BBIQ光の解約は電話1本ですぐ終わる!解約金と回線撤去費に注意

BBIQ光の解約は電話1本ですむので、とても簡単です。

ただし、解約金が少し複雑なのが注意点。契約プランによって金額が大きく異なります。

まずはBBIQ光に解約申込みをする前にこの記事を読んで下準備をしておきましょう。

かかってしまった解約金を負担してくれる光回線も紹介しているのでぜひ最後までご覧ください。

BBIQ光の解約方法と流れ

1.お客様センターに電話

BBIQ光の解約は電話のみで行うことができます。以下の番号にかけましょう。

QTentお客さまセンター 0120-86-3727 9:00~20:00(年中無休)

自動音声が流れるので「1」の後に「4」を押すと、解約窓口に繋がります。 この時に解約金がどのくらいかかるのか確認しましょう。 BBIQ光の月額料金は日割りにならないので、解約はできるだけ月末に行いましょう。 解約連絡は、最低でも月末最終日の2週間前には行いましょう。理想は1ヶ月前です。 解約予約についてはBBIQ光側からはっきりとした回答は得られませんでしたが、出来る限り個人の要望に沿って手続きをしてくれるようです。

2.回線撤去工事を行う

BBIQ光の解約申込み後、10日前後で回線撤去工事日の日程調整連絡が来ます。

その後、工事日が正式に決定したら回線撤去工事を行います。(立ち合いが必要)

BBIQ光はフレッツ光の回線ではなく独自回線を用いているので、解約時の回線撤去工事は必須となります。

この工事の際に、レンタルしていた機器を返却し、解約手続きは完了です。

ただし、工事当日に機器の返却が出来ない場合は、後日返却キットを送ってくれます。

ちなみに、他の光回線に乗り換える場合はBBIQ光の回線撤去工事よりも前に、新しい回線の開通工事をすることも可能です。

BBIQ光の解約金はいくら?

回線撤去費5,000円は無条件で必ずかかる

利用期間や解約理由に関係なく、BBIQ光を解約する際は回線撤去費として5,000円が発生するということを頭に入れておいてください。

この料金にプラスして解約金がかかってきます。

ただし、マンションタイプを契約している方はこの費用は発生しません。

BBIQ光は独自の回線を引いてサービスを提供しているので、解約時に回線を回収しないといけないようです。

プランごとの解約金と更新期間

3年契約や5年契約のプランを契約していない方は24ヶ月以上使った場合、解約金はかかりません。

24ヶ月以内に解約した場合の解約金は以下の通りです。

●12ヶ月以内に解約:24,600円
●12ヵ月以上18ヵ月未満に解約:20,000円
●18ヵ月以上24ヵ月未満に解約:10,000円

3年契約(BBIQつづけて割)の解約金

解約時期解約金
~12ヵ月未満25,000円
12ヵ月以上
24ヵ月未満
20,000円
24ヵ月以上
36ヵ月未満
15,000円
36ヵ月目
+37ヵ月目
無料
38ヵ月以上
72ヵ月未満
12,500円
解約時期によって解約金が異なるので、なるべく解約金が少ない時期、かからない時期に解約したいところです。

解約金がかからないで解約できる期間が2ヶ月間あるので、計画的に手続きを行いましょう。

5年契約(BBIQつづけて割ビッグ)の解約金

※60ヵ月経過後は、36ヵ月単位の自動更新となります。

解約時期解約金
~12ヵ月未満30,000円
12ヵ月以上
24ヵ月未満
25,000円
24ヵ月以上
60ヵ月未満
20,000円
60ヵ月目
+61ヵ月目
無料
62ヵ月以上
96ヵ月未満
15,000円

通常はこの解約金にプラスして工事費残債の支払いが必要ですが、BBIQ光の場合は工事費(2,000円)をほとんどの人が払い終わっているのでその必要はありません。

引越し先でもBBIQ光を使えば解約金はかからない

引越しをお考えの方は解約の他に、BBIQ光を継続利用するという選択肢があります。

通常かかる移転先での工事費(9,000円)が無料になり、さらにパソコンの接続設定まで無料で行ってくれます。

もし、引越し先でもBBIQ光の対象地域だったら継続利用も検討してみてください。

引越し先での開通工事までの間は、モバイルルーターをレンタルすることが出来ます。

このモバイルルーターは引越し手続きと同時にレンタルを申込むことで初期費用2,000円と月額4,000円がレンタル開始月が無料になります。

工事まで2ヶ月かかるというのは通常あまりないので無料期間中に返却すれば費用はかかりません。

引越し手続きとモバイルルーターレンタルの手続きは同時に行うと覚えておいてください。

BBIQ光解約後のおすすめな乗り換え先

発生してしまった解約金をなくすことは出来ませんが、その分のお金が戻ってくる光回線を選ぶことで実質チャラにすることが出来ますよ。

So-net光

So-net光が選ばれている理由として挙げられるのが何といっても月額料金の安さ。

3年間戸建ては3,980円、マンションは2,980円でネットを使うことが出来てしまうんです。

さらにauスマートバリューも適用出来るので、今までBBIQ光を使っていた方にはぴったりの光回線です。

現金でのまとまったキャッシュバックはありませんが、総額84,000円の特典が受けられるのはSo-net光だけです。

下記の窓口はSo-net光の公式ページなので、安心して申し込めますよ。

auひかり

auひかりが人気なのは違約金負担のキャッシュバックがあるからです。

BBIQ光で発生する解約金はauひかりのキャッシュバックで補うことが出来ます。

さらに、代理店限定キャッシュバックとして追加で50,000円も貰えます。

ここまでキャッシュバックが高額な光回線は他にありません。

「代理店は不安だなあ」という方でも下記窓口はKDDIから5年連続表彰されている代理店なのできちんとした対応をしてくれます。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る