ドコモ光電話のメリットは?申し込み方法や注意点のまとめ

ドコモ光電話は固定電話と何が違うの?と思う方が多いでのではないでしょうか。

ドコモ光電話はドコモ光の光回線を使って電話を利用するサービスで、NTTの固定電話よりも料金や通話料が安くなるのが特徴です。

ただし、電話番号が引き継げないケースがある、回線線が不調だと電話が繋がらないといった注意点もあります。

この記事ではドコモ光電話を検討している人に向けて、メリットや申し込み方法、注意点などを紹介していきます。

ドコモ光電話のメリット

ドコモ光電話とは家に引いてある電話線ではなく、「ドコモ光」という光回線を利用して電話ができるサービスです。

ドコモ光と固定電話サービス同時に契約することで、電話線を利用したNTTの固定電話よりも安く使うことができるようになります。

さらに電話番号の変更や新しく機器を準備する必要もないため、簡単にドコモ光電話へ切り替えができるのもメリットとなってまいます。

月額料金・通話料が安い

ドコモ光電話はNTTの固定電話よりも安く電話代を利用できることが1番のメリットとなっています。

 固定電話ドコモ光電話
月額料金1,700円500円
通話料・一般電話宛て:8円~80円(3分)
・携帯電話宛て:20円~40円(1分)
・一般電話宛て:8円(3分)
・携帯電話宛て:16円(1分)
※光電話は基本プランの料金

ドコモ光電話だと月額料金を1,000円以上安くすることができるので、ドコモ光を契約するのであれば電話も切り替えをした方がお得になります。

さらに通話料も固定電話、契約電話に関わらずどちらも安くなるので、たくさん電話を掛ける人にはおすすめです。

オプションも多い

ドコモ光電話にはいくつかオプションがあり、それぞれ有料で申込みをすることができます。

 サービス内容月額料金
通話着信通話中に電話に出れる300円
転送電話電話を転送できる500円
発信者電話番号電話番号が表示される400円
ナンバー・リクエスト非通知の相手に番号通知の依頼を出せる200円
迷惑電話ストップサービス
迷惑電話サービス200円
着信お知らせメール着信があったことを知らせてくれる100円
ダブルチャンネル1契約での2回線分の同時通話200円
追加番号1契約で複数の電話番号が利用できる100円
バリュープランであれば6つのオプションがセットになって月額1,500円で利用できるので、オプションをたくさん使いたい人は契約してみましょう。

▼バリュープランで使えるオプション 発信者番号表示 ナンバー・リクエスト 迷惑電話ストップサービス 転送でんわ 通話中着信 着信お知らせメール

またバリュープランの場合は通話料が毎月480円分だけ無料にすることができ、使いきれなかった場合は翌月に繰越をすることができるので、通話料が多くなる人にもおすすめなプランといえるでしょう。

例)今月380円分利用した場合
翌月は580円分が通話料無料になる

電話番号が引き継ぎできる

固定電話や他社回線の光電話を利用している人はドコモ光電話に切り替えをした場合でも、番号はそのままで電話を利用することができます。

もちろん電話機もそのまま使えるので新しく買い替えをする必要もありません。

転用・事業者変更なら電話番号の引継ぎが不要

すでに他社回線で光電話サービスを利用しており、転用や事業者変更によってドコモ光へ乗り換えする場合は電話番号の引継ぎ手続きが不要です。

電話番号の引継ぎで必要な費用も発生しないので、簡単にドコモ光の電話サービスへ切り替えることができます。

ドコモ光と同時契約で工事費・手数料が無料

ドコモ光電話を利用するためには工事費や手数料が必要です。

事務手数料電話番号の引き継ぎ派遣工事合計
2,000円11,000円
6,000円
9,000円
4,000円

ドコモ光とドコモ光電話を同時に申し込みをした場合は、事務手数料と工事費が無料です。結果的にドコモ光電話の初期費用は1,000円~3,000円ほどで済むことになります。

事務手数料電話番号の引継ぎ合計
不要3,000円
1,000円
ドコモ光を契約したあとに追加で光電話の申し込みををする場合は工事費や手数料が発生してしまいます。

そのためドコモ光電話を利用する人であれば、ドコモ光と同時に申し込みをして期費用を抑えることをおすすめします。

また、さきほど紹介したとおり転用や事業者変更で乗り換えをする場合は電話番号の引継ぎも不要なため、さらに安く光電話を利用することができるようになります。

ただし、ドコモ光の開通工事で発生する工事費は無料にならないので注意してください。

ドコモ光と請求書が一緒になる

ドコモ光電話とドコモ光はどちらもドコモが提供するサービスとなっており、ドコモから両方の利用料金が1本化された状態で請求されることになります。

通常であれば固定電話とネット代の請求が別々になっていることが基本なので、請求が1本化されれば月々の出費が管理しやすくなるので便利です。

ドコモ光電話の申し込み方法

ドコモ光電話の申し込み方法は2つのパターンに分かれています。

・ドコモ光と同時に申し込みをする場合
・ドコモ光を契約後に追加で光電話を申し込む場合

ドコモ光と同時に申し込む場合

ドコモショップや家電量販店、ネットなどでドコモ光を申し込みするときに、ドコモ光電話も同時に申し込みをすることができます。ドコモ光の工事が完了すれば、ドコモ光電話の利用も開始されます。

ドコモ光の開通は2週間~1ヶ月ていどかかるため、ドコモ光電話も使えるまでに同じくらいの時間がかかることを覚えておきましょう。

ドコモ光を契約中の場合

ドコモ光を契約している人で追加で電話も利用したい場合や、利用中の固定電話からドコモ光電話に切り替えたい場合は追加で申込みをしましょう。

このような場合はドコモショップ、またはドコモのインフォメーションセンターから、ドコモ光電話の契約をすることができます。

ドコモインフォメーションセンター ▼ドコモの携帯電話からの場合 (局番なし)151(無料) 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休) 一般電話などからはご利用できません。 ▼一般電話などからの場合 0120-800-000 携帯電話・PHS OK 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休) 一部のIP電話からは接続できない場合があります。

申し込みから工事までの流れ

1.ドコモ光電話の申し込み

ドコモ光電話を申し込むと、契約内容の確認・工事の判断・工事が必要なら工事日の調整という流れで話が進みます。

工事は立ち合う必要があるので、必ず在宅できる日を指定してください。

NTTの固定電話の番号をドコモ光電話に引き継ぎたい方は、番号ポータビリティの手続きも一緒に済ませておきましょう。

工事日の再調整がしたい方は、ドコモ光サービスセンター(0120-766-156)に相談すればいつでも変更が可能です。

2.工事の立ち合い

工事の作業時間はおよそ30分~1時間を目安にしておけば大丈夫です。設置工事を終えたあと、動作確認をして問題がなければ工事完了となります。

申し込み時に工事不要と判断された方は、後日送られてくる電話対応ルーターを設置するだけでドコモ光電話がつかえるようになります。

アナログ戻しについて

NTTの固定電話からドコモ光電話へ切り替えをする場合や、NURO光、auひかりの光電話を契約している人は電話番号を引き継ぐことができません。

その場合はアナログ戻しという作業をしてから番号の引継ぎをする必要があり、2,000円~11,000円ほどの費用が追加で必要です。

アナログ戻しはドコモ光電話を申し込む前に完了させておく必要があり、作業をしない場合は利用中の電話番号が消滅するため、忘れないようにしましょう。

アナログ戻しは下記へ連絡してください。
・問い合わせ先 NTT東日本:0120-116-000 NTT西日本:0800-2000116

ドコモ光電話の注意点

電話番号の引継ぎができない場合もある

市や県をまたいで引っ越しする場合は番号を引き継ぐことができません。

また、NTT以外で発行された番号の場合も引継ぎをすることができず、利用中の電話番号は消滅してしまいます。例えば他社の光電話から発行された電話番号は、ドコモ光電話へ乗り換えをした場合だと使うことができなくなります。

新しく電話番号を発行する場合、NTTで電話番号を発行してから光電話へ乗り換えると、引っ越しなどをしない限りは同じ番号を使い続けることが可能です。

電話番号の引継ぎができるかどうかについては、ドコモ光電話を申し込む時に確認することができます。

光電話専用のルーターが必要

ドコモ光電話を契約した場合は光電話専用のルーターを利用することになりますが、専用ルーターにはWi-Fi機能がついていません。

そのため光電話専用ルーターでWi-Fiを使うためには下記のように月額料金を支払う必要があります。

・Wi-Fi機能つき電話対応ルーター(東日本)300円 ・Wi-Fi機能つき電話対応ルーター(西日本)100円
しかし、光電話専用のルーターにWi-Fiルーターを接続すれば月額料金を支払うことなくWi-Fiを利用することができます。Wi-Fiルーターも「GMOとくとくBB」のようなプロバイダと契約すれば無料レンタルすることが可能です。

そのためドコモ光電話を利用する場合は、プロバイダから無料レンタルしたWi-Fiルーターを光電話のルーターに接続することによって、無料でWi-Fiを使うことができます。

電話が繋がらない場合がある

ドコモ光電話はドコモ光のネット回線を利用した電話なので、回線が不調だと電話が繋がらないことがあります。

通信障害が原因だと復旧まで待つしかありませんが、ドコモ光電話が繋がらないケースのほとんどは自分で解決することができます。

電話機やルーターをチェック

回線の調子が悪い時は、ルーターや電話機のコンセント抜き、30秒後に電源を入れなおすことで回線が復旧して電話が繋がることがあるようです。

また、電話機の受話器から「ツー」と音が聞こえない場合は、ケーブルの断線か接触不良が考えられるので、ケーブルの抜き差しを試してみてください。

ドコモのサービスセンターに相談する

不具合を確認しても状況が改善されない場合、電話機やルーターが壊れている可能性が考えられます。

ドコモでは機器の故障・修理の相談ができる窓口が用意されているので、自分で解決できない方はサポートに連絡すると問題が解決するかもしれません。

▼ドコモ113センター 一般:0120-800-000 ドコモ携帯:113 受付時間:24時間対応(年中無休)

電話が使えない期間がある

電話番号の引継ぎをするときに、アナログ戻しを行った場合は一時的に電話が利用できない期間が発生します。

アナログ戻しをしてからドコモ光電話の工事が完了し、番号の利用を再開するまでの間が使えない期間になっています。

ドコモ光電話の工事が完了する時期が遅いと1ヶ月程度電話が使えない場合もあるので、電話を切り替える場合は早めに申し込んだ方がいいでしょう。

ドコモ光電話の解約方法

解約の申し出は、ドコモショップの相談窓口とドコモインフォメーションセンターの電話窓口で受け付けています。

インターネットの回線を残して、ドコモ光電話のみ解約することもできます。

窓口に解約を申し出ると、着払い伝票つきの返却キットが自宅に送られてくるので、期日内にレンタル機器を返送して解約手続きが完了する流れになります。

ドコモ光を解約すると撤去工事が必要なケースがありますが、ドコモ光電話だけ解約する場合、撤去工事は遠隔でおこなわれため工事の立ち会いはありません。

固定電話をドコモ光電話に引き継いでる方は、もとの固定電話に戻す「アナログ戻し」の工事が必要なので、ドコモ解約前にNTTに連絡を入れ工事を終わらせておきましょう。

まとめ

ドコモ光電話は固定電話よりも安く使うことができるのが最大のメリットです。

電話番号も引継ぎができるので、家でネットも電話も利用したい人はドコモ光電話がおすすめです。

ドコモ光を契約したあとにドコモ光電話を申し込むと初期費用が高くなるので、ドコモ光と同時に手続きをしてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM