ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えはメリットたくさん!手順や注意点まとめ

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えについて、「メリットがあるかわからない」「手続きがめんどくさそう」「工事費や違約金が高くつきそう」と心配している方も多いでしょう。

実は、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えはかなりメリットが多く、手続きも簡単なんです。

この記事では、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるメリットや乗り換えの手順、注意点などをまとめました。

ドコモ光のおすすめの申し込み窓口も紹介しているので、これから乗り換えを検討している方はぜひご覧ください。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるメリット

料金面やサービス面など、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるメリットはたくさんあるので、順番に紹介していきます。

工事不要

光回線を申し込む際にネックになるのが高額な工事費ですが、ソフトバンク光からドコモ光へは工事不要で乗り換えることができます。

ソフトバンク光とドコモ光はどちらもフレッツ光の光コラボレーションサービスなので、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える際は「事業者変更」という種類の申し込みができます。

事業者変更では開通工事がいらないので、ドコモ光の工事費(戸建て18,000円、マンション15,000円)もかかりません。

初期費用や工事立ち会いの手間が省け、簡単に乗り換えることができますよ。

ドコモスマホ代が安くなる

ソフトバンク光でソフトバンクスマホのセット割ができるように、ドコモ光でもドコモスマホのセット割「ドコモ光セット割」が適用できます。

ドコモユーザーの方がドコモ光を申し込むとスマホ料金が永年最大1,000円割引になるので、ドコモユーザーの方は積極的に活用したい割引ですね。

もし現在ソフトバンク光とドコモスマホを契約しているのであれば、ドコモ光に乗り換えることで確実にお得になります。

また、ドコモ光セット割はソフトバンク光のセット割と異なり、光電話などの有料オプションへの加入やセット割適用のための申し込み手続きが必要ありません。

固定電話が不要な方でも手軽にセット割ができるという点もドコモ光のメリットの一つですね。

電話番号が引き継げる

ソフトバンク光で光電話を利用していた場合、その電話番号もそのままドコモ光の光電話に引き継ぐことができます。

以前は一度NTTのアナログ電話に戻す手続きが必要でしたが、事業者変更が可能になったことで電話番号の引き継ぎもかなり楽になりました。

ただし、ホワイト光電話やBBフォンなど、NTTではなくソフトバンクが独自に提供している電話サービスは電話番号の継続利用ができない場合もあるので注意しましょう。

Wi-Fiルーターが無料になる

ソフトバンク光でWi-Fiを利用するにはWi-Fiマルチパックや光BBユニットなどの有料オプションへの加入が必要でしたが、ドコモ光では無料で高速Wi-Fiルーターがレンタルできるプロバイダがたくさんあります。

ドコモ光で利用できるプロバイダは24社あり、プロバイダによってレンタルできるルーターの機種や性能が異なります。

中でも「GMOとくとくBB」というプロバイダは特にWi-Fiルーターの速度に定評があり、利用者からも人気です。

高性能なWi-Fiルーターが無料でレンタルできるのも、ドコモ光の大きなメリットの一つです。

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターの速度やレンタル方法の詳細などは、こちらの記事『ドコモ光×GMOのルーターで1番おすすめは?レンタル方法も解説』もご覧ください。

キャッシュバックがもらえる

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでも、申し込み時にキャッシュバックをもらうことができます。

プロバイダやネット代理店など様々な窓口でキャッシュバックを実施しているので、現在のドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを簡単に紹介しておきますね。

窓口キャッシュ
バック
Wi-Fiルーター
無料レンタル









GMO
とくとくBB
20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円
OCN20,000円


wiz15,000円
ネットナビ20,000円
ドコモ
公式サイト
30,000円
(dポイント)
家電量販店10,000円
ドコモ
ショップ

ざっと見ただけでも、プロバイダサイトのキャッシュバック金額が高いのがわかりますね。

特典内容ももちろんですが、プロバイダサイトからの申し込みはネット代理店よりもキャッシュバックの条件がわかりやすいので、ドコモ光はプロバイダサイトからの申し込みがおすすめです。

詳しくはこちらの記事『【2020年最新】ドコモ光のキャンペーン比較で分かったおすすめ窓口』も参考にしてみてくださいね。

ドコモ光の申し込みサイト

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え手順

では続いて、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換え手順を見ていきましょう。

手続きの流れは、大まかに以下のようになります。

➀ソフトバンク光から事業者変更承諾番号を取得する
➁ドコモ光に申し込む
➂光BBユニットの返却(利用者のみ)

事業者変更の場合、元の回線からスライドするような形で新しい回線に乗り換えることができるので、ソフトバンク光の解約はせずドコモ光の申し込みをします。

ドコモ光の申し込み前にソフトバンク光を解約してしまわないようにだけ注意してください。

では、手続きについて順番に解説していきますね。

事業者変更承諾番号をもらう

事業者変更で乗り換える場合、元の回線を解約する前に「事業者変更承諾番号」というものを取得する必要があります。

事業者変更承諾番号は、以下のソフトバンク光サポートセンターに問い合わせれば発行してもらうことができます。

ソフトバンク光サポートセンター
電話番号:0800-111-2009
営業時間:10時~19時

サポートセンターで申し込みをすると、メールまたはSMSで事業者変更承諾番号が送られてきます。

事業者変更承諾番号の有効期限は、発行されてから15日なので、必ず期限中にドコモ光に申し込むようにしてください。

また、番号取得の際には発行手数料3,000円がかかるので覚えておきましょう。

ドコモ光に申し込み

事業者変更承諾番号が取得できたら、ドコモ光の申し込みです。

ドコモ光公式サイトやプロバイダの公式サイト、ネットの代理店など様々な申し込み窓口があるので、キャッシュバックやWi-Fiルーターレンタルなどの条件を比較した上で納得できる窓口から申し込みましょう。

手続きに必要なものは以下の通りです。

・事業者変更承諾番号
・ソフトバンク光の契約名義(NTT東日本エリアの場合)
・ご契約ID(CAFから始まるID、NTT西日本エリアの場合)
・契約事務手数料3,000円(ドコモ光に切り替えた翌月に利用料金と一緒に請求されます)

申し込みが終わると、「開通のご案内」などの必要書類が送られてきます。

事業者変更での乗り換えは開通工事がないため、ドコモ光の申し込み手続きをしてから約1~2週間程度で切り替えが完了します。

Wi-Fiルーターなどの接続や設定はご自身で行いましょう。

\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

解約後の機器返却

ドコモ光への切り替えが終わったら、ソフトバンク光は無事解約となります。

ソフトバンク光から光BBユニットのレンタルをしていた場合は機器の返却をする必要があるので、ご自身で梱包して以下の宛先まで返送してください。

また、返送にかかる送料は自己負担になります。

〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR 市川ディストリビューションセンター 3階 北棟N8
ソフトバンク返品センター宛

返却期限は解約後から14日以内です。

機器を返却しないままでいると18,000円の機器損害金を請求されてしまうことがあります。

乗り換え手続きで忙しいとは思いますが、早めに返却を済ませてしまいましょう。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え時の注意点

続いて、ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際の注意点も紹介します。

手続きを始めてから「知らなかった!」と後悔することがないよう、必ず目を通しておいてください。

解約金がかかる

ほとんどの方はソフトバンク光の2年契約プランを利用していると思いますが、その場合は利用開始月を1ヶ月目として24ヶ月単位で契約が自動更新されていきます。

その契約期間の最終月(1年目なら24ヶ月目、2年目なら48ヶ月目)が「契約更新月」となり、この契約更新月以外の解約には以下の解約金がかかります。

 戸建て・マンション共通
2年契約プラン9,500円
5年契約プラン15,000円

いくら工事費がかからないとはいえ、できることなら解約金は支払いたくないですよね。

契約更新月の間に解約をすればこの解約金はかからないので、まずはご自身の契約更新月がいつなのか把握してきましょう。

ソフトバンクの会員サイト「My SoftBank」にログインし、「お客様情報」というところに進むと、ご自身の契約更新月が確認できます。

乗り換え手続きをする前に必ず目を通し、更新月まで待てるようならそのタイミングを狙って乗り換えをすることをおすすめします。

工事費の残債がある場合は一括で請求される

ソフトバンク光の工事費の分割支払いが終わっていない場合、残債を一括で支払わなければいけません。

工事費の支払い状況もMy SoftBankの「お客様情報」で確認できるので、契約期間とあわせて確認しておきましょう。

まとめ

以上、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えに関するまとめでした。

スマホセット割の条件やWi-Fiルーターレンタルなどの特典は、ソフトバンク光よりもドコモ光の方がかなり優れていると言えます。

解約のタイミングと工事費の残債だけ気を付ければかなり負担が少なく乗り換えられるので、まずはご自身の契約内容をチェックしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

ソフトバンク光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM