GMOとくとくBBのWiMAXは評判が悪い?後悔しないための注意点

2019-11-01

GMOとくとくBBが提供しているWiMAXは、最新のルーターが選べて業界最高額のキャッシュバックがもらえるので超人気のサービスです。

しかし利用者の評判を見ると、キャッシュバックやオプションについて不満を感じている人の口コミがたくさん見つかりました。

WiMAXを契約するなら絶対にGMOとくとくBBがおすすめですが、注意点をしっかり確認しないと確実に後悔することになります。

この記事ではGMO WiMAXのメリット・デメリットを全てまとめました。申し込みから解約までの注意点もあわせてご覧ください。

GMOとくとくBB×WiMAXの基本情報

GMOとくとくBB vs UQコミュニケーションズ

GMOとくとくBBは、UQ WiMAXを独自のサービスとして提供しているプロバイダ(通信事業者)の一つ。

UQ WiMAX公式の料金プランとは大きく異なり、独自のキャンペーンを実施しています。

<GMO独自の選べる2大キャンペーン> ・最大36,150円キャッシュバックキャンペーン ・月額2,170円~キャンペーン
※月額2,170円~キャンペーンの料金を比較
 UQ WiMAXGMOとくとくBB
月額料金4,380円3,480円※
端末代3,800円無料
契約年数2年/3年3年
解約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
申し込み方法・UQスポット
・UQ WiMAX公式サイト
・GMOとくとくBB公式サイト
上記のようにUQ公式の料金や契約期間が異なりますが、WiMAX2+本体の速度や性能は全く変わらないです。

プロバイダ提供のWiMAXは速度が遅いと言われることがあります。しかし、実際に体感で分かるほどの違いはありません。

つまり、UQ公式でWiMAXを契約するよりお得になるということです。

GMOに限らずWiMAXを契約するかどうかで悩んでいる方は、利用者の口コミを集めた記事を参考にしてください。
▼GMO WiMAXの公式窓口はこちら▼ GMOとくとくBBの申し込み窓口

GMOとくとくBB×WiMAXが人気の理由

プロバイダ全てのキャンペーンを独自に比較した結果、GMOとくとくBBのWiMAXが一番安かったです!

WiMAXの料金やキャンペーンだけでなく、サービス内容も人気の理由として挙げられます。

GMOとくとくBBのWiMAXが人気の理由 ・業界No.1のキャッシュバックキャンペーン ・業界最安値の月額料金割引キャンペーン ・auのスマホ料金が割引きされる ・20日以内に解約すれば解約金0円になる
GMOとくとくBBのWiMAXが人気の理由は上記の3つですが、これらメリットには隠されたカラクリや落とし穴があるので注意しましょう。

1.業界No.1のキャッシュバックキャンペーン

3年間のサービス利用費用を公式・主要プロバイダと比較した結果は以下の通りです。

申し込み窓口月額料金キャッシュバック3年間の費用
GMOとくとくBB4,263円32,100円
121,368円
UQ WiMAX4,380円10,000円157,680円
So-net WiMAX3,620円×130,320円
BIGLOBE WiMAX4,416円15,000円134,280円
@nifty WiMAX4,350円30,100円126,500円
Broad WiMAX3,611円×144,996円
※月額料金はWiMAX2+の「ギガ放題プラン」の料金です。

GMOとくとくBB公式サイトでは「最大36,000円キャッシュバック」と記載されています。

実際のキャッシュバック額は端末の機種によって異なるので注意しましょう。
(上記のキャッシュバック額は「W06」の場合)

GMOとくとくBBでは様々なキャンペーンを実施していますが、現在のキャッシュバックキャンペーンはWiMAX業界No.1を誇っています。

2.業界最安値の月額料金割引キャンペーン

GMOとくとくBBでは現在キャッシュバックキャンペーンをメインに宣伝していますが、月額料金の割引キャンペーンも同時に実施しています。

キャンペーン月額料金キャッシュバック3年間の総額
月額割引3,480円5,000円120,280円
キャッシュバック4,263円32,100円
122,368円
※上記では最初2ヶ月間の月額料金割引きは含まれていません。

キャッシュバックよりも月々の料金を安くしたい!という人には絶対おすすめします。

以前から割引キャンペーンは実施されていたのですが、2019年2月から5,000円のキャッシュバックが追加されて更にお得になりました。

キャッシュバックキャンペーンとは異なり、5,000円キャッシュバックを貰い忘れたとしても月額料金の割引きで自動的に安くなるので安心です。

高額キャッシュバックを貰うことにこだわりがない人は、キャッシュバックキャンペーンではなく割引キャンペーンを選びましょう。

【割引キャンペーンを実施している窓口の比較】
申し込み窓口1~2ヶ月目3~24ヶ月目25~36ヶ月目3年間の総額
GMOとくとくBB2,170円3,480円
3,480円117,660円
Broad WiMAX2,726円3,411円4,011円128,626円
@nifty WiMAX2,970円3,650円3,650円130,040円
So-net WiMAX3,620円3,620円3,620円130,320円
BIGLOBE WiMAX3,345円4,030円4,380円147,910円
GMOとくとくBBの次にBroad WiMAXの割引キャンペーンが安いという結果になりました。

キャッシュバックキャンペーンよりも割引キャンペーンの方が良いという人は、Broad WiMAXも検討してみてはどうでしょうか。

3.auのスマホ料金が安くなる

UQ WiMAXではauスマホとセットでスマホ料金が割引きされる「auスマートバリューmine」が適用されます。

※auスマートバリューmineの特徴 ・スマホプランによって最大1,000円/月割引 ・契約スマホ1回線のみが割引き ・auスマートバリューとは併用不可
なんと、毎月1,000円もスマホ料金が割引きされるんです。 プロバイダによってはauスマートバリューmineが適用されない場合があるので注意しましょう。
プロバイダauスマートバリューmine
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX
So-net WiMAX
カシモ WiMAX×
JP WiMAX×
DTI WiMAX×
毎月1,000円割引きされるということは、3年間で36,000円もの割引額になるので

ただし主要プロバイダではauスマートバリューmineが適用されるので、GMOとくとくBBだけをお勧めする大きなメリットとは言えません。

また、現在では格安スマホと一緒にWiMAXを契約する人が増えてきています。

UQ WiMAXでは、UQ mobileとセットで格安スマホの料金が300円割引きされるキャンペーンを実施中です。

WiMAXのデータ量だけでは心許なくて僕はあまりお勧めしませんが、できるだけ料金を安くしたい人は格安スマホも良いかもしれませんね。

4.20日以内の解約であれば違約金が0円になる

GMOとくとくBBでは、20日以内の解約であれば解約違約金が無料になるサービスを実施しています。

UQ公式では「Try WiMAX」という15日間の無料お試しキャンペーンがありますが、解約違約金が無料になるサービスはGMOとくとくBBにしかありません。

例:WiMAX2+を20日後に解約した場合
事務手数料 3,000円
日割りの利用料 120.3円×20日=2,406円
解約違約金 24,800円⇒0円

全てが無料になるわけではありませんが2年以内に解約した場合の違約金24,800円が無料になります。

他社でも2年以内に解約すると19,000円の違約金が発生するので、20日以内の解約であればGMOとくとくBBが最安値で解約することができるということです。

WiMAX初心者で住んでいるエリアで使えるかどうか不安な人、実際に使ってみて自分にWiMAXが必要かどうか判断したい人には嬉しいサービスですね。

しかし、UQ公式の「Try WiMAX」のようなお試しキャンペーンとは全く違うサービスなので注意してください。

※20日以内解約違約金無料キャンセルの条件 ●過去にGMOを契約したことがある人は対象外 ●申し込み時に登録した住所がUQ WiMAXのエリア判定で「○」以外の「○~△」「△」「×」の場合は対象外
※20日以内解約違約金無料キャンセルの注意点 ●GMOとくとくBBが負担してくれるのは違約金のみで、事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料は自己負担になる ●解約・返品をする前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨の連絡を事前に行わなかった場合は違約金が請求される ●電話かメールでの解約になるが、受付が平日のみに限られていて、電話が混みあって繋がりにくいことが多い ●端末機器を返送して、GMOとくとくBBに20日以内に届けないと違約金が請求される
お試しキャンペーンではないので、そもそもGMOとくとくBBのエリア判定で自分の住所に問題がある人はサービスの対象外になります。 また、20日以内に解約する前に「20日以内の返品」の旨を連絡しなければ解約違約金が請求されてしまうので気をつけましょう。

20日以内に解約する流れ

まずはエリア判定で自分の住所を検索し、「○」になるかどうかを確認してください。

もし判定結果が「×」の場合はWiMAX2+が使えないということなので諦めるしかありません。

「○~△」「△」の場合は、念のためにUQ WiMAX公式の「Try WiMAX」を利用してみると良いでしょう。

解約の手順は以下の通り

1.GMOとくとくBBお客様センターに連絡し、「20日以内の返品をしたい」と伝える
(TEL:0570-045-109 平日:10:00~19:00)

※平日の10時~19時の間が受付の時間帯で、月・金と12時~15時の間は混みあうので極力避けて電話してください。

2.端末機器を送られてきた状態にして箱に入れて、下記の宛て先に返品する

※余裕をもって利用開始日から20日経過するまでの2~3日前に返品します

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行
端末機器を20日以内に返却しないと通常通りの解約になってしまいます。 20日以内に解約する可能性がある人は、上記の手順や注意点をメモするか写真を撮っておいて確実に解約しましょう。

\業界No.1キャッシュバック/
GMOとくとくBBが超アツい!

選ばれる理由は・・・
★キャッシュバックが業界最高額!
★最新機種の高速ルーターが選べる!
★最短即日発送!翌日から利用できる!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円
WiMAXといえばGMOとくとくBBでしょ!と言われる有名なサービスです。最もたくさんの方に選ばれています♪
▼GMO WiMAXの公式窓口はこちら▼ GMOとくとくBB申し込み窓口

GMOとくとくBB×WiMAXのデメリット

利用者の口コミと僕の体験談から分かった、GMOとくとくBBのデメリットをご紹介します。

※GMO WiMAXのデメリット 1.キャッシュバックの申請忘れが多い 2.問い合わせてもなかなか繋がらない 3.オプション2つの加入が必須条件

1.キャッシュバックの申請忘れが多い

GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りが1年後になってしまいます。

キャッシュバックの受け取り時期を比較
・GMOとくとくBB⇒12ヶ月後
・BIGLOBE⇒6ヶ月後
・@nifty⇒9ヶ月後

キャッシュバックの受け取りが難しいのは、何もGMOとくとくBBに限った話ではありません。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダで特典が貰えなかったという口コミが本当に多いです。
※キャッシュバックキャンペーンの条件 ●過去にGMOとくとくBBを契約したことがなく新規契約であること ●月額料金の未納によってサービスを一時停止された人は対象外
※キャッシュバックキャンペーンの注意点WiMAX2+の利用開始月を含む11ヶ月目に案内メールが届き、キャッシュバックの受取口座を連絡しなければならない ●返信メールの連絡は送信日の翌月末までに完了しなければならない ●返信メールを確認した翌月末に指定口座に振り込まれる
キャッシュバックの案内メールは契約先のプロバイダで作成したアドレスに届きます。 普段使っているアドレスではないうえに、毎日のようにメルマガの配信が届くので半数の人が見逃してしまうみたいです。 ひどい話ですが、業者が高額なキャッシュバックキャンペーンを実施できる理由の一つは、キャッシュバックを貰い忘れる人が一定数いるからでしょう。 普通に考えて、キャンペーンに申し込んだ人全員に一人ずつ3万円もの高額キャッシュバックを行うのは会社としても難しいところだと思います。 今この記事を読んでいる読者には絶対に損してほしくないので、キャッシュバックを確実に受け取るための対策を以下で紹介します! -対策- キャッシュバックを確実に受け取るための対策は以下の通りです。
キャッシュバックを確実に貰うための4つの対策 ・メルマガが届かないようにする ・メール転送設定をする ・メールが届く時期を把握する ・GMOとくとくBBに問い合わせて確認する
まずは申し込みの時点で、メルマガの配信が届かないようにしましょう。

GMOのWEB申し込みページ

↑申し込みページの「メール受信設定」で「お知らせメールを受け取る」という部分のチェックを外してください。

作成したアドレス(×××.me/×××.gmobb.jp)から普段使っているメールアドレスに転送されるように設定すると、メールが届いたことに気付けるのでお勧めです。

また、使っている手帳やカレンダーに目立つように書いておくこと、Googleカレンダーなどのスマホのアプリを使えば指定した日に通知がくるように設定できます。

次に、GMOとくとくBBからキャッシュバックの案内メールが届く時期を必ず確認しましょう。

"端末発送月を含む11ヶ月目にキャッシュバックの案内メールを送信が届き、返信メールを翌月末までに完了しなければならない"

つまり、例えば2019年2月に契約した場合、2019年12月下旬に案内メールが届き、2020年1月末までに返信メールを完了しなければなりません。

※参考(契約月とメール受信月の関係)
2019年6月に契約⇒2020年4月下旬に受信
2019年12月に契約⇒2010年10月下旬に受信

メール受信月を過ぎてもメールが届かないという場合はGMOとくとくBBに必ず問い合わせてください。

GMOとくとくBBに問い合わせれば、案内メールの送信予定日を聞くこともできます。

キャッシュバックを受け取れる自信がない人は、月額料金の割引キャンペーンの方が安心ですよ。

2.問い合わせてもなかなか繋がらない

WiMAXの提供プロバイダ全体に言えることですが、ルーターを到着した後の設定からWi-Fi接続まで全て契約者本人がやらないといけません。

もしルーターの不具合や故障、紛失などのトラブルが起きた場合、基本的にメールか電話での対応になります。

しかし、GMOとくとくBBのサポート体制はかなり評判が悪いです。
GMOとくとくBBにメールしても返信が来ない、電話しても繋がらないなどの口コミや評判が多数見つかりました。

ルーターの不具合で使えなくなったりすぐに解約しないといけなかったりした時にサポートしてくれないと大変困りますよね。

GMOとくとくBBだけでなく、全てのプロバイダが基本的に電話でのサポート体制をとっています。

なので不安な人はプロバイダではなく、
家電量販店のWiMAXがおすすめです!

家電量販店のWiMAXがおすすめの理由 ・端末の不具合やトラブルを店頭で対応してくれる ・ショップ店員と対面で質問できる ・当日に端末が受け取れる
契約した店頭に行けばルーターの設定方法や不具合、トラブルに対応してくれます。 残念ながら解約は電話でしか受け付けていませんが、分からないことがあればすぐに質問できるので安心感は抜群でしょう。 しかし、家電量販店のWiMAXは料金が安くなるキャンペーンが全く適用されません。 料金が安くなるプロバイダか、サポート体制が整っている家電量販店かを天秤にかけて判断してください。
※WiMAXを提供している家電量販店 ・ヤマダ電機 ・ビックカメラ ・ヨドバシカメラ ・EDION ・ケーズデンキ ・ピーシーデポ

3.オプション加入が必須条件

GMOとくとくBBに限った話ではなく、他社でもキャンペーン適用時には指定オプションが付ける必要があります。

GMOとくとくBBでは以下の指定オプションを2つ付けなければキャンペーンが適用されません。

●申し込み時の指定オプション
・安心サポート
┗300円(最大2ヶ月0円)
・安心サポートワイド
┗500円(最初2ヶ月200円)
・公衆無線LANサービス
┗362円(最大2ヶ月0円)

光回線のキャンペーンではオプションサービスが条件になることは少ないので、WiMAX2+を契約するデメリットともいえます。

しかし、WiMAX2+の契約後すぐにオプションサービスを解除すれば何の問題もありません。

逆に言うと、オプションサービスの無料期間に解除しないと余計なオプション料金を請求されることになるので注意しましょう。

「申し込み⇒契約完了⇒オプションの解除」という流れを決して忘れないようにしてください。

\業界No.1キャッシュバック/
GMOとくとくBBが超アツい!

選ばれる理由は・・・
★キャッシュバックが業界最高額!
★最新機種の高速ルーターが選べる!
★最短即日発送!翌日から利用できる!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円
WiMAXといえばGMOとくとくBBでしょ!と言われる有名なサービスです。最もたくさんの方に選ばれています♪
▼GMO WiMAXの公式窓口はこちら▼ GMOとくとくBB申し込み窓口

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ここまでお話ししてきたように、GMOとくとくBBのWiMAXには良い面もあれば悪い面もあるサービスでした。

この記事では契約期間の縛りがない「縛りなしWiFi」を一番におすすめしているので検討してみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

キャッシュバック・キャンペーンの関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る