【最新】ドコモ光の問い合わせ先まとめ!電話番号や受付時間がすぐわかる!

2019-10-29

ドコモ光に問い合わせたいけど、どの電話番号に問い合わせればいいかわからない……

問い合わせてはみたものの、たらい回しにされて疲れてしまった……

そんなお悩みはありませんか?

今回はドコモ光の問い合わせ先についてわかりやすくまとめました。

ドコモ光の問い合わせ先電話番号や受付時間はもちろん、電話をする時間が取れない方のためにメールやチャットでの問い合わせ方法などもまとめました。

また、2019年7月から事業者変更が始まった関係で以前とは問い合わせ先が少し変更されています。

この記事では最新の情報を載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光の電話での問い合わせ先

ドコモ光の問い合わせ電話番号はいくつかあるので、どんな内容が問い合わせられるのかということも含めて順番に紹介していきます。

ドコモ光の問い合わせ総合窓口

一番確実なのは、NTTドコモインフォメーションセンターに電話で問い合わせることです。

ドコモの総合問い合わせ窓口なので、ほとんどの内容はここに問い合わせれば案内してくれます。

ドコモインフォメーションセンター

ドコモの携帯電話からの場合
151(無料)

一般電話などからの場合
0120-800-000(無料)

受付時間:午前9時~午後8時

どちらも通話料無料で利用できます。

電話での問い合わせには契約者電話番号とネットワーク暗証番号(契約時に指定した4桁の数字)が必要になるので、必ず把握しておくようにしましょう。

スキップ番号一覧

ドコモインフォメーションセンターに電話をかけると音声ガイダンスが流れ、問い合わせ内容に応じたスキップ番号の入力を求められます。

「○○について知りたい方は○番、××について知りたい方は×番……」というコールセンターによくあるアレですね。

ガイダンスをすべて聞くとかなり時間がかかってしまうので、問い合わせ内容ごとのスキップ番号を一覧表にまとめました。

少しでも問い合わせにかかる時間を短縮するために、ぜひ活用してみてください。

手続き内容スキップ番号
引っ越し7-1-1
新規申し込み7-1-2
事業者変更7-1-3
解約7-1-4
問い合わせ7-1-5
工事日に関して7-2
接続・設定方法ネットトータル
サポート契約中
インターネット接続・
メールの設定に関して
7-3-1-1
周辺機器の接続・
ソフトウェアに関して
7-3-1-2
ネットトータルサポート未契約7-3-2
ドコモ光の故障7-4-2-1

スキップ番号の入力はガイダンスが流れ終わるのを待たず連続で押しても大丈夫です。

特に当てはまらないという場合は、「問い合わせ(スキップ番号:7-1-5)」を選択しましょう。

プロバイダの変更などもここで手続きができますし、ドコモ光公式キャンペーンについての問い合わせもここでOKです。

ただし、代理店やプロバイダのキャンペーンについてはそれぞれの窓口に問い合わせる必要があるので注意しましょう。

また、引っ越しや新規申し込みはWEBでも手続きができます。

My docomo(ドコモ契約者の会員ページ)にログインすればWEBで契約内容の確認や一部の手続きもできるので、可能であればWEBでサクッと済ませてしまうのがおすすめです。

※My docomoのログインにはdアカウントのIDとパスワードが必要です。

My docomoでできること
・契約内容の確認、変更
・支払い方法の変更
・住所変更
・iモード、spモードのパスワードリセット
・dポイントの確認
など

問い合わせをスムーズにするためのポイント

ドコモ光への問い合わせをスムーズにするためのポイントもいくつか紹介しておきます。

混雑予想カレンダー

混雑予想カレンダー

ドコモの公式サイトには、「混雑予想カレンダー」というものが公開されており、ドコモインフォメーションセンターの混み具合を日付と時間帯に分けてわかりやすく表しています。

あくまで予想なので必ずしもカレンダーの通りになるわけではありませんが、いつ電話をかけるか決める目安にはなるので、問い合わせの前には一度チェックしてみるといいでしょう。

モバイルセレクトアプリ

モバイルセレクトアプリ

モバイルセレクトアプリは、ドコモインフォメーションセンターに電話をかけると自動で立ち上がり、スキップ番号の入力の代わりにアプリ上で問い合わせ内容を選択するとそのまま対応部署につないでくれるというもの。

スキップ番号の入力に不安がある方やガイダンスを聞くのが面倒という方におすすめです。

ただし、モバイルセレクトアプリが対応しているのはAndroid端末のみで、iPhoneの方は利用できないので注意が必要です。

ドコモ光の故障に関する問い合わせ

故障の問い合わせ・修理の申し込み

ドコモの携帯電話からの場合
113(無料)

一般電話などからの場合
0120-800-000(無料)

受付時間:24時間(年中無休)

ドコモ光の故障に関しての問い合わせは、24時間受け付けている故障窓口があります。

一般電話などからかけるフリーダイヤルはドコモインフォメーションセンターと同じ番号ですが、ドコモの携帯電話からかける場合は番号が異なります。

製品の修理が必要と判断された場合は、ドコモが指定する故障取扱窓口で修理の申し込みをすることになりますが、そのまま電話で修理の申し込みをすることも可能です。

ただし、その電話で申し込んだ時間が午前9時~午後6時以外の時間帯の場合は別途折り返し電話での案内となるので注意しましょう。

初期設定や接続に関する問い合わせ先

ネットトータルサポートセンター

ドコモ携帯・一般電話共通
0120-825-360(無料)

有料オプションの「ネットトータルサポート」に加入している場合は、ネットトータルサポートセンターにかけても対応してくれます。

ドコモインフォメーションセンターに電話してもここに繋がるとは思うのですが、スキップ番号の入力が面倒という方は直接この番号にかけてしまいましょう。

ネットトータルサポートに加入していない方は、ドコモインフォメーションセンター(151)の「接続・設定方法(スキップ番号:7-3-2)」へ問い合わせてくださいね。

ドコモ光の回線工事に関する問い合わせ

ドコモ光サービスセンター

ドコモの携帯電話からの場合
15715(無料)

一般電話などからの場合
0120-766-156(無料)

受付時間
⇒午前10時~午後8時(年中無休)

ドコモ光申し込みから開通までの期間の工事に関する問い合わせは、ドコモ光サービスセンターで対応してもらえます。

工事日の調整や変更、工事前のキャンセルなどを希望する場合にはこの番号に連絡しましょう。

ドコモインフォメーションセンターのスキップ番号7-2にかけても問い合わせができますが、番号の入力が面倒な方は直接上記の番号にかけるといいでしょう。

オプションに関する問い合わせ先

ドコモインフォメーションセンター

ドコモの携帯電話からの場合
151(無料)

一般電話などからの場合
0120-800-000(無料)

受付時間:午前9時~午後8時

光電話やドコモ光テレビオプションに関する問い合わせも、ドコモインフォメーションセンターへの問い合わせで対応してくれます。

ただし、問い合わせ内容によって担当部署が異なるので注意しましょう。

オプションの解約など契約に関する問い合わせは「問い合わせ(スキップ番号:7-1-5)」、機器の不具合や故障は「故障(スキップ番号:7-4-2-1)」への問い合わせになります。

故障の場合は、113の故障窓口にかけても大丈夫ですよ。

ちなみに、スカパー!×ドコモ光とひかりTV for docomoに関しては専用の問い合わせ窓口があるので注意が必要です。

スカパー!×ドコモ光の問い合わせ先

スカパー!カスタマーセンター

ドコモ携帯・一般電話共通
0120-863-077(無料)

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

ドコモ光オプションに加えてスカパー!も契約している場合、スカパー!に関する問い合わせはこちらの窓口に電話しましょう。

ひかりTV for docomoの問い合わせ先

ひかりTVカスタマーセンター

ドコモ携帯・一般電話共通
009192-144(無料)

上記番号が利用できない場合
⇒0120-001144(無料・携帯電話不可)

受付時間:午前10時~午後7時(年中無休)

ひかりTVに関する問い合わせはこちらの専用窓口を利用しましょう。

問い合わせにはbから始まる契約番号もしくはエントリーコードが必要になります。

ひかりTVの会員登録証またはひかりTVの画面上から確認ができるので、事前に用意しておきましょう。

ちなみに、dアカウントにログインすれば、WEBの問い合わせフォームからも問い合わせることができますよ。

プロバイダに関する問い合わせ

プロバイダの変更はドコモインフォメーションセンター(151)で手続きできますが、プロバイダ側の問題は契約しているプロバイダに問い合わせる必要があります。

例えば、「プロバイダからレンタルしているルーターの調子が悪い」「プロバイダのオプションサービスについて問い合わせたい」などの場合ですね。

主要なプロバイダの問い合わせ先を一覧にまとめておくので、活用してみてください。

プロバイダ電話番号受付時間電話以外の方法
ぷらら009192-33
(無料)

ひかり電話から
⇒0120-971391
(無料)

携帯電話から
⇒050-7560-0033
(有料)
午前10時~午後7時
(年中無休)
チャット
メール
GMO
とくとくBB
0570-045-109
(有料)
技術サポート
⇒午前10時~午後7時
(年中無休)

事務手続きサポート
⇒午前10時~午後7時
(平日)
メール
@nifty0570-03-2210
(有料)
午前10時~午後7時
(年中無休)
メール
DTIカスタマーサービス
⇒0570-00-4740
(有料)
カスタマーサービス
⇒午前10時~午後5時
(平日)
メール
エンジニアリング
サポート
⇒0570-00-4741
(有料)
エンジニアリング
サポート
⇒午前10時~午後7時
(年末年始を除く)
BIGLOBEインフォメーション
デスク
⇒0120-86-0962
(無料)

携帯・PHS・IP電話から
⇒03-6385-0962
(有料)
午前9時~午後6時
(年中無休)
メール
テクニカル
サポートデスク
⇒0120-68-0962
(無料)

携帯・PHS・IP電話から
⇒03-6328-0962
(有料)
OCN0120-506506
(無料)

IP電話から
⇒050-3786-0506
(有料)
午前10時~午後7時
(日祝・年末年始を除く)
チャット

ドコモ光の電話以外の問い合わせ方法

ドコモインフォメーションセンターの受付時間は午前9時~午後8時ですが、「電話窓口営業時間内の問い合わせが難しい」「問い合わせたけど全然繋がらない」という方もいるでしょう。

電話以外の問い合わせ方法を紹介するので、電話での問い合わせができない場合に活用してみてください。

LINEでの問い合わせ

ドコモ光や光オプションサービスの故障・トラブルに関してであれば、LINEのメッセージでオペレーターが24時間対応してくれます。

ドコモ故障サポートのアカウントを友だち登録すると、トーク画面から問い合わせができるようになりますよ。

ただし、問い合わせ内容によっては回答が得られなかったり、他の問い合わせ窓口を案内される場合があります。

必ずしもLINEでの問い合わせだけで解決するとは限らないということは覚えておきましょう。

友だち登録の方法

LINEの公式アカウント検索で「ドコモ故障サポート」と入力しても見つかりますが、下記のQRコードからでも登録できますよ。

ドコモ故障サポートQR

QRコードから登録する方法
➀QRコードを保存(スクショ)する
➁LINEの友だち追加メニューから「QRコード」を選択
➂「ライブラリから読み込む」を選択
➃保存したQRコードを選択して読み込み、友だち登録する

おたすけロボットでの問い合わせ

ドコモ光おたすけロボット

チャット形式でロボットが質問に答えてくれる「おたすけロボット」というサービスもあります。

オペレーターではなくロボットによる対応なので、24時間いつでも利用できるのがいいですね。

問い合わせられる内容は、主に以下の4つ。

・ネット、Wi-Fiが繋がらない
・通信速度が遅い
・光電話が使えない
・光テレビが見られない

現在の状況を選択肢の中から選んでいくと、おたすけロボットが改善方法を提示してくれるという流れですね。

かなり細かくヒアリングしてくれるので最善の解決策が見つかりやすいですし、機器の接続や再起動なども画像付きでわかりやすく解説してくれるので、なかなか頼りになるサービスです。

状況によっては電話での問い合わせを案内されることもありますが、その場合はおたすけロボットに伝えた内容を引き継いでくれる「引継キーワード」を教えてくれます。

おたすけロボット引継キーワード

このキーワードを電話口で伝えることで、一から説明する手間が省けるということですね。

必ずしもおたすけロボットだけで100%完結するわけではありませんが、まず最初に問い合わせてみる窓口としては最適だと思いますよ。

メールでの問い合わせ

ドコモ公式サイトのメールフォームからの問い合わせも可能ですが、混み具合や問い合わせ内容によっては返答が来るまでに数日以上かかる可能性があります。

また、料金プラン変更や住所変更など契約内容に関する問い合わせは契約者本人である確認が必要なので、メールで問い合わせることはできません。

その場合はドコモインフォメーションセンターに電話をする必要があります。

どうしても電話をする時間が取れない、かつLINEやおたすけロボットの案内範囲からは外れるという場合には一度使ってみてもいいと思いますが、希望通りの案内が受けられないケースもあることは覚えておきましょう。

まとめ

以上、ドコモ光の問い合わせについてのまとめでした。

問い合わせ窓口が複数あるとややこしいですが、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

当サイトでは他にもドコモ光に関する記事をたくさん公開しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る