NURO Bizは契約すべき?個人向けプランとの違いから分かる全情報

NURO Bizってどんなサービス?個人向けのNURO光と何が違うの?と法人向けインターネット回線「NURO Biz」について気になっていませんか。

NURO Bizは、NUROが提供する世界最速2Gbpsの法人向けインターネット回線。固定IPが使える他、有線接続台数が無制限、最低10Mbpsの帯域確保があることから、会社のインターネット回線に最適なサービスです。

ただし、月額料金や工事費が個人向けプランより高いため、固定IPや帯域確保が必要ないのであれば個人向けプランでも十分です。

この記事では、NURO Bizの料金・サービスに関する全情報を紹介します。

NURO Bizとは?

NURO Bizは世界最速2Gbpsを提供する法人向けICTソリューションサービスです。

インターネット回線サービス「NUROアクセス」に加えて、セキュリティやクラウドといったビジネスサポートを行うサービスも提供しています。

インターネット回線サービスは「NUROアクセス」

「NUROアクセス」はNURO Bizのメインとも言えるインターネット回線サービスです。個人向けのNURO光と同様「最大2Gbps」を提供しています。

最低10Mbpsの速度保証があり、NURO Biz公式で実施している回線速度測定によると平均800Mbps前後を実現しているので、通信速度にはとくに期待できるでしょう。

下り平均上り平均
816.8Mbps777.0Mbps

※引用元:NURO Biz公式

その他にも、個人向けのNURO光と違い、固定IPが利用できる他、有線接続台数が無制限なことから、会社のネット回線を検討している方へおすすめなサービスです。

2021年1月現在、法人向けのインターネット回線を提供している会社は少なく、その中でも比較的安いので、法人向けインターネット回線の中でも比較的おすすめです。

提供エリア

NURO Biz提供エリアは下記の通りですが、建物によってはNURO Bizが契約できないケースもあります。
関東エリア:東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
東海エリア:愛知 静岡 岐阜 三重
関西エリア:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良
九州エリア:福岡 佐賀
北海道:札幌 小樽 千歳 恵庭 石狩
NURO BizはWEBでエリア確認が出来ないので、お問い合わせフォームから問い合わせて確認しましょう。

NURO Bizの料金

インターネット回線のみの利用であればNUROアクセスの料金さえ押さえておけば問題ないでしょう。

その他、セキュリティやクラウドといったビジネスサポートも利用したい方は、その他サービスをご覧ください。

NUROアクセスの料金プラン

以下はNUROアクセスの最も一般的な「スタンダードプラン」の料金です。社員が数十人~数百人のオフィスであればスタンダードプランを推奨されます。
スタンダード
月額料金18,850円
初期費用150,000円
(実質無料)
工事費50,000円
手数料3,000円
個人向けプランのNURO光は4,743円ですが、NUROアクセスは固定IPや24時間サポートなどの法人向けサービスが含まれていることから、約4倍の価格帯となっています。

また、月額料金にプラスして工事費などの初期費用もかかりますが、初期費用150,000円は24ヶ月間の割引によって実質無料になるため、実際の初期費用は工事費と事務手数料の合計53,000円になります。

1年間の最低利用期間が設けられているので、1年以内に解約する場合は解約違約金9,500円がかかることを頭に入れておきましょう。

フレッツ光よりも安い

法人向けの光回線と言えばフレッツ光と言われていますが、フレッツ光よりもNURO Bizの方が月額料金が安く設定されています。
 NURO Bizフレッツ光
月額料金18,850円41,100円
+プロバイダ利用料
1年間総額226,200円493,200円
さらに、NURO Bizは月額料金にプロバイダ利用料が含まれているので、月々の支出を抑えるならNURO Bizがぴったりでしょう。

サービス内容はフレッツ光と変わらないですし、むしろ通信速度に関してはフレッツ光の2倍なので、総合的に見てもとてもおすすめできます。

1年間の実質料金に換算すると約20万円も安いので、法人でインターネット回線をお探しならNURO Bizで損することはないでしょう。

プレミアムプラン

スタンダードプランの18,850円よりも、30,000~130,000円高いプレミアムプランがあります。

プレミアムプランは、最低30Mbps・50Mbps通信速度保証があり、スタンダードよりも安定した帯域が確保されています。
 30M50M
月額料金50,000円150,000円
初期費用150,000円
工事費50,000円
プレミアムの中でも30Mbps・50Mbpsの2プランから選べて、それぞれ30Mbpsと50Mbpsの通信速度が確保されています。

30~50Mbpsの速度保証がある法人向けインターネット回線は少ないので、動画などのファイル容量の大きなコンテンツを取り扱う会社にはピッタリと言えるでしょう。

NEXT10Gプランも

NURO Bizでも世界最速10Gプランを提供しています。月額料金は、スタンダードプランよりも約10倍高い180,000円となっています。

10Gの法人契約ができるインターネット回線は少ないので、業務用のIoT端末機器や、膨大なデータの送受信をする会社にはおすすめです。

ただし、提供エリアは東京都内のごく一部となっています。
港区/渋谷区/新宿区/世田谷区/千代田区/中野区/板橋区/品川区/文京区/豊島区/目黒区/練馬区

NURO Bizと個人プランの違い

NURO BizとNURO光はどちらも世界最速最大2Gbpsを提供していますが、NURO Bizには以下特徴があり大企業だけでなく中小企業にもおすすめです。

・最低10Mbpsの帯域確保がある
・固定IPアドレスが割り当てられる
・有線接続台数の制限なし
・トラブル時24時間365日訪問サポート

上記のビジネスサービスが必要ないという方であれば、個人プランのNURO光でも十分快適に利用できるでしょう。

最低10Mbpsの帯域確保がある

NURO BizとNURO光の最大の違いは、帯域確保といわれる最低速度保証があるという点です。

NURO光はベストエフォート型なので、回線の混み状況によって通信速度が不安定になってしまう場合もありますが、NURO Bizは最低10Mbpsが保証されています。

ビジネスでの利用であれば、回線の不安定さは大きなリスクになるため、帯域確保は法人向けプランにおいて非常に重要なサービスです。

また、回線が混み合う際にも安定して利用できる「IPv6」にも対応しています。

固定IPアドレスが割り当てられる

NURO Bizは固定IPアドレスが1つ割り当てられます。

固定IPアドレスとは、NURO光の動的IPアドレスとは異なり、いつインターネットに接続しても、同じIPアドレスが発行されます。簡単に言うと、インターネット上に自分だけの住所が持てるようなイメージです。

固定IPアドレスを使用することで、外部から社内のファイルサーバーにアクセスするなどの遠隔操作を行ったり、クラウドサービスのセキュリティを強化したりすることができます。

2つ以上のIPアドレスが必要な場合は、追加で固定IPアドレスオプションを利用することも可能です。

光回線を個人名義で契約すると接続するたびにIPアドレスが変わってしまいます。固定IPアドレスを使わないと、WEBサイトを公開してもIPアドレスが変わってアクセスできなくなるということです。

また、最近では文書や写真などの共有に便利なクラウドサービスを利用している会社が多く、セキュリティ面での強化にも役立ちます。

もしクラウドサービスのログイン情報が外部に漏れたとしても、固定IPアドレスを使っていれば特定の端末でしかログインできないように設定可能です。

複数の固定IPアドレスを割り当ててくれる光回線もあるので、WEBサイトを運営したりクラウドサービスを使って情報を共有したりする場合は法人名義で契約した方が都合が良いでしょう。

有線接続台数の制限なし

NURO光の有線接続台数は最大3台までと推奨されていますが、NURO Bizは無制限なので、会社で制限なくPCを有線接続することができます。

ただし、NURO bizで提供されるONUに挿せるLANポート数は限られているので、LANポート数が足りない場合は、スイッチングハブなどを利用しましょう。

NURO Biz申し込みの流れ

NURO Bizの申し込みの流れを紹介します。全体的な流れは下記の通りです。
1.申し込み
2.下見が行われる
3.2回工事が行われる
申し込みからサービスの利用可能まで大体1〜2ヶ月程度かかるので、導入を検討している人は早めに申し込みを済ませておきましょう。

申し込み

NURO光 bizは電話またはお問合せフォームより申し込めます。登記簿謄本があるとスムーズに契約できます。

NURO光 biz申し込み窓口
●お問合せフォーム:こちら
●電話窓口:0120-963-350(平日9:30〜18:00)

お問合せフォームからお申込みの場合、平日9:30〜18:00に折り返し連絡が来るので対応しましょう。

下見が行われる

NURO Biz導入の建物へ作業員が下見に来るので、事前にビル管理会社にNUROアクセス導入のための下見と工事が行われることを伝えましょう。

受付完了から5~10営業日後、光ファイバー開通工事と開通工事のための下見の日程調整の連絡が来ます。

当日は、立ち会いのもとビル共用部とオフィスの下見が行われます。

工事が行われる

NURO Biz下見から10営業日程度で、工事日程についての連絡が来るので工事日を決定させましょう。

NURO Bizの工事は2回行われ、立ち合いが必要となります。
NURO Bizの工事内容
1.NTTによる電柱から宅内への光ファイバー接続工事
2.NUROによるビル共有部での光ファイバー接続工事
2回の工事が完了し、ONU(回線終端装置)の設置場所までの配線工事と開通テストを行い、無事に開通が確認できればNURO Biz利用開始となります。

NURO Bizのその他サービス

NUROリンク

NUROアクセス提供エリア外の場合でも高速インターネット接続ができるサービスです。

NUROリンクにはいくつかプランがありますが、どれも下り・上り最大1Gbpsの高速ネット回線を使用できます。

「NUROリンク 閉域網」では異なる拠点間での通信や社内ネットワークなど、セキュリティに優れたネットワーク環境を構築できます。

ONUを常時監視し、リンクダウンやネットワーク異常を感知すると担当者に連絡が届く監視サービスも付帯。ONU間は会社ごとに独立したネットワークを構築するため、不正アクセスを防ぐことができます。

NUROモバイルのサービス

法人向けモバイル通信サービス「NUROモバイル」では、NTT回線を利用したモバイル通信が可能です。

データ通信容量を社内で共有できる「パケットシェア」により、企業全体の容量をオーバーしなければ速度制限がかかることはありません。

5つのプランから選べるので、必要な通信容量に応じて適したプランを選ぶことができます。社内でモバイル機器を多用する会社は検討してみてはいかがでしょうか。

NUROセキュリティのサービス

企業の情報資産を守るには強固なセキュリティが必要です。

「NUROセキュリティ」はUTM(統合脅威管理)やクラウド型サンドボックスといった最新のセキュリティサービスを運用することで、絶えず発生する新種のセキュリティリスクから情報資産を保護します。

不正通信といった内部からの脅威と、マルウェアやスパムといった外部からの脅威の両方に対応できるセキュリティサービスなので、安心してネットワークを運用できます。

NUROクラウドのサービス

「NUROクラウド」はOffice 365やG Suiteといった、ビジネス特化クラウドサービスを快適に利用できるサービスです。

クラウドサービスの統合ID管理、セキュリティ対策、バックアップなどの必要なサービスを揃えており、安全かつ快適にクラウドサービスを利用できます。

まとめ

NURO Bizについて最後までご覧いただきありがとうございます。

NURO Bizは、個人向けプランのNURO光同様に最大2Gbpsの通信速度が利用できるだけでなく、最低10Mbpsの速度保証があることから速度に期待の持てるサービスです。

また、固定IPが使え、有線接続台数が無制限なので、会社のインターネット回線をお探しならNURO Bizはとてもおすすめと言えます。

ただし、月額料金や初期費用は個人向けプランよりも高いので、とくに法人サービスが必要ない小規模な会社であれば個人プランを契約しましょう。
ヒカリCOM

TOPへ戻る