【2020年10月】ドコモ光のおすすめプロバイダは?24社を徹底比較してわかった全情報

ドコモ光のプロバイダってどこがおすすめ?ドコモ光のプロバイダを比較するポイントは?など、ドコモ光のプロバイダを選ぶ時は不明な点が多く困りますよね。

ドコモ光のプロバイダは以下5つのポイントを比較することで、最適な一社を見つけることができます。

ドコモ光プロバイダの比較ポイント
・月額料金・通信速度・Wi-Fiルーター無料レンタル
・キャンペーン・オプション

24社あるプロバイダを5つのポイントから比較した結果、総合的におすすめなのは『GMOとくとくBB』でした。

この記事では、ドコモ光のプロバイダに関する全情報を紹介しているので、是非最後までご覧ください。

ドコモ光のプロバイダとは

ドコモ光は、プロバイダがセットになった光コラボレーションの一つで、24社の中から自由にプロバイダを選ぶことができます。

プロバイダによって、ドコモ光の利用満足度は大きく左右されるので、それぞれのサービス内容をしっかりと比較することが重要です。

具体的に、『月額料金』『通信速度』『特典』の3つの要素が変わるのでプロバイダを選ぶ際はちゃんと確認するようにしてください。

ドコモ光のプロバイダは以下を意識して検討するようにしましょう。
1.月額料金は選ぶプロバイダによって200円高くなる ⇒月額料金が安いタイプAを選ぼう! 2.通信速度はレンタルWiFiの性能で変わる ⇒プロバイダからレンタルされるWiFiルーターの性能をチェックしよう! 3.公式特典はどこから申し込んでも適用される ⇒プロバイダ提供の特典を比較しよう!

プロバイダ

ドコモ光のおすすめプロバイダ

ドコモ光プロバイダ24社を比較した結果、一番のおすすめは『GMOとくとくBB』でした。

GMOとくとくBBは総合的に見て優れたサービスを提供しており、ドコモ光を最大限快適に利用することができるでしょう。

GMOとくとくBBをおすすめする理由
●タイプAのプロバイダだから月額料金が安い
●v6プラス対応で速度が速い
●レンタルWi-Fiルーターがいちばん高性能
●最大20,000円キャッシュバック
●サポートやセキュリティも充実

月額料金

ドコモ光のプロバイダは主に2つのタイプ(タイプA・タイプB)に分かれており、選ぶプロバイダのタイプによって月額料金が異なります。

タイプAはタイプBよりも月額料金が200円安いので、よほどのこだわりがない限りタイプAのプロバイダを選ぶのがおすすめです。

GMOとくとくBBは、タイプAのプロバイダなので、料金面で損をすることはありません。
マンション4,000円
戸建て5,200円
ちなみに、月額料金が安いからと言ってドコモ光の回線品質やサービスの質が落ちることはありません。

快適なインターネットをお得に利用したい方はGMOとくとくBBを選ぶと良いでしょう。

v6プラス対応

GMOとくとくBBは、v6プラス通信に対応しているプロバイダです。

利用に際しての別途申し込み手続きや利用料金の発生もないので、手軽でお得に高速通信をゲットすることができます。

GMOとくとくBBは、公式サイトで以下のように全国各地の平均通信速度も公開しているので一度チェックしてみてください。

通常20Mbps出ていればストレスなく動画の視聴ができるので、ドコモ光×GMOとくとくBBを契約すると速度にストレスを感じることが少なくなるでしょう。


※引用元:

また実際に利用している方の口コミも速度に満足しているという声が目立ちました。
※ドコモ光GMOとくとくBBの速度が速い理由について詳しく知りたい方は『GMOとくとくBBの速度が速い理由』をご覧ください

Wi-Fiルーター無料レンタル

GMOとくとくBBでは、高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルすることが可能です。

Wi-Fiルーターの無料レンタル特典があるドコモ光のプロバイダは24社中10社ありますが、中でも以下2点の理由から、GMOとくとくBBがいちばんおすすめのプロバイダとなります。

・Wi-Fiルーターが高性能
・ルーターを三機種から選べる

さらに、GMOとくとくBBなら37ヶ月間以上の継続レンタルで、解約時の返却が不要になるので一定期間利用するだけで高品質ルーターを実質無料でゲットできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

キャッシュバックが高額

GMOとくとくBBではドコモ光と一緒に『ひかりTV for docomo』と『DAZN for docomo』といったオプションに入ることで、最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
キャッシュバック額 20,000円(ひかりTV for docomo+DAZN for docomo) 18,000円(ひかりTV for docomo) 15,000円(DAZN for docomo)or(スカパー!) 10,000円(dTV or dアニメストア)
テレビサービスも一緒に利用したい人であればGMOとくとくBBに申し込むことで、高額キャッシュバックを受け取れるのでおすすめです。

オプションに加入しない場合でも、5,500円のキャッシュバックを受け取ることができるので、損はありません。

申し込み後に送られてくるメールのURLから口座情報をとうろくするだけで、最短5月後にはキャッシュバックが振り込まれます。

※キャッシュバックについて詳しくはこちら

サポート

GMOとくとくBBでは以下のサポートを用意しています。

●訪問設定サポート(初回無料)
●セキュリティソフト『マカフィーマルチアクセス』12ヶ月間無料(13ヶ月目~500円/月)

インターネットを始めて使う方や、セキュリティをしっかりしたいという方にとっても、安心してドコモ光を利用することができるプロバイダです。

ドコモ光10Gプラン

2020年4月からサービスの提供が開始された『10Gプラン』ですが、GMOとくとくBBはこの最新プランに対応しているプロバイダの一つです。

10ギガプラン対応のプロバイダは7社のみで、GMOとくとくBBはタイプAのプロバイダとなっています。

通常同様タイプAのプロバイダの方が月額料金が安くなるので、10Gプランを利用したいという方にもGMOとくとくBBがおすすめです。
10ギガ対応のプロバイダ ドコモnet・GMOとくとくBB・ぷらら・ANDLINE・hi-ho・BB.excite・AsahiNet

※ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細は『こちら』

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★今なら開通工事費18,000円が完全無料!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大2000ptプレゼント!

今なら開通工事費18,000円が完全無料!工事費無料キャンペーンは期間限定です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

GMOとくとくBBの申し込み方法

ドコモ光×GMOとくとくBBは以下の手順で申し込むことが可能です。
0.転用/事業者変更手続きを行う 1.GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光を申し込む 2.Wi-Fiルーターのレンタル手続きを行う 3.開通工事に立ち会う 4.キャッシュバックを受け取る
新規でドコモ光を申し込む方は『1.GMOとくとくBB公式サイトから申し込む』からご覧ください。

0.転用または事業者変更手続きを行う

現在フレッツ光や光コラボを利用している場合、契約手続きの前に「承諾番号」を取得しておくとスムーズに手続きが進みます。
●現在フレッツ光を利用している方(転用) NTT東日本:0120-140-202 NTT西日本:0120-553-104 ●光コラボを利用している方(事業者変更) 各回線へ問い合わせが必要

1.GMOとくとくBB公式サイトから申し込む

まずは、GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光を申し込みましょう。

申し込みページの「インターネットで申込み」または「お電話で相談しながらお申込み」から手続きをしていきます。

申し込みボタン

アンケートの入力
3つほどのアンケートに答えたあとに、申し込みボタンをクリックしましょう。

アンケート

住所・電話番号の入力
住所や電話番号などその他必要事項を入力すれば手続きは完了です。(ドコモのスマホをお持ちでない方でも申し込み可能です)

情報入力

2.Wi-Fiルーターのレンタル手続きをする

申し込みから数日後に送られてくるSMSから、Wi-Fiルーターのレンタル手続きをしてください。

GMOとくとくBBでは、ドコモ光開通工事前にWi-Fiルーターが送付されるため、開通したらすぐにインターネットを利用することができます。

Wi-Fiルーターのレンタル、手続き方法はこちらを参考にしてください。

3.開通工事に立ち会う

申し込み時に指定した日に作業員の方が訪問工事を行います。開通工事には立ち合いが必要なことを覚えておきましょう。

お住まいの建物にもよりますが、工事の所要時間は大体1~2時間ほどです。

開通工事が完了したら、レンタルWi-Fiルーターの設定を案内に沿って完了させてください。

転用や事業者変更でドコモ光×GMOとくとくBBをお申し込みの方は開通工事は行われません。
※ドコモ光の工事内容詳細は『こちら』

4.キャッシュバックを受け取る

ドコモ光が開通した月を1ヶ月目として、4ヶ月目に、『info@gmobb.jp』というアドレスから『ドコモ光キャッシュバックお受取り手続きのご案内』というメールが届きます。

申請メール

キャッシュバックの受け取りには、記載さているURLからの申請手続きが必要です。

ログインに必要な会員IDと会員パスワードはGMOとくとくBBから郵送された登録証に記載されていますので確認してください。

ログインができたら、登録氏名が表示されるので【電話番号】と【口座情報】を入力をすれば手続き完了です。

申請メール受信から45日以内の申請手続きが必要です。期限内に手続きを完了できなかった場合はキャッシュバックを受け取ることができないので注意しましょう。

申請の翌月末には指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

キャッシュバックが届かない場合は手続きの不備が発生している可能性があるので下記へ連絡してみてください。
▶GMOとくとくBBのキャンペーンに関する問い合わせ 入会後サポートセンター:0570-045-109 (10~19時)

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★今なら開通工事費18,000円が完全無料!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大2000ptプレゼント!

今なら開通工事費18,000円が完全無料!工事費無料キャンペーンは期間限定です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ドコモ光プロバイダの比較ポイント

ドコモ光プロバイダ24社

ドコモ光のプロバイダは、上記24社の中から自由に選ぶことが可能です。

各プロバイダが提供しているサービス内容はそれぞれ違うので、ドコモ光を最もお得に利用するために、プロバイダを検討する際は以下のポイントをしっかりと比較しましょう。
・月額料金 ・通信速度(V6プラス対応の有無) ・Wifiルーター無料レンタルの有無・性能 ・プロバイダ独自のキャンペーン ・オプション内容

1.月額料金

ドコモ光のプロバイダはタイプに分かれていて、タイプによって月額料金が異なります。

タイプは、「A/B/C/単独」とありますが、AまたはBから選ぶのが主流です。

おすすめは月額料金がタイプBよりも200円安い「タイプA」のプロバイダとなっています。

光回線の品質などは、選ぶプロバイダによって変わることはないので、月額料金が安いタイプAから選ぶと損はありません。

特に大手プロバイダの『GMOとくとくBB』『ぷらら』『@nifty』などは高い品質のサービスが期待できます。

タイプA

タイプAのプロバイダは、ドコモ光のプロバイダの中でも一番安い月額料金で利用できることから、多くの方に選ばれています。
▼タイプAのプロバイダ GMOとくとくBB、DIT、@nifty、ドコモnet、ぷらら、ic-net、タイガースネット、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、01光コアラ
タイプAのプロバイダを選んだ場合のドコモ光月額料金は【マンション4,000円/戸建て5,200円】となります。

特に、GMOとくとくBBや@nifty、DTIなどはプロバイダとしての実績や顧客満足度含め、優れたサービスを提供していることが特徴です。

月額料金が安いからといって、サービス品質が悪いというわけではないので、一番お得にドコモ光を利用したい方には『タイプA』のプロバイダがおすすめとなります。

タイプB

タイプBのプロバイダは、タイプAよりも月額料金が200円高いことが特徴です。
▼タイプBのプロバイダ ocn、@TCOM、TNC、WAKWAK、AsahiNet、ちゃんぷるネット
タイプBを選んだ場合の月額料金は【マンション4,200円/戸建て5,400円】となります。

よほどのこだわりがない限り、タイプBの中からプロバイダを選択することはおすすめしません。

月額料金が高いプロバイダを契約したからと言って、速度が速くなったり、通信環境が安定したりするようなことはないので、お得にドコモ光を利用したい方はタイプBのプロバイダは避けた方が良いでしょう。

タイプC

タイプCのプロバイダは、ケーブルテレビ回線を用いてドコモ光を利用します。

現在ケーブルテレビ回線を利用している方や、お住まいの建物の設備上、ケーブルテレビ回線しか利用できないという方はタイプCを契約することでドコモ光を利用することが可能です。

ただし、タイプCの月額料金は【戸建て5,400円/マンション4,200円】とタイプAよりも200円高く、速度に関してもあまり期待できないので十分に検討してから契約するかどうかを決めましょう。

タイプCについて詳しくはこちら

単独タイプ

単独プランとは、ドコモ光と提携していないプロバイダを利用したいときに契約するプランとなっています。

ただしプロバイダの利用料(およそ1,000円)が別途発生するため、月額料金が高くなってしまうことを覚えておきましょう。
(例)ドコモ光単独プランマンションタイプの場合 【ドコモ光月額3,800円】+【プロバイダYahoo!BB月額950円】=月額4,750円
単独タイプについて詳しくはこちら

2.速度

ドコモ光は、フレッツ光回線を借りてサービスを提供しているので、その分回線の利用者が多く、回線が混雑し速度が遅くなってしまう割合が高くなってしまいます。

特に夜にネットを利用する人や、マンションに住んでいる場合は、より高確率で回線が混雑するでしょう。

快適にドコモ光を利用するために、プロバイダは「v6プラス通信」に対応しているプロバイダを選ぶようにしてください。

ドコモ光ではプロバイダ全24社中14社がv6プラス通信に対応していました。その中でもv6プラス利用に際し手続きが不要なプロバイダを選ぶと手軽に快適な通信環境をゲットすることができます。
プロバイダv6プラス対応手続き
GMOとくとくBBなし
ドコモnetなし
ぷららなし
@niftyなし
@Tcomなし
BIGLOBEなし
DTI
必要
andline必要
タイガースドットコム必要
hi-ho必要
SIS必要
OCN必要
ic-net必要
チャンプルネット必要
ただし、通信速度は利用している環境に大きく左右されるので、一概に速いといえないのが実情です。

v6プラスとは

※引用:タイガースネット
次世代通信規格v6プラスとは、回線の混雑が起こりづらい通信方法で、速度が比較的遅くならないことが特徴です。

回線が混雑したら自動的に通信方式を切り替えてくれるので、速度に関するストレスを感じにくいのもおおきなメリットの一つとなります。

3.Wi-Fiルーターレンタル

プロバイダは、WiFiルーターを無料でレンタルしているところを選ぶと、初期費用を安く抑えることが可能です。

ドコモ光のプロバイダでWi-Fiルーターを無料レンタルできるのは以下の10社になります。その他のプロバイダはWi-Fiルーターをレンタルすることができないの注意してください。
▼Wi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダ GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、@nifty、BIGLOBE、andline、hi-ho、SIS、ic-net、OCN
Wi-Fiルーターは自分で用意すると1万円以上かかってしまうことも多いので、無料でレンタルできるプロバイダを選ぶのがポイントです。

Wi-Fiルーターの性能

無料でWi-Fiルーターをレンタルしているプロバイダの中でも、Wi-Fiルーターが高性能であるプロバイダを選ぶと、より快適にドコモ光を利用することができます。

各プロバイダのWi-Fiルーターの最大速度を比較しました。
プロバイダルーター最大速度
GMOとくとくBB1733Mbps
ぷらら867Mbps
@nifty867Mbps
OCN867Mbps
Wi-Fiルーターが一番高性能なのは『GMOとくとくBB』でした。

快適なインターネット環境をゲットしたい方はGMOとくとくBBを選ぶと良いでしょう。

4.キャンペーン

開通工事費無料特典やdポイントキャンペーンなどの公式特典とは別に、プロバイダ独自のキャンペーンが実施されているので、最大限お得にドコモ光を始めたい方はしっかりと比較しましょう。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているのは、24社あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBB、DTI、@nifty、ぷらら、OCNの5社のみでした。
プロバイダ最大キャッシュバック額
GMO
とくとくBB
20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円
OCN
20,000円
他19社なし
プロバイダによってキャッシュバック金額や条件、受け取り時期などが違うので、それぞれ比較して総合的にお得なところで申し込みましょう。

キャッシュバックの申請方法はどのプロバイダも同じで、開通後に送られてくるメールから手続きをしていきます。簡単な手続きなので申請忘れなどをしない限り、どのプロバイダでも確実にキャッシュバックを受け取ることができます。

5.オプション

プロバイダのサポートオプションやセキュリティオプションが充実しているのかも比較しておくと、安心です。

以下にまとめたので参考にしてください。
プロバイダサポートセキュリティ
GMOとくとくBB
初回無料

12ヶ月無料
ぷらら
24ヶ月無料
DTI
12ヶ月無料
nifty
初回無料

12ヶ月無料
エディオン
ネット

有料
BIGLOBE
12ヶ月無料
ドコモnet
12ヶ月無料
andline
初回無料

12ヶ月無料
タイガース
ネット

契約中無料
hi-ho
初回無料

12ヶ月無料
SIS
契約中無料
ic-net
契約中無料
exite
36ヶ月無料
SYNAPSE
初回無料

12ヶ月無料
楽天ブロードバンド
初回無料

12ヶ月無料
TIKITIKI
有料
@ネスク
有料
光01
コアラ
何かトラブルがおきた時など役に立つことがあるので、プロバイダを選ぶ際の要素のひとつとして参考にしてください。

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★今なら開通工事費18,000円が完全無料!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大2000ptプレゼント!

今なら開通工事費18,000円が完全無料!工事費無料キャンペーンは期間限定です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較

24社あるドコモ光のプロバイダを、比較しました。
プロ
バイダ
月額
料金
v6


特典ルーター
レンタル
GMO
とくとくBB

タイプA
戸建て
5,200円
マンション
4,000円

20,000円
※条件有り

最大速度
1733Mbps
ぷらら
15,000円

最大速度
867Mbps
@nifty
20,000円

最大速度
867Mbps
DTI
20,000円
※条件有り

最大速度
867Mbps
タイガース×
最大速度
867Mbps
BIG
LOBE
×
最大速度
867Mbps
and
line
×
最大速度
867Mbps
SIS×
最大速度
867Mbps
ドコモnet××
ic-net××
hi-ho××
最大速度
867Mbps
シナプス×××
excite×××
エディオン×××
TiKi
TiKi
×××
ネスク×××
楽天ブロード
バンド
×××
01光
コアラ
×××
OCN
タイプB
戸建て
5,400円
マンション
4,200円

20,000円

最大速度
867Mbps
TCOM×××
TNC×××
Asahi
Net
×××
WAK
WAK
×××
ちゃんぷる
ネット
×××
総合的におすすめなのはGMOとくとくBBですが、キャッシュバックを重視するという方は『Plala』または『@nifty』を選ぶことをおすすめします。

ドコモ光のその他のおすすめプロバイダ

総合的におすすめなのは『GMOとくとくBB』ですが、キャッシュバックを重視する方は以下2つのプロバイダを検討しても良いでしょう。
Plala
★ぷららの特徴無条件で15,000円のキャッシュバックが受け取れる ・v6プラスに対応している ・Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っている ・10Gプランに対応している
ドコモ光×Plalaを契約する上での一番のメリットは『無条件で15,000円のキャッシュバックをゲットできる』というところです。

GMOとくとくBBは、オプションに加入しないと特典額が減額されてしまいますが、Plalaは無条件で高水準のキャッシュバックを受け取ることができるので、特典を重視する方は検討してみるのもアリでしょう。

ただし、無料Wi-Fiルーターの性能はGMOとくとくBBに劣ります。
@nifty
★@niftyの特徴無条件で20,000円のキャッシュバックが受け取れる ・Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っている ・10Gプランに対応している
ドコモ光のプロバイダを@niftyで契約すると、無条件で20,000円のキャッシュバックがゲットできます。

ドコモ光のプロバイダを選ぶ上でキャッシュバック特典を最重要視するという方は『@nifty』を選べば間違いありません。

ただ、速度に関してはGMOとくとくBBの方が優れています。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法

ドコモ光のプロバイダは、手数料3,000円を払えば変更することが可能です。

指定した日になるとプロバイダが自動的に切り変わるので、Wi-FiルーターやONUの設定を忘れないようにしましょう。

契約中のプロバイダは自動的に解約されますが、オプションを契約をしている場合は解約手続きが必要な場合もあるので、変更前に確認してください。

※ドコモ光を解約すると、同時にプロバイダも解約となります。

プロバイダ変更の申し込み手続きを行う

ドコモ光のプロバイダ変更は、「ドコモインフォメーションセンター」か「ドコモショップ」で手続きをすることができます。

どちらも時間帯によっては混雑している場合があるので、事前予約をした上での手続きがおすすめです。
●ドコモインフォメーションセンター ※ドコモの携帯電話からの場合 ⇒151 ※一般電話などからの場合 ⇒0120-800-000 受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
ドコモショップの受付時間は、各ショップ営業時間に準じます。

契約書類が送付される

申し込みから数日経つと、プロバイダの変更に関する書類が送付されます。

申し込み内容やID、パスワードが記載されているので、必ず確認し、保管するようにしてください。

WiFiルーターレンタルをする場合は、契約書類内に申し込みの案内が入っているのでそこから手続きをしましょう。

自動でプロバイダが切り替わる

ほとんどの場合、切り替え日になると自動的にプロバイダが切り替わります。

切り替え日にはWi-Fiルーターの設定が必要となりますので、同封の案内に従って接続設定を行いましょう。

旧プロバイダからWiFiルーターをレンタルしている場合は、所定の住所に返送してください。

※ドコモ光のプロバイダ変更についての詳細は

ドコモ光のプロバイダに関するその他の情報

プロバイダの解約方法

ドコモ光のプロバイダは、ドコモ光の解約と同時に自動的に解約となります。

よって、プロバイダ窓口での解約手続きは原則必要ありません。

ドコモ光の解約は以下の手順で可能です。
1.電話またはショップで解約手続きをする 2.レンタル機器を返却する 3.撤去工事をする(任意)
電話窓口は以下となります。

一般電話から:0120-800-000
ドコモ携帯から:151(9時〜20時/年中無休)
音声ガイダンス:7-1-4

ちなみに、解約手続きはドコモ光契約者本人じゃないとできないので注意しましょう。

※ドコモ光の詳しい解約方法は

ドコモ光プロバイダの問い合わせ窓口

ドコモ光のプロバイダへ問い合わせ窓口を紹介します。

以下の内容であればそれぞれの窓口への問い合わせで解決する可能性が高いです。(問い合わせをする時は会員IDが必要となります。)

・Wi-Fiルーターのレンタルや設定
・キャッシュバックについて
・セキュリティやメールアドレス
プロバイダ窓口受付時間
GMOとくとくBB0570-045-10910:00~19:00
ぷらら009192-3310:00~19:00
DTI(186)-0120-719-02010:00~19:00
nifty0570-03-221010:00~19:00
OCN0120-506-50610:00~19:00
BIGLOBE0120-86-09629:00~18:00
ドコモnet0120-800-0009:00~18:00
andline03-6809-339210:00~19:00
タイガースドットコム0120-650-6339:00~18:00
hi-ho0120-8581409:00~18:00
SIS0120-507-17510:00~20:00
ic-net0120-45-31339:15~20:00
exite0570-783-81210 :00~18:00
SYNAPSE099-813-86999:00~21:00
楽天ブロードバンド0800-600-02229:00 - 18:00
TIKITIKI086-265-9547
0570-200-567
10:00~18:00
@ネスク0120-917-3349:00~17:30
ゼロワンコアラ--
TNC0120-696-92710:00~20:00
@Tcom0120-805-63310:00~20:00
ワクワク0120-101-9049:15~18:00
AsahiNet0120-030-275-
ちゃんぷるネット098-851-280010:00~18:00
ただし、以下のような問い合わせはプロバイダ窓口では解決しないので、ドコモ光インフォメーションセンターへ問い合わせましょう。

・契約内容の確認
・支払い方法の変更
・プロバイダの変更
・解約
▼ドコモ光インフォメーションセンター 0120-800-00(受付時間:9時~20時)

まとめ

ドコモ光は24社の中から自由にプロバイダを選べる分、最適な一社を見つけることは難しいですよね。

今回紹介した『GMOとくとくBB』は、プロバイダとしてのサービス品質が高く快適なインターネット環境をゲットしたい方にはおすすめの一社なんです。

ただ、キャッシュバック特典を最重要視するという方は『Plala』や『@nifty』を選ぶと損はありませんよ。

ドコモ光をお得に最大限活用するために、しっかりとプロバイダ選びを進めましょう!
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る