ドコモ光とNURO光を比較してわかったおすすめな人!乗り換え時の注意点も

ドコモ光とNURO光は光回線の中でもよく知られている人気サービスなので、どっちを契約しようか気になっている人が多いでしょう。

料金や速度などのサービス内容を一から調べて比較したところ、ドコモスマホを使っている人にはドコモ光、ソフトバンクスマホを使っている人にはNURO光がおすすめです。

また、現在の状況や重視するポイントによって選ぶべき光回線が違うので、結論としてどんな人におすすめなのかをまとめました。

最後には、NURO光からドコモ光、ドコモ光からNURO光に乗り換えた場合の注意点を一緒に書いているので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光とNURO光の比較

ドコモ光とNURO光のサービス内容を全て比較したところ、それぞれ特徴がまったく違うので、こっちの方がおすすめ!とは言い切れないことが分かりました。

なかでも、とくに以下の4つは知っておくべき重要な比較ポイントになっています。
 ドコモ光NURO光
料金4,000円~5,200円4,737円
速度1ギガ2ギガ
工事費15,000~18,000円40,000円
エリア全国関東・東海・関西
九州の一部エリア

それでは、上で比較した内容について一つずつ詳しく見ていきましょう。

料金

まずは一番気になるところだと思うので、ドコモ光とNURO光の料金を見ていきます。

結論から先に言うと、戸建てならNURO光、アパートやマンションならドコモ光の料金の方が安いということ分かりました。
 ドコモ光NURO光
戸建て5,200円4,737円
マンション4,000円1,900円~4,737円
戸建てに住んでいる場合、ドコモ光は5,200円/月、NURO光は4,737円/月と約500円だけNURO光の方が安いことがわかります。

マンションの場合、ドコモ光は4,000円/月と決まっていて分かりやすいですが、比較するのを複雑にしているのはNURO光をマンションで契約するときの料金プランです。

NURO光のマンションタイプは「NURO光 for マンション」という契約プランが用意されており、マンション内のNURO光を契約している世帯数によって料金が1,900円~2,500円の間で決まります。

しかし、そもそも「NURO光 for マンション」が導入されている建物が少ないので、導入されていないマンションで契約する場合は戸建ての料金と同じ月額4,737円になり、ドコモ光よりも約700円高くなるので注意しましょう。

このように、戸建てとマンションのどちらに住んでいるかで安い光回線が変わってくるということを覚えておきましょう。

速度はNURO光が速い

次に、インターネットを利用するうえで重要な速度を比較したところ、ドコモ光よりもNURO光の方が圧倒的に速いです。

NURO光は光回線の中でも一番速いインターネットが利用できます。ドコモ光などの一般的な光回線は1ギガの速度となっているのに対し、NURO光は2倍の2ギガの速度です。
 ドコモ光NURO光
最大速度1ギガ
(1,000メガ)
2ギガ
(2,000メガ)
1ギガと2ギガと言われてもピンとこないかもしれませんが、光回線の速度は大体100メガ以上あれば快適にインターネット利用できると言われているので、10倍20倍の速度が出るということです。

ただし、あくまでの公式が発表している最大の速度なので、実際に測ってみたら10分の1まで遅くなる場合もあります。

そこで、実際にNURO光を契約してみて速度を測ってみたところ、以下のように1.3ギガも出ていてあまりの速さに驚きました。

NURO光の速度の実測値

このように、NURO光の速度はドコモ光だけでなく他の光回線と比べても速いですが、ドコモ光の速度も日常生活を送るうえでは速すぎるぐらいなので、以下の口コミのように満足している利用者が多いです。

PCでオンラインゲームをやる人のように速い速度が必要な人はNURO光で安心して利用できます。それほど速さにこだわらない人は、NURO光とドコモ光のどちらを選んでも大丈夫です。

工事費

比較すべきポイントとして、ドコモ光とNURO光の工事費について紹介していきます。

ただし、どちらもキャンペーンや割引サービスで工事費が無料になるため、そこまで気にしなくても大丈夫です。
 ドコモ光NURO光
戸建て18,000円40,000円
マンション15,000円40,000円
ドコモ光は戸建て18,000円、マンション15,000円の工事費と決まっていますが、2020年11月時点で工事費無料キャンペーンをやっているので工事費が0円になります。

NURO光の工事費は4万円を分割支払いにすることで30ヶ月間1,333円ずつ月額料金から割引きされていって、利用開始から30ヶ月経てば工事費が0円になるという仕組みです。

しかし、NURO光の工事費については注意点があり、30ヶ月以内にサービスを解約すると残りの工事費が請求されてしまいます。

例えば1年後に解約してしまうと、残り18ヶ月分の約2万円が工事費の未払い分として翌月に一括で払わないといけません。

そのため工事費の面で考えると、NURO光と違って高額請求される心配が一切ないドコモ光の工事費無料キャンペーンを活用した方がお得になるということです。

エリア

最後に、ドコモ光は全国のエリアに対応していますが、NURO光は以下の地域でしか利用できないので必ず自分の住んでいる場所が含まれているか確認しましょう。

●NURO光の提供エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、千葉県、栃木県、群馬県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、福岡県、佐賀県

上に書いたエリアに入っていない人は、残念ながらNURO光を契約できないのでドコモ光一択になります。

結論!ドコモ光がおすすめな人

ドコモのスマホを使っている人

結論として、ドコモのスマホを使っている人はNURO光よりもドコモ光を利用する方がおすすめです。

ドコモのスマホとドコモ光をセットにすることで、自分と家族のスマホ1回線につき毎月1,000円ほど割引きされるため、ドコモのスマホを使っている家族が多いほどお得になります。

今ならスマホとセットになるドコモ光が工事費0円で申し込むことができるので、キャンペーンが実施されている期間に申し込むことをおすすめします。

フレッツ光や光コラボから乗り換える人

現在フレッツ光や光コラボを利用している人は、NURO光よりもドコモ光への乗り換えがおすすめです。

光コラボとは、ドコモ光やソフトバンク光などのようにフレッツ光と同じNTT回線を使っているサービスのことで、主要な光コラボを以下の図にまとめました。

光コラボ

フレッツ光や光コラボからドコモ光への乗り換えは、同じNTTの回線を利用するので工事をする必要ありません。

利用している光回線に電話をして『事業者変更承諾番号』を取得してから、ドコモ光に新規で申し込むだけで自動的に切り替わるのでカンタンに乗り換えられますよ。
\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口
選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら工事費18,000円が完全無料!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル
★家族全員のドコモスマホ代毎月1,000円割引
★最大20,000円キャッシュバックドコモ光は工事費無料期間中がベスト◎さらに今なら最大20,000円キャッシュバック中!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

結論!NURO光がおすすめな人

ソフトバンクスマホを使っている人

ソフトバンクのスマホを使っている人は、NURO光とセットにするとスマホ料金が安くなるのでおすすめです。

ソフトバンクスマホのセット割「おうち割」は、月額500円の『NURO光でんわ』のオプション加入が条件ですが、契約者とその家族も1,000円ほど割引きされるのでオプション料金以上の恩恵を受けることができます。

おうち割を利用するためにはNURO光の契約後、ソフトバンクショップにて手続きが必要で、少し面倒かもしれませんが今後のことを考えたらかなり節約できます。

ソフトバンク光と同じ割引内容になっていて、どの光回線よりも速いインターネットが使えるので、ソフトバンクスマホを使っている人はNURO光を一度は使ってみるのがおすすめです。

速度の速さにこだわりたい人

結論として、なんといってもNURO光は光回線の中で一番速いインターネットなので、速度にこだわりたい人におすすめします。

最近だとスマホでYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを見る人や、PCでオンラインゲームする人も増えてきて、インターネットの速度に対するニーズが高まってきました。

NURO光はどのインターネットサービスよりも最速と話題になっているので、動画を配信するインフルエンサーやゲーマーの中でも大人気です。
\速くて安い光回線/
NURO光が選ばれています
●世界最速最大2ギガの通信速度!
●45,000円の高額キャッシュバック!
●月額料金ずっと激安4,743円!
●マンションなら月額1,900円~!
●Wi-Fiルーター無料レンタル!
●工事費実質無料!

現在CMでも話題になっている業界最速のNURO光!料金面でも優れているので乗り換える人が増えています。
▼今なら45,000円プレゼント▼NURO光の申し込み窓口

NURO光⇔ドコモ光の乗り換え時の注意点

NURO光からドコモ光に乗り換える場合

NURO光からドコモ光への乗り換える場合は、NURO光を契約してからドコモ光を新規で申し込むという流れになります。NURO光からドコモ光にそのまま乗り換えることはできません。

NURO光は2年契約で途中解約の場合は、解約金9,500円と残りの工事費を一括で支払う必要があります。すでにお話ししたように、工事費40,000円は30ヶ月間の分割で毎月1,440円ずつ支払っているので1,440円×残月分が請求されます。

NURO光解約にかかる費用
解約金:9,500円(更新月以外の場合)
工事費の残債:1,440円×残月分

解約時にどのくらいの解約費用がかかるのかは、NURO光のマイページから確認できます。

NURO光の解約は以下の窓口で手続きできますが、まずはドコモ光を申し込んでから解約しないとインターネットが使えない期間が発生してしまうので注意しましょう。
NURO光の解約専用窓口
0120-65-3810
(10:00~18:00)

ドコモ光からNURO光に乗り換える場合

ドコモ光からNURO光に乗り換える場合は、NURO光を新規で申し込んでからドコモ光を解約するという流れになります。

ドコモ光は2年契約なので途中解約する場合は違約金が発生し、さらに工事費を分割で支払っていてまだ完済していないという場合は、工事費の未払い分も一緒に請求されるので注意しましょう。

ドコモ光解約にかかる費用
違約金:戸建13,000円、マンション8,000円
工事費の残債:未払い分
ドコモ光解約窓口
0120-800-000
(9:00~20:00)

まとめ

光回線のサービス内容はどこもほぼ同じで料金や通信速度が若干異なるだけ。そのため契約する際に何を重要視するかによって契約すべき光回線は異なります。

光回線で1番通信速度が速いのはNURO光ですが、料金的に見たらドコモユーザーはセット割でスマホ代が安くなるドコモ光がおすすめです。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る