Broad WiMAXの評判から分かるメリットと2つの注意点【2020年7月】

Broad WiMAXの評判は?実際どんなサービスなの?と気になっていませんか。

Broad WiMAXは他社のWiMAXと比べても月額料金が安く、端末の速度は変わらずに利用できるので、多くの人に選ばれている人気サービスです。

さらに他社の解約違約金を負担してくれる乗り換えキャンペーンや、端末代無料キャンペーンなどの特典も用意されています。

ただし、Broad WiMAXで損しないためには「契約後すぐにオプションを解約する」「最低2年以上は継続利用する」といった2つのポイントを押さえておくことが重要です。

この記事を読めば、Broad WiMAXを契約してから後悔しないための全情報が分かります。

Broad WiMAXとは?

Broad WiMAXとは、株式会社リンクライフが運営するWiMAXのプロバイダです。

プロバイダについて簡単に説明すると、WiMAX公式のUQ WiMAXから端末を仕入れて代わりにサービスを提供している会社のことです。

同じUQ WiMAXの端末を取り扱っているので、プロバイダによってスペックや速度は全く変わりませんが、月額料金やキャンペーンなどが大きく異なります。

Broad WiMAXは、他のプロバイダよりも月額料金が安く、学割キャンペーンや他社からの乗り換えで発生する解約違約金の還元キャンペーンを実施していて人気のWiMAXです。

Broad WiMAXのメリット

Broad WiMAXが多くの人に選ばれる理由は以下の4つです。

1.月額料金が安い
2.他社解約違約金を負担してくれる
3.端末代金が0円

それでは一つずつ見ていきましょう。

1.月額料金が安い

Broad WiMAXのメリットとして、他社よりも月額料金が安いことをお伝えします。

月額料金は利用時期によって変わってくるので、3年間で平均した料金を比較しました。
サービス月額料金
Broad WiMAX3,649円
UQ WiMAX3,988円
GMO WiMAX3,680円
カシモ WiMAX3,724円
BIGOBE WiMAX3,980円
So-net WiMAX4,046円
DTI WiMAX3,656円
@nifty WiMAX4,312円
「GMO WiMAX」や「DTI WiMAX」の月額料金と比べるとそこまで差はありませんが、他社よりも最大700円安くなり、僕が調べた中では1番安く利用できます。

他社プロバイダによってはキャッシュバックキャンペーンを実施している場合もありますが、そのぶん月額料金は高くなってしまいます。シンプルに毎月の料金を安くできるのはBroad WiMAXが選ばれる理由と言えます。

さらに学割キャンペーンで安くなる

さらに、Broad WiMAXでは18~25歳の学生を対象に「春の学割キャンペーン」を実施していて1年間毎月685円が割引きされます。

通常料金は月額3,411円ですが、学割キャンペーンを適用した場合は月額2,726円で利用でき、1年間の総額が6,165円お得になります。

キャンペーンを適用させるには、5日以内に学生証または在学証明書の提出が必要です。

もしクレジットカードを持っていないなどの理由で本人が契約できない場合、代わりに保護者の名義で申し込んでもキャンペーンの対象になるので安心してください。

2.他社の解約違約金を還元

Broad WiMAXでは、乗り換える際に発生する他社の解約違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

ほとんどのプロバイダでは1年以内だと19,000円、2年目は14,000円、3年目は9,500円と時期によって解約違約金が決められていて、契約期間が更新される36ヶ月後に手続きしないと違約金が無料になりません。

ですがBroad WiMAXなら、他社プロバイダのWiMAXだけでなく光回線やケーブルテレビ、モバイルWiFiなどの解約違約金を負担してくれるので安心して乗り換えられます。

キャンペーンを適用させる方法は、現在利用中ネット回線の解約明細を「shop@wimax-broad.jp」宛てにメールで送るだけ。

解約時に発生する端末代金や工事費の未払い分はキャンペーンの対象外ですが、解約違約金だけでも負担してくれるのは嬉しいですし、Broad WiMAXだけのメリットです。

3.端末代金が0円

Broad WiMAXは端末代金が0円になるキャンペーンを実施しています。

プロバイダによっては端末代として15,000円以上かかる場合があり、一括または分割で払わないといけません。
サービス端末代
Broad WiMAX0円
UQ WiMAX15,000円
BIGOBE WiMAX19,200円
GMO WiMAX0円
カシモ WiMAX0円
僕が調べた中だと、端末代が発生するのはUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXの2社のみ。

ほとんどのプロバイダでは端末代が無料になるのでBroad WiMAXだけのメリットではありませんが、月額料金の安さも含めて考えるとお得なサービスと言えるでしょう。

Broad WiMAXの注意点

Broad WiMAXの契約前に知るべき重要な注意点を2つ紹介します。

●オプションの加入が必須
●解約違約金が高額になる

ただし、これらの注意点さえ確認しておけば損せずに利用できます。

オプションの加入が必須

Broad WiMAXでは、申し込みと同時に以下のオプションに加入しないと18,857円の初期費用が発生します。

・安心サポートプラス(550円/月)
・My Broadサポート(907円/月)

初期費用を払わないためにはオプションに加入するしかないですが、月額料金に合計1,457円のオプション料金が加算されてしまうので注意が必要です。

ただし、端末が届いた後にWEB手続きすれば無料でオプションのみ解約できます。

初期費用18,857円を払わずに済み、オプション料金も払う必要がなくなるので、必ず契約後にオプションのみ解約するようにしましょう。

もちろん、端末の故障や紛失に備えてサポートオプションに加入しておきたいという人は、わざわざ解約しなくても大丈夫です。

オプションを解約する流れ

ここからは、申し込み時に加入したオプションを無料で解約するための流れを紹介します。

Broadサポートサイトにログイン

まずは、『Broadサポートサイト』からログイン画面に移動します。

Broadサポートサイト

契約書面に書かれている契約開始日の翌日AM2:00からログイン可能です。「ログインID」と「パスワード」を入力して進みましょう。

オプション解約申請フォームを記入

ログイン画面を開いたら「ご契約内容の変更」を選択し、オプション解約申請フォームに移動してください。

オプション解約申請フォーム

解約申請フォームの必須項目を入力したら送信して完了です。正常に申請手続きが完了した場合は受付完了の自動返信メールが届きます。

解約違約金が高額になる

Broad WiMAXを契約するなら2年以上の継続利用をしないと解約時に損することになります。

解約時にキャンペーン違約金が発生

Broad WiMAXの初期費用18,857円が無料になる「Web割キャンペーン」には2年間の最低利用期間が設定されています。

2年以内にサービスを解約すると9,500円の違約金が発生するので注意しましょう。

もちろん2年以内に解約したらキャンペーン違約金だけでなく、通常の解約違約金(契約解除料)も一緒に請求されます。

通常の解約違約金に上乗せされる

Broad WiMAXは3年契約なので、契約期間中に解約してしまうと最大19,000円の違約金を支払うことになります。

●Broad WiMAXの解約違約金
12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
36ヶ月目:0円

つまりキャンペーン違約金を含めて計算すると、申し込みから1年以内は28,500円、2年目は23,500円、3年目は9,500円の解約違約金が請求されてしまうということです。

他のプロバイダではキャンペーン違約金が設定されているケースは少ないので、Broad WiMAXの重大な注意点となっています。

WiMAXを2年以上利用すると決めている人なら問題ありませんが、早めに解約する可能性がある人は他のプロバイダも検討してみる方が良いでしょう。

他社への乗り換えなら違約金0円

Broad WiMAXでは、他社インターネットへの乗り換えで解約違約金が0円になる「いつでも解約サポート」を実施しています。

以下のサービスに乗り換えるなら2年以内に解約しても違約金は無料になるので安心です。
ソフトバンク光・auひかり・So-net光プラス・ビッグローブ光・broad光 With NTT東日本・broad光 With NTT西日本・YAHOO!BB JAPAN Broadband・Broad LTE

Broad WiMAXのモバイル回線で快適に利用できるか不安な人は、いつでも通信の安定性に定評がある光回線に乗り換えることができます。

Broad WiMAXに関するその他の情報

ここからは、Broad WiMAXをよりお得に利用するための情報をお伝えします。

●速度は他社と変わらない
●スマホとのセット割がある
●最短当日に端末が発送される
●店舗でも受け取りが可能

速度は他社と変わらない

どのプロバイダでも同じUQ WiMAXの端末を提供しているので、Broad WiMAXの速度は他社とほとんど変わりません。

ただ、ルーター機種によって速度が異なり、Broad WiMAXでは以下の4種類から選べます。
機種最大速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06440Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W061,200Mbps
WiMAX HOME02440Mbps
Speed Wi-Fi HOME L021,000Mbps
モバイルルーターの最新機種は「Speed Wi-Fi NEXT WX06」です。最大速度が440Mbpsと前機種より遅くなっている分、ネットを混雑しにくくする新技術(バンドステアリング機能)が搭載されていて快適に利用できます。

このように、選べるルーター機種も他社とそこまで変わりません。プロバイダごとの1番の違いは月額料金なので、同じ速度の端末を安く利用できるBroad WiMAXは大人気です。

スマホとのセット割がある

Broad WiMAXでは、UQ mobileとauのスマホユーザーを対象にセット割が実施されています。

UQ mobileが毎月500円割引

格安スマホのUQ mobileを契約している人なら、Broad WiMAXとセットにすることで毎月500円の割引きが受けられます。

セット割を適用させるには、WiMAXが届いた後に別途UQ mobileで申し込みが必要になり、店舗(UQスポット)もしくはWEBから手続きしましょう。

申し込みには契約中のWiMAXの「UIMカード電話番号(識別用番号)」が必要です。電話番号はBroad WiMAXのマイページにログインするか、利用しているルーターの端末情報から確認してください。

auスマホが毎月最大1,000円割引

auのスマホを使っている人ならBroad WiMAXとセットで毎月最大1,000円の割引きが受けられます。

セット割を適用させるためには、WiMAXが届いた後に店舗(auショップ)またはWEB(My au)からの手続きが必要です。

適用させるための手続きが少し面倒ですが、一度完了させてしまえばずっと最大1,000円の割引きが受けられるので早めに申し込んでおきましょう。

最短当日に端末が発送される

Broad WiMAXは、平日13時までに申し込めば最短当日に端末が発送されます。

なので、住んでいる地域によっては翌日に端末が届くということです。たとえ13時を過ぎて申し込んでも翌日には発送されます。

ただ、日曜日と祝日は配送作業を行っていないため、早めに受け取りたい人は平日か土曜日の13時までに申し込みましょう。

店舗でも受け取りが可能

Broad WiMAXでは基本的に郵送で端末を届けてくれますが、すぐにネットを使いたい人は店舗でも受け取り可能です。

受け取りセンターは以下5つのエリアにあります。
 住所営業時間
渋谷〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂
2-10-7新大宗ビル1階
10時~19時
(日祝休み)
秋葉原〒101-0021
東京都千代田区外神田
3-11-2ロック2ビル1F-B
11時~19時
(日祝休み)
大宮〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町1丁目1-5山中ビル4F
11時~19時
(日祝休み)
梅田〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎
3-17-9 豊崎旭ビル2階
11時~19時
(日祝休み)
名古屋〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須
三丁目31番3号
11時~19時
(日祝休み)
ネットから申し込んだ後に「お渡し準備完了メール」を確認して受け取りに行きましょう。営業時間外なら翌日に、営業時間内なら2時間以内にメールが送られてきます。

店舗で送られてきたメールを見せて10分~15分の開通作業を行えば、その場で端末を受け取ることが可能です。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

Broad WiMAXはどのプロバイダよりも安い月額料金で、端末の速度は変わらず利用でき、さらに他社からの乗り換えや端末代金がお得になる豊富なキャンペーンを実施しています。

しかし、オプションの加入や解約時のキャンペーン違約金など注意点も2つあるので契約前に必ず確認してください。

皆さんがBroad WiMAXをお得に利用するために参考にしていただければ幸いです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

WiMAXに関する情報の関連記事

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM