@nifty光の評判から見えたデメリットとメリット!全情報まとめ

@nifty光ってどんな光回線なんだろう?安いのかな?といった疑問を持っていますね?

@nifty光はWi-Fiルーターを無料でレンタルできることや、auスマホを持っている人は「auスマートバリュー」が利用できるというメリットがあります。auひかりよりも提供エリアが広いので、auひかりの提供エリア外で契約できない、という人にはおすすめです。

一方他社と比べてキャッシュバック額が少なかったり、速度に関しての評判が悪いと言ったデメリットがあります。

このように@nifty光は、一部の人にはおすすめできるけれど、デメリットも併せて考えると総じて微妙な光回線と言えます。

そこでこの記事では、@nifty光のデメリットやメリットを評判と共に詳しく解説しました。

また、その他の@nifty光に関する全情報もまとめたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

@nifty光とは

@nifty光は、家電量販店ノジマの子会社であるニフティ株式会社が運営する光コラボレーションです。光コラボレーションとは、今までならネットの利用に必要だった「フレッツ光の光回線」と「プロバイダ(選択可能)」が1つになったもので、契約先が1つにまとまります。

@nifty光の最大の特徴は、auスマホを持っている人であれば「auスマートバリュー」を利用できることです。

@nifty光の評判から見えた3つのデメリット

まず、@nifty光の評判を調べて分かったデメリットについて解説します。

キャッシュバックの額が少ない

@nifty光へ申し込むと最大30,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施していますが、他の光回線と比較したらキャッシュバック額は高くありません。そこで、いくつかの光回線と比較してみました。
光回線キャッシュバック額
@nifty光最大30,000円
auひかり最大61,000円
NURO光最大45,000円
ソネット光最大84,000円
表にあるように@nifty光のキャッシュバック額は、他の光回線でもらえるキャッシュバック額と比較すると、15,000円~54,000円も少ないです。高額なキャッシュバックがもらえる光回線がある中で、@nifty光では30,000円しかもらえないのはデメリットと言えます。

\2020年人気No.1の窓口/
@nifty光公式サイト

▶下記@nifty光が選ばれている理由
・最短12ヶ月後に30,000円キャッシュバック!
・キャッシュバックは口座に現金振り込み!
・24時間いつでも申込み可能!
・auスマホの月額料金がずーっと割引!


@nifty光は公式サイトからの申込みが1番お得!手続きも簡単!

フレッツ光・他社光コラボを利用中の方は工事なしで簡単に乗り換え可能!

あなたも@nifty光で快適なネット生活を送りませんか?

速度が遅いという評判がある

@nifty光の評判では、速度が出にくいという指摘をしているものが多くありました。@nifty光ではIPv6という、従来よりも混雑しにくい接続サービスを利用できるのですが、それでも速度が出にくいという評判が多かったです。

夜は特に利用者が多くなるので、回線が混雑してインターネットの速度が遅くなる場合が多いのですが、上にある評判のように、1日中速度が出にくいのであれば満足して利用できません。そこで、@nifty光の速度が遅くなる原因と対策を考えたので、参考にしてみてください。

速度が遅い原因と解決策

①「v6プラス」を使えていない
②マンションに住んでいる
③周辺機器がうまく接続できていない
上の3つが、@nifty光の速度が遅い原因として考えられます。

まず①の「v6プラス」ですが、これは@nifty光のIPv6接続サービスのうちの1つです。v6プラスを利用するには別途申し込みが必要で、さらにv6プラスに対応したホームゲートウェイも必要になります。どちらかを忘れてしまうと速度は変わらないので、忘れないようにしましょう。

次に②のマンションに住んでいる場合ですが、マンションの接続方式は「光配線方式」と「VDSL方式」の2種類あります。「光配線方式」であれば各家に回線を引けるのですが、「VDSL方式」なら1つの回線をみんなで分け合うイメージなので速度が遅くなってしまうことが多いです。ただ接続方式は自分では変えられないので、残念ながら解決策はありません。

最後に③ですが、①と②をクリアしているのに速度が出ないという人は、周辺機器の接続がきちんとできているか見直してみると良いでしょう。1度配線を抜いて指し直してみたり、電源を入れ直してみると改善されることがあります。

解約金が高い

@nifty光の解約金は他の光回線に比べて高いというデメリットがあります。解約金とは、決められた契約期間の途中に解約してしまうと発生する料金のことです。

例として、auひかりの解約金と比較してみました。
▼@nifty光

  • 3年プラン:20,000円
  • 2年プラン:9,500円

▼auひかり

  • 3年プラン:15,000円
  • 2年プラン:7,000円
auひかりの解約金と比べると2年プランは1,500円、3年プランは5,000円も高いことが分かります。2年プランの解約金は一般的な光回線の解約金の相場と大して変わりませんが、3年プランの解約金は特に高いです。

上で紹介したように、月額料金は3年プランも2年プランも同じですが、解約金は3年プランの方が2倍以上も高くなってしまうので、3年プランを契約する際は注意しましょう。ただ契約期間が終わった更新月に解約すれば、解約金はかからないので、2年プランなら25ヵ月目、3年プランなら37ヵ月目の更新月で解約するといいでしょう。

auひかりを例に挙げて比較しましたが、中には契約期間の縛りや解約金が全くない光回線もあるので、解約金が高いことは@nifty光のデメリットと言えます。

解約時に工事費の残債が一括請求される

@nifty光を解約する際に、開通工事費(ホームタイプ:18,000円/マンションタイプ:15,000円)の支払いが済んでいない場合は、残りを一括請求されてしまいます。

例えば、ホームタイプを24ヶ月目に解約する場合24か月目までの工事費(600円×24回=14,400円)はキャンペーンで無料になりますが、残り(600円×6回=3,600円)は自己負担になります。

転用や事業者変更の場合は@nifty光に乗り換えても工事費はかかりませんが、初めて光回線を引く場合は工事費がかかるので、覚えておきましょう。

@nifty光の評判から見えた3つのメリット

@nifty光の評判を基に2つのメリットをまとめました。 

auスマホならauスマートバリューで安くなる

auスマホやケータイを利用している人は、@nifty光と@nifty光のひかり電話を契約することで、スマホやケータイの月額料金が最大1,000円安くなる『auスマートバリュー』が適用されます。

スマホやケータイの料金プランによって割引額は違い、割引額は500円または1,000円で、家族4人まで割引可能なので、毎月最大で4,000円割り引かれます。auスマホを利用している人にとって、大きなメリットとなるでしょう。

auひかり提供外のエリアでも利用可能

auスマートバリューは、auひかりでも同じように利用できるのですが、auひかりは@nifty光よりも提供エリアが狭くなっています。
▼auひかりの提供外エリア

 

関西エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
中部エリア・その他
岐阜県、愛知県、静岡県 三重県、沖縄県

一方@nifty光はフレッツ光の提供エリアと全く同じなので、ほぼ全国どこでも契約すること可能です。

auスマートバリューの割引額や内容はauひかりでも@nifty光でも変わらないので、「auスマホだからauスマートバリューを利用したいけれど、auひかりの提供エリア外だった」という人には、@nifty光をおすすめします。

割引で月額料金が安くなる

@nifty光の月額料金はホームタイプだと5,200円、マンションタイプの場合は3,980円ですが、30ヶ月間の割引によって他社よりも安い料金で利用できるようになります。

光回線ホームタイプマンションタイプ
@nifty光
(2年プラン・3年プラン)
4,600円3,480円
フレッツ光
(2年プラン)
6,100円
4,150円~4,900円
ソフトバンク光
(2年プラン)
5,200円3,800円
auひかり
(2年プラン)
4,000円2,600円
ホームタイプは月額600円、マンションタイプは500円の割引が適用され、フレッツ光やソフトバンク光といった大手光回線よりも安くなるのがメリットです。

auひかりのように月額料金が安い光回線もありますが、エリアが狭いため、@niftyのように全国でお得に利用できる回線を検討してみるといいでしょう。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる

@nifty光では「v6プラス」に対応したWi-Fiルーターを、月額料金500円のところ今ならキャンペーンによって、最大25ヵ月無料でレンタルできます。

レンタル期間中にWi-Fiルーターを解約した場合、5,000円の解除料が発生してしまうという注意点もありますが、合計で【500円×最大25ヵ月=12,500円】のレンタル料金が無料になるので、@nifty光の契約を検討している人は、キャンペーン実施中に申し込むといいでしょう。

@nifty光の申し込みから開通まで

WEBまたは電話で申し込む

@nifty光へは、WEBまたは電話で申し込むことができます。

事業者変更の場合は電話のみの受け付けなので注意しましょう。
▼WEB申し込みの際の必要事項

 

・住宅のタイプ(例:集合住宅で賃貸)
・NTT東日本かNTT西日本か
・住所
・工事の希望日
※電話で工事日程を決めることも可能
・工事日の調整が必要な場合の連絡可能な時間帯
・電話番号

※申し込みフォームで入力した工事日が希望通りにならない場合は、@nifty光から工事日調整の電話がきます。
▼@nifty光カスタマーサービスデスク
電話番号:0120-32-2210
(年中無休 10:00~19:00)

転用・事業者変更の場合は承諾番号が必要

フレッツ光を利用している人が乗り換える「転用」と、他の光コラボを利用している人が乗り換える「事業者変更」の場合は申し込みの際に、それぞれ「転用承諾番号」「事業者変更承諾番号」が追加で必要になります。

転用の場合はNTT東日本/西日本に、事業者変更の場合は現在利用中の光回線に連絡を入れて申請をすれば、承諾番号の入手が可能です。

工事と利用設定を完了させる

それぞれの方法で申し込みが完了して工事日の当日になれば、作業員によって開通工事が行われます。工事に立ち合いが必要な場合があるので、連絡がきた人は家にいるようにしましょう。工事にかかる時間は1~2時間が目安です。

工事日までには「@nifty スタートキット」と「開通のご案内」という書類が送られてくるので、開通工事が終わったら書類の案内に沿って対応機器の利用設定をし、完了すれば無事開通となります。

\2020年人気No.1の窓口/
@nifty光公式サイト

▶下記@nifty光が選ばれている理由
・最短12ヶ月後に30,000円キャッシュバック!
・キャッシュバックは口座に現金振り込み!
・24時間いつでも申込み可能!
・auスマホの月額料金がずーっと割引!


@nifty光は公式サイトからの申込みが1番お得!手続きも簡単!

フレッツ光・他社光コラボを利用中の方は工事なしで簡単に乗り換え可能!

あなたも@nifty光で快適なネット生活を送りませんか?

@nifty光のよくある質問

@nifty光に関するよくある質問について答えました。

ひかり電話・TVは利用できる?

@nifty光にはひかり電話やひかりTVのオプションがあり、加入することで利用できるので、それぞれ簡単にまとめました。

@nifty光電話

@nifty光電話とは@nifty光の回線を利用したIP電話サービスのことで、今利用している固定電話の【電話番号・電話機・音声品質】がそのままで利用できます。

基本でかかる月額料金は500円で、今なら初月無料です。固定電話への通話は8円/3分で利用でき、その他携帯電話への通話は通話先によって料金が異なります。

@nifty光電話を利用するには、1,000円程の工事費や、対応ホームゲートウェイの設置に2,500円かかります。

ひかりTV for @nifty

ひかりTV for @niftyとは、約80chの専門チャンネルと約104,000本のビデオオンデマンドが利用できるサービスで、アンテナや工事不要で地デジ放送とBS放送が視聴できます。月額料金はプランによって違い、最大で3,500円です。

ひかりTVを見るには対応チューナーが必要で、月額料金500円でレンタルできます。今ならプランの月額料金が最大2ヵ月無料になり、チューナーのレンタル料金が最大6ヵ月無料になるキャンペーンを実施しているので、お得に申し込むチャンスです。

セキュリティ対策はある?

@nifty光には「常時安全セキュリティ24」という、セキュリティ対策のオプションがあります。Windows・Mac・Android・iOSに対応していて、月額料金は500円です。

危険なサイトへのアクセスを防止してくれて、パソコンだけでなくスマホの安全も守ってくれますし、今なら@nifty光との同時申込みで最大12ヵ月無料になるので、一緒に申し込んでみてください。

また、ネット詐欺から守ってくれる「@nifty詐欺ウォール(月額500円)」も初月無料で試すこともできるようになっています。

引っ越し費用は?

@nifty光の引っ越し費用は、プランや引っ越し先のエリアによって異なるので、表にまとめました。
引っ越し先契約プランホームタイプマンションタイプ
エリア内の場合2年9,000円7,500円
3年無料無料
エリアをまたぐ場合2年最大29,500円最大26,500円
3年最大40,000円最大37,000円
@nifty光の3年プランを契約している場合はエリア内の引っ越しであれば無料で行えます。

ただし、3年プランを契約していてエリアをまたいだ引っ越しをする場合や、2年プランを契約している場合は引っ越し費用の他に「新居での開通工事費+解約金+工事費の残り」などがかかってしまうので注意しましょう。

解約方法は?

@nifty光には、「解約」と「解除」があり、どちらも電話または会員サイトから行うことが可能です。@nifty光のみサービスを停止したいという場合は解除、@nifty光と一緒に申し込んだその他ひかりTVなどのサービスも一緒に停止したいという場合は解約となります。

解約や解除をする際に必要な「@nifty光 ID」は、申し込んだ際に送付される案内に記載されているので、準備しておきましょう。そして、契約の更新月に解約/解除してしまうと違約金がかかるので、特にオプションをいくつか契約している人は注意してください。
▼@nifty光カスタマーサービスデスク
電話番号:0120-32-2210
(年中無休 10:00~19:00)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

@nifty光にはauスマホならauスマートバリューが適用されるというメリットがあり、auひかりの提供エリアよりも@nifty光の提供エリアの方が広いので、「auスマホを使っていてauスマートバリューを利用したいけれど、auひかりの提供エリア外に住んでいる」という人にはおすすめです。

しかし、月額料金が高いというデメリットやキャッシュバック額が少ないというデメリット、速度に関する評判が悪いといったデメリットがあるので、総じて微妙な光回線と言えます。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!
ヒカリCOM

TOPへ戻る