楽天ひかりの工事とは?工事費や工事が遅い口コミなどを徹底解説!

楽天ひかりの工事
楽天ひかりを申し込む際に、楽天ひかりの工事って何をするの?楽天ひかりの工事はどのくらいかかる?など気になることがありますよね。

楽天ひかりの工事費は現在使っている回線や建物の状況によって異なり、工事費は2,200円~19,800円です。

なお、申し込んでから開通工事が完了するまで大体1ヶ月ほどかかります。

この記事では楽天ひかりの工事について以下のような気になる情報をまとめているので、ぜひ目を通してみてください?
●楽天ひかりの工事費はいくら?
●楽天ひかりの工事日はいつになる?
●楽天ひかりの工事の電話はいつくる?

この記事では、楽天ひかりの工事が遅い?などの詳しい口コミについてもしっかり解説していくので目を通してみてください。

楽天ひかりの工事費

楽天ひかりの工事費は建物の設備や工事の内容によって料金が異なります。

以下の表に楽天ひかりの工事費をまとめたので参考にしてください。
工事内容戸建てマンション
派遣あり工事(屋内新設あり)19,800円16,500円
(屋内新設なし)8,360円8,360円
派遣なし工事2,200円2,200円
楽天ひかりの工事は建物の状況と「派遣あり」と「派遣なし」の場合で料金が異なります。

「派遣あり」か「派遣なし」かや屋内新設が必要かなどは、楽天ひかりの申し込み後に工事受付センターからの連絡が来てからしか明確にはわからないので覚えておきましょう。

「派遣あり」の場合は、NTTの作業員が派遣され自宅に入り作業を行うので、1〜2時間程度の作業に立ち会う必要があるので注意してください。

一方で「派遣なし」の場合は自宅での工事作業が発生しませんが、工事費2,200円がかかります。

工事費は36回分割払い

楽天ひかりの工事費は必ず36回の分割払いで支払うことになります。

以下の表に楽天ひかりの工事費の月々の支払い料金をまとめました。
工事内容戸建てマンション
派遣あり工事(屋内新設あり)550円×36回
458円×36回
(屋内新設なし)232円×36回232円×36回
派遣なし工事61円×36回61円×36回
建物の設備や派遣の有無でも料金が異なりますが。多くても月500円の分割払いとなるのでそこまで負担にはならないでしょう。

ただし、楽天ひかりを解約する際に工事費の分割払い回数が残っている場合は、工事費の残債を一括で支払うことになるので注意してください。

例えば、戸建ての方が1年で楽天ひかりを解約する場合は以下の工事費用を一括で支払うことになります。
▼戸建て・派遣工事ありだった場合
550円×(36回-12回)=12,200円

月々で支払う料金は安いですが、解約する際に一括で支払うと高い金額になってしまうこともあるので覚えておきましょう。

土日・時間帯指定は追加料金

楽天ひかりの工事を土日または時間指定する場合には追加料金がかかります。

以下の表に工事費の追加料金をまとめたので参考にしてください。
土日・時間指定
料金
土日3,300円
昼間(9:00~16:00)12,100円
夜間(17:00~21:00)東日本エリア 19,800円
西日本エリア 22,000円
深夜(22:00~8:00)東日本エリア 30,800円
西日本エリア 33,000円
楽天ひかりの工事は日にちと大体の時間は調整が可能ですが、ピンポイントで何時かを指定するには高額な追加料金がかかってしまうので注意してください。

また、時間指定でなくても17時以降に作業する場合は以下の割増料金も加算されてしまいます。

割増工事費
夜間(17:00~21:00)(基本工事費-1,100)×1.3+1,100
深夜(22:00~8:00)(基本工事費-1,100)×1.6+1,100
そのため楽天ひかりの工事は土日や17時以降はなるべく避け、工事日は余裕を持てる日にちにすることをおすすめします。

転用・事業者変更は無料

転用・事業者変更の場合は楽天ひかりの工事費は無料です。

転用とは、フレッツ光から楽天ひかりに乗り換えることをいいます。

事業者変更は、NTTの回線を借りて事業を提供している光コラボ回線同士で乗り換えることです。光コラボは、ドコモ光・ソフトバンク光・ソネット光プラスなどがあります。

工事費が無料な理由は、転用・事業者変更の場合は全て同じNTTの回線を使っているため、回線を切り替える工事が発生しないからです。

すでにフレッツ光や光コラボ回線を利用している方は追加で工事費がかかることがないのが嬉しいポイントでもあります。

\楽天ユーザーは大チャンス/
今なら月額料金が1年無料

選ばれる理由は・・・
★マンションは最安の1年間1,980円!
★戸建ても最安の1年間3,080円!
★さらに!楽天モバイルユーザーは1年間月額0円!
★IPv6対応超高速インターネット!
★楽天市場のお買い物ポイント+1倍

楽天ポイントもザクザク貯まる♪
▼2022年最もお得な申し込み窓口▼楽天ひかりの公式サイト

光電話加入の場合は+4,000円

楽天ひかりは光電話のサービスを提供していないのですが、NTTの光電話サービスへ申し込みをすれば利用することができます。

光電話の工事費は5,000円ほどで、オプションの追加や建物によって、さらに費用が高くなっていきます。

他の光回線で光電話と同時に申し込みをすると、工事費が割引になるケースもあるのですが、楽天ひかりの場合は別会社の電話サービスを利用するため、そのような特典はないようです。

楽天ひかりの申し込みから工事までの流れ

楽天ひかりの申し込みから工事が行われるまでの流れを詳しく解説していきます。
▼申し込みから工事までの流れ 1.楽天ひかりに申し込む 2.工事日を予約する 3.工事が行われる(1~2時間)

1.楽天ひかりに申し込む

まず、楽天ひかりは公式サイト、楽天ショップから申し込みを行います。

転用・事業者変更の場合は申し込みの際に転用・事業者変更承諾番号が必要となるので、現在契約している光回線で取得していください。

なお、申し込みの際に月額料金や工事費のシュミレーションが可能ですが、実際にかかる工事費とは異なる場合もあることを覚えておきましょう。

▼楽天ユーザーは1年無料!▼楽天ひかりの申し込み窓口

2.工事日を予約する

新規で光回線を開通し工事が発生する場合は、数日以内に楽天ひかり工事受付センターから連絡が来ます。

この時に工事日程と最終的な工事費を確認することができます。また派遣あり工事が必要となった場合は工事日の予約をしてきましょう。

3月~4月は光回線の申込みが増えるので、狙った日に工事日の予約がとれないことが多くなるので注意してください。3月に申込みをしたのに5月や6月にならない工事の予約ができない場合もあるので、早めに申し込みをしておくとよいでしょう。

なお、転用・事業者変更の場合はSMSまたはメールで開通日のお知らせが来るだけなので、特に何かする必要はありません。

工事の連絡が来ない場合は?

楽天ひかり工事受付センターから数日経っても連絡が来ないことがあります。

理由としては、工事自体はNTT行うのですがNTTによる申込者の回線状況の確認が遅れていることや申込者が殺到していることがなどがあります。

その場合、順番に対応するのを待っているとどんどん工事の予定が埋まっていってしまうので、ご自身で工事の連絡を取りましょう。

以下の連絡先に問い合わせてください。
▼楽天ひかり工事受付センター 0120-987-899(通話料無料) / 受付時間10:00~21:00(年末年始を除き、年中無休)

3.工事が行われる(1~2時間)

派遣工事が行われる場合は工事日が確定し工事日の当日になると作業開始の電話がきます。数十分後には作業員が家に到着しますので、工事の立ち合いをしてください。

作業が完了したあとに、Wi-Fiルーターなどの設定をすればネットが使えるようになります。

楽天ひかりの工事は遅いって本当?【実際の口コミ】

楽天ひかりの工事について調べていく中で「楽天ひかりの工事は遅い?」と疑問を持つ人が多くいると思います。

そこで実際に利用した方の口コミを調べ、楽天ひかりの工事が遅いのかどうかを徹底的に調査してみました。

工事は平均2週間~1ヶ月で完了

楽天ひかりの工事の口コミについて調べたところ、早くて2週間ほどで工事完了でき、大体は1ヶ月程度かかるのが通常だと見受けられました。

楽天ひかり公式サイトでも、楽天ひかりの申し込みから工事完了まで約1ヶ月かかると回答されています。

他の光回線でも申し込みから工事完了まで2週間〜1ヶ月かかることがほとんどなので、楽天ひかりの工事は決して遅わけではないでしょう。

工事が2~3ヶ月かかったという声が一部あるが・・・

楽天ひかりの工事について一部の口コミには2~3ヶ月かかってしまった場合もありました。
考えられる原因としては、新生活シーズンや引越しシーズンなどの申し込みが殺到している時期は工事予約が埋まってしまい、工事完了まで遅くなるケースがあることです。

ただし、申込者が殺到する時期は一時的なものなので、楽天ひかりを申し込んだ人全員が2〜3ヶ月待たされるわけではないでしょう。
NTT西日本のシステムメンテナンスが工事日が遅い原因?
2021年5月以降、NTT西日本のシステムメンテナンスによってフレッツ光や光コラボ回線の工事が約数万件以上遅延されています。

2022年1月現在もまだ解消されていないという口コミと記事がありました。
なぜ楽天ひかりなどの光コラボがNTT西日本のシステムメンテナンスが影響するかというと、光コラボはNTTの回線を使ってサービスを提供しており、開通工事もNTTが行っているからです。

もし、2021年5月以降で「楽天ひかりの工事が遅い」といった口コミは西日本のシステムメンテナンスが影響している可能性があります。

工事連絡は1週間以内

楽天ひかりの申し込み後、楽天ひかり工事受付センターからの連絡があり、そこで工事の内容や工事の日程調整について知らされます。

楽天ひかりの公式サイトでは申し込みから大体数日で楽天ひかり工事受付センターからの連絡があると記載されています。

実際の口コミでも申し込み後から数日以内に連絡がきて工事予約ができたという方もいました。

しかし、楽天ひかり申し込んでから一週間以上連絡がこないという口コミがあるのも事実です。

なお、フレッツ光や光コラボはNTTの回線を利用しているため、そのすべての回線においてNTTが工事を行います。また、申し込み後に申し込み者の建物状況を確認し工事ができるかどうかを決めるのもNTTです。

そのため、楽天ひかり工事受付センターにいくら工事の催促をしても、NTTからの工事の返答がないかぎり工事予約が遅くなるということがあるそうです。

工事を早める方法はあるの?

工事を早める方法は正直なところありません。

工事を早めるのは難しいので、簡単なアドバイスですが以下の2点を行うのが良いと思います。
●楽天ひかりを申し込んだらすぐ、自分で楽天ひかり工事受付センターに連絡し工事日の調整を行う
●なるべく早めに楽天ひかりを申し込む

早め早めの行動が結果的に工事が早く完了することにつながると思うので、ぜひお早めに楽天ひかりにお申し込みください。

楽天ひかりの工事内容

楽天ひかりの工事内容は戸建てやマンション、また建物の設備状況によって違いがあります。基本的な工事の内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

工事については作業員の人が全てやってくれるので、内容に関してはざっくりと把握しておく程度で問題ありません。

作業の時間は30分~1時間ほどで、立ち合いが必要になることを覚えておいてください。

戸建の工事内容

戸建の場合は電柱に通っている光回線を家の中まで引き込む作業をしていきます。光回線はエアコンダクトや電話線の隙間など利用して、家の中まで引き込みをしていくのですが、通路がない場合は壁に直径1㎝ほどの穴を空けることもあるようです。

穴を空ける場合は事前に教えてくれるので、確認しておきましょう。

次に家の中での作業となり、光コンセントという光回線を通すための専用のコンセントを取り付けます。家の壁にすでに設置してある、電話線などのモジュラージャックを外して新しく付け替えることが多いです。

最後光コンセントから配線された光回線を作業員が設置したONUへ接続すれば工事完了です。

工事完了

ただし、Wi-Fiルーターの設置は自分でやる必要があります。楽天ひかりの場合はWi-Fiルーターをレンタルすることができるので、家に届いたルーターを設定することでWi-Fiが使えるようになります。

設定はWi-Fiルーターに同封されている説明書に沿ってやれば簡単にできますので、初めて光回線を利用する人でも問題ありません。

マンション・アパートの工事内容

マンションやアパートの場合は電柱から光回線の引き込みが終わっていることが多いため、戸建のように電柱から光回線を引き込むような作業は少ないです。

マンション・アパートの場合は建物の外に設置されているMDFという分電版を経由して、各部屋まで光回線を配線しています。

マンションの配線

光回線を新しく契約する場合はMDFから自分の部屋まで回線を引っ張ってくる作業が必要で、マンションの工事の中で1番メインな作業内容となっています。

自分の部屋までの配線が完了すれば、あとは戸建てと同じように光コンセントの設置やONUとの接続をすれば工事完了となります。

楽天ひかりの工事に関するよくある疑問

楽天ひかりの工事ついてよくある質問をまとめたので参考にしてください。

楽天ひかりで工事不要な場合の流れは?

楽天ひかりに転用や事業者変更で乗り換える場合は、工事不要なことがほとんどです。

工事不要な場合は以下の流れで開通されます。
▼工事不要な場合の開通までの流れ
①メールやSMSで開通日の連絡がくる
②開通日当日に勝手に前の回線から楽天ひかりの回線に切り替わる
③開通後にインターネットにつながるか確認し完了
そのため、工事が不要な場合は楽天ひかりを申し込んだ方は特に何かする必要はないので、開通日まで待ちましょう。

工事不要な場合の開通までの期間

工事不要な場合は、楽天ひかりを申し込んだ日によって開通日が決まっており、開通までの期間は大体1ヶ月ほどです。

工事不要な場合は以下の日程で開通工事が行われます。
●毎月5日までの申込⇒翌月1日開通工事
●毎月15日までの申込⇒翌月10日開通工事
●毎月25日までの申込⇒翌月20日開通工事

そのため、転用・事業者変更でいつまでに楽天ひかりを開通したいなどの希望がある場合は申し込み日を調整するようにしてください。

工事連絡が非通知で来る!?

楽天ひかりの工事について調べていると、工事連絡が非通知でくるという以下のような口コミを見つけました。
詳しく調べると、工事連絡が非通知で電話がかかってきたといっているのはこの2つの口コミだけでした。

この口コミだけでは楽天ひかりの工事連絡がかならず非通知で来るとも限らないので、そこまで心配する必要はないでしょう。

工事を無料キャンセルできる?

楽天ひかりでは工事日の3日前までに下記へ問い合わせをすると、別の日に変更や申し込み自体のキャンセルができます。
▼楽天ひかり工事受付センター 0120-987-899(通話料無料) / 受付時間10:00~21:00(年末年始を除き、年中無休)

まとめ

楽天ひかりの工事費用は建物の状況や回線設備によって異なるので、楽天ひかり公式サイトのシュミレーションなども利用して確認してみてください。

楽天ひかりの工事は通常1ヶ月程度かかると思って、早め早めに申し込むのがおすすめです。

\楽天ユーザーは大チャンス/
今なら月額料金が1年無料

選ばれる理由は・・・
★マンションは最安の1年間1,980円!
★戸建ても最安の1年間3,080円!
★さらに!楽天モバイルユーザーは1年間月額0円!
★IPv6対応超高速インターネット!
★楽天市場のお買い物ポイント+1倍

楽天ポイントもザクザク貯まる♪
▼2022年最もお得な申し込み窓口▼楽天ひかりの公式サイト

人気の記事一覧

楽天ひかりに関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る