ドコモ光電話の全情報!料金、メリット、申し込み方法まとめ

ドコモ光電話は固定電話と何が違うの?と思う方が多いでのではないでしょうか。

ドコモ光電話はドコモ光の光回線を使って電話を利用するサービスで、固定電話よりも料金や通話料が安くなるのが特徴です。

他にも電話番号は変わらない、ナンバーディスプレイや転送機能などオプションが利用できるのもメリットになっています。

この記事ではドコモ光電話の基本情報だけではなく、工事費をかけずに申し込む方法や、繋がらない時の問い合わせ先も紹介していきます。

どんな人にも役立つ内容になっているので、最後まで読んで欲しいです。

ドコモ光電話の料金

ドコモ光電話とは家に引いてある電話線ではなく、「ドコモ光」という光回線を利用して電話ができるサービスです。

そのためドコモ光も同時に契約することが条件にはなりますが、電話線を利用した固定電話よりも安く使うことができるようになります。

もちろん電話番号の変更や新しく機器を準備する必要もないので、今まで通り電話を使い続けることができます。

ドコモ光電話には
・基本プラン
・バリュープラン
という2つのプランがあり、月額料金とサービス内容に違いがあります。
 基本プランバリュープラン
月額料金500円1,500円
通話料・一般電話宛て:8円(3分)
・携帯電話宛て:16円(1分)
オプションなしあり

基本プランは電話だけですが、バリュープランはオプションもセットになっているプランです。

バリュープラン

バリュープランで利用できるオプションはナンバーリクエストや転送電話など、全部で6つあります。

※他にも利用できるオプションがありますので、詳しいい内容は後程まとめて説明します。

バリュープランに申し込むメリットはオプションだけではありません。

・480円分の無料通話付
・翌月1か月に限り、通話料が繰り越しできる

電話をたくさん利用する人であればバリュープランを検討するのもアリです。ただし月額料金が高いので、電話だけできればいい人は基本プランで十分でしょう。

ドコモ光の電話オプションの料金

ドコモ光電話にはいくつかオプションがあり、それぞれ有料で申込みをすることができます。

 サービス内容月額料金
通話着信通話中に電話に出れる300円
転送電話電話を転送できる500円
発信者電話番号電話番号が表示される400円
ナンバー・リクエスト非通知の相手に番号通知の依頼を出せる200円
迷惑電話ストップサービス
迷惑電話サービス200円
着信お知らせメール着信があったことを知らせてくれる100円
ダブルチャンネル1契約での2回線分の同時通話200円
追加番号1契約で複数の電話番号が利用できる100円
バリュープランであれば6つのオプションがセットになって1,500円で利用できるので、オプションをたくさん使いたい人は契約してみましょう。

▼バリュープランで使えるオプション 発信者番号表示 ナンバー・リクエスト 迷惑電話ストップサービス 転送でんわ 通話中着信 着信お知らせメール

ドコモ光電話のメリット

月額料金・通話料が安い

固定電話を利用するよりもドコモ光電話だと月額料金、通話料を安くすることができるのが1番のメリットです。

 固定電話ドコモ光電話
月額料金1,700円500円
通話料・一般電話宛て:8円~80円(3分)
・携帯電話宛て:20円~40円(1分)
・一般電話宛て:8円(3分)
・携帯電話宛て:16円(1分)
※光電話は基本プランの料金

ドコモ光電話だと月額料金を1,000円以上安くすることができるので、ドコモ光を契約するのであれば電話も切り替えをした方がお得になります。

他社の光電話を利用している人がドコモ光電話に切り替える場合は月額料金や通話料などは変わりませんが、固定電話に戻すよりも確実に安く使い続けることができるでしょう。

電話番号が引き継ぎできる

固定電話や他社回線の光電話を利用している人はドコモ光電話に切り替えをした場合でも、番号はそのままで電話を利用することができます。

もちろん電話機もそのまま使えるので新しく買い替えをする必要もありません。

ただし050から始まる番号を利用している方や、市や県をまたいで引っ越しする場合は電話番号を引き継ぐことができない場合もあります。

番号の引き継ぎができないときは新しく番号を発番することもできるので、ドコモ光電話を申し込むときに引き継ができるかどうかを確認してみましょう。

ドコモ光と請求書が一緒になる

ドコモ光電話とドコモ光はどちらもドコモが提供するサービスとなっており、ドコモから両方の利用料金が1本化された状態で請求されることになります。

通常であれば固定電話とネット代の請求が別々になっていることが基本なので、請求が1本化されれば月々の出費が管理しやすくなるので便利です。

ドコモ光電話の初期費用

ドコモ光電話を利用するためには月額料金や通話料の他に、初期費用を支払う必要があります。

ドコモ光電話の初期費用 ・番号の引継ぎ費用(2,000円) ・契約事務手数料(2,000円) ・工事費(1,000円~5,000円)
ドコモ光と同時契約する場合とドコモ光を契約したあとに光電話を申し込む場合で、それそれ支払う費用が違います。

ドコモ光と同時に契約する場合

事務手数料電話番号の引継ぎ合計
不要3,000円
1,000円
ドコモ光と同時に申込みをする場合、電話番号を引き継ぎしない人は1,000円、番号を引き継ぐ人は3,000円が初期費用となってます。

通常であればドコモ光とドコモ光電話を同時に申込みするので、両方の工事費と事務手数料を支払う必要があります。

それだと初期費用が高額になるのでドコモ光電話の事務手数料は無料、工事費も減額されている形になっています。

ただし、ドコモ光の契約事務手数料3,000円とドコモ光の工事費(2,000円~18,000円)の費用が発生しますので、注意してください。

ドコモ光を契約中の場合

事務手数料電話番号の引き継ぎ派遣工事合計
2,000円11,000円
6,000円
9,000円
4,000円
ドコモ光をすでに申し込んでいる場合は事務手数料や工事費も発生するので、同時に契約する人よりも初期費用は高額です。

最終的に支払う金額は電話番号を引き継ぎするか、電話番号を引き継ぐかどうかによって費用が違います。

ドコモ光電話の派遣工事が必要かどうかについては現在のドコモ光の利用環境によるので、申し込みをする時に確認をしてください。

電話番号を引き継ぎための費用について

電話番号を引き継ぐ場合は基本的に2,000円の費用を支払う必要があります。

さらに、一部の光回線とセットで電話を利用している人はアナログ戻しという追加費用が発生する場合があるので注意が必要です。

また利用している光回線によっては、番号の引継ぎ費用が無料になる場合もあります。

無料で番号を引き継げる場合

・フレッツ光
・ソフトバンク光、So-net光などの光コラボ回線

上記のような光回線の電話サービスを利用している人は無料で電話番号を引き継ぐことができます。

通常であれば光回線と電話サービスを切り替える時には工事が必要になるのですが、先ほどの回線から乗り換える場合は工事がありません。

工事がなければ電話番号を引き継ぐ手続きも不要なので、結果的に引継ぎの費用が無料になります。

アナログ戻しが必要な場合

・NURO光、auひかりの光電話を契約している人

このような人は「アナログ戻し」という作業をしてから、番号の引継ぎをする必要があります。

アナログ戻しをするには2,000円~11,000円の費用で、ドコモ光電話を申し込む前に済ませておかなければいけません。

NTTへ連絡すればアナログ戻しの手続きができます。
・アナログ戻しとは 今まで光回線や他社の電話で利用していた電話番号を、そのまま同じ番号でアナログ回線(NTTの固定回線)に戻すことです。 ・問い合わせ先 NTT東日本:0120-116-000 NTT西日本:0800-2000116

ドコモ光電話の申し込み方法

ドコモ光電話は単体で契約できないので、ドコモ光と同時に申込みをする必要があります。

またすでにドコモ光を契約中の人であれば、ドコモ光電話だけの申込みをすることができます。

ドコモ光と同時に申し込む場合

ドコモ光と同時に申し込みが必要な人 ・すでに他社回線と電話の両方を契約している ・すでに他社回線を契約しているが、電話は初めて ・固定電話は持っているが、初めて光回線を契約する ・光回線も電話も初めて契約する
このような場合はドコモ光と同時にドコモ光電話を申し込むことができます。 ドコモショップや家電量販店、ネットなどでドコモ光を申し込みするときに、ドコモ光電話も利用するのかを聞かれるので、そのときに一緒に契約したいことを伝えましょう。 ドコモ光が開通すれば、ドコモ光電話も利用できるようになります。

ドコモ光を契約中の場合

ドコモ光を契約している人で追加で電話も利用したい場合や、利用中の固定電話からドコモ光電話に切り替えたい場合は追加で申込みをしましょう。

このような場合はドコモショップ、またはドコモのインフォメーションセンターから、ドコモ光電話の契約をすることができます。

ドコモインフォメーションセンター ▼ドコモの携帯電話からの場合 (局番なし)151(無料) 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休) 一般電話などからはご利用できません。 ▼一般電話などからの場合 0120-800-000 携帯電話・PHS OK 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休) 一部のIP電話からは接続できない場合があります。

ドコモ光電話に関する疑問

繋がらないときはサービスセンターへ連絡?

ドコモ光電話はドコモ光のネット回線を利用して電話をしているので、回線が不調だと電話が繋がらない場合もあります。

そのようなときはルーターの電源の入り切りやLANケーブルの抜き差しをすると、回線が復旧して電話が繋がることもあるようです。

ただし、それでも復旧しない場合もあるのでドコモのインフォメーションセンターへ相談してみましょう。

Wi-Fiルーターは必要?

ドコモ光電話を契約した場合は光電話専用のルーターを利用することになりますが、専用ルーターにはWi-Fi機能がついていません。

そのため自分でWi-Fiルーターを用意することになりますが、「GMOとくとくBB」や「ぷらら」といったプロバイダを契約している場合は無料レンタルができます。

自分でWi-Fiルーターを購入すると安くても5,000円以上かかるので、これからドコモ光電話を利用する人は無料レンタルできるプロバイダを選びましょう。

電話が使えない期間はあるの?

電話番号の引継ぎをするときに、アナログ戻しを行った場合は一時的に電話が利用できない期間が発生します。

アナログ戻しをしてからドコモ光電話の工事が完了し、番号の利用を再開するまでの間が使えない期間になっています。

ドコモ光電話の工事が完了する時期が遅いと1ヶ月程度電話が使えない場合もあるので、電話を切り替える場合は早めに申し込んだ方がいいでしょう。

まとめ

ドコモ光電話は固定電話よりも安く使うことができるのが最大のメリットです。

電話番号も引継ぎができるので、家でネットも電話も利用したい人はドコモ光電話がおすすめです。

ドコモ光を契約したあとにドコモ光電話を申し込むと初期費用が高くなるので、ドコモ光と同時に手続きをしてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る