光回線の乗り換えガイド!11月最新のキャッシュバック情報もご紹介

2019-11-03

光回線の料金が高い、速度が遅くて困っているといった理由で、乗り換えを検討している人が多いのではないでしょうか。

光回線はサービス内容がかなり複雑になっているので、どのように乗り換えればいいか分からない人がほとんどです。

この記事では、最もお得に光回線を乗り換えられるための手順や注意点、解約金や工事費などの乗り換え費用を抑えるコツをすべてお伝えしていきます。

さらに、2019年最新の光回線を申し込むことでもらえるキャッシュバック情報も紹介するので、お見逃しなくご覧ください。

光回線を最もお得に乗り換えるための手順と注意点

まずは、光回線を乗り換える4つの手順を紹介し、それぞれのステップで重要な注意点をこの章で全てまとめました。

光回線の乗り換えは通常だと2~3週間の期間が必要です。ただし、引っ越しシーズンで光回線の工事が殺到している場合は1ヶ月以上もかかることがあります。

★光回線を乗り換える4つの手順 STEP1.新しい光回線に申し込む STEP2.工事日を決める STEP3.利用中の光回線を解約する STEP4.開通工事をする

1.新しい光回線に申し込む

利用中の光回線を先に解約してしまうと、乗り換えではなく新規申し込みという形になってしまうので、解約前に新しい光回線を申し込んでおく必要があります。

光回線によって月額料金と回線速度が異なり、スマホに合わせて選ぶことでセット割が受けられて大変お得です。スマホ別におすすめな光回線を以下の表でまとめました。
スマホ光回線
ドコモ
ドコモ光
ソフトバンク
ソフトバンク光
NURO光
au
その他
So-net光
auひかり
上記の光回線は、大手キャリアと一緒に使うことでスマホ料金が1,000円ほど割引されます。家族で同じスマホを使っていたら全員分の料金が割引対象になってかなりお得です。

例えば、家族3人暮らしでドコモ光を契約して全員がドコモスマホを使っていた場合、3台分のスマホ料金がそれぞれ割引されるので毎月3,000円も安くなります。

格安スマホを使っていてセット割の条件に当てはまらない方は、シンプルに月額料金が安いauと同じ区分の光回線がおすすめです。

光回線を申し込む際には、高額なキャッシュバックやお得な割引キャンペーンが受けられる申し込み窓口を選ぶことが重要なので、後ほど詳しくご紹介します。

フレッツ光と光コラボから工事不要で乗り換え可能

現在フレッツ光か光コラボレーション(以下、光コラボ)を利用している人は、「転用」または「事業者変更」すると工事費不要になるのでお得に乗り換えることができます。

※乗り換え方法のパターン3つ ●転用・再転用(フレッツ光⇔光コラボ) ●事業者変更(光コラボ⇒光コラボ) ●新規申し込み(auひかりやNURO光など)
光コラボとは、フレッツ光と同じNTT回線を使っている光回線です。ドコモ光やソフトバンク光、So-net光は光コラボに含まれますが、auひかりやNURO光は独自の回線を使っているので含まれません。 フレッツ光からの転用や光コラボ同士の事業者変更で乗り換えるのが今では主流になっていますが、新規で申し込む場合でもキャンペーンを使って工事費0円にできるのであまり気にしなくてもいいでしょう。 事業者変更・再転用で乗り換える場合は、利用中の光回線に電話で問い合わせて「事業者変更承諾番号」を取得しなければなりません。フレッツ光から転用する場合は、NTT東西日本の公式サイトまたは電話窓口で「転用承諾番号」の取得が必要です。
▼転用承諾番号は下記窓口で取得可能
・NTT東日本
Webでの申請はこちら
TEL 0120-140-202(9:00~17:00)
・NTT西日本
Webでの申請はこちら
TEL 0120-553-104(9:00~17:00)

2.工事日を決める

新しい光回線を申し込んだら、次は開通工事を行う日程を決めなければなりません。

工事自体は30分~1時間程度で完了しますが、作業の時間帯は午前か午後かしか事前に決められないので、工事に立ち合うために半日の予定を空けておく必要があります。

工事を行うタイミングとして工事日を月初に選ぶのはおすすめしません。現在の光回線を解約する際に、日割りではなく1ヶ月分の料金が請求されてしまう可能性が高いからです。

乗り換えで2重請求になるパターン図
上の図のように、月の初めに工事をおこなって利用中の光回線を解約してしまうと、新しい光回線に切り替わっても料金を払い続けることになるので、インターネット料金が2重で請求されてしまいます。

光回線の工事日のタイミングは、できるだけ月末に近い日程を選ぶのがおすすめです。

工事日を決めたとしても実際に工事する前にキャンセルすれば、1円も払わずに無料で申し込みをキャンセルできます。

3.利用中の光回線を解約する

3つ目のステップとして、利用中の光回線を店舗や電話で解約する必要があります。

すぐに解約しない場合でも、事前に手続きだけしておけば当月中に自動で解約するタイミングが選べるので、工事日が決まったらすぐに解約手続きしたほうが賢明です。

先ほどもお話ししたように、ほとんどの光回線は解約した月の月額料金が日割りにならないので、2重請求を防ぐためには月末で解約する必要があります。

また、ソフトバンク光のように解約手続きをおこなってもすぐに解約できず、手続きが適用されるまでに数日かかる場合があるので解約のタイミングに注意してください。
解約する光回線日割り即日解約
フレッツ光×
ドコモ光×
ソフトバンク光××
(6営業日かかる)
NURO光×
auひかり

更新期間に解約しないと違約金が発生

光回線は、契約の更新期間中(更新月)に解約しないと違約金が請求されてしまいます。

更新月は光回線ごとに決まっていて、利用中の光回線が2年契約なら申し込み月から24ヶ月目、3年契約なら36ヶ月目が更新月です。

契約更新月の流れ
利用している光回線によって異なりますが、更新月以外の期間に解約した場合は大体9,500円ほどの違約金を支払うことになるので、更新月で解約するのが絶対おすすめです。

工事費の未払い分が一括請求される

また、工事費を分割での支払いにした場合、支払い期間中に解約してしまうと残りの未払い分を翌月に一括請求されてしまいます。

とくに気をつけて頂きたいのが、工事費が「実質無料」の光回線を利用している場合です。工事費が月額料金から割引されている形なので、解約と同時に割引がなくなります。
例:auひかり(戸建てタイプ)は工事費37,500円が実質無料になりますが、最初の更新月の3年で解約した場合、工事費の分割期間が60ヶ月なので24ヶ月分の工事費(15,000円)が一括請求される

光回線によっては乗り換えキャンペーンで解約費用を負担してくれる

光回線を解約した場合に、違約金と工事費の未払い分が発生することをお話ししました。

しかし、乗り換え先の光回線がauひかりとソフトバンク光の場合はお得な乗り換えキャンペーンを実施していて、他社の解約費用をいくらか還元してくれます。

ソフトバンク光⇒最大10万円まで
auひかり⇒最大3万円まで

もし利用中の光回線を解約したときに違約金や工事費の未払い分が高額な場合は、乗り換えキャンペーンの利用をおすすめします。

4.開通工事をおこなう

転用や事業者変更で乗り換える場合は工事が不要なので、作業員がやってきて工事することはありません。

ただし新規申し込みで乗り換える場合、部屋に光コンセントが設置されていないときは光回線の開通工事が必要になります。

光コンセントの種類

基本的に、乗り換え前の光回線ですでに工事を実施しているなら光コンセントがあるはずですが、念のために設置されているかどうか確認しておきましょう。

光コンセントが設置されているにも関わらず、有派遣工事が必要だと判断されてムダな工事費がかかってしまうケースもあります。

また、土日に工事をおこなう場合は3,000円以上の追加料金がかかってしまうので必ず確認しておいてください。

光回線の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口

それでは、乗り換えでキャッシュバックがもらえる一番おすすめな申し込み窓口を光回線ごとに紹介していきます。

下記の表にスマホ・建物・エリア別で分けて、皆さんにとって最もおすすめな光回線が一目見て分かるようにまとめました。
スマホ光回線
ドコモ
ドコモ光
ソフトバンク戸建て
NURO光
アパート
ソフトバンク光
au
その他
全国
So-net光
全国
auひかり
関西地方
eo光

ドコモ光

申し込み窓口キャッシュバック額
プロバイダサイト15,000円
家電量販店10,000円
ドコモショップ10,000円
ドコモ光のキャッシュバック額は申し込み窓口によって5,000円かわるくらいです。つまりどこで申し込んでもかわらないということ。

対面でしっかり説明を受けてから契約したい人であれば、ドコモショップや家電量販店をおすすめしますし、普段からネットで買い物したり、手間や時間をかけたくない人はプロバイダのキャンペーンサイトからの申し込みをおすすめします。

ドコモ光はオプションの加入条件が比較的少ないので、ネットからでも安心して申し込めます。
★ドコモ光おすすめの申し込み窓口
・超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
・dポイント20,000円分プレゼント!
・最高額!15,000円キャッシュバック!
・dカードGOLD申し込みでGMOポイント5,000円分!
・インターネット設定を無料で出張サポート!
・光コラボからの乗り換え工事費無料
(光コラボ:ソフトバンク光、ぷらら光、OCN光、So-net光、@nifty光、ビッグローブ光、U-NEXT光など)

▼ドコモ光の申し込み窓口▼
ドコモ光の申し込み窓口

ソフトバンク光

申し込み窓口キャッシュバック額
ソフトバンクショップ10,000円
家電量販店10,000円
公式ホームページなし
ネット代理店30,000円~
ソフトバンク光でキャッシュバックをもらうのであれば、店舗かネット代理店がおすすめ。

ネット代理店の場合は金額が多いですが手続きが複雑で、さらに代理店選びも大変なのでネット申し込みに慣れていないと難しいです。

下記でおすすめの代理店を窓口を紹介しているので、できるだけ多くのキャッシュバックが欲しい人は検討してみるのもあり。

ネット申し込みが不安な人は店舗での手続きの方が簡単・確実なので、おまけ程度でキャッシュバックが欲しい人であれば満足できるでしょう。

ソフトバンクショップと家電量販店であれば、どちらも金額の差はないので近くの店舗を1~2店ほどのぞいて、金額が多い方を選ぶのがベスト。

ちなみにどの窓口で契約しても「あんしん乗り換えキャンペーン」や「工事費分キャッシュバックor割引」などのソフトバンの公式キャンペーンは受けられるので、キャッシュバックがもらえない公式ページから申し込むのは損でしかありません。
★ソフトバンク光おすすめの窓口
・54,000円の高額キャッシュバック!
・オプション加入不要!
・開通工事が早いと評判!
▼ソフトバンク光の申し込み窓口▼

ソフトバンク光の申し込み窓口

NURO光

申し込み窓口キャッシュバック額
公式サイト35,000円
家電量販店なし
ネット代理店30,000円~
NURO光を申し込むのであれば公式ホームページからの申込み一択です。

受け取り条件もなく、普通に契約するだけで35,000円がもらえる文句なしの申込み方法になっています。

注意して欲しいのが「ワンコイン」や「月額1,980円」などの割引キャンペーンを適用させると、キャッシュバックが受け取れない点。

割引キャンペーンよりキャッシュバックの方が結果的にお得になるので、NURO光の公式キャンペーンはどれも無視して大丈夫です。

ネット代理店の方が高いキャッシュバックを提示していますが、どれも受け取り条件や手順が複雑な所が多く、好条件な代理店を見つけるのが難しいのであまりおすすめできません。

また店舗でも契約できますが取り扱っていることが少なくて、キャッシュバックがもらえないことも多いので選択肢としては適していないでしょう。

素直に公式ホームページからの申し込むことを強くおすすめします。
★NURO光おすすめの窓口
・35,000円のキャッシュバック!
・不要なオプション加入なし!
・工事費実質無料!
・申込み時に工事日選択可能!
・高速無線LAN&セキュリティサービスつき!

▼NURO光の申し込み窓口▼nuro光の申し込み窓口

So-net光

申し込み窓口キャッシュバック額
公式サイト88,800円
家電量販店なし
ショップなし
So-net光の場合は今のところ公式のキャンペーンがお得です。

キャッシュバックではないので現金が手元に来るわけではないのですが、毎月の月額料金が最高総額88,800円割引に。

代理店もあるのですがキャッシュバック額が公式キャンペーンよりも少ないですし、オプション加入が必要だったりするのでおすすめしません。

So-net光のショップはなく、家電量販店でも受付していないので必然的にネットでの申し込みとなるので、正直対面での申し込みじゃないと嫌な方には向いていません。

ただ、自分である程度調べられて慣れている方は問題なく契約出来るでしょう。
★So-net光おすすめの窓口
・2,200円の月額料金割引が36ヶ月続く!
・37ヶ月目~48ヶ月目も500円割引!
・auの携帯料金が最大2,000円割引!
・v6プラス対応ルーター最大12ヶ月レンタル無料!
・人気のセキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料!

▼So-net光の申し込み窓口▼So-net光申し込みサイト

auひかり

申し込み窓口キャッシュバック額
公式サイトなし
ネット代理店50,000円
プロバイダサイト50,000円
家電量販店55,000円
auショップ15,000円
auひかりは申し込み窓口によってキャッシュバック額にかなり開きがあるので要注意です。

ネット代理店、プロバイダサイト、家電量販店はだいたい50,000円前後です。

ネットは不安だから店員さんに聞きながら申し込みたいな~と考えている方は迂闊にauショップで申し込むと大変なことになります。家電量販店の方が高額キャッシュバックを行っているのでお得です。

また、ネットから申し込む場合も公式サイト、プロバイダサイト、代理店から申し込むかによって違います。

金額的にはネット代理店とプロバイダサイトは違いはありませんが、受け取りやすさを重視するとネット代理店がおすすめです。申し込みの電話で口座を伝えるだけで振り込まれるというのが個人的に高ポイント。

キャッシュバックを受け取るのは誰だって楽な方がいいですよね。
★auひかりおすすめの申し込み窓口
・最大50,000円のキャッシュバック!
・最短1ヶ月後の受け取り!
・不要なオプション加入なし!
・申請手続きは申し込み時に完了!
・工事費実質無料!

▼auひかりの申し込み窓口▼auひかりの申し込み窓口

eo光

申し込み窓口キャッシュバック額
eo光
公式サイト
商品券
10,000円
ネット
代理店
家電
量販店
商品券/ポイント
10,000円
eo光はどこの窓口から申し込んでも、戸建ての場合は商品券で1万円のキャッシュバックを受け取ることができます。(マンションタイプだと商品券3,000円)

なので、一番安心して申し込むことができる公式サイトがおすすめです。申請手続きをしなくても、開通から1ヶ月後に自動で届くのでかなり簡単にもらうことができます。

ほかの光回線と比べるとキャッシュバック額が見劣りしてしまいますが、もともとの月額料金が安いので関西に住んでいる方に一番おすすめできる光回線です。

また、公式サイトではeo光で使える多機能ルーターが1年間無料でレンタルできます。光回線に必要なONU機器と無線LANルーターが一体になっているので、自前で買わなくても1台でインターネットを利用できます。
★eo光おすすめの申し込み窓口
・eo光公式サイトだから安心!
・商品券1万円が1ヶ月後に届く!
・新規申し込みでも工事費0円!
・多機能ルーターが1年間無料で使える!

▼eo光の申し込み窓口▼eo光の申し込み

まとめ

この記事では、光回線を乗り換えるための手順と注意点を全てまとめたうえで、キャッシュバックがもらえる一番お得な申し込み窓口を紹介させていただきました。

光回線は契約期間や工事、違約金があるなど嫌気がさすくらい複雑になっています。この記事に書かれている手順を踏んでいただければ上手く乗り換えられるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る