ドコモ光のプロバイダを全比較!最もおすすめなプロバイダ【2021年】

ドコモ光のプロバイダを比較
ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?どうやって比較すればいいの?など気になっていませんか。

ドコモ光のプロバイダは全部で24社。それぞれ【速度・キャンペーン・料金】などが異なるため、どのプロバイダがおすすめなのか迷ってしまいますよね。

結論から言うと、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです。

★ドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBをおすすめする理由

  • 月額料金が安い
  • 速度に満足する声が多い
  • プロバイダの中でも最高額のキャッシュバック
  • 高性能ルーターが無料でレンタルできる

この記事では、ドコモ光のプロバイダ24社を全比較して、だれでも納得できるよう徹底調査しました。

最後まで読むことで、ドコモ光のプロバイダ選び問題はマルっと解決しているはずです。最後までどうぞご覧ください。

【2021年10月】このページ限定キャンペーン開催中!このページからドコモ光GMOとくとくBBを申し込むと、無条件で20,000円キャッシュバックが貰えます!

結論|ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

結論、ドコモ光で一番おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。
▼ドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBをおすすめする理由

  • 速度に関する評判が良い
  • プロバイダの中でも最高額のキャッシュバック
  • 高性能ルーターを無料でレンタルできる
  • 月額料金が安い

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査でも2年連続1位に選ばれるほど「速度」の評判が圧倒的に高いプロバイダです。

さらに「無条件で2万円キャッシュバック」や「高性能ルーターの無料レンタル」などのキャンペーン特典もついています。

この後詳しく説明していきますが、以上の理由からドコモ光のプロバイダは、GMOとくとくBBがおすすめになります。

ドコモ光のプロバイダの選び方

ドコモ光のプロバイダとは、ドコモ光とおうちのインターネットを繋げる役割をする事業者のことです。

ドコモ光では、24社の中から1社つ選ぶことができ、プロバイダによる違いは以下の4点になります。

・通信速度(v6プラス)
・キャッシュバック特典
・v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
・月額料金
・オプション

月額料金やオプションはそこまで大きく変わらないため「通信速度(v6プラス)」「キャッシュバック特典」がとても重要となります。

それでは、ドコモ光のプロバイダの選び方を見ていきましょう。

1.重要なのは通信速度(v6プラス)

ドコモ光のプロバイダを選ぶ上で最も重要なのは通信速度です。

どのプロバイダも最大速度は1Gbpsですが、より速度が安定しやすくなる「v6プラス」という通信方式は、プロバイダによって利用できるかが変わります。

v6プラス対応プロバイダは13社

ドコモ光のプロバイダ24社中、v6プラスに対応しているのは以下の13社です。より安定した速度を求める方は、以下のv6プラス対応プロバイダを選びましょう。
◆v6プラス対応プロバイダ GMOとくとくBB/BIGLOBE/ドコモnet/Plala/@nifty/andline/ic-net/DTI/タイガースnet/hi-ho/SIS/ocn/@TCOM
「v6プラス」を利用すると、ネットが混雑する時間帯でも比較的安定しやすくなります。

一概に必ず速くなると断言はできませんが、v6プラス対応のプロバイダは口コミを見ても比較的良い評判が多いです。

v6プラス対応ルーターが無料レンタルできるプロバイダ

v6プラスを利用するにはv6プラス対応のWi-Fiルーターが必要になります。

もちろん家電量販店などでも5千~1万円程度で売っていますが、以下10社のプロバイダなら無料でレンタル出来るんです。
▼Wi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダ GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、@nifty、BIGLOBE、andline、hi-ho、SIS、ic-net、OCN
もちろん上記はすべてv6プラス対応プロバイダ。よりお得に快適なインターネット環境を手に入れたい方は、上記のプロバイダを選ぶと良いでしょう。
Wi-Fiルーターの性能が高いのは?
どのWi-Fiルーターも高性能ですが、プロバイダによって機種・性能などが若干変わります。
プロバイダ最大速度
GMOとくとくBB1733Mbps
DTI867Mbps
ぷらら867Mbps
@nifty867Mbps
BIGLOBE867Mbps
andline867Mbps
hi-ho867Mbps
SIS867Mbps
ic-net867Mbps
OCN867Mbps
最も高性能なWi-Fiルーターを貸し出しているのは、最大速度1733MbpsのGMOとくとくBBです。10社の中で最もスペックが高いので、速度により期待が持てるでしょう。

2.キャッシュバック特典も重要

ドコモ光公式が行う「ドコモ光公式キャンペーン」はどのプロバイダでも適用されます。

一方で、「キャッシュバック特典」は選ぶプロバイダによって変わるので、キャッシュバック額や条件をしっかり比較することが重要です。

ドコモ光のプロバイダ24社中、以下4社では15,000~20,000円のキャッシュバックを実施しているので、よりお得にドコモ光が利用できるんです。
 キャッシュ
バック額
時期条件
GMO
とくとく
BB
20,000円5ヶ月
ぷらら15,000円5ヶ月
@nifty20,000円11ヶ月オプション
加入
OCN20,000円翌月
とくに僕のおすすめは「GMOとくとくBB」のキャッシュバックです。無条件で20,000円キャッシュバックが受け取れますし、先ほど説明した速度などを含めプロバイダとしても総合的におすすめなんです。

有料オプション加入には要注意

キャッシュバックが貰えるのは嬉しい話ですが、有料オプション加入が条件になっているケースもあるので注意してください。

@niftyでは、月額制のセキュリティやテレビオプションに加入しないと20,000円は受け取れません。月々数百円だとしても塵も積もれば山となりますし、解約金がかかるオプションもあるんです・・・。

無条件でキャッシュバックされる、GMOとくとくBBなどのプロバイダを選ぶことがベストです。

3.料金タイプも一応チェック

ドコモ光のプロバイダはタイプA.B.Cがあります。タイプによって月額料金が200円ほど変わり、安くて主流なのは【戸建て5,720円/マンション4,400円】のタイプAに属するプロバイダです。

少しでも安くネットを利用したいという方はタイプAのプロバイダを選びましょう。

▼タイプA【戸建て5,720円/マンション4,400円】 GMOとくとくBB、DIT、@nifty、ドコモnet、ぷらら、ic-net、タイガースネット、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、01光コアラ ▼タイプB【戸建て5,940円/マンション4,620円】 OCN、@TCOM、TNC、Asahinet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

ちなみに、タイプAの中で「v6プラス対応」「キャッシュバック実施中」のプロバイダは、GMOとくとくBB・ぷらら・@niftyの3社です。

4.オプションはおまけ程度

おまけ程度に考えてもらって結構ですが、中にはセキュリティソフトが無料で使えるプロバイダもあるので、在宅で仕事をする方などはチェックしておくといいでしょう。

GMOとくとくBBなどの一部プロバイダでは、通常550円/月のところ1年間無料でセキュリティが利用できたりしますよ。

ドコモ光のプロバイダ24社全比較

ドコモ光のプロバイダ24社を比較した結論、GMOとくとくBBが一番おすすめです。速度(v6プラス)・キャッシュバック・料金タイプ・Wi-Fiルーターレンタルの比較を見てみましょう。
プロ
バイダ


速度
v6
プラス
特典ルーター
レンタル
GMO
とくとくBB
A
20,000円

最大速度
1733Mbps
ぷららA
15,000円

最大速度
867Mbps
@niftyA
18,000円

最大速度
867Mbps
DTIA×
最大速度
867Mbps
タイガースA×
最大速度
867Mbps
BIG
LOBE
A×
最大速度
867Mbps
and
line
A×
最大速度
867Mbps
SISA×
最大速度
867Mbps
ドコモnetA××
ic-netA××
hi-hoA××
最大速度
867Mbps
シナプスA×××
exciteA×××
エディオンA×××
TiKi
TiKi
A×××
ネスクA×××
楽天ブロード
バンド
A×××
01光
コアラ
A×××
OCNB
20,000円

最大速度
867Mbps
TCOMB×××
TNCB×××
Asahi
Net
B×××
WAK
WAK
B×××
ちゃんぷる
ネット
B×××

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめな全理由

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。その理由は以下になります。

◆GMOとくとくBBをおすすめする理由 ・月額料金が安い ・速度に満足する声が多い ・プロバイダの中でも最高額のキャッシュバック ・開通前Wi-Fiルーターレンタル無料 ・セキュリティやサポートも充実
サービススペックだけでなく、実際に利用している方の口コミも良いんです。2年連続でオリコン顧客満足度1位を獲得しています。

オリコン顧客満足度1位GMOとくとくBB

それでは、GMOとくとくBBがおすすめな全理由を注意点なども絡めてお話しします。

1.速度に関する評判が良い

GMOとくとくBBは、速度に関する評判がかなり良いんです。利用者満足度96.8%・オリコン満足度調査でも2年連続1位を獲得しています。
何故こんなにもGMOとくとくBBは評判が良いのでしょうか?その理由は以下になります。

・v6プラス対応
・v6プラス対応Wi-Fiルーターが高性能

詳しく見ていきましょう。

v6プラス対応

GMOとくとくBBは「v6プラス」対応のプロバイダです。

v6プラスは混雑ポイントを避けてインターネットを繋ぐため、ネットが混雑しやすい時間帯でも安定しやすくなります。

そのため、GMOとくとくBBは速度に関する評判がいいんです。GMOとくとくBBでv6プラスを利用している方の口コミを紹介しておきますね。

Wi-Fiルーターが高性能

GMOとくとくBBはv6プラス対応のWi-Fiルーターをレンタルすることが出来ます。そのWi-Fiルーターが高性能という点も、速度に関する評判が良い理由の1つです。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルしているプロバイダは数社ありますが、圧倒的にGMOとくとくBBのレンタルルーターが高性能なんです。
プロバイダ最大速度
GMO
とくとくBB
1733Mbps
DTI867Mbps
ぷらら867Mbps
@nifty867Mbps
BIGLOBE867Mbps
OCN867Mbps
Wi-Fiルーター自体の最大速度が速ければ、WiFi接続時の通信速度にも期待できるということ。

僕も利用していますが、スマホでの動画視聴やアプリのインストールなども快適です。
選べるルーターは3種類
GMOとくとくBBのレンタルルーターは高性能である上に、下記3種類の中から好きなものを選ぶことができます。

スペック自体に大きな違いはないので、デザインで決めてしまうも良いと思います。

余談ですが、家電量販店のスタッフに3種類の違いについて聞いたところ、NEC製のルーターは電波強度が比較的強く速度も速い傾向にあるようです。
 BUFFALONECELECOM
ルーター
最大
速度
1733Mbps1733Mbps1733Mbps
平均
実測値
188.5Mdps293Mdps165Mdps
特徴安定した
通信
電波強度が高い遮光パネルで
夜間のランプ
点滅が気にならない

ドコモ光GMOとくとくBBのWi-Fiルーターについて詳しくはこちらをご覧ください。

2.無条件で2万円キャッシュバック

GMOとくとくBBは無条件で2万円キャッシュバック実施中です。新規・転用・事業者変更全ての場合で全員2万円が貰えます。

ドコモ光のプロバイダ24社中、キャッシュバックが貰えるのは以下4社ありますが、その中でも最高額の2万円が貰えるんですからお得ですよね。
プロバイダキャッシュバック額受け取り時期条件
GMO
とくとくBB
20,000円5ヶ月後なし
ぷらら15,000円5ヶ月後なし
@nifty18,000円12ヶ月後有料
オプション
OCN
20,000円3ヶ月後なし
その他のプロバイダなし--
一部のプロバイダ(@nifty)では有料オプションへの加入が条件ですが、GMOとくとくBBは有料オプション加入なしでキャッシュバックが受け取れます。

4ヶ月目の手続きを忘れずに!

キャッシュバックの受け取りには手続きが必要です。

ドコモ光の開通から4ヶ月目に、『info@gmobb.jp』というアドレスから『ドコモ光キャッシュバックお受取り手続きのご案内』というメールが届きます。

申請メール受信から45日以内に手続きを完了すると、手続きをした翌月末に指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

※手続きを忘れてしまうとキャッシュバックは受け取れません。注意しましょう。

\2021年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら通常18,000円の工事費が無料
★無条件で20,000円キャッシュバック!
★または他社解約金20,000円還元!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のドコモスマホ代毎月1,000円割引!
★開通までモバイルWi-Fiが無料で使える!

オプションなしで20,000円キャッシュバックはこのページ限定!工事費無料の今がベストタイミング!
▼20,000円キャッシュバックはこちら▼ドコモ光申し込み

3.月額料金が安いタイプA

GMOとくとくBBはタイプAなので月額料金も安いです。ずっと【戸建て5,720円・マンション4,400円】で利用できます。

似たような条件のOCNだと200円高くなるので、総合的におすすめなのはやはり「GMOとくとくBB」となります。

安い料金のプロバイダだからといって、速度が大きく変わるなんてことはあまりありませんよ。

4.ポケットWi-Fi開通前無料レンタル

GMOとくとくBBならドコモ光が開通するまでの期間、ポケットWi-Fi(WiMAX)を最大3ヶ月間無料でレンタルできます。

他のプロバイダだと、申し込みから開通まで約1~2ヶ月はネットの無い期間が生まれてしまいます。ただし、GMOとくとくBBならネットが無い期間が最小限に抑えられるんです。

ポケットWi-Fi開通前無料レンタルはGMOとくとくBB限定のサービスです。24社のプロバイダを比較した結論、ここまで至れり尽くせりなプロバイダはGMOとくとくBBくらいだと言えます。

※無料期間は端末発送月+2ヶ月目の末日までとなっています。

5.サポート・セキュリティも充実

ここからはおまけ程度ですが、GMOとくとくBBでは以下のサポート・セキュリティも用意しています。

●訪問設定サポート(初回無料)
●セキュリティソフト『マカフィーマルチアクセス』12ヶ月間無料(13ヶ月目~500円/月)

インターネットを始めて使う方や、セキュリティをしっかりしたいという方にとっても、安心してドコモ光を利用することができるプロバイダです。

ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光では、プロバイダのみ変更することが可能です。

ここではプロバイダを変更する場合に必要な情報を詳しく解説していきます。

変更手続きに必要なもの

変更手続きの際には以下が必要になるのであらかじめ準備しておくようにしましょう。
●ドコモの携帯電話番号 ●ネットワーク暗証番号(4桁の数字) ※ドコモのスマホや携帯を利用していない場合:ドコモ光の契約IDが必要

変更手数料

プロバイダを変更する場合は、基本的に3,000円の変更手数料がかかります。

ただし、単独タイプからの変更のみ無料で行うことが可能ですよ。
プロバイダ
変更パターン
費用
A⇔A
B⇔B
3,300円
A⇔B3,300円
A/B⇒単独3,300円
単独⇔A/B0円

変更手続き方法

ドコモ光のプロバイダ変更手続きは、「ドコモインフォメーションセンター(電話)」または「ドコモショップ」で行うことが可能です。

ただしどちらの窓口も時間帯によっては混雑している場合があるので事前予約をした上での手続きをおすすめします。

●ドコモインフォメーションセンター
※ドコモの携帯電話から:151
※一般電話から:0120-800-000
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

コール予約はこちらから行うことができます。予約にはdアカウントが必要なのであらかじめ控えておきましょう。

WiFiルーターを返却する場合

元々利用していたプロバイダでWiFiルーターをレンタルしている場合は、変更手続き後速やかに返却する必要があります。
◆WiFiルーターレンタルを行っているプロバイダ ・GMOとくとくBB・BIGLOBE・@nifty・DTI・ぷらら ・SIS・IC-NET・OCN・andline・hi-ho
プロバイダの変更手続き時に返却住所も伝えられるので、設定された期日内に郵送にて返却してください。

返却時にかかる送料は自己負担となるので覚えておきましょう。

プロバイダの変更に関する詳しい情報はこちら

ドコモ光のプロバイダに関するその他の情報

ドコモ光のプロバイダを確認する方法

ドコモ光でどのプロバイダを契約しているか調べる方法を手軽に確認できる順に紹介します。

WEBサイトにアクセスして確認

確認君+というサイトにアクセスすると、どのプロバイダを利用しているのかすぐに確認することができます。

プロバイダチェック

契約書類の確認やマイページへのログインなどが必要ないので、どのプロバイダを利用しているのかだけ知りたい場合におすすめの方法です。

Mydocomoから確認

Mydocomoにログインすることでも、契約中のプロバイダを確認できます。

プロバイダの契約情報など、詳しい情報まで手軽に確認したいという場合におすすめです。

契約書面で確認

ドコモ光の申し込み後に郵送される契約書類からでもプロバイダ情報を確認することができます。

書面にはプロバイダのマイページにログインするためのIDやパスワードなども記載されているので、なくさないように保管しておきましょう。

電話で確認

ドコモ光のカスタマーサポート窓口への電話で確認することも可能です。
電話番号:151 ドコモ携帯以外の場合:0120-800-000 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休)

ドコモ光のプロバイダを解約する方法

ドコモ光のプロバイダは、ドコモ光の解約と同時に自動的に解約となります。

よって、プロバイダ窓口での解約手続きは原則必要ありません。

ドコモ光の解約は以下の手順で可能です。
1.電話またはショップで解約手続きをする 2.レンタル機器を返却する 3.撤去工事をする(任意)
電話窓口は以下となります。

一般電話から:0120-800-000
ドコモ携帯から:151(9時〜20時/年中無休)
音声ガイダンス:7-1-4

ちなみに、解約手続きはドコモ光契約者本人じゃないとできないので注意しましょう。

ドコモ光プロバイダの問い合わせ窓口

ドコモ光の主要プロバイダへの問い合わせ窓口を紹介します。

以下の内容であればそれぞれの窓口への問い合わせで解決する可能性が高いです。(問い合わせをする時は会員IDが必要となります。)

・Wi-Fiルーターのレンタルや設定
・キャッシュバックについて
・セキュリティやメールアドレス
プロバイダ窓口受付時間
GMOとくとくBB0570-045-10910:00-19:00
ぷらら009192-3310:00-19:00
DTI(186)-0120-719-02010:00-19:00
nifty0570-03-221010:00-19:00
OCN0120-506-50610:00-19:00
BIGLOBE0120-86-09629:00-18:00
ドコモnet0120-800-0009:00-18:00
andline03-6809-339210:00-19:00
hi-ho0120-8581409:00-18:00
ic-net0120-45-31339:15-20:00
楽天ブロードバンド0800-600-02229:00-18:00
@Tcom0120-805-63310:00-20:00
AsahiNet0120-030-275-
エディオンネット0120-21-71339:00-19:00
ただし、以下のような問い合わせはプロバイダ窓口では解決しないので、ドコモ光インフォメーションセンターへ問い合わせましょう。

・契約内容の確認
・支払い方法の変更
・プロバイダの変更
・解約
▼ドコモ光インフォメーションセンター 0120-800-00(受付時間:9時~20時)

まとめ

ドコモ光は24社の中から自由にプロバイダを選べる分、最適な一社を見つけることは難しいですよね。

今回紹介した『GMOとくとくBB』は、プロバイダとしてのサービス品質が高いことが大きな特徴です。

ドコモ光をお得に最大限活用するために、しっかりとプロバイダ選びを進めましょう。

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る