@スマート光の評判がスゴイ!リアルな口コミからわかる全情報

@スマート光の評判
@スマート光の契約を考えている人は@スマート光ってどんな光回線は?評判は?など気になりますよね。

@スマート光とは、フレッツ光回線を借りてインターネットサービスを提供している光コラボ事業者で、シンプルでわかりやすいをモットーにサービスを提供しています。

月額料金プランは戸建て4,730円、マンション3,630円で、他社光回線より1,000円安く、その他の割引がないことが特徴です。

この記事では@スマート光に関する全情報を以下の情報を交えながら解説しています。
・@スマート光の速度の評判は?
・@スマート光はIpv6に対応している?
・@スマート光でレンタルルーターはある?

@スマート光の契約を迷っている方は、最後までご覧ください。

※総額表示義務化に伴い、当サイトは全て「税込み価格」で掲載しています。

@スマート光とは

引用:@スマート光
@スマート光とは、フレッツ光の回線を借りてインターネットサービスを提供する光コラボ事業者です。

最大通信速度は1Gbpsで、フレッツ光の回線を借りているため、通信回線の品質も安心できますよ。

また、@スマート光は、インターネットを利用するのに契約が必要な「光回線」と「プロパイダ」がセットになっており、シンプルでわかりやすい料金プランになっています。

月額料金は戸建てが4,730円、マンションは3,630円です。

工事費無料キャンペーン

@スマート光では、現在、開通工事費が完全無料になるキャンペーンが実施されています。
 初期費用
事務手数料3,300円→完全無料
開通工事費戸建て 19,800円→完全無料
マンション 16,500円→完全無料
他者光回線の場合は開通工事費が「実質無料」のことが多く、解約すると工事費の分割払いの残債などを支払う必要があります。

しかし、「完全無料」の場合は大きな負担となる開通工事費がまるまる無料になるため、うれしいポイントですよね。

そのため、なるべく光回線契約にかかる初期費用を抑えたい方は、工事費無料キャンペーン中に申し込みをすることをおすすめします。

なお、追加オプションの「@スマート光テレビの工事」や「土日祝日工事」などの追加料金は工事費無料キャンペーンの対象外でのため、注意してください。

@スマート光の料金

@スマート光の月額料金は以下の通りです。

▼月額料金
戸建て;4,730円
マンション:3,630円

@スマート光の場合は、割引などがないシンプルなプランで、全員がこの安い月額料金でインターネットサービスを利用することが出来ることが特徴の1つです。

月額料金は安い

@スマート光は他社光回線の中でも月額料金が安いことがメリットです。

他社光回線の月額料金と比べても、enひかりと同等にトップクラスで安いことがわかります。
月額料金戸建てマンション
@スマート光4,730円3,630円
enひかり4,730円3,630円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
NURO光5,217円5,217円
光回線は月々の支払う固定費用になるので、月額料金の安い光回線を選ぶのが大切なポイントの1つです。

@スマート光の場合は他社光回線と比べて安い料金で、月々の固定費を抑えたい方にはおすすめします。

@スマート光の評判からわかる注意点

@スマート光は月額料金が安い光回線ではありますが、@スマート光の評判から以下のような注意点があることがわかりました。

・速度が遅いという評判も
・解約違約金が高い
・スマホとのセット割がない
・Wi-Fiルーターを用意する必要がある

申し込みを検討している人は、料金だけでなくサービスの注意点を理解したうえで申し込みをしましょう。

速度が遅いという評判も

@スマート光の速度の評判を調べたところ、速度が遅いという評判もちらほら見受けられました。
@スマート光の最大通信速度1Gbpsでほとんどの他社光回線も最大通信速度1Gbpsと変わりません。

では、なぜ「通信速度が遅い」という口コミがあるかというと、最大通信速度は理論値にすぎないからです。

通信速度の実測値は、回線や通信環境によって異なります。

そのため、光回線を契約する際は口コミや実測値もあくまで参考程度に確認しておくと安心です。

夜は速度が遅くなる

@スマート光は、夜の回線速度が遅くなるという口コミがありました。
@スマート光に限らず、光回線は夜に通信速度が遅くなる傾向にあります。

光回線が1度に通信できる量は決まっているため、ある一定時間にたくさんの人がインターネットを使うと回線が混雑し、通信速度が低下してしまうからです。

そのため、特に回線が混雑する時間帯の夜20時~24時お昼休憩時は速度が低下しやすくなっています。

光回線によって回線の混雑具合が異なるので、他の光回線に乗り換えることで夜の通信速度がよくなるケースもあります。

Ipv6に対応していない?

@スマート光は標準ではIpv6に対応していません。

Ipv6に対応している場合としていない場合で通信速度が異なり、Ipv6のほうが速度が速いケースがほとんどです。

もし、@スマート光でIpv6に対応する場合は、月額300円の追加料金がかかります。

他社光回線では最初からIpv6に無料で対応しているところがほとんどですから、@スマート光は別途申し込むことになるので注意が必要です。

実際の口コミでもIpv6オプションを追加することで通信速度が向上したり、夜などの通信が混雑しやすい時間帯にも快適に使えるという口コミがありました。
あまりにも通信速度が遅いという場合や、通信速度はできるだけ速いほうがいいという人は、Ipv6オプションの追加をおすすめします。
Ipv6(IPOE接続)とは? Ipv6(IPOE接続)は、新しいインターネットの通信方法の一つです。 従来の通信方法Ipv4(PPoE接続)より、回線の通信方式と通信容量が改善されているため、通信の混雑緩和と通信速度向上が期待されます。 別名、V6プラスとも呼ばれています。

解約違約金が高い

@スマート光は2年間の契約期間があります。

途中で解約すると、戸建て・マンションにかかわらず22,000円の解約違約金がかかります。

光回線の解約違約金の相場にくらべて、@スマート光の解約違約金は高いので注意してください。
▼光回線の解約違約金相場
・戸建て 15,000円
・マンション 8,000円

マンションにいたっては、解約違約金が相場より倍の料金かかってしまいます。

たとえ、@スマート光の月額料金が安くても、解約違約金でトータルで支払う料金が増えてってしまったら元も子もありません。

2年間の契約満了後は、いつ解約しても解約違約金は0円です。そのため、2年以上は@スマート光を利用するようにしましょう。

スマホとのセット割がない

@スマート光は、スマホセット割がありません。

スマホとのセット割とは、光回線の契約で契約者本人と家族のスマホの月額料金が最大1,000円割り引かれます。

よって、家族で同一スマホキャリアを利用している場合は、スマホセット割対象の光回線を契約した方が月々の固定費を安く抑えることが可能です。

例えば、以下のような回線がスマホとのセット割を実施しています。
光回線割引対象の
スマホキャリア
ドコモ光ドコモ
ソフトバンク光
NURO光
ソフトバンク
au光
So−net光プラス
au
スマートフォンをお持ちの方は、@スマート光よりもスマホセット割のある光回線のほうが、トータルでの料金が安くなる可能性があるので注意してください。

Wi-Fiルーターを用意する必要がある

@スマート光では、Wi‐Fi接続には専用ルーターを購入またはレンタルする必要があります。

Wi‐Fiルーターは、特に機能にこだわりがなければ家電量販店で10,000円程で購入することが可能です。

または、有料でWi-Fiルーターをレンタルすることもできます。

しかし、2年間Wi-Fiルーターをレンタルすると、トータル料金がWi-Fiルーター1台買える値段になるため、購入することをおすすめします。

Wi-Fiルーターのレンタルが可能

Wi-Fiルーターをレンタルする場合、追加オプションのひかり電話を契約しているかでレンタル料金が変わります。
 レンタル月額料金
ひかり電話を
契約している場合
300円
ひかり電話を
契約していない場合
500円
なお、レンタルWi-Fiルーターは、NTTからランダムに貸し出しで性能の良い最新機種が借りることができない場合もあります。

もし最新機種を借りれない場合は、古い機種だと通信性能が劣ってしまうため、通信環境にこだわりがある人はレンタルより購入したほうがよいでしょう。

@スマート光の申し込みから開通まで

@スマート光の申し込みから開通までは、以下の通りに行います。
1.公式サイトから申し込む 2.開通工事が行われる 3.Wi-Fiルーターを接続する

公式サイトから申し込む

@スマート光はWebからの申し込みが可能です。

@スマート公式サイトにアクセスし、申し込みをしましょう。

Webフォームに以下の項目を入力し、送信します。
・申し込み区分(新規契約・他社光回線から乗り換え)
・お住まいのタイプ(戸建て・マンション)
・追加するオプション
・契約者の基本情報
・開通工事日の希望

Webフォーム送信から3営業日ほどでオペレーターからの折り返し電話があります。

そこで、サービスの説明と契約確認が行われ、申し込みが確定します。

また、折り返し電話で、光回線開通のためNTT作業員が訪問する派遣工事が必要なことが案内された場合は、開通工事の日程調整をします。

会員証などの書類と機器が届く

契約に関する書類・会員証・機器が家に届きます。

書類と会員証は、開通工事後の機器の設定やマイページのログインなどで必要になるので大切に保管しておきましょう。

また届いた機器は、開通工事で利用するので、ぱっと出しやすいところにおいておくとよいです。

開通工事が行われる

開通工事日当日は、NTTの作業員が訪問し作業を行う派遣工事の場合は、必ず立ち会う必要があるので注意しましょう。

派遣工事では、作業員が外で光回線を住宅に引き込み作業を行う宅外工事と、作業員が家の中で引きこんだ光回線と機器の接続を行う宅内工事が行われます。

作業自体は1~2時間ほどで完了です。

ちなみに、開通工事当日に住宅の通信環境によっては、申込時に案内された開通工事費に加えて追加作業の費用が必要である場合もあるので注意してください。

また、作業員が派遣されない開通工事の場合は、後日、光回線開通の案内があります。

Wi-Fiルーターを接続する

光回線開通後、レンタルまたは購入したWi-FiルーターとLANケーブルを準備し、Wi-Fiルーターの接続・設定を行いましょう。

NTTから貸し出された黒い長方形のONU(光回線終端装置)機器のLANポートとWi-FiルーターのLANポートを、LANケーブルで接続します。

また、@スマート光から接続・設定マニュアルが郵送されるので、有線接続や無線接続の設定はマニュアルを参考に行ってください。

@スマート光についてよくある質問

@スマート光についてよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

@スマート光テレビなどのオプションはある?

@スマート光には、以下の便利なオプションがあります。
 月額料金初期費用
@スマート・テレビ660円5,800円~
ひかり電話500円2,000円~
安心サポートサービス
(電話サポート)
300円
リモートサポートサービス
(電話+遠隔操作サポート)
500円
なお、@スマート・テレビのオプションを追加する場合は、@スマート・テレビの提供エリアが一部地域に限られているため注意が必要です。

@スマート・テレビの提供エリアは以下の通りです。
東日本 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県 栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域 西日本 大阪、和歌山、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、 三重、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各府県の一部地域

支払い方法は?

料金の支払いには、クレジットカードのみ利用できます。

クレジットカードの登録・変更は、公式サイトのWebフォームからおこなってください。

クレジットカードの明細には、@スマート光の利用料金は株式会社NEXTより請求されています。

@スマート光の問い合わせ先は?

@スマート光について疑問のある方は、Webまたは電話から問い合わせることができます。

Webからの場合、公式サイトのWebフォームから問い合わせましょう。

電話からの場合、下記の@スマートカスタマーサポートへ問い合わせましょう。
@スマートカスタマーサポート 電話番号:050-5577-3023 受付時間:9:00~18:00
実際にカスタマーサポートに電話をかけて色々質問しましたが、対応はとても丁寧で分かりやすかったですよ。

ただ、夕方など問い合わせが殺到する時間帯は電話がつながりづらかったので注意してください。

@スマート光の解約方法は?

解約するには、公式サイトから申し込みが可能です。

公式サイトの解約申請ページにアクセスし、解約を申し込んでください。

後日、@スマート光のオペレーターから折り返しの電話で解約の意向確認が行われ、解約の申し込みが完了します。

まとめ

@スマート光はコラボのため通信品質も安心できて、料金プランがシンプルでわかりやすい光回線です。

他社光回線と比べて月額料金が安いですが、スマホとのセット割がなかったりキャッシュバックなどのキャンペーンがないため、トータルでの支出を考えると、あまりお得とはいえないでしょう。

格安SIMを利用していてスマホとのセット割がない場合や長期間※4年以上光回線を利用する方は、光回線の選択肢に@スマート光を検討してもよいと思います。

人気の記事一覧

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る