが、毎日快適にインターネットを利用することができていますよ。

\2022年選ばれています/
契約期間のないenひかり

enひかり申し込みの決め手
●契約期間の縛りナシ!
●マンション3,520円で安い!
●戸建ても4,620円で激安!
●いつ解約しても違約金0円!
●通信速度は最大1ギガ!
●UQモバイルなら110円割引!

シンプルで安い光回線ならenひかり!お得にインターネットを利用したい方に選ばれています!
▼2022年おすすめ光回線▼enひかり申し込み

一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fi・ホームルーター

一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fi・ホームルーターは、以下の3つになります。

■速度が速いホームルーターはドコモhome5G
■料金が安いホームルーターはモバレコエアー
■ネット回線を持ち運びたいならGMO WiMAX

それぞれ見ていきましょう。

ドコモhome5G

ドコモhome5G概要
月額料金4,950円
解約金0円
スマホセットドコモ
速度・最大4.2Gbps
速度制限3日間大容量の
データ通信で制限
端末が届く日数10日程度
ドコモhome5Gは、株式会社NTTドコモが提供するホームルーター。

最大の特徴は、最大4.2Gbpsの圧倒的に速い通信速度。5G対応のホームルーターの中でも群を抜いて速度が速いので、ネットを快適に使いたいけど、光回線の工事ができないという人におすすめですよ。

また月額料金も比較的安く月々4,950円で利用可能。ドコモスマホのセット割も適用可能なので、ドコモユーザーはスマホ代が月々1,100円割引になり、かなりお得に利用することができますよ。

さらに今一番お得な申し込み窓口「GMOとくとくBB」からの申し込みで、キャッシュバック18,000円を受け取ることも可能。

ネット回線の速度にこだわりたいという人であれば、総合的に考えてバランスの良いホームルーターとなるので、是非利用してみてくださいね。
\こんなホームルーター待ってた/
『ドコモhome5G』がスゴイ
ドコモhome5Gが選ばれる理由は…
★工事不要!コンセントにつなぐだけですぐに使える!
★月額4,950円!とにかくコスパ最強!
★5G高速通信対応!4G接続でも最大1.7Gbpsで快適!
★契約期間の縛りなし!解約金無料!
★アマゾンギフト券18,000円キャッシュバック!

2022年人気急上昇中◎ドコモhome5G!
▼18,000円キャッシュバック▼GMOとくとくBB

モバレコエアー

モバレコエアー概要
月額料金1~2ヶ月:2,167円
3~24ヶ月:3,679円
以降:5,368円
解約金0円
スマホセットソフトバンク
ワイモバイル
速度最大2.1Gbps
速度制限利用の集中する
時間帯に制限
端末が届く日数最短3日
モバレコエアーは、株式会社グッド・ラックが提供するホームルーター。

モバレコエアーの一番のおすすめポイントは、月額料金が特段安いということです。

最初の2か月間は、月々2,167円で利用可能。それ以降も月々3,679円となるので、相場よりも400~2,000円近く安く使うことができるんです。

またソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーであれば、スマホ代が月々最大1,100円割引になるので、よりお得に利用することができますよ。

もちろん通信速度に関しても、2021年10月から5G回線の提供が開始されたので、快適なインターネット環境が期待できるでしょう。

実際の口コミを確認しても、5G回線が提供されてから、モバレコエアーの速度の評判はうなぎのぼりですよ。
※同じサービスであるソフトバンクエアーの口コミを掲載しています。
\史上最安の高速Wi-Fi/
2022年モバレコAirが大人気
★選ばれている理由は…
・最安の月額2,167円から利用開始!
・インターネット会員数No.1!
・設定不要で最短3日後から使える!
・17,000円キャッシュバック!
・U-NEXT月額料金が6ヶ月無料!
・乗り換え時の費用を10万円まで還元!

ネット使い放題のお手軽なWiFiサービス◎会員数No.1に選ばれたソフトバンクエアーを最安で利用できます!
▼17,000円キャッシュバック▼申し込みはこちら

GMO WiMAX

GMO WiMAX概要
月額料金2ヶ月:2,079円
3~36ヶ月:4,389円
37ヶ月以降:4,444円
キャンペーン・最大2万円キャッシュバック
・解約サポート特典
解約金12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月:15,400円
25ヶ月以降:10,450円
スマホセットau
UQモバイル
速度最大2.7Gbps
GMO WiMAXは、GMOインターネットグループ株式会社が提供するポケットWi-Fi。

GMO WiMAXは、ホームルーターのほかにポケットWi-Fiも提供しているので、インターネット回線を持ち歩きたい人にもぴったりです。

また月額料金も安く、2か月間は月々2,079円で利用可能。それ以降も月々4,389円で使うことができるので、相場よりも比較的安くインターネットを使うことができますよ。

さらにauスマホやUQモバイルユーザーは、スマホ代が月々最大1,100円引きとなるので、通常よりもさらにお得。

通信速度に関しても、GMO WiMAXは5G対応なので、安定的な速度が期待できます。実際の利用者の口コミでも、GMO WiMAXは速度が速いと評判ですよ。

\2022年人気No.1/
GMOとくとくBBが超アツい!

GMOとくとくBB WiMAXが選ばれる理由
★月額料金が業界最安水準!
★最新機種の高速ルーターが無料!
★下り最大2.7ギガの超高速通信!
★最短当日発送!翌日から利用開始!
★速度に満足できなければ8日以内の解約で違約金0円!
★auスマホユーザーはスマホ代月々1,100円割引!
★UQモバイルユーザーもスマホ代月々858円割引!
★他社違約金49,000円まで補填!
★オリコン顧客満足度2年連続No.1のWiMAX!

GMOとくとくBBは乗り換え49,000円・全員対象23,000円のキャッシュバックがもらえる♪
▼一番おすすめの申込窓口はこちら▼

まとめ

結論、一人暮らしでインターネットを使うには以下の方法がおすすめです。

・光回線
・ポケットWi-Fi、ホームルーター
・テザリング
・インターネット無料マンション

ただし、この中でも自分にぴったりのインターネット回線を選ぶには【ネットの利用用途・自宅で工事ができるか・料金はどうか】というポイントを確認することが必要です。

この記事を参考に、上記のポイントをしっかり比較して、一人暮らしのあなたにぴったりのインターネット回線を選んでくださいね。

株式会社ブレイブ

電気通信事業者番号:A-02-18214
TOPへ戻る