OCN for ドコモ光を契約するメリットは?注意点や申し込み方法も徹底解説!

OCNforドコモ光を申し込みをしたいけれど、料金やサービスについて気になりますよね。

OCNforドコモ光はキャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタル、v6プラスの対応など、サービスが充実しているのが特徴です。

ただ、他のプロバイダよりも月額料金が高くなってしまうので、注意が必要です。

この記事ではOCNforドコモ光のメリットや注意点、申し込み方法について紹介していきます。

OCNforドコモ光のメリット

OCNforドコモ光にはキャッシュバックやWi-Fiルーターのレンタルなど、他のプロバイダよりもメリットが多いので詳しく紹介していきます。

20,000円のキャッシュバック

OCNforドコモ光では申し込みをするだけで20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックを受け取ることができのは24社あるプロバイダの中でも5社のみで、その中でもキャッシュバック額はトップクラスで多いです。
プロバイダ通常
キャッシュバック
オプション加時の
キャッシュバック
申請時期
OCN20,000円
なし6ヶ月後
@nifty20,000円12ヶ月後
ぷらら15,000円5ヶ月後
GMO
とくとくBB
5,500円20,000円5ヶ月後
DTI10,000円20,000円6ヶ月後
他20社なしなし-
また、OCNforドコモ光はGMOとくとくBBやDTIのようにテレビオプションにへの加入などの条件がないのも、メリットの1つといえるでしょう。

キャッシュバックの手続きはOCNforドコモ光から送られてるメールに返信するだけなので、受け取りも簡単です。

※転用・事業者変更の場合も20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

Wi-Fiルーターの無料レンタル

OCNforドコモ光ではWi-Fiルーターを無料レンタルすることができるは10社ほどで、OCNforドコモ光もその中の1つとなっています。

自分で購入すると10,000円ほどかかってしまうので、無料でレンタルできるのはメリットです。ルーターの性能も他社とほとんど変わらないので、通信速度やネットの安定性も問題ないでしょう。

設定もほとんど不要なので、はじめて光回線を利用する人でもドコモ光が開通したらすぐにWi-Fiを利用することができます。

セキュリティサービス

OCNforドコモ光でマイセキュア(月額250円)というセキュリティソフトが1年間無料になります。

 無料期間有料時ソフト
タイガースドットコム解約するまで無料カスペルスキー
スピーディアスピーディア永年無料セキュリティ
ic-net36か月400円IC-NET安心セキュリティ
BBエキサイト400円ESET ファミリーセキュリティ
ぷらら24か月399円マカフィー
OCN12か月250円マイセキュア
@TCOM400円TOKAI SAFE
TNC400円
シナプス480円マカフィー
ドコモnet500円
GMOとくとくBB
DTI
アンドライン
hi-ho
アサヒネット
ビッグローブBIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光
楽天ブロードバンドスーパーセキュリティ
@nifty常時安全セキュリティ24
パソコンだけでなくスマホなどにもソフトをダウンロードすることができ、無料期間が終わってあとでも継続して使うことも可能です。

特に、他社のプロバイダよりも安い料金で利用できるのがメリットと言えるでしょう。性能に関してはどのプロバイダも同じです。

OCNforドコモ光の注意点

月額料金が高いタイプB

ドコモ光はタイプAとタイプBで分かれていて、タイプBの方が月額料金が200円高くなっています。

OCN for ドコモ光も料金が高いタイプBのプロバイダとなっているため、他のプロバイダに比べると料金が高くなってしまうので注意してください。

料金は高いですが先ほど紹介した通りキャッシュバックやWi-Fiルーターのレンタルなど、他社に比べてサービスが揃っているので、OCNfor ドコモに申し込みをしても満足してネットを利用することはできるでしょう。

料金が安いタイプAnoプロバイダの中にも、OCNforドコモと同じくらいのサービスが利用できるプロバイダもあるので、費用を抑えた人は検討してみるといいでしょう。

v6プラスの手続きが必要

ドコモ光では「v6プラス」という回線の混雑を防いでくれるサービスがあります。v6プラスに対応しているプロバイダは14社で、OCN for ドコモ光も利用することができます。(OCN for ドコモ光ではv6アルファと呼ばれています)

プロバイダv6プラス対応手続き
GMOとくとくBBなし
ドコモnetなし
ぷららなし
@niftyなし
@Tcomなし
BIGLOBEなし
DTI
必要
andline必要
タイガースドットコム必要
hi-ho必要
SIS必要
OCN必要
ic-net必要
チャンプルネット必要

v6プラスに対応していれば利用者が増える夜間でも、速度が速くなりやすい傾向があります。そのため、口コミでも以下のように「v6プラスにしたら速くなった」という声が多数あげられていました。

ただし、v6プラスを利用するにはドコモ光が開通したあとに、申し込み手続きをする必要がありますので注意してください。

ホームページや電話などで手続きをする必要があり、さらに利用できるまで1~2週間かかってしまうこともあります。

GMOとくとくBBやぷららのような手続きなしでv6プラスを利用できるプロバイダもあるため、v6プラスを利用した人は検討してみましょう。

OCN for ドコモ光と他社プロバイダの比較

ドコモ光のプロバイダはOCNをふくめて24社あり、プロバイダによって以下4つのポイントが異なります。

1.タイプAかBか?
2.キャッシュバック額
3.v6アルファ(v6プラス)対応
4.Wi-Fiルーターが無料レンタルできるか

結論からいうと、キャッシュバックが高額かつ高速通信のv6アルファを利用したいという方にはOCN for ドコモ光がおすすめです。
プロバイダキャッシュ
バック
(最大額)
Wi-Fiルーター
無料レンタル
v6プラス
(手続きなし)



B
OCN20,000円
手続きすれば
利用可能
TNC
静岡限定
なし××
ワクワクなし××
ちゃんぷるネット
沖縄限定
なし×
AsahiNetなし××
@Tcomなし



A
GMOとくとくBB20,000円
ぷらら15,000円
@nifty20,000円
DTI
20,000円×
ドコモnetなし購入後
dポイントで還元
BIGLOBEなし
andlineなし×
タイガースドットコムなし×
hi-hoなし×
SISなし×
ic-netなし×
exiteなし××
SYNAPSEなし××
楽天ブロードバンドなし××
TIKITIKIなし××
@ネスクなし××
ゼロワン
コアラ
なし××
ただ、OCN for ドコモ光以外でも、料金の安いタイプAのプロバイダの中でも、高額キャッシュバックがもらえたり、高速通信のv6プラスが利用できるプロバイダがあります。

特にGMOとくとくBB・@nifty・ぷららはタイプAでもOCN for ドコモ光と同じくらいサービスが充実しています。そのため、OCN for ドコモ光を申し込む前に、他のプロバイダも比較してから契約するようにしましょう。

おすすめプロバイダ

GMOとくとBB

GMOとくとくBBはタイプAのプロバイダで、OCN forドコモ光と同じくらいサービスが充実しています。

手続きなしでv6プラスが利用できるだけでなく、レンタルできるWi-Fiルーターの速度がプロバイダの中で1番速いので、他のプロバイダに比べて速い速度でネットが利用できる傾向があります。

また、セキュリティや手続きなしでv6プラスが利用できるなど、総合的にサービスが優れているプロバイダとなっています。

OCN for ドコモ光の方がキャッシュバックの条件はいいですがドコモ光のプロバイダの中で満足度No1になっているため、利用者からの信頼も厚いプロバイダです。

GMOとくとくBBについて詳しくはこちら

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ぷらら

ぷららもタイプAの中で利用できるサービスが多い人気なプロバイダとなっています。キャッシュバック額は少ないですが、受け取り期間が早いのが特徴です。

またv6プラスの手続きが不要なので、ドコモ光が開通したらすぐに速い速度でネットを利用できるのもメリットといえるでしょう。

他にもぷららでは「ひかりTVエントリープラン」というスマホやタブレットで映画やドラマが視聴できるサービスや2年間無料で利用できるセキュリティソフトなども用意されています。

OCN for ドコモ光ともサービス内容が似ているので、料金的にはぷららの方が安く使えることが多いでしょう。

ぷららについて詳しくはこちら

OCN for ドコモ光を申し込む方法

OCN for ドコモ光の申し込みから開通まではだいたい1~2ヶ月です。フレッツ光や他社光コラボからの転用や事業者変更の場合は2週間くらいで切り替わります。
▼申し込みまでの流れ
1.プロバイダサイトで申込み
2.工事の予約
3.開通工事
4.v6プラスの手続き
5.キャッシュバックの受け取り

プロバイダの公式サイトから手続き

ドコモスマホユーザーはOCN for ドコモ光のプロバイダサイトからドコモ光を申し込みましょう。お申し込みフォームで連絡希望日時を入力後、折り返しかかってくる電話で契約完了となります。

OCN for ドコモ光はドコモショップや家電量販店、ドコモ光の公式ホームページからも申し込みができますが、20,000円のキャッシュバックが受けとれなくなっていまうので注意してください。

承諾番号の取得

現在フレッツ光や光コラボを利用している場合、契約手続きの前に以下の窓口にて「承諾番号」を取得しておく必要があります。
●現在フレッツ光を利用している方(転用)
NTT東日本:0120-140-202
NTT西日本:0120-553-104
●光コラボを利用している方(事業者変更)
各回線へ問い合わせが必要

開通工事の予約

申し込みが完了したら、後日に工事日の日程を決めるための電話がかかってきます。また、Wi-Fiルーターのレンタル案内も届きますので、開通工事までに届くように早めに手続きを済ませておきましょう。

その他のにも会員IDやパスワードも送られてくるので、失くさないように保管しておいてください。

開通工事

ドコモ光を利用するために30分~1時間ていどの立ち合いの工事を行います。工事が終わり、Wi-Fiルーターの接続が完了すればOCN for ドコモ光が利用できます。

転用は事業者変更の場合は工事が不要で、指定した切り替え日になると契約中の光回線からOCN for ドコモ光へ切り替わります。

また開通したらホームページからv6プラスの申し込み手続きをしておきましょう。1~2週間後になるとv6プラスが利用できるようになっています。

ドコモ光の工事ついて詳しくはこちら

キャッシュバックの受け取り

開通から6ヶ月後になると、OCNforドコモ光からキャッシュバックの受け取り案内のメールが届きます。返信すると指定した口座にキャッシュバックが振り込まれる形になっています。

メールが届いてから45日以内に返信しないと、キャッシュバックの受け取りができなくなるので注意してください。

OCNforドコモ光の申し込みはこちら

まとめ

OCNforドコモ光はキャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタル、v6プラスなど、他社よりもサービスが充実しているプロバイダです。

しかし、月額料金が高くなってしまうのが注意点です。OCNforドコモ光よりも安くて、同じくらいのサービスが揃っているプロバイダもあるので、検討してみてください。

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM