テザリングの料金をキャリア別に紹介!通信量や設定方法なども全まとめ

テザリングにかかる料金はいくら?そもそもテザリングってどうやって利用するの?など気になっている人が多いでしょう。

現在お持ちのスマホでテザリング機能を使えば、Wi-Fi環境がないような外出先でもパソコンやタブレットが利用できます。

ただし、使っているスマホのキャリアによって利用料金が異なるので注意が必要です。料金だけでなく、通信量や申し込み方法も一緒に確認しましょう。

この記事を読めば、テザリングに関する基礎知識や利用時にかかる料金についての全てが分かります。ぜひ参考にしてください。

テザリングの基礎知識

「テザリング」とは、スマホのデータ容量を利用して、ほかの端末(パソコンやタブレット端末、ゲーム機など)にネット接続できる機能のことを言います。

簡単に言えば、スマホ1台で固定回線やポケットWiFiの代わりになる機能のことです。

外出先での仕事や移動中に手軽にネット接続できるので多くの人に利用されています。

テザリングの接続方法は3種類

まず、テザリングを利用する際にスマホと他の端末を接続する方法は以下の3種類です。

・WiFi接続
・Bluetooth接続
・USB接続

それぞれメリット・デメリットがあるので、一つずつ見ていきましょう。

Wi-Fiでテザリングする

パソコンやゲームなど複数の同時接続が可能な接続方法がWi-Fiでのテザリングです。

広範囲まで電波が届き、通信速度も良好である一般的な利用方法となっています。

しかし、電波を飛ばし続けるのでスマホ側のバッテリー消耗が激しく、充電器なども用いた方が良いかもしれません。

また、第三者にアクセスされると危険なので、パスワードを設定するなど、セキュリティーには注意しましょう。

複数の機器を同時接続できる点や通信速度の速さなどから、WiFi接続は動画を視聴したり、オンラインゲームを楽しみたい人に適しています。

Bluetoothでテザリングする

Bluetooth接続でのテザリングはバッテリー持ちしやすいのが特徴です。

消費電流がWi-Fiの場合に比べて消費される電力が比較的少ないので、長時間の利用に向いています。

また、Wi-Fiの場合は親機側の設定をオフにしなければ常に接続先を探すためバッテリーを消費してしまいますが、Bluetoothはオンを保ったままでも接続されていなければ、ほとんど消費がありません。

そのため、再接続するときは子機側のBluetoothの切り替えのみで繋ぎ直せる手軽さもメリットです。

ただしBluetoothはWi-Fiに比べて、電波環境が不安定になりやすく、テザリングを使用する場合でもより通信速度は遅くなりがちなので注意が必要です。

電波環境などを考慮すると、Bluetooth接続はメールやSNSのチェック、インターネット検索を利用する際に用いるのが適しています。

USBでテザリングする

有線接続によって通信速度の安定性や速さが持ち味なのがUSB接続です。

Wi-Fiで接続する場合に比べて、周辺環境の影響を受けづらく、場所を選ばず利用することができます。

また、パソコンと接続することで、スマートフォン側を充電しながら利用可能です。

しかし一方でスマホとパソコン等をケーブルで常に繋ぐ必要があるため、必要な物が増えたり、移動しづらいという点は考慮しなくてはなりません。

タブレットで利用したい人もUSBポートがないので難しい方法となります。

ですので、USBポートのあるパソコンでの作業に適しており、じっくりお仕事をされたい時に用いるのが良いでしょう。

テザリングの設定方法

次に、iPhone・Androidそれぞれのテザリングの設定方法をお伝えします。

事前にサービス加入を必要とする場合は、そちらを済ませてから進んでください。

iPhoneの設定

まず注意点として、iPhoneには「テザリング」という言葉が表記されていません。

代わりに表記されるのは「インターネット共有」となりますので気を付けましょう。

以下に設定の順序をまとめました。
※iPhoneの設定手順
1.ホーム画面の「設定」内の「インターネット共有」をタップする
2.「インターネット共有」をONにする
3.Wi-FiもしくはBluetoothをONにする
4.表示された「Wi-Fiのパスワード」を接続したい機器に入力する(Bluetoothはベアリングする)
5.接続完了

Androidの設定

Androidは端末ごとに設定画面は異なりますが、「テザリング」という表記は変わらないので、設定の流れはそこまで大きく変わらないです。

以下に設定の順序をまとめました。
※Androidの設定手順
1.ホーム画面の「設定」をタップする
2.「無線とネットワーク(auの場合)」内の「その他の設定」をタップする
3.「テザリング」をタップする
4.「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」をタップする
5.無線を利用する場合、任意のパスワードを設定する
6.設定したパスワードを接続したい機器に入力する(Bluetoothはベアリングする)
7.接続完了
もし接続できなかった場合は各キャリアごとにテザリングの設定方法を記載しているので、確認してみてください。

スマホでテザリングを利用する料金

ここからは大手キャリアであるau・docomo・SoftBankのテザリング料金についてお話していきたいと思います。

各キャリアごと、お使いのスマートフォンの種類や契約しているプランによって利用料金が変化しますので、注意しましょう。

auのテザリング料金

主なプランテザリング料金申し込み使用制限量
データMAX 5G無料必要30GBまで
データ 4G LTE
新auピタットプラン制限なし
auフラットプラン月額500円
auのテザリング利用料金は加入しているプランによって異なります。

最近新しくスマホを契約した場合はほとんどのプランで無料で利用することができますが、古いプランを契約している場合は月額500円かかるプランもあるので、自分に該当するプランを確認しましょう。

データ容量使い放題のプランでは、月のテザリングに使用できる容量が定まっているので注意しましょう。

auではテザリングを利用する際に申し込みが必要です。「My au」または電話窓口から手続きしてください。

「My au」で申し込む場合は9時〜20時までに申し込むと当日、20時以降に申し込むと翌日の9時から利用できます。

※My auでお申し込みの場合はこちら

※電話から申し込む場合 TEL:0077-7023 9:00~20:00(年中無休)
auのプランについて詳しく知りたい人はauの公式サイトから確認できます。

docomoのテザリング料金

主なプランテザリング料金申し込み使用制限量
ギガホ無料不要制限なし
ギガライト
docomoではテザリング機能を無料で利用することができます。

「spモード」(インターネットプロバイダ)へ加入が条件ですが、ドコモの端末でインターネットを利用する際に必須のものとなっているので、ほとんどの方は加入しているでしょう。

設定等の申し込みも不要なので、他のキャリアよりも簡単にテザリングを利用することが可能です。

docomoのプランについて詳しく知りたい人はdocomo公式サイトから確認できます。

SoftBankのテザリング料金

主なプランテザリング料金申し込み使用制限量
メリハリプラン月額500円必要制限なし
ミニフィットプラン
データ定額 5GB無料
SoftBankのテザリング機能の利用料金は加入しているプランによりますが、よく利用されているプランはほとんどが有料500円がかかります。

テザリングが無料になるのは小さい容量のプランが多いので、テザリング機能を利用するとデータ容量が不足してしまうケースが多いです。

また、テザリング利用にはオプションに加入するための申し込みが必要になります。

My SoftBankから申し込む場合は当日からテザリングが利用可能です。

チャットサポートでも手続き可能ですが、21時以降の受付だと翌日からの適用になるので注意しましょう。

SoftBankのプランについて詳しく知りたい人はdocomo公式サイトから確認できます。

格安スマホのテザリング料金

テザリング料金申し込み使用制限量
無料不要制限なし
★主な格安スマホ一覧
楽天モバイル、LINEモバイル、Y!モバイル、UQモバイル、BIGLOBEモバイル など
近年、使用者が増加傾向にある格安スマホでもテザリング機能は利用することができます。

またほとんどのキャリアが追加料金が無料、申し込みも必要なしなので、お持ちの端末が対応機種か次第になります。

強みとして、格安スマホは基本料だけでなく、データ通信量も非常に割安です。

月額5,000円で30GB利用できるようなキャリアもあるので、データ通信量を多く使うテザリングに向いているとも言えます。

テザリングで利用する通信量の目安は?

日常的に使用しているネット閲覧や動画配信サービスの利用ですが、どのくらいの通信量を使っているのかをまとめました。

使用量により差異は生じますが、おおよその通信量を表しています。
使用方法使用内容使用通信量
ネット閲覧Yahoo!トップページ閲覧約 0.2MB
メール300文字程度のテキストメール約 0.005MB
LINE音声通話(約1分)約 0.3MB
アプリDL50MBのアプリ約 200MB
音楽DL音楽1曲ダウンロード(約5分)約 4MB
動画閲覧YouTube(480p)約1時間約 0.45GB
※スマホの使用量(参考:Wi-Fiレンタル屋さん)

また、その他にも特に利用が多いのがゲームアプリです。アプリのインストールは小さいもので100MB以下、大きいものだと3GB近いゲームもあります。

特にゲームはオンラインを駆使するものが多いので、数分プレイしただけでも、数百MBの通信が行なわれるので使用時間には特に注意が必要です。

テザリングの注意点

ここからはテザリングを利用する際の注意点や欠点をお話したいと思います。

利用前に必ず確認してください。

バッテリー消費量が多い

テザリングを利用している時間は、スマホ側が常時電波を発信し続けている状態になるので、バッテリーもより消費してしまいます。

いざという時にスマホの充電が無くなってしまうのは危険なので、残量を気にしながら利用しましょう。

またモバイルバッテリーや充電器を一緒に持ち歩くか、バッテリー消費の少ないBluetooth接続を利用すると良いでしょう。

通信制限やデータ容量に注意

テザリングはあくまでスマホの通信量を使って通信を行なっているため、長時間使い過ぎてしまうと速度制限にかかってしまいます。

契約しているプランで決められた通信量内に限るので、自宅のWi-Fiのように無制限ではないことは考慮しなくてはなりません。

特にパソコンやタブレットは通信量が多いので、アプリのアップデートや動画サービスの閲覧はなるべく避けることをおすすめします。

プランや端末で利用できないケースあり

どのキャリアでもここ数年に販売されている端末の多くは、テザリング機能に対応していますが、一部の端末や古い機種によっては利用できないものもあります。

対応端末であっても、契約しているキャリアやプランによっては追加料金がかかったり、申し込みが必要なケースもあるため、利用を考えている場合は事前に自分のスマホを調べてみましょう。

複数の同時利用には向いていない

テザリング機能は複数端末での同時利用にはあまり向いていません。

Bluetooth接続、USB接続はもとより1台のみの接続に限りますが、Wi-Fi接続は同時利用が可能です。

しかし複数で扱う場合、その分消費する通信量も増えるので、速度制限を考慮するとおすすめはできません。

通信制限まで余裕があったり、どうしても使わなければいけない場合などを除いて避けるべきでしょう。

まとめ

本記事ではテザリングについての基礎知識や各キャリアごとの料金について紹介してきました。

スマートフォンやパソコンが普及し、ネット回線を利用する機会は年々増え続けています。

テザリング機能は高くても月額500円で利用することができ、どうしてもネット環境が必要になることがあった時のために、登録しておくのも良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

ネットの基礎知識の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る