ドコモ光のおすすめプロバイダは?5つの比較ポイントで選ぶ厳選4社

ドコモ光のプロバイダってどこがおすすめなの?選び方のポイントなどわからない事が多いですよね。

ドコモ光のプロバイダは24社の中から選ぶことができ、結論、以下の理由からGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIがおすすめです。

・月額料金
・通信速度
・Wi-Fiルーターのレンタル
・プロバイダ独自のキャッシュバック
・セキュリティサービス

この記事では、ドコモ光のプロバイダの選び方のポイントや、プロバイダの変更方法なども紹介していますので参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ選びで重要な5つの比較ポイント

ドコモ光のプロバイダはサービス内容に違いがあり、特に下記の5つポイントを比較することが重要です。

・月額料金
・通信速度(V6プラス対応有無)
・Wifiルーターのレンタル
・プロバイダ独自のキャッシュバック
・セキュリティサービス

それぞれ1つずつ詳しく紹介していきます。

1.月額料金

ドコモ光のプロバイダは「タイプA」と「タイプB」の2種類に振り分けられ、どちらのタイプを契約するかによって月額料金が変わってきます。

タイプAはタイプBよりも月額料金が200円安いので、タイプAのプロバイダを選ぶのがポイントです。月額料金は違ってもサービス質はそこまで変わらないので、月額料金が安いタイプAのプロバイダの中から選びましょう。

※タイプAの場合は戸建て5,200円・マンション4,000円でドコモ光を利用することができます。
タイプAのプロバイダ
GMOとくとくBB、DIT、@nifty、ドコモnet、ぷらら、ic-net、タイガースネット、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、01光コアラ

タイプC・単独プランは料金が高くなる

ドコモ光のプロバイダでは他にも「単独プラン」や「タイプC」といった特殊なプランもありますが、どちらもタイプAより料金が高くなるのでおすすめしていません。

単独プランはYahooBB!など、ドコモ光が提供している24社以外のプロバイダと契約できるプランとなっています。ただしプロバイダの利用料(およそ1,000円)が追加で発生するため、月額料金が高くなってしまいます。

またタイプCはケーブルテレビを利用している人がドコモ光へ乗り換えることができるプランとなっていて、タイプAよりも200円月額料金が高くなるので注意してください。

2.通信速度

ドコモ光では契約するプロバイダによって通信速度の速さに違いがあります。特に「v6プラス」という回線の混雑を防いでくれるサービスに対応しているプロバイダを選ぶのがポイントです。

他にもプロバイダの設備や利用者数などによって速度が左右されるという口コミなどがありますが、そちらに関しては確実なことはわかりませんので、選ぶポイントとして考えないほうがいいでしょう。

重要なのはv6プラス対応の有無

全24社あるドコモ光のプロバイダの中で「v6プラス」対応のプロバイダは14社あるので、その中から選びましょう。
プロバイダv6プラス対応手続き
GMOとくとくBBなし
ドコモnetなし
ぷららなし
@niftyなし
@Tcomなし
BIGLOBEなし
DTI
必要
andline必要
タイガースドットコム必要
hi-ho必要
SIS必要
OCN必要
ic-net必要
チャンプルネット必要
ただし、プロバイダを選ぶ時にはv6プラスに対応しているかだけでなく、申し込みをしなくても利用できるかを比較していくことも大切です。

通常はv6プラスを利用する場合はホームページや電話などで手続きをする必要があり、さらに利用できるまで1~2週間かかってしまうこともあります。

そのためドコモ光が開通したらすぐに利用できるように、手続きなしでv6プラスが使えるプロバイダを選びましょう。

3.Wi-Fiルーターのレンタル

ドコモ光のプロバイダでWi-Fiルーターを無料レンタルできるのは以下の10社になります。その他のプロバイダはそもそもWi-Fiルーターをレンタルすることができないの注意してください。

▼Wi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダ
GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、@nifty、BIGLOBE、andline、hi-ho、SIS、ic-net、OCN

Wi-Fiルーターは自分で用意する場合は1万円以上かかってしまうことも多いので、無料でレンタルできるプロバイダを選ぶのがポイントです。

Wi-Fiルーターの性能

プロバイダによってレンタルできるWi-Fiルーターの性能に違いがあります。ルーターの性能によって速度に影響がでるので、なるべくスペックの高いwifiルーターをレンタルできるプロバイダを選びましょう。

他にもWi-Fiに接続できる台数やWi-Fiが届く範囲など細かい違いがありますが、そちらに関してはどれを選んでも同じなので、シンプルに速度だけを比較すれば問題ありません。

4.プロバイダ独自のキャッシュバック

プロバイダのサイトから申し込むと、ドコモ光の公式キャンペーンに加えてプロバイダから独自のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックを実施しているのは24社あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBB、DTI、@nifty、ぷらら、OCNの5社だけです。
プロバイダ最大キャッシュバック額
GMO
とくとくBB
20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円
OCN
20,000円
他19社なし
プロバイダによってキャッシュバック金額や条件、受け取り時期などが違うので、それぞれ比較して総合的にお得なところで申し込みましょう。

キャッシュバックの申請方法はどのプロバイダも同じで、開通後に送られてくるメールから手続きをしていきます。簡単な手続きなので、どのプロバイダでも確実にキャッシュバックを受け取ることができます。

5.セキュリティサービス

セキュリティサービスを無料で利用できるかについても比較することが大切です。今は下記の18社がセキュリティサービスを実施しています。

 無料期間有料時ソフト
タイガースドットコム解約するまで無料カスペルスキー
スピーディアスピーディア永年無料セキュリティ
ic-net36か月400円IC-NET安心セキュリティ
BBエキサイト400円ESET ファミリーセキュリティ
ぷらら24か月399円マカフィー
OCN12か月250円マイセキュア
@TCOM400円TOKAI SAFE
TNC400円
シナプス480円マカフィー
ドコモnet500円
GMOとくとくBB
DTI
アンドライン
hi-ho
アサヒネット
ビッグローブBIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光
楽天ブロードバンドスーパーセキュリティ
@nifty常時安全セキュリティ24
プロバイダによって利用できるセキュリティソフトに違いがありますが、性能はほぼ同じです。そのため無料期間の長さや、有料になったときの金額を比較するのがポイントとなっています。

ic-netやBBエキサイトのように無料期間が3年と長めに設定されているプロバイダや、タイガースネットやスピーディアのように解約するまで無料で使えるところを選ぶといいでしょう。

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら工事費無料!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント5,000円プレゼント!

工事費無料期間中は工事が混みあいます。早めの申込みをおすすめします。
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ドコモ光のおすすめプロバイダ4社

ドコモ光のプロバイダを選ぶ上で大切な5つのポイントを比較してみました。

プロバイダ月額料金v6プラスWi-Fiルーターキャッシュバックセキュリティ
GMOタイプA
ぷららタイプA
@niftyタイプA
DTIタイプA
OCNタイプB
ドコモnetタイプA××
ic-netタイプA××
タイガースタイプA×
BIGLOBEタイプA×
andlineタイプA×
シナプスタイプA×××
SISタイプA×
exciteタイプA×××
エディオンタイプA××××
TiKiTiKiタイプA××××
hi-hoタイプA××
ネスクタイプA××××
01光コアラタイプA×××
TCOMタイプB×××
TNCタイプB××××
AsahiNetタイプB××××
WAKWAKタイプB××××
ちゃんぷるタイプB××××
24社あるドコモ光の中で、おすすめなのはGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIの4社です。

先程紹介した5つのポイントがそろっているので、どれを選んでも快適にネットを利用することができるでしょう。

また、速度の評判がいいGMOとくとくBB、キャッシュバック額が多い@nify、のようにそれぞれ細かい特徴があります。

詳しく紹介していくので、4社の中から自分に合ったプロバイダを選んでみてください。

1.GMOとくとくBB

★GMOとくとくBBの特徴
・無料レンタルできるwifiルーターの性能が圧倒的に良い
・10Gプランに対応
・お客様満足度No1

お客様満足度No1

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダの中で2019年オリコンお客様満足No.1に選ばれており、130万人以上が契約している人気なプロバイダです。

特にv6プラスへの対応や、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできることから、通信速度の速さは他のプロバイダよりも期待できるでしょう。

さらに、最大20,000円の高額キャッシュバックも受け取れるので、GMOとくとくBBは多くの人におすすめできるプロバイダとなっています。

GMOとくとくBBについて詳しくはこちら

レンタルWi-Fiルーターの性能が良い

GMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターは、ドコモ光のプロバイダの中で1番速度が速くなっています。

プロバイダ最大速度メーカー
型番
GMO
とくとくBB
1733MbpsBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
1733MbpsNEC製
Aterm
WG1900HP2
1733MbpsELECOM製
WRC-2533GST2
DTI867MbpsELECOM製
WRC-1167GST2H
ぷらら867MbpsIODATA
WN-PL1167EX01
@nifty867MbpsELECOM製
WRC-1167GST2H
BIGLOBE867MbpsNEC製
Aterm
WG1200HP3
andline867MbpsELECOM製
WRC-1167GST2H
hi-ho867MbpsELECOM製
WRC-1167GST2
SIS867MbpsIODATA
WN-AX1167GR
ic-net867MbpsIODATA
WN-AX1167GR
OCN867MbpsNEC製
コム端末
その他14社なしなし

他のプロバイダのWi-Fiルーターを利用していた人がGMOとくとくBBに切り替えただけで、速度が速くなったという口コミもありました。

Wi-Fiルーターの設定は必要なし

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターは設定なしで利用できるのこともおすすめポイントとなっています。

他のプロバイダでWi-Fiルーターをレンタルした場合はパソコンやスマホなどで設定をする必要があり、ネットが使えるまでに時間がかかってしまうことが多いです。

GMOとくとくBBの場合はONUにWi-Fiルーターを接続するだけなので、手間も時間もかかりません。性能だけでなく、手軽に利用できることもおすすめ理由の一つです。
37ヶ月以上利用すれば返却が不要

さらに37ヶ月間以上レンタルし続けると返却が不要になり、1万円以上するルーターを受け取ることができます。他のプロバイダでは返却が必須な場合が多いので、こちらの特典もGMOとくとくBBのメリットといえます。

キャッシュバックが高額

GMOとくとくBBではドコモ光と一緒に『ひかりTV for docomo』と『DAZN for docomo』といったオプションに入ることで、最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバック額(GMOとくとくBBの場合)
20,000円(ひかりTV for docomo+DAZN for docomo)
18,000円(ひかりTV for docomo)
15,000円(DAZN for docomo)or(スカパー!)
10,000円(dTV or dアニメストア)
テレビサービスも一緒に利用したい人であればGMOとくとくBBに申し込むことで、高額キャッシュバックを受け取れるのでおすすめです。

またオプションに入らなくても、GMOとくとくBBの場合は5,500円のキャッシュバックを受け取ることができますので、ネットだけの利用でもお得に申し込みができます。

v6プラスで速度が速い

GMOとくとくBBは申し込みなしでv6プラスを利用できるプロバイダとなっています。

GMOとくとくBBのv6プラスは利用者の評判でも速い言われており、速度が遅くなりやすい時間帯やマンションでも通信速度に期待できます。
僕もドコモ光×GMOとくとくBBをマンションで利用していますが、平均90メガ以上の速度で出ており、何の不満もなくネット利用することができています。

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度についてさらに詳しく知りたい人はGMOとくとくBBの速度が速い理由をご覧ください。

マカフィーが1年間無料

ドコモ光のGMOとくとくBBでは人気なセキュリティソフトの「マカフィー」を1年間無料で利用することができます。

パソコンだけでなくスマホにもインストールできるため、とても便利なサービスであることは間違いありません。

10Gプランにも対応

ドコモ光は2020年4月から世界最速通信の10Gプランの提供が開始されました。10Gが利用できるプロバイダは24社中以下7社のみで、GMOとくとくBBも最新プランに対応しています。

10ギガ対応のプロバイダ ドコモnet・GMOとくとくBB・ぷらら・ANDLINE・hi-ho・BB.excite・AsahiNet

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら工事費無料!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント5,000円プレゼント!

工事費無料期間中は工事が混みあいます。早めの申込みをおすすめします。
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

2.ぷらら

★ぷららの特徴
・キャッシュバックの条件がいい
・独自のサービスを用意している
・10Gプランに対応している

ぷららはキャッシュバックの条件がよく、セキュリティサービスも充実しています。v6プラスに対応しているので速度も問題ないですが、Wi-Fiルーターの性能はGMOとくとくBBより低いので注意が必要です。またGMOとくとくBBと同じように10Gプランに対応しているプロバイダとなっています。

ぷららについて詳しくはこちら

キャッシュバックの条件がいい

ぷららは条件なしで15,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。また受け取り期間も他のプロバイダより短いのも特徴となっています。

キャッシュバック額は少なくなってしまいますが、条件なしで早く受け取りができるので、早くを受け取りをしたい人にはおすすめです。

セキュリティソフトが24ヶ月無料

ぷららでは「マカフィー」という人気のセキュリティソフトを2年間も無料で利用することができます。他のプロバイダでもマカフィーを利用することができますが、無料期間は1年だけなので、無料期間が長いのもおすすめポイントの1つとなっています。

また無料期間が終わった場合でも、他のプロバイダよりも安い料金(月額399円)でマカフィーを使い続けることができるため、セキュリティサービスを長く利用したい人はぷららを選んでみましょう。

速度の速さの評判も◎

ぷららもv6プラスを利用することができるプロバイダとなっていて、速度の評判もいいです。

また、v6プラスの申し込み手続きも必要ないので、開通すればすぐに速い速度でネットを利用することができるのもメリットとなっています。

※ぷららではv6プラスを「ぷららv6エクスプレス」という形で表記されています。

Wi-Fiルーターの速度に注意

ぷららでレンタルできるWi-Fiルーターは最大でも867Mbpsまでしか速度がでません。ドコモ光の最大速度は1G(1,000Mbps)なので、ぷららのWi-Fiルーターを使ってしまうと最大速度が落ちてしまうので注意が必要です。

少しでも速い速度でネットを利用したい人はぷららではなくGMOとくとくBBを選んで、最大1G以上の速度がでるWi-Fiルーターをレンタルするといいでしょう。

ドコモ光のプロバイダをぷららにしたい人はこちらから申し込みができます。

3.@nifty

★@niftyの特徴
・無条件で20,000円キャッシュバック
@niftyはドコモ光以外にも色んな光回線でサービスを提供している大手プロバイダの一つです。

20,000円のキャッシュバックを条件なしで受け取ることができるのは@niftyだけのメリットとなっています。そのためキャッシュバックをなるべく多く受け取りたい人にはおすすめといえるでしょう。

v6プラス対応でWi-Fiルーターも無料レンタルできるため、速度にも期待できます。@niftyについて詳しくはこちら

条件なしで20,000円キャッシュバック

最大20,000円のキャッシュバックを用意しているプロバイダはGMOとくとくBB、@nifty、DTI、OCNの4社ですが、その中でおすすめなのが@niftyです。

OCNはタイプBで月額料金が高くなってしまうので、おすすめできません。またGMOとくとくBBやDTIはタイプAのプロバイダではありますが、最大20,000円のキャッシュバックを受け取るためにはテレビサービスへの加入が条件となっています。

@niftyは条件なしで20,000円のキャッシュバックを受け取ることができますし、タイプAのプロバイダなので料金が高くなることもありません。キャッシュバック額を重視する人であれば、@niftyを検討してみましょう。
キャッシュバックの受け取りまでが長い
@niftyは条件なしで20,000円のキャッシュバックをもらうことができますが、受け取りまでに12ヶ月ほどかかってしまうので注意が必要です。

期間が長いとキャッシュバックの申請メールを見落としてしまうこともあるので、受け取りの際はもらい忘れがないように気を付けましょう。

GMOとくとくBBやぷららの場合は金額は減ってしまいますが、@niftyよりも半年以上も早くキャッシュバックを受け取ることができるので、どれがいいのかよく考えてから申し込みをしてください。
プロバイダ受け取り時期
GMO
とくとくBB
5ヶ月後
@nifty12ヶ月後
DTI6ヶ月後
ぷらら5ヶ月後

v6プラス対応・Wi-Fiルーターの無料レンタル

@niftyも手続きなしでv6プラスを利用することができ、Wi-Fiルーターも無料レンタルすることができるプロバイダとなっています。

ただし、ぷらら同様にWi-Fiルーターの速度が遅いため注意が必要です。繰り返しにはなりますが、速い速度でネットを利用したい人はWi-Fiルーターの性能がいいGMOとくとくBBを検討してみてください。

ドコモ光のプロバイダを@niftyにしたい人はこちらから申し込みができます。

4.DTI

★DTIの特徴
・最大20,000円キャッシュバック
・v6プラスの手続きに注意
DTIもキャッシュバックやv6プラス、Wi-Fiルーターのレンタルなど、サービスが揃っているおすすめなプロバイダとなっています。

ただし、キャッシュバックには受け取りの条件があることやv6プラスの申し込みが必要など、注意点がありますので申し込みをする前に確認しておきましょう。DTIについて詳しくはこちら

最大20,000円キャッシュバック

DTIでも最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることができますが、GMOとくとくBBと同じように条件があります。

■ひかりTV for docomoとDAZN for docomoへ同時申し込みの場合
⇒20,000円キャッシュバック
■ スカパー!と同時申し込みの場合
⇒15,000円キャッシュバック
■ネットだけを申し込む場合
⇒10,000円キャッシュバック
ネットだけの場合は10,000円のキャッシュバックとなっていて、他のプロバイダに比べると金額が少ないので注意してください。

また、受け取りも6ヶ月と他社より長いので、キャッシュバックにこだわる人であれば、ぷららや@niftyなどを検討してみるのも一つの手です。

v6プラスの申し込みが必要

DTIでv6プラスを利用するときは手続きが必要で、開通してからv6プラスが使えるまで1~2週間ほど時間かかってしまいます。

IPv6の申込み方法
1.DTIの専用ページにアクセス
2.「IPv6(IPoE)接続」の右にある「申し込み」をクリック
3.同意事項のチェックボックス(3箇所)にチェック
4.利用希望日を選択
5.申し込み完了
6.利用可能になるとメールが届く
7.IPv6利用開始(申込みから1~2週間後)
v6プラスの手続きを忘れてしまうと、速度が遅いままネットを使うことになってしまうので、ドコモ光が開通したら必ず申し込みをしてください。

GMOとくとくBBやぷらら、@niftyの場合はといったプロバイダは申込み手続きをしなくてもv6プラスが利用できるので、検討してみるのもいいでしょう。

ドコモ光のプロバイダをDTIにしたい人はこちらから申し込みができます。

他のプロバイダは?

GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、@nifty以外にも、セキュリティやサポートサービスに特化したプロバイダがあるので、紹介しておきます。

タイガースネット

タイガースネットはアイテック阪急阪神という会社が運営しているプロバイダで、タイガースの全試合がネットで視聴できる独自のサービスを提供しています。

また、他社のプロバイダよりもセキュリティの面でも優れているのが特徴です。ほとんどのプロバイダではセキュリティソフトの無料期間は1~2年ほどですが、タイガースネットに契約している間はずっと無料になります。

セキュリティソフトの性能もよくて、カスペルスキーという有名なソフトを利用することができるため、セキュリティにこだわる人は検討してみるといいでしょう。

ドコモnet

ドコモnetはドコモが運営しているプロバイダで、サポートサービスが充実しているのが特徴です。

ドコモnetだけで利用できるネットトータルサポート(月額500円)に加入すると、電話やリモートでサポートを何度でも受けることができます。

さらに、訪問サポートが月2回まで無料、修理やデータ復旧サービスも利用できるなど、サポートしてくれる範囲も広いです。

他のプロバイダでサポートサービスを利用する場合は、1回ごとに5,000円ほどの料金が発生するので、サポート内容だけでなく、費用面でもお得なプロバイダといえるでしょう。

ドコモ光netについて詳しくはこちら

OCN

OCNはNTTコミュニケーションズが運営する大手プロバイダで、フレッツ光など他の回線でもサービスを提供しています。

OCNはWi-Fiルーターのレンタルや、v6プラスに対応しているだけでなく、キャッシュバックも受け取れる数少ないプロバイダの一つとなっています。

ただし、OCNはタイプBのプロバイダなので他社よりも月額料金が200円高くなってしまうのが注意点です。料金が安いタイプAのGMOとくとくBBや@niftyなどでも、OCNと同じくらいのサービスを利用することができるので、申し込みをする際に検討してみましょう。

OCNについて詳しくはこちら

アンドライン

アンドラインを運営しているのはアイキューブ・マーケティングという会社です。

アンドラインは他のプロバイダと同じようにWi-Fiルーターのレンタルやv6プラス、セキュリティなどのサービスを利用できるのがメリットです。

タイプAのプロバイダであるぷららやDTIではキャッシュバックを受け取ることができますが、アンドラインでは用意されていないので注意してください。

キャッシュバックがないということ以外は、ドコモ光を利用する上で何の問題のないプロバイダとなっています。他社ともしっかり比べた上で、申し込みを検討してみましょう。

アンドラインについて詳しくはこちら

ドコモ光GMOとくとくBBの申し込み方法

ドコモ光の申し込み方法について、GMOとくとくBBを例にして紹介していきます。

GMOとくとくBBのプロバイダサイトから申し込む

ドコモ光は5つの窓口から申し込みをすることができます。

・ドコモショップ
・家電量販店
・ドコモ光の公式ホームページ
・プロバイダ専用サイト
・ネット代理店

その中でもGMOとくとくBBの最大20,000円キャッシュバックを受け取れるのはプロバイダの専用サイトからの申し込みだけです。他の窓口から申し込みをしないように注意してください。

申し込み方法

GMOとくとくBBのプロバイダサイトからの申し込み方法を詳しく紹介していきます。まずはプロバイダサイトにて、「インターネットで申込み」または「お電話で相談しながらお申込み」から手続きしていきます。

申し込みボタン

アンケートの入力

3つほどのアンケートに答えたあとに、申し込みボタンをクリック。

アンケート

住所・電話番号の入力

住所や電話番号など必要な情報を入力すれば手続きは完了です。(ドコモのスマホをお持ちでない方でも申し込み可能です。)

情報入力

Wi-Fiルーターのレンタル・開通工事

申し込みから数日後に送られてくるSMSにて、Wi-Fiルーターのレンタル手続きをしてください。GMOとくとくBBでは工事前にWi-Fiルーターが届くため、開通したらすぐにWi-Fiを利用することができます。

その後予約した工事日にてドコモ光の開通工事を行い、最後にWi-Fiルーターの設置をすればネットが利用できます。

Wi-Fiルーターのレンタル、手続き方法はこちらを参考にしてください。

キャッシュバックの受け取りの流れ

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取りまでの流れを紹介していきます。

1.開通から4ヶ月目に申請メールが届く

ドコモ光が開通した月を1ヶ月目として、4ヶ月目に、『info@gmobb.jp』というアドレスから『ドコモ光キャッシュバックお受取り手続きのご案内』というメールが届きます。

申請メール

こちらがキャッシュバックキャンペーンを受け取るための専用メールとなっていて、記載さているURLから登録ページへログインして申請を行っていきましょう。

ログインに必要な会員IDと会員パスワードはGMOとくとくBBから郵送された登録証に記載されていますので確認してください。

口座登録を完了させる

ログインができたら、登録氏名が表示されるので【電話番号】と【口座情報】を入力をすれば手続き完了です。

申請メールを受け取ってから45日以内に口座の登録をすることが必要で、期限が過ぎてしまうとキャッシュバックが消滅してしまいますので注意してください。

翌月に振り込み

手続きが完了した翌月には登録した口座へ、キャッシュバックが振りこまれます。キャッシュバックが届かない場合は手続きの不備が発生している可能性があるので下記へ連絡してみてください。

▶GMOとくとくBBのキャンペーンに関する問い合わせ
入会後サポートセンター:0570-045-109
(10~19時)

さらにくわしいキャッシュバックの受け取り方はこちら

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら工事費無料!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント5,000円プレゼント!

工事費無料期間中は工事が混みあいます。早めの申込みをおすすめします。
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ドコモ光のプロバイダでよくある疑問

ドコモ光のプロバイダは変更できる?

手数料3,000円を払えばプロバイダの変更が可能です。

ドコモ光のプロバイダ変更手続きは、ドコモインフォメーションセンターかドコモショップで行えて、申し込みから最短10日で切り替わります。
●ドコモインフォメーションセンター
※ドコモの携帯電話からの場合
⇒151
※一般電話などからの場合
⇒0120-800-000
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
契約中のプロバイダは自動的に解約されますが、オプションを契約をしている場合は解約手続きが必要な場合もあるので、変更前に確認しておきましょう。

※ドコモ光を解約すると、同時にプロバイダも解約となります。

プロバイダ変更のさらに詳しい情報はこちら

ドコモ光のプロバイダ問い合わせ先一覧

ドコモ光のプロバイダへ問い合わせ窓口を紹介します。

対応できない内容もありますが、以下の内容であればそれぞれの窓口で対応してくれます。

・Wi-Fiルーターのレンタルや設定
・キャッシュバックについて
・セキュリティやメールアドレス
プロバイダ問い合わせ先時間帯
GMOとくとくBB0570-045-10910:00~19:00
ぷらら009192-3310:00~19:00
DTI(186)-0120-719-02010:00~19:00
nifty0570-03-221010:00~19:00
OCN0120-506-50610:00~19:00
BIGLOBE0120-86-09629:00~18:00
ドコモnet0120-800-0009:00~18:00
andline03-6809-339210:00~19:00
タイガースドットコム0120-650-6339:00~18:00
hi-ho0120-8581409:00~18:00
SIS0120-507-17510:00~20:00
ic-net0120-45-31339:15~20:00
exite0570-783-81210 :00~18:00
SYNAPSE099-813-86999:00~21:00
楽天ブロードバンド0800-600-02229:00 - 18:00
TIKITIKI086-265-9547
0570-200-567
10:00~18:00
@ネスク0120-917-3349:00~17:30
ゼロワンコアラ--
TNC0120-696-92710:00~20:00
@Tcom0120-805-63310:00~20:00
ワクワク0120-101-9049:15~18:00
AsahiNet0120-030-275-
ちゃんぷるネット098-851-280010:00~18:00
以下のような問い合わせはプロバイダの窓口では解決しないので、ドコモ光インフォメーションセンターへ問い合わせましょう。

・契約内容の確認
・支払い方法の変更
・プロバイダの変更
・解約
▼ドコモ光インフォメーションセンター
0120-800-00(9時~20時)

まとめ

ドコモ光のプロバイダについて最後までご覧いただきありがとうございます。

24社もあるプロバイダの中から1つを選ぶのは難しいですが以下4つのポイントに重視して、24社を比較すれば最もおすすめなプロバイダを見つける事ができます。

1.月額料金
2.キャッシュバック
3.通信速度
4.セキュリティ

GMOとくとくBB、ぷらら、DTI、@niftyといったプロバイダは4つのポイントが揃ったおすすめプロバイダです。特にGMOとくとくBBは速度が速くて人気なプロバイダなので、迷っている人は検討してみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM