WiMAXのおすすめプロバイダ5社を比較!2020年最もお得に契約する手順

「おすすめのWiMAXが知りたい」「WiMAXのプロバイダを比較したい」この記事はそんな人たちに向けて書いています。

WiMAXは20社以上のプロバイダが提供していますが、端末の速度やスペックは全く変わらないので、料金・キャンペーン・契約期間の3つの基準で選ぶようにしましょう。

この記事ではWiMAXの契約前に知るべき以下の内容を詳しくまとめました。

●WiMAXを比較する手順
●プロバイダのおすすめ厳選5社
●プロバイダの比較ポイント

WiMAXをお得に契約するために重要なのは月額料金の安さだけではありません。皆さんにとって最適のプロバイダを紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

WiMAXの3つの比較手順

まずは、WiMAXを最もお得に契約するための3つの比較手順についてお伝えします。

ポケットWiFiの中でもWiMAXは契約方法によってお得度が大きく変わってしまうので、しっかり比較して選ぶことが重要です。

★WiMAXを比較する3つの手順
手順①プランを比較
手順②プロバイダを比較
手順③ルーター機種を比較

特に手順②のプロバイダ比較については後ほどさらに詳しく解説します。

手順1.プランを比較

ギガ放題プランとライトプラン※引用元:Broad WiMAX公式サイト

WiMAXは月間で使えるデータ容量に応じて料金プランが分かれています。

一般的には月間データ容量が無制限に使える「ギガ放題プラン」が大人気です。「7GBプラン」は月間7GBしか使えないので、あまりネットを使わないライトユーザー向けのプランになっています。
 ギガ放題プランライトプラン
月額料金3,400円
~4,300円
2,800円
~3,500円
月間データ容量上限なし7GB
あまりネットを使わない人はライトプランを契約するのも全然ありです。ただし、たった数百円の差なので動画視聴やゲームをする人はギガ放題プランを選びましょう。

また、WiMAXのプランは月に1度なら何度でも変更可能です。ギガ放題プランを契約してみて画面に表示される毎月のデータ容量が7GBを超えないようであれば途中でライトプランに変更することをおすすめします。

WiMAXのギガ放題プランについて詳しく知りたい人はこちら

手順2.プロバイダを比較

WiMAXをお得に契約するために最も重要な比較ポイントがプロバイダの選び方です。

WiMAXの提供会社は公式のUQ WiMAXだけではなく、プロバイダと呼ばれる販売業者が同じWiMAX端末を提供していて、お得なプランとキャンペーンで契約できます。

WiMAXの提供会社

提供されているルーター機種は同じもので、端末の速度やデータ容量、エリアはどのプロバイダを選んでも全く変わりません。

プロバイダを比較するうえで重要なのは「料金」「キャンペーン」「契約期間」の3つ。
▼WiMAXプロバイダの3つの選び方▼

★基本的には料金重視で選ぶ
★他社から乗り換える人はキャンペーンも重要
★短期利用したい人は契約期間も重要

最も重要なポイントとして、料金を比較して最安値のプロバイダを契約すれば間違いなくお得にWiMAXを利用できます。

ただ、他社のポケットWiFiから乗り換え、もしくは光回線などの固定回線から乗り換える人もいるでしょう。他社の解約金を負担してくれるプロバイダもあるので、乗り換えの人はキャンペーンで選ぶことが大事です。

さらに、一般的なプロバイダでは契約期間が3年と決まっていますが、なかには契約期間が短いプロバイダもあります。半年間や1年間など短期的に利用したい人は契約期間が短いプロバイダを検討してみてください。

手順3.ルーター機種を比較

契約するプランとプロバイダが決まったら、最後にルーター機種を比較しましょう。

2020年11月現在において、WiMAXのルーター機種は以下の4種類から選べます
端末最大速度最大接
続台数
連続通
信時間
電池交換
WX06WX06
440メガ16台14時間可能
W06W06
558メガ16台11時間
40分
不可
WX05WX05
440メガ10台14時間可能
W05W05
558メガ10台10時間
30分
不可
どのルーター機種を選んでも、速度と性能は快適に利用できる仕様になっています。

しかし強いて言えば、2020年1月に発売された最新機種の「WX06」がおすすめです。

最大速度は一世代前の「W06」より少し遅いですが、実際の速度は周囲の環境など外部要因によって大きく左右されますし、バッテリーの持続時間が長く、電池パックの交換が可能など多くのメリットがあります。

WiMAXルーターの比較について詳しく知りたい人はこちら

WiMAXプロバイダのおすすめ厳選5社

WiMAXはどのプロバイダを選んでも利用できるルーターは変わらないので、比較すべきポイントは「料金」「キャンペーン」「契約期間」の3つだけです。

ここでは、月額料金が安いプロバイダと、独自のキャンペーンやプランを実施しているプロバイダの厳選5社を紹介します。
▼WiMAXプロバイダのおすすめ5選▼

●料金重視の人におすすめなプロバイダ
『GMOとくとくBB』
●短期利用におすすめなプロバイダ
『BIGLOBE WiMAX』
●乗り換えにおすすめなプロバイダ
『Broad WiMAX』
●その他の月額料金が安いプロバイダ
『DTI WiMAX』
『カシモWiMAX』

上の5社プロバイダから選べば、自分にぴったりのWiMAXが見つかります。

月額料金が最安級のGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBは、20年以上プロバイダとしての運営実績がある人気のWiMAXです。

「月額料金割引キャンペーン」と「キャッシュバックキャンペーン」の2つから好きなキャンペーンを選ぶことができます。
GMOとくとくBBの基本情報
月額料金3,581円
(月額割引キャンペーン適用時)
端末代金0円
契約期間3年
解約違約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目:9,500円
発送時期最短即日発送
月額料金割引キャンペーン
2020年11月現在において、GMOとくとくBBでは月額料金の割引キャンペーンも実施しています。

通常の場合だと月額料金は4,263円ですが、キャンペーンによって2年間月額3,344円と安くなります。利用期間ごとの月額料金は以下の通りです。

●キャンペーン適用時の月額料金
利用開始月:2,590円の日割料金
1ヶ月目~2ヶ月目:2,590円
3ヶ月目~24ヶ月目:3,344円
25ヶ月目以降:4,263円

割引き総額は最大23,564円なので、キャッシュバックキャンペーンの還元額よりは少し劣ってしまいますが、毎月の料金を安くしたい人向けの特典と言えるでしょう。

ただし、今なら11月限定で3,000円キャッシュバックも受け取り可能です。キャッシュバックキャンペーンと同じく11ヶ月後の手続きが必要なので忘れないようにしてください。
キャッシュバックキャンペーン
GMOとくとくBBでは、プロバイダの中で最高額の3万円キャッシュバックが受け取れます。

月額料金は基本料金の4,263円と少し割高ですが、1年後にキャッシュバックを受け取ることで、僕が調べたプロバイダの中だと3年間の合計金額が1番お得になるWiMAXです。

ただし、キャッシュバックを受け取るには申し込み時に新しく作成する「専用のメールアドレス」宛ての案内メールから振込先口座の登録手続きをしないといけません。

キャッシュバックは貰い忘れさえ気をつけておけば最もお得になるキャンペーンです。それでも手続きが面倒な人は、月額料金割引キャンペーンを検討しましょう。

GMOとくとくBBのWiMAXについて詳しく知りたい人はこちら
\2020年人気No.1/
GMOとくとくBBが超アツい!
GMOとくとくBB WiMAXが選ばれる理由
★業界最安級の月額3,344円~!
★最新機種の高速ルーターが届く!
★最短当日発送!翌日から利用開始!
★通信制限なしでネットが使い放題!

11月限定で、月額割引キャンペーンに3,000円CB+初月無料特典が付いてくるので今申し込む人が多いです!
▼2020年最安級のWiMAX▼
申し込みはこちら

短期利用したい人はBIGLOBE WiMAXがおすすめ

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは独自のプランによって解約時の負担が少なくなっているので、短期利用したい人におすすめのプロバイダです。

端末代金は19,200円かかりますが、翌月に15,000円分のキャッシュバックがもらえるので実質4,200円になります。
BIGLOBE WiMAXの基本情報
月額料金3,872円
端末代金19,200円
(実質4,200円)
最低利用期間1年
解約違約金1,000円
発送時期最短即日発送
1年間使えば無料解約できる
BIGLOBE WiMAXは最低1年以上利用すれば、いつでも無料解約が可能です。

基本的にほとんどのプロバイダだと3年間の契約期間が定められていて、利用開始から3年ごとの更新月に解約しないと最大19,000円の解約違約金が発生してしまいます。

しかし、BIGLOBE WiMAXで定められているのは最低利用期間の1年だけです。

このように一定期間だけ利用すれば契約の縛りがなくなるのはBIGLOBE WiMAXのみ。短期的にWiMAXを利用したい人はBIGLOBE WiMAXを検討しましょう。
解約違約金も安い
BIGLOBE WiMAXは、たとえ1年以内に解約しても解約違約金は1,000円のみです。

なので、契約してから数ヶ月しか経っていない場合でも1,000円払うだけで解約でき、1年以上利用しなくても高額な違約金がかかる心配はありません。

ただ、BIGLOBE WiMAXでは端末代の一部を負担してくれるキャッシュバックが翌月に振り込まれるので、最低でも1ヶ月以上は利用し続けることを推奨します。

BIGLOBE WiMAXについて詳しく知りたい人はこちら
\2020年人気WiMAX/
BIGLOBE WiMAXが大好評!
●解約違約金は最大1,000円のみ!
●1年以上使えば無料解約できる!
●月額料金はずっと3,980円!
●端末代の一部キャッシュバック!

申し込みから端末が届くまで最短2日◎短期利用に向いているプロバイダなので多くの人に選ばれています!
▼公式ページはこちら▼
BIGLOBE WiMAXに申し込む

他社から乗り換える人はBroad WiMAXがおすすめ

Broad WiMAX

現在、他社のネット回線(WiMAXや光回線、その他のポケットWiFiなど)を利用している人ならBroad WiMAXに乗り換えるのがおすすめです。
Broad WiMAXの基本情報
月額料金3,550円
端末代金0円
契約期間3年
解約違約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目:9,500円
発送時期最短即日発送
他社からの乗り換えキャンペーン
Broad WiMAXでは乗り換えキャンペーンを実施しているので、他社の解約違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

例えば他社WiMAXから乗り換える場合、ほとんどの場合だと1年以内なら19,000円、2年目なら14,000円、3年目なら9,500円の解約違約金が発生しますが、Broad WiMAXなら全額負担してくれるということです。

キャンペーンを適用させるには、現在利用しているネット回線の解約確認書類が必要。さらに、申し込み時に以下2つのオプションに加入することが条件になります。

・安心サポートプラス(550/月)
・My Broadサポート(907円/月)

これらのオプションは端末が届いた後に無料で解約できます。解約し忘れてしまうと、合計で1,457円のオプション料金を毎月支払うことになるので注意しましょう。
月額料金も安い
Broad WiMAXはプロバイダの中でも月額料金が安い方なので、乗り換える人だけでなく新規で申し込む人にもおすすめできます。

僕が調べた中だと、Broad WiMAXはGMOとくとくBB WiMAXとDTI WiMAXに並んで月額料金が最安水準です。

●Broad WiMAXの月額料金
利用開始月:2,726円の日割料金
1ヶ月目~2ヶ月目:2,726円
3ヶ月目~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円

3年目以降は月額料金が4,000円台に高くなりますが、最初の2年間はどのプロバイダよりも安いのでトータルで見て安くなっています。

Broad WiMAXについて詳しく知りたい人はこちら
\WiMAX満足度No.1/
Broad WiMAXが大人気!
●業界最安級の月額3,411円!
●乗り換え時の他社解約違約金を負担!
●初期費用18,857円⇒0円!
●他社ポケットWiFiより速度が速い!

2,000万契約を突破した人気WiMAX◎
月額料金の安さ&他社解約違約金を負担してくれるお得なキャンペーンから多くの人に選ばれています!
▼公式ページはこちら▼
Broad WiMAXに申し込む

月額料金が安いおすすめプロバイダ2社

月額料金が安いプロバイダのおすすめ2社を紹介します。

DTI WiMAX

DTI WiMAX

DTI WiMAXの基本情報
月額料金3,557円
端末代金0円
最低利用期間3年
解約違約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目:9,500円
発送時期最短即日発送
DTI WiMAXは先ほど紹介したBroad WiMAXに次いで、月額料金が安いプロバイダです。

最初の2ヶ月間は月額料金が無料になっていて、3ヶ月目は2,590円、そして4ヶ月目以降はずっと3,760円/月で利用できます。

ほとんどのプロバイダでは2年間の割引キャンペーンで安くなりますが、2年後からは料金が割高になる場合が多く、ずっと同じ月額料金で利用できるのは大きなメリット。
プロバイダ1~2年目3年目以降
DTI WiMAXずっと3,860円
Broad WiMAX3,411円4,011円
僕が調べたプロバイダの中だと、DTI WiMAXは端末代金を含めて比較したときの料金が1番安いです。3年目以降の月額料金が比較的安いので、長期利用にも適しています。

3年間の総額で考えると、他社のBroad WiMAXやGMOとくとくBB WiMAXと数百円程度の差しか変わりませんが、3年以上利用するなら最安値のDTI WiMAXを選びましょう。

DTI WiMAXについて詳しく知りたい人はこちら
\2,000万契約突破!/
DTI WiMAXが選ばれています
DTI WiMAXが選ばれる理由
●最安級の月額3,760円!
●今なら最大2ヶ月間0円!
●オプション加入の条件が一切なし!
●ポケットWiFiの中で最速!

シンプルな料金プランで大人気◎
機種によっては在庫切れになっているので申し込み前に確認してください!
▼2020年最安級のWiMAX▼
DTI WiMAXに申し込む

カシモWiMAX

カシモ WiMAX

カシモWiMAXの基本情報
月額料金3,623円
端末代金0円
最低利用期間3年
解約違約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目:9,500円
発送時期最短即日発送
カシモWiMAXの月額料金は、Broad WiMAXやDTI WiMAXと比べると若干劣りますが、ほとんど変わらない料金で利用できます。

●カシモWiMAXの月額料金
利用開始月:1,380円の日割料金
1ヶ月目:1,380円
2ヶ月目~24ヶ月目:3,580円
25ヶ月目以降:4,079円
最初の2ヶ月間は業界最安級の月額1,380円から利用を始めることが可能です。

最安値ではありませんが、プロバイダの中では安く利用できる方なので、これまで紹介したWiMAXと一緒に検討してみてください。

カシモ WiMAXについて詳しく知りたい人はこちら
\価格で選ぶWi-Fi No.1/
カシモWiMAXが最安級!
★選ばれている理由は…
・初月1,380円~2年間3,480円!
・速度制限なしでネット使い放題!
・キャンペーンで3年間62,755円割引!
・オプション加入の条件なしで安心!
・8日以内に解約すれば違約金0円!

毎月の料金をかなり節約できるので初心者にも人気のサービスです♪早ければ翌日には端末が届きます!
▼申し込みはこちら▼
カシモWiMAXの申し込み窓口

WiMAXプロバイダの比較ポイント

プロバイダによって提供しているWiMAXは全く変わらず、端末の速度やスペックはどのプロバイダを選んでも同じです。

なので、プロバイダを選ぶ際は3つのポイントで比較することをおすすめします。

1.料金の安さ
2.キャンペーン
3.契約期間

それでは一つずつ詳しく見ていきます。

1.料金の安さ

WiMAXを比較するうえで最も重視すべきポイントは料金です。

WiMAXの公式である「UQ WiMAX」から申し込むと月額3,880円で利用できるので、UQ WiMAXの月額料金よりも安く利用できるかどうかもプロバイダを選ぶ判断材料にすべきです。

ただ、プロバイダによっては利用期間に応じて月額料金が変わるので比較するのが難しいかもしれません。以下の表では3年間で平均した月額料金と端末代金を一覧でまとめました。
プロバイダ月額料金端末代金
UQ WiMAX3,880円15,000円
GMOとくとくBB3,581円0円
カシモ WiMAX3,623円0円
Broad WiMAX3,550円18,857円
BIGLOBE WiMAX3,872円19,200円
So-net WiMAX3,937円0円
DTI WiMAX3,557円0円
@nifty WiMAX4,196円0円
DIS mobile WiMAX3,880円0円
月額料金だけで比較すると「Broad WiMAX」が最安値ですが、端末代金が高いので実際のところそこまで安くはありません。

端末代が0円で最も安いプロバイダは「DTI WiMAX」の月額3,557円で、最も高いところだと「@nifty WiMAX」の月額4,196円なので、プロバイダによって約800円ほどの差があると分かります。

それほど料金差はないと思われるかもしれませんが、毎月支払う料金を安く抑えることがWiMAX選びでは重要です。プロバイダで迷ったら、比較的安い「DTI WiMAX」または「GMO WiMAX」を選びましょう。

2.キャンペーン

WiMAXのプロバイダによって様々なキャンペーンが実施されています。

月額料金の割引きや端末代金が無料になるキャンペーンを実施している場合がほとんどですが、Broad WiMAXでは他社解約違約金を負担してくれるキャンペーンを実施中です。

他社のポケットWiFiや固定回線から乗り換える人は、Broad WiMAXに申し込むことで最大19,000円まで他社の解約金を負担してくれるのでお得に乗り換えられます。

また、GMOとくとくBBでは3万円前後の高額なキャッシュバックキャンペーンが選べます。しかしキャッシュバックは貰い忘れる可能性が高いので、月額料金割引キャンペーンを利用した方が安心です。

●「GMOとくとくBB」
⇒キャッシュバックキャンペーン
●「Broad WiMAX」
⇒他社違約金負担キャンペーン

どうしても現金のキャッシュバックが欲しい人は「GMOとくとくBB」、他社ネット回線から乗り換える際に違約金がかかる人は「Broad WiMAX」がおすすめです。

3.契約期間

プロバイダの契約期間は基本的に3年です。

ただ、僕が調べた中だとBIGLOBE WiMAXだけは契約期間の縛りがなく、最低利用期間の1年のみ利用すればいつでも無料解約できることが分かりました。
プロバイダ契約期間解約違約金
GMOとくとくBB3年1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円
カシモ WiMAX3年1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円
Broad WiMAX3年1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円
BIGLOBE WiMAX1年のみ1,000円
So-net WiMAX3年1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円
DTI WiMAX3年1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円
@nifty WiMAX3年1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円
ほとんどのプロバイダでは3年以内に解約すると最大19,000円の解約違約金が発生します。

どんなに月額料金が安かったり、キャンペーンがお得だったりしても、解約時に高額な違約金を払うことになったら結果的に損してしまうので、早いうちに解約する人は「BIGLOBE WiMAX」を検討しましょう。

WiMAXの契約前によくある質問

ここでは、WiMAXの契約前によくある以下の質問についてお答えしていきます。

●ルーター機種のおすすめは?
●WiMAXが遅いときの対処法は?
●WiMAXの解約方法は?

それでは一つずつ見ていきましょう。

ルーター機種のおすすめは?

WiMAXはどのルーター機種を選んでも特に速度やスペックが大きく変わるわけではありませんが、なかでも2020年1月に発売された最新機種の「W06」をおすすめします。

「W06」の特徴は以下の3つです。

通信が混雑しにくい

WX06 バンドステアリング機能※引用元:GMO WiMAX公式サイト

WX06には定期的に通信環境を判断し、自動で最適な周波数帯(2.4GHz/5GHz)を選んでくれる「バンドステアリング機能」が搭載で、通信が混雑しにくい傾向にあります。

他の機種でも周波数帯は変更できますが、手動で設定しないといけないので面倒です。

また、モバイルルーターで初めてWi-Fiの同時通信を可能にしていて、使用する機器に応じて周波数帯を分けることができます。

例えば、2.4GHzに対応したゲーム機と5GHzに対応したスマホを同時に接続するうことで、どちらも快適に利用可能です。

以前までの機種では使用する機器によって周波数帯を分けることができなかったので画期的なルーターと言えるでしょう。

クレードル使用で受信感度が向上

WX06 クレードル※引用元:GMO WiMAX公式サイト

上の写真のように、WX06はクレードル(充電台)を使うことで、電波が弱い場所での通信速度が約60%も向上することが分かっています。(参照:UQ WiMAX公式)

外出先だけでなく自宅でも利用する人は、4本のアンテナが内蔵されているクレードルにルーターを設置することでより快適です。

さらに、クレードルを使うメリットとしてパソコンやTVにケーブルをつないで有線接続できるので、無線(Wi-Fi)接続するよりも安定した速度で利用できます。

バッテリー持続時間が長い

WX06はNEC製のモバイルルーターなので、バッテリー接続時間が長いです。

他の機種だと10時間~11時間じかバッテリーが持ちませんが、WX06なら14時間充電しなくても使い続けることができます。

また、電池パックの交換が可能なので、バッテリーが劣化したら電池パックだけを購入して入れ替えられるのも大きなメリットです。

WiMAXが遅いときの対処法は?

WiMAXを使っていて「速度が遅い」「ネットに繋がらない」などの問題が発生した時に知っておくべき対処法をお伝えします。

通信速度が遅い場合

WiMAXの速度が遅いときは端末の再起動を試しましょう。

不具合の原因が分からずとも再起動で解決できることが多いため、初めに再起動を試す方は多いです。

また、WiMAXは利用環境によって電波が入りにくい場所があるため、電波が入りやすい窓際や、大きな建物がない場所に移動するだけで電波状況が改善できることもあります。

速度制限で遅くなる場合

WiMAXは、3日間で10ギガ以上のデータ通信をおこなうと、通信速度が翌日18時~27時まで制限されてしまうため、日頃から制限にかからないよう対策しておくことが大事です。

通信制限を受けないためにも、以下の目的別の消費量を目安として覚えておくとよいでしょう。
利用目的10ギガ
の目安
1日の
使用目安
Youtube
(標準画質)
約47時間約15時間
Youtube
(HD画質)
約13時間約4時間
LINE 音声通話約200時間約24時間
Instagram約25時間約8時間
Spotify約210時間約24時間
ドラクエウォーク約160時間約24時間
一般的な使用目的である通話アプリやゲームは、どれだけ使っても上限に達する可能性は低いですが、Youtubeなどの映像系のサービスを目的としている方は、通信量が多く通信制限にかかりやすいため注意が必要です。

こまめにデータ通信量を確認し、使いすぎないよう意識することで制限がかけられるリスクは低くなります。

データ通信量の確認は、以下のように端末のメニュー画面に表示されている「通信量カウンター」を見れば把握しやすいです。

Wimaxのデータ通信量の確認

WiMAXの解約方法は?

WiMAXの解約手続きについて、プロバイダによって様々な解約窓口が用意されていますが、基本的にはどのプロバイダでも電話での解約が可能です。

ただ、WiMAXを契約途中で解約してしまうと以下の違約金がかかるため、解約するタイミングには十分ご注意ください。
利用期間違約金
~12ヵ月19,000円
13ヵ月~24ヵ月14,000円
25ヵ月~36ヵ月9,500円
37ヵ月更新月のため0円
38ヵ月~9,500円
WiMAXの利用期間が長ければ違約金は安くなりますが、無料で解約できるのは契約期間を終えた後の「更新月」のみです。

また、解約の受付期限を設定しているプロバイダもあり、期限内に手続きしなければ当月中に解約できなくなってしまうため、解約手続きは余裕をもってをおこないましょう。

まとめ

WiMAXはプロバイダによって端末の速度やスペックは変わらないので、選ぶポイントは「料金」「キャンペーン」「契約期間」の3つだけです。

独自のキャンペーンやプランを実施している以下の5社プロバイダから選びましょう。

▼料金重視の人におすすめなプロバイダ▼
⇒『GMOとくとくBB』
▼短期利用におすすめなプロバイダ▼
⇒『BIGLOBE WiMAX』
▼乗り換えにおすすめなプロバイダ▼
⇒『Broad WiMAX』
▼その他の月額料金が安いプロバイダ▼
⇒『DTI WiMAX』『カシモWiMAX』

この記事が皆さんにとってWiMAX選びの参考になれば幸いです。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る