2020年光回線おすすめ6社!5つの比較軸で選ぶおすすめインターネット回線

すべての光回線のサービスを比較して、あなたに最もおすすめの光回線を紹介します。

光回線を選ぶときのポイントは大きくわけると「月額料金の安さ」「速度の速さ」「スマホとのセット割」の3つです。

様々な光回線を比較した結果、ドコモ光・So-net光・ソフトバンク光・NURO光・auひかり・enひかりの6社がおすすめの結論に至りました。

光回線を最もお得に契約するために、2020年1月おすすめの光回線をお得なキャンペーンを開催している申し込み窓口と合わせて紹介しています。

光回線の選び方・乗り換え方から契約~開通までの流れも合わせてどうぞ。

※目次の項目をクリックすると知りたい情報からご覧いただけます。

光回線とは?

光回線とは、光ファイバーを自宅に引き込んでインターネットを利用するサービスです。電波の影響を受けず、大容量の通信が得意なので、ケーブル回線やADSL、モバイル回線よりも通信速度で勝るインターネット回線になります。

ドコモ光、ソフトバンク光などフレッツ光と同じ回線を使用しているサービスを「光コラボレーション(光コラボ)」といい、500社以上の事業者が各社携帯とセットで契約するとお得になるセット割をはじめ、独自のサービスを展開しています。

光コラボはどこを選んでもインターネット回線の速度や品質は大きく変わらないので、契約しているスマホとのセット割や利用用途に合わせた光回線を選ぶことが重要になります。

ただし、光コラボ以外の光回線(NURO光・auひかり)は速度の速さに定評があるので、通信速度を重視する方にぴったりです。

2020年おすすめの光回線6社を徹底比較

光回線を選ぶ上で重要な比較ポイントは以下の5つです。

1.月額料金
2.回線速度
3.スマホのセット割引
4.エリア
5.プロバイダ
6.キャッシュバック

上記の5つのポイントを比較した結果、2020年1月現在おすすめの光回線は「ドコモ光・So-net光・ソフトバンク光・NURO光・auひかり・enひかり」の6社になりました。ここでは人気6社の光回線の特徴とお得なキャンペーンを開催している申し込み窓口を合わせて紹介します。
▼2020年1月おすすめの光回線はこちら▼

●ドコモユーザーにおすすめの光回線はこちら
●auユーザーにおすすめの光回線はこちら
●ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線はこちら
●月額料金が安いおすすめの光回線はこちら
●速度が速いおすすめの光回線はこちら
光回線セット割
対象スマホ
料金
速度エリアキャッシュ
バック
ドコモ光ドコモ戸建て
5,000円
全国25,000円
マンション
4,000円
ソフト
バンク光
ソフト
バンク
戸建て
5,200円
全国54,000円
マンション
3,800円
NURO光戸建て
4,734円
一部地域のみ45,000円
マンション
4,737円
au
ひかり
au戸建て
5,100円
一部地域のみ61,000円
マンション
3,800円
So-net光戸建て
3,980円
全国84,000円
(月額割引)
マンション
2,980円
ビッグ
ローブ光
戸建て
3,500円
全国25,000円
マンション
2,500円
en
ひかり
UQ
モバイル
戸建て
4,300円
全国
マンション
3,300円

※キャッシュバックに関しては2020年1月最新の情報を掲載しています。

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

ドコモ光のおすすめポイント
●ドコモのスマホ料金が毎月1,000円割引!
v6プラス対応でネット速度が快適!
●速度制限なしで使い放題
●最新のWi-Fiルーターが無料でもらえる!
●25社から好きなプロバイダが選べる
25,000円キャッシュバック

ドコモ光とはNTTドコモが提供するインターネットサービスで、基本的にフレッツ光のNTT回線を利用しているのでフレッツ光が利用できる全てのエリアで利用できます。

ドコモユーザーは「セット割」で毎月1,000円スマホ料金が安くなるので(例:家族4人ドコモなら毎月4,000円も安くなる)、ドコモスマホを利用している方は間違いなくドコモ光がおすすめです。

また、速度が速い光回線を契約したい方に1番おすすめなのもドコモ光です。僕も契約していますがとにかく速いです。

もし契約後に通信速度が100メガを下回ったらお詫びに100円分のポイントが受け取れる特典もあるほどドコモ光は速度に自信のある光回線です。

ドコモ光はプロバイダが25社から選べる

プロバイダ

ドコモ光はタイプAとタイプBの25社のプロバイダの中から好きなものを選ぶことができます。タイプによって大きく品質に差が出るということはありませんが、タイプAの方が200円安いので、出来るだけタイプAのプロバイダの中から選びましょう。

この中でもおすすめなのが『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBBを選んだ場合、最新のIPv6対応Wi-Fiルーターが無料で利用でき、そのWi-Fiルーターも最大1733メガという爆速だったり性能もズバ抜けて良いのが特徴です。

GMOとくとくBBの公式サイト内では、実際の利用者の平均速度も公開されているので、速度の心配をする必要がありません。

ドコモ光のおすすめ申込み窓口

申込み窓口キャッシュバック額
プロバイダ
サイト
GMO
とくとくBB
25,000円
OCN25,000円
DTI20,000円
ドコモ光は申込み窓口によってキャッシュバック額はほとんど変わりませんが、中でもGMOとくとくBBで申し込むと、dポイントと現金キャッシュバックで合計25,000円相当が受け取れて超お得です!

どこから申し込んでもあまり変わらないので、家電量販店やネットの代理店からではなくプロバイダ公式サイトから申込むのが賢明です。申し込み後のトラブル回避の意味でもプロバイダサイトをおすすめします。

ドコモ光は2020年1月現在、工事費無料キャンペーン実施中です。“実質”無料ではなく完全に0円なので初期費用を抑えたい方は、ドコモ光がおすすめです。

申し込みを検討している方は、合計25,000円キャッシュバックに加えて、v6プラス対応のWi-Fiルーターがもらえる今が絶好のチャンスです。
ドコモ光の概要
・月額料金(マンション):4,000円
・月額料金(戸建て):5,200円
・工事費:18,000円 ⇒2020年1月は無料!
・違約金:~13,000円
・プロバイダ:25社から選べる(OCN、ぷらら、など)
・提供エリア:全国
ドコモ光について詳しく知りたい方はこちら

▼25,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

auユーザーならSo-net光がおすすめ

So-net光のおすすめポイント
●auスマートバリューで携帯料金が最大1,000円割引になる
●大幅割引キャンペーンで3年間ずっと2,000円割引で利用できる
●高速Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできる
●人気セキュリティソフト「S-SAFE」が無料で使えて安心

So-net光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する光回線で、フレッツ光の回線を利用してインターネットを提供しているいわゆる「光コラボレーション」のひとつです。

So-net光の1番のメリットは「大幅割引キャンペーン」で3年間2,980円/月で利用できるということ。

さらに、auスマホをお使いの方は「auスマートバリュー」が適用出来るので、毎月1,000円以上の割引が見込めます。

auひかりはエリア対象外だったという方でも、So-net光は全国に対応しているため、ほとんどの方が利用できます。

また、人気の秘密は料金の安さだけではなく、サービスやサポートが充実しているという点です。

セキュリティソフトの「S-SAFE」がずっと無料で使えたり、高速Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできたりと、ユーザーにとってお得なサービスがたくさんあります。

その結果、2019年のオリコン調査では関東エリアにおいて満足度1位のプロバイダにも選ばれています。

オリコン調査So-net

オリコン顧客満足度ランキングより

So-net光のおすすめ申込み窓口

申込み窓口キャッシュバック額条件
ソネット光公式月額割引
84,000円
ソネット光公式
サイトから申込む
ネット
代理店
BIGUP30,000円BIGUPのサイト
から申込む
Moon&Sun50,000円指定オプション
いずれか1つ契約
フルコミット10,000円指定オプション
5つを契約
So-net光の主な申込み窓口は、公式サイトと代理店の2つ。

So-net光公式サイトではキャッシュバックはありませんが、月額料金の割引キャンペーンを実施していて、合計で84,000円も安くなります。

キャッシュバックよりも、月額料金が安くなっていった方が毎月の支払いが楽になるので、通信費を少しでも安くしたいと考えている方はぜひSo-net光の公式サイトからの申込みをおすすめします。

代理店の中には10万円の高額キャッシュバックがもらえるところもありますが、指定のオプションに加入することが条件になっているのでおすすめしません。

オプション料金がかかってしまって逆に損することになってしまうので注意しましょう。
So-net光の概要
・月額料金(マンション):2,980円
・月額料金(戸建て):3,980円
・工事費:24,000円
・違約金:20,000円
・プロバイダ:So-net
・提供エリア:全国
So-net光について詳しく知りたい方はこちら
▼So-net光公式ページはこちら▼so-net光申し込みサイト

auユーザーならビッグローブ光もおすすめ

ビッグローブ光のおすすめポイント
・auセット割でネット代が最大1,200円割引になる
・BIGLOBEモバイルとのセット割で300円割引になる
・工事費が実質無料
最大25,000円のキャッシュバックがもらえる

ビッグローブ光はBIGLOBE株式会社が運営する光回線サービスです。

2017年にKDDIのグループ会社となったためauのスマホをお使いの方は、ビッグローブ光もおすすめです。

So-net光との違いは『auスマートバリューとauセット割を選べる』という事と『キャッシュバックがもらえる』という点です。

auスマートバリューは「ネット+固定電話」を契約すると毎月のスマホ代が最大1,000円安くなるという割引ですが、auセット割はauスマホとネットだけの契約で毎月ネット代が1,200円安くなります。

スマホのプランによって割引額は異なりますが、余計なオプションに加入しなくてもいいので、一人暮らしの方はビッグローブ光×auセット割にすることをおすすめします。

さらにビッグローブ光の公式ページから申込むと25,000円のキャッシュバックがもらえます。

こちらも固定電話などのオプションなしでもらえるのでかなりお得です。

格安スマホのBIGLOBEモバイル/SIMと一緒に使うと毎月300円安くなる割引もあるので、通信費を節約したい方はBIGLOBEモバイルとビッグローブ光をおすすめします。

ビッグローブ光のおすすめ申込み窓口

申込み窓口キャッシュバック額
ビッグローブ光公式サイト25,000円
ネット
代理店
NEXT26,000円
NNコミュニケーションズ28,000円
ビッグローブ光の申込み窓口は、ネット代理店か公式サイトから選べますが、『ビッグローブ光の公式サイト』から申込むことをおすすめします。

ネット代理店では公式サイトよりも高額なキャッシュバックを提示しているところもありますが、そういったところは決まってオプションが強制的につけられていたりするので危険です。

もう一つ、ネット代理店をおすすめしない理由としては「申込み時限りの関係」だからです。

正直、ネット代理店は新規で申込む人を取り込めればそれで目的は達成です。ですが、ビッグローブ光公式ページの場合キャッシュバックで新規のお客さんを取り込みつつ、その後も解約までしっかりとサポートしてくれます。

どちらが安全に申し込めるかはもう歴然ですよね。

また、40ヶ月以上利用すれば工事費(最大30,000円)が無料になるので3年以上の長いスパンで契約を検討している方におすすめします。
BIGLOBE光の概要
・月額料金(マンション):2,500円
・月額料金(戸建て):3,500円
・工事費:27,000円~30,000円
・違約金:20,000円
・プロバイダ:BIGLOBE
・提供エリア:全国
ビッグローブ光について詳しく知りたい方はこちら

▼ビッグローブ光公式ページはこちら▼ビッグローブ光

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ

ソフトバンク光のおすすめポイント
・おうち割光セットで携帯料金が永年1,000円割引!
・おすすめ窓口からの申し込みで54,000円キャッシュバック!
・他社違約金最大10万円分還元!
・開通前レンタルが無料で利用できる!

ソフトバンク光はソフトバンク株式会社が運営している光回線サービスで、フレッツ光回線を利用した「光コラボ」と呼ばれる回線の1つです。

ソフトバンクスマホの月額料金が最大1,000円も安くなる「おうち割」が適用できるので、ソフトバンクユーザーにおすすめな回線になっています。

またソフトバンク光では乗り換え時の違約金を負担してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」、工事費の全額キャッシュバックなども受けられ、契約手数料3,000円を支払うだけでソフトバンク光に乗り換えができるのも大きなメリットです。

他にも光BBユニットというIPv6に対応したWi-Fiルーターを使うことで、高速でネットが利用できるので速度にこだわる人でも満足できるでしょう。

全国エリアで提供していて、知名度も抜群なのではじめてネットを契約する人でも安心して利用できます。

ソフトバンク光のおすすめ申込み窓口

申込み窓口キャッシュバック額手続き
ソフトバンク光
公式サイト
なし
ネット
代理店
ゼロプラス30,000円なし
エヌズ
カンパニー
33,000円あり
NEXT33,000円
アウン
カンパニー
33,000円
エフプレイン30,000円
ライフ
サポート
35,000円
アイネット
サポート
35,000円
ソフトバンク光はネットや店舗など、色んなところで申込みをすることができますが中でもおすすめなのがネット代理店のゼロプラスです。

オプションなしで54,000円の高額キャッシュバックが受け取ることができる、お得な申込み窓口になっています。

申し込みと同時にキャッシュバックの受け取り申請も完了するので、面倒な手続きも必要ありません。

とにかく簡単に高額キャッシュバックがもらえるので、ソフトバンク光の契約を検討している人におすすめな窓口です。
ソフトバンク光の概要
・月額料金(マンション):3,800円
・月額料金(戸建て):5,200円
・工事費:24,000円
・違約金:9,500円
・プロバイダ:Yhaoo!BB
・提供エリア:全国
ソフトバンク光について詳しく知りたい方はこちら

▼54,000円キャッシュバック中▼ソフトバンク光窓口

月額料金が安いのはenひかり

enひかりのおすすめポイント
●業界最安値!マンション3,300円
●戸建ても4,300円の激安!
●超高速1ギガでネットが快適
●通信制限なしでWi-Fi使い放題
●契約期間の縛りナシ
●いつ解約しても違約金0円
●Wi-Fiルーターが1,000円で買える!
●UQモバイルスマホガ100円割引

enひかりは株式会社縁人が運営する業界最安値のインターネットサービス『光回線』です。

enひかりの大きな特徴は、マンション3,300円・戸建て4,300円という圧倒的な月額料金の安さ。

キャンペーンやオプションで割引されているのではなく、基本料金自体がこの激安料金なので永久に安く利用できます。

enひかりはそんな圧倒的な安さにもかかわらず、通信制限なしで快適にネットが使えるという他社に劣らないサービス。利用者の評判も『速度が速くて安い』とかなり高評価です。

大手携帯キャリアとのセット割などはありませんが、格安スマホと一緒に通信費を安く抑えたいという方に向いています。

さらにもう一つのメリットである契約期間の縛りが無くていつ解約しても違約金0円という好条件はenひかりだけなので、初めて光回線を契約する方や契約期間に縛られたくない方に選ばれています。

他社でよくあるキャッシュバックキャンペーンは行っていませんが、2020年1月現在v6プラス対応の定価9,000円のWi-Fiルーターが1,000円で購入できるキャンペーンを実施しています。

3,000台限定なのでWi-Fiルーターを持っていない方は今がチャンスですよ。

enひかりは、2019年NTTから表彰されている信頼も厚い光回線で、月額料金が安くて契約期間の縛りがないので、かなりお得な光回線といえます。
enひかりの概要
・マンション:3,300円
・戸建て:4,300円
・工事費:~15,000円
・解約金:いつでも0円
・プロバイダ:enひかり
・提供エリア:全国
enひかりについて詳しく知りたい方はこちら
▼お申し込みはこちら▼

速度が速いのはNURO光

NURO光のおすすめポイント
最大2Gbpsで回線速度が速い
●工事費が実質無料
●ソフトバンクのスマホ代が最大1,000円引き
45,000円のキャッシュバックがもらえる

NURO光は大手プロバイダのSo-netが運営している光回線で、独自の回線を利用して最大速度2Gという他社よりも速い速度でネットを楽しめます。

NURO光に乗り換えてから実測値で100Mbps以上も速くなったという評判も多いため、契約中の回線速度が遅いと悩んでいる人にはおすすめです。

さらに無料で利用できるONUと一体型Wi-Fiルーターも高性能なので、有線や無線に関係なく高速でネットを利用することができます。

料金は4,737円と他の光回線よりも500円~1,000円ほど安く、「NURO光forマンション」というマンション専用プランの場合は最安1,900円で利用することができるため、費用に満足している方も多いです。

また、ソフトバンクのスマホをお使いの方は「おうち割」でスマホ代を1,000円も安くすることができるため、ソフトバンクユーザーであればさらにお得にネットを使うことができます。

NURO光は他の光回線と違って宅内と屋外の2回の工事をする必要があるため、開通までに時間がかかることや、立ち会いの手間がかかることを覚えておいてください。

同日工事(別途5,000円が必要)をすれば1日で作業を終わらせることもできるので、時間をかけたくない人は検討してみましょう。

NURO光のおすすめ申込み窓口

申し込み窓口キャッシュバック額
NURO光公式ページ45,000円
PS4プレゼント
(43,000円)
月額1,980円になる
(1年間)
ネット
代理店
ブリンクコミュニケーションズ42,000円
価格com41,370円
アウンカンパニー30,000円
ライフサポート株式会社19,000円
ブローバンドサービス19,000円
スローダイニング19,000円
フルマークス19,000円
ジェイハック19,000円
Life Bank3,000円
NURO光はPS4、1年間1980円キャンペーン、ワンコイン体験キャンペーンなどの特典が用意されていますが、併用することができないので1つしか利用することができません。

中でもおすすめなのが45,000円キャッシュバックで、代理店と比較しても高額ですし、最速2ヶ月で受け取りができるため、多くの人が利用している人気なキャンペーンとなっています。

どのキャンペーンにするか悩む人は45,000円キャッシュバックがもらえる専用窓口から申し込みをしてみてください。

ただし、NURO光は契約できない地域があるので、申し込みページで必ずエリア確認をしてから手続きをしましょう。

ちなみにNURO光には最大6G、または10Gでネットが使える高速プランも用意されていますが、契約できる建物に制限があるので注意してください。
NURO光の概要
・月額料金(マンション):~4,737円
・月額料金(戸建て):4,737円
・工事費:40,000円
・違約金:9,500円
・プロバイダ:So-net
・提供エリア:関東、関西、東海、九州
NURO光について詳しく知りたい方はこちら
\NURO光の公式サイトはこちら/NURO光公式の申し込み窓口

エリア内ならauひかりも速くておすすめ

auひかりのおすすめポイント
●最大速度5G,10Gの高速プランがある
●今だけ!5Gのプランは追加料金なしで申込める
8つのプロバイダから好きなところを選べる
●auのスマホ代が最大1,000円引き

auひかりは、KDDIが提供する光回線で、NTTの回線ではなく独自の回線を利用してインターネットサービスを提供しています。

利用可能エリアが限られてしまうものの、5ギガ・10ギガのプランがあるのがauひかりの大きな特徴です。

auひかりには通常の1ギガプランとは別に5ギガと10ギガのプランが用意されています。5ギガプランは追加料金なしで利用できますが、10ギガプランは通常の料金+780円かかります。

また、auスマホとセットで使うと「auスマートバリュー」でスマホ代が最大1,000円割引になります。

auひかりはプロバイダ8社から選べる

auひかりプロバイダ

auひかりは8社のプロバイダの中から好きなプロバイダを選ぶことができます。

ドコモ光のようにプロバイダによって料金が異なる、ということはないので本当に好みで選んで大丈夫です。

ただし、プロバイダによっては独自のキャンペーンを行っているところがあり、GMOとくとくBB・So-net・BIGLOBEは月額料金が安くなります。

auひかりはエリアに注意

auひかりの提供エリアはかなり限定されていて、滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県、岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県、沖縄県は提供エリア外となっています。

auひかりの対象外エリアにお住まいの方は、auスマートバリューが適用できるSo-net光やビッグローブ光を検討してみましょう。

また利用可能地域であっても、マンションによっては申込みができないなど、契約するには少しハードルが高いというのが現状です。

auひかりのおすすめ申込み窓口

申込み窓口キャッシュバック額
auひかり
公式サイト
10,000円
プロバイダ
サイト
GMOとくとくBB30,000円
+月額料金割引
BIGLOBE50,000円
DTI38,000円
@nifty30,000円
au one net10,000円
So-netなし
AsahiNetなし
TCOMなし
ネット
代理店
NEXT45,000円
アシタクリエイト40,000円
NNコミュニケーションズ35,000円
auショップ10,000円~
(店舗ごとに異なる)
家電量販店
10,000円~
(店舗ごとに異なる)
auひかりの申込み窓口はたくさんありますが、中でも安全でお得なのはプロバイダの『GMOとくとくBB』公式ページからの申込みです。

ネット代理店では高額なキャッシュバックを表示しているところが多くありますが、オプション加入が必須だったりするのでおすすめしません。

キャッシュバックと月額料金割引をどちらも受けられるのはGMOとくとくBBだけの特徴なので、どこよりもお得に申し込めますよ。

工事費込みで戸建ては4,000円、マンションは3,800円でネットが使えます。

さらに他社から乗り換えした時にかかった違約金も30,000円まで負担してくれるので安心です。
auひかりの概要
・月額料金(マンション):3,800円
・月額料金(戸建て):~4,000円
・工事費:~37,800円
・違約金:~15,000円
・プロバイダ:8社から選べる(GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBEなど)
・提供エリア:ほぼ全国(関西、中部、沖縄を除く)
auひかりについて詳しく知りたい方はこちら

▼auひかり×GMOの公式ページはこちら▼

光回線の比較ポイントをおさらい

光回線を選ぶうえでおすすめな5つの比較ポイントについて細かく説明していきます。

光回線のサービスは複雑ですが、シンプルに以下の5つのポイントを比較すれば自分にとって本当におすすめの光回線が理解できます。

・1.月額料金
・2.光回線の速度
・3.スマホのセット割引
・4.エリア
・5.プロバイダ
・おまけ:キャッシュバック

光回線選びに重要な比較ポイントをしっかり理解し、自分にとって最も適した光回線選びに役立ててください。

1.月額料金

光回線の料金は2015年から始まった光コラボによって今までよりも約1,000円ほど安くなっています。

光回線の料金は平均して戸建て5,200円、マンションやアパートは4,000円で、各社そこまで大きく偏りはありません。もし自分が申し込もうとした光回線がこの相場よりも大きく上回っている場合はもう一度比較し直した方がいいでしょう。

基本的に光回線は2年や3年の契約期間の縛りがあります。契約期間を縛られたくないという方は、縛りの無いプランも選ぶことができますが、その分月額料金が約1,000円以上高くなってしまうので注意してください。

また、選ぶプロバイダによって月額料金が異なる光回線もあるので、サービス内容や料金をしっかりと比較したうえで契約しましょう。

ちなみに、現在は光回線の初期費用はほとんどかかりません。多くの光回線で工事費無料のキャンペーンをやっていたり分割払いを選択できるようになったからです。実際にかかる費用としては月額料金+手数料3,000円のみということがほとんどです。

現在月額料金の安い光回線は『So-net光』や『enひかり』です。後ほどそれぞれの光回線の詳しい紹介をしますが、単純にとにかく安くインターネットを楽しみたいという方におすすめします。

月額料金が安い光回線について詳しく知りたい方はこちら

2.光回線の速度

快適にインターネットを利用するために速度が速い光回線を選ぶことはとても重要です。

現在、ほとんどの光回線の最大速度は1Gbpsです。あくまでこの速度の数値は実測値ではないので、必ずしも1Gbpsでるとは限りません。ただ、2020年にはいりipv6接続を提供するプロバイダも増え、速度に関する不満は光コラボがはじまった2016年と比較するとだいぶ解消されているように思えます。

とはいえ、速度が遅くて安定しない、夜になると遅くなる・・・という声も多く、マンションの場合などは建物によって配線方式(光ファイバーかVDSL)が変わるため、速度に定評のある光回線を契約しても速度が遅い場合もあります。

また、『auひかり』や『NURO光』など一部の光回線で1Gbps以上のプランを提供していますが、月額料金も高くなり、提供エリアも限られているので、慎重に検討が必要です。

今、契約している光回線の速度を知りたい方はこちらのサイトで測定できます。

光回線を乗り換える理由の中でも速度に関する不満はとても多いので、契約前にしっかり比較して選ぶ必要があります。

光回線の速度について詳しく知りたい方はこちら

3.スマホのセット割引

最近の光回線の選び方で重要になってきているのが、契約しているスマホと光回線の会社をまとめることです。

▼スマホとのセット割がある光回線ドコモ光⇒「セット割」
・ソフトバンク光⇒「おうち割」
・auひかりSo-net光「auスマートバリュー」

これらのセット割は対象のスマホを持っている家族全員に適用され、スマホの契約プランにもよりますが毎月500円~1,000円スマホ代が割引になります。

セット割はスマホと光回線をまとめ同じ会社にすることで、ユーザーに長く使ってもらおうという狙いがあり、その分割引額がかなりお得になっています。

現在、大手キャリアのスマホと光回線を別々の会社で契約している方は、まとめた方がお得になるという場合もあるということを覚えておきましょう。

ただし、格安スマホやSIMを使っている方は、わざわざ料金の高い大手キャリアのスマホを契約し直す必要はないので、単純に料金の安い光回線を選びましょう。

4.エリア

光回線によっては一部地域でしか契約できない・東日本でしか契約できない・西日本でしか契約できないというものがあり、特に光コラボ以外の独自の回線を引いてインターネット回線を提供しているところが多いです。

例えば、auひかりは関西・中部地方や沖縄はサービスの提供エリア外となっています。

さらに5ギガ・10ギガの超高速プランを契約できるエリアとなると東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部のみに限定されます。

NURO光も関東エリアや関西エリア、北海道などでしか契約できないので契約できるエリアがかなり限られます。

また、対象エリア内であっても地域によっては契約できなかったり、建物の状況によって契約できなかったりするので、必ず事前にエリア確認を行いましょう。

5.プロバイダ

光回線によって契約できるプロバイダが変わり、「速度」や「サービスの料金や条件」が変わってきます。

通信速度については公にデータが公表されているわけではないので、一概に決めつける事はできませんが、設備環境や利用者の人数の違いから多少影響があるとも言われています。

また、プロバイダによって独自のサービスを行っていて、料金や条件などが変わるので、検討中の光回線がどんなプロバイダが契約できるのか?しっかり確認しておきましょう。

知名度のあるプロバイダ(So-net、OCN、GMOとくとくBB、Biglobe、niftyなど)だと、トータル的にサービスも充実している傾向になるので迷った場合はとりあえず知名度のあるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

おまけ:キャッシュバック

光回線を選んだら次はどこから申し込むかが重要なです。なぜなら、申込窓口によってキャッシュバックの金額や受取り条件が変わるからです。

家電量販店、公式サイト、プロバイダサイト、ネット代理店など様々な窓口が行っているキャッシュバックキャンペーンを比較して、1番お得なところから申込むことが重要です。

また、以下のように「キャッシュバック115,000円もらえる!」と謳っているネット代理店のキャッシュバック条件には注意しましょう。

ヤバい条件

この赤い線で引いた部分は全く必要のないオプションです。

オプションだけでも総額2,000円以上かかりますし、解約するにも一苦労。キャッシュバックにつられて申し込むとトータルで損をしてしまうので、こうした条件を掲げている窓口はおすすめしません。

以上のことを踏まえた上で安全に1番お得なキャッシュバックを受け取ることができるのは基本的に各光回線の公式サイトやプロバイダ公式サイトから申込みになります。

光回線に関するよくある質問

申し込みから工事~開通までの流れは?

A.最短1週間~長くて2ヶ月程かかります。

初めて光回線を引く場合は工事が必要となるので開通までは1ヶ月をみておきましょう。

乗り換えの場合は、光コラボ間の事業者変更だと1週間くらいで新しい回線に乗り換えられます。

申し込みから開通までのおおまかな流れは以下の通りです。

▼開通までの流れ
①光回線・プロバイダを決める
②光コラボ・フレッツ光から乗り換える場合は「事業者変更承諾番号」「転用承諾番号」をそれぞれ取得する
③提供エリアの確認
⑤すべてクリアしたら光回線へ申込む
⑤開通工事日・切り替え日を決める
⑥工事・切り替えを行う
⑦開通完了

たまにマンションだと大家や管理会社が工事の許可を出してくれず工事ができない、契約数が上限に達していて開通出来ないといった場合があるので、必ず事前に確認しておきましょう。

光回線を乗り換える時の注意点は?

更新月以外に乗り換えると違約金がかかるということです。

光回線には携帯と同じように2年や3年の契約期間があり、更新月以外に解約してしまうと解約金を支払わなければならなくなります。

光回線の方法はそこまで難しくなく、基本的に上の項目で紹介した開通までの流れと一緒です。

一つ注意が必要なのは、今契約している光回線を解約するタイミングは「新しい光回線を申し込んでから」ということです。

現在契約している回線を先に解約してしまうと、次の光回線が開通するまでに時間がかかってしまうことがあり、インターネットが使えない期間ができてしまうので気を付けましょう。

どうしても更新月以外に解約しなければならない事情があったり、工事費の未払い分があったりして費用がかかる場合は「違約金還元キャンペーン」を利用するといいでしょう。
▼違約金負担キャンペーンを行っている光回線
・ソフトバンク光⇒解約金・工事費残債など10万円まで負担
・auひかり⇒解約金を3万円まで負担

光回線の乗り換えについて詳しくはこちら

マンションだと光回線の速度は遅い?

周りの環境やマンションの作りによって遅くなることはあります。

マンションで光回線が遅くなる原因は大きく分けて2つ。

1つ目は周りにインターネットの利用者が多く、平日夜間などみんなが使う時間帯に回線が混み合っているということです。

これに関してはどんな光回線を契約したとしても起こりうることなので、最大2ギガのNURO光だから絶対に混まないということはありません。

2つ目はマンションの作りが「光配線方式」ではなく、「VDSL方式」だからということです。

マンションの作りによって配線方式が決まっているのですが、VDSL方式のマンションは光配線方式よりも通信速度が遅くなってしまいます。

ただし、VDSL方式のマンションでも「IPv6」という今までの接続方式(IPv4)とは違う新しい接続方式を利用すれば速度が改善します。

ドコモ光・So-net光・auひかりではIPv6対応Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるところもあるのでうまく活用してみましょう。

光回線が遅い時に試したい5つの改善方法

まとめ

光回線を申し込む前に本当に必要なのかじっくり考えてから契約を検討して、自分の好みや状況にあった回線を選ぶのがベストです。

またキャンペーンやキャッシュバックを上手に活用すれば、さらにお得に光回線を契約することができます。

光回線を使うには開通工事や機器の設定など少し面倒な作業がありますが、それさえクリアしてしまえば必ず快適なネット生活を楽しむことができます。

家でネットを使えるようにするためにいくつか準備が必要ですが、この記事で紹介したことを参考にして自分に合った光回線を見つけてもらえると嬉しいです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る