GMOとくとくBB×WiMAXの評判は?最もお得に申し込むための全知識

『GMOとくとくBB』は、今もっともお得にWiMAXが契約できると評判のプロバイダです。

今GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、34,700円の高額キャッシュバックや、月額料金が2,170円になるお得なキャンペーンをやっています。

これらのキャンペーンを利用すれば、業界最安値でWiMAXを利用することができるので、とにかくお得にWiMAXが使いたい方にオススメ。

これだけ魅力的だと、気になるのが悪い評判の口コミですよね。

『本当に貰えるの?』
『他にお金がかかるんじゃないの?』

皆さんの不安を払拭しながら、確実にキャッシュバックを貰う方法、申し込みから解約までの流れなどをご紹介いたします。

GMOとくとくBBは満足度1位

『GMOとくとくBB』は、インターネット関連事業を行う東証一部上場会社GMOが運営しています。

2019年に行われた『オリコン顧客満足度ランキング』では見事1位を獲得。(アンケート対象23,907名、参加プロバイダ158社)

運営歴20年以上、契約件数130万件を突破、信頼と実績がある人気のプロバイダです。

 GMOとくとくBBの『WiMAX』ってどんなサービス? WiMAXとは、持ち運びできるWiFiルーター(モバイルWiFi)を使って、外出先でも通信制限を気にすることなくインターネットが楽しめるサービスです。

人気の秘密はキャンペーンの充実度

GMOとくとくBBが選ばれている1番の理由は、豪華なキャンペーン特典や、アフターフォローの充実度じゃないでしょうか。

☆嬉しい特典の数々 ・土日でも対応してくれる即日配送 ・WiMAX端末(20,000円)が無料で貰える ・電波の入りが悪ければキャンセル対応してくれる ・長期利用者は無償で機種変更
その中でも特に人気なのが、2つから選べる豪華なキャンペーンです。

 34,700円の高額キャッシュバック
 月額料金が2,170円になる月額割引

2つとも魅力的なキャンペーンなので、どちらを選べばよいのか悩んでしまいますよね。

毎月の負担を軽くしたい方は、月額料金が2170円〜になる『月額割引キャンペーン』がおすすめです。

このキャンペーンを使うと、WiMAXを扱う全プロバイダの中でも最も安い月額料金になります。

とにかくお得にWiMAXが使いたい方は『キャッシュバックキャンペーン』がおすすめです。

3年間の契約でかかる費用からキャッシュバック金額を引くと、トータル費用が全プロバイダの中でも最安値になります。

これらのキャンペーンを使って他社と比較してみると、GMOとくとくBBがどれだけお得なのかが一目瞭然です。

▼3年間の実質費用 = 初期費用(端末代 + 事務手数料) + 月額料金 - キャッシュバック
 プロバイダ契約期間3年キャッシュバック
1GMOとくとくBB(キャッシュバック)119,806円34.700円
2Broad WiMAX121,626円10.000円
3GMOとくとくBB(月額割引)124,350円-
4DTI WiMAX2+129,670円-
5カシモWiMAX 133,468円-
6どんなときもWiFi134,280円-
7BIGLOBE WiMAX2+146,500円15,000円
8So-net モバイル WiMAX148,276円-
9ASAHIモバイル WiMAX157,440円-
10UQ WiMAX157,680円-
11nifty WiMAX173,890円-
トータルで安く使いたい方はキャッシュバックを選択。毎月の負担を軽くしたい方は月額割引を選択しておけば問題ないでしょう。

\2020年人気No.1/
GMOとくとくBBが超アツい!

GMO WiMAXが選ばれる理由
★キャッシュバックが業界最高額!
★月額割引キャンペーンが業界最安値!
★最新機種の高速ルーターが届く!
★最短当日発送!翌日から利用開始!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円!

オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪1月限定の豪華なキャンペーンが実施中なので申し込みが殺到しています!
▼キャンペーンの申込窓口はこちら▼

評判から分かるメリット&デメリット

通信速度がモバイルWiFiの中で最速、端末代が0円、最短で翌日受けとりができると魅力的なサービスですが、気になるのはデメリットですよね。

『GMOとくとくBB』のWiMAXを利用している人の口コミ評判から分かったメリットやデメリットをご紹介。
メリット
デメリット

メリット

1.通信速度が最速

WiMAXはモバイルWiFiの中で最速の通信速度を誇ります。
WiMAX以外のモバイルWiFiは、携帯キャリア(ドコモなど)のネット回線をつかっているため、携帯電話との混線で通信速度が遅くなりがちです。一方WiMAXは、独自のネット回線を使っているため、混線で速度低下することはありません。

また、WiMAXが速い要因は、高い性能をもった端末のおかけでもあります。

公式サイトで発表されている最大下り速度は1.2ギガ、あくまでこれは電波が入りやすい環境を想定した理論値に過ぎませんが、そもそもモバイルWiFiでこのレベルの最大速度を見たことがありません。(参考端末/W06)

とはいえ、実際の通信速度の方が気になりますよね。他社モバイルWiFiと“下り速度の平均値を比較した結果”は以下のとおりです。
参考「みんなのネット回線速度」
サービス名下り平均速度端末
GMOとくとくBB35.23MbpsSpeed Wi-Fi NEXT W06
どんなときもWiFi23.29MbpsD1
Y!mobile Pocket WiFi22.35MbpsPocket WiFi 803ZT
比較対象は携帯キャリアのネット回線を使っているモバイルWiFiです。WiMAXだけ別次元の速さであることが分かります。

2.端末が無料

GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、最新のWiMAX端末が無料で貰えます。GMOとくとくBB以外でWiMAXを契約した方々は、20,000円近い端末代を支払っているようです。

端末代の相場は15,000円~20,000円ほど。

サービス名端末代
GMOとくとくBB0円
UQ WiMAX15,000円
Broad WiMAX18,857円
BIGLOBE WiMAX19,200円
契約時に端末を購入するのが一般的ですが、GMOとくとくBBでは端末代がかからないため、初期費用をかなり安く抑えられるメリットがあります。

ただ、長期的に使うとなると端末のバッテリーの劣化などが心配ですよね。GMOとくとくBBには、無料で機種変更してくれるサービスがありますので、そちらを利用するとよいでしょう。
機種変更サービスは、32ヵ月以上使えば最新の機種が0円で貰えますが、もし~32ヶ月未満で端末を壊してしまうと、修理の場合は5,000円、新品と交換する場合は19,000円の端末代が発生してしまいます。

万が一に備えたい方のために、有償の修理費を補償してくれる追加オプション『安心サポート』もありますので、心配な方は申し込み時に加入しておくとよいでしょう。

・追加オプション:安心サポート 月額300円
端末の修理費が無料になる補償オプションです。

・追加オプション:安心サポートワイド 月額500円
端末が水に濡れてダメになった場合でも補償してくれるオプションです。

3.最短翌日から使える

GMOとくとくBBのWiMAXは、最短で翌日受け取りが可能です。

即日発送は平日15時30分、土日祝日14時までに申し込み手続きが完了すれば当日中に配送してくれます。

平日に即日配送してくれるところはあるのですが、土日祝日まで対応しているのはGMOとくとくBBだけ。しかも送料無料なのが嬉しいですよね。

他のプロバイダでは、1ヵ月以上待たされてしまう事例もあるようです。
ただ、在庫がない場合や、審査に時間を要する場合は即日配送は難しく通常配送扱い(4営業日以内に順次配送)となるためご注意ください。
発送エリア到着時期
東北(青森除く)・北陸・関東・東海・関西エリア翌日
北海道・四国・九州エリア翌々日
沖縄3日後

4.auユーザーは毎月のスマホ代が安くなる

auのスマホ&ガラケーを使っている方がWiMAXを契約すると、毎月のスマホ代が最大1,000円安くなる『auスマートバリューmine』が利用できます。
WiMAXのサービスを提供しているUQとauは同じグループ会社であるため、こういったセット割引が可能になっています。

割引の利用手順はカンタンで、auショップに『auスマートバリューmin』の利用を申し出るだけ。

割引額が1ヵ月で1,000円といえども、3年間で36,000円の節約になります。auユーザーの方は忘れず『auスマートバリューmine』を申し込んでおきましょう。

UQモバイル利用者も割引特典あり

格安スマホのUQモバイルユーザーの方も、毎月スマホ代が300円安くなる『ギガMAX月割』がご利用いただけます。

UQモバイル&WiMAXを併用し、毎月の携帯電話料金を切り詰めてる方は忘れずに申し込んでおきましょう。申し込みはUQモバイル取扱店や、会員サポートページにて承っています。

デメリット

1.速度制限がかかる

WiMAXは通信制限なしを謳っていますが、厳密には月間容量が無制限なだけで、3日10GBの制限があるため以下の使用目的の方にはオススメできません。

 オンラインゲーム
 スマホやパソコンでテレビ電話
 高画質の動画を連続再生

大容量データの送受信を長時間おこなうと、すぐに3日10GBの制限がかかってしまいます。逆に、この使用目的じゃなければ“3日10Gの制限で必要十分である”と言えるのではないでしょうか。

一例として“3日10GB制限で何ができるのか?”を見ていただければイメージしやすいかと思います。
利用内容10GB制限
Youtube(標準画質)約20時間
ネット閲覧(Yahoo!トップページ)約54,000回
GoogleMAP地図検索約14,320回表示
LINE音声通話約450時間程度
LINEビデオ通話約30時間程度
3日連続Youtubeを6時間以上見て「ようやく制限されるかな?」というレベルであることが分かります。3日10GBの制限があるとはいえ、あまり神経質になる必要はないでしょう。

2.未対応エリアがある

WiMAXは地下や山間部、市街地から離れた地域などでは電波が入りにくいことがあるようです。
首都圏や市街地にお住まいの方であれば問題ないのですが、契約前に予め対応エリアを確認しておいた方がよいかもしれません。

ではなぜWiMAXには苦手なエリアが存在するのか、その理由は基地局数を見れば一目瞭然です。総務省が発表したネット回線の基地局数のデータをご覧ください。
出典:総務省『令和元年度 携帯電話及び全国BWAに係る電波の利用状況調査の評価結果(案)』
 基地局数
UQ WiMAX66,802
au LTE164,427
SoftBank LTE159,663
docomo LTE229,777
WiMAXの基地局数66,802、これだけでも凄い数ですが携帯キャリアの基地局数には遠く及びません。携帯キャリアの基地局数と比べると、まだまだカバーしきれていないエリアがあるため、繋がりづらさを感じてしまうことがあるようです。

未対応エリアに対応するLTEオプション

WiMAXでは、この未対応エリアを克服すべく、携帯キャリア(au)のネット回線が使える追加オプションが用意されています。

本来であれば月額1,005円ですが、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると無料で使える追加オプションです。

使用方法は端末のメニュー画面で「通信モード設定」を選択後、『ハイスピードモード』を『ハイスピードプラスエリアモード』に切り替えるだけ。


ハイスピードプラスエリアモードに設定すると、UQ WiMAXの66,802の基地局に加え、auの164,427の基地局も使えるようになり、利用エリアが格段に広がります。

ただし、このLTEオプションは月間7GBまでの制限があります。制限を超過すると翌月まで通信速度がかけられてしまいます。

無制限のはずのハイスピードモードさえ制限の対象となってしまうため、本当に必要な場面だけ『ハイスピードプラスエリアモード』を使うように心がけましょう。

3.オプション加入が必須

GMOとくとくBBでWiMAXを契約する場合、無料の追加オプションに加入しなければなりません。

 Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション 362円
安心サポートとは、端末が故障した際に無償で修理してくれる追加オプションです。

 安心サポート 300円~500円
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは、公共にあるUQのWiFiスポットが利用できる追加オプションです。

無料なのは最初の数か月のみ、無料期間を過ぎると毎月月額料金に追加オプション代金が上乗せされてしまうので、不要であれば忘れず解約しておきましょう。

オプション解約を忘れてしまい、無駄な出費を払ってしまった事例もあります。
追加オプションの解除手続きは、BBnaviのメニュー画面にある『サービス・オプションの削除・解除』より行えます。

4.3年の契約期間が長い

GMOとくとくBBの契約期間は2年から3年に変更されました。WiMAX取扱いプロバイダは3年契約が基本です。※UQを除く
3年縛りは一般的になりつつありますが、契約期間が2年未満のサービスが続々と登場している現状、長期期間の縛りはデメリットでしかありません。
▼契約期間が2年未満のサービス
サービス名契約期間通信制限
NEXT mobile2年無制限
Mugen WiFi2年無制限
よくばりWiFi2年無制限
どんなときもWiFi2年無制限
めっちゃWiFi2年無制限
hi-ho GoGo Wi-Fi2年無制限
限界突破WiFi2年無制限
UQ WiMAX2年月間無制限
nozomi WiFi2年100GB
縛りなしWiFiなし10GB/3日
SPACE WiFiなし10GB/3日
新居への引っ越しや出張などで、短期間しか使うつもりがない方は、3年契約のサービスよりも契約期間の縛りが緩いサービスを選ぶとよいでしょう。

GMO WiMAXの申し込みから受け取りまで

GMOとくとくBBは店舗がないため、インターネットでのお申込みとなります。

申し込み完了までの一連の流れ

1.対応エリアの確認 ※解説
2.申し込みフォーム
3.利用端末の選択 ※解説
4.利用プランの選択 ※解説
5.加入オプションの選択
6.個人情報・クレジットカード情報の登録
8.申し込み完了
9.審査
10.配送手配
11.到着後の初期設定 ※解説

※配送業者の伝票番号は、件名が『[GMOとくとくBB]WiMAX端末機器出荷完了のお知らせ』のメール本文に記載してあります。

対応エリアの確認

人口カバー率99%を売りにしているWiMAXですが、地下や山間部など苦手なエリアがあることから、契約前の対応エリア確認が推奨されています。

契約後、万が一WiMAX端末が使えなかった場合、20日以内であれば契約キャンセルが可能ですが、この制度を利用できる条件は、お住まいの地域が『WiMAXピンポイントエリア判定』で“〇”判定の方のみとなっています。

心配な方は公式サイトの「 WiMAXピンポイントエリア判定」で対応エリアをしっかり確認しておきましょう。

利用端末を選ぶ

WiMAXの端末は持ち運びできる“モバイルルーター”と、自宅に設置しておける“ホームルーター”があります。


自宅でしか使う予定がない方にはホームルーターがおすすめです。フレッツ光などの固定回線と比べて、工事が必要ないので工事費用が節約できるだけじゃなく、ACアダプターを繋ぐだけでWiFiが使えるので配線もすっきり。お部屋の印象を邪魔しません。

外出先でWiMAXを使う予定の方は、モバイルルーターのW06(Speed Wi-Fi NEXT W06)がおすすめです。W06は従来の端末と比べ格段にアンテナ感度がアップした上、最大速度が867メガ。モバイルWiFiの中で最も最速のWiMAX端末です。

W06では、高速インターネットを実現するための様々な最新技術が用いられています。

1.最大下り速度1,200メガ
USB有線接続で、最大下り速度867メガから1,200メガまで高速化できます。

2.複数のデータを同時に送受信して高速化
基地局アンテナ4本、端末アンテナ4本を使って、複数のデータを同時に送受信する技術『4×4 MIMO』が使われています。

3.携帯キャリアのネット回線を同時利用して高速化
WiMAXのネット回線と携帯キャリアのネット回線を同時利用する技術『キャリアアグリゲーション』が使われています。

4.スマホにWiFiの電波を集中させ高速化
スマホやノートパソコンに位置を感知して、集中的にWiFiの電波を飛ばす技術『Txビームフォーミング』が使われています。

利用プランの選択

GMOとくとくBBには2つの料金プランが用意されています。

・7GBプラン
・ギガ放題プラン
 キャッシュバック月額割引
プランギガ放題7GBプランギガ放題7GBプラン
~2ヶ月目3,609円3,609円2,170円2,170円
3~36ヶ月目4,263円3,609円3,480円2,690円
37ヶ月目~4,263円3,609円4,263円3,609円
7GBプランとはその名のとおり、月間7GB未満しか使わない人のための格安プランです。

自分が毎月どれくらいデータ容量を使うか分からない方は、ギガ放題プランを選択しておきましょう。

「7GBプラン」と「ギガ放題プラン」は、契約から2ヵ月まで月額料金が同額なので、いつでも7GBプランに変更可能です。

プラン変更はGMOとくとくBBのマイページ(BBnavi)でいつでも変更できます。変更手数料は一切かかりませんが、適用は翌月1日からとなります。

契約時の初期費用は下記を参考にしてください。

≪初期費用≫
・事務手数料 3,000円
・端末発送月の利用料(日割計算)
・翌月分の月額料金

到着後の初期設定

1.端末の準備
モバイルWiFiは、スマホと同じくICカードを挿入して使用するタイプです。

▼付属のICカードを、端末の側面から挿入
ICカードを挿入
▼側面の電源ボタンを押して電源を入れる
電源を入れる
2.WiFiを繋げる
起動後、メニュー一覧が表示されるので、左上『情報』をタップ。次に『SSID情報』をタップすると、WiFiに接続パスワードが表示されます。このパスワードを使って、スマホやノートパソコンのWiFiを繋げて完了です。

端末が梱包されていた箱はしばらく保管した方がいいでしょう。電波が入りづらかった場合はクーリングオフが可能です。

\2020年人気No.1/
GMOとくとくBBが超アツい!

GMO WiMAXが選ばれる理由
★キャッシュバックが業界最高額!
★月額割引キャンペーンが業界最安値!
★最新機種の高速ルーターが届く!
★最短当日発送!翌日から利用開始!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円!

オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪1月限定の豪華なキャンペーンが実施中なので申し込みが殺到しています!
▼キャンペーンの申込窓口はこちら▼

キャッシュバック受け取り手続き方法

キャッシュバックキャンペーンを利用して、GMOとくとくBBのWiMAXを契約した方のための受け取り手続き方法の解説です。

1.契約前の予備知識

キャッシュバックキャンペーンが利用できるのはGMOとくとくBBの新規会員のみ、過去にGMOとくとくBBの会員だった方はご利用いただけません。

また、キャッシュバックを受け取り前に途中で解約した場合や、未納料金が発覚した場合、受け取り対象外となりますのでご注意下さい。

2.契約後にやっておくこと

契約から11ヶ月後に“基本メールアドレス”宛に口座登録の案内メールが届きます。基本メールアドレスとは、登録したメールアドレスではなく“申し込み時に作成したGMOのメールアドレス”です。

メールボックス・メールアドレスの管理は、GMOとくとくBBのマイページ「BBnavi」よりおこなえます。


①メールの転送設定
基本メールアドレスに届くメールを、任意のメールアドレスに転送することができます。重要なメールの見落としがなくなりますので設定推奨。

②GMOのメールボックス
基本メールアドレスのメールボックスです。メールアドレスのアットマーク以降に含まれる数字が“1”であれば「WEBメールver1」を。“2”であれば「WEBメールver2」をご利用ください。

案内メールの見落としを防ぐため、カレンダーアプリや、予定を通知してくれる便利な“リマインダーアプリ”を設定しておくと間違いないでしょう。

3.キャッシュバック受け取りの案内が届いたらやること

契約から11ヶ月後、「【GMOとくとくBB】 キャッシュバック特典お待ちのお客様へご案内」という件名で案内のメールが届きます。

メール内に口座登録フォームのURLが記載してあるので、そちらで受け取り口座の登録を完了してください。

翌月末までに入力しなければ、キャッシュバック受け取り権利が消失してしまうのでご注意を。

口座への振り込み時期は、口座情報の登録が完了した翌月末の最終営業日となります。

GMO WiMAXの解約方法

GMOとくとくBBの解約方法の流れを解説しています。

※クーリングオフ・20日以内のキャンセルでの解約手順は「クーリングオフ&20日以内のキャンセル制度」を参考にしてください。
1.解約前に更新月を確認

GMOとくとくBBの契約期間は3年です。契約満了前に途中解約してしまうと違約金が請求されてしまうため、事前に更新月を確認しておく必要があります。
▼途中解約違約金(※当サイトから申し込むと、本来24,800円かかる高額な違約金が19,000円になります)
期間キャッシュバックキャンペーン月額割引キャンペーン
~20日以内無料
~12ヶ月目19,000円(24,800円)
19,000円
~24ヶ月目19,000円(24,800円)14,000円
25ヶ月目~9,500円9,500円
37ヶ月目無料無料
38ヶ月目~9,500円9,500円
更新月を知る方法は3つ、以下の方法をお試しください。

①契約更新前に案内メールが届く
契約更新1ヵ月前になると、登録メールアドレスに契約更新に関する案内が届きます。GMOとくとくBBは毎月21日が起算日となっているため、次に迎える21日以降に解約が可能です。

②サポートに問い合わせて聞く
GMOとくとくBBの公式サイト、最下部にある『お問い合わせ』よりお問い合わせが可能です。
お問い合わせ時には、とくとくBB会員IDや契約時の電話番号が必要なため、予め用意しておくとスムーズです。

③BBnaviで確認する
手っ取り早くいつでも更新月が確認できる方法として、BBnaviを活用する方法があります。

▼BBnaviログイン後、「現在ご利用中のサービス確認」を選択
GMOとくとくBB 現在ご利用中のサービス確認を選択
▼ページ中段に「契約更新月」の記載あり
GMOとくとくBB 契約更新月の確認
2.解約手続き

契約更新月になると、BBnaviのページ内にて“解約ボタン”が表示され、解約手続きが可能になります。

GMOとくとくBBの解約メニュー
GMOとくとくBBの解約ページ

更新月でない場合、解約ボタンは表示されません。契約期間中の途中解約は、直接サポートに問い合わせる必要があります。

●お客さまサポートセンター 【問い合わせフォーム】GMOとくとくBBの公式サイト最下部の「お問い合わせ」へ 【メールアドレス】info@gmobb.jp 【電話番号】0570-045-109(受付10時~19時) └※最初の自動音声ガイダンスで②を選び、事務手続きサポートへお進みください。
※解約時の注意事項
・解約月の月額料金は日割りではなく1ヵ月分が請求されます。
・GMOとくとくBBは20日を起算としているので、解約手続きが21日以降となった場合、契約は翌月末まで有効です。
・WiMAX端末やSIMカードの返却義務はありません。不要でれば自治体の分別方法に従い廃棄して大丈夫です。

クーリングオフ&20日以内のキャンセル制度

WiMAXは地下鉄など苦手なエリアがあるため、契約前に対応エリアの確認が推奨されています。

事前に対応エリアを確認したにも関わらず、建物内で電波が入りづらかったという場合の救済措置として20日以内のキャンセルが可能です。

もともと、電気通信サービスにはクーリングオフ制度(初期解除制度)が設けられていますので、それぞれの違いを解説いたします。
 クーリングオフ(初期契約解除制度)20日以内キャンセル
解約違約金無料
期限~8日以内~20日以内
条件特になしピンポイントエリア判定で「〇」
負担金額・手数料 3,000円
・返送料
・手数料 3,000円
・返送料
・当月の月額料金(日割)
・翌月1ヶ月分の月額料金
返却期限~8日以内~20日以内
返送する物・WiMAX 2+端末セット一式
・初期契約解除書面
・WiMAX 2+端末セット一式
クーリングオフの期限は8日以内、手数料は3000円と返送料のみ。理由の有無問わず返品が可能です。

一方、20日以内キャンセルの期限は20日以内ですが、手数料と月額料金の費用がかかり、更に条件も追加されてきますので、クーリングオフと比べると敷居が高い印象です。

以上をふまえると、〜8日以内に解約したいのであれば『クーリングオフ』を。

9日〜20日以内に解約したいのであれば『20日以内キャンセル』を利用するとよいでしょう。

クーリングオフ制度(初期解除制度)手順の解説

初期解除制度をおこなう場合、サポート窓口への電話連絡は不要ですが、『初期契約解除書面』を用意する必要があります。8日以内に返品しなければならないため、余裕をもって返送手続きをおこなってください。

※記入例の“●”を書き換えご利用ください。初期契約解除書面は、エクセルやワードで入力したデータを印刷したものでも、手書きでも問題ありません。

▼ギガ放題プラン 初期契約解除書面の記入例

1.お申込日:20●●年●月●日
2.販売店名:GMOインターネット株式会社
3.販売店住所:〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
4.販売店電話番号:0570-045-109
5.サービス名:WiMAX 2+ ギガ放題接続サービス
6.通信料金:4,263円
7.上記サービスの契約解除を希望する旨の文言:上記サービスの契約解除を希望します。
8.契約解除を希望する理由 :● 例) 電波状況が悪い、通信速度が著しく悪いなど
9.GMOとくとくBB 会員ID :●
10.ご契約者名(フリガナ) :●
11.ご契約住所 :●
12.ご契約お電話番号 :●

▼通常プラン 初期契約解除書面の記入例

1.お申込日:20●●年●月●日
2.販売店名:GMOインターネット株式会社
3.販売店住所:〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
4.販売店電話番号:0570-045-109
5.サービス名:WiMAX 2+ 接続サービス
6.通信料金:3,609円
7.上記サービスの契約解除を希望する旨の文言:上記サービスの契約解除を希望します。
8.契約解除を希望する理由 :● 例) 電波状況が悪い、通信速度が著しく悪いなど
9.GMOとくとくBB 会員ID :●
10.ご契約者名(フリガナ) :●
11.ご契約住所 :●
12.ご契約お電話番号 :●

【返送するもの一覧】
・端末セット一式
・初期契約解除書面

送付先住所 〒132-0024 東京都江戸川区一之江2丁目11-13 GMOとくとくBB 初期契約解除窓口 行 電話番号 0570-045-109
20日以内キャンセル手順の解説

『20日以内キャンセル』を利用できる方は、WiMAXピンポイントエリア判定で「〇」の方のみとなっています。「○~△」「△」「×」の方はご利用いただけません。

①サポート窓口に申し出る
20日以内キャンセルを利用する場合、サポートへの事前連絡が必須です。20日以内に返品しなければならないため、余裕をもって返送手続きをおこなってください。
サポート窓口:0570-045-109(平日10:00 ~19:00)

②端末を返送する
端末セット一式を下記住所へお送りください。返送料は自己負担となります。

送付先住所 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター 行 電話番号 0570-045-109
後日請求される金額は、事務手数料3,000円、契約月の月額料金&翌月の月額料金を合算した金額になります。

まとめ

GMOとくとくBBのWiMAXの魅力をご紹介させていただきましたが、キャッシュバックキャンペーンは気に入っていただけましたでしょうか。

GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックはある反面、強制加入オプションの解約や、2年以内の解約違約金が高額である点など、注意すべき点がいくつもあります。

このような注意すべき点に気を付けなければ、いくらお得なキャンペーンといえども、結果的に損をしてしまう可能性だってあるんです。

この記事には、GMOとくとくBBを契約する前に読んでおくべき情報はすべて掲載していますので、心配であればブックマーク登録しておくことをお勧めいたします。

契約後に、オプションの解約の方法が分からなかった場合や、キャッシュバック受取り方法に困った際には、またこの「GMOとくとくBB WiMAX」のページをご活用ください。

\2020年人気No.1/
GMOとくとくBBが超アツい!

GMO WiMAXが選ばれる理由
★キャッシュバックが業界最高額!
★月額割引キャンペーンが業界最安値!
★最新機種の高速ルーターが届く!
★最短当日発送!翌日から利用開始!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円!

オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪1月限定の豪華なキャンペーンが実施中なので申し込みが殺到しています!
▼キャンペーンの申込窓口はこちら▼
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

キャッシュバック・キャンペーンの関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る