ソフトバンク光の引越し完全マニュアル!手続き方法から工事費用まで徹底解説

ソフトバンク光を引越し先で利用する方法は?ソフトバンク光の引っ越しにはいくらかかる?など、引越し手続きについて気になっていませんか。

基本的に、契約している光回線を新しい家で継続して使うには引越し手続きをすることになり、ソフトバンク光の場合はWEBと電話、ショップの3つの窓口から申し込むことができます。

ちなみに、引っ越し先で利用するためには開通工事を行う必要があり、それに伴い通常だと工事費も発生してしまいますが、ソフトバンク光では工事費が無料になる引越しキャンペーンが開催されているのでお得に手続きを進めることが可能です。

この記事では、ソフトバンク光の引越しに関する全情報を紹介しているので、是非お役立てください。

ソフトバンク光の引越し方法

ソフトバンク光の引っ越し方法を説明します。

引越しシーズンは、窓口が混み合うので早めの手続きがおすすめです。

あらかじめ手順を理解してスムーズに手続きを進めましょう。

1.引越しの申し込み手続きを行う

引越しが決まったら、なるべく早めに引越しの申し込み手続きを行いましょう。

『WEB』『電話』『ソフトバンクショップ』のいずれかから手続きを進めることができるので、それぞれ紹介していきます。

WEBからの手続き

My SoftBank」にログインしてからWEBで申し込む方法が一番カンタンにできておすすめです。

ログインするときに「○○@sbb.ne.jp」というソフトバンク光のIDが必要なので、わからない人は契約書面を確認してください。

電話での手続き

サポートセンターに電話すれば、オペレーターに直接質問しながら手続きできます。

2月~4月は引越しシーズンのため問い合わせが殺到していて電話がつながりにくくなっているので、混雑予想カレンダーを見て空いている時間帯に電話すると良いです。

▼連絡先:ソフトバンク光サポートセンター
186-0800-111-2009(10:00~19:00)

電話をかける前に、以下の情報が必ず必要になるので用意しておきましょう。

▼準備するもの
●電話番号
●引越し先の住所
●引越し予定日
●工事立ち合い者の名前と連絡先

また、「東日本⇒西日本」「西日本⇒東日本」の東西エリアをまたいで引越しする場合は、電話でしか手続きができないので、引越し元と引越し先がどちらのエリアに含まれているか以下で確認してください。
【東日本エリア】 北海道、青森、宮城、秋田、岩手、山形、福島、新潟、長野、山梨、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬 【西日本エリア】 富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

ショップからの手続き

ソフトバンクショップでも引越し手続きを受け付けていますが、店舗や時間帯によっては手続きまでに1時間以上待たされる場合があります。

手続きをスムーズにしたい人は、近くのショップを検索したうえで来店予約をして、以下の情報を用意して行きましょう。
▼準備するもの ●本人確認ができる書類 ●ご契約者様のお名前 ●ご契約者様の生年月日 ●連絡先電話番号

2.引っ越し先での開通工事日を決定する

引越しの申し込み手続きから数日後に、開通工事の担当者から折り返しの電話連絡があります。

その際に希望の開通工事日を伝えましょう。

引っ越しシーズンは、申し込み者が多く、希望日に実施することができないことも十分にあり得ます。

引越し先でネットが使えない期間を最小限に抑えるために、早めの申し込みが必要だということです。

工事日が決定したら、SMSまたは書面にて通知が届くので確認しましょう。

3.開通工事を行う

引越しが完了したら、開通工事に立ち会いましょう。

工事予定日に工事担当者が来訪するので対応してください。

工事の所要時間は大体1~2時間ほどです。

開通工事が完了したら、接続の確認をしたのち開通となります。

回線を撤去したい場合

もともと住んでいた家で利用していた回線を撤去するかどうかは任意ですが、撤去工事をしたとしても費用はかかりません。

回線の撤去工事日は、申し込み手続き完了から数日後にかかってくる電話にて決定することができます。

ちなみに撤去工事を希望する場合は電話にてその旨を伝える必要があるので覚えておきましょう。

撤去工事にも立ち合いが必要です。所要時間は1時間程をみておいて下さい。

ソフトバンク光の引越し費用

ソフトバンク光の引っ越しに伴い発生する費用を紹介します。

元々住んでいた家の回線撤去は任意である他、撤去をしたい場合でも撤去工事費は無料なので、基本的に引越し先での工事費が主な支出となるでしょう。

ちなみに、ソフトバンク光では引越しキャンペーンを実施しているので、引越し先での開通工事費が実質無料となります。

必要な工事費用は以下のみとなるので、ソフトバンク光の引っ越しに伴う負担は比較的軽いです。
◆発生する工事費 ・引越し元の工事費残債 ・電話サービスの工事費 ・テレビサービスの工事費

キャンペーンで開通工事費は無料

引越し工事無料キャンペーン
引用元:ソフトバンク光の公式ページ

ソフトバンク光では引越し手続きをすることで、最大24,000円の工事費が無料になる『引越し工事無料キャンペーン』をやっていてお得に引っ越すことができます。

工事費は作業員を派遣する工事かどうかで違い、派遣しない場合は24,000円、派遣する場合は2,000円と分かれていますが、どちらの場合でも無料になるので安心です。

工事の種類工事費
派遣工事あり24,000円⇒0円
派遣工事なし2,000円⇒0円
※土日に工事を希望する場合は別途3,000円
※東西エリアをまたぐ場合は別途3,000円

ほかの光回線だと引越し手続きをしても新しく2万円~3万円の工事費がかかってしまうので、ソフトバンク光を引越し先でも継続して使うメリットといえるでしょう。

主要な光回線の引越しにかかる工事費を以下の表にまとめました。
光回線引っ越し先の工事費
ソフトバンク光0円
ドコモ光戸建て:9,000円
マンション7,500円
auひかり戸建て:37,500円
マンション:30,000円
NURO光40,000円
auひかりやNURO光でも引越し先の工事費を分割にすると無料にできるキャンペーンをやっていますが、月額料金から工事費分が割引きされているだけなので、途中解約したときの未払い分が高額になります。

ソフトバンク光のキャンペーンは工事費が完全に0円になり、適用される条件は引越し手続きをしてから3ヶ月以内に新しい家の工事を完了させるだけなので安心してください。

引越しに伴い発生する費用は?

ソフトバンク光の引っ越しに伴い発生する費用を詳しく解説していきます。

基本的にNTTの東西エリアを跨ぐ引越しの場合は、事務手数料3,000円が発生する他、引っ越し先での開通工事日を土日で指定すると追加で3,000円が発生することを覚えておきましょう。

以下に当てはまる方は加えて費用が発生するので確認してください。
◆追加で費用が発生するケース ・引越し前の家の開通工事費の残債が残っている場合 ・電話サービスを利用する場合 ・テレビサービスを利用する場合

引越し元の工事費の未払い分

引越し元の工事費を分割払い(最大60ヶ月)にしていると、支払い期間が残っていると引越し後も引き続き払っていくことになります。

例えば、ソフトバンク光の工事費(24,000円)を24回の分割払いにしていた場合、開通から1年後に引っ越すと、残り12回の未払い分を引越し先の利用料金とあわせて毎月払っていく必要があるということです。

ただし、引越し元の工事費を手続き時に一括で全て払うこともできるので、都合の良い方を選択しましょう。

電話サービスの工事費

ソフトバンクスマホと一緒に利用してお得なセット割(おうち割)を適用させるためには「ホワイト光電話」への加入が条件になっています。

割引きを継続するためには追加で電話の工事が必要なので、以下の工事費がかかります。
電話番号工事費
変更あり3,000円
変更なし1,000円
上の電話番号について説明すると、NTTの同じ局内の近場で引っ越す場合は変更されることがないですが、市や県をまたぐ場合は自動的に変更となるので工事費を2,000円多く払わないといけません。

ちなみに、電話サービスには2種類あり、フレッツ光が提供している「光電話」を継続する場合は最大3,500円の工事費がかかります。

テレビサービスの工事費

ソフトバンク光のテレビサービスを引越し先でも継続する場合は、テレビの台数によって以下の工事費がかかるので確認しておいてください。
テレビの台数工事費
1台12,000円
2~3台24,000円
4台以降1台につき+5,000円
※東西エリアをまたぐ場合は別途2,800円

テレビの台数が多ければ多いほど工事費が高額になってしまいますが、分割払いで24回~60回の中から支払い回数を選ぶことができます。

ソフトバンク光の引越しに関する注意点

ソフトバンク光は、全国エリア対応のNTT回線を利用している光コラボレーションの一つなので、比較的手軽に引越しをすることができる上に、キャンペーンを適用させれば金銭面の負担も軽くなりますが、注意点もあるので予め確認しておきましょう。

新築への引っ越しは開通に1ヶ月以上かかる

今住んでいるマンションから新築の戸建てに引っ越す場合でも、引越しキャンペーンで工事費を無料にすることができ、月額料金(マンション3,800円⇒戸建て5,200円)だけが変わります。

ただし、新築の戸建てやマンションに引っ越す場合は、NTTに住所登録してもらわないと工事することができないので注意しましょう。

ソフトバンク光の方からNTTに依頼してくれますが、現地で光回線が引けるか調査するのに1ヶ月ぐらいかかってしまうので、工事が完了するまでの2週間とあわせて利用までに1ヶ月半もかかってしまうということです。

引越し先で契約できない場合がある

ソフトバンク光は全国エリアに対応していますが、建物によっては光回線を利用するための設備がそもそも整っていなくて、ソフトバンク光を契約できないケースが少なからずあります。

その場合は残念ながら解約するしかないうえに、ソフトバンク光が契約できないということは他の光回線も契約できない可能性が高いです。

更新時期以外で解約する場合は途中解約になるので9,500円の違約金を払う必要があり、工事費の未払い分が残っている場合は翌月に一括請求されてしまうので注意しましょう。

▶ソフトバンク光のエリア確認をする
東日本エリアの場合はこちら
西日本エリアの場合はこちら

ソフトバンク光の引越しでよくある疑問

引越し前の料金は日割りになる?

月の途中で引越しした場合、月額料金は日割りになるので1ヶ月分が発生することはありません。

例えば、3月10日にサービスを停止させて3月20日に引越し先で再開させた場合、ネットを停止させていた10日間は料金が発生せず残りの日数分だけ払うということです。

解約して新規申し込みした方が良い?

引越し手続きをしなくても解約してから新規で申し込めますが、手続きが2度手間になってしまうのでおすすめしません。

さらに、ソフトバンク光は解約の連絡をしてから6営業日しないと処理されず、新しい家で利用を再開するまでにネットの使えない期間が発生してしまうので注意しましょう。

また、スマホのセット割(おうち割)もイチから申し込む必要があり、基本的にショップでしか手続きできないので、僕だったら引越し手続きをする方を選びます。

まとめ

ここまで、ソフトバンク光の引越しの手続き方法や工事費など、全ての情報を紹介してきました。

ほかの光回線と比べても、ソフトバンク光は引越しする人に対して負担が少ないサービスになっているので、引越しを考えている人は継続して使うことを検討してください。

この記事でお伝えした引越しの流れを押さえておけば、引越し手続きのタイミングを間違えて後悔したり、おトク情報を知らずに損したりしないので、ぜひ皆さんの参考にしていただきたいです。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る