ドコモでんきの評判は?利用者の口コミからわかるメリットとデメリット!

ドコモでんきの評判は?メリットやデメリットは何?と気になっていませんか。

ドコモでんきはdポイントの還元率が高く、解約金も無料。そのため、dカードGOLD会員やドコモユーザーの方から評判の高い新電力です。

しかし、利用者の口コミを確認すると料金が安くならないなどデメリットの声も多数…。

そのためこの記事では、利用者の口コミを用いてドコモでんきのメリットとデメリットをまとめました。

▼メリット
・dポイントが毎月還元される
・解約違約金が無料

▼デメリット
・電気料金は安くならない
・ガスのセット割は設けていない

最後まで読むことで、本当にドコモでんきを申し込むべきか知ることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

【総合評価】ドコモでんきはこんな人におすすめ

ドコモでんきは、NTTドコモが提供する全国エリア対応の新電力です。

ドコモでんき最大のメリットは、dポイントが毎月還元されるということ。そのため、以下のような人におすすめと言えるでしょう。
▼ドコモでんきがおすすめの人
・dカードGOLD会員
・ドコモスマホユーザー
ドコモでんきは、dカードGOLD会員であれば最大10%のdポイント還元を受けることが可能。それ以外のドコモスマホユーザーでも最大3%のポイント還元を受けることができるので、かなりお得な新電力なんです。

それでは実際の利用者の評判はどうでしょうか?以下では実際の利用者の評判を元にドコモでんきの総合評価をまとめました。
ドコモでんき 評価
ポイント還元★★★★★
電気料金★☆☆☆☆
解約金★★★★★
セット割☆☆☆☆☆
総合評価★★★☆☆
利用者の評判をチェックした所、ドコモでんきは電気料金が安くならないといったデメリットがあるものの、dポイントの還元率が高く、総合評価が比較的高い新電力ということがわかりました。

ここからは、利用者の評判を元にドコモでんきのメリットとデメリットについてより詳しく解説していきます。

ドコモでんきの評判からわかったメリット

利用者の評判を調査した所、ドコモでんきには以下2つのメリットがあるということがわかりました。

・dポイントが毎月還元される
・解約違約金が無料

それぞれ詳しく見ていきましょう。

dポイントが毎月還元される

ドコモでんきの評判をチェックする中でわかった最大のメリットは、電気の利用料金に合わせてdポイントが毎月還元されるということ。
★dポイントとは
1pt=1円で使えるポイントのこと。全国のコンビニやファーストフード店、ドコモスマホの料金にも利用できる。
ドコモでんきには「ドコモでんきグリーン」と「ドコモでんきベーシック」2つのプランがあり、選択するプランや条件によってdポイントの還元率が異なります。(以下参照)
  ドコモでんき
グリーン
ドコモでんき
ベーシック
ドコモ
ユーザー
dカード
GOLD
会員
10%3%
dカード
GOLD
非会員
5%
ドコモスマホを
持っていない
3%2%
一番お得にdポイントを貯めたい場合、利用状況に応じてそれぞれ以下のプランを選ぶようにしましょう。

●ドコモユーザーでdカードGOLD会員、電気代が月1万円以上
⇒ドコモでんきグリーン
●ドコモユーザー、電気代が月1万円以下 
⇒ドコモでんきベーシック

以降で詳しく解説していきます。

ドコモでんきグリーンは最大10%還元

まずドコモユーザーでdカードGOLDの会員の方は、ドコモでんきグリーンに加入することで、毎月最大10%のdポイント還元が可能。

実際にどの程度ポイントが貯まるのか、以下の表では電気料金ごとに還元されるポイント数をまとめました。

【電気料金ごとの還元ポイント】
 電気代
3,000円
電気代
6,000円
電気代
10,000円
電気代
15,000円
ひと月に
還元される
dポイント
300pt600pt1000pt1,500pt
上記のようにdカード会員でドコモでんきグリーンに加入すると、かなり高額のdポイントを貯めることができるということがおわかりいただけたと思います。

特に電気代が1万円以上の家庭は、年間で万単位のポイントを貯めることができるので、かなりお得といえるでしょう。

この後、実際に電気消費量の多い家庭のドコモでんきグリーンに関する口コミを紹介するので、見ていきましょう。
電気代1万円以上の家庭は大満足◎
dポイントがたくさん貯まると評判のドコモでんきグリーンですが、電気代が1万円以上の家庭には特におすすめ。

実際の口コミを調べても、電気消費量の多い家庭では、ドコモでんきグリーンのdポイント還元に期待を寄せている声も多く見受けられました。
上記の口コミのように、ペットを飼っていてエアコンをつけっぱなしの家庭や在宅ワークで1日中電気を使う人など、消費量が多い家庭であればあるほど、より高額なポイント還元が期待できますね。

ただドコモでんきグリーンは、すべての家庭でお得にdポイントが貯められるのかと言われるとそうではありません。

一人暮らしなどあまり電気を使わない家庭の人が加入するのはあまりおすすめできないんです。続いてその理由を解説していきます。
一人暮らしの場合損してしまうことも…
一人暮らしでドコモでんきグリーンに加入する場合、いくらdポイントが貯まったとしても、損してしまう可能性があるので注意しましょう。

というのも、ドコモでんきグリーンではプランの料金として、月々の電気代+500円の料金が請求されてしまうから。一人暮らしなど電気代が安い家庭であれば、dポイントの還元が500円よりも少なくなってしまう可能性が高いんです。(後ほど料金の章で詳しく解説します。)

【例】電気代4,000円の家庭の場合
還元されるdポイント:400pt
電気料金の支払い:通常料金+500円
⇒100円分損してしまう!

Twitterの口コミでも、電気代がそこまで高くない人は、ドコモでんきグリーンに乗り換えるつもりがないという声も…。
ただ、一人暮らしの場合はドコモでんきに不向きなのかと言われるとそうではありません。電気代がそこまで高くない家庭の人は、もう一つのプラン「ドコモでんきベーシック」への加入がおすすめ!続いて紹介していきます。

ドコモでんきベーシックは最大3%還元

dカードGOLD会員ではないけれど、ドコモのスマホを使っているという人は、ドコモでんきベーシックに加入することで、毎月最大3%のdポイント還元を受けることが可能です。

具体的にどのくらいのポイント還元を受けることができるのか、以下の表にまとめたのでご覧ください。

【電気料金ごとの還元ポイント】
 電気代
3,000円
電気代
6,000円
電気代
10,000円
電気代
15,000円
ひと月に
還元される
dポイント
90pt180pt300pt450pt
表を確認すると、ドコモでんきグリーンほどではないものの、毎月確実にdポイントを貯められるということがわかります。

特に一人暮らしなどの場合、ドコモでんきグリーンだとプラン料金がかかって逆に損してしまうという注意点がありましたが、ドコモでんきベーシックはプラン料金が無料。

そのため還元率は低いですが、どんな家庭でも絶対に損することなくdポイントを貯めることができますよ。

実際にドコモでんきベーシックに満足している人の口コミも確認することができたので、掲載しておきますね。

解約違約金が無料

ドコモでんきの評判を調査する中で分かった2つ目のメリットは、解約違約金が無料ということ。以下の表をご覧ください。

【新電力ごとに発生する解約金】
サービス名解約違約金
ドコモ電気0円
ソフトバンクでんき5,000円
ENEOSでんき1,100円
Looopでんき
※現在受付停止
0円
シンエナジー
※現在受付停止
0円
あしたでんき
※現在受付停止
0円
エルピオでんき
※現在受付停止
0円
上記の表の通り、2022年5月現在申し込み可能な新電力は、数千円の解約違約金を設けている所がほとんど。
(現在は世界的なエネルギー価格の高騰により、解約金0円の新電力はほとんど受付を停止しています。)

それに対してドコモでんきは解約違約金が0円なので、もし解約することになったとしても、支払いのリスクが一切なく安心です。

実際に、ドコモでんきに乗り換えた人の口コミを確認すると、解約金がかからないので試しにドコモでんきに変更したという声も見受けられました。

ドコモでんきの評判からわかったデメリット

ここまでドコモでんきのメリットについて紹介してきましたが、サービス内容にはデメリットがあるのも事実…。

ここからは皆さんが後悔しないよう、ドコモでんきのデメリットについても詳しく解説していきます。

・電気代は安くならない
・ガスのセット割は設けていない

それでは見ていきましょう。

電気料金は安くならない

利用者の評判をチェックする中で、ドコモでんきには電気料金が一切安くならないというデメリットも見つかりました。以下の表をご覧ください。

【プランごとの料金表】
 ドコモでんき
グリーン
ドコモでんき
ベーシック
基本料金地域電力会社
+500円
地域電力会社
と同じ
電気使用量地域電力会社
と同じ
地域電力会社
と同じ
上記表の通り、ドコモでんきベーシックは地域の電力会社と全く同じ料金設定。またドコモでんきグリーンにおいては、地域の電力会社で発生する電気代+500円を支払う必要があるんです。

そのためドコモでんきは、単純に電気料金を安くするために新電力を探しているという人にとっては、あまりおすすめのサービスとは言えないかもしれません。

ただ先ほどの章でも紹介した通り、ドコモでんきは料金が安くならない代わりにdポイントの還元が高額。そのため、一切損してしまうわけではないということを覚えておきましょう。

他の新電力より高くなってしまうことも

ドコモでんきは、電気料金が全く安くならないサービスなので、他の新電力と比較すると電気代が高額になってしまいます。以下の表をご覧ください。
 1人世帯
30A
100kWh
2人世帯
40A
200kWh
3人世帯
40A
350kWh
4人世帯
40A
450kWh
5人以上
50A
550kWh
ドコモでんき
ベーシック
¥2,846¥5,648¥9,824¥12,881¥16,224
東京ガス¥2,836¥5,540¥9,437¥12,173¥15,195
ENEOSでんき¥2,846¥5,492¥9,257¥11,879¥14,787
ソフトバンクでんき¥2,826¥5,602¥9,736¥12,762¥16,074
リミックスでんき¥2,703¥5,364¥9,331¥12,235¥15,411
CDエナジーダイレクト¥2,781¥5,482¥9,347¥11,985¥14,891
Looopでんき
※現在受付停止
¥2,640¥5,280¥9,240¥11,880¥14,520
シンエナジー
※現在受付停止
¥2,735¥5,367¥9,230¥12,257¥15,028
※東京エリアの電気料金を算出

上記の表を確認すると、ドコモでんきは他のどの新電力と比較しても、電気料金が高くなってしまうことがおわかりいただけるでしょう。

特に電気使用量が多いファミリー層の場合は、他の新電力よりも月2,000円近く電気代が高くなってしまうことも・・・。

その分dポイントが貯まるというメリットはありますが、料金重視だという人は注意してくださいね。

オール電化住宅の場合も高くなるので注意

また現在オール電化住宅に住んでいるという場合も、ドコモでんきにすると料金が高くなってしまうので注意しましょう。

というのも、そもそもドコモでんきでは、オール電化専用のプランを設けておらず、夜の電気料金が特別安いというわけではありません。

そのため、オール電化の家で元々契約されている地域電力のオール電化プランの方が、圧倒的に電気料金が安くなるというわけです。

それでは、もし地域電力のオール電化プランからドコモでんきに変更してしまうと、どのくらい料金が高くなってしまうのでしょうか?以下の具体例をご覧ください。

【例】4人家族でオール電化住宅に住んでいる場合(500kWh利用)

●東京電力のオール電化プラン:月16,066円の請求
●ドコモでんき:月18,073円の請求

上記例の場合だと、ドコモでんきに乗り換えることで、月々2,000円程度電気料金が上がってしまうという結果になりました。

もしオール電化の方でドコモでんきに変えようと考えている人は、このように電気料金が上がってしまう可能性が高いので十分注意してくださいね。

ガスのセット割は設けていない

またドコモでんきでは、電気とガスをセットにすることで適用される『ガスのセット割』などの特典は設けられていません。

以下の例のように、ガスのセット割によって、電気とガスの料金を安くできる事業者も多数存在するので、公共料金をダブルでお得にしたいという人の場合、ドコモでんきは不向きと言えるでしょう。

【例】電気とガスのセット割を設けているおすすめの事業者
・CDエナジーダイレクト…電気とガスをセットにするだけで各料金が0.5円引き
・東京ガス…3ヶ月電気料金が無料&電気料金が-0.5円引き

ドコモでんきの最新キャンペーン

2022年5月現在、ドコモでんきでは以下のキャンペーン特典を実施しています。
▼ドコモでんきの最新キャンペーン
内容:dポイント1,800ptプレゼント
対象期間:5月1日~5月31日まで
対象期間の2022年5月31日までに申し込めば、高額のdポイントをゲットすることができますよ。

ドコモでんきグリーンとドコモでんきベーシックどちらのプランを申し込んでも適用される特典なので、早めに申し込むようにしてくださいね。

dポイント付与までの流れ

ドコモでんきでdポイント特典を受け取る流れは、以下になります。

1.ドコモでんきに申し込む
2.ドコモでんき利用開始
3.2ヶ月後の月末にdポイント1,800ptが付与される

例えば、2022年5月10日にドコモでんきを利用開始した場合、2022年7月末にポイントが付与されるので、確認しておいてくださいね。

ドコモでんき申し込みから利用開始までの流れ

ドコモでんきは、【WEB・電話・ドコモショップ】からの申し込みが可能です。以降では、ドコモでんきを公式サイトから申し込む場合の流れを見ていきましょう。

1.検針票で「供給地点特定番号」と「お客さま番号情報」を確認する
2.申し込みフォームで「契約者情報」と「支払い方法」を記入し申し込む

上記の流れで、申し込みが完了すれば、大体1ヶ月程度で切り替えが完了します。

現在利用中の電力会社への解約などは、ドコモでんきが代行してくれるので、安心してくださいね。

ドコモでんきに関するその他の疑問

提供エリアは?

ドコモでんきは、沖縄と各離島以外は全国エリア対応になります。

以下の表にドコモでんきの対象外のエリアをまとめておくので、参考にしてくださいね。
 対象外のエリア
北海道電力エリア礼文島、利尻島、天売島、焼尻島、奥尻島
東北電力エリア飛島、佐渡島、粟島
東京電力エリア大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、
御蔵島、八丈島、青ヶ島、父島、母島
北陸電力エリア舳倉島
中国電力エリア島後、中ノ島、西ノ島、知夫里、見島
九州電力エリア小呂島、対馬島、海栗島、泊島、赤島、島山島、沖ノ島、壱岐島
若宮島、原島、長島、大島、上甑島、中甑島、下甑島、竹島、硫黄島
黒島、種子島、屋久島、口永良部島、口之島、中之島、諏訪之瀬島
平島、悪石島、小宝島、宝島、奄美大島、喜界島、加計呂麻島
与路島、請島、徳之島、沖永良部島、与論島
沖縄電力エリア
全域で利用不可

支払い方法は?

ドコモでんきの支払い方法は、ドコモスマホユーザーとそうでない場合で異なります。以下を参考に確認しておきましょう。
▼ドコモでんき 支払い方法
・ドコモスマホユーザー⇒スマホの料金と同時に支払われる
・それ以外の人⇒クレジット決済

引っ越しする場合はどうすればいい?

ドコモでんきを利用中に引っ越す場合は、移転の11日前までに「ドコモでんきセンター」に電話して手続きを完了させてください。
▼ドコモでんきセンター
ドコモスマホから:#9795
一般の電話から:0120-048-360
手続き完了後、SMSで利用開始の連絡があるので、手続き内容に問題がないか確認しておきましょう。

また引っ越し当日は、自宅のブレーカーを下げてから退去するようにしてくださいね。

まとめ

ドコモでんきは、dポイントが最大10%還元されるため、dカードGOLD会員やドコモスマホユーザーにおすすめの新電力です。

しかし、dポイントが貯まる分電気料金は一切安くならないといったデメリットもあるため、料金重視で新電力を選びたいという人は十分注意しましょう。

ドコモでんきへの変更を考えている人は、さらにdポイントが2,000ptもらえる『ドコモ光』の導入もおすすめですよ。
\ドコモでんきに変更するなら…/
ネット回線はドコモ光がおすすめ
選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら通常19,800円の工事費が無料
★無条件で2万円キャッシュバック!
★dポイントも2,000pt貯まる!
★または他社解約金2万円還元!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族のスマホも毎月1,100円割引!
★開通までモバイルWi-Fi無料で使える

【2022年5月】オプションなしで2万円キャッシュバックはこのページだけ!

\顧客満足度NO.1♪GMOとくとくBB/ ドコモ光申し込み
株式会社ブレイブ

TOPへ戻る