新築で光回線を使うための全情報!入居日からネットを使うためには?

新築の戸建てを建てることになったけれど、光回線はどうしたらいいの?いつから手続きを始めればいいの?と思っていますよね。

新築で光回線を使うためには、引っ越しの2~3ヵ月前には希望の光回線に申し込んでおかないと、入居日してすぐにネットが使えないなんてこともありえます。

また新築で使う光回線に申し込むためには、『新築届』やNTTへの住所登録が必要になるので、この記事を読んで手順を頭に入れておきましょう。

この記事では最後におすすめの光回線も紹介しているので、新築での光回線について悩んでいる人はぜひ最後まで読んでみてください。

新築で光回線を使うにはいつ申し込めばいい?

新築で光回線を使うための具体的な手順を解説する前に、いつごろから手続きを始めればいいのか、そしてその理由についても解説します。

入居の2~3ヵ月前に申し込むのがベスト

新築で光回線を使うことが決まったら、最初に希望する光回線に申し込みましょう。申し込みは新築に入居する2~3ヵ月前がベストです。

2~3ヵ月前に申し込む理由は、まず光回線を使うためには開通工事というものが必要になるのですが、開通工事は予約制なので混み合っていれば1、2ヵ月先になってしまう可能性もあります。

そして新築で開通工事の予約を取るにはいくつか必要な手続きがあるので、手続きが完了したタイミングで希望日に開通工事の予約を取るためにも、なるべく早めに光回線に申し込んでおいた方がいいというわけです。

この時点で新築の住所が確定していないかもしれませんが、住所が確定していなくても仮の住所で申し込むことができます。

新築で光回線を使うための手順

実際に新築で光回線が使えるようになるまでの流れを順番に説明していきます。

①新築で使う光回線に申し込む

②新築届を提出する

③NTTに新築の住所を登録する

④開通工事日の調整をする

⑤開通工事が完了してネットが使えるようになる

①新築で使う光回線に申し込む

新築で光回線を使うには、最初に言ったようにまず希望する光回線に2~3ヵ月前に申し込みましょう。

手続き内容は新築で使う光回線によって違うので、「今と同じ光回線を利用する場合」と「今と違う光回線を利用する場合」に分けて説明します。

今と同じ光回線なら移転手続きをする

今使っている光回線と同じ光回線を新居でも使いたいという場合は、移転手続きをしましょう。

移転手続きは簡単で、基本的に契約中の光回線のホームページでウェブ申し込みをするか電話でできます。

以下に代表的な光回線の移転手続き先をまとめました。光回線の名前をクリックすれば該当するサイトに飛べるので、参考にしてください。
ただし、引っ越し先や光回線によっては一度解約しなければならないところもあります。

例えばフレッツ光を契約していて東日本エリアから西日本エリアへ、または西日本エリアから東日本エリアといったようにエリアをまたいで引っ越す場合、一度解約してから新規申し込みをしなければなりません。

光回線によって異なるので、契約中の光回線のホームページやカスタマーセンターで確認してみてください。
プロバイダの移転手続きも必要な場合もある
光回線はプロバイダとセットで契約するのが基本で、プロバイダは各自自由に選択できる(光回線によっては指定されている)のですが、プロバイダによっては引っ越しの手続きをしないと新居で使えない場合があります。

プロバイダの移転手続き方法はプロバイダによっても異なりますが、基本的にマイページで住所変更をするか電話で新新居の住所を伝えれば手続きできます。

以下に代表的なプロバイダのリンクをまとめたので参考にしてください。

今と違う光回線なら解約してから新規申し込みをする

今使っている光回線とは違う光回線を新居で使いたいという場合は、契約中の光回線を解約してから新たな光回線に新規申し込みをする必要があります。

ただ解約の際は、1万円前後の解約違約金がかかってしまう可能性があることや、工事費の未払い分が一括で請求されてしまうという注意点があるので気をつけましょう。

「新居で使う光回線がまだ具体的に決まっていない」という人は、この記事の最後におすすめな光回線とその申し込み窓口を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
プロバイダの解約も必要
契約中の光回線を解約する場合、併せてプロバイダも解約する必要があります。

プロバイダの解約を忘れてしまうと、いつまでもプロバイダの料金が請求され続けてしまうので注意しましょう。

解約ページについては、上の『プロバイダの移転手続きも必要な場合もある』で、いくつか代表的なプロバイダのリンクをまとめてあるので参考にしてください。

②新築届を提出する

光回線へ申し込んだら、新築届を提出しましょう。新築届とは建物の住所を決めるための届出のことで、新築の建物を建てた時に必ず提出が必要になる書類です。

基本的に新築工事が始まるタイミングで工務店やハウスメーカーが提出してくれますが、自分で提出することもできるため、工務店やハウスメーカーの手続きが滞っている場合や心配な場合は自分で提出しましょう。
※工務店・ハウスメーカーとは、家を建築する会社のこと

自分で提出する場合は、新築が建つ地域の市役所や区役所などの窓口、または郵送でも提出できることもあります。

③NTTに新築の住所を登録する

新築届の提出が完了して住所が確定したら、NTTへ住所登録の電話を入れましょう。

新築で使う光回線がNTTフレッツ光ではなく、ドコモ光やソネット光プラスなどの光コラボレーションだとしても、光回線の大元はNTTが管理しているためNTTへ住所登録の連絡をする必要があります。

住所登録には2~3週間ほど時間がかかってしまうので、新築届の進捗状況を伺いながらなるべく早めに住所登録の連絡を入れるようにしましょう。
▼NTT 問い合わせ窓口(東日本/西日本共通)
・電話番号:固定電話から⇒116/それ以外から⇒0120-116-000
・受付時間:午前9時~午後5時

④開通工事日の調整をする

NTTへの住所登録が完了したら実際に工事日を決めることができるようになるので、①の手順で申し込んだ光回線に電話をして、工事日の予約をしましょう。

光回線の開通工事は立ち合いが必要で完了するまでに約1時間ほどかかるので、都合の良いタイミングで予約してください。
電気が開通していないと光回線の開通工事ができない
開通工事を行うためには電気が開通していないといけないので注意しなければなりません。

理由は開通工事が完了した後に、NTTの作業員がWiFiを飛ばすための機器をコンセントに繋げて電源が入るかなどを確認するため、電気が開通していないと最終確認ができないからです。

電気の申し込みは基本的に電気工事店が代理で行っておいてくれるのですが、念のため開通工事当日までに電気が点くかどうかを確認しておくといいでしょう。

⑤開通工事が完了してネットが使えるようになる

開通工事が完了したら各自周辺機器の設置、ネットの接続、パソコンへメールアドレスの設定などを行う必要があります。

手順は契約した光回線からもらう資料に沿って行えばOKです。

接続や設定などが一通り終われば、無事光回線の開通が完了してネットが使えるようになります。これで新築で光回線を使うための手順は終わりです。

新築で光回線を使うメリット

新築で光回線を使うための手続きの流れは分かったと思うので、具体的な光回線を使うメリットを3つ紹介します。

パソコンやタブレットでもネットを利用できる

パソコンやタブレットを利用している人であれば、光回線の契約はかなり重要になってきます。

確かにスマホのテザリングを利用すればパソコンやタブレットを使うことはできますが、テザリングで使えるデータ通信量(=ギガ数、パケット)には上限があります。

映画や動画はデータ通信量をかなり消費してしまうので、よく観るような人は日々の利用には向いていなかったり、定期的に行われるパソコンのアップデートでも大量に消費してしまうのでやはり向いていません。

光回線であればデータ通信量の上限がないため、通信制限を気にせずにネットを利用することができます。

光テレビが契約できる

新築でテレビを見るためには、光回線を利用した光テレビか、アンテナを立ててアンテナテレビか、ケーブルテレビの3つから選ぶことができるのですが、光テレビがおすすめです。

理由としては、まず光テレビならアンテナテレビと違って大雨の日に映像が乱れたり、アンテナが故障して修理するまでテレビを見ることができなくなることがありません。

またケーブルテレビを契約していれば光回線がなくてもネットを利用できるのですが、ケーブルテレビのネット回線は光回線と比べて最大速度が半分以下なので、複数台でのネットの利用や動画の視聴などには向いていません。

初期費用などを含めた料金はアンテナテレビが1番安いのですが、光テレビであれば光回線とのセット割が適用されたりテレビのチャンネル数が多かったりするため、総じておすすめです。

光電話が契約できる

新築で固定電話を利用するには、光回線を利用した光電話か、従来から使われている電話線を利用した加入電話のどちらかを選ぶことが出来るのですが、おすすめは光電話です。

 固定電話光電話
月額料金1,700円500円
工事費36,000円 ▼光回線と同時申込みの場合
0円~3,000円程
▼光回線開通後の申し込みの場合
4,000円~11,000円程
この表を見て分かるように、加入電話は工事費も月額料金もかなり高いためおすすめできません。

一方光電話は、光回線と同時に申し込めば工事費は数千円で済みますし、光回線によっては同時に申込むことで光回線の開通工事費が実質無料になったりするため、加入電話より断然お得です。

また光電話は便利なオプションが豊富にあるため、加入電話より使い勝手がいいのも特徴です。

新築で電話の導入を検討している人は、光回線とセットで光電話も申し込むことをおすすめします。

新築の光回線は光コラボがおすすめ

新築で使う光回線をどれにしようか迷っている人は、スマホと同じキャリアの光回線に申し込むことでセット割が効いてスマホ代が安くなるため、自分のスマホのキャリアが提供している光回線にすることをおすすめします。

中にはとにかく速度が速い光回線がいいという人や、格安スマホを利用していて光回線とのセット割が利用できないという人もいると思うので、それぞれにおすすめな光回線も紹介します。

ドコモスマホならドコモ光がおすすめ

▼料金
・月額料金:5,200円
・工事費:2,000~18,000円⇒実質無料

 

▼割引
・ドコモ光セット割:最大-1,000円/月
・ファミリー割引:家族内の国内通話無料
・みんなドコモ割:最大-1,000円/月

ドコモ光は速度に定評があり、家族のスマホがドコモだった場合に効く割引も充実しているため、ドコモユーザーならドコモ光がおすすめです。

ドコモ光セット割とは、光回線とスマホをドコモで契約することで家族全員のスマホ代が月々1,000円引きになるというものなので、新築に家族4人で住むという場合、合計で月々4,000円も割り引かれます。

そしてドコモ光には光テレビと光電話のオプションもあるので、全てドコモで契約をまとめることができます。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光はプロバイダを24社の中から自由に選んで契約することができるのですが、その中でも『GMOとくとくBB』が1番おすすめです。

おすすめ理由は、高性能なWi-Fiルーターのレンタルが無料でできるから。

GMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターは、他のプロバイダでレンタルできるWi-Fiルーターと比較して最大速度が約2倍あるため、他のプロバイダで契約するより速度が出る可能性が高いです。

さらにGMOとくとくBBでは、公式のキャンペーンとは別に最大20,000円のキャッシュバックがもらえるので、かなりお得に申し込むことができますよ。

\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

auスマホ・格安スマホならソネット光プラスがおすすめ

▼料金
・月額料金:2年間→3,080円/3年目以降→5,580円
・工事費:24,000円⇒実質無料

 

▼割引
・auスマートバリュー:最大-2,000円/月

ソネット光は最初の2年間の月額料金がとにかく安いため、auスマホユーザーだけでなく格安スマホを利用していて光回線とのセット割が利用できないような人にもおすすめです。

特に家族がauスマホユーザーでソネット光電話を契約していればauスマートバリューという割引を受けることができ、契約中のスマホプランによっては最大で月々2,000円も割り引かれます。

さらに工事費は実質無料になりますし、高速Wi-Fiルーターのレンタルは永年無料なので、初期費用もかなり抑えることができます。

またソネット光プラスは光電話のみでなく光テレビのオプションもあるので、検討している人はぜひまとめて契約しましょう。

\2020年最安光回線/
ソネット光が選ばれています

ソネット光が選ばれる理由
・戸建て3,080円で業界最安!
・マンションもたった2,080円
・いつでも工事費無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引


公式サイトから申し込むだけで月額料金が大幅に安くなる光回線として多くの人に選ばれています。

\1番お得な申し込み窓口/

ソフトバンクスマホ・速度重視ならNURO光がおすすめ

▼料金
・月額料金:4,743円
・工事費:40,000円⇒実質無料

 

▼割引
・おうち割光セット:最大-2,000円/月

NURO光は独自の回線を利用していて最大速度は他の光回線と比べて約2倍もあるので、速度が速い光回線がいいという人におすすめです。

また工事費は実質無料でWi-Fiルーターのレンタルも無料なので、気軽に世界最速の光回線を契約することができます。

さらにソフトバンクスマホのユーザーであれば、「おうち割光セット」という割引で月々のスマホ代が最大2,000円も割り引かれるので、ソフトバンクユーザーにもおすすめです。

ただおうち割光セットが適用されるにはNURO光電話の契約が必須になります。

NURO光には光電話のみでなく光テレビのオプションもあるので、気になる人は下の公式サイトでチェックしてみてください。

\速くて安い光回線/
NURO光が選ばれています

●世界最速最大2ギガの通信速度!
●45,000円の高額キャッシュバック!
●月額料金ずっと激安4,743円!
●マンションなら月額1,900円~!
●Wi-Fiルーター無料レンタル!
●工事費実質無料

現在CMでも話題になっている業界最速のNURO光!料金面でも優れているので乗り換える人が増えています。
▼今なら45,000円プレゼント▼NURO光の申し込み窓口

まとめ

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

もう一度、新築で光回線を利用するために覚えておいてほしいことをまとめました。
・2~3ヵ月前には光回線に申し込む
・新築の住所を確定させるために、新築届の提出が必須
・NTTへ新築の住所登録が必須

光回線の開通工事は申し込みから1~2ヵ月後になってしまうこともあるため、入居してすぐにネットを利用するためになるべく早めに手続きをするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM