ソフトバンクエアーの評判が悪いのは本当?実際の口コミからわかったメリット・デメリットを徹底解説【2022年12月】

ソフトバンクエアー
ソフトバンクエアーは料金が高いって聞くけど本当?速度は遅いの?など実際のところが気になっていませんか。

結論、ソフトバンクエアーは料金も安い方で速度も問題なく使える、ソフトバンクユーザーにおすすめのホームルーターです。

とは言え、悪い評判が多いとなると本当に大丈夫なのか心配になりますよね。

この記事では
・ソフトバンクエアーの料金
・ソフトバンクエアーの速度
・ソフトバンクエアーのメリット・デメリット
・ ソフトバンクエアーのおすすめの申し込み窓口

などを利用者の口コミや評判と、その評判の真相も含めて詳しく解説していきます。

この記事を読めばソフトバンクエアーを契約する前に知っておきたい情報が丸わかり!ぜひ最後までご覧ください。

目次

【結論】ソフトバンクエアーはこんな人におすすめ

ソフトバンク株式会社が提供する、コンセントに挿すだけでネットが利用できるおうちのWi-Fiです。データ容量は無制限、契約期間の縛りなしで利用が可能。4G、5Gに対応しています。

ソフトバンクエアーと聞くと料金が高い、速度が遅いなどの評判が目立ちますが、実際のところおすすめできる人はどんな人なのでしょうか?

結論、ソフトバンクエアーをおすすめできる人、できない人はこんな人です!
ソフトバンクエアーをおすすめできる人ソフトバンクエアーをおすすめできない人
月額料金の安さを重視するソフトバンクユーザー・ソフトバンクユーザー以外
・短期利用を考えている人
・指定の場所以外でも使用したい人
ソフトバンクエアーは料金が飛びぬけて安い訳でも速度がすごく速いわけでもないですが、ソフトバンクのスマホを利用している人は割引が適用されるため、料金の安さ重視なソフトバンクユーザーにおすすめのホームルーターです。

ソフトバンクユーザーの中でも速度を最重視したい人は、料金は高くなりますが他のホームルーターを選んだ方が良いでしょう。

また、ソフトバンクエアーは他のホームルーターに比べ端末代が割高なため、端末代の分割払い中に解約すると支払わなければならない端末代の残債が高額になってしまうのが短期利用に向かない理由です。

まとめると、月額料金の安さを最重視する、3年間の利用を前提としたソフトバンクユーザーにおすすめというわけです。
\顧客満足度NO.1の申し込み窓口はこちら/ソフトバンクエアー×GMOとくとくBB

ソフトバンクエアーは料金が高いって本当?

ソフトバンクエアーの料金は以下になります。
ソフトバンクエアーの月額料金
初月~24ヶ月目4,180円
25ヶ月目以降5,368円
ソフトバンクエアーは料金が高いと言われていますが、その噂は本当なんでしょうか?
結論、ソフトバンクエアーはキャンペーンが適用されることでホームルーターの中でも比較的安く利用ができます。

巷で高いと言われているのはキャンペーンの割引なしの料金や旧料金プランのことがほとんど。このあと詳しく解説していきます。

ホームルーターの中では安い方

ホームルーターの料金相場は月々4500円ほどです。対してソフトバンクエアーは4,180円~なので、他のホームルーターと比較しても安さを実感できる月額料金となっています。
サービス月額料金
ソフトバンクエアー初月~24ヶ月目:4,180円
25ヶ月目以降:5,368円
GMOとくとくBBWiMAX初月~2ヶ月目:1,474円
3~36ヶ月目:3,784円
37ヶ月目以降:4,444円
ドコモhome5G4,950円
ドコモhome5G初月~24ヶ月目:4,620円
25ヶ月目以降:5,170円
ソフトバンクエアーは端末が2種類から選択でき、端末によって月額料金が変わります。今主流の最新端末(Airターミナル5:5G対応端末)を選んだ場合は、上記の料金になります。

WiMAXには劣りますが、24ヶ月間は相場よりも安く利用できることがお分かり頂けるでしょう。

安い理由は2年間の月額割引

ソフトバンクエアーを新規契約すると、スタート割プラスという月額料金が2年間1,188円引きになるキャンペーンが適用されます。

このキャンペーンは過去3ヵ月以内にソフトバンクエアーやソフトバンク光を解約していないことなど基本的なことが条件となるため、ほとんどの人が適用されると思って大丈夫です。

この割引があることで、ホームルーターの中でも比較的安い料金で利用することができます。

3年目以降は割高だが・・

スタート割プラスが終了した3年目以降の月額料金は、ホームルーターの中で一番高くなります。

しかし、ソフトバンクユーザーであればセット割でひとりにつき月1,100円が割り引かれるため、固定費というくくりで見たら変わらずお得になります。

ソフトバンクユーザーでないと高い料金で利用することになるため、正直メリットがないと言えるでしょう。

セット割について詳しく知りたい人はおうち割光セットでソフトバンクスマホ代が1100円割引をご覧ください。

最安で利用したいならAirターミナル4NEXT

ソフトバンクエアーは、Airターミナル4NEXTと、5G対応のAirターミナル5から端末を選ぶことができます。

どちらも月額料金は変わりませんが、Airターミナル4はスタート割プラスに加えて更に1,100円×12ヵ月間の割引が適用されます。

その結果、下記のように1年間は3,080円という安さで利用ができます
利用期間月額料金
初月~12ヶ月目3,080円
13~24ヶ月目4,180円
25ヶ月目以降4,180円
Airターミナル5の5G通信と比べると速度は3分の1以下となりますが、料金の安さ重視であればエアターミナル4NEXTを選ぶことをおすすめします。

ポケットWiFiよりは高い・・・?

ホームルーターと同じく工事不要でネットが利用できるポケットWi-Fiと料金の比較をすると、ソフトバンクエアーの方が高いです。
サービス月額料金
ソフトバンクエアー5,368円
(~2年目4,180円)
MUGEN Wi-Fi3,328円
ZEUS Wi-Fi2,178円~
縛られないWi-Fi3,190円~
とはいえ、ポケットWi-Fiは月々のデータ容量に制限があり、持ち運べる分ホームルーターより電波の安定がしにくい、というデメリットがあります。

一方ソフトバンクエアーであれば、データ容量の制限なしで、固定の場所で思う存分安定したネットが使えます。

このように、ポケットWi-Fiよりも快適にネットが使える設備が備わっているため、ソフトバンクエアーの方が高くなってしまうのは当然ではないでしょうか。
\顧客満足度NO.1の申し込み窓口はこちら/ソフトバンクエアー×GMOとくとくBB

ソフトバンクエアーは遅いと言われる口コミの原因は?

続いては、ネットを選ぶ際に重要な通信速度についてです。

ソフトバンクエアーは「遅い」「繋がりにくい」などの声が聞かれるのは本当でしょうか?



ではなぜ遅いと言われてしまうのか、利用者の口コミも参考に原因を見ていきましょう。

複数人での使用には向いていない

ここからは、速度が遅いという口コミとともにその原因を解明していきます。

ひとつ目の原因として考えられるのは、ひとつの端末を複数人で利用している場合です。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5は最大128台接続可能となっていますが、一人で利用するよりも複数人で利用する方が回線が混雑し速度が落ちる場合があります。
上記の声からもわかるように、ソフトバンクエアーは複数人では快適に使うのが難しい場合があるため、一人か、最大でも二人での利用を推奨します。

夜間に繋がりにくくなるという噂も

遅くなる原因のふたつ目は、夜間など皆が利用する時間帯は速度制限がかかる場合があるということです。

ソフトバンクエアーの公式サイトには以下の注意書きがあります。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
引用元:ソフトバンクエアー公式サイト

実際に僕もソフトバンクエアーを利用していたときは、夜の21時~23時ぐらいにネットが繋がりにくくなってスマホで見ていた動画が止まることがあり、口コミでも同じような声が見られました。
速度制限にかかってしまうと、Wi-Fiで繋いでいるよりもスマホの通信を使った方がダンゼン速くなるので、ソフトバンクエアーを契約している意味がないです。

もしも速度が遅くてネットが使えない状況になってしまった場合は、速度が遅いときの原因と対処法をご覧になってください、それでも改善しなかったらソフトバンクのサポートセンター(0800-1111-820)に相談しましょう。

電波が安定しないのは基地局の問題も

基地局

ソフトバンクエアーの通信速度が遅くなる原因の3つ目は、使用している基地局(無線通信を行っている場所)の問題があります。

ソフトバンクエアーは旧ウィルコムの基地局をメインで使用しており、この基地局は電波が遠方まで届きにくく、障害物に弱いという特徴があります。
そのため、使用する場所によっては電波が安定しない場合が出てきてしまうというわけです。

ソフトバンクエアーの速度を大調査

遅いと言われるソフトバンクエアーですが、最大速度は2.1Gbpsで、5G対応なため、通信速度は日常で使うには問題なく、快適に使える速度です。

それでは詳しく見ていきましょう。

最大速度は2.1Gbpsで高速通信

ソフトバンクエアーAirターミナル5の通信最大速度は2.1Gbpsと速いです。
日常でインターネットを利用する場合30Mbpsほどの速度が出ていれば快適であることを踏まえると、ソフトバンクエアーはかなりの高速通信ができるスペックを持ったホームルーターであることがわかります。

平均速度も意外と速い

上記の数値はあくまで最大速度。実際に使うには普段の生活でどのくらいの速度が出てるのか、平均速度を知ることが必要です。

結論、ソフトバンクエアーは平均速度において他のホームルーターと比較しても速いほうであることがわかりました。
利用者が実際に実測した速度が載っているサイト、みんなのネット回線速度を参考に、各ホームルーターの速度をまとめました。
サービス最大速度平均速度
ソフトバンクエアー2.1Gbps95.79Mbps
GMOとくとくBBWiMAX2.7Gbps47.0Mbps
ドコモhome5G4.7Gbps207.05Mbps
auホームルーター5G2.7Gbps57.78Mbps
最大速度4.7Gbpsという超高速通信が売りのドコモhome5Gと比較すると速度は劣りますが、最大速度がさほど変わらない他のホームルーターと比較するとソフトバンクエアーの平均速度は速いということがわかります。

5G対応

ソフトバンクエアーはAirターミナル5の端末を選ぶと5G接続が可能です。

5Gは4Gに比べて通信速度は20倍、遅延は10分の1の高速通信が叶います。
利用できるエリアは限られているため、事前に公式サイトで提供エリアの確認をしましょう。

SNS・動画視聴・在宅ワークは問題なしの声

ここでは、実際にソフトバンクエアーを利用している人の評判を見てみましょう。

速い!の声はあまり見られませんでしたが、普段の生活でSNSや動画視聴をする分には問題なく利用できている人の声が見受けられます。
このように、ネットを同時で使用しても快適に使えるという声もありますね。

オンラインゲームも問題ない

では、オンラインゲームの利用ではどうでしょうか。

結論から言うと、ソフトバンクエアーを利用してのオンラインゲームは、すごく快適とまではいきませんが問題なく利用することができます
オンラインゲームをするにあたって重要となるのが反応速度を表すPing値です。Ping値は低い方がラグが起きにくく、ゲームがしやすいです。

Ping値における体感の目安はこちら。
体感の目安Ping値
かなり快適1~15ms
快適16~40ms
微妙41~60ms
遅い61~100ms
ソフトバンクエアーのPing値は平均40.19msであるため、ストレスなくゲームができるギリギリのラインであることがわかります。

Ping値をさらに低くしたいなら光回線を選ぼう

上記の表を見て、Ping値がもっと低いホームルーターはないの?と思った方。

下記の表をご覧いただけるとわかる通り、ホームルーターのPing値には限界があります
サービス平均Ping値
ソフトバンクエアー40.19ms
GMOとくとくBBWiMAX46.93ms
ドコモhome5G51.63ms
auホームルーター5G50.19ms
この通り、オンラインゲームの快適さを一番に求める人にはそもそもホームルーターは向いていません。

一方光回線の平均Ping値は20ms前後。

その中でもゲーム回線と呼ばれるようなゲームをするのに優れている光回線ではPin値が10ms以下のものもあるため、そのような光回線を選ぶのが得策と言えます。

結論:ソフトバンクエアーは快適に使える

ここまでソフトバンクエアーの速度について様々な角度から解説してきましたが、まとめると、ソフトバンクエアーは大人数での使用や通信制限がかかった場合を除いて基本的には快適に利用できると言えます。

Twitterなどの口コミではマイナスの声が集まりやすいもの。また、利用状況によっても速度は大きく変わります。

本文でも触れている実測値なども判断材料として検討してみてくださいね!

ソフトバンクエアーを契約前に知りたい全デメリット

ここでは、ソフトバンクエアーのデメリットについて解説します。

ソフトバンクエアーのデメリットは、以下の3つです。
  • 解約時に端末代の残債を支払わなければならないことがある
  • 登録住所以外では使えない
  • 5Gは全国どこでも対応しているわけではない
ですがどんなサービスにもデメリットはつきもの。デメリットを正しく理解して利用するかどうかの判断をしましょう。

解約金は0円だが・・・

ソフトバンクエアーは契約期間の縛りがないため、いつ解約しても違約金・解約金はかかりません。

WiMAXなど他のホームルーターでは2〜3年の契約期間があるため、解約金が無料なのはメリットと言えるはずです。

しかしデメリットとなってしまうのは、解約時期によっては高額の端末代の支払いをしなければならないからです。

次の項目で詳しく説明していきます。

端末代も実質0円だが・・・

ソフトバンクエアーなどのホームルーターを契約すると、利用料金の他に端末代がかかります。

ソフトバンクエアーは2つの契約が必要
引用元:ソフトバンクエアー重要事項説明書

ソフトバンクエアーAirターミナル5の端末代は71,280円ですが、端末代を36ヶ月で割った1,980円を月々割引することで、3年間利用すると実質端末代が無料になる仕組みとなっています。

そのため裏を返すと、3年未満で解約した場合は端末代の支払いが残ってしまうということになります。

3年以内の解約で残債発生

もし3年以内にソフトバンクエアーを解約した場合、先ほども述べたように端末代の残債を一括で支払わなければなりません。

例えば、1年でソフトバンクエアーを解約した場合は・・
71,280円-(1,980円×12ヶ月)=端末代残債 47,520円
47,520円もの大金を一括で支払うとなると痛い出費ですよね。
契約してから後悔することがないように、どのくらいの期間利用するのかをあらかじめ考えてから契約しましょう。

他社で違約金を払った方が安い場合も

2022年7月よりネット料金の改定がありどのサービスも違約金が大幅に下がったため、ソフトバンクエアーの端末代を払い終わる前に解約するなら、契約期間があっても端末代が安いサービスを途中で解約した方が安い場合があります。

例えば、GMOとくとくBBWiMAXは2年間の契約期間がありますが契約期間途中の解約でかかる違約金は1,100円、端末代はソフトバンクエアーより大幅に安い21,780円です。

そのため1年で解約した場合、端末代の残債を踏まえても・・
21,780円-(605円×12ヶ月)+1,100=端末代残債 15,620円
ソフトバンクエアーの3分の1以下の料金で解約できるのです。

はじめから短期で利用する予定なら端末代が無料のホームルーター、5G-CONNECTもぜひご検討ください。
\端末代が無料/5G-CONNECT公式サイト

登録場所以外では使えない

ソフトバンクエアーは、登録した住所以外で使用することができません。

登録住所以外で利用するとソフトバンクから連絡がきて、速度制限がかかります。
その点、WiMAXなどはコンセントがあればどこでも利用できます。

ただし、そもそもホームルーターは端末も大きく持ち歩きには不向きなため、外で利用する際は持ち歩きのできるポケットWi-Fiを利用することをおすすめします。

5G対応エリアはまだまだ狭い

ソフトバンクエアーのAirターミナル5は5G接続に対応していますが、全国どこでも利用できるわけではありません
このように契約しようとしたらエリア外だったということも少なくないようです。

ただ、今後5Gエリアは徐々に拡大していく予定のため、お住まいの地域がエリア外だったとしても可能性は捨てずにいましょう。

エリアの確認は公式サイトからできます。

ソフトバンクエアーの評判からわかったメリット

続いて、ソフトバンクエアーのメリットについて説明していきます。

ソフトバンクエアーのメリットは以下の3つです。
  • データ容量が無制限で使える
  • キャンペーンが豊富でお得に利用できる
  • 申し込み8日以内なら無料で返却できる
特に、ソフトバンクエアーは様々なキャンペーンを実施していて乗り換えやすいことが大きな魅力です。

ソフトバンクユーザーはかなりお得に利用できますので、見逃さないでくださいね!

データ容量が無制限

ソフトバンクエアーはデータ容量が無制限のため、一ヵ月で何ギガ利用しても速度制限がかかることはありません。

他のホームルーターやポケットWi-Fiでは3日間で何ギガ使うと速度制限がかかるというようなサービスもあります。
上記の声のように、速度制限があると仕事に支障が出たり思う存分ネットを楽しめなくなりますよね。

その分ソフトバンクエアーであれば容量を気にせずネットを利用することができますよ

キャンペーンが豊富

ソフトバンクエアーでは月額料金が割引になるスタート割プラスの他にも、現在以下の公式キャンペーンを実施しています。
  • おうち割 光セット
  • おうち割 光セット スタートキャンペーン
  • SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
ソフトバンクユーザーも、これからソフトバンクのスマホを利用しようとしている人にとってもお得に利用できるようになっています。

おうち割光セットでソフトバンクスマホ代が1,100円割引

おうち割光セット
出典:ソフトバンク公式サイト
「おうち割光セット」は、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ代が毎月550円〜1,100円割引になるキャンペーンです。

またこのキャンペーンですが、割引を受けられるのはソフトバンクエアー契約者本人だけでなく家族分のスマホ10回線まで割引が適用されます。

一緒に住んでいる必要はないため、遠く離れた家族の分の携帯代も安くすることができるのです。

ソフトバンクエアー申し込み時にソフトバンク/ワイモバイルのスマホを利用しているかの確認があるため、別途申請することなく割引が適用されますよ。

乗り換え金も負担してくれる

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
出典:ソフトバンク公式サイト
ソフトバンクエアーに申し込むと、他社のスマホからソフトバンク/ワイモバイルに乗り換える際の違約金や、他社のネット回線から乗り換える際の違約金・工事費などを負担してくれます。

それが「おうち割 光セット スタートキャンペーン」と「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」です。

スマホやネット回線を乗り換える際、ネックとなるのが違約金。そこをカバーしてくれるとなると断然乗り換えやすくなります。

還元を受けるためには金額がわかる証明書が必要なため、なくさないように保管をしてソフトバンクエアー申し込み後に申請を行いましょう。

8日以内なら無料で返却できる

ソフトバンクエアーは、申し込みから8日以内に返却した場合は利用料がかかりません。

ネットの通信はどうしても利用環境に左右されてしまうので、実際に使うまで快適に利用できるかわからないところがあります。

その点、万が一満足に利用できなかったとしても無料で契約をキャンセルできるのはありがたいですよね。

ソフトバンクエアーよりおすすめのインターネットは?

ここまでお話しした注意点を知ったうえで、ソフトバンクエアーよりもおすすめのインターネットをご紹介します。
  • ソフトバンクエアーよりも速くて解約金0円のホームルーターを使いたい人は5G CONNECT
  • ソフトバンクエアーより安くて速い持ち歩き用Wifiを使いたい人はポケットWi-Fi/WiMAX
  • 工事があっても安くて速いインターネットを使いたい人はソフトバンク光

速くて解約金0円のホームルーター『5G CONNECT』

ソフトバンクエアーに代わっておすすめしたいサービスの1つ目は『5G CONNECT』です。	 

5G CONNECTがソフトバンクエアーよりもおすすめなポイントは、いつサービスを解約しても違約金0円で、端末代残債も0円ということ。	 

さらに通信速度は、最新の5G対応で最大2.7Gbpsの高速通信が可能です。

もし仮に速度に関して不安がある場合でも、『30日お試しモニター』を利用できるので安心です。試しに使ってみて、速度に満足できなければ、解約しちゃいましょう。	 

端末代が無料な分月額料金は【月々4,950円】とソフトバンクエアーよりも若干高めですが、その分ユーザーへの配慮がピカイチのホームルーターなんです。
\ソフトバンクエアーより速い!残債0円/5G-CONNECT公式サイト

ポケットWiFiやWiMAXがおすすめ

ソフトバンクエアーと同じく工事不要で使えるネットには、ポケットWiFi(WiMAXや〇〇Wi-Fi)もあります。

中にはソフトバンクエアーより料金が安く、速度も速いポケットWi-Fiも存在します。
	 
中でもおすすめなのは「GMO WiMAX」という持ち運び式のポケットWi-Fiです。最大速度はソフトバンクエアーよりも速い最大2.7Gbpsで、帯域が広くて大手プロバイダGMOが手掛けているため定評があります。
\15:30までの申込で即日発送!/大人気!GMO WiMAXに申し込む
【2022年最新】安いポケット型WiFi・モバイルWi-Fiのおすすめを徹底比較!厳選4社ランキング公開
【2022年最新】安いポケット型WiFi・モバイルWi-Fiのおすすめを徹底比較!厳選4社ランキング公開【2022年7月1日更新】ポケット型WiFiを契約したいけど何がおすすめなのか分からないという人は多いでしょう。サービスによって料金・速度・データ容量・エリア・…

光回線ならソフトバンク光がおすすめ

ソフトバンク光はSoftBankのスマホとセット割(毎月1,100円割引き)になる光回線。

とにかく料金が安いので、一人暮らしやネット使用量が少ない人にとってもソフトバンクエアーよりおすすめできるサービスです。

ソフトバンク光では光回線の工事をしないといけませんが、どの時期でも24,000円分の「工事費キャッシュバックキャンペーン」をやっていてお得に利用できます。

このように、ソフトバンクエアーを契約するならソフトバンク光の方がおすすめできるので、以下で詳しく見ていきましょう。

月額料金が1,000円も安い

月額料金SoftBnak AirSoftBnak光
1~2年目4,180円4,180円
3年目以降5,368円4,180円
上の表を見ると、ソフトバンク光はソフトバンク光よりも3年後の料金が1,000円も安いことが分かります。

注意点としてもお伝えしたように、ソフトバンクエアーの割引キャンペーンは3年間限定なので、ずっと月額4,180円で利用できるソフトバンク光の方がお得です。

光回線の料金は高いというイメージがあるかもしれません。戸建ての場合は月額5,720円なので少し高いですが、マンションの場合は戸建てより1,000円以上も安く利用できます。

2年後に無料で解約できる

ソフトバンクエアーの最大の注意点は、解約時に端末代の未払い分がプラスされるため高額な解約費用が発生することでした。

以下の表では、解約する時期ごとに発生する費用を比較しています。
解約時期SoftBnak AirSoftBnak光
1年後39,600円10,450円
2年後19,800円0円
3年後0円10,450円
4年後0円0円
ソフトバンクエアーだと契約期間の2年後に解約しても2万円近くの費用を払わないといけませんが、ソフトバンク光は2年後に解約すれば負担額が0円になります。

さらに、どの時期に解約しても発生する解約費用は最大でも10,450円となっていて、高額請求される心配がなくて安心です。

ソフトバンクエアーの速度より2倍速い

ソフトバンク光は自宅を工事してケーブルを直接つないでいるので、ソフトバンクエアーよりも速度が安定しています。

Twitterで口コミを見てみると、以下の投稿のようにソフトバンク光の方が速いという利用者がたくさん見つかりました。

ソフトバンクエアーとソフトバンク光を詳しく比較した記事はこちら

\顧客満足度NO.1の申し込み窓口はこちら/ソフトバンク光×GMOとくとくBB

ソフトバンクエアーがいいなら

ここまで読んできて良い面も悪い面もわかった上でソフトバンクエアーに申し込みたい人に向けて、おすすめの申し込み窓口(代理店)を紹介します。

結論、2022年現在でおすすめ申し込み窓口は月額料金が最安の「モバレコエアー」です。
ソフトバンクエアーに申し込むには公式サイト以外にも申し込み窓口があり、代理店ごとに実施しているキャンペーンが異なります。

また、代理店のキャンペーンに加えてソフトバンク公式のキャンペーンも概ね併用可能なため、上記の代理店からお得に申し込みましょう♪

最安のモバレコエアーがおすすめ!

モバレコAir
出典:モバレコAir公式サイト
ソフトバンクエアーの申し込み窓口で一番おすすめなのが、モバレコエアーです。

モバレコエアーと聞くと聞き慣れないかもしれませんが、ソフトバンク社と業務提携をしたグッドラック社が、ソフトバンクエアーをモバレコエアーという名前に変えて同じものを売っているという認識で大丈夫です。

モバレコエアーの特徴は、限定の月額割引によりソフトバンクエアーよりも安い料金で月々の利用ができること。
 ソフトバンクエアーモバレコエアー
初月~12ヶ月目3,080円3,679円
(1ヵ月目~2ヵ月目:2,167円)
13~24ヶ月目4,180円3,679円
25ヶ月目以降5,368円5,368円
上記を見ると、ソフトバンクエアーに比べて1~2ヶ月目が圧倒的に安いため気軽に始められて、2〜3年目の料金も安く続けやすいことがわかります。

また、17,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンも実施中。難しい条件や申請はなく最短申し込み翌月に振り込まれるというスピーディーさも魅力です。

今ならU-NEXTの特別無料トライアルつき

今ならU-NEXTの特別無料トライアルつき!
出典:モバレコAir公式サイト
さらに、今ならこのサイトから申し込むと映画やアニメなど見放題数NO.1のサブスクサービス、U-NEXTがなんと6ヵ月間無料で楽しめる特典もついてきます。

ソフトバンクエアーを利用するならモバレコエアー一択ですね!
▼モバレコエアー公式サイト▼モバレコAir申し込みはこちら
モバレコAirのキャンペーン全まとめ!キャッシュバックや月額割引など、どこよりも詳しく大解説
モバレコAirのキャンペーン全まとめ!キャッシュバックや月額割引など、どこよりも詳しく大解説【2022年7月4日】モバレコAirのキャンペーンの全てを大解説!モバレコAirではキャッシュバックと月額割引の2つと、ソフトバンクのキャンペーンの計5つのキャ…

ソフトバンクエアーのよくある質問

ソフトバンクエアーのメリットは?

ソフトバンクエアーのメリットは、ソフトバンクユーザーはスマホ代が安くなること、データ容量が無制限で使えること、キャンペーンが豊富なことなどです。

詳しく知りたい方はソフトバンクエアーの評判からわかったメリットをご覧ください。

ソフトバンクエアーのデメリットは?

ソフトバンクエアーのデメリットは、短期で解約すると残債を支払わなければならないこと、登録住所以外では使えないこと、5Gは全国どこでも対応しているわけではないことです。

ソフトバンクエアーを契約前に知りたい全デメリットで詳しく解説しています。

ソフトバンクエアーには契約期間・違約金はある?

ソフトバンクエアーは契約期間・違約金のない縛りなしのホームルーターです。

ただし、3年以内に解約すると端末代の残債を支払わなければならないので注意しましょう。

ソフトバンクエアーのキャンペーンはある?

ソフトバンクエアーは月額料金が割引になる「スタート割プラス」の他にも、ソフトバンクエアーユーザーのスマホ代が安くなるキャンペーンや乗り換え時の違約金等を負担してくれるキャンペーンがあります。

また、ソフトバンクエアーと同端末のモバレコエアーでは更にお得なキャンペーンを実施中です。

気になった方は最安のモバレコエアーがおすすめ!をご覧ください。

ソフトバンクエアーの提供エリアは?

ソフトバンクエアーは全国で提供しています。

しかし、5G対応エリアは限られているので公式サイトから確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ソフトバンクエアーはデメリットもありますが、悪い口コミだけがすべてではなく、メリットもあるホームルーターであることがわかりましたね。

あらためて、おすすめできる人、できない人をまとめました。
ソフトバンクエアーをおすすめできる人ソフトバンクエアーをおすすめできない人
月額料金の安さを重視するソフトバンクユーザー・ソフトバンクユーザー以外
・短期利用を考えている人
・指定の場所以外でも使用したい人
この記事があなたのネット選びの参考になったら嬉しいです。
株式会社ブレイブ

電気通信事業者番号:A-02-18214
TOPへ戻る