さすガねっとの固定電話サービスとは?料金やセット割・ネットと併せて申し込む方法まで徹底解説

専門家監修 さすガねっと 電話 アイキャッチ
大阪ガスが提供しているネット回線『さすガねっと』では、固定電話を一緒に契約できるサービスが用意されています。

しかし、いざ契約するとなると「普通の固定電話と比べて料金は安いの?高いの?」「ネットとセットで契約したらお得になる?」などなど…気になってしまいますよね。

結論からいうと、さすガねっとの固定電話は固定電話を単体で契約するよりも安く、プランによっては通話料が無料になったり豊富なオプションを追加することのできるサービスとなっています。

そこで、本記事ではさすガねっとの固定電話サービスについて、以下について徹底的に分かりやすく解説していきます。
  • さすガねっとの固定電話サービスの内容
  • さすガねっとの固定電話サービスの料金
  • 契約にあたってのメリット・デメリット
  • ケータイの月額料金が割引となるお得情報
契約に際しての注意点などもありますので、検討している方は一読の価値ありです。

目次

さすガねっとで契約できる固定電話は3種類

「さすガねっと」には3つのプランが用意されており、それぞれで契約できる固定電話のサービスが異なります。プランの内容と固定電話の種類を以下の表にまとめました。

※さすガねっとの各プランについて詳しく知りたい方はさすガねっとの評判やプランについて詳しく紹介したこちらの記事をご覧ください。

【めちゃはやプラン…通信速度重視の高速回線】

使用している光回線NURO光
契約できる固定電話NURO光電話
固定電話の種類IP電話
月額の電話料金330円+通話料金
工事にかかる費用3,300円(1工事)
【はやとくプラン…通信速度と月額料金のバランスが良いプラン】
使用している光回線NTT西日本(フレッツひかり)
契約できる固定電話さすガねっと ひかりでんわ
固定電話の種類光電話
月額の電話料金550円〜1,540円+通話料金
工事にかかる費用基本機能:1,100円(1利用回線ごと)
基本工事派遣工事無:1,100円(1工事)
派遣工事有:4,950円(1工事)
交換機等工事費基本機能:1.100円(1利用回線ごと)
同番移行:2,200円(1利用回線ごと)
機器工事費ホームゲートウェイ設置:1.650円(1装置ごと)
ホームゲートウェイ設定:1,100円(1装置ごと)
【とくとくプラン…安さ重視の光回線】
使用している光回線J:COM
契約できる固定電話J:COM PHONE
固定電話の種類CATV電話
月額の電話料金220円+通話料金
工事にかかる費用無料
プランによって契約できる固定電話の種類が異なり、料金や工事費もそれぞれ。ひとつずつ詳しく解説していきます。
IP電話・ひかり電話・ケーブルフォンの違い
IP電話・ひかり電話・CATV電話は、どれもひとくくりで固定電話に分類されます。3つの違いは、接続方法です。従来の固定電話はNTTが提供しているアナログ回線を用いて接続を行っていました。対して、IP電話とひかり電話はインターネットを利用して接続を行います。
上記の固定電話は従来の固定電話に比べて通話料金が安く設定されており、現在では固定電話加入者数の半数以上が利用しています。

さすガねっと公式サイトをチェックする

めちゃはやプランで契約できる固定電話は?

さすガねっとのめちゃはやプランはNURO光の回線を利用しているプランです。そのため固定電話として「NURO光電話」が利用できます

月の基本料金がたったの330円で利用でき、さらにソフトバンクケータイのスマホであれば通話料が無料となるサービスまでついています。

また、現在固定電話を利用している方は、電話番号を変えずに利用が可能です。

月330円で光電話が使用できる

もともと、IP電話は従来の固定電話に比べて基本料金が安く設定されていますが、そのなかでもNURO光のIP電話はダントツの安さです。

【NURO光電話と他のIP電話との料金比較】
さすガねっと めちゃはやプラン+NURO光電話330円
ドコモ光電話550円
auひかり電話550円
従来の固定電話1,750円〜
NURO光電話を契約すると、従来の固定電話よりも毎月1,420円も安く利用できます。また、他のIP電話よりも毎月220円安く利用できるため、1年で2,640円の節約が可能です。

インターネットの料金と合わせても2,630円と、破格の値段になっています。

固定電話とソフトバンクスマホでの通話が24時間無料

NURO光電話のポイントは、基本料金の安さだけではありません。通話料金も、従来の固定電話より安く設定されています。通話料金の詳細は以下の通りです。

【さすガねっと めちゃはやプラン+NURO光電話の通話料金】
一般電話へ8.789円/3分
携帯電話へ(8:00〜23:00)27.5円/分
携帯電話へ(23:00〜8:00)22円/分
【従来の固定電話&他社のIP電話との通話料金比較】
さすガねっと めちゃはやプラン+NURO光電話8.789円/3分
ドコモ光電話8.8円 /3分
auひかり電話8.8円/3分
従来の固定電話9.35円〜/3分
さらに、ソフトバンクケータイとの通話が24時間無料で行えるサービスまで付いています。ただし、全てのソフトバンクケータイに対してのサービスではありません。事前に無料となる対象を登録しなければなりません。

登録できる回線(ケータイの台数)は最大10台までで、契約者の家族のみとなっています。

例えば、日中に10分間通話を行った場合、通常であれば約100円の通話料金が必要です。ところが、NURO光電話を契約していれば0円で話ができます。毎日の通話料金を考えると、お得すぎる特典です。

ソフトバンクのスマホセット割を適用することができる

さすガねっとのめちゃはやプランを契約すると、ソフトバンクのスマホ代が毎月最大1,100円割引になります。

『おうち割光セット』と言われる割引で、最大10回線(10台)まで割引できるサービスです。ただし、割引が受けられるのはNURO光電話を契約した場合のみです。ネットだけの契約だと割引にはなりません。

割引料金はケータイの契約プランによって異なり、500円〜1,100円となっています。もしも4人家族だった場合、毎月のケータイ代が最大4,400円も割引になるので、家計にとっては嬉しい割引特典なのではないでしょうか。
\最大2Gbpsならめちゃはやプラン!/

さすガねっと公式サイトをチェックする

はやとくプランで契約できる固定電話は?

さすガねっとのはやとくプランは、フレッツ光の回線を利用したサービスです。ですので、固定電話は「さすガねっとひかり電話」が利用できます。

契約する電話のプランによって基本料金が異なり、月額500円〜1,540円で利用が可能です。はやとくプランと電話のセット契約では、もともとの電話番号が使用できるのはもちろんのこと、無線LAN付きのコースもあるなど、意訳できるプランがバラエティーに富んでいます。

月550円〜1,540円で光電話が使用できる

はやとくプランと固定電話のセット契約では、契約するプランによって基本料金が以下のように変化します。基本料金は戸建て・マンションで違いはありません。

【さすガねっとひかり電話の基本料金】
基本プラン無線LAN無550円
無線LAN付660円
エース無線LAN無1430円
無線LAN付1,540円
【さすガねっと はやとくプラン+さすガねっとひかり電話通話料金】
国内通話8.8円/3分
国内携帯電話17.6円/分
従来の固定電話では、基本料金が1,750円〜ですので、さすガねっとひかり電話に切り替えると、毎月210円〜1,200円の節約が可能です。

また、通話料金も1円ほど安くなります。たった1円とお思いかもしれませんが、例えば、1日1時間ほどの通話をしていた場合、1年間では4,000円前後もの差額が出ます。

頻繁に電話を利用する方であれば、使うだけ節約になるので乗り換えても損にはなりません。

無線LAN付きコースもある

ひかり電話は、通常「単体ONU+ひかり電話ルータ」もしくは「ONU一体型ひかり電話ルータ」のいずれかで契約するかたちになっています。それぞれにWi-Fi機能がないため、Wi-Fiを使用したい場合は個人で用意しなければなりません。

その点、無線LAN付きのコースを選ぶと、自身で用意しなくともWi-Fiを使用できます。無線LANありとなしでは110円しか料金が変わらないため、通信速度に特別なこだわりがなければ無線LAN付きの電話でも十分です。

はやとくプランのなかでも月330円でWi-Fiルータをレンタルできるサービスはあるのですが、「安さ重視」「ネットサーフィンができれば良い」といった方であれば、110円で利用できる無線LAN付きひかり電話の方がおすすめです。
\速さ×安さのバランスがピカイチなはやとくプラン/

さすガねっと公式サイトから申し込む

とくとくプランで契約できる固定電話は?

さすガねっとのとくとくプランは、J:COMのケーブル回線を利用したサービスです。そのため、固定電話は「J:COM PHONE」が契約できます。

J:COM PHONEの特徴は、毎月の330円の負担で固定電話が利用でき、さらにJ:COM PHONE同士やauケータイへは通話料が無料となる点です。

月220円でIP固定電話が使用できる

とくとくプランとJ:COM PHONEをセットで契約すると、基本料金が一律330円で固定電話が使用できます。

大元のJ:COMで電話のみ契約した場合は、基本料金だけで1,460円が必要となるので、セット契約の方がとてもお得です。

J:COMの「最安値のネットプラン+固定電話のセット」で契約した場合は固定電話が特別料金で利用できるのですが、それでも月額1,000円が必要となってしまいます。

「安くて安定したネット回線+格安の固定電話」を希望の方は、さすガねっとで固定電話を契約した方がダンゼンお得です。

固定電話とau携帯での通話が24時間無料

とくとくプランとJ:COM PHONEをセットで契約した場合、通話料金は他のIP電話と同じく「8.8円/3分」です。さらに、J:COM PHONE同士/auケータイであれば無料で通話ができます。詳細は以下の通りです。

【とくとくプラン+J:COM PHONEの通話料金】
同一の道府県へ8.8円/3分
上記以外16.5円/3分
J:COM PHONE同士無料
auケータイ無料
その他ケータイ17.6円/分
auケータイを利用している場合、「auまとめとーく」が適用されます。「auまとめとーく」とは、指定のCATV電話との通話料金が24時間無料なるサービスです。

通常、17.6円/分の通話料が必要なところ、無料で通話が行えるのは大きなメリットと言えます。

ただし、「auまとめとーく」を利用するには、大阪ガスの契約が必須です。

「ガスの契約が必須」と目にしたら、なんとなく気が引けてしまいますが、大阪ガスを契約すると、固定電話がお得に利用できるだけでなくネット料金が永的に330円割引になります。

まだガス会社を決めていないのであれば、大阪ガスを検討してみるのも1つの選択肢として十分ありです。

同時申し込みで固定電話の工事費無料

とくとくプランの場合、固定電話(J:COM PHONE)とネットを同時に申し込むと、工事費用が発生しません。

通常は3,300円必要なのですが、無料で電話を設置できるのは嬉しいポイントです。

ただし、ネット開通後にもう1台契約したいとなった場合は、通常通り3,300円が発生しますので注意しましょう。

auスマホとのセット割を適用することができる

とくとくプランと固定電話をセットで契約すると、auケータイの月額料金が割引になる「auスマートバリュー」も適用されます。

「auスマートバリュー」とは、契約しているプランによってケータイ代が毎月550円〜1,100円割引になる特典です。

対象となる回線(台数)は10回線までで、4回線までであれば「My au」から手続きができます。

ただし、auスマートバリューが適用されるのは、固定電話かテレビを同時に契約した方のみです。さすガねっとの契約だけでは適用されませんので注意しましょう。
\初年度2,200円~ならとくとくプラン!/

さすガねっと公式サイトから申し込む

さすガねっとの固定電話を利用するメリット4つ

さすガねっとと固定電話をセットで契約すると、以下のメリットが受けられます。
・光回線と電話のセット契約で安くなる
・電話番号をそのまま利用できる
・豊富なオプションプランが用意されている
・さすガねっとと請求が一緒にできる
それぞれの詳細を見ていきましょう。

光回線と電話のセット契約で安くなる

さすガねっとと固定電話をセットで契約すると、別々で契約した場合に比べて、サービスが安価に利用できます。

さすガねっとに限った話ではありませんが、固定電話をお得に利用したい場合は、ネットとセットで契約した方が月々の支払いが安く済みます。

電話番号をそのまま利用できる

電話番号を変えずに利用できるのも嬉しいポイントです。しかし、電話番号を引き継げるのは、現在、NTTの電話番号(市外局番+市内局番+加入者番号)を使用している方に限ります。

現在ひかり電話を利用している方でも、電話番号の引き継ぎは可能なのですが、少し手続きが複雑になります。

さすガねっとと固定電話のセット契約でも、電話番号を引き継げるのには変わりありません。しかし、プランごとに契約できる固定電話が異なるため、場合によっては番号を引き継げない可能性もあります。詳細は、『とくとくプランは電話番号を引き継げない場合も』をご参照ください。

豊富なオプションプランが用意されている

各プランの固定電話には、それぞれ便利なプランがたくさん用意されています。一例をげると、めちゃはやプランのNURO光電話では、基本料金+550円で電話の転送が可能です。

はやとくプランとさすガねっとひかり電話では、毎月110円の追加で着をメールで通知してくれる機能があります。

とくとくプランにいたっては、1,067円で10分までの通話がかけ放題です。他にもさまざまなオプションプランが用意されているため、ご自身のニーズに合った固定電話のプランが組めます。

基本料金がそもそも高くないため、オプションを付けても従来の固定電話より安く済む可能性は十分あり得ます。

さすガねっとと請求が一緒にできる

さすガねっとでは、固定電話もネット料金と一緒に請求されるため、生活費の支払い窓口を1本にまとめられます。それぞれで支払い日や口座残高を気にしなくて良いのは嬉しいポイントです。

さすガねっとの固定電話を利用するデメリット4つ

メリットがたくさんあるさすガねっとと固定電話のセット契約ですが、もちろんデメリットも存在します。そのなかでも、特に注意してほしいのが、以下の4点です。
・電話番号を引き継げない場合もある
・はやとくプランでは、通話料無料の特典がない
・停電時は電話が繋がらない場合もある
・電話単体の契約はできない
それぞれの詳細について見ていきましょう。

とくとくプランは電話番号を引き継げない場合も

とくとくプランのJ:COM PHONEでも、基本的には電話番号を引き継げます。ただし、お住まいの地域や、使用している電話番号によっては引き継げない可能性もあるので、100%とは言えません。

気になる方は、契約前に1度問い合わせをしてみると安心です。

はやとくプランは通話料無料などの特典がない

はやとくプランとさすガねっとひかり電話のセット契約には、通話料無料などのオプションプランがありません。さすガねっとのなかで1番人気のある「はやとくプラン」なだけに、少し惜しいポイントです。

とはいえ、従来の固定電話よりは通話料が安いため、契約して損をする訳ではありません。「ある程度の通信速度は欲しい」「固定電話をお手軽に利用したい」といった方であれば十分なプランです。

停電時など電話が繋がらない場合がある

ひかり電話は、通常の固定電話(アナログ電話)と違い、光回線を利用した電話となっています。そのため、停電時はほぼ電話が繋がらないと思っておいた方が良いです。

もちろん、停電時は「110」や「119」にも繋げません。ケータイ電話がある方であればそれほど重要視する問題ではないかもしれませんが、通話手段が固定電話のみの方は、よく検討してから契約を行いましょう。

電話単体の契約はできない

本記事で解説してきた固定電話サービスは、どれも単体での契約ができません。インターネット回線あってはじめて通話が可能となるため、さすガねっととのセット契約が必須となっています。

さすガねっとと固定電話のセット契約を申し込む方法

さすガねっとと同時に固定電話もセットで申し込む方法について解説していきます。ネット単体では開通まで最短1週間〜最長3ヶ月の日程で可能です。

ただし、固定電話の方は番号が使えるようになるまでネット開通日との誤差が生じる場合があります

さすガねっと公式サイトから申し込む

①公式HPから申し込み

上記のボタンから公式サイトに移動し、「エリア判定・お申し込みはこちら!」のボタンをクリック、エリア判定の画面へすすみます。

sasuganet mousikomi

①−1. 自宅が提供エリア内か確認

住所を入力し、ご自身の自宅がエリアの範囲内かを確認しましょう。

sasuganet mousikomi

利用可能なプランが表示されるので、申し込みたいプランをクリックします。

①−2. 必須項目を入力

名前や住所、連絡先など契約者の基本情報を入力します。
固定電話の申し込みもここで行う

sasuganet denwamousikomi

必須事項を入力する画面に固定電話の申し込みを選択する欄もあるので、忘れずにチェックを入れましょう。オプションの契約を希望する場合はそのまま続けて選択します。

②工事日の調整

さすガねっとからの電話か、もしくはSNSに添付されたURLにて工事日の調整を行います。

すでに固定電話を利用している方は、新たな固定電話のサービスが開始されるまで、既存の契約を継続する必要があります。

もしも、電話サービスがつながる前に解約してしまった場合は電話番号が引き継げない可能性があるので注意しましょう。

③工事開始

調整した日にネットと電話の工事が行われます。ですので、取り決めた日までには電話機を用意しておくようにしましょう。

さすガねっとの固定電話についてのよくある質問

最後に、さすガねっとの固定電話のセット契約についてよくある質問に回答していきます。

さすガねっとの固定電話の月額料金はいくら?

さすガねっとでは、各プランによって固定電話の基本料金が異なります。詳細は以下の表をご覧ください。
プラン名回線固定電話基本料金
めちゃはやプランNURO光NURO光電話330円
はやとくプランNTT西日本さすガねっとひかり電話550円〜1,540円
とくとくプランJ:COMJ:COM PHONE330円

ひかり電話からの乗り換えでも電話番号はそのままにできる?

現在使用されている固定電話がNTTで提供されているアナログ電話であれば、同じ番号を使用できます。すでにひかり電話を使用している場合は、手続きを行えば引き継ぎ可能です。ただし、お住まいの地域によっては引き継げない場合もありますので、心配な場合は事前に問い合わせてみましょう。

【さすガねっと 問い合わせ先】
TEL:0120−001−021
受付時間:全日9:00〜19:00

さすガねっとの固定電話はすぐ使えるようになる?

固定電話はおおよそ1週間〜3週間で使用できるようになります。期間に幅のある理由は、新たに電話番号を取得するのか、既存の番号を引き継ぐのかによって必要となる日数が異なるためです。

基本的には既存の番号を引き継ぐ(ナンバーポータビリティ)の方が利用まで日数がかかります。

電話機は専用の物でないといけないの?

一般の家電量販店で販売されている電話機であれば、だいたいのものが対応しています。ただし、何十年も前に購入した電話機や、ホームテレホンであれば一部使えない場合もあるので、対応可能かどうか確認しておく必要があります。

IP電話・ケーブルフォン・固定電話の違いとは?

大きく分類すると、アナログ回線を使用しているのが固定電話、光回線を使用しているのがIP電話、ケーブルテレビ回線を利用しているのがCATV電話(ケーブルフォン)と分けられます。

まとめ

さすガねっとでは、ライフスタイルに合わせて3つのプランが契約できます。それぞれ固定電話がセットで契約できるサービスがあり、どれもお得に固定電話が利用可能です。

さらに、アナログ電話に比べて通話料も安く、プランによってはケータイ代が割引になるなどの嬉しい特典も用意されています。固定電話+インターネットを検討している方であれば、おすすめできるプランです。
株式会社ブレイブ

電気通信事業者番号:A-02-18214
TOPへ戻る