ソフトバンク光のIPv6を要確認!申し込みから設定までの全手順を解説

ソフトバンク光のIPv6に申し込みたい、必要な費用や設定方法を知りたいなど悩んでいませんか?

ソフトバンク光のIPv6とは、ネットが混雑する時間帯でも速度が遅くなりにくい最新の通信方法のこと。ここでは、ソフトバンク光のIPv6に関する以下の内容を紹介します。

●ソフトバンク光のIPv6の申し込み方法は?
●IPv6接続されているかの確認方法は?
●Wi-Fiルーターの設定方法は?
●IPv6でも速度が遅いときの対処法は?

この記事を読めば、ソフトバンク光でIPv6を安く利用する方法や、IPv6の申し込みから設定までの流れなど全情報が分かります。

ソフトバンク光のIPv6とは?

「IPv6」とは、一般的に利用者が多い「IPv4」よりインターネットが繋がりやすくなる最新の通信方法のことです。

IPv6の仕組みは、以下の図のように道路でイメージすると分かりやすいです。IPv4は道路が狭く渋滞しやすいのに対し、IPv6は道路が広いので混雑時でもスイスイ進みます。


また、IPv6は回線業者によって呼び方が違っていて、ソフトバンク光の場合だと「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」という名前でサービスが提供されています。

サービス名にある「高速ハイブリッド」とは、速度が速いIPv6でサイトにアクセスできなかった場合、従来のIPv4でサイトにアクセスしてくれる便利な機能で、ソフトバンク光のIPv6の最大の特徴でもあります。

従来のIPv4よりも速い

IPv4からIPv6に変更し、実際どれだけの変化があるのかが気になりますよね。

結論からお伝えすると、僕の場合はIPv6にしたことで劇的に速度が速くなりました。

僕のネット環境は、電話線を利用して光回線を繋ぐVDSL方式なので、まったく速度が出ない環境です。

さらに、世帯数が50戸以上あるのでネットが混雑する時間帯はとくに速度が遅くなりがちでしたが、IPv6にしたことで速度の速さが実感できる結果となりました。

実際に測定したIPv4とipv6の速度差をご覧ください。

IPv4とipv6の差
IPv6にしたことにより平均速度が2倍速くなり、ネット混雑時は速度が10メガ以下まで低下する問題も解消できました。

あくまで僕個人の例にすぎませんが、IPv6にして実際に速度が改善でき、なおかつ速度低下の影響を受けにくくなったのは確かな事実です。

ソフトバンク光のIPv6に必要な費用

ソフトバンク光のIPv6を使ってみたいという方のために、必要な費用をお伝えします。

光BBユニットのレンタル代

ソフトバンク光のIPv6を利用するためには、専用のWiFiルーター「光BBユニット」をレンタルする必要があります。

光BBユニットのレンタル費用:月額513円(税込)

また、光BBユニットを2年間の定期契約で利用した場合、合計で12,312円がかかります。

契約期間が長いほどレンタル費用はそれだけ高くなりますが、光BBユニットは販売されていないので残念ながら購入することはできません。

とはいえ、光BBユニットのレンタル費用を抑える方法はいくつかあるので、後ほど紹介するオプションパックや割引き情報を参考にしてみてください。

Wi-Fiオプション料金

光BBユニットでWiFiを使いたい方は、自分で用意したWiFiルーターを光BBユニットに繋げるか、「Wi-Fiマルチパック」というオプションに加入する必要があります。

Wi-Fiマルチパックとは、光BBユニットのWiFi機能を有効にする月額1,089円の有料オプションです。

Wi-Fiマルチパックは、光BBユニットと組み合わせて利用するものなので、毎月の支払いは2つのオプション料金をあわせた1,457円となります。

オプションパックに加入すると安い

光BBユニットとWi-Fiマルチパックの2つのオプションに加入予定の方は、お得なオプションパックを利用するとよいでしょう。

オプションパックとは、以下3つのオプションに同時加入すると適用されるセット料金のことです。
■オプションパック(550円/月)の詳細

①光BBユニットレンタル(513円/月)
→Wi-Fiルーターをレンタルできる

②Wi-Fiマルチパック(1,089円/月)
→家や外でもWi-Fiを使えるようにする

③固定電話サービス(513円/月)
→固定電話を使えるようにできる

※税込み価格
本来なら3つのオプション加入で2,115円の料金がかかりますが、オプションパックは月額550円で3つのオプション(光BBユニットレンタル・Wi-Fiマルチパック・固定電話サービス)が利用できます。

固定電話サービスの利用意思がない方は、電話のオプション加入に抵抗があるかもしれませんが、あくまで加入が条件なのでサービスを利用する必要はありません。
ソフトバンクスマホ料金が最大1,100円割引
ソフトバンクやワイモバイルのスマホと、ソフトバンク光のネット回線をセットにしている方がオプションパック加入すると、スマホ料金が毎月最大1,100円が割引きされる「おうち割」が適用されます。

おうち割で毎月1,100円の割引きされるので、オプションパックにかかる月額550円は実質0円になります。

お得にIPv6を使いたい方は、おうち割の割引を上手に活用するとよいでしょう。

ソフトバンク光のIPv6の申し込みから設定まで

ソフトバンク光のIPv6は、これから申込みをする人と、すでに契約中の人で方法が違うので、それぞれのパターンに分けて紹介していきます。

申し込む

これからソフトバンク光を申し込む場合

ソフトバンク光を新規で申し込む方は、IPv6の利用手続きは必要ありません。

新規申込特典として光BBユニットのレンタルが初月無料でついてくるので、新規で申し込めば必ず光BBユニットが送られてきます。

ただし光BBユニットの無料期間を終わると通常通りお金がかかるので、おうち割やオプションパックを検討している方は、はじめに契約しておくとよいでしょう。

申し込み後、1週間ほどで光BBユニットが自宅に届きます。

ネットの開通工事が済んだ後、ONUと光BBユニットを接続すれば、IPv6でインターネットが利用できるようになります。

ソフトバンク光を契約中の場合

ソフトバンク光を契約している人は、まずIPv6が利用できているかどうかを確認しましょう。

光BBユニットがあれば、IPv6接続になっていますが、どれなのかよくわからない人は「公式ホームページ」でどの接続方式になっているのかを確認してみてください。

IPv6接続になっていない場合は、ソフトバンクショップ、またはMy softbankから光BBユニットのレンタル手続きができます。

申し込みをする時にS-IDとパスワードが必要になるので、契約したときに家に届いている書類で確認してください。

My softbankはネットでの手続になっていて、好きな時間に手続きができるのでおすすめです。
■webでの申し込み方法
1. Mysoftbank にログイン
2.お客様情報⇒ご契約情報⇒お申込サービスの順にクリックし、IPv4での接続を確認
3.画面上部のオプションサービスのお手続き⇒どこでもインターネットをクリック
4.光BBユニットレンタルを選択肢、お手続きをクリック
5.レンタルオプション追加/解約画面で利用するのチェックボックスにチェック
6.申し込むをクリックして、申込手続きが完了

Wi-Fiルーターを設定する

光BBユニットの場合

ソフトバンク光のIPv6は、光BBユニットを繋ぐだけで使えるようになります。

とくに利用設定は必要ありませんが、申し込んですぐIPv6が使えるわけではありません。

IPv6の申込みを開通するまで、最短翌日から長くて1週間のタイムラグがあることを覚えておきましょう。

IPv6が利用可能になったときの連絡はないので、IPv6接続がチェックできるサイトで確認してみてください。

市販ルーターの場合

自分で用意した市販ルーターと光BBユニットを組み合わせて使う方は、お手持ちのWiFiルーターがIPv6に対応しているか確認しておきましょう。

WiFiルーターのIPv6対応状況は、商品パッケージや説明書、公式サイトで確認できます。

またWiFiルーターによってIPv6の利用設定が必要な機種があるので、必要に応じて設定してください。
※BUFFALO製のWi-Fiルーターの設定例
1.Wi-Fiルーターの設定画面(http://192.168.11.1/)をひらく
2.「詳細設定」をクリック
3.「Internet」→「Internet」をクリック
4.「IPアドレス取得方法」で「IPv6オプションを使用する」を選択し設定ボタンを押す

ソフトバンク光のIPv6が遅いときの対処法

速度が改善できるIPv6ですが、通信機器の不具合などで遅く感じることがあります。以下では、速度が遅いときに知っておくと便利な改善策についてお伝えします。

通信機器を再起動

IPv6を利用していても、通信機器に不具合があった場合は速度は遅くなります。

通信機器の内部で何らかの問題が起きていることが原因なので、通信機器を再起動して内部の設定がリセットすることで速度低下の問題は解消できます。

基本的に通信機器に電源スイッチはないので、コンセントを抜き差して再起動してください。

再起動の効果を確実に得るための大事なポイントとして、コンセントを抜いた後、完全に電源が落ちるまで数十秒ほど待ってからコンセントを入れるようにしましょう。

光BBユニットを交換

光BBユニットでIPv6接続ができているのに、速度が遅いと感じる場合、光BBユニットを交換してみるのもありです。

実は光BBユニットも種類があって、古い機種を使っている人はそもそも速度がでません。

機器の側面にシールに記載されてる型番を確認し、古い機種だった場合は最新の光BBユニットに交換することをおすすめします。
種類 【最新】E-WMTA2.3【旧式】E-WMTA2.2【旧式】E-WMTA2.1
型番J18V150.00J18V115.00J18V111.00
有線の速度 最大1ギガ最大1ギガ最大100メガ
WiFiの速度最大1.3ギガ最大300メガ最大300メガ
光BBユニットの型番が「J18V115.00」「J18V111.00」だと古い機種なので、光BBユニットを交換するだけで速度が改善できる可能性は十分あります。

最新の光BBユニットは、WiFiが速くなる5GHzの周波数帯が使われているので、普段からWiFiを利用している方は以下の口コミのように速度の違いが実感できるはずです。
機種が古い場合は、ソフトバンクの会員ページから交換の申込みをして、新しい機器を送ってもらいましょう。

光BBユニットが届く目安はおよそ1週間、交換費用や配送料は無料なので自己負担はありません。

古い機種は配達員が引き取ってくれるので、ダンボールなどで梱包しておけば大丈夫です。

まとめ

IPv6を使ってどれだけの効果があるのか、人によって変わるので言い切れない部分はありますが、僕の場合インターネットが快適に利用できるようになったのは事実です。

現在IPv4のままで、速度に不満がある方はぜひIPv6の利用をぜひ検討してみてください。

この記事が、少しでもIPv6の利用を検討している方の参考になれば嬉しいです。
\2021年大人気/
速くて安い!ソフトバンク光
●ソフトバンク光が選ばれる理由
最大54,000円キャッシュバック!
★マンション月額4,180円!
★戸建て月額5,720円!
★乗り換えなら工事費実質無料!
★乗り換え時の違約金を満額還元
★Softbankスマホ最大1,100円割引に!

引越し時期は工事が大変込み合うので申し込みは余裕をもってお早めに!
▼54,000円キャッシュバック▼

人気の記事一覧

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る