NUROでんきの2020年最新情報!セット割や注意点を徹底解説

NURO光とNUROでんきのセット割ってあるのかな?NUROでんきってそもそもお得なの?と思っていますよね。

NUROでんきはNURO光を契約していることが条件となっているのですが、この2つを契約することでセット割が適用されてNURO光の月額料金が500円割引になります。

そのため『NURO光+東京電力などの従来の電力会社』で契約するより『NURO光+NUROでんき』で契約した方がお得になるので、NUROでんきはNURO光ユーザーにおすすめです。

ただNUROでんきの供給エリアは一部エリア限定になっていることや、新居ではすぐに使えないといったデメリットもあるのでこの記事で詳しく解説します。

NURO光とNUROでんきをまとめるメリットをはじめ、NUROでんきに関する全情報をまとめたのでぜひ最後まで読んでみてください。

NUROでんきとは

NUROでんきとはNURO光とセットで契約できる新電力のことです。

NURO光とNUROでんきを契約するとNURO光の月額料金が500円割引になるセット割が適用されるため、『NURO光+東京電力や関西電力などの従来の電力会社』で契約するよりも『NURO光+NUROでんき』で契約した方がお得になります。

そのため現在NURO光を契約している人にぴったりな新電力です。

ただ注意点もいくつかあるので、この記事でしっかりと確認しましょう。

※新電力とは電力自由化に伴って誕生した電力会社のことで、従来の電力会社よりも料金が安いところやセット割などの特典が充実しているところが多くあるのが特徴です。

NUROでんきのメリット

NUROでんきの2つのメリットについてそれぞれ解説します。

NURO光とのセット割でお得

NUROでんきはNURO光の契約が条件で、まとめて契約することでNURO光の月額料金が500円割引になるため、NURO光契約者は従来の電力会社からNUROでんきに乗り換えることでお得になります。

実際に、東京電力と関西電力を契約していてNUROでんきに乗り換えた場合を例に計算をしてみたところ、電気の使用量が多い場合も電気の使用量が少ない場合も、『NURO光+NUROでんき』で契約した方がお得になることが分かりました。

シミュレーション結果を東京電力と関西電力に分けてまとめたので、該当するところを見てみてください。

東京電力からNUROでんきに乗り換えた場合

東京電力からNUROでんきに乗り換えたら実際にどのくらい安くなるのか、戸建ての場合と集合住宅の場合の平均値でシミュレーションしてみました。

3人暮らし以上なら戸建て、1~2人暮らしなら集合住宅のところを見ればOKです。
戸建ての場合

▽平均値
契約アンペア数:50A/電気の使用量:400kWh

【関東】NURO光

NUROでんき
NURO光

東京電力
NURO光
月額料金
4,743円4,743円
NURO
でんき
電気代
11,433円11,639円
セット割-500円なし
合計16,150円16,856円

合計の月額料金をみると、『NURO光+NUROでんき』で契約した方が毎月700円以上安くなることが分かります。

安くなる理由はNURO光とNUROでんきのセット割に加えて、1ヵ月間の電気代がNUROでんきの方が200円ほど安くなることにあります。

セット割と電気代の差額を合わせて毎月700円安くなるということは、1年間に換算すると8,400円ほど安くなるのでかなりお得です。
集合住宅の場合

▽平均値
契約アンペア数は40A/電気の使用量:350kWh

関東NURO光

NUROでんき
NURO光

東京電力
NURO光
月額料金
4,743円4,743円
NURO
でんき
電気代
9,875円9,824円
セット割-500円なし
合計14,118円14,567円

合計の月額料金をみると、『NURO光+NUROでんき』で契約した方が1ヵ月間で518円、1年間なら6,216円も安くなることが分かります。

電気の使用量が少ない場合、東京電力の電気代よりNUROでんきの電気代の方が少し高くなってしまう傾向があるので、1~2人暮らしの人は東京電力のままの方が電気代は安いです。

しかしNURO光とNUROでんきのセット割で500円割引になるため、合計金額でみると『NURO光+NUROでんき』の方がお得になります。

関西電力からNUROでんきに乗り換えた場合

関西電力からNUROでんきに乗り換えたら実際にどのくらい安くなるのか、戸建ての場合と集合住宅の場合の平均値でシミュレーションしてみました。

3人暮らし以上なら戸建て、1~2人暮らしなら集合住宅のところを見ればOKです。
戸建ての場合

▽平均値
電気の使用量:400kWh

【関西】NURO光

NUROでんき
NURO光

関西電力
NURO光
月額料金
4,743円4,743円
NURO
でんき
電気代
10,029円10,047円
セット割-500円なし
合計14,746円15,264円

合計の月額料金は1ヵ月間で約520円、1年間なら6,240円ほど安くなることが分かります。

関西電力の電気代は元々あまり高くないためNUROでんきに切り替えることで数10円しか安くなりませんが、NURO光とNUROでんきのセット割によって500円安くなるため、総合的に見るとNUROでんきに乗り換えた方がお得です。
集合住宅の場合

▽平均値
電気の使用量:350kWh

関西NURO光

NUROでんき
NURO光

関西電力
NURO光
月額料金
4,743円4,743円
NURO
でんき
電気代
8,610円8,583円
セット割-500円なし
合計12,853円13,326円

合計の月額料金は1ヵ月間で470円、1年間で5,640円ほど安くなります。

集合住宅に住んでいる場合や1~2人暮らしで電気の使用量が少ない場合、関西電力の電気代よりNUROでんきの電気代の方が少し高くなってしまう傾向があります。

ただ、NURO光とNUROでんきのセット割で500円割引になるため、『NURO光+関西電力』で契約するより『NURO光+NUROでんき』で契約した方が安くなりお得です。

電気の使用量が多いほどお得

NUROでんきと東京電力の比較

引用元:NUROでんき公式サイト

NUROでんきは電気の使用量が多いほどお得になる傾向があり、原因は料金単価にあります。

電気代は【毎月一定でかかる基本料金】+【料金単価×電気の使用量】で計算することができ、その内の料金単価は電気の使用量に合わせて3段階に分かれています。東京電力とNUROでんきを比較して表にまとめました。
電気の使用量東京電力NUROでんき
~120kWhまで19.88円19.78円
120kWh~
400kWhまで
26.48円25.79円
400kWh~30.57円30.57円
この1段目と2段目を見るとわずかにNUROでんきの方が安いです。

安いといっても1円未満ですしあまり変わらないように思えますが、料金単価のわずかな差は電気代に大きく影響します。

特に電気の使用量が400kWhを超えるような場合にNUROでんきの方がお得になるので、家族3人以上で暮らしている場合や電気代が1万円前後になる場合にお得になりますよ。

NUROでんきの注意点

NUROでんきには注意すべきポイントが2つあるのでまとめました。

対象エリアが限られている

NUROでんきの供給エリアは下記の一部エリア限定です。

▽NUROでんきの供給エリア
・北海道:石狩市、小樽市、札幌市、江別市、恵庭市、千歳市
・関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
・関西地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
・東海地方:愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
・九州地方:福岡県、佐賀県
NUROでんきの供給エリアはNURO光の供給エリアとは異なるため、「NURO光ユーザーならNUROでんきが利用できる」というわけではないので注意しましょう。

また上記に記載した対象エリア内であっても一部エリアは対象外となっているため、確実にNUROでんきの対象エリアかどうか知るためにはNURO光申し込み時にチェックする必要があります。

NUROでんきの申し込み画面

この画像のように「NUROでんきはお申込みができないご住所です」と記載されていた場合、NUROでんきの提供エリア外ということです。

詳しくは『NUROでんきの申し込みから供給まで』を参考にしてください。

エリア外だった場合・・・

NUROでんきの提供エリア外だった場合、全国エリア対応で光回線とのセット割がなくても電気代が安くなるLooopでんきがおすすめです。

Looopでんきは電気代の内、『基本料金』という家庭によって毎月数100円~数1,000円かかる料金が0円という特徴があります。

そして料金単価は電気の使用量が増えるほど高くなるのが一般的なのですが、Looopでんきは使用量の関わらず一律なので電気の使用量が多いほどお得です。

このようにLooopでんきは電気代が節約できることで人気の電力会社なので、NUROでんきの提供エリア外だった場合は検討してみてください。

新居ではすぐに使えない

NUROでんきは以下の理由から、新居ですぐに使うことはできません。

理由①NURO光が開通していないとNUROでんきの供給が始まらない
理由②NURO光は工事が2回必要
理由③他の電力会社からの乗り換えでないと申し込みができない
この3つを踏まえると、新居でNUROでんきを契約したい場合、まずは新居の住所でNURO光とNUROでんき以外の電力会社に申し込みます。

そしてNURO光と電気の開通後にNUROでんきに申し込めばOKです。

新居でNUROでんきを利用することは可能ですが、多少手間がかかってしまうため注意しましょう。

NUROでんきの申し込みから供給まで

NURO光と同時にNUROでんき契約する場合は、NURO光の申し込み時にオプションを選択すれば申し込むことができ、NURO光を既に契約している場合はSo-net会員ページから申し込むことができます。

そして今使っている電力会社はNUROでんきが勝手に解約してくれるので、解約の連絡を入れる必要はありません。

NURO光と同時にNUROでんきを契約する場合を例に流れをまとめました。
①NURO光の申し込み画面で住所を入力して、NURO光の提供エリアかどうかをチェックする
⇓NURO光の提供エリアの場合、下の画像のように〇が表示されます。
NURO光の提供エリア判定
引用元:NRUOでんき申し込み画面
②NURO光のオプションとしてNUROでんきを選択する NUROでんきの申し込み画面
引用元:NRUOでんき申し込み画面
③氏名や住所、支払い情報などの必要事項を入力する ④「注文を確定する」ボタンを押す ⑤10日程度でNUROでんきの申込用紙が届く ⑥検針票を張り付けるまたは必要事項を記入して返送する
NUROでんきの供給開始まではNURO光が開通してから約2週間~3週間ほどかかりますが、電気の切り替えの際に工事は必要なく、供給開始日になれば勝手にNUROでんきへ切り替わります。

そしてNUROでんきの供給が開始すれば関東エリアはCDエナジーダイレクトから、北海道と関西エリアと東海エリアと九州エリアは大阪ガスから契約はがきが送付されるので確認しておきましょう。

またNURO光とNUROでんきのセット割は、NURO光とNUROでんきの両方が開通した翌月からの適用です。

ちなみにNURO光以外のソネットの光回線(So-net光プラス、auひかり、WiMAX2+)を使っている人は、So-net会員ページでNURO光にコース変更をすればNUROでんきへ申し込むことができますよ。

NUROでんきに関するよくある質問

NUROでんきに関する基本的な情報についてまとめたので、NUROでんきを申し込む前に目を通しておいてください。

支払い方法は?

NUROでんきの支払い方法は口座振替またはクレジットカード払いです。

そして支払い方法を口座振替にしたい場合は、WEBからでなく電話からの申し込みとなります。

電話番号については下記の『問い合わせ先は?』を参考にしてください。

NURO光とNUROでんきの請求元はまとまる?

NURO光の請求元はソニーネットワークコミュニケーションズ、NUROでんきの請求元は関東エリアならCDエナジーダイレクト、北海道と関西エリアと東海エリアと九州エリアなら大阪ガスです。

そのためNURO光とNUROでんきの請求元はまとまらず、請求書も2枚届くので覚えておきましょう。

ただ関西エリアで大阪ガスを利用している場合は、大阪ガスのガス代とNUROでんきの電気代が一緒に請求されます。

電気の使用状況はどこで確認できる?

電気代や電気の使用量などは、紙の検針票ではなくWEB上での確認となります。

関東エリアはCDエナジーダイレクトの会員サイト「カテエネサイト」、北海道と関西エリアと東海エリアと九州エリアは大阪ガスの会員サイト「マイ大阪ガス」で確認できます。

引っ越しの場合の手続き方法は?

NUROでんきは引っ越しの際に一度解約しなければなりません。

そして引っ越し先でも契約したい場合はNURO光が開通していることと、他の電力会社の電気が開通していることの2つをクリアしてからNUROでんきに申し込む必要があるので覚えておきましょう。

問い合わせ先は?

問い合わせ先はエリアによって違います。

▼関東エリア
「CDエナジーダイレクト お客さまセンター」
電話番号:0120-811-792
営業時間:平日 9時~19時
     土日祝、1/2~3:9時~17時

▼北海道・関西エリア・東海エリア・九州エリア
「大阪ガス グッドライフコール」
電話番号:0120-000-555
営業時間:月~土 8時~21時
     日・祝 9時~21時

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

NURO光とNUROでんきの2つを契約することで500円のセット割が適用されるため、「NURO光と従来の電力会社」で契約するよりも「NURO光とNUROでんき」で契約した方が安くなります。

NUROでんきは申し込み手数料や解約違約金が一切かからないという特徴もありますし、申し込みから開通までの手続きが簡単です。

NURO光を利用している人やこれから申し込むことを考えている人は、電気をNUROでんきに切り替えることをおすすめします。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

NURO光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る