光回線おすすめは?主要10社比較でお得に速いインターネット【2019年12月】

光回線を契約したいけど何を比較して選べばいいかわかりませんよね。

光回線を選ぶうえで重要なポイントは以下の4つをしっかり比較する事です。

★光回線の比較ポイント
1.月額料金
2.回線速度
3.スマホのセット割引
4.申し込み窓口(キャッシュバック額)

この記事では4つの比較ポイントを軸に正しい光回線の選び方と2019年12月おすすめの光回線をお得なキャンペーンを開催している申し込み窓口と合わせて紹介しています。

損をしない光回線の乗り換え方や契約から工事完了までの流れなどの情報もまとめてあるので最後までご覧になってみてください。

※目次の項目をクリックすると知りたい情報からご覧いただけます。

光回線とは?

光回線とは、光ファイバーを自宅に引き込んでインターネットを利用するサービスです。電波の影響を受けず、大容量の通信が得意なので、ケーブル回線やADSL、モバイル回線よりも通信速度で勝るインターネット回線になります。

ドコモ光、ソフトバンク光などフレッツ光と同じ回線を使用しているサービスを光コラボといい、500社以上の事業者が各社携帯とセットで契約するとお得になるセット割をはじめ、独自のサービスを展開しています。

どの事業者を選んでもインターネット回線の速度や品質は大きく変わらないので、契約しているスマホとのセット割や利用用途に合わせた光回線を選ぶことが重要になります。

光回線選びで重要な4つの比較ポイント

光回線を選ぶうえで重要な4つの比較ポイントについて細かく説明していきます。

・1.月額料金
・2.回線速度
・3.スマホのセット割引
・4.申し込み窓口(キャッシュバック額)

1.月額料金

光回線の月額料金は平均して戸建てで5,200円、マンションやアパートで4,000円です。各社そこまで月額料金に偏りはありません。

また、So-net光、ビッグローブ光、ソフトバンク光のように月額料金が割引になるキャンペーンを行っている光回線もありますが、3年~5年の長期契約で違約金が高くなったり、オプションの加入が必須の場合もありトータルで考えるとおすすめできません。

今は、1つの光回線を長く使っていくのではなく、どんどん乗り換えていくのが主流の時代です。保険の見直しのように数年たったら光回線も見直していきましょう。

知名度は大手ほどではないけど、月額料金が安い光回線もたくさんあります。

月額料金が安い光回線について詳しく知りたい方はこちら

2.回線速度

快適にインターネットを利用するために通信速度が速い光回線を選びましょう。

現在、ほとんどの光回線の最大速度は1Gbpsになります。あくまでこの速度の数値は理論値であり、必ずしも1Gbpsでるとは限りません。ただ、2019年にはいりipv6接続を提供するプロバイダも増え、速度に関する不満は光コラボがはじまった2016年と比較するとだいぶ解消されているように思えます。

とはいえ、速度が遅くて安定しない、夜になると遅くなる・・・という声も多く、マンションの場合などは建物によって配線方式(光ファイバーかVDSL)が変わるため、速度に定評のある光回線を契約しても速度が遅い場合もあります。

また、auひかりやNURO光など一部の光回線で1Gbps以上のプランを提供していますが、月額料金も高くなり、提供エリアも限られているので、慎重に検討が必要です。

今、契約している光回線の速度を知りたい方はこちらのサイトで測定できます。

光回線を乗り換える理由の中でも速度に関する不満はとても多いので、速度に定評のある光回線を選ぶことはとても重要です。

光回線の速度について詳しく知りたい方はこちら

3.スマホとのセット割

光回線の選び方で最も重視されているのは契約しているスマホの会社と光回線の会社をまとめることです。

・ドコモ光×ドコモスマホ
・ソフトバンク光×ソフトバンクスマホ
・auひかり×auスマホ

光回線の月額料金が安くなるわけではありませんが、毎月のスマホの料金が500円~1,000円割引されます。

現在、光回線とスマホを別々の会社で契約している方はまとめた方が絶対にお得だということを覚えておきましょう。

4.申し込み窓口

光回線はどこから申し込むかがとても重要です。

なぜなら光回線は家電量販店、ショップ(ドコモショップなど)、ネットの代理店など申し込み窓口によってキャッシュバックの金額(特典)や受け取りの条件が変わるからです。

よくあるのがキャッシュバックの受取り条件に複数のオプション加入が必要なパターンですね。

キャッシュバックが増額されて一見お得に感じるかもしれませんが、オプションの月額料金を含めるとトータルでお得にならない事が多いです。

後ほど、おすすめの申し込み窓口と最新のキャッシュバック情報も紹介するので詳しくはそちらをご覧ください。

光回線の乗り換え方法と最新キャッシュバックについて詳しく知りたい方はこちら

光回線を徹底比較!おすすめ6社を紹介

光回線を選ぶ上で重要な比較ポイントは以下の4つです。

1.月額料金
2.回線速度
3.スマホのセット割引
4.CB(キャッシュバック額)

上記の4つの比較ポイントを軸に2019年12月現在おすすめの光回線お得なキャンペーンを開催している人気の申し込み窓口を紹介します。

月額料金はどの光回線もそこまで変わらないので、契約しているスマホが以下の3大キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)であれば光回線の会社とまとめてしまった方がスマホ代も安くなるのでおすすめです。

後ほど光回線の選び方についてさらに詳しく説明するのでまずはおすすめの光回線から見ていきましょう。
▼人気の光回線はこちら▼
・ドコモユーザーにおすすめの光回線はこちら
・ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線はこちら
・auユーザーにおすすめの光回線はこちら
・月額料金が最安の光回線はこちら
・速度が速いおすすめの光回線はこちら
対象スマホおすすめの光回線料金
速度CB
ドコモドコモ光戸建て
5,000円
15,000円
マンション
4,000円
ソフトバンクソフトバンク光戸建て
5,200円
30,000円
マンション
3,800円
ソフトバンクNURO光戸建て
4,734円
35,000円
マンション
4,737円
auauひかり戸建て
5,100円
51,000円
マンション
3,800円
auSo-net光戸建て
3,980円
月額料金割引
84,000円
マンション
2,980円
auBIGLOBE光戸建て
4,980円
25,000円
マンション
3,980円

ドコモユーザーにおすすめな光回線はドコモ光

ドコモ光のおすすめポイント
・ドコモユーザーならスマホ料金が毎月1,000円お得に!
・v6プラス対応でネットの速度が速い!
最新のWi-Fiルーターが無料!
25社のプロバイダから好きなものを選べる
キャッシュバック+dポイントで35,000円還元
速度が速い光回線を契約したい方に1番おすすめな光回線はドコモ光です。僕も契約していますがとにかく速いです。以下公式サイトを見ると多くの方が速度に満足されているのがわかります。


引用元:GMOとくとくBB公式サイト
また、ドコモユーザーなら毎月1,000円スマホ料金が安くなるので(例:家族4人ドコモなら毎月4,000円も安くなる)、ドコモのスマホを契約している方には間違いなくおすすめできる光回線になります。

さらに25社の中から好きなプロバイダが選べて、1番人気の『GMOとくとくBB』を選ぶとキャッシュバックとdポイントで合計35,000円相当が還元され、最新のIPv6対応Wi-Fiルーターも無料で利用できます。

2019年12月現在、工事費無料キャンペーン(18,800円相当)も実施しているのでドコモ光に申し込むなら絶好のチャンスです。

ドコモ光のおすすめの申込み窓口

どこから申込んでも15,000円前後のキャッシュバックを行っていますが、キャッシュバックの他にも高速wifiルーターを無料でレンタルできる「GMOとくとくBB」が一番人気です。
ドコモ光の概要
・月額料金(マンション):~4,200円
・月額料金(戸建て):~5,400円
・工事費:~18,000円
・違約金:~13,000円(戸建て)
・プロバイダ:25社から選べる(OCN、ぷらら、など)
・提供エリア:全国
ドコモ光について詳しく知りたい方はこちら

\2019年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の97%が速度が速いと回答!
★制限なしネット使い放題!
★今なら工事費0円で始められる!
★最新Wi-Fiルータープレゼント!
★家族全員のスマホが1,000円割引!
★最高額25,000円キャッシュバック!

工事費0円キャンペーン中の今がお得です!ドコモスマホじゃなくても申し込み可能◎
▼25,000円キャッシュバック中▼ ドコモ光申し込み

auユーザーにおすすめの光回線

auひかり

auひかりのおすすめポイント
・auスマートバリューで携帯料金が最大1,000円割引になる
8つのプロバイダから好きなところを選べる
・おすすめ窓口からの申し込みで最大60,000円のキャッシュバックが受け取れる
・最大速度が5G,10Gの高速プランが用意されている
auひかりのデリット
・回線撤去費が発生する
・契約できない建物がある
・契約できるエリアに限りがある
auひかりは他の光回線よりも高額なキャッシュバックがあり、最大10Gの高速通信プランがあるというのが魅力です。

もちろん、auスマホとauスマートバリューを適用出来ますよ。

現在、家電量販店やネット代理店からの申し込みで約5万円前後のキャッシュバックを受けられます。

また、戸建て限定で提供エリアも狭いですが5ギガ・10ギガのプランを契約することができるようになりました。

プロバイダも7社から選ぶことが可能で、どれも人気のものばかりなので安心して利用できますよね。

ただし、auひかりの利用可能エリアがかなり限定されていて、関西・中部地方や沖縄は契約が出来ません。また、利用可能地域でもマンションによっては申込が出来ないなど、契約するにはハードルが高いというのが現状です。

また、戸建てで契約した場合は解約時に回線撤去工事(28,800円)を強制的に行わなければならないというのが痛いところですね。

auひかりのおすすめの申込み窓口

auひかりは窓口によって超お得なキャンペーンをおこなっているため、何も考えずに申し込んでしまうと7万円以上も損してしまう場合があります。

一番人気の申し込み窓口は、プロバイダ公式サイトと代理店の2つです。

プロバイダ公式サイトではSo-netとBIGLOBEの2社が有名で、So-netでは大幅な月額料金割引キャンペーンを、BIGLOBEでは最大5万円キャッシュバックを実施しています。

また、光回線のプロバイダとして最も実績のあるGMOとくとくBBでは60,000円キャッシュバックに加えて、工事費無料や他社違約金負担も実施しています。
auひかりの概要
・月額料金(マンション):3,800円
・月額料金(戸建て):~5,100円
・工事費:~37,800円
・違約金:~15,000円
・プロバイダ:8社から選べる(GMO、au one net、@TCOMなど)
・提供エリア:ほぼ全国(関西、中部、沖縄を除く)
auひかりについて詳しく知りたい方はこちら

\今だけ12万1,000円還元/
auひかりの大人気窓口

●いつでもネット使い放題
●今なら工事費0円で始められる!
●今だけWi-Fiルーター無料
●auスマホの家族全員1,000円割引
●必ず貰える6万円キャッシュバック!
●さらに乗り換えで解約金還元
●⇒総額12万1,000円の大還元

超高速通信Ipv6対応&高額キャッシュバックがスゴイ◎
2019年満足度1位に表彰された窓口はこちら!

▼今なら総額12万1,000円還元中▼簡単WEB申込みはこちら

【auひかり提供外エリアだった方へ】
コンセントにさすだけですぐ使えるホームルーターがおすすめ!34,700円キャッシュバック中!

So-net光

So-net光のおすすめポイント
・大幅割引キャンペーンで36ヶ月2,000円割引で利用できる
・auスマートバリューで携帯料金が最大1,000円割引になる
・ルーターを最大12ヶ月間無料でレンタルできる
・人気セキュリティソフトが永年無料で利用できる
So-net光の1番のメリットは「大幅割引キャンペーン」で36ヶ月2,780円/月から利用出来るということ。これは光回線の月額料金の中でも最安です。

さらに、auユーザーは「auスマートバリュー」が適用出来るので、毎月大幅な節約が見込めます。

auひかりはエリア対象外だったという方でも、So-net光は全国に対応しているため、ほとんどの方が利用出来ます。

auのスマホを使っていてauスマートバリューを適用させたいと考えている方には自信をもっておすすめできる光回線です。

解約するときはネットからの申し込みが可能など料金以外の点でもおすすめ出来るポイントがたくさんある光回線になります。

なお、割引キャンペーンは予告なく終了・変更してしまう可能性があるので、So-net光を検討している方はこのチャンスを逃さないようにしましょう。

So-net光のおすすめの申込み窓口

So-net光の主な申込み窓口は、公式サイトと代理店の2つ。

公式サイトではキャッシュバックではなく月額料金の割引キャンペーンを実施していて、合計で84,000円も安くなります。

代理店の中には10万円の高額キャッシュバックがもらえますが、指定のオプションに加入することが条件になっているのでおすすめしません。

オプション料金がかかってしまって逆に損することになってしまうので、安心のSo-net光公式サイトから申し込むことをおすすめします。
So-net光の概要
・月額料金(マンション):2,980円
・月額料金(戸建て):3,980円
・工事費:24,000円
・違約金:20,000円
・プロバイダ:So-net
・提供エリア:全国
So-net光について詳しく知りたい方はこちら
▼合計最大84,000円の大幅割引!▼
高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

ビッグローブ光

ビッグローブ光のおすすめポイント
・auスマホとセット割ができる
・格安スマホとのセット割ができる
・工事費が実質無料
・最大25,000円のキャッシュバックがもらえる
auひかりの対象エリア外だった場合、So-net光と同様にビッグローブ光もおすすめします。全国で利用可能です。

月額料金をとにかく安くしたい人はSo-net光、キャッシュバックが欲しい人はビッグローブ光という様に選ぶと良いでしょう。

ビッグローブ光もauスマホとauスマートバリューを適用させることが出来ます。

さらに、40ヶ月以上利用すると初期工事費(30,000円)が無料になります。

デメリットも少ないので、auユーザーで初期費用を節約したい人にはおすすめ。

ビッグローブ光のおすすめの申込み窓口

ビッグローブ光の申込み窓口は、ネット代理店か公式サイトから選べますが、公式サイトから申込むことをおすすめします。

ネット代理店ではかなり高額なキャッシュバックを提示しているところが多いのですが、そういったところは決まってオプションが強制的につけられていたりするので危険です。

公式サイトからの申込みであれば新規契約で25,000円のキャッシュバックがもらえるので手堅く申し込みたい方は、公式サイトから申込みましょう。

ネットから必要な情報を入力するだけで簡単に申込みが完了します。

格安スマホのBIGLOBEモバイル/SIMと一緒に使うと毎月300円安くなる割引もあるので、通信費を節約したい方はBIGLOBEモバイルとビッグローブ光をおすすめします。
BIGLOBE光の概要
・月額料金(マンション):2,500円
・月額料金(戸建て):3,500円
・工事費:27,000円~30,000円
・違約金:20,000円
・プロバイダ:BIGLOBE
・提供エリア:全国
ビッグローブ光について詳しく知りたい方はこちら
▼25,000円キャッシュバック▼
オプションなしで簡単受取り!
『ビッグローブ光の人気の申し込み窓口はこちら』

@nifty光

nifty光のおすすめポイント
・auスマホとのセット割ができる
・電気とセットにすると安くなる
・格安スマホ(nifmo)とセット割ができる
auスマホだけでなく、nifmoという格安スマホでもセット割ができるのがメリット。

さらに「@Niftyでんき」を契約すると毎月250円、@nifty光の月額料金から割引されるという他の光回線にはないサービスも。

他の回線と比較すると目立つメリットはないですが、デメリットも少ないのでバランスがいい回線です。

@nifty光のおすすめの申込み窓口

@niftyの申込み窓口は公式サイトと代理店の2つがあり、比較した結果として代理店から申し込む方がお得になります。

公式サイトでは30,000円キャッシュバックを受け取るまでに8ヶ月かかるので、ほとんどの人が受け取り手続きを忘れてしまってもらえないというトラブルが多いです。

@nifty光の優良代理店である「NNコミュニケーションズ」から申し込めば、新規で25,000円キャッシュバックだけでなく1万円相当のWi-Fiルーターが貰えちゃいます。

申込み時の電話だけで手続きが完了するので、キャッシュバックのもらい忘れを心配する必要がありません。
@nifty光の概要
・月額料金(マンション):~3,980円
・月額料金(戸建て):~5,200円
・工事費:~18,000円
・違約金:20,000円
・プロバイダ:nifty
・提供エリア:全国
@nifty光について詳しく知りたい方はこちら
▼25,000円キャッシュバック▼
最短2ヵ月で現金振り込み!
『@nifty光の人気の申し込み窓口はこちら』

ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線

ソフトバンク光

ソフトバンク光のおすすめポイント
・おうち割光セットで携帯料金が永年1,000円割引!
・おすすめ窓口からの申し込みで54,000円キャッシュバック!
・他社違約金最大10万円分還元!
・開通前レンタルが無料で利用できる!
ソフトバンク光はソフトバンク株式会社が運営している光回線サービスで、フレッツ光回線を利用した「光コラボ」と呼ばれる回線の1つです。

ソフトバンクスマホの月額料金が最大1,000円も安くなる「おうち割」が適用できるので、ソフトバンクユーザーにおすすめな回線になっています。

またソフトバンク光では乗り換え時の違約金を負担してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」、工事費の全額キャッシュバックなども受けられ、契約手数料3,000円を支払うだけでソフトバンク光に乗り換えができるのも大きなメリットです。

他にも光BBユニットというIPv6に対応したWi-Fiルーターを使うことで、高速でネットが利用できるので速度にこだわる人でも満足できるでしょう。

全国エリアで提供していて、知名度も抜群なのではじめてネットを契約する人でも安心して利用できます。

ソフトバンク光のおすすめの申込み窓口

ソフトバンク光はネットや店舗など、色んなところで申込みをすることができますが中でもおすすめなのがネット代理店のゼロプラスです。

オプションなしで54,000円の高額キャッシュバックが受け取ることができる、お得な申込み窓口になっています。

申し込みと同時にキャッシュバックの受け取り申請も完了するので、面倒な手続きも必要ありません。

とにかく簡単に高額キャッシュバックがもらえるので、ソフトバンク光の契約を検討している人におすすめな窓口です。
ソフトバンク光の概要
・月額料金(マンション):3,800円
・月額料金(戸建て):5,200円
・工事費:24,000円
・違約金:9,500円
・プロバイダ:Yhaoo!BB
・提供エリア:全国
ソフトバンク光について詳しく知りたい方はこちら

\ソフトバンク光人気No.1の申込窓口/

▶下記ソフトバンク光代理店が選ばれている理由
・無条件で30,000円キャッシュバック!
・今ならプラス24,000円キャッシュバック!
・手続きは電話1本で完了!
・他社違約金を10万円まで負担!

無理な勧誘もなく、営業電話なども行っていない優良代理店です。

まだ完全にソフトバンク光を申込むか決めかねている方も、「まずは相談だけする」というのでも大丈夫ですよ。

※【今だけ!】どの光回線を使っていても工事費無料!

ソフトバンク光窓口

NURO光

NURO光のおすすめポイント
最大2Gbpsで回線速度が速い
・他社に比べて月額料金が安い
・ソフトバンクのスマホ代が最大1,000円引き
・工事費が実質無料
・35,000円のキャッシュバックがもらえる
NURO光のデメリット
・契約できるエリアが限られている
・開通工事が2回もある
・マンションタイプは契約条件が厳しい
NURO光とは大手プロバイダのSo-netが運営している光回線です。

独自の回線を利用することで、最大速度2Gという他社よりも速い速度でネットを利用できるのが1番のメリットになっています。

また、おうち割も適用できるので、ソフトバンクユーザーで、速度にこだりたい人であればNURO光の一択でしょう。

さらに月額料金も安く、35,000円のキャッシュバックも受け取れるので、ネット代を節約したい人にもおすすめです。

ただし、関東・関西・東海・九州などの地域でしか契約できないので、事前にエリア確認が必須になります。

他にも2回の工事で手間や時間がかかる、建物によっては工事が出来ない場合といった、開通までのハードルが高いのがデメリットです。

それでも多くの人が契約している人気な回線なので、対象エリアに住んでいる方で速度が速い光回線を利用したい方は検討してみましょう。

NURO光のおすすめの申込み窓口

NURO光の主な申込み窓口は公式ページ、またはネット代理店の2つ。

ネット代理店では高額キャッシュバックが用意されていますが、有料オプションの加入が必要なのでお得な窓口とはいえません。

価格comはオプション無しで高額キャッシュバックを用意していますが、申請手順が複雑なので全額受け取りができないこともあります。

おすすめはNURO光の公式ホームページで、オプション無しで35,000円のキャッシュバックがあり、メール手続きのみで簡単に受け取りができます。
NURO光の概要
・月額料金(マンション):~4,737円
・月額料金(戸建て):4,737円
・工事費:40,000円
・違約金:9,500円
・プロバイダ:So-net
・提供エリア:関東、関西、東海、九州
NURO光について詳しく知りたい方はこちら
▼35,000円キャッシュバック▼
新規申し込みで初期工事費無料!
『NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

月額料金が安いおすすめの光回線

enひかり

enひかりのおすすめポイント
●超高速ネット使い放題で制限なし!
●2019年最安値!マンション3,300円
●戸建ても4,300円で過去最低価格!
●契約期間の縛りナシ
●いつ解約しても違約金0円
●通信速度が速すぎ!1ギガ
●UQモバイルなら100円割引!
enひかりはキャッシュバックキャンペーンがないですが、業界最安値で2019年大人気の光回線。

月額料金が安いのはもちろん、マンションも戸建ても工事費15,000円以下という激安料金です。

さらに契約期間の縛りが無くていつ解約しても違約金0円という好条件はenひかりだけなので、初めて光回線を契約する方や契約期間に縛られたくない方に選ばれている光回線です。

2019年NTTから表彰されている信頼も厚い光回線で、利用者の評判も『速度が速くて安い』とかなり高評価なのでおすすめです。
enひかりの概要
・マンション:3,300円
・戸建て:4,300円
・工事費:~15,000円
・解約金:いつでも0円
・プロバイダ:enひかり
・提供エリア:全国
enひかりについて詳しく知りたい方はこちら
▼お申し込みはこちら▼

速度が速いおすすめの光回線

インターネットを使っている時に気になるのが回線の速度ですよね。速度が遅いとページの読み込みが遅くなり、動画もカクカクと止まってしまうためとてもストレスになります。

家電量販店やドコモショップで確認したところ光回線の乗り換える理由として速度に関する不満はとても多いそうです。以上の事からインターネットを快適につかう為に速度の速い光回線を選ぶことが大切です。

この記事で紹介している6社の中から速度に重点をおいて選ぶのであればドコモ光NURO光をおすすめします。

ドコモ光がおすすめの理由
・GMOとくとくbbをはじめとする速度に定評のある大手プロバイダが利用できる。
・ipv6対応で最新のwifiルーターが無料で利用できる。

▼25,000円貰える窓口はこちら▼
ドコモ光の申し込みサイト



NURO光がおすすめの理由
・ipv6対応で最大2Gbpsの回線速度。
・大手プロバイダであるSo-netが利用できる。

▼35,000円キャッシュバック▼
新規申し込みで初期工事費無料!
『NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

光回線の申し込みから利用開始までの流れ

1.申し込み

ここでは光回線の申し込みの手順について説明します。

・フレッツ光から乗り換える場合
・新規(フレッツ光以外の光回線)で乗り換える場合

どちらのケースにしても手順がとても重要なのでしっかり抑えておきましょう。

フレッツ光から乗り換える場合

今、フレッツ光を契約している方は以下の手順で乗り換えましょう。

手順
①転用承諾番号の取得
②フレッツ光を解約
③新しい光回線に申し込み
1.転用番号の取得
フレッツ光から転用する方の場合は、NTT東日本・西日本から「転用承諾番号」を取得しなければなりません。

転用承諾番号の取得方法は以下の通りです。

※転用承諾番号の有効期限は15日間なのでその期間内に新しい光回線に申し込みましょう。
※本人確認のため「お客さまID」または「ひかり電話の電話番号」が必要になります。
●NTT東日本
0120-140-202
9:00~17:00(土日祝も可)
・インターネットから取得する場合
転用承諾番号の取得はこちら
受付時間:8時30分~22時(土日・祝日も営業)
●NTT西日本
0120-553-104
9:00~17:00(土日祝も可)
・インターネットから取得する場合
転用承諾番号の取得はこちら
受付時間 7:00~25:00(土日・祝日も営業。年末年始を除く)
2.新しい光回線に申し込む

転用承諾番号を取得したら新しい光回線を申し込みましょう。

3.フレッツ光を解約

新しい光回線の申し込みが完了したら、フレッツ光を解約しましょう。

以下の番号から解約できます。

●NTT東日本
0120-116-116
受付時間:午前9時~午後5時(土日・祝日も営業。年末年始を除く)
●NTT西日本
0120-116-116
受付時間:午前9時~午後5時(土日・祝日も営業。年末年始を除く)

新規で乗り換える場合

手順
①新しい光回線に申し込み
②現在の光回線の解約
1.光回線に申し込み

新しい光回線に申し込みましょう。

2.現在の光回線の解約
新しい光回線の工事が完了してから、現在の光回線を解約しましょう。

もし、先に契約している光回線を解約してしまい、なんらかの理由で新しい光回線の工事ができなかった場合インターネットを使えない期間が発生します。

もう一つ重要なのは、工事日を月の上旬に設定することです。

工事を上旬に設定する理由は、解約を翌月まで持ち越さないようにするためです。

光回線の解約は基本的には即日完了しますが、なかには正式に解約処理が完了するまで何日かかかる光回線もあります。

もし、月末に解約の電話をしたとしても、正式に解約処理がされるのが翌月になってしまった場合、翌月の月額料金と違約金も支払わなければいけません。

例:ドコモ光(戸建てプラン)を更新月以外に解約した場合
月額料金:5,200円
違約金:13,000円
合計:18,200円

ドコモ光の場合、月額料金は日割りにならないので合計で18,200円請求されます。

以上の理由から、光回線の乗り換えは「工事日を月の上旬に設定し工事が完了してから、今契約している光回線を解約する」流れで行う事をおすすめします。
※事業者変更について
ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボから光コラボに乗り換える場合は工事費はかかりません。
事業者変更承諾番号が必要になり、乗り換え元の光回線で取得する必要があります。

2.工事~利用開始まで

まず光回線の申し込み時に工事日を決めます。(後日電話がかかってくるケースもある)

一般的には申し込みした日から2週間~1ヶ月後に行われます。土日祝に工事を行う場合は通常工事費とは別で3,240円の手数料が発生し、ほとんどの場合立ち合いが必要になります。(代理人でも可)

光回線の申し込みが混み合う2月~4月は工事日を抑えられないことが多いので、空いている日があったら早めにとってしまいましょう。

工事の内容は建物の環境によって変わりますがほとんどの場合30分~1時間で終わります。

工事が終わった日から光回線が利用できます。

※工事の内容は当日にならないとわからないので、もし壁に穴をあけるような工事が必要な場合、無料で申し込みをキャンセルすることができます。

光回線の工事について詳しく知りたい方はこちら

光回線の契約前に知っておきたいポイント

今、契約している光回線から新しい光回線に乗り換える際に注意しなければいけない点を紹介します。

契約している光回線の解約金

光回線の契約には2年~3年の契約期間が定められていて、契約期間外(更新月以外)に解約した場合は違約金(9,500円~15,000円)が発生します。

救済処置として、他社の違約金を負担するキャンペーンを行っている場合もあるので乗り換え先の光回線のキャンペーンを確認しておきましょう。

また、光回線によって違約金とは別に回線撤去費が強制的にかかる場合があります。違約金と合わせるとかなり高額なので、できるだけ更新月に解約して新しい光回線に乗り換えましょう。

※違約金負担キャンペーンを受けるには解約金や残債を支払った証明書が必要になります。(料金明細でも可能。)
 戸建てマンション回線撤去費
ドコモ光13,000円
8,000円
任意
ソフトバンク光9,500円
9,500円
任意
NURO光9,500円
9,500円
任意
auひかり15,000円
7,000円
28,800円
So-net光20,000円
20,000円
任意
ビッグローブ光20,000円
20,000円
任意

▼更新月の確認はこちら

 問い合わせ先営業時間
ドコモ光
0120-800-000 9:00~20:00
ソフトバンク光186-0800-111-2009 10:00~19:00
NURO光0120-65-38109:00~18:00
auひかり0120-22-0077 9:00~20:00
So-net光0120-80-77619:00~18:00
ビッグローブ光0120-86-09629:00~18:00
@Nifty光0570-03-2210 
10:00~19:00
ぷらら光050-7560-0033平日12:00~21:00
土日祝12:00~19:00
OCN光
0120-506-1009:00~17:00
U-NEXT光0570-060-60211:00~19:00

光回線の工事費

光回線の工事費はマンションで15,000円、戸建てで24,000円が相場で(※土日祝日の場合は追加費用で3,000円発生します。)、中にはキャンペーンや割引などで工事費が月々割引されて実質無料になる光回線もあります。

また、建物の環境によって工事の内容は変わりますがほとんど場合30分~1時間で終わります。光コンセントが既にある場合は無派遣工事になるので(auひかりなど一部の光回線を除く)工事が不要になり、その場合にかかる費用は2,000円程になります。

▼光コンセント
光コンセント

数年前の話になりますが、僕の住んでいるアパートは光コンセントがあったので本来は無派遣工事(2,000円)で済んだところ、通常の工事費を支払ってしまいました…。

この記事をご覧のみなさん。無知ほど怖いものはありません。光コンセントの確認だけはくれぐれもお忘れなく。

基本的に光回線の工事費は必ずかかるものなので少しでも安い方が良いですが、あくまで光回線を選ぶ上での一つのポイントとして押さえておきましょう。
●補足
壁に穴をあける工事が必要なケースもあります。その際はアパートやマンションの場合オーナーの許可を得ておきましょう。
壁に穴をあけるかどうかは工事当日じゃないとわからないので、当日でも無料でキャンセルできます。

光回線の工事について詳しく知りたい方はこちら

高額キャッシュバックに要注意

超高額キャッシュバックなどを謳っているサイトは条件に複数のオプション加入が必要な場合が多く、受取り条件も複雑なケースが多いです。

光回線のキャッシュバックは申し込む窓口によって受取り条件などは違いますが、基本的にはどこで申し込んでもそこまで金額は変わりません。そもそも、光回線事業者(ドコモ光やソフトバンク光etc)から代理店(申し込みサイト)に渡せる原資が限られているからです。(※最大10万円!とか謳っているサイトは要注意です。)

以上の事をふまえると、金額が少なくても良いので確実に受け取れるサイトからの申し込みがおすすめです。

光回線は主に公式サイト、家電量販店、ネットの代理店から申し込めますが、ネットの代理店からの申し込みが1番キャッシュバックの恩恵を受けられる傾向にあります。	

不要なオプションは加入しない

光回線の料金を安く抑えるためには不要なオプションに加入しないことが大切です。

1つ1つのオプションの料金は500円~1,000円を超えるものまでさまざまですが、本当に必要なものだけを選びましょう。

光回線の料金が高いと感じている人の多くは契約時に不要なオプションに加入していることが多いため、勧誘をされてもしっかり断るようにしてください。

とくにセキュリティやリモートサービスなどのオプションなどは契約時に勧められて加入してしまうケースが多いので注意が必要です。

まとめ

光回線を申し込む前に本当に必要なのかじっくり考えてから契約を検討して、スマホのキャリに合わせた回線を選ぶのがベスト。

またキャンペーンやキャッシュバックを上手に活用すれば、さらにお得に光回線を契約することができます。

家でネットを使えるようにするためにいくつか準備が必要ですが、この記事で紹介したことを参考にして自分に合った光回線を見つけてもらえると嬉しいです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る