ソフトバンク光のテレビとは?ひかりTVとソフトバンク光テレビを徹底比較【2021年】

ソフトバンク光のテレビ
ソフトバンク光のテレビサービスを契約したいけど、どれを契約すべき?料金は?と気になっていませんか。

ソフトバンク光を契約すると2つのテレビサービス「ソフトバンク光テレビ」と「ひかりTV」が契約できるようになります。

両方のサービスとも地デジやBS放送が視聴できますが、視聴できるチャンネル数や料金設定が違うので、自分の目的にあったテレビサービスを契約することが大事です。

結論をいうと、安い料金で契約したい方は「ソフトバンク光テレビ」、豊富なチャンネルが楽しみたい方は「ひかりTV」がおすすめです。

この記事では、ソフトバンク光のテレビサービスについての全情報を解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。

ソフトバンク光のテレビとは

ソフトバンク光を契約すると、光回線を利用した2つのテレビサービス「ソフトバンク光テレビ」と「ひかりTV」が契約できるようになります。

この2つのサービスは、テレビアンテナを立てる必要なく、地デジやBS放送が見れるようになるサービスなのですが、具体的に一体どのような違いがあるのでしょうか。

以下では、ソフトバンク光の2つのテレビサービスについて詳しくお伝えしていきます。

1.ソフトバンク光テレビ

ソフトバンク光テレビは、光回線でテレビの電波を受信するので、テレビ用のアンテナを設置することなく地デジが観れるようになります。

ただ、ソフトバンク光テレビが契約できるのは光回線を戸建てで契約している方限定で、利用エリアが一部地域に限られている点は覚えておいた方がよいでしょう。

対応エリアは以下を確認してください。
東日本エリア:
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
西日本エリア:
大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域
ソフトバンク光が契約できる地域に住んでいても、ソフトバンク光テレビには対応していないエリアもあるので、契約前に確認しておくとよいでしょう。

ソフトバンク光テレビの料金

ソフトバンク光テレビの契約時にかかる費用についてご説明します。
月額料金
ソフトバンク光テレビを利用すると毎月825円の利用料がかかります。

※利用料の内訳
テレビ伝送サービス利用料 495円
テレビ視聴サービス利用料 330円

この利用料は、毎月のソフトバンク光の支払いに合算されるので、請求金額は合計で毎月6,545円(5,720円+825円)となります。

契約内容によって利用料以外に工事費やオプション料金がかかるケースもありますので、以下でさらに詳しく解説していきます。
工事費
ソフトバンク光テレビを視聴するには、設置工事をしなければなりません。すでにソフトバンク光を契約している場合でも、追加で工事が必要です。

設置工事にかかる費用は以下を参考にしてください。
 回線工事と同日回線工事と別日
テレビ1台13,200円(税込)18,150円(税込)
テレビ2~3台26,400円(税込)31,350円(税込)
4台目以降1台につき
5,500円追加
1台につき
5,500円追加
テレビ1台だけならば13,200円で済みますが、テレビの台数分だけ工事が必要になるため、テレビ4台分ならば31,900円もの費用がかかります。

少しでも工事費を安く抑えたい方は、ソフトバンク光の回線開通工事と同日に設置工事をおこなえば、少し工事費を安くすることができます。

また、一括払い以外に【24回/36回/48回/60回】の分割支払いも選べるので、工事費が高くなりすぎた場合は分割払いを利用するとよいでしょう。

分割払いを選ぶと、毎月のソフトバンク光の支払いに合算されて料金が請求されます。
オプション料金
ソフトバンク光テレビには、スカパーが視聴できる追加オプションが用意されています。

オプションに加入すれば地デジやBS放送だけでなく、映画やドラマ、アニメ、スポーツなど、様々なジャンルの番組を見れるようになります。

ただし、あくまでソフトバンク光テレビの追加オプションなので、スカパーだけの契約はできません。

スカパーの利用料は契約するプランにとって料金の違いがあるため、以下の表を参考にしてください。
プラン料金内容
スカパー!基本プラン3,960円50チャンネルが見放題
セレクト51,980円選べる5チャンネルが見放題
セレクト102,860円選べる10チャンネルが見放題
光パックHD4,138円ハイビジョン65チャンネルが見放題
スカパーのコンテンツを思う存分楽しみたい方は基本プランがおすすめですが、見たいチャンネルが決まっている方は、最安料金のセレクト5で十分でしょう。

スカパーのオプション加入により毎月かかる料金イメージは以下のとおりです。

※毎月かかる料金イメージ
・ソフトバンク光 5,720円
・ソフトバンク光テレビ 825円
・スカパー基本料 429円
・セレクト5プラン 1,980円
合計 8,954円

2.ひかりTV

「ひかりTV」は、NTTぷららが提供するサービスで、光回線で地デジやBS放送、専門チャンネルやビデオが楽しめるテレビサービスです。

設置工事は不要なので初期費用はかかりません。また、自宅に届くテレビチューナーを設置するだけなので、手軽に地デジが観れるようになります。

戸建てやマンションなどの建物の条件もなく、利用エリアも限られていないので、ソフトバンク光テレビより契約しやすいのが特徴です。

さらに、ひかりTVを契約してスマホに専用アプリを入れれば、場所を選ばず観たい番組が視聴できるので、外出先で番組を楽しみたい方にとっても便利なテレビサービスといえます。

ひかりTVの料金

ひかりTVには4つの料金プランが用意されており、プランによって料金が違います。
プラン名月額料金視聴可能な番組
基本放送1,100円地デジ・BS
テレビおすすめ2,750円地デジ・BS・専門チャンネル
ビデオざんまい2,750円地デジ・BS・ビデオサービス
お値打ち3,850円地デジ・BS・専門チャンネル・ビデオサービス
地デジやBS放送だけ見れればいい方は「基本放送プラン」を選んで契約しましょう。見たいチャンネルがある方は「テレビおすすめプラン」がおすすめです。

ひかりTVを観るには、専用のテレビチューナーが必要で、毎月550円~のレンタル料金がかかることも覚えておきましょう。

テレビチューナーはおよそ30,000円で購入することも可能ですが、元をとるためには5年以上利用しないといけないですし、新たにリリースされる機種をレンタルしたほうが性能がよくコスパがいいので購入はおすすめできません。

ソフトバンク光のテレビサービスを比較

ここまでソフトバンク光のテレビサービスの特徴や料金について説明しましたが、結局どちらを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

自分の目的にあったテレビサービスかどうか、費用や視聴チャンネル数を比較して決めれば失敗することはありません。

以下ではそれぞれの比較結果について詳しく解説してまいります。

料金が安いのはソフトバンク光テレビ

2つのテレビサービスの料金を比較した結果、安いのはソフトバンク光テレビです。
 ソフトバンク
光テレビ
ソフトバンク
ひかりTV
月額
料金
地デジ/BS 825円地デジ/BS 1,100円
+テレビチューナー 550円
+スカパー(専門チャンネル) 2,550円~地デジ/BS/CS/専門チャンネル/ビデオ 2,750円~
初期
費用
契約料 3,080円
工事費 13,200円~16,280円
なし
毎月かかる料金を比較した結果、825円と1,650円なので2倍の料金差があり、2年間に換算するとおよそ18,000円も差がひらきます。

18,000円といえば、およそ3か月分のネット回線代と同等の金額になので、決して無視できない金額差であることが分かります。

とはいえ、ソフトバンク光テレビは初期費用として1~2万円の工事費が負担に感じますが、無利息で分割払いにできますし、毎月少しづつ支払えるのでお財布の負担になることはないでしょう。

ただし、これだけお得に見えるソフトバンク光テレビでも、利用目的によって損してしまうケースがあります。契約を考えてる方は次にお伝えする注意点をしっかり頭に入れておきましょう。

長期利用は注意

結論からお伝えすると、地デジ・BSしか見ない人は、テレビ用のアンテナを立てた方が安上がりです。

テレビアンテナを設置業者に依頼した場合、5万~10万円がかかります。自分で設置すればアンテナ代の数万円で済みます。

この金額は、ソフトバンク光テレビを5年間契約した場合にかかる費用と同じくらいなので、長期利用の方はテレビ用アンテナの設置もあわせて契約を検討するとよいでしょう。

番組数が多いのはひかりTV

テレビサービスを契約してたくさんの番組が楽しみたい方は、ひかりTVを選んでおけば間違いないでしょう。

以下の比較結果を見れば、ひかりTVのほうが同じ価格帯で視聴できるチャンネル数が多いことが分かります。
価格帯ひかりTVスカパー(ソフトバンク光テレビ)
2,500円~【テレビおすすめプラン】
・50チャンネル以上
【セレクト10】
・好きな10チャンネル
3,500円~【お値うちプラン】
・50チャンネル以上
・ビデオ31,000本
【基本プラン】
・好きな50チャンネル
分かりやすい例として2,500円~の価格帯のプランを観ると、ひかりTVは50チャンネル以上、スカパーは10チャンネルなので、チャンネル数は5倍以上も違います。

ただ、スカパーは100以上のチャンネルの中から好きなチャンネルだけを選べるプラン内容なので、「スカパーのほうが見たい番組多い」という方もいるでしょう。

視聴できるチャンネル数が多いのはひかりTVですが、前もって見たいチャンネルがあるかどうか確認しておくと契約後に後悔することはないでしょう。

動画サービスもあり

ソフトバンク光のテレビサービスの利用目的が、地デジやBS放送ではなく動画がたくさん見たいだけならば、AmazonプライムやHuluなどの動画サービスを利用したほうが費用が安く抑えられます。

見逃したテレビ番組や映画などが毎月1,000円で見放題、いつでも解約できて解約違約金のリスクもありません。

ほとんどの動画サービスには無料期間が用意されているので、気になる方は気軽に試していてはいかがでしょうか。

ソフトバンク光のテレビサービスを申し込む方法

ソフトバンク光のテレビサービスは、光回線との同時申し込みだけでなく、途中で申し込むことも可能です。

以下では、テレビサービスの申し込み方法について詳しくご紹介していきます。

ソフトバンク光テレビの場合

ソフトバンク光テレビを契約したい方は、自分が住んでいる地域が対応エリアかどうか確認しておきましょう。

対応エリアに問題なければ、電話やネットから申し込みが可能です。細かく工事の日程について打ち合わせしたい方は電話での申し込みをおすすめです。

設置工事は、光回線の開通工事と同じ日にすると少しだけ費用が安くなるため、できれば光回線と同時に申し込むようにするとよいでしょう。
ソフトバンク光総合窓口:0800-111-2009
受付時間:午前10時~午後7時

ひかりTVの場合

ひかりTVはソフトバンクショップや家電量販店、ネットで、ソフトバンク光と一緒に申込みをすることができます。

すでにソフトバンク光を契約している人は、ネットのマイページのMy softbankやソフトバンクショップで手続きが可能です。

ひかりTVは申込時に「にねん割」という月額割引のキャンペーンが利用でき、下記のような割引が受けられるのでお得に契約したい方はにねん割を利用して申し込むとよいでしょう。

※にねん割の割引き例
・2ヵ月は月額料金&チューナーレンタル料金が無料
・3ヶ月目から24ヶ月目までは月額1,100円割引

ただし、にねん割は最低利用期間内(24ヶ月間以内)に解約してしまうと、10,000円の違約金が請求されてしまうので注意しまうので注意しましょう。

まとめ

ソフトバンク光で提供している2つのテレビサービスについて解説させていただきました。

テレビサービスについて正直な僕の考えをお伝えすると、地デジやBSだけならアンテナ立てればいいし、たくさん動画が見たいなら動画配信サービスで十分です。

ただ、見たいCSやスカパーなどの有料放送があるならテレビサービスはありです。なぜなら別にアンテナの設置工事が必要になるため工事費が節約できますし、支払いもひとつもまとめられます。

ソフトバンク光のテレビサービスを契約して、お金を払ってでも見たいチャンネルがあるかどうかが、契約の判断基準になるでしょう。

人気の記事一覧

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る