ドコモ光の解約に関する全情報!手順・費用・注意点をまとめて解説

ドコモ光を解約する手順は?費用はいくら?など気になるポイントが多いですよね。

ドコモ光の解約は3つの手順でスムーズに完了しますが、途中解約する場合は違約金が発生し、さらに工事費の未払い分が発生する場合もあるので事前に確認しておきましょう。

また、ドコモ光を解約したときに起こりうる注意点も一緒にまとめました。

この記事を読めば、ドコモ光を解約する前に知るべき手順・費用・注意点などの全情報が分かるのでぜひ最後までご覧ください。

ドコモ光を解約する3つの手順

ドコモ光の解約手順は以下の3つです。

1.解約の手続きを行う
2.レンタル機器を返却する
3.撤去工事をする(任意)

解約手続きはドコモ光を契約している本人でないとできませんので注意してください。

1.解約の手続きを行う

ドコモ光を解約する方法は「ドコモに電話する」か「ドコモショップに行く」かの2通りです。

電話で手続きする場合

一般電話から:0120-800-000
ドコモ携帯から:151(9時〜20時/年中無休)
音声ガイダンス:7-1-4
ドコモ光は上記窓口で即日解約できますが、電話が繋がるまでに時間がかかることが多いので、電話予約をしておくことをおすすめします。

ドコモ携帯またはひかり電話から問い合わせ日時を予約して、その時間に「#8515」へ電話すれば優先的にオペレーターへ繋いでくれます。

※プロバイダが別契約の「単独プラン」を契約している方は、別途プロバイダで手続きが必要になります。

ドコモショップで手続きする場合

契約をしたショップでなくても、最寄りのドコモショップで大丈夫です。

ただし、土日や平日の夜などはかなりの混雑が予想されるので、あらかじめ来店予約をするといいでしょう。

来店予約は、ドコモの公式サイトから最寄のドコモショップと行きたい日時を選ぶだけです。

2.レンタル機器を返却する

モデムやWi-Fiルーターなどをレンタルしている機器は必ず返却しましょう。

解約手続き後に、解約キット(レンタル機器を返却するための袋)が送られてくるので、それに入れて着払いで郵送するだけでokです。

プロバイダからWi-Fiルーターを借りている場合は、契約しているプロバイダに連絡して確認してください。

いつまでも返さずにいると違約金が請求されてしまうので、早めに返却しましょう。

3.撤去工事をする(任意)

戸建ての場合は、希望すれば無料で回線撤去ができます。(マンションの場合は管理会社の判断)

撤去する場合は、ドコモ光サービスセンターに電話をして工事日を予約すれば、最短1週間後に撤去工事が行われます。※30分~1時間ほど

撤去工事の際にレンタル機器も持って帰ってくれるので、撤去工事をする場合はレンタル機器の返却は不要です。
※ドコモ光サービスセンター
一般電話から:0120-766-156
ドコモ携帯から:15715(10~20時)

ドコモ光の解約にかかる費用

ドコモ光を解約費用は主に以下の3つ。

1.ドコモ光の解約金
2.工事費の残債
3.解約月の月額料金

こちらの合計金額を、解約した月の翌月に一括で支払いをしていきます。

ドコモ光の解約違約金

ドコモ光は2年契約なので、24.25.26ヶ月目以外に解約すると以下の解約違約金が発生します。解約違約金はマンション・戸建てによって変わってきます。

●戸建てタイプ:13,000円(税抜)
●マンションタイプ:8,000円(税抜)

例)2017年7月にドコモ光を契約した人
→2019年8月1日~9月30日の間が更新期間

更新期間はドコモの契約者向けサイト「My docomo」、ドコモインフォメーションセンターでも確認ができますので、手続き前に確認しておきましょう。

※ドコモインフォメーションセンター 一般電話から:0120-800-000 ドコモ携帯から:151 受付時間:9~20時

工事費の残債

ドコモ光の工事費は戸建てで18,000円、マンションで15,000円になっていて、それぞれ12回・24回・36回・48回・60回のいずれかの分割で支払うことになっています。

ドコモ光の解約時に工事費の支払いがまだ残っている場合は、未払い分が一括請求されます。

(例)戸建ての36回払いを2年間で解約した場合は6,000円請求されます。

工事費の残債もドコモのサポートセンターで調べることができるので、解約前に確認しておきましょう。

※工事費無料キャンペーン中に申し込んだ場合はいつ解約しても工事費の残債は発生しません。

解約月の月額料金

解約月の月額料金は日割計算されません。光電話やドコモテレビオプションも日割りになりません。

つまり、1日に解約しても31日に解約しても同じ月額料金なので、月末まで使い続けた方が損するなく解約できるということです。

ドコモ光は解約日を指定することができるので、月末ギリギリまで使いたい人は日にちを予約しておくと安心です。

ドコモ光の解約時の注意点

ドコモ光を解約する時の注意点についてまとめました。

ドコモ光を解約すると光電話も解約される

ドコモ光を解約すると、必然的にドコモ光電話も解約となります。

そのため、NTTの番号をつかっている場合は、解約前にNTTに連絡して「アナログ戻し」という手続きをしてからでないとドコモ光の解約ができません。

また、別の光回線へ乗り換えて、そこでも光電話を使いたい人は、新しい光回線を申し込む際にナンバーポータビリティ(電話番号引き継ぎ)の申込みをしましょう。

※ドコモ光からソフトバンク光など、光コラボレーションに乗り換える場合(事業者変更の場合)は、手続き不要です。

スマホのセット割もなくなる

ドコモ光を解約すると、ドコモスマホとのセット割もなくなるので、翌月からスマホ代が1,000円高くなります。

ドコモスマホとセット割ができるのはドコモ光だけなので、本当にドコモ光を解約するべきなのかゆっくり検討することも大切です。

とくに家族でセット割を組んでいる人は割引が高額なので、解約するのが勿体ないケースも多いですよ。

ドコモ光の解約についての疑問点

ドコモ光は即時解約できる?

ドコモ光の解約手続きは即時で完了するので、好きなタイミングで解約できます。

ソフトバンク光の場合は解約完了までに6営業日程度かかるので、月末ギリギリの解約だと月をまたいでしまう可能性がありますが、その心配がないのはいいですね。

ただし、月末は電話が混み合ってなかなか繋がらないことも考えられるので、欲張らずにゆとりを持って解約しましょう。

※ドコモ光を解約するとプロバイダも同時で解約となりますが、中には別途手続きが必要な場合もあります。

※同時解約になるプロバイダ
ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、DTI、ic-net、タイガース、excite、エディオン、SIS、楽天、ネスク、U-Pa!、OCN、ちゃんぷる(※オプションは別途解約が必要)>

解約日の予約ができる?

ドコモ光は解約手続きをすると即日完了しますが、解約日を指定することもできるんです。

解約手続きをした日から翌月末の間であれば、いつでも指定が可能。

例)2019年4月17日に解約手続きをした場合
→4月18日~5月31日であれば指定ができる

解約日を指定しておけば、安心して月末ギリギリまでドコモ光を使い続けることができます。

また月末に引越しをする人はバタバタして解約手続きを忘れてしまうこともあるので、日にちを指定しておくと便利です。

工事前なら無料解約できる?

ドコモ光は工事前に申込みを解約した場合は、工事費、解約金、事務手数料などを一切支払うことはありません。

下記へ連絡すれば、工事の中止、日程の変更をすることができて、できれば工事日の3日前までに電話をしておくとトラブルなく手続きできます。

●ドコモサービスセンター ドコモの携帯電話の場合 ┗15715(無料)  一般電話 ┗0120-766-156 受付時間:午前9:00~午後9:00(年中無休)
申し込みのキャンセルもこちらで受け付けてくれます。 また工事日の当日でも、作業を開始する前であれば工事のキャンセルが可能で、この場合も工事費は請求されません。 家に来た作業員に、工事を中止したいことを伝えれば作業がストップできます。 当日にキャンセルした場合は別日で工事日を再設定するか、ドコモ光を解約してください。 もちろんこの時でも、無料で解約することが可能です。 ただし作業が始まった後に工事をストップすると工事費が発生し、工事が完了した後に申込みを解約すると工事費、解約金、事務手数料が請求されてしまいます。 とにかく工事を始める前であれば無料で解約ができますが、作業を開始してしまうと費用が発生するので注意してください。

解約証明書は発行できる?

ドコモインフォメーションセンターに問い合わせれば、無料で発行してもらえます。

乗り換えの際に解約証明書が必要になる場合もあるので、忘れずに発行しておきましょう。
※ドコモインフォメーションセンター
●ドコモの携帯電話からの場合
⇒151(無料)
●一般電話などからの場合
⇒0120-800-000(無料)
受付時間:午前9時~午後8時

まとめ

以上、ドコモ光の解約についてのまとめでした。

解約時には必ずしも違約金がかかるわけではありませんし、もしかかってしまったとしてもその分を還元してくれる光回線に乗り換えれば大丈夫です。

何も知らずに解約をすると損をするだけですが、契約更新期間や違約金還元などの対策を知っているだけで違約金のリスクは回避することができます。

ドコモ光に限らず多くの光回線が同じようなシステムになっているので、今後のためにもぜひ覚えておいてくださいね。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る