【2018年11月】ドコモ光の一番お得な申し込み方法!おすすめキャッシュバック情報も | ヒカリCOM

公開日:2018/09/18 更新日:2018/12/07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光の申し込み方法はいくつかありますが、一番お得な申し込み方法が何かご存知ですか?

この記事では、ドコモ光を申し込む前に知っておくべき情報をたっぷりまとめています。

知らずにいると1万円以上も損をしてしまうので、お得にドコモ光を申し込みたいという方は必見ですよ!

ドコモ光の料金や評判について知りたい方はこちらの記事もどうぞ!
『ドコモ光を申し込む前に!料金・解約金・評判・速度を徹底比較しました。』

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

超お得!最大35,000円キャッシュバック!ドコモ光のおすすめ申し込み窓口

結論からいうと2018年12月の時点でドコモ光を1番お得に申し込めるのは下記の窓口になります。

ドコモ光にも公式キャンペーンはありますが、単独で見るとそこまでお得感はありません。

様々な申し込み窓口と比較して、1番お得に申し込めるのは下記の申し込み窓口です。

おすすめの理由
●新規申込で15,000円
●転用で10,000円のキャッシュバックがもらえます。
●20,000円分のdポイントプレゼント
●最新wifiルーター永年レンタル無料

定価だと15,000円程するwifiルータが無料でずっとレンタルできます。
(※他のプロバイダでレンタルできるwifiルーターと比べても圧倒的に高性能です。)

ドコモ光の申し込み窓口としては1番お得なので、自信をもっておすすめできる窓口です。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

2018年12月ドコモ光からお得なキャッシュバックが受け取れます。

光コラボレーションがはじまり、各社高額キャッシュバックでユーザー獲得に力をいれている中、ドコモだけはキャッシュバックを行いませんでした。

利用年数に応じてスマホ料金が割引されるサービスや、パケット通信料を分け合えるシェアパックなど独自のサービスを貫いてきました。

たしかに素晴らしいサービスだけど、新規契約するユーザーの立場からするとやっぱりキャッシュバックはほしいもの。

そんなユーザーの声が届いたのか、数社の代理店でキャッシュバックキャンペーンが開催されました。

金額はどこも横並びの15,000円。
(※2018年12月の時点の金額になります。)

公式サイトやドコモショップではキャッシュバックは受けられないので代理店経由で申し込みが間違いなくおすすめです。

この後、一番お得な代理店を紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

知ってるだけでお得に!ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンの豆知識

ドコモ光に申し込む前に押さえておきたい豆知識をご紹介します。

この後、オススメの申し込み方法や現在開催されているキャンペーンなどわかりやすくまとめてあります。

工事費無料キャンペーンとdポイントプレゼントは交互に行われる事が多い

ドコモ光の公式キャンペーンで代表的なものといえば以下の2つです。

●工事費無料キャンペーン
●dポイントプレゼント

後ほど詳しく説明しますが、この2つを交互にやることが多いです。

工事費無料キャンペーン⇒dポイントプレゼント⇒工事費無料キャンペーン⇒dポイントプレゼント

みたいな感じです。

期間はその時によって違うので何とも言えませんが、2~3ヶ月が多いような気がします。

現在のキャンペーン情報はその都度更新していきますので詳しくはそちらをご確認ください。

因みに工事費無料キャンペーンでは18,000円の工事費が無料になるのに対して、dポイントプレゼントキャンペーンは20,000円分のdポイントがプレゼントされます。

工事費無料の方がお得感があるように思えますが、実際はdポイントプレゼントの方が少しだけお得だったりします。

不定期に開催されるキャンペーンなので家電量販店の店員さんやドコモショップの店員さんに聞いてもわかりません。

ただし、ドコモ光の公式サイトで数日前から告知されるケースもあるのでちょこちょこ公式サイトをのぞいておきましょう。

新規・転用でキャッシュバックの額は変わる?

まずは新規と転用の違いについて。

新規
フレッツ光を利用していない人が光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)を契約する事。

転用
フレッツ光を利用している人が光コラボを契約する事。

新規と転用でキャッシュバック額が変わるかどうか……

答え:申し込み窓口によっては変わります。

ネットの代理店経由の場合は新規でも転用でも同額のキャッシュバックを受け取れるところもあれば、転用の場合は少し安くなるか、キャッシュバック対象外のケースもあります。

また、オプションの加入についても申し込み窓口によって変わってきます。

2018年12月の情報では、どのサイトから申し込んでも15,000円のキャッシュバックが受けられますが、受け取る条件としてオプションを指定している窓口もあります。

加入するオプションが少なくなれば、キャッシュバックの額も少なくなります。

キャッシュバック15,000円の場合
┗オプションA+オプションB+オプションCの加入が必要

キャッシュバック8,000円の場合
┗オプションA+オプションB

ドコモ光の申し込みに限らず、オプションを複数つけてくる申し込み窓口はおすすめしません。

2018年ドコモ光はどこで申し込むのがお得?おすすめ窓口紹介

ドコモ光を申し込むうえで、申し込み窓口選びは本当に大切です。

理由は、申し込み窓口によってキャッシュバックなどの特典に大きな差があるからです。

「どこで申し込んでも同じでしょ?」なんて考えでいると損をしてしまいますよ!

お得な申し込み窓口や、極力避けるべき窓口など、管理人がおすすめする順に紹介していきますね。

1. ネットの代理店からの申し込み

●メリット
・キャッシュバック金額が高いところが多い
・手続きが簡単

●デメリット
・代理店によってはキャッシュバックの受け取りが困難なことがある
・対面の手続きではないので人によっては不安

僕が一番おすすめしているのがこの方法。

ネットの代理店は、実店舗と違い人件費があまりかかりません。

そのため、その分の費用をキャッシュバックに充てられるので、ネットの代理店はキャッシュバックが高いことが多いのです。

ただし、代理店ならどこでもいいというわけではありません。

一口に代理店と言ってもそのサービスや対応には大きな差があるので、窓口選びはきちんとする必要があります。

おすすめしない代理店
●キャッシュバックの受け取りが複雑
●不要なオプションをつけられる
●最大××円などと超高額キャッシュバックを謳っている(10万円以上謳っているところは要注意)

他にもいろいろありますが、上記のような代理店は要注意です。

サイトの作りがしっかりしていて、公式マスコットの画像があるから優良代理店だ!なんて思ってはいけません。

どの代理店も高いお金を払ってWEB制作会社に依頼しているので、見た目に騙されないでくださいね。

管理人が調査して見つけたキャッシュバックがお得な代理店も後ほど詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

2. プロバイダのサイトからの申し込み

●メリット
・手続きが簡単
・ドコモ光公式キャンペーンと併用できる

●デメリット
・プロバイダによってはキャッシュバックがない

ドコモ光では25社のプロバイダが利用できるので、プロバイダの公式サイトから申し込むこともできます。

プロバイダが実施しているキャンペーンと公式キャンペーンを併用することで、公式サイトから申し込むよりもかなりお得になります。

ただし、全てのプロバイダがキャッシュバックキャンペーンを実施しているわけではありません。

調べたところ、25社のプロバイダのうちキャッシュバックキャンペーンを実施しているのは4社だけでした。

公式のキャンペーンと併用できるという点はネットの代理店と似ていますが、プロバイダからの申し込みでキャッシュバックをもらおうと思うと、かなり選択肢が狭まってしまいます。

快適なインターネットライフのためには、プロバイダ選びはとても重要です。

お得なキャッシュバックと快適なネット環境を両立するためには、「ネットの代理店で高額キャッシュバックをもらいつつ、好きなプロバイダを選択する」のが一番賢いと言えるでしょう。

3. 公式サイトからの申し込み

●メリット
・安心感がある
・手続きが簡単

●デメリット
・キャッシュバックの金額がない
・公式のキャンペーンしか適用されない
・対面の手続きではないので人によっては不安

当然、ドコモの公式サイトからも申し込みができます。

公式サイトからの申し込みは安心感がありますし、ネット上の手続きなので簡単ですが、お得かどうかで言えばあまりお得ではありません。

というのも、ネットの代理店では「代理店独自のキャンペーン+公式キャンペーン」の二つを併用できますが、公式サイトからの申し込みだと「公式キャンペーンだけ」しか適用されないからです。

代理店経由で申し込むと15,000円の現金キャッシュバックが受け取れます。

ドコモ光の公式サイトから申し込むとキャッシュバックが15,000円のキャッシュバックは受け取れません。

どこで契約しても利用するサービスは同じなので、できるだけお得に申し込みたいですよね。

キャッシュバックなんてもらえなくていいから安心感を重視したいという方にはいいですが、個人的にはおすすめしません。

一部の代理店をのぞけばキャッシュバックはちゃんと受け取れるからです。

15,000円のキャッシュバックなんていらないよ~という方はよいですが、貰えるものはもらっておきましょう。

4. ドコモショップからの申し込み

●メリット
・対面の手続きなので安心感がある
・わからないことをその場で質問できる

●デメリット
・ショップ窓口が混雑しやすいので手続きに時間がかかる
・不要なオプションをつけられる可能性がある
・キャッシュバックがない
・お得なキャンペーンがないこともある

「ドコモショップ」と言うと公式の店舗のように感じますが、全国にあるドコモショップは全て代理店です。

「代理店ってことは独自のキャンペーンが充実してるのでは?」と期待した方もいるかもしれませんが、実は独自のお得なキャンペーンをやっているショップはかなり少ないです。

ネットの代理店と違い、実店舗だとどうしても人件費がかかってしまうので、キャッシュバックにお金を使うと赤字になってしまうんです。

仮にキャンペーンがあったとしても、その特典は正直お得とは言いがたいものである可能性大です。

また、公式サイト同様に15,000円のキャッシュバックは受け取れません。

百歩譲ってキャンペーンがなくても大丈夫としても、最悪の場合強制的に有料オプションに加入させられるケースもあるので、損をしてしまうリスクは高いです。

どうしても絶対に対面の手続きでないと嫌だという方以外は、ネットで申し込むことをおすすめします。

5. ビックカメラなどの家電量販店からの申し込み

●メリット
・最寄りの店舗で契約できる
・対面の手続きなので安心感がある

●デメリット
・不要なオプションに加入させられる可能性がある
・キャッシュバック金額はあまり高くないことが多い

ヨドバシカメラやビックカメラ、コジマなどの家電量販店でもドコモ光の勧誘をしているのを見かけますよね。

家電量販店でのキャッシュバックの額は時期にもよりますが、1万円程度だと思ってください。

2018年10月に何店舗か家電量販店を調べたところ「1万円の商品券」「1万円分の商品値引き」「1万円の普通為替」「家電量販店で使える1万円分のポイント」でした。

キャッシュバックの金額が良いのはネットの代理店ですが、どうしても対面の手続きがいいという場合にはヤマダ電機やコジマなどの家電量販店で申し込むのも一つの手です。

キャッシュバックは郵便為替か商品券でもらえることが多く、申し込んだ店舗での受け取りが多いです。

キャッシュバックはお客が多く来店する週末に行うことが多く、一番キャッシュバックが期待できるのは月末の週末です。

家電量販店といっても店舗によってキャンペーンが違うので、お近くの店舗を回って情報を集めてみてください。

かなり面倒ですが、1円でも多くキャッシュバックをもらうためにはそのくらいの手間は覚悟しましょう。

また、ほとんどが派遣社員や契約社員なので店員によって知識の差があるので、注意が必要です。

ただし、情報や知識のない状態で適当に申し込んでしまうと、僕のように痛い目を見るかもしれません。

(何があったかはこちらの記事『僕は一生忘れない!フレッツ光をヤマダ電機で契約した失敗談』に書いてあります……。)

販売員の人は口がうまいことが多いので、押しに弱い、断るのが苦手という方もやめておいた方がいいと思います。

また、販売員によって知識の差がある事も覚えておきましょう。

知識が浅い店員にあたってしまうと、必要のないオプションに加入させられたりと損をする可能性も否めません。

以前、僕がビックカメラでauひかりのキャッシュバック額を聞いたところ、店員Aからは2万円、店員Bからは4万円と言われたことがありました。

損をしたくない方、面倒なことが苦手な方はネットからの申し込みを強くおすすめします。

6. 価格.comからの申し込み

●メリット
・有名なサイトなので安心感がある
・申し込み手続きが簡単

●デメリット
・キャッシュバックの受け取り手続きが面倒
・条件や注意事項が複雑

価格.comは有名な価格比較サイト。

家電製品などを購入する際、価格.comを参考にしたことがあるという方も多いでしょう。

その価格.comからの申し込みでも、キャッシュバックをもらうことができます。

ですが、個人的にこれもおすすめできません。

価格.comでキャッシュバックをやっているプロバイダはごく一部。

せっかくドコモ光は25社のプロバイダから選ぶことができるのに、わざわざプロバイダの選択肢を狭めることになります。

また、実際に見ていただければわかりますが、価格.comのキャンペーンページには読むのも嫌になるくらいの小さな字でびっしり条件や注意事項が書いてあります。

もちろん、その条件をすべてクリアしないとキャッシュバックはもらえません。

よっぽど光回線の契約に詳しい方ならいいかもしれませんが、キャッシュバックの受け取り手続きに慣れていない方はまず避けておいた方がいいでしょう。

7. 営業電話や訪問勧誘からの申し込み

●メリット
・対面の手続きなので安心感がある

●デメリット
・キャッシュバックなどの特典がないことが多い
・強制的にオプションをつけられる可能性がある

これは一番おすすめしない申し込み方法です。

営業の訪問や電話が来たら、まず断ってください。

「今よりもっと速くなりますよ!」「今より料金が安くなりますよ!」などと勧誘をしてきますが、ほとんどの場合がキャッシュバックなどのお得な条件なしの申し込みになってしまいます。

さらに最悪の場合、営業マンに言われるがままに不要なオプションをたくさんつけられて月に何千円も無駄に払うことになります。

「断ったのに何度もかけてくる!」「何も知らない親が言われるままに契約してしまった!」など、強引な勧誘に対する評判もかなり悪いので、基本的に断った方がいいです!

光回線の訪問営業や電話営業のトラブルはとても多く、総務省も注意喚起をしています。

もし強引に契約させられてしまった場合でも契約解除も可能です。

以下、総務省公式ページから引用。

●初期契約解除制度
※契約書面受領日等から8日以内に、契約解除を行う旨のはがき等の書面を発することにより、利用者の都合のみで契約を解除することができます。

一度契約してしまったからといって泣き寝入りしてはいけません。

8日以内であれば契約解除が可能ですし、それ以降に解約してしまうと工事費の残債や違約金が発生し高額な解約費用を請求されることになります。

不安な方は下記の窓口に相談することをおすすめします。

●一般社団法人電気通信事業者協会
03-4555-4124
月~金曜日10:00~17:00

●契約トラブルに関する具体的な相談
188

断り方に自信がない……という方にはこちらの記事がおすすめです!
『東大生にも真似できない!悪質な光コラボの勧誘の上手な断り方』

2018年12月実施中のドコモ光の公式キャンペーン情報

現在実施しているドコモ光の公式キャンペーン情報をまとめました。

代理店のキャッシュバックと併用することができるので、ぜひチェックしておきましょう。

※既に終了したキャンペーン情報も残してあるのでご注意ください。

dポイント20,000ポイントプレゼント

キャンペーン特典

dポイント(期間・用途限定)プレゼント

新規:10,000ポイント
転用:5,000ポイント

キャンペーン期間

終了日未定

適用条件

以下の条件をすべて満たす必要があります。

・ドコモ光を新規または転用で申し込み、申込月を含む7ヶ月以内に開通すること
・ドコモ光開通時にドコモ光の利用を継続しており、ドコモ光のペア回線契約者がdポイントクラブ会員であること

※ペア回線というのは、ドコモ光とセットで契約するドコモの携帯電話契約のことです。

注意事項

もらえるdポイントは使用期間と用途が限定されています。

ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル、Pontaポイントへの交換含む)や携帯料金の支払い、データ量の追加、寄付には利用できません。

最大18,000円の工事費無料!

キャンペーン特典

最大18,000円の工事費無料

キャンペーン期間

2018年12月1日~2019年5月6日

適用条件

ドコモ光を新規で申し込み、2019年11月6日(水)までに利用開始。

詳細はこちら
超お得なドコモ光の工事費無料キャンペーンの条件や注意点

家族紹介特典で最大50,000ポイント進呈

ドコモの携帯(スマホ)に家族の誰かが乗り換えると一人につきdポイントが10,000ポイント進呈されます。

最大5人=50,000ポイント進呈。

紹介者をお父さんの場合

例:お母さんと長男と次男、計3人ドコモスマホに乗り換えたら・・

10,000ポイント×3人=30,000ポイント進呈されます。

紹介者であるお父さんに30,000ポイントが進呈されます。

キャンペーン期間

2018年9月1日~2018年11月30日迄

適用条件

dポイントクラブアンケートにアクセスして、簡単なアンケートに答える。

紹介者と同じシェアパックに加入する。

2ヵ月後にポイントは進呈されます。

スマホ乗り換えサポート

他社のスマホの違約金を負担してくれるキャンペーンです。

1台あたり10,260PTの違約金が還元されます。

キャンペーン期間

2018年10月1日~終了未定

適用条件

ドコモ光またはdカードGOLDに加入し、他社の解約証明書(違約金がかかったとわかる証明書)を郵送する。


×=ソフトバンクのスマホ⇒ドコモのスマホを契約
〇=ソフトバンクのスマホ⇒ドコモのスマホ+ドコモ光を契約

●対象のキャリア
SoftBank・au・Y!mobile・UQ mobile

関西限定dポイント10,000ポイント進呈

関西限定でドコモ光を新規申し込みすると、dポイント10,000ポイントが進呈されるキャンペーンがあります。

公式キャンペーンにはもう一つのキャンペーンでdポイント20,000pt進呈もあります。

ともに条件は同じなので単純にもらえるポイントが増えることになります。

つまり、関西の方は最大30,000ポイントの進呈となります。

【dポイント受け取りまでの流れ】
ドコモ光申し込み

ドコモ光開通

適用判定

キャンペーンのポイント受け取り

条件
●「ドコモ光」2年契約を新規申し込み
●申し込み月を含み7ヵ月以内に開通すること
●「ドコモ光」のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること

ペア回線とは?
⇒ドコモ光の契約とセットで契約するドコモの携帯電話の回線のこと

プロバイダのキャッシュバックキャンペーンを比較

ドコモ光のプロバイダは全部で25社ありますが、現在キャッシュバックキャンペーンを実施しているのは4社のみ。

それぞれのキャンペーンの内容をチェックしていきましょう。

ぷらら

キャッシュバック金額

15,000円

キャンペーン期間

~2018年11月30日

適用条件

・キャンペーン期間中にぷらら公式サイトからドコモ光を申し込むこと

・申込月から3ヶ月後の月末までに利用開始すること

・4ヶ月以上継続利用すること

So-net

キャッシュバック金額

15,000円

キャンペーン期間

終了日未定

適用条件

・キャンペーン期間中にSo-net公式サイトからドコモ光を申し込むこと

GMOとくとくBB

キャッシュバック金額

5,500円(ドコモ光のみ)

15,000円(ドコモ光+ドコモ光電話バリュー)

キャンペーン期間

2018年9月5日~

適用条件

それぞれすべての条件を満たす必要があります。

ドコモ光のみの場合

・GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光2年定期契約プランを申し込むこと
・2018年12月31日までに開通すること
・ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに指定の方法でキャッシュバック受け取り手続きを完了すること

ドコモ光+ドコモ光電話バリューの場合

・GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光2年定期契約プランとドコモ光電話バリューを申し込むこと
・2018年12月31日までに開通すること
・ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに指定の方法でキャッシュバック受け取り手続きを完了すること

DTI

キャッシュバック金額

15,000円

キャンペーン期間

2018年8月3日~

適用条件

・DTI公式サイト経由でDTI with ドコモ光とマカフィーマルチアクセスオプションに申し込むこと

2018年ドコモショップはキャッシュバックがない

ドコモショップから申し込んでも商品券や現金のキャッシュバックは受けられません。

また、ドコモショップで宣伝しているのはほとんどがドコモ光の公式キャンペーンで、ショップオリジナルのキャンペーンをやっているところはかなり少ないです。

ツイッターで検索してみたところ、独自のキャンペーンを実施しているショップが見つかったので紹介しておきます。

Wi-Fiルーターがもらえるショップ

こちらはドコモショップ大井松田店のツイート。

ドコモ光の申し込みでWi-Fiルーターがもらえるようです。

機種の詳細は実際に問い合わせてみないとわかりませんが、面倒な条件なしにもらえるのであればいいかもしれませんね。

ただ、価格が10,000円を超えるような高性能ルーターはあまり期待できないと思います。

ラーメンがもらえるショップ

こちらは難波えびす橋店のツイート。

まさかのラーメンプレゼントです!(笑)

ドコモ光の契約だと、Aコースの「時間待ちの全国繁盛店ラーメン」がもらえるらしいです。

インターネットに全く関係ないプレゼントですが、ラーメン好きな方には嬉しいですね。

やっぱり現金キャッシュバックが一番お得

ルーターやラーメンもいいですが、やっぱり現金でのキャッシュバックが一番だと僕は思います。

単純に値段で換算しても、ルーターもラーメンも15,000円のキャッシュバックには敵いません。

どこで申し込んでもドコモ光のサービス内容は同じなので、キャッシュバック金額の大きいお得な窓口から申し込むのが賢いですよ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光を価格.comで申し込んだ場合のキャッシュバック特典を比較

2018年10月時点の価格.comのキャッシュバック額と受け取り方法をまとめました。

全てのプロバイダで以下の公式キャンペーンと併用ができます。
●dポイント20,000ポイント

ドコモ×GOMとくとくBB

●キャッシュバック額
20,088円

●新規のみ対象
┗転用はキャッシュバック対象外

●キャッシュバック流れ
①申し込み手続き完了後、GMOとくとくBBお客さまセンターより指定のアドレスに特典受け取り手続きご案内メールが届く

②ドコモ光工事完了の翌月末日までに、特典受け取り手続きご案内メールに記載された指定URLより指定された情報を登録する。

③申請月の翌月末に指定口座に振り込まれる

ドコモ光×So-net

●キャッシュバック額
20,088円

新規・転用可

●キャッシュバックの受け取り
キャッシュバック受取専用WEBページで手続き。
申し込みから6か月後の月末までにサービス利用の確認。利用開始から2ヵ月後の15日に受け取り手続きができる
┗例:2018年9月利用開始の場合なら2018年11月15日からキャッシュバック受け取り専用WEBページから手続きが可能(受取口座入力)

受取が可能になったらメールが届く

キャッシュバックの受取手続き期間は45日間

ドコモ光×DTI

●キャッシュバック額
20,088円

新規・転用可

●キャッシュバックの受け取り
開通月の2ヵ月後にキャッシュバックの案内が送られる。
DTIが発行するメールアドレスに、振込み先を登録するメールが届く。

申し込みから7ヵ月以内の開通が条件
メールが届いてから45日以内に振込先を登録する

いつ振り込まれるのかは未定

ドコモ光×plala

●キャッシュバック額
20,088円

●受け取り時期

最短で利用開始から6ヵ月後

●キャッシュバックの受け取り

利用開始月を含む4ヵ月目の月末まで利用を確認、翌月ぷららから案内メールが届く

メール内で振込先口座を登録する
※メール送信日の翌月末までに登録しないと受け取れないので、メールを確認したらその日のうちに登録しましょう。

ドコモ光×@nifty

●キャッシュバック額
20,088円

転用は対象外

●受け取り時期
開通月を含む8ヵ月目の末日に振込

例:2018年10月に開通した場合

2019年5月に振込み

●キャッシュバックの受け取り

開通月を含む3か月目

@niftyのメールアドレスにメールが送られる
┗Gmailなどとは異なり申し込み時に作成される@niftyのメールアドレスです。忘れずに覚えておきましょう。

キャッシュバックが振込みされる前月までに振込口座を登録する。

ドコモ光×OCN

●キャッシュバック額
20,088円

●受け取り時期
開通月を含む4ヵ月後の末

例:2018年10月開通の場合
2019年1月末

●キャッシュバックの受け取り
開通月を含む3ヶ月後の月末をめどにONCメールアドレスに案内メールが届く。

OCNメールアドレスとは申し込み時に作成されるメールアドレスです。gmailとかではありません

例:2018年10月が開通月の場合
2018年12月末までに案内メールが届く

案内メールに振込み口座を登録。
※案内メール送信日の翌々月末日まで登録しないと期限切れでキャッシュバックは消滅

口座登録の翌月に振り込まれる

家電量販店から申し込んだ場合のキャッシュバックを比較

ここで紹介する特典は私が調べた店舗によるものなので、すべての店舗で実施されているわけではありません。

また、特典内容は毎月変わる場合もあるのであくまで参考程度に。

情報が入り次第、随時更新していきます。

●コジマ
現金10,000円。

●エディオン
エディオンポイントがもらえます。
エディオンが提供しているプロバイダ、エディオンネットを契約すればエディオンポイントが15,000pt。
その他のプロバイダを契約した場合はエディオンポイントが10,000pt。

●ビックカメラ
ビックカメラの商品券10,000円分

●ノジマ
1万円分の普通為替

ドコモ光の家電量販店の独自キャンペーンはけっこうお得!

乗り換え時のキャッシュバックというとキャッシュバックばかり注目されていますが、他にもお得なキャンペーンあります。

下の画像はノジマの2店舗で行われていたキャンペーンです。

例えば家電量販店のノジマの場合、キャッシュバックとは別に、他社から乗り換え時に発生した費用を最大5万円まで負担してくれます。

対象
●工事費の残債
●アナログ戻し手数料
●モバイルルーターは3万円まで
●回線撤去費用

工事費の残債がいくら残っているかにもよりますが、5万円まで負担してもらえれば、工事費の残債+アナログ戻し手数料+回線撤去費用は負担できるでしょう。

これはドコモ光の公式サイトでは行っていないキャンペーンで、ノジマ限定のキャンペーンになります。

また、工事費の残債と回線撤去費用の両方を負担してくれるキャンペーンもめずらしく、ソフトバンク光の場合だと回線撤去費用は負担してくれるけど、工事費の残債までは負担してくれません。

いずれにしても期間限定のキャンペーンになり、店舗によってキャンペーン内容が違うのでお時間のある時にお近くの店舗に足を運んでみてください。

ドコモ光申し込みから開通までの流れ

では、ドコモ光の申し込みに関する基本的なことも確認しておきましょう。

どの申し込み方法でも、基本的には以下の流れになります。

申し込み → 開通工事 → 利用開始

「申し込み」と「開通工事」について解説していきますね。

1. 申し込み

まず、この記事の冒頭でも紹介した方法のいずれかで申し込みをします。

ネットの代理店での申し込みを例に、簡単に説明しますね。

ネットから申し込む場合、代理店のサイトのWebフォームまたはサイトに記載のある番号に電話することで申し込みができます。

Webフォームからの場合は代理店からの折り返し電話で、電話申し込みの場合はその電話で、環境(戸建てかマンションか、ドコモの携帯電話を利用しているかなど)に適したプランの提案を受けます。

同時にキャッシュバックなどの特典についても説明があるので、必要があればメモを取るなどして、しっかりと聞いておくようにしましょう。

契約するプランが決まったら今度は指定のサポートセンターへ連絡し、工事日の調整をします。

混雑状況によっては希望に沿えない場合もあるので、早めに連絡をするようにしましょう。

転用の場合は転用承諾番号の取得が必要

フレッツ光からの転用の場合は、「転用承諾番号」というものが必要になります。

転用承諾番号は、NTTに問い合わせれば取得することができます。

転用承諾番号取得に必要なものは以下の通り。

・フレッツ光のお客様ID/ひかり電話番号/連絡先電話番号(いずれか一つ)
・フレッツ光の契約者名
・フレッツ光の利用場所住所
・フレッツ光の利用料金の支払い方法

これらの情報は、必ず事前に準備しておきましょう。

転用承諾番号取得の問い合わせ先

●NTT東日本
電話番号:0120-140-202
営業時間:午前9時~午後5時(年中無休・年末年始を除く)
※NTT東日本公式サイトでも手続き可能です。

●NTT西日本
電話番号:0120-553-104
営業時間:午前9時~午後5時(年中無休・年末年始を除く)
※NTT西日本公式サイトでも手続き可能です。

2. 開通工事

ドコモ光の工事には2種類あり、新規(他社からの乗り換え)か転用(フレッツ光からの乗り換え)かによって、工事の内容が変わってきます。

それぞれの工事費は以下の通り。

➀派遣工事(家に工事スタッフが派遣される)
⇒戸建て:19,440円(税込)
⇒マンション:16,200円(税込)

➁無派遣工事(スタッフ派遣なし、自分でケーブルを繋いで接続する)
⇒2,160円(税込)

初めて光回線を利用するという方は、まず回線を引き込む工事(立ち会いあり)が必要になります。

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用するので、フレッツ光からの転用であれば新たにケーブルを引き込む工事は必要ありません。

基本的に新規は➀の派遣工事というイメージでいいのですが、例外もあります。

賃貸住宅に住んでいて、前の住人が光コンセントを設置してそのままになっているなどの理由で、すでに家に光コンセントがある場合。

自分で配線ができれば2,160円の無派遣工事で済むので、高額な工事費を払う必要はありません。

他社からの乗り換えで新規契約をする方は、まずは家に光コンセントがあるかどうかの確認をし、無派遣工事で済むかどうかも問い合わせておきましょう。

工事2日前の午後9:00までに連絡すれば無料で契約解除できる

工事日が決定してからやっぱり申し込みをキャンセルしたい場合

工事の2日前の午後9:00までに連絡すれば無料で契約解除できます。

ドコモショップまたは、ドコモサービスセンターへの連絡が必要です。

●ドコモサービスセンター
ドコモの携帯電話の場合
┗15715(無料) 
一般電話
┗0120-766-156
受付時間:午前9:00~午後9:00(年中無休)

例外:壁に穴をあけたくない場合は当日キャンセル可能

光回線の工事は多目的配管やエアコンダクトから引き込むケースがほとんどです。

しかし、どうしても壁に穴を開けて引き込むしかないケースもあります。

壁に開ける穴の大きさは1cm程度ですが、どうしても壁に穴をあけたくない場合。

無料でキャンセルできます。

この事は工事業者も知っていますし、当日にならないとわからない事なので嫌な場合ははっきり断りましょう。

他のインターネット回線からドコモ光へ申し込む際の注意点

2018年12月現在ドコモ光は他社の違約金を還元するキャンペーンを行っていません。

以前は他社の違約金を還元するドコモ光乗り換えサポートキャンペーンがありましたが、現在は行われていません。

ソフトバンク光の場合はあんしん乗り換えキャンペーンで他社の違約金や、工事費の残債、撤去工事費、モバイルルーターの本体残債を最大10万円負担してくれます。

auひかりの場合はauひかりスタートサポートで他社光回線の違約金と携帯電話の違約金を還元してくれます。

ドコモセット割やずっとドコモ割・ドコモwithなどのサービスがめちゃくちゃお得なだけに他社から乗り換える際のキャンペーンにも力をいれてほしいところ。

以下ではソフトバンク光とauひかりからドコモ光へ乗り換える方の注意点をまとめました。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える方の注意点

ソフトバンク光の解約時にかかる費用で特に注意しなければいけないのは以下の3つです。

●解約違約金(9,500円)
●工事費の残債(解約時による)
●Yahoo! BB基本サービスの解除料(3,000円)

解約違約金は更新月に解約すればかかりません。

工事費の残債は分割払いの場合、残りを一括で翌月に支払う必要があります。

例:24回払いで1年で解約した場合
(24ヵ月-12ヵ月)×1,000円=12,000円

12,000円を翌月に一括で支払うことになります。

注意!
※Yahoo! BB基本サービスは別途解約が必要です。解約しなければ永遠と支払いが続きます。

Yahoo! BB基本サービスとはソフトバンク光のプロバイダであるYahoo! BBのオプションサービスのようなものです。

スタンダードプラン 300円
プレミアムプラン  550円
利用しない      0円

家電量販店やソフトバンクショップで契約するとまるで必須のオプションのような説明をされますが、加入は任意です。

個人的にはたいしたサービスではないと思うので必要ないかと思います。

もし、Yahoo! BB基本サービスに加入している場合はソフトバンク光の解約とは別に解約が必要です。

もし解約を忘れた場合、例えソフトバンク光を解約したとしても永遠に支払いが請求されます。

また、Yahoo! BB 基本サービス(プレミアムプラン)は2年契約になので、更新月以外に解約すると3,000円の解除料金が発生します。

Yahoo!BB基本サービスの解約はこちら

auひかりからドコモ光へ乗り換える方の注意点

2018年3月1日以降に戸建てで契約した方は以下の点に注意が必要です。

回線撤去費用が強制的に28,800円発生

工事費が60回の分割割引になり、解約時に工事費の残債が高額になる可能性が高くなる。

ドコモ光の場合、回線撤去費用や工事費の残債を負担してくれるキャンペーンはありませんので必ず支払わなければいけません。

※唯一の対処法
僕が調べた限り、一部の家電量販店のキャンペーンでは他社の違約金、回線撤去費用、工事費の残債を負担してくれます。

家電量販店ノジマのキャンペーンでは以下の費用を最大5万円まで負担してくれます。

●工事費残債
●回線撤去費用
●他社違約金
●アナログ戻し手数料

auひかりから申し込む方はこうした解約時に掛かる費用を負担してくれる家電量販店から申し込むのが良いでしょう。

ドコモ光をマンションで申し込む前の注意点

ドコモ光のマンションタイプに申込む前に必ず抑えておいた方がいい情報を紹介します。

・住んでるマンションの配線方法
・切り替えた後はどの配線方法になるのか
・工事の有無
・工事内容、金額

などを確認しておけば、申し込んだあとに後悔することは減ると思います。

マンションタイプの工事内容は以下の流れです。
●電柱から建物につながれる。
●そのあと部屋ごとに配線される。

マンションに引き込んだ回線を部屋のみんなで分け合うようなるイメージです。

そのため複数の人が同時にネットを使うと21:00~夜中は遅くなることが多いです。

古いアパートやマンションでネット回線を引いてない場合

古いマンションやアパートにはそもそもネットの回線が通ってない場合があります。

その場合ネット回線が使えません。

つまり、ドコモ光を諦めるしかありません。

それでもドコモ光回線をつかいたい場合は電柱から住んでいる部屋に直接回線を引かないといけません。

ドコモに相談してみて回線がひけそうであれば、工事ができます。

※工事には不動産やオーナーさんからの許可が必ず必要です。

またその場合マンションタイプではなく、戸建タイプでの契約になる場合があります。

戸建ての工事と同じように回線を自分の部屋に直接引きこんでいる形になるからです。

ドコモ光を利用できる可能性としてはかなり低いですが、ダメもとで掛け合ってみてはいかがでしょうか。

マンションにネット回線が引けないときはモバイルルーターを検討する

ネット回線が引けないと時はモバイルルーター(WiMAXやY!mobileなど)を検討してみてください。

ドコモ光などの光回線にくらべると速度は劣りますが、動画を見たりネットサーフィンをするくらいであれば問題なくつかえます。

モバイルルーター以外にも工事不要でインターネットが使えるソフトバンクエアーなども検討してみても良いかもしれません。

個人的にはWiMAXがおすすめです。

VDSLは要注意!

電柱からマンションにネット回線をつないで、各部屋に配線するときに実は2種類の配線方法があります。

配線方法によって、通信速度が違います。

VDSL配線光配線(光ファイバー)の2種類があります。

光配線=高速(1Gbps)
VDSL=低速(100Mbps)
※1Gbps=1000Mbps

VDSLは光配線の10分の1の速度しかでないんです。

ドコモ光は最大1Gbpsの光回線ですから、せっかくドコモ光に回線を変えたとしても最大で100Mbpsしかでないということ。

光コンセントがあればほぼ光配線なので、まずは家に光コンセントがあるかどうか確認してみてください。

▼光コンセント

光コンセントの差し込み口

VDSLか光配線方式か知りたい方はドコモショップや家電量販店で住所を伝えれば数分で調べてくれます。

引っ越しの際は不動産屋に聞けば必ず答えてくれます。

後で後悔しないように必ず確認するようにしましょう。

VDSL配線から光配線に変更することもできる

ドコモ光に変えるときVDSL配線から光配線に変更できる場合があります。

マンションのオーナーさんが承諾するかどうかにかかっています。

よっぽど理解のあるオーナーさんじゃない限り難しいと思います。

費用は15,000円程度でできるそうですが、既にインターネット回線が使えているのだからいいじゃないかというオーナーさんが多いような気がします。

因みに光ファイバーへの変更ができなと言われてしまった方でも、VDSLは充分使える速度です。

特に検索したり、動画を観るくらいであればストレスを感じることなく使えます。

ただマンションに住んでいる人が同じ時間にネットを使うと速度が遅くなる場合があります。

オンラインゲームをする場合は遅くなったりする場合があるかもしれません。

工事は必要な人と不要な人がいる

ドコモ光をマンションに開通させるときに、工事が必要な人といらない人がいます。

工事がない人はフレッツ光からドコモ光へ転用する方で、使っているインターネットの通信速度を変えない人のみです。

工事がいらないので、工事費もかかりません。

それ以外の人は工事が必要なことがおおいです。

工事には派遣工事無派遣工事の2種類あります。

派遣工事
回線工事会社の人が来て工事をします。その際に立ち合いが必要になります。
  
工事費は15,000円です。分割で支払うことができ、12回、24回、36回、48回、60回から選べます。
また土日指定、年末、年始は工事費に3,000円追加されるので注意してください。
       
無派遣工事
ドコモからルーターが送られてくるので、そちらを設置するだけで工事完了です。
ただ工事費として2,000円かかります。こちらは一括支払いになります。

マンションのネット設備の表記に要注意

住んでいるマンションやこれから引っ越すマンションのネット環境を調べたい方もいるはずです。

マンションの契約書や不動産が物件の紹介などにをしてくれる時にネット設備について書いてあります。

しっかり理解していないと住んだ後に後悔するので簡単に紹介しておきますが一番確実なのはマンションのオーナーや不動産屋に聞くことです。

ブロードバンド対応マンション

ブロードバンド対応マンションまたはインターネット接続と表記されているマンションの場合は光回線が引かれているということです。

ネット回線は引いてあるので自分で回線やプロバイダと契約することができます。

ドコモ光を契約できるマンションです。

ただしVDSLか光ファイバーかどうかはわかりません。

不動産やオーナー、もしくはドコモに確認しましょう。

光ファイバー対応マンション

こちらは光ファイバーが対応しているマンションになります。自分で回線とプロバイダを契約することができます。

ドコモ光を契約できるマンションです。

ただ派遣工事が必要な場合もあるので、回線を引く場合は工事について不動産やオーナー、もしくはドコモに確認しておいた方がいいです。

インターネット完備・導入済み

マンションにすでにネット回線が引き込まれています。

プロバイダのみを自分で契約すことが必要になります。

ドコモ光を契約できるかどうかは不動産屋に確認しましょう。

インターネット無料マンション

マンションの方で回線とプロバイダも契約してあります。

そうなると今まで使っていた回線やプロバイダが使えない場合があります。その場合は解約したり契約変更しなければなりません。

マンションが契約している回線やプロバイダによって通信速度が遅くなる場合があり、インターネットが無料なのは低速のプランで、高速のプランに変更したければ有料になるケースもあります。

どんな回線でプロバイダが入っているのか確認した方がいいです。

ドコモ光を契約できるかどうか不動産屋に確認しましょう。

あえて戸建プランで契約する人もいる

自分が住んでいるマンションでは回線とプロバイダが指定されてるけど、どうしてもドコモ光を使いたい!と思っている人もいるはずです。

そのような人の中で、自分でドコモ光回線を戸建てプランで契約して使っている方もいるそうです。

そうすればドコモ光を使うことができますし、戸建てプランなので同じマンションの人よりも早い通信速度でネットを使うことができるようになるかもしれません。

もちろん不動産屋やマンションのオーナーに許可をもらって、さらにドコモからも工事ができると確認をしてもらうことが必要です。

ドコモ光の申し込み前に知っておくべき注意点

ドコモ光を申し込む前に知っておくといい注意事項もまとめました。

契約期間内の解約で最大13,000円の違約金が発生

ドコモ光は基本的に2年の契約期間があり、更新期間以外に解約をすると違約金が発生します。

解約しても違約金が発生しない契約更新期間は、契約月から24ヶ月後の翌月と翌々月の2ヶ月間。

それ以外のタイミングで解約をすると以下の違約金がかかってしまうので気を付けましょう。

戸建てタイプ⇒13,000円
マンションタイプ⇒8,000円

他社光回線との違約金を比較してみました。

名称戸建てマンション
ドコモ光13,000円8,000円
ソフトバンク光9,500円9,500円
auひかり9,500円9,500円
ビッグローブ光9,500円9,500円
NURO光9,500円9,500円

戸建てタイプの違約金は他社より高いですが、マンションタイプは安いですね。

最近は乗り換え先の光回線で違約金を負担してくれることも多いのであまり大きな問題ではないかもしれません。

ただし、まず一度自分で違約金を支払ったうえで他社が後で還元してくれるというパターンなので、最初から払わなくていいというわけではないことは覚えておきましょう。

ドコモ光の工事費用は最大60回分割

ドコモ光の工事費は戸建てとマンションで異なり、それぞれ最大60回の分割払いができます。

戸建て:19,440円(税込)
マンション:16,200円(税込)

分割回数ごとの毎月の支払い額は以下の通り。

 戸建てマンション
12回1,620円1,350円
24回810円675円
36回540円450円
48回405円337円
60回324円270円

ここで注意してほしいのが、工事費の分割払いが終わる前に解約をしてしまうと残りの工事費を一括で支払わなければいけなくなることです。

【例】戸建てで24回払いを契約し、1年で解約した場合

19,440円-(810円×12ヶ月)=9,720円

この9,720円というのが工事費の残りですね。

それに加え、2年以内の解約なので13,000円の違約金も発生します。

9,720円+13,000円=22,720円

工事費と違約金を合わせて22,700円も支払うことになります。

このシステムはたいていどこの光回線でも同じなのでドコモ光だけのデメリットというわけではありません。

工事費の支払は分割払いがおすすめ

ドコモ光の工事費は最大60回払いまで選べると説明しましたが、60回の分割払いがおすすめです。

理由は、乗り換えの時に工事費の残債を負担してくれる光回線があるからです。

代表的な光回線だとソフトバンク光でしょう。

最大10万円まで負担してくれるので工事費の残債を全て負担してもらえます。

仮に工事の残債を負担してくれない光回線に申し込んだ場合でも、一括で支払うの分割で支払う金額は変わりません。

家電量販店でも違約金や工事費の残債を負担してくれるキャンペーンを行っているので、工事費は分割払いがおすすめです。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光の申し込み前にプロバイダを比較

ドコモ光で利用できるプロバイダは25社。

一口にプロバイダと言っても、そのサービス内容や特徴は全然違います。

・速度
・キャッシュバック
・セキュリティ
・サポート

この4点に着目して比較してみました。

IPv6に対応しているプロバイダ一覧!おすすめはGMO

ドコモ光で利用できるプロバイダ25社のうち、楽天ブロードバンドを除く24社はIPv6接続に対応しています。

IPv6というのは、ざっくり言うと従来の接続よりも快適な速度で利用できる接続方式です。(詳しいことはググってみてくださいm(_ _)m)

まずはIPv6対応プロバイダの一覧表をご覧ください。

プロバイダ申込無料
レンタル
ルーター
接続方式
ドコモnet不要×v6プラス
ぷらら不要v6プラス
So-net不要v6プラス
GMO不要v6プラス
nifty不要×v6プラス
DTIv6プラス
ic-net×v6プラス
タイガース×v6プラス
BIGLOBE不要v6プラス
andline×v6プラス
シナプス×IPoE IPv6
excite不要×PPPoE IPv6
エディオン不要×PPPoE IPv6
SIS×v6プラス
TiKiTiKi不要×PPPoE IPv6
hi-ho不要×PPPoE IPv6
ネスク×PPPoE IPv6
01光コアラ×PPPoE IPv6
OCNv6プラス
TCOM不要×PPPoE IPv6
TNC不要×PPPoE IPv6
AsahiNet不要×IPoE IPv6
WAKWAK不要×IPoE IPv6
ちゃんぷる×PPPoE IPv6

この表では、下記の3点を一覧表にまとめています。

・IPv6接続を利用するのに別途申し込みが必要かどうか
・IPv6対応のルーターを無料でレンタルできるかどうか
・IPv6の接続方式の種類

3つ目の「接続方式の種類」というのがよくわからないという方も多いと思います。

まず結論から言うと、v6プラス(IPoE IPv4 over IPv6とも言います)という接続方式のプロバイダをおすすめします。

複雑な話になるので詳しいことは割愛しますが、「v6プラス」「IPoE IPv6」「PPPoE IPv6」の3種類の方式の中で混雑を回避かつ速度が上がるのはv6プラスです。

インターネットを快適に利用したければ、v6プラスに対応したプロバイダを選ぶといいでしょう。

v6プラス対応ルーターの性能比較

もう一つ重要なのが、v6プラス対応ルーターが無料でレンタルできるかどうかということ。

v6プラス接続を利用するためには、専用のルーターが必要になります。

対応のルーターを持っていなければ、プロバイダからレンタルするか自分で購入しなければなりません。

少しでも通信料をお得にしたいのに、何千円もするルーターを自腹で買ってしまうのはもったいないです。

月額300円~500円程度の有料レンタルをしているプロバイダもありますが、2年で7,200円~12,000円、4年で14,400円~24,000円と、積み重なればかなりの額になってしまいます。

ルーターの無料レンタルを希望する場合には申請が必要になりますが、絶対に無料レンタルできるところがおすすめです!

v6プラス接続が可能かつルーターを無料でレンタルできるのはぷらら、So-net、GMOとくとくBB、DTI、BIGLOBE、OCNの6社。

以下、無料でレンタルできる各社のルーターの性能比較。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
DTIELECOM製
WRC-
1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps

GMOの性能が良いことがわかります。

無料でレンタルできるのであれば、性能が良いGMOが圧倒的におすすめです。

さらに絞り込んでいきましょう。

申し込み時にキャッシュバックをもらえるのはぷらら、So-net、GMOとくとくBB、DTIの4社で、それぞれキャッシュバックは最大15,000円です。

金額だけで見れば条件は同じですが、その中でも特に速度に定評があり、人気なのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのドコモ光は、下記リンクからお得に申し込むことができますよ。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

セキュリティサービス比較一覧

プロバイダメール
ウイルス
チェック
セキュリティ
ソフト
ドコモnet無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ぷらら無料マカフィー
⇒24ヶ月無料
So-net無料カスペルスキー
⇒24ヶ月無料
GMO無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
nifty無料カスペルスキー
⇒12ヶ月無料
DTI無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ic-net無料ic-net安心
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
タイガース無料カスペルスキー
⇒永年無料
BIGLOBE無料セキュリティ
セット
プレミアム
⇒12ヶ月無料
andline無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
シナプス無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
excite無料Excite
インターネット
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
エディオン無料ウイルス
バスター
⇒月額429円
SIS受信時のみ
無料
スピーディア
永年無料
セキュリティ
⇒永年無料
楽天無料ウイルス
セキュリティ
⇒12ヶ月無料
TiKiTiKi無料ノートン
⇒月額450円

ウイルス
バスター
⇒月額450円

MyPC
セキュリティ
⇒月額200円
hi-ho無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ネスク無料ウイルス
バスター
⇒月額500円

マカフィー
⇒月額500円
01光コアラ無料
OCN送信時のみ
無料
マイセキュア
⇒12ヶ月無料
TCOM無料有害サイト
ブロック
⇒12ヶ月無料
TNC無料12ヶ月無料
AsahiNet月額200円カスペルスキー
⇒2ヶ月無料
WAKWAK送信時のみ
無料
マカフィー
⇒月額500円
ちゃんぷる受信時のみ
無料
ウイルス
バスター
⇒月額477円

インターネットを利用する上で、セキュリティが気になるという方も多いでしょう。

上記の表の○が無料で利用できるところです。

ほとんどのプロバイダにはメールのウイルスチェックやセキュリティソフトのサービスがありますね。

セキュリティソフトはほとんどのプロバイダが期間限定で無料で利用できるシステムです。

ドコモNetだけは無料期間が終わればそのままセキュリティサービスが終了となりますが、それ以外は無料期間中に自分で解約をしないと自動的に課金されてしまうので注意しましょう。

とはいえ、すでに自分でセキュリティソフトを利用している方やそもそもあまりセキュリティのことを意識していないという方にはあまり関係ないかもしれませんね。

サポートサービス比較一覧

プロバイダリモート
サポート
訪問
サポート
ドコモnet31日間
初回無料
有料
ぷらら無料初回無料
So-net6ヶ月以内
初回無料
無料
※設定のみ
※Wi-Fiルーター
レンタル併用不可
GMO有料
nifty初回無料3ヶ月以内
初回無料
DTI無料初回無料
ic-net36ヶ月以内
無料
36ヶ月以内
初回無料
タイガース無料180日以内
初回無料
BIGLOBE無料初回無料
andline初回無料
シナプス6ヶ月以内
初回無料
6ヶ月以内
初回無料
excite有料有料
エディオン有料
SIS60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
楽天60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
TiKiTiKi有料
hi-ho60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
ネスク無料
01光コアラ有料
OCN有料初回無料
TCOM有料有料
TNC有料
AsahiNet
WAKWAK有料
ちゃんぷる12ヶ月以内
無料

パソコンやネットの設定が苦手な方向けに、遠隔操作でサポートしてくれる「リモートサポート」や、専門スタッフが自宅に来て設定などをしてくれる「訪問サポート」のサービスもあります。

上記の表で○となっているのが無料で行ってくれるところです。

ほとんどは有料のサービスですが、初回だけ無料で行ってくれるというところが多いですね。

パソコンやネットの知識がある程度あれば必要ないサービスですが、苦手な方はうまく活用するといいでしょう。

プロバイダは変更できます

この後、おすすめのプロバイダを紹介しますが、まずドコモ光のプロバイダは変更ができるという事を覚えておきましょう。

auひかりなどではプロバイダの変更はできません。

タイプAのプロバイダ⇒タイプBのプロバイダにも変更できます。

ただし、3,240円(事務手数料)がかかります。

速度が遅い原因はプロバイダの可能性も考えられます。

速度が遅い…
プロバイダの対応が悪い…

と思った時にプロバイダを変更できるのはドコモ光のメリットです。

速度で選ぶならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBはv6プラスに対応していて、速度が速いと定評があります。

(※v6プラスとは、簡単に言えば通常よりも速い速度でインターネットを利用できるサービスです。)

v6プラスを利用していて通信速度が100Mbpsを下回った場合には、申請をすれば100円相当のGMOとくとくポイントがもらえます。

月に何度申請しても有効になるのは1回分のみですが、他のプロバイダにはない面白いサービスですよね。

公式サイトでもトップページに堂々と速度を公開しているところも速度に対する自信の表れでしょう。

v6プラス対応のルーターが無料でレンタルできるところも大きなメリットです。

特典

○IPv6対応Wifiルーターが無料でレンタル

GMOとくとくBBの評判や料金をまとめた記事はこちら★

サポート体制を重視するならSo-net

プロバイダの大手といったらSo-netです。

人気で利用者が多いのでネットではいろいろな口コミが出回っていますが、サポート体制もしっかりしていて、安心して契約できるプロバイダです。

プロバイダ選びに悩んでいる人は、ネットのネガティブな口コミを鵜呑みにせず、一度は契約してみても良いかもしれませんね。

特典

○カスペルスキーセキュリティ24ヶ月無料
○接続設定サポート1回無料

So-net光の料金や評判をまとめた記事はこちら★

無難に決めるならOCN

So-netと同じく人気なのがOCN。

迷ったら選んでおけば間違いないと言われています。

2017年の設備増強工事の影響で速度に制限がかかったなどの口コミもありますが、人気のプロバイダです。

工事の情報に関しては公式サイトで公開されているので気になる方はチェックしてみてください。

特典

○初回訪問サポートが無料
○gooポイント4,800円相当がもらえる
○セキュリティーサービス12カ月間無料

OCNの評判や料金をまとめた記事はこちら★

プロバイダによって料金が違うことも忘れずに

ドコモ光のプロバイダは「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」に分けられ、それぞれタイプによって月額料金が異なります。

単独タイプというのはタイプAやタイプB以外のプロバイダを選んだ際の料金で、別途プロバイダ料金がかかります。

タイプAのプロバイダ

・ドコモnet
・ぷらら
・So-net
・GMOとくとくBB
・andline
・excite
・Tigers-net.com
・BIGLOBE
・DTI
・エディオンネット
・シナプス
・TIKITIKI
・楽天
・ネスク
・01光コアラ
・IC-net
・hi-ho

タイプBのプロバイダ

・TCOM
・OCN
・nifty
・TNC
・AsahiNet
・WAKWAK

戸建てタイプの料金

プラン名料金
タイプA5,200円
タイプB5,400円
単独タイプ5,000円

マンションタイプの料金

プラン名料金
タイプA4,000円
タイプB4,200円
単独タイプ3,800円

料金が高いタイプBが良いプロバイダというわけではない

タイプBの方がタイプAより200円高いからサービスの質が良いのではないか?

関係ありません。

タイプA、タイプBともに有名なプロバイダが入っています。

ドコモの販売員の方が仰っていましたが、昔はタイプAだったのが今はタイプBに変更されたプロバイダもあるようです。

どういうくくりで分かれているのか確認したところ、

「それは大人の事情でして…」

と言われました。

詳しい情報が分かり次第報告しますが、とりあえず料金が高いタイプBの方がサービスの質が良いというわけではないと覚えておきましょう。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光申し込みに関するQ&A

申し込みの前に解消しておきたい疑問をQ&A形式でまとめました。

申し込みの必要書類・準備しておく情報は?

ドコモ光を申し込む際に必要なものは窓口によって異なりますが、基本的に以下の情報があれば大丈夫です。

・名前
・設置予定の住所
・電話番号
・ドコモの契約電話番号
・メールアドレス
・フレッツ光利用料金の支払い方法(※転用の場合のみ)
・転用承諾番号(※転用の場合のみ)

先程も触れましたが、フレッツ光からの転用の方は転用承諾番号の取得を忘れないようにしましょう。

初期費用ってどれくらいかかるの?

まず、契約事務手数料として3,000円がかかります。

新たに光回線を引き込む工事をする場合には戸建てで19,440円、マンションで16,200円の工事費がかかります。

工事費は12回、24回、36回、48回、60回のいずれかの回数での分割支払いになりますが、工事費無料キャンペーンが適用されれば無料になります。

また、先程も触れたように、すでに光コンセントが設置されている場合は2,160円の無派遣工事で済ませることもできます。

工事費の支払い方法は工事日までなら変更可能

ドコモ光の工事費は一括か分割(12回・24回・36回・48回・60回)で支払うか選べます。

申し込み時に一括にしてしまったけれど、やっぱり分割にしたい場合…

工事日までなら変更できます。

▼お問い合わせ先
ドコモの携帯電話から
15715(無料)
一般電話から
0120-766-156
【受付時間】午前9:00~午後9:00(年中無休)

ドコモ光の申し込み後に取り消し・キャンセルはできる?

開通工事日(転用の場合は転用予定日)の前であれば、ドコモ光の申し込みのキャンセルは可能です。

ドコモインフォメーションセンターに連絡して、キャンセルしたい旨を伝えましょう。

ちなみに、工事が完了してしまった後のキャンセルは解約扱いになるので、戸建てで13,000円、マンションで8,000円の違約金がかかってしまいます。

また、申し込んだ窓口によっては申し込みをキャンセルすることでキャンペーンの適用外となったり、最悪の場合違約金が発生する可能性もあるので十分に注意しましょう。

●ドコモインフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000

営業時間:午前9時~午後8時(年中無休)

契約者と支払う人は同一である必要あり

ドコモ光を契約して、家族でシェアパックを使いたい方は多いと思います。

その場合、インターネット回線の知識がない親を契約者にしないで、自分が契約者になりたいという方もいますよね。

結論からいうと、契約者と支払う人は同一である必要があります。

また、自分が契約者になって支払いを親にしたい場合は後日ドコモショップで支払い先の変更をしてください。

契約の解約や不明点などがある場合、契約者本人が直接問い合わせる必要があるので、契約者はインターネット回線の知識がある方にした方が良いですね。

マンションやアパートでインターネットが無料で使える物件から申し込む場合

よくこの物件はインターネットが無料で利用できます!みたいな賃貸物件ありますよね。

ただ、ほとんどの場合速度が遅く使い物にならないケースが多いです。

こういった場合、ドコモ光などの光コラボに乗り換えられるのか?

結論:残念ながらかなり難しいです。

大家さんは建物全体でインターネットの契約をしている為、新たに工事をしたり光ファイバーを引きたがらない傾向があるからです。

理解のある大家さんであれば承諾してくれるかもしれないけれど、あまり期待しない方が良いでしょう。

ダメもとで大家さん、もしくは管理会社に聞いてみてください。

注目
物件選びの際にお目当ての物件が「光ファイバー(高速)かVDSL方式(低速)どちらに対応しているのかも管理会社に問い合わせればわかるので事前にしっかり確認しておきましょう。

VDSL方式だといくら、光回線を契約し、最新のwifiルーターをつかっても速度が遅いままです。

因みに、家電量販店などでも住所を伝えれば自宅のマンションが光ファイバーかVDSL方式か確認できるので、速度に不満のある方は確認してみてはいかがでしょうか。

有料オプションには加入しなければいけないの?

ドコモ光の契約自体に加入必須のオプションはありませんが、悪質な窓口の場合、さも有料オプションに加入するのが当然のような口ぶりで話を進めてくることもあります。

ただし、申し込み窓口によってはキャンペーンの適用条件に有料オプションの加入が指定されていることもあるので、必ず事前に確認しましょう。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光を移転する場合

ドコモ光の移転とは?
引っ越し先などで住所が変わっても、ドコモ光を利用する場合の事を指します。

 戸建てマンション
工事費9,000円7,500円
手数料2,000円2,000円

因みに移転先で新たにドコモ光を利用する場合、キャッシュバックやキャンペーンは受けられません。

ドコモ光申し込みでもらえるdポイントの概要

dポイントとは

dポイントとは、dポイントに加盟しているお店での買い物やスマホ代を支払ったり、ためることもできるポイントです。

ドコモユーザーでなくても、お得に使うことができるポイントです。

●1ポイント=1円
●有効期限は獲得した月から48ヵ月

Tカードなどと同じようにプラスチックのdポイントカードがあり、加盟店のローソンやマクドナルド、ドコモショップで手に入れられます。

dポイントカードは年会費や初期費用がかかるものではありません。

クレジットカード付帯のものだとランクによって年会費が発生します。

dポイントの用途と使い道

dポイントの使い方には以下のようなものに使い方があります。

●街のdポイントに加盟店でつかう
●dネットショッピングをdポイントで払う
●携帯電話の料金、スマホのデータ量追加にdポイントをつかう
●JALマイルやPontaポイントに交換する

街のお店にはコンビニやドラッグストアやアパレルショップ、スーパーマーケット、家電量販店、レストランなどが数多くあります。

 dポイントdポイント(期間・用途限定)
街のお店
ネットのお店
dマーケット
d払い
ギフトコ
(2019年2月28日で終了)
ドコモ商品
メールストア等ドコモサービス
寄付
レジャー施設等
チケット優待購入
(※4thステージ以上)
dポイントカードプリペイドのチャージ
携帯電話の料金の支払い
データ量追加
スゴ得クーポン
賞品が当たる抽選
dポイント投資
交換商品
●d払い
⇒スマホに表示させたバーコードやQRコードを見せることで、キャッシュレスで買い物ができるサービス。

●ギフトコ
⇒少額のギフトとしてスマホやパソコンのメール、LINE、Facebookからプレゼントできるサービス。

●メールストア
⇒ドコモメールアプリの中で使用できる「デコメ」「きせかえテーマ」を購入できるストア。

●スゴ得
⇒ニュースや天気、レシピをはじめ、たくさんのアプリやコンテンツが約180種類が使い放題になるコンテンツ。

●4thステージ
⇒ドコモ継続利用年数10年以上 or dポイント3,000pt以上以上(6ヵ月間累計)

※ドコモ光のキャンペーンでもらえるポイントはスマホ代の支払いやドコモ光の支払いには使用できません。

dポイント加盟店の数は現在拡大中なので、さらに幅広く使えるようになります。

dポイントの貯め方

dポイント加盟店でのお買い物をする時に、dポイントカード/dカードGOLD/dカード/dカードプリペイドを提示するとdポイントが貯める事ができます。

100円=1ポイントの還元率となっています。

ただし、電子マネーのチャージやキャッシングの返済、年会費などの支払いにはポイントがつきません。

また、dカードminiの場合には、200円=1ポイントの還元率になります。

dカードmini
ドコモが提供する電子マネー「iD」がスマホで使えるサービスで、ドコモユーザーのみが登録できます。
dカードminiで支払い、さらに一緒にdポイントカードを提示すると両方でポイントがたまります。
※iPhoneは未対応

例:マクドナルドで400円の料金をdカードminiで支払う+dポイントカードを提示
dカードmini⇒2ポイント
dポイントカード⇒4ポイント

がそれぞれでたまります。

さらに持っているポイントを増やしたければ、「dポイント投資」でポイントを運用することもできます。

増えたポイントはいつでも引き出すことができるようになっています。

dポイントの期限がいつなのか注意する

実はdポイントには2種類あります。

●dポイント
●dポイント(期間・用途限定)

ドコモ光のキャンペーンで貰えるのは「dポイント(期間・用途限定)」の方で、期限は6ヶ月です。

キャンペーンでもらったポイントは6ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

ドコモ光セット割の申し込みについて

ドコモ光セット割りとは?
ドコモ光とドコモのスマホを契約することで月々のスマホ料金が割り引きされるサービスです。

※プランによって割引額が変わります。
※データ容量が多いプランほど割引額も増えます。

データ容量割引額
100GB(シェア)-3,500円
50GB(シェア)-2,900円
30GB(シェア)-2,500円
15GB(シェア)-1,800円
10GB(シェア)-1,200円
5GB(シェア)-800円
LLパック(個人)-1,100円
Lパック(個人)-900円
Mパック(個人)-800円
Sパック(個人)-500円
ケータイパック(個人)-500円

●ドコモ光セット割はいつ適用されるのか?
ドコモ光が開通し、ドコモのスマホを契約した月の翌月になります。

例①:ドコモ光が11月に開通し、ドコモのスマホを11月に契約した場合
┗12月からセット割は適用されます。

例②:ドコモ光が11月に開通し、ドコモのスマホを12月に契約した場合
┗来年の1月からセット割が適用されます。

基本的にはタイミングを合わせて乗り換えたいところですが、スマホの更新月もしっかり考えて乗り換えましょう。

理由はセット割の割引額より、スマホの違約金の方が高いからです。

他社の違約金を還元してくれるキャンペーンなどを実施している場合もあるので結果的にいくら負担することになるのか?をしっかり考えましょう。

●ドコモ光セット割の申し込み方法について

結論からいうと家電量販店の人やドコモショップの店員さんに任せておけば問題ないです。

例えば家電量販店でドコモ光を申し込んで、ドコモショップでスマホを契約する場合

ドコモショップで手続きができます。

逆の場合も同じです。

ドコモショップでドコモ光を申し込んで、家電量販店でドコモのスマホを契約した場合

家電量販店で手続きができます。

スマホを先に購入していてドコモ光を契約した場合も同じです。

まとめ

ドコモ光に限らず光回線全般に言えることですが、申し込みの際にどれだけキャッシュバックを利用できるかはとても大切なことです。

どこでもいいやと適当に契約してから「違う窓口から申し込んでいれば15,000円もらえたのに……」ということにならないためにも、申し込み窓口選びはしっかりしましょう。

他の光回線についても、キャッシュバックがお得なおすすめ窓口を紹介しています。

ドコモ光以外にも検討している光回線があるという方は、他の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*