ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較!ソフトバンク光に乗り換えるのが正解です。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーはどちらがお得かで悩んでいる人のためにサービス内容を徹底的に比較していきます。

結論を先に言うと、ソフトバンクエアーは光回線の工事をしなくて良いのが大きなメリットと言えますが、それ以外の速度や料金、解約費用を比べるとソフトバンク光の方がお得になることが分かりました。

この記事では、両方のサービスを比較したうえでソフトバンク光の方がおすすめな理由を明らかにし、ソフトバンクエアーから乗り換える方法も一緒にまとめています。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光には違約金も端末代も0円にして乗り換えられるので、ぜひ最後までご覧いただきたいです。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較

 SoftBnak AirSoftBnak光
回線工事なしあり
通信速度481メガ1,000メガ
月額料金4,880円3,800円
解約負担違約金9,500円
+端末代の残債
違約金9,500円
+工事費の残債
セット割-1,000円/月-1,000円/月
ソフトバンクエアーとソフトバンク光は両方ともソフトバンクが提供していて、上の表で比較したようにサービス内容が違うところもあれば同じところもあります。

これから細かく比較内容を見ていきますが、その前にエリアの確認が必要です。

ソフトバンク光は全国的に対応していますが、ソフトバンクエアーは使えない地域があるので、以下のサイトでエリア検索をして対応しているかどうかを確認しましょう。

ソフトバンクエアーのエリア検索はこちら

回線工事の有無を比較

まず一番の比較ポイントとして、ソフトバンク光は光回線なので部屋まで線をつなげるために工事が必要ですが、ソフトバンクエアーは工事しなくても使えます。

そのため、工事までに2週間~1ヶ月かかる光回線より、申し込みから1週間後に届いてすぐに使えるソフトバンクエアーの方が手軽なのは言うまでもありません。

またソフトバンク光は引っ越しで家が変わるごとに工事しないといけませんが、ソフトバンクエアーなら住所変更するだけで同じ端末がそのまま利用できます。

工事が面倒な人や引っ越しが多い人にとって、ソフトバンクエアーは魅力的なサービスと言えますが、それだけで判断してしまうと速度と料金の両方で損することになるので以下の比較も必ず目を通してください。

速度が速いのはソフトバンク光

次に速度を比べたところ、やはり光回線のソフトバンク光の方が圧倒的に速いです。

そもそも壁や障害物の干渉を受けやすい電波を使っているソフトバンクエアーよりも、有線でつながっているソフトバンク光の方が速いのは当然ですが、どれくらい違うのかを以下の表で比較しました。

※最大速度:公式で発表されている理論的に出せる速度
※実測値:直近3ヶ月間の利用者が測定した平均速度(参照:『みんなのネット回線速度』|ソフトバンク光はマンションタイプの速度)

 SoftBank AirSoftBank光
最大速度481メガ1,000メガ
実測値30メガ190メガ

最大速度はソフトバンクが発表している速度なので当てになりませんが、2020年3月時点でそれぞれの利用者が実際に測った速度(5,000件以上)を平均して比べると、6倍以上もソフトバンク光の方が速いことがわかります。

動画を見たりスマホゲームしたりするぐらいなら10メガで十分と言われていて、ソフトバンクエアーでも30メガなら快適に使えますが、速度が速いに越したことはありません。

さらに、ソフトバンクエアーは光回線よりも速度が安定せず、利用環境によっては遅すぎて以下の口コミのようにソフトバンク光に乗り換える人がたくさんいました。
僕も以前ソフトバンクエアーを利用していましたが、仕事から帰ってきた夜にYouTubeを見ていると途中で動画が止まってしまい、けっきょくWi-Fi接続を切ってスマホのデータ容量を使うしかありませんでした。

ソフトバンクエアーが遅くなる原因は、公式サイトにある以下の注意書きのように、同じ時間帯に利用している人が多くなるほど混雑して速度が制限されてしまうからです。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
引用元:SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の速度制限などについて

ソフトバンクエアーは混雑すると速度制限にかかりますが、ソフトバンク光は速度制限にかかる心配が一切ありません。確実に安定した速度で利用したい人はソフトバンク光を選びましょう。

\2020年大人気/
速くて安い!ソフトバンク光

ソフトバンク光が選ばれる理由
54,000円キャッシュバック!
★月額料金安すぎる!
★乗り換え時の違約金を満額還元
★スマホ代が最大1,000円割引に!
乗り換えは工事費0円&他社の解約金も満額還元◎

ソフトバンクのスマホとセットにしてお得に使えるので1番選ばれています!

▼54,000円キャッシュバック▼ソフトバンク光申し込み

料金が安いのもソフトバンク光

ソフトバンク光の料金は戸建てプランだと5,200円/月ですが、マンションプランは3,800円/月となっていて、ソフトバンクエアー(4,880円/月)よりも1,080円安く利用できます。

さらに、ソフトバンクエアーでは最初の1年間だけ毎月580円割引きされるキャンペーンをやっていますが、それでもソフトバンク光の方が500円安いという結果になりました。

利用期間ごとのそれぞれの料金を以下の表で比較しているのでご覧ください。
 1年目2年目以降
SoftBank Air4,300円/月4,880円/月
SoftBank光3,800円/月3,800円/月
また、ソフトバンクエアーには契約方法が2通りあって、上の表で比較した料金はルーター本体を「購入」する場合で「レンタル」する場合は5,370円/月と一段と高くなります。

どちらにせよ、ソフトバンクエアーの方が高いことは変わらないので、速度面だけでなく料金面だけで比べてもソフトバンク光の方がお得になることを覚えておきましょう。

実際にツイッターで検索すると、ソフトバンク光の方が安いことを教えてくれる以下のような投稿がたくさん見つかりました。

解約時の負担もソフトバンク光の方が少ない

これから申し込む人は解約についてあまり気にしないかもしれませんが、どちらも解約のタイミングによっては費用が請求されます。

両方とも契約期間は2年で途中解約した場合に解約違約金として9,500円かかるのは一緒ですが、それぞれ以下のように端末代と工事費の未払い分も必要です。
 SoftBank AirSoftBank光
解約違約金9,500円
その他の費用端末代の未払い分
(1,650円×36ヶ月)
工事費の未払い分
(1,000円×24ヶ月)
ここで重要なポイントは、ソフトバンク光の工事費は24ヶ月払いに対し、ソフトバンクエアーの端末代は36ヶ月払いということ。

契約更新の2年後に解約したとしても、ソフトバンクエアーだけは残り12ヶ月分の端末代が残っていて、解約時に2万円近くの未払い分を翌月に一括で払わないといけません。

工事費と端末代は利用期間中は無料になっていて、ソフトバンク光なら2年後に解約すれば違約金と工事費が一切かからないので、解約時に発生する費用を考えても、ソフトバンク光の方がお得になると言えるでしょう。

セット割の割引額は同じ

どちらもソフトバンクスマホとのセット割(おうち割光セット)が使えて、スマホ料金から大体1,000円割引きされるだけでなく、家族全員が割引きの対象になるのも全く同じです。

例えば、家族4人でソフトバンクスマホを使っている場合、ソフトバンクエアーとソフトバンク光のどっちを契約しても、家族全員であわせて4,000円もお得になります。

また、ワイモバイルの格安スマホを使っている人も割引きの対象になり、プランによって500円~1,000円割引きされます。

結論!ソフトバンク光の方がソフトバンクエアーよりもおすすめ

ここまでサービス内容を一つずつ比較してきた結論をいうと、ソフトバンクエアーよりもソフトバンク光の方がお得です。

たしかに、ソフトバンクエアーは工事をする必要がないので、すぐにネットを使いたい人と引っ越しが多い人にとっては大きなメリットになりますが、以下の理由でソフトバンク光の方がおすすめできます。

●速度が速くて安定している
●月額料金が1,000円安い
●2年後には解約費用が0円になる

やはり、インターネットを契約するなら自宅で快適に利用できる光回線を選ぶべきです。

光コラボレーション(ソフトバンク光やドコモ光など)が登場してくる5年ぐらい前はフレッツ光だけだったこともあり料金が高いイメージですが、今ではポケットWiFiよりも安く使えるので光回線が主流になっています。

なかでも、ソフトバンク光はソフトバンクスマホとセットになる光回線として使い勝手がよく、業界でも会員数No.1に選ばれているサービスです。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える方法

ソフトバンク光では他社からの乗り換えで解約費用を負担してくれるキャンペーンをやっていますが、ソフトバンクエアーには使えないので注意してください。

乗り換え方法として、「違約金と端末代を0円にする方法」と「高額なキャッシュバックをもらう方法」の2つを紹介します。

違約金と端末代を0円にする方法

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える場合、「サービスの変更」という形で解約違約金と端末代の残りを払わずに乗り換えられるので覚えておきましょう。

同じソフトバンクなので、以下の窓口で解約手続きをする流れでソフトバンク光に変更したいことを口頭で伝えれば大丈夫です。

解約窓口:0800-1111-820(無料)
受付時間:平日10:00~19:00

ただし端末代は完全に0円になるわけではなく、引き続き割引きされていくことになり、支払い期間中(36ヶ月以内)にソフトバンク光を解約すると未払い分が請求されます。

例えば、ソフトバンクエアーの契約から1年後にソフトバンク光に変更した場合、さらに1年後に解約してしまうと残り12ヶ月分の端末代(19,800円)がかかるということです。

また、違約金や工事費の未払い分が高額になる場合はサービスの変更がおすすめですが、そうでない場合はキャッシュバックキャンペーンを利用した方がお得になります。

高額なキャッシュバックをもらう方法

先ほどの方法だと、解約費用を0円にしてソフトバンク光に変更できますが、キャッシュバックをもらうことはできません。

ここで紹介するキャンペーンページから申し込めば、公式の24,000円キャッシュバックに3万円がプラスされるので、あわせて54,000円のキャッシュバックがもらえます。

乗り換え手順は以下に書いたとおりで、ソフトバンク光の工事を完了させる前にソフトバンクエアーを解約させてしまうとネットが使えなくなるので注意しましょう。

▼ソフトバンク光への乗り換え手順
1.ソフトバンク光に申し込む
2.工事日を決定する
3.開通工事をおこなう
4.ソフトバンクエアーを解約する

ソフトバンクエアーの解約違約金と端末代の未払い分を計算してみて、合計で54,000円を超えていない場合はキャッシュバックをもらった方がお得になるので、以下の窓口から申し込んでください。

▼54,000円キャッシュバック▼ソフトバンク光申し込み

まとめ

ここまで、ソフトバンクエアーとソフトバンク光の料金や速度、解約費用などを比較し、ソフトバンク光の方がおすすめという結論に至りました。

最後にはソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える方法もご紹介したので、快適なインターネットを利用するために検討してみてください。

皆さんのインターネット選びの参考にしていただけたら幸いです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

料金比較の関連記事

ヒカリCOM