光回線の電話とは?メリットと注意点からわかる光電話サービスの全情報

光回線の電話って何?光回線の電話はおすすめなの?など光回線を用いた電話サービス「光電話」について気になりますよね。

光電話は、従来のアナログ電話とは違い、光回線を用いて電話をつなぐサービスで、電話線を利用した電話と比べて月額料金や通話料が安くなるのがメリットです。

光電話は光回線と同時に申し込むことができ、電話番号や機器を変更する必要もありません。

また、光回線とスマホをセットで利用してスマホ月額を割り引く「スマホセット割」の適用条件となっている場合も多いので、固定電話を利用しない方でも契約するメリットがあります。

この記事では光回線の電話サービスを検討している人に向けた「光電話」の全情報を紹介しているので是非参考にしてください。

光回線の電話サービスとは

光電話とは、従来の固定電話とは仕組みが異なる電話サービスです。

簡単に言うと、光回線(光ファイバー)を利用して電話を繋いでいます。

利用する線(回線)が違うだけなので、専用の電話機に買い替える必要や電話番号を変える必要はありません。

ちなみに、光電話を利用するには必ず光回線との契約が必要です。

光回線のオプションとして、「光電話」が用意されているので、利用したい場合はオプションに加入するという形になります。

固定電話との違い

従来の固定電話は、電話線を利用して電話を繋いでいるのに対して、光電話は光ファイバーを経由して電話を繋いでいます。

固定電話と光電話

また、利用方法も以下のような違いがあります。
アナログ固定電話の場合:部屋内のモジュラージャックに電話機を接続する 光電話の場合:光回線の宅内機器(ONU)に電話機を接続する
光電話と固定電話の違いをまとめると、電話を繋ぐ仕組みが違うということです。

光回線の電話を利用する4つのメリット

従来の電話と比べて、光回線の電話サービスは利用するメリットが多くあります。

光回線の契約を検討している方や光回線を利用している方は、光電話を契約するのがおすすめです。
▼光電話をおすすめする理由 ①固定電話の利用料金が安くなる ②電話番号は変えなくても良い ③スマホのセット割が適用される ④新規電話番号を無料で発行できる

①固定電話の料金が安い

光電話は通常の固定電話よりも、安い料金で利用できるのが1番のメリットです。

 固定電話ドコモ光電話
月額料金1,700円500円
通話料・一般電話宛て:8円~80円(3分)
・携帯電話宛て:20円~40円(1分)
・一般電話宛て:8円(3分)
・携帯電話宛て:16円(1分)
光電話にすると月額料金を1,000円以上安くすることができるので、光回線を契約するのであれば電話も切り替えをした方がお得になるでしょう。

さらに通話料も固定電話、携帯電話に関わらずどちらも安くなるので、たくさん電話をかける人にとってメリットが多くなっています。

光電話の月額料金や通話料はどの光回線を契約しても同じなので、料金を比較する必要はありません。

※NURO光の場合は契約するエリアによって月額料金が変わる場合があります。

電話オプションの料金が安い

光電話では「番号表示」や「キャッチホン」など、オプションサービスを利用することができ、契約している光回線によって利用できるオプションや料金に違いがあります。

例えばドコモ光で光電話を契約した場合は下記のようなオプションを使うことができます。
 サービス内容月額料金
通話着信通話中に電話に出れる300円
転送電話電話を転送できる500円
発信者電話番号電話番号が表示される400円
ナンバー・リクエスト非通知の相手に番号通知の依頼を出せる200円
迷惑電話ストップサービス
迷惑電話サービス200円
着信お知らせメール着信があったことを知らせてくれる100円
ダブルチャンネル1契約での2回線分の同時通話200円
追加番号1契約で複数の電話番号が利用できる100円
また、光回線によっては複数のオプションを利用したい人に向けて、人気のオプションをまとめたオプションパックが用意されていることもあるので、利用してみてください。

②電話番号を変えなくても良い

固定電話から光電話へ乗り換えをするときは電話番号をそのまま引き継ぐことができます

光電話の使用開始にあたる旧電話回線の解約手続きも不要で、光電話の申し込みをすると契約した光回線事業者が変更の手続きを済ませてくれます。

また、すでに光電話を利用している人が他社光回線へ乗り換えをする場合でも、電話番号の変更や手続きは必要ありません。

電話番号の引継ぎには手数料として2,000円が必要となりますので、覚えておきましょう。

③光回線の特典が適用される

光回線の契約特典の適用条件に光電話への加入が提示されている場合があります。

特にスマホの月額料金が割り引かれる「スマホセット割」を利用するには光電話を申し込む必要があることが多いです。

また、キャッシュバック特典などの契約特典を受け取る条件に光電話が設定されていることもあります。

固定電話を使用しないという方でも、光電話に加入することで、様々な還元を受けられるので申し込んで損はないでしょう。
◆光電話への加入で適用される特典例 ①スマホのセット割 ②キャッシュバック特典

スマホのセット割が適用される

光回線とスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引きされる特典を用意している光回線事業者もあります。

大手スマホキャリアの「ドコモ」「au」「ソフトバンク」は以下のように所定の光回線と一緒に利用すると、契約者本人だけでなく、家族のスマホ月額も毎月最大1,000円割り引かれるのでトータル支出を大幅に抑えることが可能です。

セット割を適用させるためには、「光電話」への加入を条件としている場合がほとんどなので、固定電話を使わない人でも契約するメリットは十分にあります。
▼スマホキャリア別セット割適用光回線 ドコモスマホ×「ドコモ光」 ソフトバンクスマホ×「ソフトバンク光」「NURO光」 auスマホ×「auひかり」「ソネット光プラス」
電話料金を抑えることができる上にスマホの月額も安くなるので、月々の固定費を最大限抑えたい方は「光電話」を申し込んで間違いありません。

キャンペーンの適用条件になっている場合もある

光回線が独自で実施しているキャッシュバックや割引キャンペーンの適用条件として、光電話への加入を提示している場合があります。
光電話への加入が適用条件になっている特典 auひかり:最大61,000円キャッシュバック ソネット光プラス:Wi-Fiルーターのレンタル料金(通常月額500円)が永年無料
光電話に加入しない場合は上記のようなキャンペーンを受けることができなくなってしまいます。

キャンペーンの内容や条件は契約する光回線によって違うので、申し込み時に確認してみてください。

④電話番号を無料発行できる

通常、固定電話で新しく電話番号を発行するためには「電話加入権」という権利が必要です。

「電話加入権」NTTから36,000円で購入すれば獲得できますが、初期費用として大きな負担をしなければならないのが今まで電話を利用する上でのハードルでした。

その一方で、光電話の場合は無料で電話番号を発行することができます。

はじめて電話番号を獲得するという方でも手軽に固定電話を利用することができるというわけです。

光回線で電話を利用するときの注意点

光回線の電話サービスは、利用料金が安くなることや、スマホ月額が割引かれる「スマホセット割」の適用条件になっていることが多いなど、契約するメリットは多くあります。

ただし、従来の電話とは仕組みが違うため、利用する前に知っておくべき注意点があるのも実情です。

しっかりと理解して、失敗せずに電話サービスを利用しましょう。

引き継ぎができない電話番号がある

市や県をまたいで引っ越しする場合は番号を引き継ぐことができません。

また、NTT以外で発行された番号の場合も引継ぎをすることができず、利用中の電話番号は消滅してしまいます。
▼電話番号の引継ぎについて 引継ぎが可能:NTTで発行した電話番号を利用している場合 例)NTTのアナログ電話を利用⇒ドコモ光電話を利用⇒ソフトバンク光電話を利用  【ずっと同じ番号が使える】 引継ぎが不可:光電話を申し込むタイミングで新しく発行した番号 例)ソフトバンク光電話で新しく番号を発行⇒ドコモ光電話へ乗り換え 【ソフトバンク光電話で新発行した番号をドコモ光電話で使うことは出来ない】
契約したい光回線へ問い合わせをすると、電話番号が引き継げるかどうかを調べることができるので、不安な人は確認してみてください。

光回線の速度によって繋がりにくいことがある

光電話は、契約している光回線の速度に大きく影響されます。

利用中の光回線の通信速度が遅くなると、光電話が繋がりにくくなる可能性があるので注意が必要です。

特に通信障害や回線の混雑、機器の不具合によって、光電話の音声が悪くなる場合があることを覚えておきましょう。

速度が遅い場合はONUのリセットや子機の抜き差しをすることで改善できることがあるので、試してみてください。

停電すると利用できない

電話回線を利用した従来のアナログ電話は、停電したとしても利用することが可能です。

しかし、光電話は停電した場合、電話が全く使用できなくなるので注意してください。

光電話はONUという宅内機器に電話機を接続して利用する仕組みとなっているのですが、停電してしまうとONUの電源も切れてしまうため、電話が繋がらなくなります。

特に災害が発生すると、電話を使うことができず、外部と連絡が取れなくなる可能性もあります。スマホなどを利用していない人は注意してください。

繋がらない番号がある

光電話では「伝言ダイヤル(0170」や「話中調べ(121)」など、一部繋がらない電話番号があります。ただ、日常で使うことはほとんどない電話番号なので、あまり気にする必要はないでしょう。

光回線の電話を申し込む方法

光電話は光回線と同時に申し込みをするのが基本ですが、すでに光回線を引いている人はオプションの追加という形で契約することもできます。

ちなみに、光電話と光回線を同時に申し込みをすると、光電話の工事費(3,000円~13,000円)が安くなることが多いので、少しでも迷っているなら一緒に契約するのがおすすめです。

光回線と同時に申し込む場合

光回線の申し込みをするときに、光電話をオプションとして追加すれば、同時に申し込みをすることができます。

光回線の開通工事が終わったあとに、光電話の設置作業も行い、全て完了すると光電話が使えるようになります。

光回線は開通までに2週間~1ヶ月ほどかかるため、光電話も同じくらいの時間が必要になることを覚えておきましょう。

光回線を契約した後に申し込む場合

すでに光回線が開通している場合は、電話(サポート窓口)やネット(マイページ)にてオプション追加の手続きをすることができます。

光電話は、光回線サービスのオプションの一つなので、簡単に追加申し込みをすることが可能ですよ。

光電話を設置する際は工事が必要になることもあるので、頭に入れておきましょう。

光回線の電話サービスに関するその他の情報

各光回線の電話サービス

光電話サービスを提供している、主要光回線5社の光電話について解説していきます。
 月額料金概要
ドコモ光500円特典の適用条件
には設定されていない
ソネット光
プラス
500円auスマートバリュー
の適用条件
ソフト
バンク光
467円おうち割光セット
適用条件
NURO光北海道・関東
500円
東海・関西・九州
300円
おうち割光セット
適用条件
auひかり500円auスマートバリュー
の適用条件
光電話サービスはほとんどの場合、スマホセット割の適用条件に設定されています。

スマホセット割の割引額は最大1,000円であることが多いので、光電話の月額を加味すると、実質500円の割引きとなることを覚えておきましょう。

とはいえ、損をすることはないので、スマホセット割を適用させるために加入することをおすすめします。

ドコモ光電話に関しては、光電話への加入が特典の適用条件に設定されていないので、固定電話を利用する方のみの加入でOKです。

光回線の電話を解約する方法

基本的に、利用している光回線を解約すると、光電話も同時解約となります。

ちなみに、マイページやサポート窓口にて光電話のみを解約することも可能です。

光電話は解約金などが発生することはないので、好きなタイミングで解約することができます。

ただし、光電話を解約すると利用している電話番号が消滅してしまう可能性があるので注意が必要です。

電話番号は「アナログ戻し」という手続きを行うことで、継続的に利用することができるようになります。

光電話を解約する前に電話番号が消滅するかどうかを確認して、「アナログ戻し」が必要な場合は下記へ連絡をしてください。
・問い合わせ先
NTT東日本:0120-116-000
NTT西日本:0800-2000116

まとめ

固定電話を利用している人は光回線の電話サービスに切り替えると、月額料金が安くなります。

また、固定電話を使わない人でも、光回線の電話サービスを契約することで、セット割やキャンペーンなどのお得な特典が適用される場合もあるので申し込みを検討してみてください。

光回線ごとの電話サービスは以下を参考にしてください。
ドコモ光の電話サービスは『こちら』 ソネット光プラスの電話サービスは『こちら』 ソフトバンク光の電話サービスは『こちら』 NURO光の電話サービスは『こちら』 auひかりの電話サービスは『こちら』
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る