ドコモ光の引越し方法・費用を徹底解説!安く引越す方法も紹介

ドコモ光の引越し手続き
「ドコモ光の引越しの方法は?」「ドコモ光の引越し費用はいくら?」など引越しを考えている方は気になりますよね。

ドコモ光の引越しは「移転手続き」を申し込めば簡単に引越すことができます。

引越し先の建物やエリアによって費用は異なりますが大体1~2万円ほど。

この記事では、より詳しくドコモ光の引越しに関する以下のような情報をまとめているのでぜひ参考にしてください。
●ドコモ光の戸建て・マンションの引越し費用
●ドコモ光の引越しの工事は遅い?
●ドコモ光の引越し手続きよりも解約・新規が安い?
●ドコモ光の引越し時にプロバイダ変更できる?

ドコモ光の引越し手続きの流れ

ドコモ光の引越し手続きの流れを紹介します。
▼ドコモ光の引越しの流れ ①移転手続きを申し込む ②工事日の調整をする ③引越し元のレンタル機器を返却する ④引越し先で開通工事をする ⑤Wi-Fiルーターの設定をする

①移転手続きを申し込む

ドコモ光で引越しをするには、まず移転手続きを申し込みましょう。

移転手続きは「電話」「公式サイト」「ドコモショップ」からの手続きが可能です。
移転手続き窓口
電話電話番号:0120-800-000
受付時間:午前9時~午後8時
ドコモ光公式サイト
後日折り返し電話
ドコモショップ
移転手続きを行う際には以下の情報が必要になります。

●ドコモ光契約者の携帯番号(ペア回線)
●ドコモ光のご契約ID
●引っ越し先住所
●引っ越し先の工事希望日

ドコモ光のご契約IDはMydocomoまたは開通時に届く書類に記載してあるので確認してください。

新築の場合は住所登録が必要

新築の場合はドコモ光の移転手続きを申し込む際に「市役所」と「NTT」で住所登録がされている必要があります。

ドコモ光の移転手続きの際に市役所またはNTTの住民登録が必要といわれた場合は、以下のよう流れになります。
市役所に新築届を提出する
「市役所」の住所登録はハウスメーカーや不動産が新築届を行っているはずですが、まれに手続きがされていないことがあります。

その場合は新築物件の建設会社や購入した不動産に確認するか、市役所にいきご自身で新築届を提出してください。

新築届の提出が完了した後に、ドコモ光でNTTでの住所登録を実施してもらい工事予約をすることができます。
NTTに住所登録をする
移転手続きの際に「NTT」で住所登録がされていないといわれた場合は、ドコモ光がNTTに住所登録を行ってくれます。

NTTへの住所登録が完了するまで大体2週間~1ヶ月ほどかかり、それまでは工事の日付を決めることができないため注意してください。

ちなみに以下の電話番号をに連絡すれば、ドコモ光の申し込み前でもご自身でNTTに住所登録を依頼することも可能です。
NTTお客様サポート 電話番号:0120-116116 受付時間:AM9時~PM5時(年末年始を除く)

②工事日の調整をする

電話やドコモショップで移転手続きを行う場合は、その時に工事日の調整を行います。

ドコモ光公式サイトのWEBフォームから申し込んだ場合は折り返しの電話がかかってくるので、その際に工事日の調整を行ってください。

ちなみに工事にはNTT作業員が自宅に訪問し開通する派遣工事と、NTT作業員が派遣されることなく開通が可能な無派遣工事があります。

引越しの場合は派遣工事になることが多く、派遣工事の場合は工事に立ち会う必要があるので覚えておきましょう。

工事は大体2週間~1ヶ月先の予約になります。

工事の連絡がなかなか来ない場合や工事の変更を行いたい場合は以下のドコモ光サービスセンターに連絡してください。
ドコモ光サービスセンター 電話番号:0120-766-156 受付時間:午前9時~午後9時

③引越し元のレンタル機器を返却する

引越し元のレンタル機器を返却するためのキットが届くので、梱包し速やかに送ってください。

レンタル機器を返却しない場合は違約金が発生してしまうので1週間以内に返却しましょう。

ちなみに手続きの際に引越し先で利用するレンタル機器に変更がないといわれた場合は、引越し先にレンタル機器をもっていきましょう。

④引越し先で開通工事をする

派遣工事の当日はNTT作業員が引越し先に訪問するので、必ず契約者本人または家族などの代理人が立ち会いましょう。

作業自体は1~2時間程度で終わり、最後にNTT作業員が有線でのインターネット接続を確認しドコモ光の開通が完了します。

無派遣工事の場合は当日に開通した旨のメール・SMSが届くので、その後インターネットに接続できるかご自身で確認してください。

⑤Wi-Fiルーターの設定をする

派遣工事の場合はNTTから貸し出されるONUの設定は行ってもらえますが、Wi-Fiルーターの接続設定はご自身で行う必要があります。

まずONUとWi-FiルーターをLANケーブルでつないでください。

その後、Wi-Fiルーターの無線設定方法は機器によって異なるので、付属の説明書を参考にして設定しましょう。

ドコモ光の引越しにかかる費用

ドコモ光の引越しは以下の費用の合計がかかってきます。

●移転工事費
●ひかりTVなどのオプション工事費
●引っ越し元の工事費の残債

それぞれの費用について詳しく説明するので、ドコモ光の引越しをする際にいくらくらいかかるのか計算してみてください。

移転工事費

移転工事費は引越し先の建物とNTTの東西エリアをまたぐ引越しかによって工事費が異なります。

移転工事費は以下の表を参考にしてください。
移転工事費エリア内の
引越し
エリアが変わる
引越し
戸建て9,900円19,800円
マンション8,250円16,500円
※無派遣工事の場合は2,200円

またNTTの東西エリアをまたぐ引越しかは以下の画像を参考にしてください。引越し先と前の県で色が異なる場合は東西エリアをまたぐ引越しとなります。

▼NTTの東西エリア分け

ドコモ光10ギガにプラン変更する場合

引越し先が戸建てでドコモ光10Gの対応エリアであれば、引越しと同時にドコモ光10Gへの変更も可能です。

ドコモ光10Gの場合はエリアの変更に関係なく、工事費は19,800円です。

ちなみにドコモ光1Gのプランで引越した後に10Gプランに変更すると、ドコモ光1Gの引越し費用がかかる上に10G変更の工事費用がかかります。

そのため、ドコモ光10Gプランに変更したい方は引越しと同時に行うのがおすすめです。

工事費無料キャンペーンの対象外

ドコモ光では期間限定で工事費無料キャンペーンを実施しています。

しかし、ドコモ光の移転手続きで引越しをする場合には工事費無料キャンペーンの対象外となるので注意してください。

あくまで工事費無料キャンペーンの対象となるのは初めてドコモ光を契約する方のみとなります。

ひかりTVなどのオプション工事費

引越し先でひかりTVやドコモ光電話などのオプションを利用する場合はオプション工事費も追加でかかります。

オプション工事費を以下の表にまとめたので参考にしてください。
オプション工事費
ドコモ光電話1,100円
ひかりTV
テレビ1台の場合
10,450円
~13,530円
ひかりTV
テレビ2~4台の場合
24,860円
~28,160円
特にひかりTVのオプションを追加する場合はテレビの使用台数によって工事費が異なり、費用も比較的高いので注意してください。

引越し元の工事費の残債

引越し元の工事費の分割支払いが残っている場合は、引越し後も引き続き支払う必要があります。

ちなみに引越し前の工事費残債を一括で支払う必要はなく、そのまま分割で支払うことが可能です。

なお、引越し元の工事費が工事費無料キャンペーンの対象であった場合は、そもそも工事費残債が発生することがなく、引越し後も支払いはないので安心してください。

ドコモ光の引越しの際の注意点

ドコモ光の引越しの際の注意点を説明していきます。

市が変わると電話番号が引き継げない

引越し先が同一市区町村内でない場合は光電話の電話番号を引き継ぐことができません。

そのため、引越しの際に新しく電話番号を発行することになります。

また同一市区町村での引越しでもまれに電話番号を引き継げないこともあるので注意してください。

新築への引越しは時間がかかる

新築への引越しは通常より開通まで時間がかかります。

なぜなら新築の場合は、NTTがどこの電信棒から住宅に回線を引くのかなどに必要な住所登録を行う必要があるからです。

そのため通常の工事期間2週間~1ヶ月に加えて、その前に住所登録に2週間~1ヶ月ほどかかるため開通期間が長くなります。

実際の口コミでも新築での工事で住所登録が必要だったため、開通工事が先延ばしになったという口コミがありました。
新築に引越しする場合はなるべく早めにドコモ光の引越し手続きを申し込みましょう。

別途手続きが必要なプロバイダがある

ドコモ光とプロバイダが別々に契約する「単独プラン」をご利用の方は別途プロパイダも引越し手続きが必要となります。

ドコモ光の引越し手続き後に、ご契約中のプロバイダに連絡し引越し手続きを行ってください。

一方でドコモ光とプロバイダがセットになった「Aタイプ/Bタイプ」のプランをご利用の方は、特に手続きは必要ありません。

ただし会員情報が引越し元の住所のままの場合があるので、プロバイダのマイページにログインし引っ越し先の住所に変更しておきましょう。

ドコモ光の引越し費用を安くするには?

以下の方法でドコモ光の引越し費用をなるべく安くすることもできます。

●ドコモ光を解約・新規で申し込む
●いっそ他の光回線に乗り換える

それぞれ移転手続きよりも手続きの手間がかかってしまうデメリットはありますが、なるべく安く引越し先で光回線を使いたいという方にはおすすめです。

ドコモ光の解約・新規で申し込む

実際にドコモ光に引越しについて問い合わせたところ、移転手続きよりも解約・新規での申し込み手続きをおすすめされました。

なぜなら、移転手続きよりも引越し前のドコモ光を解約して引越し先で新規契約したほうがキャンペーンによって引越し費用がほぼかからないからです。

実際に戸建てに引越す場合にかかる費用を解約・新規の場合と移転する場合を以下の表で比較してみました。
 解約・新規の場合移転の場合
工事費0円
(キャンペーン中)
‐19,800円
解約金-14,300円0円
dポイントプレゼント+2,000pt+5,000pt
プロバイダ
キャッシュバック
+20,000円0円
合計金額+7,700円-14,800円
※プロバイダはGMOとくとくBBの場合

表の通りドコモ光を解約・新規で引越したほうがむしろ安くなるので、手間を惜しまない人はぜひこの方法で引越ししてみてください。

なお、ドコモ光を新規契約で申し込むなら無条件で2万円キャッシュバックを受け取れるGMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。
\2022年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口
選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら通常19,800円の工事費が無料
★無条件で20,000円キャッシュバック!
★または他社解約金20,000円還元!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のドコモスマホ代毎月1,100円割引!
★開通までモバイルWi-Fiが無料で使える!

\オプションなしで20,000円キャッシュバックはこのページだけ!/ 2022年1月末まで!先着200名様にAmazonギフト券5,000円分プレゼント
▼20,000円キャッシュバック▼ ドコモ光申し込み

他の光回線に乗り換える

ドコモ光の移転工事費をかけて引っ越すよりも、引越し先で他社光回線に乗り換え(新しく契約)したほうが安くなります。

なぜなら多くの光回線で「工事費無料キャンペーン」や「キャッシュバックキャンペーン」を実施しているからです。

移転先の開通工事費が無料になる上に、ドコモ光の解約金もキャッシュバックによって相殺できるため、引越し先で光回線を使うのに初期費用がほぼかかりません。

特に、ドコモ光はドコモスマホを使っていない方にはお得感が少ないので、格安スマホやahamoを使う方は引越しを機に他の光回線に乗り換えるのがおすすめです。

光回線おすすめ8社はコチラ

ドコモ光の引越しについてよくある質問

ドコモ光の引っ越しについてよくある質問をまとめたので参考にしてください。

ドコモ光で引越しするとdポイントが貰える?

ドコモ光で引越し手続きをするとdポイントが5,000ポイント貰えます。

手続きが完了した翌々月の20日までに付与されるので、dポイントクラブなどから確認してください。

なお付与されるdポイントは期間・用途が限定されているので、なるべく早めに使ってしまいましょう。

引越し時にプロバイダ・プランを変更したい場合は?

ドコモ光の引越しの際にプロバイダやプランを変更したい場合は、移転手続きの際に変更したいことを伝えるだけです。

もし変更前のプロバイダでオプションを契約している場合は、ご自身で廃止手続きが必要な場合があるので注意してください。

引越し前の回線は撤去が必要?

ドコモ光は基本的に引越しの際に回線の撤去は必要ありません。

しかし、賃貸などで管理会社やオーナーから撤去を依頼された場合や撤去を希望する場合は、無料で撤去することもできます。

賃貸にお住まいの方は引越し前に管理会社やオーナーに光回線の撤去が必要か確認したほうがよいですが、そのままでいいケースがほとんどです。

引越しする月の月額料金は日割りになる?

月の途中で引越しする際は引越し前のドコモ光の利用料金は日割りになります。

なお、引越し先でドコモ光で利用するまで期間が空いた場合は利用料金は発生しません。また、引越し先のドコモ光が月の途中で開通となった場合の月額料金も日割りとなります。

そのため、特に無駄に多く月額料金を支払うこともないので安心してください。

引越しの手続きはいつごろ申し込むべき?

ドコモ光の引越しの手続きは、開通希望日の6ヶ月前から申し込むことが可能です。

そのため、引越し先の住所がわかった時点でなるべく早めに申し込むようにしましょう。

最低でも引越し先が新築の場合は3ヶ月前、賃貸の場合は1~2ヶ月前くらいに申し込めば、引越しと同時にドコモ光を使えるようになる可能性が高いです。

引越し先の工事はキャンセル・変更できる?

ドコモ光の引越し先の工事のキャンセル・変更は工事2日前の午後8時までなら可能です。

ちなみに、ドコモ光の移転申し込み自体は工事完了するまでならキャンセルすることができますが、工事を行ってしまった分の費用は発生してしまうので注意してください。

ドコモ光の工事のキャンセルや変更は以下の連絡先です。
ドコモ光サービスセンター 電話番号:0120-766-156 受付時間:午前9時~午後9時

まとめ

ドコモ光の引越しは移転手続きを申し込むだけで簡単に引越すことが可能です。

しかし実際はドコモ光を解約・新規で申し込んだ方が費用が安くなります。

ドコモ光解約と引越し先のドコモ光契約をそれぞれ行うため手間がかかりますが、「工事費無料キャンペーン」や「キャッシュバック」の対象になるためほぼ費用がかかりません。

ご自身でどうするか考えた上で、ドコモ光の引越し手続きを進めてみてください。

ドコモ光についてよく知りたい方は『ドコモ光についての全情報』を参考にしてください。

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る