ドコモ光の@niftyはおすすめ?5つのメリットと注意点からわかったリアルな評判

ドコモ光の@nifty
ドコモ光のプロバイダ@niftyはお得?ドコモ光×@niftyはどんなサービス内容なの?など、ドコモ光のプロバイダを@niftyにしたいけれど、本当に申し込みをしていいのか迷っていませんか?

ドコモ光の@niftyは、月額料金が安いだけでなく、Wi-Fiルーターの無料レンタルや最大20,000円のキャッシュバックなど特典内容も豊富で、他社プロバイダよりも比較的サービスが充実している人気のプロバイダです。

この記事では他社プロバイダの料金や速度と比較して、ドコモ光で@niftyを選ぶべきかどうかを解説していきます。

ドコモ光で@niftyを検討している方は是非最後までご覧ください。

ドコモ光の@niftyとは

ドコモ光ニフティ

@nifty(アットニフティ)は老舗のプロバイダサービスで、ドコモ光などの光回線だけでなく格安SIMやWiMAXなどのサービスを提供してます。

関東圏に店舗が多い大手家電量販店ノジマのグループ会社なので、@niftyを契約すればノジマの家電が8%安くなるユニークな特典が適用されるなど独自のサービスを展開するプロバイダです。

@niftyからドコモ光を契約すると、WiFiルーターが無料レンタルできたり、20,000円のキャッシュバックがもらえるので人気も高く多くの人に選ばれています。

ドコモ光で@niftyを選ぶ5つのメリット

ドコモ光のプロバイダとして多くの方に選ばれている『@nifty』は、契約するメリットが多くあります。

1つずつ詳しく解説するので、しっかり理解した上で申し込みを検討しましょう。
▼ドコモ光×@niftyのメリット5つ 1.月額料金が安いタイプAのプロバイダ 2.最大20,000円のキャッシュバックが貰える 3.v6プラスに対応しているから速度が安定 4.WiFiルーターを無料でレンタルできる 5.パソコンの設定サポートが無料

1.月額料金が安い

ドコモ光は選ぶプロバイダにより、月額料金が異なります。

ドコモ光で選べるプロバイダは全部で24社となっており、それぞれ「タイプA」と「タイプB」に分けられていますが、@niftyは月額料金が安いタイプAのプロバイダです。
 プロバイダ例戸建てマンション
タイプA@nifty
ぷらら
GMOとくとくBB
5,720円4,400円
タイプBOCN
アサヒネット
@TCOM
5,940円4,620円
タイプAとタイプBの月額料金の差は200円程度ですが、ドコモ光の契約期間である2年間で換算するとその差額は5,280円にもなるので、タイプAのプロバイダを選べばほぼ1ヶ月分の月額料金分が節約できると思ってよいでしょう。

また、料金が高いプロバイダを選んだからと言って、光回線の品質(最大速度や通信の安定性)が変わるわけではありません。

タイプAの@niftyは、お得な料金でドコモ光を利用することができるプロバイダなので、月額料金を安くしたい方は検討してみましょう。

2.最大20,000円キャッシュバック

ドコモ光×@niftyは、プロバイダの中でも最高額のキャッシュバック20,000円がもらえます。
プロバイダキャッシュバック金額オプション加入時
@nifty18,000円20,000円
GMOとくとくBB20,000円-
ぷらら15,000円-
OCN15,000円-
DTI10,000円15,000円
さらにスゴいのが、一般的に他社から乗り換え(事業者変更・転用)の場合だとキャッシュバックが減らされてしまうものなのですが、@niftyは新規登録でも他社からの乗り換えでもキャッシュバック額が変わりません。

また最高額20,000円をゲットするためには映像サービス(スカパー!またはひかりTV for docomo)への加入が必要ですが、オプションに加入しなくても18,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックを重視してドコモ光のプロバイダを選んでいる方にはおすすめの一社となっています。

3.『v6プラス』対応で速度が速い

@niftyは、次世代通信規格『v6プラス』に対応しているプロバイダです。

v6プラスとは、回線が混雑した際に自動的に通信方式を変える仕組みで、利用することにより速度の低下が起こりづらいというメリットがあります。

v6プラス

ドコモ光もv6プラスに対応している光回線ですが、v6プラスを利用するにはプロバイダもv6プラスに対応した一社を選ばなければいけません。

@niftyは、v6プラスに対応している上に、追加利用料金も発生せず、Wi-Fiルーターのレンタルも無料で行っているので、お得に快適なインターネット環境をゲットすることができるでしょう。

できるだけ安くv6プラスを利用したい方におすすめのプロバイダとなっています。

4.Wi-Fiルーターを無料レンタルできる

@niftyでは、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるので、自分で購入する必要がありません。

ちなみにレンタルWi-Fiルーター(WRC-1167GST2H)を自分で買うとなると5,000円~10,000円はかかりますし、通常のレンタル価格は月額550円の有料サービスなので間違いなくお得です。

ドコモ光のプロバイダでは24社中10社でWi-Fiルーターを無料レンタルすることができますが、どのプロバイダを選んでも性能はそれほど変わりません。

Wi-Fiルーターの速度は最大867メガと十分速いので、初期費用を安くおさえたい方には@niftyがおすすめです。

5.パソコン設定のサポートが初回無料

@niftyでは、パソコンに詳しくない方のために、インターネットの設定をしてくれる無料のサービスが用意されています。

光回線の開通工事のあと、使用するデバイス(PCやスマホ等)の設定方法が分からない方や、接続できるかどうか不安な方は利用してみましょう。

@niftyを選ぶことで安心してドコモ光を始めることができるので、パソコンなどのデジタル機器に詳しくない人には特におすすめです。

遠隔操作で設定してくれる「リモートサポート」

電話や遠隔操作でパソコンやスマホのトラブルを解決してくれるサービス(月額550円)が1回だけ無料でつかえます。

ただし利用時間が10分を過ぎると追加料金が発生してしまうので使いどころが難しく、ネット回線の設定をして欲しい人には向いていません。

無料でネット環境の設定をしてほしい方は、次に紹介する『訪問サービス』がおすすめです。

パソコンを設定を代行してくれる「訪問サービス」

パソコンに詳しい専門スタッフが、ネット接続や機器の設定を代わりにやってくれる「訪問サービス」が1回だけ無料で使えます。

専門スタッフが設定してくれるのはパソコン・スマホやプリンターだけではなく、セキュリティソフトのインストールなどインターネットに関することなら基本的にはなんでも依頼してOKです。

通常であれば最低でも6,600円かかってしまう有料のサービスが無料で利用できるので、ドコモ光×@niftyをおすすめする大きなメリットの一つと言えるでしょう。

ドコモ光で@niftyを契約する前に知るべき注意点

ドコモ光のプロバイダを@niftyに決める前に知っておくべき注意点を紹介します。

ドコモ光の利用満足度に関わることなのでしっかりと確認しておきましょう。

ドコモ光×@niftyはv6プラスでも遅い評判が多い

ドコモ光のプロバイダ「@nifty」はv6プラスに対応しているので、未対応のプロバイダが利用している旧通信規格よりも通信速度の低下は起こりづらいと言われています。

また他のv6プラス接続をしているプロバイダ同士をくらべても通信速度に大きな差がでることはほとんどないと言って良いでしょう。

しかし、ネット上ではドコモ光×@niftyの通信速度は遅いという不満の声が目立ちました。
どちらの方も通信速度が遅いという意見ですが、速度に関する満足度には個人差があるので、一概に口コミから満足度を図ることは出来ません。

ちなみに30Mbpsくらい出ていれば、ネット検索や動画であればスムーズに利用することができますし、口コミに記載の400Mbpsはかなり速いスピードで、オンラインゲームなどもサクサク楽しめるレベルです。

速度が5Mbpsを下回った場合は、ネット検索や動画を視聴する時にストレスを感じる方も増えてくるでしょう。検索してページが表示されるのが遅かったり、動画を観ると止まったりする可能性が高いです。

ネット上の声では@niftyの通信速度は遅いという意見が目立ちますが、利用環境や用途によっても通信速度は変わります。

他のv6プラス接続を採用しているプロバイダでも遅いという意見は必ずでます。

@niftyだけが遅いということはないので、全ての評判を鵜呑みにはせず、あくまでも参考程度に考えましょう。

ドコモ光×@niftyの通信速度が遅くなる原因

ドコモ光のプロバイダで@niftyを使っている場合に通信速度が遅くなるのは、回線やプロバイダだけが原因とは限りません。

建物や使っている利用時帯などによって通信速度が遅くなることがあるんです。
▼通信速度が遅くなる原因 ・マンションタイプは通信速度が遅くなりやすい ・マンションがVDSL配線だと速度は遅くなる ・夜にネットを使うと通信速度が遅くなる ・通信障害が発生している

キャッシュバックの受け取り期間が長い

ドコモ光×@niftyは最大20,000円のキャッシュバックがもらえますが、受け取りまでの期間が1年と長く、もらい忘れてしまう可能性が高いので注意が必要です。

参考までにドコモ光のプロバイダのキャッシュバックの受け取り期間の比較データを用意しましたので、キャッシュバック目的でプロバイダを選びをしている方は参考にしてみてください。
プロバイダ受け取りまでの期間
GMOとくとくBB4ヶ月後
ぷらら4ヶ月後
DTI6ヶ月後
@nifty12ヶ月後
キャッシュバックがもらえるプロバイダの中でも、@niftyは最長の受け取り期間ですが、キャッシュバックが同じ金額の『GMOとくとくBB』は4ヶ月で受け取れます。

ドコモ光で@niftyを申し込む方法

ドコモ光のプロバイダを@niftyにした場合の申し込み方法を紹介します。

WEBまたは電話による手続きが可能ですが、好きな時間にサクッと申し込みを完了したい方はWEBから申し込みましょう。

一方でしっかりとオペレーターの方と相談しながら確実に申し込み手続きを進めたいという方は電話からの手続きをおすすめします。

WEBから申し込む場合

ウェブ手続き流れ

※引用:@nifty公式サイト
@niftyの公式ページから手続きを進めましょう。以下の項目を入力しWEB手続きが完了すると、0120-997-626から確認の折り返し電話がかかってきます。

・契約者氏名
・電話番号
・開通希望住所
・折り返し電話の希望日時(第三希望まで入力可)

折り返し電話を以って契約手続きは完了となりますので、必ず対応するようにしてください。

開通工事の希望日を予約し、工事が完了すればドコモ光開通となります。

電話で申し込む場合

オペレーターの方としっかりと確実に申し込み手続きを進めたいという方は、以下の窓口から申し込むことができます。
電話番号:0120-990-501 受付時間:平日10:00-20:00/土日祝9:00-20:00(12/29~1/3は除く)
電話で申し込む場合は、必ず 「キャッシュバック特典を見た」とオペレーターの方に伝えましょう。

オペレーターの方からの質問に答えていけば、申し込み手続きは完了します。

キャッシュバックの受け取り方法

キャッシュバック受け取りまでの流れは以下となります。
1.振込予定月前月にキャッシュバック受取に関するメールが届く ⇒案内メールに従い口座を登録する 2.開通月を含む12カ月目に指定口座にキャッシュバックが振り込まれる
口座情報に不備がある場合は、キャッシュバックが振り込まれません。

口座を登録する際はしっかりと確認してください。

また、案内メールの送付が開通から11ヶ月後なので、忘れてしまう方も多くいます。

スマホのリマインド機能を使ったり、カレンダーに記録しておくなどし、貰い忘れを防ぎましょう。

まとめ

ドコモ光×@niftyは月額料金も安く、IPv6通信も利用できることから総合的におすすめのプロバイダです。

加えて無条件で18,000円のキャッシュバックをゲットできる上に、Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるのでお得にドコモ光を利用することができますよ。

申し込みは、@niftyの公式ページから手続きを進めましょう。

\2021年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら通常18,000円の工事費が無料
★無条件で20,000円キャッシュバック!
★または他社解約金20,000円還元!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のドコモスマホ代毎月1,000円割引!
★開通までモバイルWi-Fiが無料で使える!

オプションなしで20,000円キャッシュバックはこのページ限定!工事費無料の今がベストタイミング!
▼20,000円キャッシュバックはこちら▼ドコモ光申し込み

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る