楽天ひかりでテレビは見れる?2つのおすすめテレビサービスをご紹介!

楽天ひかりを契約していて、テレビサービスを申し込もうかお悩み中の方へ向けておすすめのテレビサービスを紹介していきます。

結論から言うと、楽天ひかりを契約中の方には「フレッツ・テレビ」か「ひかりTV」がおすすめです。

ただし、この2つは料金や観られるチャンネル数、条件などが異なるので事前にしっかりと比較し、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

また、申し込み方法~解約方法までこの記事を読めばすべて解決できるのでぜひ最後までご覧ください。

楽天ひかりは独自のテレビサービスがない

楽天ひかりには独自のテレビサービスがありません。

多くの光回線では、地デジやBSが見られる独自のテレビサービスがあり、工事も支払いも光回線と一緒に行うことが出来ます。

楽天ひかりにはこのようなテレビサービスがないため、楽天ひかりを契約中の方は別途テレビサービスを申し込む必要があります。

楽天ひかりでテレビを見るなら「フレッツ・テレビ」か「ひかりTV」

楽天ひかりを契約中の方におすすめなテレビサービスは「フレッツ・テレビ」か「ひかりTV」です。

 フレッツ・テレビひかりTV
視聴番組地デジ・BS地デジ・BS・CS
専門チャンネル
ビデオ
月額料金
750円1,000~4,500円
開通工事必要不要
建物戸建て
光配線方式のマンション
戸建て
マンション
どちらのテレビサービスも地デジとBSが見られるという条件は同じですが、料金・工事の有無が変わります。

フレッツ・テレビは月額料金は安いものの、工事が必要で利用可能エリアも狭いので、ひかりTVの方が使いやすいテレビサービスといえます。

具体的にどのような特徴があるのか、2つのテレビサービスについて詳しく紹介していきます。

フレッツ・テレビ

フレッツ・テレビとは、光回線を利用して「地デジ」と「無料のBS番組」が視聴できるテレビサービスです。

基本的に光回線が開通していれば契約すことができます。

必要最低限のチャンネル数

フレッツ・テレビで基本的に観られるのは「地デジ」「無料のBS番組」です。

ただし、追加料金を支払えばスカパーもみることが出来ます。

地デジが観たい方向けのテレビサービスですが、長期的にみるとテレビのアンテナを立ててしまった方がコスパがいいでしょう。

工事が必要

フレッツ・テレビを視聴するには、立ち合い工事が必要になります。

工事費は7,500円で、この他にも初期費用がかかってきます。詳しくは料金の項目で紹介しますが、ひかりTVであれば工事費は一切かからないので初期費用の負担が少なくなります。

また、他の光回線のように独自のテレビサービスであれば、光回線の工事と同日にテレビの工事も行うことが出来ますが、フレッツ・テレビはそれが出来ないので楽天ひかりの工事日と別日になるということを覚えておきましょう。

利用できるエリアと建物が限られている

提供エリア

フレッツ・テレビは日本全国で使えるわけではなく、以下の地域の方のみ申し込むことが出来ます。

▼提供エリア
【東日本】
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
【西日本】
大阪、和歌山、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、三重、石川、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各府県の一部地域
利用可能な建物

また、提供エリア内であっても対応の建物でないと契約することができません。

▼対応の建物
・東日本:戸建て、光配線方式のマンション
・西日本:戸建てのみ

利用できる方がかなり限られてしまうので、特にマンションにお住まいの方は事前にチェックするようにしましょう。

ひかりTV

ひかりTVとはNTTぷららが運営するテレビサービスで、光回線があれば工事なしですぐにテレビを観ることが出来ます。

スマホやタブレットでも見ることが出来たり、録画も簡単にできるので見たいチャンネルが多い方にはぴったりのテレビサービスです。

見れるチャンネル数が多い

ひかりTVには様々なチャンネルがあり、地デジやBS以外にもCSや80チャンネル以上の番組を観ることが出来ます。

映画やアニメ、スポーツ観戦などが好きな方にはおすすめできるテレビサービスです。

IPv6に対応していないと見れない

ひかりTVはIPv6という速い通信接続方法に対応している光回線でのみ視聴することが出来ます。

楽天ひかりは2020年4月からIPv6の提供が始まり、2020年5月現在では全ての方がIPv6が利用できるようになっています。

IPv6は標準装備されていますが、対応しているWi-Fiルーターを利用し、パソコンの設定をしないとIPv6接続にはならないので注意しましょう。

楽天ひかりのIPv6について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

工事が不要

ひかりTVは専用のチューナーを自分で設置するだけで視聴できるようになるので、工事は必要ありません。

ただし、楽天ひかりの開通工事が終わっていないと視聴することが出来ないので注意しましょう。

スマホやタブレットでも見れる

「ひかりTVどこでも」アプリをスマホやタブレットにインストールすれば、いつでもどこでもひかりTVの番組を楽しむことが出来ます。

最大5台までの端末と連携することが出来るので、家族で契約している場合も安心です。

また、観たいコンテンツをダウンロードしておくことも出来るので、通信制限なども心配もありません。

\楽天ユーザーにおすすめ/
楽天ひかりが大人気!

選ばれる理由は・・・
★戸建て月額4,800円で安い!
★マンションも月額3,800円で使える!
★楽天サービスを使えば使うほど楽天ポイントが貯まる!
★IPv6対応で速度が速い

楽天ポイントが貯まりやすい光回線です♪
▼2020年最も選ばれている窓口▼楽天ひかりの申し込みはこちら

楽天ひかりでのテレビサービス料金

フレッツ・テレビ

月額料金

フレッツ・テレビの月額料金は750円です。

2台以上のテレビで視聴する場合でも月額料金は変わりません。

初期費用

 テレビ1台テレビ2~4台
伝送サービス工事費7,500円7,500円
視聴サービス登録費2,800円3,000円
配線工事費6,500円19,800円
合計16,800円30,100円
初期費用は接続するテレビの台数によって異なります。

基本的にテレビの配線工事は自宅に作業員が来て行ってくれますが、配線工事をご自身で行う場合は「配線工事費」はかかりません。

工事内容は基本的に回線終端装置から宅内のテレビ配線を使って各部屋までテレビの信号を流すというものなので、自宅の分配器の位置や配線などがわかっている場合はご自身で工事をすることも可能です。

ただし、その場合でも伝送サービス工事費と視聴サービス登録料はかかってしまうので覚えておきましょう。

スカパー

フレッツ・テレビでは追加料金を支払うとスカパーを視聴することが出来ます。

プラン月額料金内容
基本プラン3,990円11ジャンル50チャンネルが見放題
セレクト52,190円対象の48チャンネルの中から好きな5チャンネルを選べる
セレクト102,190円対象の48チャンネルの中から好きな10チャンネルを選べる
映画&スポーツ!プレミア73,904円映画やスポーツの7チャンネルが見放題

どのプランで契約するかによって月額料金が大きく異なるので、申し込み前にしっかりと考えておく必要があります。

ただし、毎月フレッツ・テレビの料金750円にプラスしてスカパーの月額料金がかかるのでかなり高額な支払いになるため、スカパーの専門チャンネルを観たいのであれば、スカパー込みのひかりTVを契約した方がお得になります。

ひかりTV

月額料金

プラン名地デジ・BS専門チャンネルビデオサービス月額料金
基本放送××1,000円
ビデオざんまい×2,500円
(1,500円)
テレビおすすめ×2,500円
(1,500円)
お値打ち3,500円
(2,500円)
※()内は2ねん割適用時の料金

ひかりTVは契約するプランによって月額料金が異なります。

ひかりTVには「2ねん割」という割引サービスがあり、2年間の契約を約束すると月額料金が通常より1,000円安くなります。

長期で契約したいと考えている方は2ねん割を検討してみてください。

レンタル機器料金

ひかりTVを視聴するにあたり、専用のチューナーが必要になります。

レンタル(500~700円/月)または購入(~34,364円)しましょう。

チューナーによって性能と料金が異なるので、申し込みの際にオペレーターの方に相談してみましょう。

ただし、テレビがもともとひかりTVに対応している場合はチューナーを利用する必要はありません。

ひかりTVのチューナーが内蔵されているテレビは「AQUOS」や「REGZA」など様々な機種があります。

お持ちのテレビが対象かどうか、またこれからテレビを購入するという方はこちらのサイトを参考にしてください。

解約金

基本的にひかりTVを解約するにあたり、解約金はかかりませんが「2ねん割」を契約している場合は2年以内に解約してしまうと解約金10,000円がかかってしまうので注意が必要です。

楽天ひかりでのテレビサービス申し込み方法

フレッツ・テレビとひかりTVの申し込み方法をご紹介します。

どちらも楽天ひかりとは同時に申し込むことができないので注意しましょう。

フレッツ・テレビの申し込み方法

フレッツ・テレビを視聴するには先に楽天ひかりを開通しておく必要があります。

楽天ひかりに関する評判はこちらの記事をご覧ください。

フレッツ光公式サイトから申し込む

楽天ひかりを申し込み、利用可能エリアかどうかを確認したらフレッツ光の公式サイトからフレッツテレビを申し込みましょう。

その後工事日の予約を行い、工事に立ち会えばフレッツ・テレビを視聴できるようになります。

ひかりTVの申し込み方法

ひかりTVの公式サイトから申し込む

楽天ひかりが開通しIPv6の接続を確認したら公式サイトからひかりTVを申し込みましょう。

通常の申し込みの場合と2ねん割で申し込む場合とでは、申し込み窓口が異なるので注意しましょう。

また、2ねん割を申し込む場合、クレジットカードを持っていないと申し込むことが出来ないのであらかじめ準備しておきましょう。

専用機器をレンタル・購入する

ひかりTVを申し込み後、1週間ほどで「会員登録証」と「チューナー」が送られてきます。

チューナーはレンタルか購入好きな方を選べます。ひかりTV対応テレビをお持ちの方はレンタルや購入をする必要はありません。

その後、チューナーをテレビに接続すればすぐに視聴することが出来ます。

楽天ひかりでのテレビサービス解約方法

フレッツ・テレビの解約方法

フレッツ・テレビ解約窓口に電話する

フレッツ・テレビの解約は今の電話窓口で行うことが出来ます。その際、開通のご案内や請求書に記載してある「お客さまID」が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

●フレッツサービスお問い合わせ窓口
0120-116116
営業時間9:00~17:00(年末年始12/29~1/3を除きます)

ひかりTVの解約方法

ひかりTVカスタマーセンターに電話する

解約の際は「会員登録証」に記載のひかりTVの契約番号とエントリーコードが必要なので、電話をする前に用意しておきましょう。

●ひかりTVカスタマーセンター
009192-144(通話無料)
※ひかり電話など※からおかけの場合
0120-001144(通話無料・携帯電話不可)
営業時間10:00~19:00 年中無休
繋がらない場合はコールバック予約を活用
上記の窓口が込み合っていて繋がらない場合はひかりTVの公式サイトから折り返し電話の予約をすることが出来ます。

希望の日時を第3希望まで出せるので活用してみてください。

レンタル機器を返却する

ひかりTVからレンタルしていた機器は返却する必要があります。

▼レンタル機器の例
・チューナー
・リモコン
・ACアダプター
・HDMIケーブル
・縦置き台 など

返却する機器はチューナーの機種によって異なるので解約の電話の際、確認しておきましょう。

これらの機器をすべて段ボールなどにまとめておきましょう。後日業者の方が回収しに来てくれます。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

楽天ひかりには独自のテレビサービスはありませんが、フレッツ・テレビやひかりTVなど自分に合ったテレビサービスを選んでテレビを楽しみましょう。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

楽天ひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る