ソフトバンク光への転用に関する情報まとめ!方法やメリットも

この記事ではフレッツ光からソフトバンク光に転用するメリットと転用の手順や注意点を紹介します。

転用は工事がかからずにフレッツ光から光コラボへ乗り換えられるので気軽に乗り換えてみようかなと考えている方も多いでしょう。しかし、大事なポイントを抑えておかないと後々後悔してしまうこともあります。

今までプロバイダの解約料で悩んでいた方もソフトバンク光のキャンペーンを使えば余計な費用がかからずに転用できます。

これから申し込みを考えている方には必ず読んでもらいたい内容になってます。

ソフトバンク光へ転用するメリット

月額料金が安くなる

月額料金戸建てマンション
フレッツ光
※Yahoo!BBの場合
6,200円4,200円
ソフトバンク光5,200円3,800円
転用の最大のメリットは「月額料金が安くなる」という点。

フレッツ光の月額料金は基本料金とプロバイダ料が別で請求されているので高くなっていますが、ソフトバンク光の場合は基本料金とプロバイダ料がセットで請求されるので1,000円近く安くなります。

同じプロバイダを使っていても月額料金がここまで違うとなると恐ろしいですよね。間違いなくソフトバンク光に転用したほうがお得です。

実際に転用されて安くなったという声もありました。

おうち割りでスマホ料金が割引される

さらに、ソフトバンクスマホとセットで安くなる「おうち割」が適用出来るので、フレッツ時代よりは間違いなくお得になります。

おうち割りとはソフトバンク光とソフトバンクスマホを契約している人のスマホ代が毎月1,000円安くなるサービスです。家族も対象になるので、3人家族の場合だと毎月3,000円スマホ料金が安くなります。

光セットオプション(月額500円)というオプションの加入が条件になりますが、ソフトバンクスマホを契約している人はお得になります。

ソフトバンク光の転用の手順

転用承諾番号を取得する

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えるためには、店舗やネットで申し込む前に転用承諾番号が必要になります。

ソフトバンクショップや家電量販店で申込みをすれば、その場で取得ができますが時間がかかるので事前に取得しておきましょう。

転用承諾番号を取得する方法は電話とネットの2つがあって、ネットの方が手続きが簡単なのでおすすめ。

手続きで必要なもの ・フレッツ光のID ・転用承諾番号を受け取るメールアドレス ・利用場所住所 ・契約時に登録した電話番号

ネットでの取得方法

ネットで転用承諾番号を取得するのが簡単なのでおすすめで、フレッツ光の東日本と西日本で取得できる窓口が違います。

・NTT東日本
受付時間 8:30~22:00
https://flets.com/tenyou/

・NTT西日本
受付時間 8:30~25:00
http://flets-w.com/collabo/

ページの案内に沿ってIDや住所などの情報を入力すると、メールアドレスへ転用承諾番号が送らてきます。

メールで番号が確認できれば、取得の手続きが完了になります。

電話で取得する方法

電話でも転用承諾番号を取得することができますが、時間がかかるのであまりおすすめしていません。

・NTT東日本
受付時間 9:00~17:00
電話:0120-140-202

・NTT西日本
受付時間
電話から:0120-553-104

電話の場合はオペレーターから口頭で転用承諾番号を伝えられるので、メモの用意もしておいてください。
※補足

転用承諾番号の有効期限は14日しかないので、取得したら2週間以内にソフトバンク光の契約を完了させましょう。
14日を過ぎてしまうと再取得しないといけないないので注意しましょう。

ソフトバンク光を申込む

ソフトバンク光の申込み窓口はたくさんありますが、以下の記事でお得なキャンペーンを開催している申込み窓口を紹介しているのでぜひご覧ください。

ソフトバンク光のキャンペーンが1番お得な申込み窓口

ソフトバンク光の転用に関する疑問点

転用の費用は?

ソフトバンク光に転用する際の費用は以下のみです。

●転用手数料2,000円
●プロバイダの解約料

転用手数料に関しては、全員払わなければならないのですが、プロバイダの解約料はかかる方とかからない方がいます。

◎解約料がかからない
⇒プロバイダをYahoo!BBにしていた方
⇒プロバイダをYahoo!BB以外にしていたが契約更新のタイミングで転用する方

◎解約料がかかる
⇒プロバイダをYahoo!BB以外にしていて契約期間途中で転用する方

プロバイダの解約料はだいたい3,000円~高いところで7,000円くらいなのでそこまで気にしなくて大丈夫です。

引き継げないオプションはフレッツ光から請求がくる

フレッツ光のオプションには引き継げるものと引き継げないものがあります。

●引き継ぎが出来てソフトバンク光から請求されるもの ・フレッツテレビ ・リモートサポートサービス ・ひかり電話 ・光アクセスサービス など
これらのサービスはフレッツ光のサービスからソフトバンク光のサービスとなって引き継がれます。
●引き続きフレッツ光から請求されるもの ・光ポータブル(レンタル) ・フレッツあずけ~る ・なおせ~る ・セキュリティ機能ライセンスプラス など
これらのサービスは転用後も引き続き利用することが出来ますが、ソフトバンク光への引継ぎが出来ないので請求はフレッツ光からとなります。 しかし、中には転用することによってサービスの提供が終了するものもあります。 ・フレッツ光メンバーズクラブ ・フレッツ・ソフト配信サービス ・ITサポート&セキュリティ for MAプラン など 自分が何のサービスに加入しているのかよく確認しましょう。 面倒なことが嫌いな方は、転用を機に引き継げないオプションは本当に必要かどうか再検討して解約するというのも手。 請求がソフトバンク光一本になるのでわかりやすくなります。

工事費の残債について

フレッツ光で発生した工事費の分割が残っている人は、ソフトバンク光へ乗り換えた後も請求が続きます。

例)屋内工事の費用を分割払い。1年間使ってソフトバンク光へ乗り換えた場合 工事費:19,440円 分割回数:初回3,240円、2回目以降540円/月×30回 1年で乗り換えると、残り18回×540円が残債となる。
この18回×540円がフレッツ光からではなく、ソフトバンクから毎月請求がきます。 残債の引継ぎは自動的に行われるので、自分で何か手続きをすることはありません。

プロバイダのアドレスを引き継ぎたい人

フレッツ光で契約していたプロバイダをソフトバンク光では継続利用ができないので、解約をする人がほとんど。

ただそうなるとプロバイダからもらったメールアドレスも使えなくなるので、今後も使い続けたい人はコース変更がおすすめです。

毎月200円ほど支払えばアドレスだけを使い続けることができるので、プロバイダに連絡してコース変更を済ませましょう。

プロバイダによってはアドレス使用料が違うこともあるので、確認が必要。

Gmailなどの無料でメールアドレスを取得できるサービスもあるので、アドレス使用料を支払うのが嫌な人は利用してみるのもアリです。

まとめ

フレッツ光からソフトバンク光への転用はメリットが多いので、前向きに検討することをおすすめします。

転用するための手続きが少し複雑ですが、問題なく乗り換えができた人がほとんど。

契約したらプロバイダの解約なども忘れずに行ってください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM