U-NEXT光は評判がヤバイ?申し込みに関する情報まとめ

U-NEXT光は、動画見放題サービスでおなじみの「U-NEXT」が提供する光コラボレーション。

U-NEXTやU-mobileなど、U-NEXTのサービスを利用している方はU-NEXT光も検討しているかもしれませんが……

結論から言うと、全くおすすめできません。

この記事ではU-NEXT光の料金や速度について、利用者の評判を交えながらわかりやすくまとめました。

申し込み方法や解約方法などについても記載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

U-NEXT光とは

U-NEXT光は、株式会社U-NEXTが提供している光コラボ。

光コラボというのは、NTT東日本・西日本のフレッツ光回線を利用して、様々な企業が独自のサービスを組み合わせて提供しているネット回線サービスです。

フレッツ東日本・西日本と同じ、全国のエリアで利用できます。
U-NEXT光01との違いは?

同じくU-NEXTが提供している光回線に「U-NEXT光01」がありますが、U-NEXT光とは別のサービスです。

U-NEXT光01は集合住宅に特化した光回線で、U-NEXT光01が導入されているマンションでしか契約できません。

料金はU-NEXT光よりも安いですが、最大速度は遅い(100Mbps程度)という特徴があります。

U-NEXT光の評判から見るデメリット

正直言って、数ある光回線の中からU-NEXT光を選ぶメリットはありません。

利用者の評判を交えながらU-NEXT光をおすすめできない理由を解説していくので、検討中の方は一度目を通しておいてください。

月額料金・工事費・解約金が高い

U-NEXT光をおすすめできない一番の理由としては、「料金が高い・お得じゃない」という点が挙げられます。

月額料金、初期費用、解約金、オプション料金について順番に解説していきますね。

U-NEXT光の月額料金

まずは月額料金から見ていきましょう。

プラン回線プロバイダ合計
ファミリー
(通常)
4,980円1,280円6,260円
ファミリー
(にねん割)
4,200円1,080円5,280円
マンション
(通常)
3,480円1,180円4,660円
マンション
(にねん割)
3,180円1,030円4,210円
一般的に光コラボはプロバイダ料金込みのセットプランを提供しているところがほとんどですが、U-NEXT光は回線とプロバイダ(U-Pa!)の料金が別々でかかります。

つまり月々かかる料金は上記の表の合計のところの金額というわけですね。

「にねん割」という割引に加入すると、2年契約の縛りがある代わりに月額料金が安くなります。

契約期間は2年ごとの自動更新となり、契約期間中の解約には違約金がかかるので注意しましょう。

●他社光コラボとの比較

U-NEXT光がどれだけ高いのか、他社の光コラボと簡単に比較してみました。
光コラボ戸建てマンション
OCN光5,100円3,600円
ソフトバンク光5,200円3,800円
@nifty光5,200 円3,980円
ドコモ光5,200円4,000円
U-NEXT光5,280円4,210円
今回比較した5社の中でも、U-NEXT光が一番高いですね。

それぞれ2年契約プランの料金で比較していますが、BIGLOBE光やSo-net光など3年契約の光コラボではもっと月額料金が安いこともあります。

ちなみに、U-NEXT光にはキャンペーンやセット割などは一切ないので、これ以上料金が安くなることもありません。

以前はU-NEXTの格安スマホ「U-mobile」とのセット割があったのですが、現在は終了しています。

ほとんどの光コラボが顧客獲得のために様々なキャンペーンや割引を打ち出している中、ここまで得がない光コラボも珍しいです。

月額料金に関して、U-NEXT光に全くメリットはありませんね。

U-NEXT光の初期費用

U-NEXT光を契約する際には、「契約事務手数料」と「開通工事費」の初期費用がかかります。

U-NEXT光の工事費

U-NEXT光の開通工事には以下の3種類があり、自宅の回線設備状況によって工事費は異なります。

種類工事費
新設工事/
配線ルート変更
24,000円
配線設備再利用7,600円
派遣工事なし2,000円
フレッツ光からの転用など、既に家にフレッツ光の回線が引いてある場合は新たに設置する必要はありません。

ホームゲートウェイやモデムなどの機器を自分で接続できる方は派遣工事なしの2,000円で済みますし、工事担当者に接続してもらう場合は配線設備再利用の7,600円がかかります。

新規でU-NEXT光を契約する場合は配線の新設が必要なので24,000円の工事費がかかります。

工事費の支払いは一括支払い以外にも800円×30ヶ月の分割が選べますが、工事費の支払いが完了する前に解約をしてしまうと、工事費の残債を支払うことになるので注意しましょう。

そしてこの24,000円の新設工事費ですが、これも他社と比べてかなり高いんです。

●他社光コラボとの比較
光コラボ戸建てマンション工事費無料
キャンペーン
@nifty光18,000円15,000円なし
OCN光18,000円15,000円なし
ドコモ光18,000円15,000円あり
ソフトバンク光24,000円24,000円あり
U-NEXT光24,000円24,000円なし
U-NEXT光とソフトバンク光が同額の24,000円ですが、ソフトバンク光には工事費無料キャンペーンがあるので実質0円にすることができます。

U-NEXT光には工事費無料や割引のキャンペーンもないので、他社と比較しても圧倒的に契約者の負担が大きいです。
U-NEXT光の契約事務手数料

続いて契約時の事務手数料も見ていきましょう。

種類契約事務手数料
回線3,000円
プロバイダ2,000円
月額利用料金が回線とプロバイダで分かれているように、契約事務手数料もそれぞれに発生します。

他社のプロバイダ込みの光コラボでは2,000~3,000円で済む事務手数料が、U-NEXT光では5,000円もかかってしまうんです。

これは新規契約だけでなく、フレッツ光からの転用や他社光コラボからの事業者変更でも同様です。

契約するだけで5,000円も取られるなんて、数ある光回線の中でもU-NEXT光くらいじゃないでしょうか。

U-NEXT光の解約金

にねん割に加入していた場合、契約期間中の解約には下記の解約金が発生しますが、U-NEXT光はここでも注意が必要です。

種類金額
解約金
(回線)
10,000円
解約金
(プロバイダ)
5,000円
月額料金や契約事務手数料同様、解約金も回線とプロバイダで別々にかかってしまうんです。

つまり、U-NEXT光の解約金は回線の解約金10,000円とプロバイダの解約金5,000円の合計15,000円かかるということですね。

ただし、にねん割の契約更新期間中の解約であれば解約金はかかりません。

引用:U-NEXT光公式サイト


にねん割の契約期間は利用開始月を含む24ヶ月間なので、25ヶ月目と26ヶ月目が更新月となります。

この更新月を逃してしまうと解約金が発生するので、解約のタイミングには十分注意してください。

●他社光コラボとの比較

では、この15,000円という解約金がどれほど高いのか、他社の光コラボと比較してみました。
光コラボ戸建てマンション
@nifty光9,500円9,500円
ソフトバンク光9,500円9,500円
OCN光11,000円11,000円
ドコモ光13,000円8,000円
U-NEXT光15,000円15,000円
ここまでくると僕がわざとやっていると思われそうですが、【2年契約の光コラボ・プロバイダ料金込み】の同条件で比較するとU-NEXT光が一番高くなってしまうんです……

契約期間が3年以上の回線では解約金が20,000円以上になることもありますが、2年契約で15,000円は高すぎです。

せめて解約金が回線分の10,000円だけならまだ他社とも渡り合えたのですが(それでも高いですが)、プロバイダの解約金が5,000円もかかるのはいただけませんね。

U-NEXT光のオプション料金

U-NEXT光の有料オプションと料金を一覧表にまとめました。

オプション料金
ひかり電話・基本プラン
⇒月額500円
・プラス
⇒月額1,500円
リモートサポート月額500円
光テレビ月額750円
訪問セットアップ
ベーシック
1回の訪問につき
8,000円
訪問セットアップ
メールプラス
1回の訪問につき
9,000円
WEBROOT
インターネット
セキュリティプラン
月額500円
SMART USEN月額490円
安心サポートサービス月額980円
AOSBOX cool月額500円
無線LANルーター
オプション
月額500円×30回
※一括払い不可
オプションの料金自体はそこまで高いわけではありませんが、他社では特典として無料で利用できるサービスもU-NEXT光では全て有料での提供となります。

例えば、無線LANルーターは契約中ずっと無料でレンタルできるところもありますし、訪問セットアップ初回無料、セキュリティソフト永年無料など、回線・プロバイダによって様々な特典が用意されています。

中でも無線LANルーターは家でスマホやタブレットをWi-Fiに繋ぐのに必要ですし、欲しいという方が多いでしょう。

U-NEXT光では有料レンタルをするか、自分でルーターを用意するしかありません。

この点はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

IPv6非対応で速度は期待できない

U-NEXT光がおすすめできないもう一つの理由は、IPv6接続に対応していないという点です。

IPv6接続というのは、ざっくり言うと「混雑による低速を回避して通常よりも快適な速度で利用できる接続方式」のこと。

他社の光回線の多くはこのIPv6接続に対応しており、それが当たり前になりつつある中でU-NEXT光は非対応。

ツイッターで調べてみても、速度に関する評判は良くありませんでした。
回線の遅さだけでなく、通信障害の多さについても苦言を呈されています。

IPv6非対応という点もそうですが、速度に対するサポートの薄さも速度に不満の口コミが上がっている原因の一つであると言えます。

残念ながらU-NEXT光ではあまり速度に期待はできないでしょう。

また、もう一つ注意が必要なのが、プランごとの最大速度です。

U-NEXT光のプランは戸建てとマンションそれぞれ3種類ずつあり、月額料金は一緒ですが最大速度が異なります。
プラン通信速度
ファミリー1G
マンション1G
最大概ね1Gbps
ファミリー200
マンション200
下り最大200Mbps
上り最大100Mbps
ファミリー100
マンション100
最大100Mbps
U-NEXT光に限らず全ての光回線に言えることですが、最大速度1Gbpsのプランを契約したからといって必ずしも1Gbpsが出るとは限りません。

というか、まず最大速度MAXの速度が出ることはありえないと思っておいた方がいいでしょう。

「100Mbpsも出れば十分かな」と100Mや200Mのプランを契約してしまうと、あまりの遅さに後悔することになるかもしれませんよ。

ただし、マンションの設備などによっては1Gや200Mのプランが利用できない場合もあるので、不安な方は事前に確認しておきましょう。

使いすぎると速度制限される

ネットをよく利用する方に注意していただきたいのが、U-NEXT光には速度制限があるという点です。

U-NEXT光の契約約款には、以下の文言が記載されています。

当社は、契約者間の利用の公平を確保し、本サービスを円滑に提供するため、動画再生
やファイル交換(P2P)アプリケーション等、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手順
を用いて行われる通信について速度や通信量を制限することがあります。

引用:U-NEXT光公式サイト

つまり、「一人で使いすぎると他の人に迷惑だから速度を制限しますよ」ということですね。

スマホで速度制限をくらったことがある方も多いと思いますが、あれと同じようなストレスを光回線でも味わうことになってしまうんです。

同様に速度制限システムがある光コラボにはOCN光が挙げられますが、利用者からも批判の嵐でした。

インターネットが定額で使い放題なのが光回線のいいところなのですが、この点は利用者にとっても不安要素でしかありませんね。

U-NEXT光の申し込み・解約について

U-NEXT光の申し込み方法や解約方法についてもまとめたので、検討中の方はご覧ください。

U-NEXT光の申し込み方法

U-NEXT光を申し込むには、公式サイトの申し込みフォームへの入力が必要です。

他に代理店などの申し込み窓口もないので、申し込み方法は公式サイトのWEBフォーム一択だと思ってください。

名前、住所、電話番号、メールアドレスを入力し、「お問い合わせ種別」で「お申し込みに関する内容」を選択、問い合わせ内容入力欄に申し込み希望の旨を書いて送信すればOKです。

申し込みが完了するとU-NEXT光から電話がかかってくるので、工事日を調整し、開通工事を行ったら完了となります。

U-NEXT光の解約方法

U-NEXT光を解約するには、まずU-NEXT光のカスタマーセンターへの問い合わせが必要です。

回線設備の撤去工事が必要な場合は問い合わせの際に撤去工事日の調整をすることになるので、自分のスケジュールを把握しておきましょう。

撤去工事には立ち会いが必要ですが、工事が不要な場合は自分で機器を返却する必要があります。

解約手続き完了後に機器回収キットが送られてくるので、その案内に沿って忘れずに返却をしてください。

機器回収キット以外で返却をしてしまうと返却の確認ができず、損害金を請求されてしまうこともあるので注意しましょう。

解約の問い合わせ先電話番号

U-NEXT光 カスタマーセンター
電話番号:0120-010-987
受付時間:午前11時~午後7時(年末年始を除く)
解約の問い合わせは上記のカスタマーセンターに連絡しましょう。

ちなみに、このカスタマーセンターの電話番号は公式サイトには記載されていないので要注意です。

僕も最初は目を疑いましたが、そんなはずはないと公式サイト内を探し回ったところ、トップページの一番下の「サービス規約」というリンク先の「重要事項説明」というPDFの一番下のところにひっそりと書いてありました。

また、U-NEXT光のカスタマーセンターは繋がらないという声も多数挙がっています。

解約の際は、なるべくゆとりをもって問い合わせるようにしましょう。

まとめ

U-NEXT光をおすすめできない理由がおわかりいただけたでしょうか。

世の中にはもっと安くて速度の評判も良く、キャッシュバックキャンペーンも充実した光回線があります。

下記の記事でもそんなおすすめの光回線を紹介しているので、ぜひ一度目を通してみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM