ソネット光プラスのセキュリティは安心?無料のS-SAFEについて全解説

ソネット光プラスのセキュリティって大丈夫?どうすればセキュリティ対策できる?と気になっている方が多いでしょう。

一般的にインターネットのセキュリティを向上させるには市販のウイルス対策ソフトを購入するか、光回線が提供する月額制のオプションサービスに加入しないといけません。

しかし、ソネット光プラスの利用者であれば、無料で使えるセキュリティ対策ソフト「S-SAFE」が用意されています。

「S-SAFE」は海外のサイバーセキュリティ会社であるF-Secureが提供するセキュリティ製品「F-Secure SAFE」をソネットの契約者向けにカスタマイズされたソフトです。

この記事を読めば、ソネット光プラスが提供している「S-SAFE」の特徴や必要性、インストール方法などの全てが分かります。

ソネット光プラスの3つのセキュリティサービス

ソネット光プラスでは、以下の3つのセキュリティサービスを提供しています。

●S-SAFE⇒無料
●カスペルスキー⇒月額550円
●インターネットサギウォール⇒月額330円

標準装備されている「S-SAFE」だけでなく、月額料金を払えば「カスペルスキー」などの有名なウイルス対策ソフトが利用可能です。

現在、Windows8以降は「Windows Defender」と呼ばれるウイルス対策ソフトが標準装備されているので、必ずしもセキュリティソフトが必要だとは言えません。

しかし、セキュリティ対策を万全に整えるためには高性能なソフトが必要ですし、ソネット光の利用者であれば有料ソフトと同水準の性能を誇る「S-SAFE」を無料インストールできるので試しに利用してみてください。

ソネット光プラスのセキュリティはS-SAFEがおすすめ

ソネット光プラスの利用者であれば「S-SAFE」をインストールしてセキュリティ対策するのがおすすめです。

「S-SAFE」は海外のセキュリティ会社として有名なF-Secureが販売している「F-Secure SAFE」のカスタマイズ版。一般的なカスペルスキーやマカフィーなどの有料ソフトと変わらない性能を搭載しています。

おすすめする理由は以下の7つ。

●月額料金がずっと無料
●万全のウイルス対策が可能になる
●ネット詐欺にも対処できる
●ネットでのお金の取引も安心
●子供を有害なサイトから守れる
●最大7台までインストールできる
●紛失したデバイスを探せる

それでは一つずつ見ていきます。

月額料金がずっと無料

S-SAFEを利用するには本来、月額料金550円がかかりますが、ソネット光プラスを契約している方は、永年無料で利用することができます。

インターネットを利用する上でセキュリティソフトは欠かせないものですし、有名な製品は10,000円近くかかります。

S-SAFEを通常利用する場合は月額550円なので、年間計算だと4,000円程度節約することができますし、セキュリティ対策のコストを削減したい方におすすめです。

他社の光回線でも、無料でセキュリティソフトが利用できるサービスもありますが、「最大2〜3ヶ月無料」などの期間を定めており、永年で無料なのはソネット光プラスだけです。

また、無料だからと言って性能が落ちることはありませんので、安心してください。

万全のウイルス対策

近年、ウイルス感染のトラブルに巻き込まれる人が増え続けていますが、S-SAFEなら様々な機能でウイルス対策をしてくれます。

常にリアルタイムでウイルスがないかチェックしてくれるのはもちろん、以下の機能でウイルスを除去します。

★主なウイルス対策の機能 「サンドボックス検査」・・・安全な仮想環境を設けて、プログラムを検査・分析する機能 「振る舞い検知」・・・正常でない動作をするウイルスをいち早く検知する機能
最近では、ワーム型ウイルスやトロイの木馬、ランサムウェアなどのウイルスが流行していて、PCが起動できなくなったり、不正にアクセスされたりなどの事件が多いです。 S-SAFEでは複数のテクノロジーを組み合わせたウイルス対策を揃えているので、安全なインターネット環境を実現することができるでしょう。

ネット詐欺にも対処できる

ネットには信頼性の低いページやウイルス感染のリスクがあるURLがあります。近年では、特にフィッシング詐欺などの巧妙なネット詐欺が多発しています。

注意を払っていても、自身の目でそのページの安全性を判断するのは難しいと思います。

S-SAFEには閲覧したいページが安全なのか危険なのかを判断し、検索結果の安全性を確認してくれる機能があります。

もし誤ってアクセスしてしまいそうになっても、警告画面を表示して危険なURLへの接続も防止してくれるので、より安心してネットを利用することが可能です。

ネットでのお金の取引も安心

近年、ネットショッピングやネット銀行・証券など、すべてのお金の支払いや取引をネット上で完結することができるようになりました。

特にネットショッピングは非常に便利ですし、コロナウイルスの影響でより需要が高まっています。IDやパスワードを登録しておけば、自動でログインできる機能は非常に手軽いですが、セキュリティとしては不安な面もあると思います。

S-SAFEでしたら、オンラインでの金銭取引やネット決済の際、セキュリティをさらに強化するバンキング保護の機能を用いています。

F-Secureのバンキングサイトのリストを使って、そのサイトが安全であるかをチェックしてくれます。

子供を危険から守れる

子供がネットを利用する際、悪質なサイトや有害コンテンツにアクセスしないか不安に感じることが多いと思います。

ペアレンタルコントロール機能では、子供がより安全にネットを利用できるよう設定や制限をかけることができます。

例えば、子供が閲覧可能なWebサイトのカテゴリを限定できたり、一日にネットを利用できる時間帯や合計時間を制限できます。

この機能を使えば、スマホやPCの利用ルールを設けることができ、子供のネットの使い過ぎを防ぐことができますし、より安心してインターネットを使用させることができるでしょう。

他にもスマホの位置情報を把握することもできるので、スマホの危険だけでなく日常的な危険からも子供を守ることが可能です。

最大7台まで導入できる

S-SAFEはWindows、MacのPCに加え、お持ちのスマホやタブレットにも対応しており、最大7台まで利用できます。

契約者本人だけでなく家族と共有できたり、新たなデバイスを購入した時も柔軟に対応することができます。

一人で複数端末お持ちの方や、家族みんなのデバイスのセキュリティ対策をまとめて管理可能できるのでおすすめです。

紛失したデバイスを探せる

もしスマホなどのデバイスが見当たらない場合、ファインダー機能を使うことでデバイスの位置情報を調べることができます。

道を歩いている最中に落としてしまったり、電車やタクシーに置き忘れてしまうなどの紛失、少し目を話した隙に悪意のある第三者に盗難されてしまうこともあるかもしれません。

S-SAFEなら、デバイスの場所を地図に表示することができたり、大音量のアラームを鳴らして発見しやすくすることが可能です。

回収が難しいと考えるならば、第三者に利用できないように機能をロックしたり、個人データをすべて削除できるなど、遠隔から自身の個人情報を保護できるので安心です。

ソネット光プラスのセキュリティのインストール方法

S-SAFEはPC(Windows・Mac)とスマホ(Android・iOS)のどれでも利用可能です。

PCの場合はファイルをインストール、スマホの場合はアプリで使うことができます。

以下にそれぞれの利用手順をまとめました。

PCにインストールする場合

ここではWindows版のPCにインストールする手順を紹介します。

現在Macを利用している人はこちらをご覧ください。

1.S-SAFEをPCにインストール

まずはPCにS-SAFEをインストールします。インストール方法は以下の2通りです。

手続きページからインストール
ソネット光プラスのマイページにログインし、利用状況確認ページにあるS-SAFEの申し込み画面で手続きします。

S-SAFEの申し込み完了後、「セキュリティソフトをダウンロードする」ボタンをクリックしてください。
エフセキュア社から送付されるメールからインストール
S-SAFEのログインID宛てにsafeavenue@f-secure.com から「【重要】S-SAFE ログインIDとパスワードのお知らせ」と記載されたメールが届きます。

メール本文にある「S-SAFEをインストールする」をクリックすればインストールされます。

2.セットアップを開始

S-SAFEのインストールが完了したら、次にセットアップ作業に移ります。

ファイル保存の確認メッセージが表示されるので「実行」をクリックし、ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は「はい」をクリックしてください。

セット割賦の画面が表示されたら「同意して続く」ボタンをクリックしてセットアップが完了するのを待ちましょう。

もし「互換性のないアプリケーションを削除する」の画面が表示された場合、他のセキュリティソフトがインストールされている状態です。現在のソフトをアンインストールしないとS-SAFEは導入できません。

3.S-SAFEのアカウント情報を入力

セットアップが完了すれば、S-SAFEのアカウント情報を入力するログイン画面が表示されます。

エフセキュア社から送付されるメール「【重要】S-SAFE ログインIDとパスワードのお知らせ」に記載されているS-SAFE ログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックしてください。

あとはインストールするデバイスを登録すれば完了です。

スマホにインストールする場合

ここではiPhoneのIOS版にインストールする手順を紹介します。

Androidのスマホを利用中の人はこちらをご覧ください。

1.スマホにS-SAFEをインストール

まずはスマホにS-SAFEをインストールします。インストール方法はPCと同様に以下の2通りです。

手続きページからインストール
ソネット光プラスのマイページにログインし、利用状況確認ページにあるS-SAFEの申し込み画面で手続きします。

S-SAFEの申し込み完了後、「セキュリティソフトをダウンロードする」ボタンをクリック。
エフセキュア社から送付されるメールからインストール
So-netに登録した携帯電話番号あてにS-SAFEのダウンロードURLがSMSで送られてきます。

本文中のURLをクリックしてインストールできます。

2.App Storeでダウンロード

インストールしたら自動でアプリストアにリダイレクトされるので、「開く」をクリックしてアプリをダウンロードしましょう。

自動的にリダイレクトされなくても手動で「S-SAFE」と検索したら出てきます。

3.S-SAFEのアカウント情報を入力

ダウンロード完了後、S-SAFEのアプリ画面が起動されたら利用規約の「同意する」をタップ。

S-SAFEのログイン画面が表示されるので、「【重要】S-SAFE ログインIDとパスワードのお知らせ」のメールに記載されたアカウント情報を入力すればOKです。

あとは指示された通りにクリックしていけば完了します。

まとめ

本記事では、ソネット光プラスのセキュリティである「S-SAFE」について紹介してきました。

インターネットを利用する上で、セキュリティ対策はなくてはならないものです。

ソネット光プラスの契約者は、ずっと無料で利用することができるのはとても魅力的ですよね。

また契約者の方は、必ずS-SAFEを利用しなければいけないわけではなく、もっと性能の高いエキュリティソフトを別途で利用することも可能です。

インターネットを利用する機会はどんどん増えていると思いますが、その分、危険な面にも注意して利用しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気の記事一覧

So-net光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る