大容量WiFiの評判は?料金・通信制限・速度などの情報まとめ

大容量WiFiの評判は?悪い口コミはない?と気になっていませんか。

結論から言うと、大容量WiFiは月額料金が安い上に、最大500GBまで通信制限がかからないプランを選ぶことができるので、比較的評判の高いポケットWi-Fiです。

しかし、速度がそこまで速くないことや解約金が高いといった気になる評判があるのも事実…。

そのためこの記事では、大容量WiFiの評判を徹底的に調査した結果を詳しく紹介します。

▼大容量WiFiのメリット
・月額料金が安い
・最大500GBまで通信制限がない
・端末の発送は最短翌日
・対応エリアが広い

▼大容量WiFiの気になる点
・速度が遅いって本当…?
・解約金が高い…?

最後まで読むことで、本当に大容量WiFiを契約するべきか判断することができます。ぜひ参考にしてください。

【総合評価】大容量WiFiはこんな人におすすめ

大容量WiFiは、株式会社ルナが2021年6月21日から提供開始したポケットWi-Fi。

月額料金が安く、最大500GBの大容量通信が可能なので、以下のような人におすすめです。
▼大容量WiFiがおすすめな人
・月額料金が安いポケットWi-Fiを探している
・大容量のデータ通信を利用したい
・利用用途は主に、SNSやネット閲覧、標準画質でのYOUTUBE視聴など
またサービス内容を徹底的に調査したところ、大容量WiFiの総合評価は以下の結果となりました。
項目別評価
料金★★★★★
速度制限★★★★★
通信速度★★☆☆☆
解約のしやすさ★☆☆☆☆
エリア★★★★★
総合評価★★★☆☆
料金・速度制限・エリアに関するサービス内容は高評価であるものの、速度・解約金の評判はイマイチです。

ただし速度や解約金についても、インターネットの利用用途やユーザーの状況によっては、デメリットにならない場合もあるので、ここから紹介する内容をよく確認して、契約するかよく吟味してくださいね。
▼申し込みはこちら▼

大容量WiFiの評判からわかったメリット

大容量WiFiの評判を徹底的に調査してわかったメリットは、以下の4つです。

▼大容量WiFiのメリット
・月額料金が安い
・最大500GBまで通信制限がない
・端末の発送は最短翌日
・対応エリアが広い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額料金が安い

大容量WiFiを契約する1つ目のメリットは、とにかく月額料金が安いこと。他社ポケットWi-Fiの月額料金と比較した以下の表をご覧ください。
 100GB200GB 300GB400GB500GB
大容量
WiFi
2,900円3,900円4,900円5,900円6,900円
ゼウス
Wi-Fi
3ヶ月:3,278円
以降:3,828円
The
Wi-Fi
3,828円
hi-ho
Let’s
Wi-Fi
3,828円4,730円
Fuji
Wi-Fi
4,345円5,445円
上記の通り、大容量WiFiは利用するデータ容量に合わせて月額料金のプランを選ぶことが可能。

ほとんどのポケットWi-Fiが、100GB・200GBプランの提供となっていますが、大容量WiFiであれば、どちらの場合でも1,000円近く安く使うことができます。

また大容量WiFiは、ポケットWi-Fiの中で有名なWiMAXと比べても、かなり安い価格帯。以下のようにWiMAXの料金と比較しても、1,000円近く安く利用できるということがわかりました。

●Broad WiMAX⇒3,753円(2ヶ月:2,999円)
●ビッグローブWiMAX⇒4,268円
●大容量WiFi⇒2,900円
※WiMAXのデータ容量は3日で10GB(1ヶ月約100GB)

このように大容量WiFiは、ポケットWi-Fiサービス全体の中でも料金がかなり安い方。さらに大容量WiFiではよりお得に利用できるキャンペーンも実施しています。詳しく見ていきましょう

キャンペーンで6ヶ月間990円

現在大容量WiFiでは、6か月間月額990円で利用できるキャンペーンを実施しています。
▼新規お申込みスタートダッシュキャンペーン
・200GB、300GB、400GB、500GBの申し込みで6ヶ月間月額990円
・オプションも無料で使える(サポートプラススマートコンシェルジュメガチャージ
上記のようにキャンペーンは、200~500GBのプランを新規申し込みするすべての人が対象。このタイミングに申し込めば、半年で最大30,000円お得に大容量WiFiを利用することができるんです。

さらに様々なオプションもセットでついてくるので、新規で契約する人にとってかなりありがたいキャンペーンだと言えるでしょう。

ただ一つだけ注意してほしい点が、キャンペーン終了時にオプションの解約が必要なこと。7ヶ月以降に解約を忘れてしまうとオプション料金約2,000円が追加請求されてしまうので、気を付けてくださいね。

端末代も無料

さらに大容量WiFiは、端末代が無料です。
▼他社ポケットWi-Fi端末代
UQ WiMAX⇒21,780円
ビッグローブWiMAX⇒21,120円
上記のように他社の場合、端末代に2万円程度かかることも…。

大容量WiFiであれば、端末代の初期費用を抑えることができるので、負担なくインターネットを利用することができますよ。

最大500GBまで通信制限がない

大容量WiFiは月に利用するデータ容量が選べて、最大500GBまで通信制限がありません。
▼大容量WiFiで選べるデータ容量
50GB/100GB/200GB/300GB/400GB/500GB
他社のポケットWi-Fiは、月間100~200GBのデータ容量を超えると、通信制限にかかってしまうサービスがほとんど。そのため、長時間動画視聴をしたり、人数でポケットWi-Fiを使ったりするような場合、すぐに通信制限にかかってしまう傾向にありました。

一方大容量WiFiは、最大500GBまでのプランを選ぶことができるので、簡単には通信制限にかかりません。

そのため、これまでのポケットWi-Fiではデータ容量が全然足りなかったという人でも、十分満足できるサービスと言えるでしょう。

通信制限までどのくらい使える?

月間50~500GBまでのデータ容量を使える大容量WiFiですが、実際に通信制限までどのくらいインターネットを使えるのでしょうか?以下の表では、利用用途ごとにどのくらいインターネットが使えるのかまとめました。
利用用途100GB300GB500GB
ネット閲覧約33万
ページ
約99万
ページ
約165万
ページ
メール送信209,000通627,000通1,045,000通
YOUTUBE
※標準画質
185時間555時間925時間
NETFLIX
※標準画質
143時間429時間715時間
ZOOM170時間510時間850時間
上記の表を確認すると、大容量WiFiではかなり多くの時間インターネットを使っていても通信制限にかからないことがおわかりいただけると思います。

例えば、500GBのプランであれば一日中YOUTUBEを視聴して、丸々1ヶ月間過ごしても、通信制限にかかる心配は一切ありません。

また家族共用でポケットWi-Fiを使いたいという場合でも、十分なデータ容量を使うことができるので安心ですよ。

オプション加入すれば制限中も1Mbpsで使える

大容量WiFiは、メガチャージというオプションに加入することで、通信制限にかかっても1Mbpsの速度で利用することが可能です。
▼メガチャージオプション
・月額550円
・通信制限時も1Mbpsでの通信が可能
通常、大容量WiFiで通信制限にかかると、最大でも128kbpsの通信速度になってしまうので、ネット閲覧やSNS程度の操作でも、スムーズに繋がらなくなってしまいます。

しかし、メガチャージオプションに加入していれば、通信制限にかかったとしても1Mbpsが保証されているので、ネット閲覧やSNSはもちろん、低画質であれば動画視聴もすることが可能。いざという時も安心ですよ。
\こんなポケットWi-Fi待ってた/
『大容量WiFi』がスゴイ
大容量WiFiが選ばれる理由は・・・
★とにかく料金が安い!
★キャンペーンで6ヶ月990円で使える!
★月間最大500GBの大容量プラン!
★対応エリアも広くて安心!
★最短翌日発送!

2021年人気急上昇中◎大容量WiFi
▼申し込みはコチラ▼大容量WiFi公式サイト

端末の発送は最短翌日

さらに大容量WiFiには、最短翌日の発送が可能というメリットがあります。
 発送時期
大容量WiFi最短翌日
ゼウスWi-Fi最短翌日
ASAHIネット
WiMAX
申し込みの2営業日後発送
上記の表の通り、端末の発送が遅いポケットWi-Fiもある中で、大容量WiFiは最短翌日発送が可能。

もちろん、祝日や年末年始などの即日発送は行っていませんが、申し込みから最低でも一週間以内には端末が自宅に届きますよ。

また、元来光回線などのインターネット回線であれば、利用開始までに1ヶ月は掛かってしまいますが、大容量WiFiであればすぐにインターネットを使い始めることが可能。

そのため、緊急でインターネット環境が必要になったという人にも、かなりおすすめのサービスと言えるでしょう。

対応エリアが広い

さらに大容量WiFiは、対応しているエリアが広いというメリットもあります。
▼ポケットWi-Fiの利用電波
WiMAX⇒WiMAX2⁺+(au)の電波
大容量WiFi⇒au+ソフトバンクの電波
上記のように、ポケットWi-FiでもメジャーなWiMAXは基本的に「WiMAX2⁺」という電波を使いますが、まだ日本の郊外や山間部などはエリア対象外である場合も多いです。

一方大容量WiFiは、スマホ3大キャリアのauとソフトバンクの電波を利用することが可能。特にソフトバンクは日本の郊外や山間部などでも対応していることが多く、多くのエリアが対象になるんです。

そのため大容量WiFiであれば、WiMAXがエリア外だったという人でも、安心してインターネットを利用できるので、おすすめですよ。

大容量WiFiの評判で見えた気になる点

ここまで大容量WiFiのメリットを紹介してきましたが、評判を調査する中で気になる点があるのも事実です。

▼大容量WiFiの気になる点
・速度が遅いって本当…?
・解約金が高い…?

ここから詳しく解説していくので、本当に契約して問題ないのかしっかり確認してくださいね。

速度は遅いって本当…?

大容量WiFiの速度に関する口コミを確認すると上記のように「遅い」という口コミも…。

大容量WiFiの速度はあまり期待できないのでしょうか?ここから詳しく解説していきます。

最大速度の遅い端末になる可能性がある

まず速度について調査していると、大容量WiFiはレンタルする端末を選ぶことができず、どの端末が届くかによって最大速度が異なるということがわかりました。
▼大容量WiFiでレンタルできる端末
GlocalMe U3⇒最大150Mbps
GlocalMe G3⇒最大72Mbps
一般的なクラウドWi-Fiの最大速度は、大体150Mbps。そのため、もしGlocalMe G3の端末が届いてしまったら、通常の1/2の最大速度でネットを利用することになってしまいます。

またポケットWi-Fiの中でも有名なWiMAXであれば、最大1,200Mbpsの端末を利用することも可能ですが、それと比較するとかなり速度の上限が落ちることになってしまうと言えるでしょう。

もちろん、最大速度は理論上の数値なので、実際にこの速度で利用できる数値というわけではありませんが、大容量WiFiは最大速度が低くなる可能性がある分、通常のポケットWi-Fiよりも期待値は低いのかもしれません。

とはいえ通信速度は利用環境によって変わる

ここまで紹介したように、大容量WiFiは送られてくる端末によって、最大速度が遅い可能性もあるということは確かですが、絶対に他のポケットWi-Fiよりも実質速度が遅いかと言われるとそうではありません。

例えば、先ほどWiMAXは最大1,200Mbpsの速度でインターネットを利用できると紹介しましたが、電波の性質上、地下鉄やビルの地下でネットを利用する場合は、速度が遅くなる可能性があります。

一方、大容量WiFiは地下などの障害物がある場所にも強い電波なので、この場合は大容量WiFiの方がさくさくインターネットを使える可能性が高いと言えるでしょう。

ほかのポケットWi-Fiでも、周辺地域の利用者数が増加して、ネットワーク容量がいっぱいになってしまえば、大容量WiFiの方が快適にインターネットを使える可能性もあるんです。

そのため、一概に大容量WiFiが遅いとは言い切れないということは頭に入れておいてくださいね。

結論:大容量WiFiを快適に使えるのはこんな人

ここまで、速度についての調査結果を紹介してきましたが、結論、大容量WiFiは以下のような人であれば、快適な速度でインターネットを利用することができます。
▼大容量WiFiを快適に使えるのはこんな人
・SNSやネット閲覧をする
・標準画質でYOUTUBE視聴をする
・LINEの通話を使う
大容量WiFiは最大速度がそこまで速くないので、高画質の動画視聴や動画配信、オンラインゲームなどの作業にはあまり向いていません。

しかし上記のような用途であれば、最低でも1Mbpsの速度が出ていれば問題なく利用することができるので、大容量WiFiでも快適にインターネットを利用できると言えるでしょう。
▼申し込みはこちら▼

解約金は高い…?

大容量WiFiについて調査していて気になった点が、解約金が高いということです。他社ポケットWi-Fiの解約金と比較した以下の表をご覧ください。
 解約金契約期間
大容量Wi-Fi19,800円2年
The Wi-Fi9,800円2年
ゼウスWi-Fi9,900円2年
Mugen Wi-Fi9,000円2年
上記の表を確認すると、大容量WiFiの解約金は他のポケットWi-Fiよりも2倍高いということがおわかりいただけるでしょう。

契約期間は2年と他社と変わりませんが、いざ途中で解約しなければならなくなった時、2万円近く支払わなければならないのは、かなり痛手ですよね。

長期間、大容量WiFiを使おうと思っているという人は、そこまで気にする必要はないですが、2年間も使うかわからないという人は十分注意してくださいね。

大容量WiFiの申し込みから利用開始まで

大容量WiFiの申し込みから利用開始までの流れは以下になります。

➀公式サイトから申し込む
➁端末が届く
➂Wi-Fiの設定をする

申し込みには以下の情報が必要なので、事前に用意しておいてください。
▼申し込みに必要な情報
・契約者情報
・身分証
・クレジット番号
申し込みから遅くても1週間程度で大容量WiFiを利用開始することができますよ。
\こんなポケットWi-Fi待ってた/
『大容量WiFi』がスゴイ
大容量WiFiが選ばれる理由は・・・
★とにかく料金が安い!
★キャンペーンで6ヶ月990円で使える!
★月間最大500GBの大容量プラン!
★対応エリアも広くて安心!
★最短翌日発送!

2021年人気急上昇中◎大容量WiFi
▼申し込みはコチラ▼大容量WiFi公式サイト

大容量WiFiに関するその他の疑問

ここでは大容量WiFiに関するその他の疑問を紹介します。

・プラン変更はできる?
・解約方法は?
・問い合わせ窓口は?

プラン変更はできる?

大容量WiFiでは、毎月の利用データ容量に合わせて、50~500GB間のプラン変更が可能です。
▼プラン変更の概要
【費用】手数料1,100円
【手続き】マイページから
【適用時期】毎月9日までの手続きで、翌月から適用
上記の通り、プラン変更には費用がかかるので、間違えないように注意してくださいね。

解約方法は?

大容量WiFiの解約はマイページから手続きすることが可能です。

解約の締め日は毎月9日まで。この日程を過ぎてしまうと、翌月の月額料金も支払わなければならないので、注意してください。

手続きが完了したら、レンタル端末とUSBケーブルを「解除月の翌月1日」までに返却しましょう。※返却先は、マイページでの解約手続きが完了したら、表示されます。

問い合わせ窓口は?

大容量WiFiの問い合わせ窓口は、メールでの対応のみとなっています。

●大容量WiFi問い合わせ窓口

対応はメールでの返信のみとなっているので、返信に時間がかかってしまう場合もあることは覚悟しておきましょう。

まとめ

大容量WiFiは、月額料金が安い上に最大500GBまでの大容量プランを選ぶことができるため、比較的評価の高いのポケットWi-Fiです。

しかし、そこまで通信速度は速くないので、高画質の動画視聴や動画配信、オンラインゲームなどで利用するには不向き。また解約金も高額なので、2年以内で短期解約の可能性がある人にはあまりおすすめできません。

そのため、SNSや標準画質でYOUTUBEを見る程度でしかポケットWi-Fi使わないという人や長期利用を考えているという人であれば、かなりおすすめのポケットWi-Fiと言えるでしょう。

人気の記事一覧

ポケットWiFiに関する情報の関連記事

インターネット契約に関しての関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る