激アツ!楽天ひかりの代理店キャッシュバックを比較【2019年9月】

2019-09-01

楽天ひかりでは公式サイトや代理店でお得なキャッシュバックをおこなっています。

しかし代理店によって、キャッシュバック額や受け取り時期、適用条件、その他キャンペーンなどが違うため複雑でわかりにくいかもしれません。

この記事では、楽天ひかりの公式サイトと代理店4社のキャッシュバックキャンペーンを比較しました。結論をいうと、公式サイトからの申し込みが一番お得です。

新規で申し込む人や転用する人など、皆さんの状況によってキャッシュバック内容が大きく変わるので、簡単にわかりやすくご紹介していきます。

【2019年9月】楽天ひかり代理店のキャッシュバックキャンペーン比較

楽天ひかりの公式と厳選した代理店4社のキャッシュバックキャンペーンを以下で比較しました。

受取時期=キャッシュバック受け取りまでの期間
工事費無料=工事費無料キャンペーンの有無

 窓口キャッシュバック額受取時期工事費無料

楽天ひかり公式20,000円1ヶ月あり


ブロード
バンドナビ
18,000円3ヶ月なし
NEXT15,000円2ヶ月なし
アウン
カンパニー
15,000円2ヶ月なし
Wiz20,000円6ヶ月なし

どこの窓口から申し込んでも2万円近くの現金キャッシュバックがもらえますが、受け取り時期と工事費無料キャンペーンの有無が違います。

※CBの「受け取り時期」を比較すべき理由
受け取り日になってもキャッシュバックが振り込まれてないというトラブルが多いです。直接問い合わせれば対応してくれるみたいですが、受け取り時期がおそいと忘れてしまって確認できないので、受け取り時期が早い窓口をおすすめします。

結論を先にいうと、楽天ひかり公式のキャッシュバックキャンペーンが一番お得です。ここでは、各申し込み窓口をおすすめ順にご紹介していきます。

1位 楽天ひかり公式

楽天ひかり公式のキャッシュバックキャンペーン
楽天ひかり公式では、最大38,000円もお得になるキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

■メリット
・翌月に最大2万円キャッシュバックがもらえる
・最大18,000円の工事費が0円
・公式だから安心して申し込みできる
・楽天モバイルと一緒に申し込み可能

■デメリット
・公式サイトは楽天モバイルとセットにする方限定
・転用の場合は5,000円キャッシュバック
・1年以内に解約したら工事費を自己負担

公式でのキャッシュバックキャンペーンは最近始まったばかりですが、キャッシュバックがもらえるだけでなく工事費が0円になる唯一の申し込み窓口です。

楽天ひかりの工事費は戸建てなら18,000円、マンションなら15,000円もかかるので、キャンペーンを使うとかなりお得になります。

しかし、楽天ひかり公式サイトからの場合は、スマホの楽天モバイルをセットにする人しか申し込むことができません。

店舗の楽天モバイルショップで申し込めば、楽天モバイル以外のスマホを使っていても公式キャンペーンを利用できます。

また、楽天ひかりのサービスを1年以内に解約してしまうと、無料になった工事費相当額を自分で負担しなければならないので注意しましょう。

2位 ブロードバンドナビ

■メリット
・最大18,000円キャッシュバックがもらえる

■デメリット
・事業者変更と転用なら5,000円キャッシュバック
・3ヶ月後にキャッシュバックがもらえる
・1年以内に解約したらキャッシュバック相当額が請求される

ブロードバンドナビでは、新規申し込みで18,000円の現金キャッシュバックがもらえます。他社から乗り換える(事業者変更)の場合は、5,000円のキャッシュバックです。

工事が終わってから60日以内に受け取り手続きをおこなうことで、3ヶ月後に現金キャッシュバックがもらえます。

しかし、1年以内にサービスを解約してしまうとキャッシュバックの相当額が請求されてしまうので注意してください。

また、指定サービスを契約することでキャッシュバック額が上乗せされますが、余計なオプション料金がかかってしまうのであまりお勧めしないです。

※指定サービスごとの上乗せキャッシュバック額
新電力サービス「NEXTでんき」の契約⇒5,000円
新電力サービス「ニチデン」の契約⇒3,000円
ウォーターサーバーの契約⇒6,000円

電力会社とウォーターサーバーを契約しないとキャッシュバックが上乗せされないので、ちょうど欲しかった!という人でない限り契約しない方がいいでしょう。

3位 NEXT

■メリット
・最大15,000円キャッシュバックがもらえる
・申し込み時の電話だけで手続き可能
・クロームキャスト付きの特典が選べる

■デメリット
・転用の場合は5,000円キャッシュバック
・8ヶ月以内に解約したらキャッシュバック相当額が請求される

代理店のNEXTでは、新規申し込みと他社から乗り換える場合に15,000円の現金キャッシュバックがもらえます。転用の場合は、5,000円のキャッシュバックです。

申し込み時の電話でキャッシュバックの受け取り先口座を伝えるだけで、2ヶ月後の月末に現金が振り込まれます。

しかし、利用開始から8ヶ月以内に解約するとキャッシュバックの相当額が請求されてしまうので注意しましょう。

また、NEXTではテレビでインターネット動画配信サービスの映画やドラマが視聴できる「クロームキャスト」のプレゼントキャンペーンを実施しています。

12,000円の現金キャッシュバックとネット通販で購入すると大体4,000円するクロームキャストが一緒にもらえるお得なキャンペーンなので、気になる方は検討してみてください。クロームキャストは工事が完了してから1週間で届きます。

4位 アウンカンパニー

■メリット
・最大15,000円キャッシュバックがもらえる
・申し込み時の電話だけで手続き可能
・高速無線LAN付きの特典が選べる

■デメリット
・高速無線LANルーターは開通から1週間後に届く
・転用の場合は5,000円キャッシュバック
・8ヶ月以内に解約したらキャッシュバック相当額が請求される

アウンカンパニーでは、新規申し込みで15,000円の現金キャッシュバック、他社からの乗り換え(事業者変更)と転用の場合は5,000円キャッシュバックがもらえます。

先ほどのNEXTと同様に、申し込み時の電話だけで受け取り手続きができるので、キャッシュバックをもらい損なう心配がありません。

しかし、利用開始から8ヶ月以内に解約してしまうと、キャッシュバック相当額が請求されてしまうので注意しましょう。

また、アウンカンパニーでは「12,000円の現金キャッシュバック+高速無線LANルーター」の特典付きキャンペーンが選べます。

高速無線LANルーターはNEC製の「Aterm WG1200CR PA-WG1200CR」という機種で、価格コムだと3,548円の値段で販売されていました。ルーターにこだわりがなければ貰って損はないです。

しかし、無線LANルーターは工事が終わってから1週間後に届くので、7日間はインターネットが使えない状態が続くことを覚悟しておきましょう。

5位 Wiz

■メリット
・オプション加入なしで最大2万円キャッシュバックがもらえる
・転用なら即日の申し込みで7,000円キャッシュバックがもらえる

■デメリット
・キャッシュバックの受け取りまでに半年以上かかる
・2年以内に解約したらキャッシュバック相当額が請求される

代理店のWizでは、指定サービスに加入することで最大23,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。

指定サービスについて「新電力への切り替え」または「データーカードの申し込み」と書かれていましたが、どれも手軽に加入できるサービスではないのでおすすめしません。

指定サービスに加入しなくても、新規の申し込みで2万円の現金キャッシュバックがもらえて、転用なら即日申し込みで7,000円キャッシュバックがもらえます。

しかし、キャッシュバックの受け取りまでに半年かかってしまい、2年以内に解約してしまうとキャッシュバック額分が請求されてしまう要注意な代理店です。

結論:楽天ひかり公式のキャッシュバックキャンペーンが一番おすすめ

楽天ひかり公式の申し込み窓口は、ネットと店舗をあわせて以下3つあります。

・楽天モバイル公式
・楽天ブロードバンド公式
・楽天モバイルショップ

どこから申し込んでも同じ公式キャンペーンを利用することができますが、皆さんの今の状況に応じて一番おすすめな窓口がそれぞれ異なります。

※楽天モバイルを契約中で、楽天ひかりに新規申し込みまたは他社から乗り換え(事業者変更)の人はどこから申し込んでも変わりません。

楽天モバイルと一緒に申込む人

スマホとネットを一緒にセットで契約する人は、楽天モバイル公式サイトからの申し込みがおすすめです。

ショップでも申し込むことができますが、ネットからの方がスムーズに手続きできます。

※楽天モバイルと楽天ひかりの申し込み手順
1.楽天モバイルに申し込む
2.「楽天ひかりお申し込みのご案内」のメールが届く
3.メールから楽天ひかりに申し込む
4.工事完了後の翌月25日頃にキャッシュバック事前メールを受け取る
5.メール到着日から45日以内に受け取り手続きをおこなう

楽天ひかりを利用することで毎月200円分の楽天スーパーポイントが貯まっていき、ポイントをスマホ料金の支払いにあてることができるので、スマホとネットを一緒にした方がお得になります。

楽天市場や楽天カードなどでもポイントが使えたり貯まったりしていって、ふだんの買い物や生活の助けになるのでおすすめです。

フレッツ光から転用する人

フレッツ光から転用する人は、楽天ブロードバンド公式サイトからの申し込みがおすすめです。

楽天ブロードバンドとは?
楽天が運営するプロバイダ。楽天ひかりとフレッツ光、ドコモ光といった光回線をインターネットにつなぐ役割をしています。

公式のキャッシュバックキャンペーンでは転用の場合だとキャッシュバック額が5,000円まで下がってしまいます。

転用の人は、楽天ブロードバンド公式サイトでもう一つ実施されている「ギガビット高速インターネットキャンペーン」がおすすめです。

★転用する人におすすめなキャンペーン
・楽天スーパーポイント7,000円分がもらえる
・人気機種の無線LANルータープレゼント
・工事費が無料になる

転用の場合だと工事が必要ないので工事費が無料になっても意味がありませんが、利用開始から4ヶ月後に7,000円分のポイント特典がもらえて、無線LANルーターをゲットできます。

無線LANルーターが届くのが工事完了から8日後なのでネットが使えない期間ができてしまいますが、自前でルーターを購入しなくて済むのでおすすめです。

楽天モバイルを持ってない人

楽天モバイルを持ってない人はネットでの申し込みができないので、楽天モバイルショップから申し込みましょう。

大手キャリアや他の格安スマホを使っている場合でも、「最大2万円の現金キャッシュバック」と「工事費無料キャンペーン」が利用できます。

家電量販店では、楽天ひかりを取り扱っている店舗がごく一部しかないので注意しましょう。取り扱っていても公式キャッシュバックキャンペーンは実施されていないです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

楽天ひかりのキャッシュバックキャンペーンを比較してきましたが、結論として楽天ひかり公式での申し込みが一番お得でした。

この記事が、皆さんが楽天ひかりの申し込み窓口を選ぶ手助けになれば嬉しいです。

The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

人気の記事一覧

キャッシュバック・キャンペーンの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu