【5分でわかる】eo光の解約金と解約方法!ベストな解約タイミングとは?

2019-11-01

eo光の解約方法をサクッと簡単にわかりやすく説明します。

解約時にはいくつかの確認事項があるので、事前にこの記事で予習しておきましょう。

実は解約時にかかる費用は『解約金』だけではないんです!

具体的にどのくらいの費用がかかるのか、またよくある質問に答えているのでぜひ最後までご覧ください。

★この記事は、これだけ押さえておけば大丈夫!という本当に必要な情報だけをまとめているので5分で読み終わります。

eo光の解約方法

eo光の解約は電話のみ

eo光の解約申し込みは電話でのみ行っています。

解約の申込みは以下の窓口からできます。

eoサポートダイヤル
0120-919-151
繋がらない時:050-7105-6333
eo光電話/LaLaCallから:151
(年中無休 9:00~21:00)

解約の電話は混雑している場合が多いですが、9:00~10:00の間は比較的繋がりやすいようです。

eo混雑予想

引用:eo光サポートダイヤル

こうした混雑予想を参考にしながら解約の申込みを行いましょう。

また、スムーズに解約手続きを進めるために『登録証』を用意しておきましょう。

eo光解約の流れ

eo光の解約窓口が分かったところで、これから完全に解約するまでの流れを簡単に説明していきます。

①eo光サポートダイヤルで解約の申込みを行う。

②数日で自宅に『解約受付書』が確認のため、送られてくる。

③eo光から『回線撤去工事』の日程を相談するための連絡がくる。

④回線撤去工事を行う。立ち合いが必要。作業員の方に回線終端装置(黒い箱のような機械)やeo光からレンタルしていたアダプターなどの機器を渡す。

これらが全て終われば、eo光の解約が完了したことになります。

ただし、『回線撤去工事』については、契約しているプランによって工事内容と工事費用が異なりますので、この後の項目を必ずご覧ください。

eo光を解約するのにかかる費用

eo光を解約する時にかかる費用は主に以下の4つです。

①解約金
②回線撤去工事費
③工事費の未払い分
④最終月の月額料金

大事なものから順番に説明していきます。

eo光の解約金

eo光のホームタイプとメゾンタイプの解約金について説明します。

ホーム・メゾン
タイプ
利用期間解約金
2018年4月1日
までに
申し込んだ人
1年未満27,000円
(28,704円)
1年以上
2年未満
なし
(14,064円)
2年以上なし
(なし)
2018年4月2日
以降に
申し込んだ人
1年未満12,000円
(12,000円)
1年以上
2年未満
なし
(6,000円)
2年以上なし
(なし)

※()内は、「即割」を適用している場合の金額

この2つのタイプは、申し込んだ日付によって解約金の金額が異なります。2018年4月2日以降に申し込んだ方は解約金がだいぶ安くなっています。

また、即割を受けているか受けていないかでも解約金が異なります。

ですが、どちらにせよ2年以上利用していればいつ解約しても解約金はかかりません。

他社ではほとんどの場合、更新月(1ヶ月~2ヶ月)のタイミングで解約をしなければ解約金がかかってしまうので、eo光を2年以上使えば無料で解約できるという仕組みはとてもいいですね。

マンションタイプの解約金は1年以上利用すればかかりません。

1年以内で解約した場合は解約金がかかりますが、建物によって解約金が異なるようなので、詳しい金額はeo光サポートダイヤルで聞きましょう。

eo光の場合は、2年以上使っていれば解約金のことを考えずに解約できるのが嬉しいですね。

回線撤去工事費

解約時に行う回線撤去工事には2種類あります。

 光ファイバー
ケーブル
その他の機器撤去費用
全撤去撤去撤去10,000円
残置撤去そのまま撤去0円
どちらの工事になるかは契約しているタイプによって異なります。

ホームタイプ契約中⇒好きな方を選べる
メゾンタイプ契約中⇒残置撤去のみ
マンションタイプ契約中⇒大家や管理会社の許可がない限り、全撤去必須

全撤去の場合は光ファイバーケーブルも撤去してしまうので費用もかかります。

ホームタイプを契約中の方は特別な事情がない限り、残置撤去を希望すると良いでしょう。

マンションタイプを契約中の方は、解約の際に大家や管理会社に相談し、光ファイバーケーブルを残しておいても良いという許可が出れば、残置撤去で大丈夫です。

工事費の未払い分(残債)

解約時には解約金だけではなく、工事費の未払い分もかかるということを頭に入れておかなければなりません。

ホームタイプ・メゾンタイプをご利用中の方は、工事費(27,000円)を支払っていると思います。

この工事費を分割(900円×30ヶ月)払いで支払っている方は、分割支払い中に解約をしてしまうと残りの工事費を一括で請求されてしまいます。

●ホームタイプを1年で解約する場合
27,000円-(900円×24)=16,200円一括請求

ですが、工事費の未払い分がそこまで高額ではないと感じた場合は、30ヶ月を待たなくても解約して良いでしょう。

例えば、2018年4月2日以降にホームタイプを申込み、2年で解約した場合は工事費の未払い分5,400円が請求されます。

この金額であれば乗り換え先のキャッシュバックキャンペーンを貰ってしまえば簡単に相殺でき、そこまで負担にはならないでしょう。

解約月の月額料金

解約金、回線撤去工事費、工事費の未払い分の他に、もう一つかかるのが『解約月の月額料金』です。

ホームタイプとメゾンタイプを契約中の方は、解約月の月額料金が日割りになりますが、マンションタイプを契約中の方は日割りにならないので注意しましょう。

解約金と工事費の未払い分に関しては、タイミングを気を付ければ支払う必要はありませんが、回線撤去工事費(条件による)と月額料金は支払う必要があるので覚えておきましょう。

eo光の解約に関するよくあるQ&A

Q1.eo光テレビの解約はどのようにするの?

A.eo光のテレビサービスは電話で解約することができます。

eoサポートダイヤル
0120-919-151
繋がらない時:050-7105-6333
eo光電話/LaLaCallから:151
(年中無休 9:00~21:00)

解約にあたって撤去工事が必要となります。

工事費工事内容
17,000円・eo光テレビチューナー撤去
・受信設備への切り替え
・引込線の撤去
12,000円・eo光テレビチューナー撤去
・受信設備への切り替え
工事内容と解約金は契約状況によって異なるので、詳しくはeo光サポートダイヤルで聞いてみてください。

WOWOWを契約中の方は以下の窓口で解約手続きをすすめましょう。

WOWOWカスタマーセンター
0120-580-807
(年中無休 9:00~20:00)

eo光テレビの解約時は、eo光テレビで使っていたケーブルを切り離して既存のアンテナへ接続する工事をしてくれます。

Q2.eo光で使っている電話番号は解約後も使えるの?

A.手続きをすれば使えます。

正確にはアナログ戻しをすることで番号を引き継ぐことができます。

NTT加入権のある電話番号を使っている場合は、eo光解約前にNTTに連絡をして『アナログ戻し』を行います。

派遣工事になる場合もあれば無派遣工事で行うこともあり、工事内容は状況に応じて変わるので、一概には言えません。

手数料は2,000円~10,000円が相場のようです。

固定電話をお使いの方は、必ず事前に準備しておきましょう。

▼アナログ戻しの連絡先
・NTT東日本⇒0120-116-000
 (9:00~17:00)
・NTT西日本⇒0120-116-116
 (9:00~17:00)

ただし、この手続きはNTTの加入権がなければできません。残念ながら、eo光で初めて取得した番号は引き継ぐことはできないので注意しましょう。

Q3.eo光解約時はプロバイダも一緒に解約しないとダメ?

A.プロバイダの解約は必要ありません。

eo光はもともとプロバイダ一体型の光回線なので、eo光サポートダイヤルに解約の申込みをすれば大丈夫です。

プロバイダだけ解約し忘れていて、数カ月間無駄なお金を払っていた!なんてことがないので安心ですね。

Q4.eo光解約後メールアドレスだけ使える?

A.使えません。

eo光のメールアドレスはeo光の契約に紐づいているものなので、eo光を解約すると使えなくなってしまいます。

他の光回線だと、メールアドレスだけ使えるプランが200円くらいであったりするのですが、eo光はそういうのがないようです。

eo光のメールアドレスを使って何か登録している場合は、事前に準備をしておきましょう。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

自分がどのような契約をしているのかさえ分かれば、余計な解約金を払うなどというトラブルは起きないでしょう。

光回線の解約・乗り換えはタイミングと事前準備がとても重要です。

次の乗り換え先に迷っている方はヒカリCOMの他の記事もぜひ参考にしてみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

eo光に関する情報の関連記事

解約方法の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る