ソフトバンク光のBBセキュリティは必要?対策ソフトの種類と料金を解説

ソフトバンク光のBBセキュリティってどんな対策ソフトなの?本当に必要?などお悩みではないですか。

ソフトバンク光では「BBセキュリティ」と呼ばれる4種類のセキュリティソフトが用意されていますが、パソコンのOSや用途にあったものを選ばないと、せっかくインストールしても利用できない場合があります。

そこで、ここではBBセキュリティに関する以下の内容を詳しく紹介していきます。

●BBセキュリティは本当に必要?
●BBセキュリティの月額料金はいくら?
●市販の対策ソフトと何が違う?

個人的な意見を言うと、無料のセキュリティソフトを利用するぐらいなら、高品質のBBセキュリティを利用した方が安心です。

この記事を読めば、ソフトバンク光のBBセキュリティに関する全てが分かるでしょう。

ソフトバンク光のBBセキュリティは4種類

ソフトバンク光ではオプションで申し込むと、「BBセキュリティ」と呼ばれるセキュリティソフトが利用できるようになります。

BBセキュリティは全部で4種類です。
セキュリティソフト月額料金対応OS
総合セキュリティセット627円windows
Mac
ios
android
総合セキュリティタイプ539円windows
オールインワン型
総合セキュリティタイプ
627円windows
Mac
android
モバイルセキュリティタイプ330円android
セキュリティソフトは月単位での契約となっていて、途中で解約することも可能です。(※解約金は不要)

セキュリティソフトによっては、パソコンやスマホのOSによっては利用できない場合があるので、上の表で確認してください。

1番のおすすめは総合セキュリティパック

1番のおすすめは総合セキュリティパックで、大手セキュリティソフトの「マカフィー」を利用することができます。

セキュリティの主な機能としては、外部から個人情報を守る「ファイヤーウォール」、最新のウイルスやスパイウェアも対策してくれる「マルウェア」、プログラムを常に最新の状態にしてくれる「奇特性対策(Windowsのみ)」です。

また、ワンクリック詐欺やフィッシングサイトなど、怪しいサイトから守ってくれる、「詐欺ウォール」も一緒に使うことができます。

通常はセキュリティソフトと詐欺ウォールを別々に購入しないといけないので、セットでお得に利用できるのは総合セキュリティパックのメリットといえるでしょう。

さらにパソコンだけでなくandroidやiPhoneといったスマホなどにもセキュリティ対策をすることができます。(最大3台まで)

特にiPhone、Macに対応しているのは総合セキュリティパックだけなので、Appleの製品を利用している人にはおすすめとなっています。

パソコンだけなら総合セキュリティタイプ

パソコンだけにセキュリティソフトを入れたい場合は総合セキュリティタイプを選びましょう。月額539円で「マカフィー」または「ノートン」を使うことができます。

基本的な性能はどちらもほとんど変わらないので、好きな方を選べば問題ありません。

また、最大3台まで利用できるので、デスクトップだけでなくノートPCにもセキュリティ対策をすることができます。

ただし、対応しているのはWindowsのみで、Macは利用することができません。Macにセキュリティ対策をするのであれば先ほども紹介したとおり、総合セキュリティパックを契約しましょう。

スマホのみならモバイルセキュリティ

android限定ですが、最大3台までの端末にスマホ専用のセキュリティソフトを入れることができます。

月額330円で、パスワードで保護されていないネットワークに接続すると警告が表示される「Wi-Fiのセキュリティ」や「盗難対策」などの機能を利用できます。

スマホ限定に対応しているセキュリティソフトは少ないので、家族や子供のスマホにもセキュリティ対策をしておきたい人にはおすすめです。ただし、iPhoneには対応していないので注意してください。

オールインワン型総合セキュリティタイプ

オールインワン型総合セキュリティタイプは「ノートン」というセキュリティソフトを、パソコンやandroidなど、最大3台まで利用することができるようになります。

ただ、オールインワン型総合セキュリティタイプを利用するよりも、総合セキュリティパックの方がおすすめです。

総合セキュリティパックは同じ627円で詐欺ウォールも利用でき、さらにiPhoneにも導入できるようになるため、機能や使い勝手を考えると総合セキュリティパックの方がメリットが多いでしょう。

詐欺ウォールが不要で、andoroidのスマホを利用している人であればオールインワン型総合セキュリティタイプでも問題ありません。

ソフトバンク光のBBセキュリティのインストール手順

BBセキュリティは申し込みをするタイミング、または開通後にホームページから手続きをすることができます。

ホームページから申し込みをする場合は「S-ID」というIDが必要となりますので、契約時に送られてきた契約書類から確認してください。

ソフトバンク光のセキュリティソフトを申し込みした後に、自分でインストールをする必要があるため、実際に使えるようになるまでの方法を紹介していきます。

1.動作のチェック

セキュリティソフトの申し込みをする前に、利用しているパソコンやスマホが対応しているかどうかを調べましょう。下記の動作確認ページにて、必要なシステムや条件が満たしているかを確認することができます。

動作確認ページ

最新のOSになっているか確認する

セキュリティソフトをインストールする前に、OSを最新のものにアップデートしておきましょう。

必要な条件が満たされていない場合はOSのアップデートをすることで、セキュリティソフトに対応できるようになります。

また、条件を満たしている場合でもOSをアップデートして端末を最新の状態にすることで、動作不具合の発生を防ぐことができるメリットもあります。

他のセキュリティをソフトを入れている場合はアンインストール

すでに別のセキュリティソフトを導入している場合はアンインストールしておきましょう。

セキュリティソフトが、お互いにウイルスや外部からの攻撃とみなしてしまうため、不具合の原因となってしまいます。

2.セキュリティソフトをインストール

動作の確認ができたらセキュリティソフトをインストールしましょう。インストールの手順は下記のようになっています。

▼インストール手順
1.手続きページから「ご利用開始手続き」をクリック
2.S-IDとパスワードを入力してログイン
3.「ダウンロード」をクリック
4.利用予定の端末が対応しているか確認
5.ダウンロードマネージャの.exeをクリック
6.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されるので「はい」をクリック
7.「同意してインストール」をクリックしてインストール

2台目のパソコンやスマホへ導入する時も同様に、それぞれの端末からソフトバンク光のホームページへログインし、上記の手順を進めるとインストールをすることができます。その際に動作の確認も忘れないようにしてください。

BBセキュリティに関するその他の情報

市販セキュリティソフトと比較

ソフトバンク光では市販で購入したセキュリティソフトも利用することができます。ソフトバンク光で利用できるセキュリティソフトと、市販の製品はどちらも機能はほとんど変わりません。

ただし、1年間の利用額を見ると、数千円ほどですが市販の方が安く利用することができます。

セキュリティソフト料金
ウイルスバスター5,720円
ESET4,950円
ノートン3,780円
カスペルスキー4,054円

(全て1年契約、スタンダードプラン)

さらに、市販のセキュリティソフトを購入すれば、ソフトバンク光から他の光回線へ乗り換えたあとでも、そのまま使い続けることが可能です。

再度インストールをする手間もなくなるので、長期的に同じセキュリティソフトを利用したい場合は市販の製品を購入した方が、安くて便利に使い続けることができるでしょう。

無料ソフトはおすすめしない

無料で使えるセキュリティソフトもありますが、サポートがない、最新のウイルスに対応していない、ウイルスの誤検出が多発するといったことから、おすすめはしていません。

セキュリティソフトを使うのであれば、契約した光回線で利用できるセキュリティソフトや市販の製品を入れた方が安全でしょう。

そもそもセキュリティソフトは必ず入れる必要はなく、最近のパソコンには強力なソフトが入っているのでそちらでも十分な場合が多いです。

中途半端に無料のセキュリティソフトを入れるとパソコンの動作が遅くなることもあるので、注意してください。

転用でセキュリティソフトは引き継げる?

「転用」とはフレッツ光からドコモ光へ工事不要で乗り換えをすることです。

転用の場合は、フレッツ光で使っていたセキュリティサービスをドコモ光でも継続利用することができるため、再度インストールをする手間がはぶけます。

西日本は無料で引継ぎできる

西日本エリアでフレッツ光を契約している人がドコモ光へ乗り換える場合、利用中のセキュリティサービスをそのまま引き継ぎをすることができます。

引き継ぎに必要な費用や手続きもないので、そのまま無料でセキュリティソフトを継続できるのは嬉しいメリットです。

継続できるのは、トレンドマイクロ社が提供する「ウイルスバスター」、ソフトバンク光転用後もパソコン1台分に限り利用可能です。ただし、転用をする前にセキュリティ対策ツールをインストールしておく必要があります。

ドコモ光転用後はフレッツ光のウイルスバスターを新たにインストールすることはできませんので注意してください。

東日本は有料での引継ぎになる

東日本でフレッツ光を利用している人は「ウイルスクリア」というセキュリティソフトを、ドコモ光でも継続して利用できるようになります。

ただし、ウイルスクリアは有料サービス(月額440円)なのでドコモ光へ継続した場合でも引き続き料金が発生してしまいます。

そのため、ウイルスクリアを引継ぎするよりも、プロバイダのセキュリティサービスを利用した方がお得に利用できます。

まとめ

ソフトバンク光のセキュリティソフトは全部で5種類あるので、自分の用途にあったものを利用してください。

長期間セキュリティソフトを利用したい人は市販のものを購入してみるのもいいでしょう。

人気の記事一覧

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る