auひかりの評判から見えた恐ろしい真実!料金や速度をガチ調査

2019-05-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりは高額キャッシュバックキャンペーンがかなりお得な光回線として広く認知されており、多くの代理店や仲介業者が市場に参入しています。

そのせいで、auひかりのデメリットや注意点が消費者に伝わらず、後悔する人や落とし穴に嵌ってしまう人が後を絶たないのが現状です。

評判や口コミを徹底的に調査した結果!

auひかりはあまり評判が良くありませんでした。

確かにauひかりは申し込み方法さえ間違えなければインターネット料金を安くすることができるので、素直におすすめできるサービスです。

しかし場合によってはauひかりよりも他の光回線がおすすめの人もいます。

この記事ではauひかりの恐ろしい真実を暴いていくので参考にしていただければ幸いです。

申し込むなら今!最大50,000円キャッシュバック!

※auひかりを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最大50,000円のキャッシュバック!
●最短1ヶ月後の受け取り!
●不要なオプション加入なし!
●申請手続きは申し込み時に完了!
●工事費実質無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

auひかりのメリット5つ

まず最初に、auひかりのメリットを紹介します。

auひかりのメリットとデメリットの両方を天秤に架けて、申し込むかどうかを判断してください。

1.auのセット割でスマホ料金が安くなる

auひかりには、auスマホとセットでスマホ料金が安くなる「auスマートバリュー」というサービスがあります。

auスマホとセットでauひかりを契約すると、スマホのプランに応じて月々のスマホ料金から最大2,000円割引されるというサービスです。

家族で一緒に住んでいて全員がauスマホを使っている場合は、家族全員が割引きの対象になります。

また、遠くに住んでいる50歳以上の家族もauスマホを持っている場合は、その人も割引きの対象になるのでお得です。

お父さん:「データ定額30」プランを利用
→翌月から2年間2,000円割引
(3年目以降は934円/月割引)

お母さん:auピタットプラン2GBまでを利用
→翌月から500円/月割引

息子:auピタットプラン20GBまでを利用
→翌月から1,000円/月割引

祖父&祖母:auフラットプランを利用
→翌月から1,000円/月割引×2人

家族のスマホ料金が毎月5,500円も安くなるんです。

家族でauスマホを使っている場合は「auスマートバリュー」を適用して、スマホ料金を安く利用しましょう

現在auスマホを使っている人は、絶対にauひかりがおすすめです!

しかし、auひかり以外にもauスマートバリューが適用される光回線があります。

後ほど詳しく紹介しますが、So-net光やビッグローブ光もauスマホの料金が安くなりますよ。

2.auひかり×So-netの申し込みがかなりお得

auひかりはプロバイダSo-netの公式サイトから申し込むことで月額料金がかなり安くなります。

他の光回線の場合は、どのプロバイダを選んだとしても月額料金はあまり変わりません。

しかし、auひかりはプロバイダごとに独自のキャンペーンを実施していて、契約プロバイダによって月額料金が異なります。

3年間の月額料金を比較
auひかり公式→5,100円
auひかり×So-net→3,500円

auひかり公式サイトやauショップで申し込んでしまうと、お得なキャンペーンが利用できずに基本料金をそのまま支払うことになってしまいます。

後ほど詳しく説明しますが、auひかりを申し込むのであればプロバイダの公式サイトか取り次ぎ代理店を選んだ方が圧倒的に安くなります。

auひかり公式の月額料金は他社と比べて高額ですが、プロバイダのSo-netから申し込むことで料金を安くすることが可能です。

合計最大88,800円の月額料金割引が超お得!

※So-net光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●36ヶ月間!2,200円の月額料金割引!
●37ヶ月目~48ヶ月間も500円割引!
●auの携帯料金が最大2,000円割引!
●v6プラス対応ルーター最大12ヶ月レンタル無料!
●人気のセキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼合計最大88,800円の大幅割引!▼
高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

3.auひかりのエリア内なら引っ越し先でも継続利用できる

引越し先がauひかりの対応エリア内の場合、auひかりを解約せずに引っ越し先でも継続利用することが可能です。

つまり、更新期間内の解約でなくても契約解除料が請求されず、引越し先の新規工事費も実質無料になります。

また、工事費の未払い分(残債)がある場合は翌月に一括払いする必要がありますが、引越し先の月額利用料で工事費残債の相当額が割引きされるので実質無料です。

例:auひかりの戸建てタイプを2年で解約した場合

①引越しの残債があるので翌月に利用料金とまとめて支払います
⇒37,500円-(625円×24ヵ月)=22,500円
22,500円を翌月のインターネット料金と一緒に支払います

②次回の支払いで上記で支払った22,500円が割引されます
⇒ずっとギガ得プランの場合だと5,100円/月なのでそこから22,500円割引されます。この場合、あまった17,400円は更に翌月以降の料金から割引されます。

③引越し先の新たな工事費はこれまでと同じ割引が受けられます
⇒戸建て(625円×60ヶ月=37,500円)
⇒マンション(1,250円×24ヵ月=30,000円)

僕の父が転勤が多い方だったので分かりますが、数年ごとに引越しをする家庭にとってインターネット回線についてまで検討するのはかなり面倒です。

引越しが多いという方にはauひかりをお勧めします。

4.auひかりホーム5ギガ、10ギガプランが超高速

auひかりは2018年3月1日から最大速度5G、10Gプランの提供を開始しました!

こちらはauひかりホーム(戸建てタイプ)のみで対応しているプランになります。

5ギガや10ギガと言われてもピンと来ないかもしれませんが、業界トップの速度を誇るNURO光の2ギガを超える速さです。

5ギガ、10ギガはベストエフォート(理論上の最大値)なので、実際にはそこまでの速度は出ませんが、実測値で下り2G、上り5Gも出ているのは本当に速いです。

HP閲覧やメールのやり取りなどの用途であれば速さはそれほど関係ないですが、ネット動画を観たりオンラインゲームしたりするにはある程度の速度が求められます。

しかしYouTubeで動画を観たりオンラインゲームしたりするぐらいであれば、5メガ(0.005ギガ)の速度で快適に使えるみたいです。

また、光回線の平均的な実測値の速度は20メガほどと言われているので、果たしてそこまでの速度が必要なのか疑問に感じます。

最大速度1ギガのプランでも、実測値として最低10メガの速度は出ますよ。

※ここまでのまとめ
・auひかりの5G・10Gプランは超高速
⇒ネット動画を観たりゲームをするぐらいならそこまでの速度は必要ない

5ギガ、10ギガプランの提供エリアは今のところ東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに限られているので確認が必要です。

以下に月額料金をわかりやすくまとめました。

速度1年目2年目3年目4年目~
10ギガ6,380円6,280円6,180円6,180円
5ギガ5,600円5,500円5,400円5,400円
1ギガ5,600円5,500円5,400円5,400円
※ネット+電話の合計料金です。

5Gプランの月額料金は従来の1ギガの料金と変わりませんが、1年以内に解約してしまうと高速サービス解除料として2,500円の違約金が発生します。

また、ずっとギガ得プランへの加入が必須なので自動的に3年契約です。

長期的にauひかりを使う予定でない方にとってはデメリットになりますね。

すでにauひかりを契約している方は、それぞれのプランに対応したルーターの交換が必要です。

新規で申し込む場合はauショップなどでも申し込むことができますが、すでにauひかりを契約している方はプロバイダに問い合わせましょう。

5.auスマホ・ネットへの乗り換えがお得

auにはスマホとネットへの乗り換えで他社解約違約金を還元してくれる「auひかりスタートサポート」というキャンペーンを実施しています。

auひかりに乗り換えた場合は、他社インターネット回線の解約違約金と工事費の残債を最大で30,000円還元

auひかりとセットでauスマホに乗り換えた場合は、auスマホ1回線につき10,260円の還元(au Wallet カードへのチャージ)になります。

現在他社のインターネット回線を利用中で解約違約金と工事費の残債が高額な方でも、安心してauスマホとauひかりに乗り換えることが可能です。

ただし、auスタートサポートの適用条件として「電話オプションEX」への加入が必要になります。

「電話オプションEX」とは?
固定電話の割込通話や発信番号表示(ナンバーディスプレイ)機能などのオプションサービスです。

「電話オプションEX」の月額料金
戸建てタイプ 690円/月
マンションタイプ 500円/月

例:戸建てで3年間利用した場合
690円×36ヶ月=24,840円

3年間オプション料金だけで24,840円かかってしまいます。

固定電話をあまり使わない方にとってはあまりお得なサービスとは言えませんね。

しかし他社インターネット回線の解約違約金だけでなく、家族でauスマホに乗り換えを検討されている方にとってはお得なキャンペーンです。

例:家族4人で他社からauスマホに乗り換える場合
4人×10,260円=41,040円分のチャージ

現在au以外のスマホを使っている方は、auひかりとセットでお得にスマホへ乗り換えることができますよ。

 

スポンサーリンク

auひかりのデメリット5つ

では、auひかりのデメリットや注意点、実はあまり知られていない落とし穴について説明します。

ここを読めば、なぜauひかりの評判が悪いのかを理解して頂けることでしょう。

1.auひかりのサービスが提供されていないエリアがある

auひかりの申し込んだ後にauひかりの提供エリア外であることが発覚し、時間とお金を無駄にしたという口コミが多く目立ちました。

auひかりはNTT回線とは異なる独自の光ファイバーを使ってサービスを提供しているので、地域や建物によってはサービスが受けられない場合があります。

戸建ての場合

一戸建てに住んでいる方は、自宅がauひかりの提供エリアに入っているかどうかのチェックが必要です。

auひかりのサービスが受けられないエリアは、関西地方・中部地方・沖縄の3つの地域になります。

<関西エリア>
滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県
<中部エリア>
岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県
<その他>
沖縄

上記のエリアでauひかりのサービスが提供されていない理由は、auひかり系列の地方回線が参入しているからです。

auひかり系列の地方回線
関西エリア⇒eo光
中部エリア⇒コミュファ光
沖縄⇒auひかりちゅら

エリア内での競争を避けるために、上記のエリアでauひかりの提供は行っていないようです。

auひかり系列の地方回線であればauスマホとセットで割引が受けられますが、地方回線はインターネット料金が高額なのであまりお勧めしません。

auひかりが提供エリア外の方は、auスマホとセットになって全国的にサービスを展開しているSo-net光がおすすめですよ。

アパート・マンションの場合

アパートやマンションに住んでいる方は、お住みの建物がauひかりの配線工事を行なっていてインターネットサービスを導入してるかどうかの確認が必要です。

残念ながら、多くのアパートやマンションではauひかりのインターネットサービスを導入していない確率がかなり高いらしいです。

お住みのアパート・マンションの管理人に直接聞くか、こちらのauひかり判定で確認することができます。

先ほど紹介した戸建ての提供エリア外の地域も、アパート・マンションの提供エリア外になってしまうので注意しましょう。

アパートやマンションでauひかりを導入するためには、管理人やオーナーを説得するしかありません。

もし以下の条件を満たしている場合は、アパートやマンションに住んでいても戸建てタイプでの契約が可能です。

戸建てタイプでの契約条件
●auひかりの提供エリア内の場合
●auひかりが導入されていない場合
●建物が3階建て以下の場合←これが厳しい
●管理人に許可された場合

またアパートやマンションの場合、管理人からインターネット回線の工事自体がNGと言われるケースもあります。

その場合は光回線の工事ができないので工事が不要なモバイルWi-Fiルーターの「WiMAX」を契約しましょう。

2.auひかり公式の月額料金は他社よりも高い

auひかりの月額料金は、大手光回線のドコモ光やソフトバンク光と同じくらいの月額料金です。

なぜなら知名度が高い大手光回線の中でも、「auユーザーはauひかり」「docomoユーザーはドコモ光」「SoftBankユーザーはソフトバンク光」という風潮があるからです。

しかし、auひかりと同様にauスマホとセット割になる光回線と比較すると、auひかりは月額料金がかなり高いことが分かります。

光回線月額料金
auひかり5,200円
So-net光3,980円
ビッグローブ光4,980円
@nifty光4,510円

比較的知名度が低いSo-net光やビッグローブ光は、サービスを始めたのが遅れたぶんユーザー獲得のために月額料金が安くなるキャンペーンを充実させています。

auひかりの公式サイトやauショップで申し込んでしまうと、他社よりも高額なインターネット料金になってしまうので注意しましょう。

ただし、auひかりのインターネット料金をかなり安くする方法があります。

後ほど詳しく説明しますが、auひかりのプロバイダSo-netの公式から申し込むのが一番お得な方法です。

3.auひかりは解約費用が高額

光回線のサービスを解約する際には解約費用を支払う必要があります。

光回線の解約費用
●契約解除料・・・契約期間の更新月以外で途中解約した際の違約金
●工事費の残債・・・初期工事費の分割支払い期間に解約した際の未払い分
●撤去工事費・・・主に戸建ての家で配線やケーブルを撤去するための費用

どの光回線でも、契約期間の更新月以外で途中解約した場合は契約解除料が発生します。

また、auひかりの初期工事費は分割払いの相当額が割引きされて実質無料になりますが、支払い期間中にサービスを解約してしまうと工事費の未払い分を翌月に一括払いしないといけません。

さらに、auひかりは2018年3月以降の申し込みから戸建て住宅の配線撤去工事が希望制から強制に変更されたので、戸建ては撤去工事費用が必ずかかります。

他社の光回線では配線撤去工事は希望制のところが多いので、高額な撤去工事費はauひかりの致命的な落とし穴でしょう。

Aさん:戸建ての3年契約プランを2年で解約
契約解除料 15,000円
工事費の残債 22,500円
撤去工事費 28,800円

Aさんの場合、途中解約時に合計で66,300円も請求されてしまいます。

マンションタイプの契約であればそこまで解約費用はかかりませんが、戸建ての場合だと撤去工事費が高額なのでauひかりの解約はあまりお勧めできませんね。

4.auひかりのテレビサービスは地デジが観れない

auひかりにはテレビサービスがありますが、残念ながらアンテナがないと地デジ放送を見ることができません。

なので、民間放送はもちろんBS/CS放送も観ることができないということです。

他の光回線では、アンテナ不要で地デジ放送を観ることができます。

戸建ての家に住んでいて光回線で地デジ放送が見たいという方には、auひかりの大きなデメリットになるでしょう。

対策として、auひかりで地デジを観る方法はアンテナを設置する方法ケーブルテレビを契約する方法の2つがあります。

アンテナの設置がおすすめ

アンテナの設置費用は大体5万円前後で高額ですが、一度設置すれば台風や強風、劣化などの影響によって破損・故障しない限りずっと使えます。

アパートやマンションに住んでいる方はアンテナがすでに設置されている場合がありますが、設置されていない場合は管理人に許可を取らなければなりません。

アンテナを設置する場合は、光回線のテレビサービスに加入しなくても地デジ放送を観ることができるので無理にテレビサービスを利用する必要がありません。

光回線のテレビサービスは月額800円ほどかかります。

例:光回線のテレビサービスを5年間利用する場合
月額800円×12ヶ月×5年間=48,000円

5年以上光回線で地デジ放送を観るならアンテナを設置した方が安いです。

auひかり公式ホームページでは、アンテナ工事を全国で展開している専門業者「棟梁ドットコム」をおすすめしています。

auひかりの利用者であれば特別価格で17,124円~アンテナ工事をやってくれるのでお得ですよ。

ケーブルテレビはお勧めしない

ケーブルテレビを契約すると映画やスポーツなどの様々なチャンネルを観ることができ、地デジ放送も観ることができます。

ケーブルテレビは単体で月額5,000円前後かかるサービスなので、長期的に考えたらアンテナを設置するよりも負担が大きいです。

auひかりのインターネット料金と合わせたら、毎月1万円ほどを支払うになってしまいます。

アンテナを設置せずに光回線で地デジ放送が観たい方は、auひかりでなくSo-net光がおすすめですよ。

5.auひかりの悪質な代理店には要注意

auひかりの代理店は数多く市場に参入していて、それぞれが価格競争やキャンペーン合戦でユーザーの獲得に躍起になっている状態です。

代理店同士が競争して、消費者にとって嬉しいキャンペーンを打ち出してくれるのはすごく良いことだと思います。

しかしその隙を狙って、消費者を騙したり誤解を与えたりするような代理店も年々増えてきました。

auひかりの悪質な代理店の一例
・「最大11万円のキャッシュバック」を掲げる
・auひかりの「公式」であるように見せる
・適用条件としてオプションの加入が必須
・キャッシュバックの受け取りまで10ヶ月かかる(申請手続きが必要)

上記のような代理店だと、キャッシュバックが貰えないか、最悪の場合オプション料金として多額の請求がプラスでかかってしまいます。

消費者生活センターからの要請を受けて、総務省が直々に悪質な代理店に対して業務停止命令や注意勧告を行なっていますが、Webや訪問営業での悪質行為のライン引きは非常に難しいです。

「お得なキャンペーンだと思って申し込んだのに、蓋を開けてみたら多額の請求がきた…」

という事態にならないように、安心して申し込むことができる申し込み窓口を紹介します!

auひかりの優良代理店としてKDDIから7年連続で表彰されている代理店です。

最大50,000円の高額キャッシュバックが欲しい方は、下記の申し込み窓口がかなりお勧めですよ。

▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』
auひかりのデメリットについての記事はこちら!
『auひかり7つのデメリット!実際の評判やメリットまとめ』

 

スポンサーリンク

 

auひかり公式のインターネット料金は高額

auひかりには「ホーム」と「マンション」の2つのタイプがあります。

戸建てに住んでいる方はホームタイプ、アパートやマンションに住んでいる方はマンションタイプです。

auひかりホームの月額料金

auひかりホームには、ずっとギガ得プラン(3年契約)ギガ得プラン(2年契約)の料金プランがあります。

両プランの月額料金を以下にまとめました。

ずっとギガ得プラン

3年契約のプランです。

auひかりホーム10ギガ・5ギガに申し込みを検討している方は、ずっとギガ得プランへの加入が必須になります。

サービス1年目2年目3年目~
ネット5,100円5,000円4,900円
ネット+電話5,600円5,500円5,400円
ネット+テレビ5,600円5,500円5,400円
ネット+電話+テレビ6,100円6,000円5,900円

※上記の料金はギガ得プランと同じ最大速度1ギガの場合です。

ギガ得プラン

2年契約のプランです。

サービス月額料金
ネット5,200円
ネット+電話5,700円
ネット+テレビ5,700円
ネット+電話+テレビ6,200円

ずっとギガ得プランとギガ得プランを2年間利用したときの料金を比較

サービスずっとギガ得ギガ得差額
ネット121,200円124,800円3,600円
ネット+電話133,200円136,800円3,600円
ネット+テレビ133,200円136,800円3,600円
ネット+電話+テレビ145,200円148,800円3,600円

2年間で3,600円しか変わらない事がわかりました。

3年以上使うならずっとギガ得プランの方がお得ですが、これから新しいサービスも出るかもしれないし、スマホの乗り換えも検討している方はギガ得プランでも良いでしょう。

ずっとギガ得プランは3年毎に更新するタイミングがやってきますが、その更新期間に解約しないと違約金が発生します。

ギガ得プランよりも違約金を払わないといけない可能性が高いのであまりおすすめしません。

auひかりマンションの月額料金

3階建て以上のアパートやマンションに住んでいる方は、必ずマンションタイプでの契約になります。

ここでは、auひかりのマンションタイプを申し込む前に知っておくべきポイントを紹介しています。

auひかりマンションの料金プランは選べない

auひかりマンションは、アパートやマンションのタイプと契約している戸数によって料金が決まります。

自分でマンションタイプを選ぶことができません。

【auひかりマンションの料金】

タイプ月額料金
タイプⅤ[16契約以上]3,800円
都市機構デラックス
タイプⅤ[8契約以上]4,100円
マンションギガ4,050円
マンションミニ5,000円
タイプE3,400円
タイプF3,900円
タイプG[16契約以上]4,300円
タイプG[8契約以上]4,600円

後ほど詳しく説明しますが、マンションタイプによって速度も異なるので注意が必要です。

auひかりと他社の月額料金を比較

auひかりの料金だけでは客観的な判断が難しいので、他の光回線の料金と比較しました。

auひかりとフレッツ光の料金を比較

NTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光の料金と比較したのが以下の表です。

光回線戸建てマンションプロバイダー料
フレッツ光
(東日本)
4,700円2,950円~3,950円500円~1,200円
フレッツ光
(西日本)
4,300円3,250円
auひかり5,100円3,400円~5,000円←基本料金に含む

フレッツ光の方が月額料金が安いように感じますが、実際は大手のプロバイダを選ぶとプロバイダ料が1,000円以上かかってしまいます。

auひかりは選べる7社のプロバイダの料金が含まれているので、どのプロバイダにしても料金は変わりません。

つまり、フレッツ光よりもauひかりの方が安いということです。

その他光回線の料金と比較

auひかりと他の光回線の料金を比較しました。

光回線料金
auひかり5,100円
ソフトバンク光5,200円
ドコモ光5,200円
NURO光4,743円
So-net光3,980円
ビックローブ光4,980円
@nifty光4,510円

大手の光回線で比べると、料金は変わらないですね。

しかし、So-net光やビッグローブ光、@nifty光は利用開始から3年間の割引キャンペーンがかなり充実しています。

auひかり公式の基本料金は、auスマートバリューが利用できる他社光回線と比べるとインターネット料金が高額です。

なので僕のオススメとして、auひかりをプロバイダのSo-net公式から申し込むことで毎月のインターネット料金が安くなりますよ。

auひかりの工事費と解約金

ここでは工事費と解約金についてまとめました。

auひかりのブランド名に惹かれて早く契約したい気持ちはわかりますが、契約前に必ず抑えておきたいポイントなので是非ごらんください。

タイプ工事費契約解除料
戸建て
(ずっとギガ得)
37,500円
(625円×60ヶ月)
15,000円
マンション
(お得A/ギガ得)
30,000円
(1,250円×24カ月)
7,000円

違約金について

戸建てギガ得プランの場合だと9,500円発生します。

どの光回線でも、契約プランの年数が高くなるほど違約金が高くなります。

工事費について

戸建てとマンションともに工事費は割引で相殺されるので戸建ての場合は60ヶ月、マンションの場合は24カ月利用すれば実質0円で利用できます。

以前は戸建ては30ヶ月払いでしたが、2018年3月から60ヶ月払いに変更されています。

これによって、最低でも5年間利用しなければ解約時に工事の残債を支払う必要がでてきました。

個人的に、戸建ての場合、2年契約のギガ得プランにすると工事費の残債36ヶ月分(22,500円)を支払わなければなりませんが、今はどこの会社も顧客獲得の為に乗り換え時のキャンペーンを強化しているので、3年契約のずっとギガ得より、2年契約のギガ得プランの方が先のことを考えるとオススメできるプランです。

工事日が決まる前なら違約金はかからない

auひかりを申し込んでから、3日~1週間後にKDDI開通センターから工事日の連絡がきます。

その時に「やっぱり今回は見送らせて頂きたいんですけど・・」と申し込みをキャンセルすることを伝えれば、違約金はかかりません。

電話で工事日が決まってしまってからだと違約金がかかります。

auひかりの工事費と違約金を他社と比較

auひかりの工事費や違約金については説明しましたが、やっぱり他社の金額も気になりますよね。

ここでは、ドコモ光とソフトバンク光と比較しました。

光回線工事費違約金
auひかり37,500円
(割引で無料)
15,000円
ソフトバンク光24,000円9,500円
ドコモ光19,440円13,000円

ソフトバンク光もドコモ光も工事費が無料のキャンペーンをしている時もありますが、基本的には有料になります。

auひかりは2年契約のプランでも3年契約のプランでも60ヶ月使わなければ工事費が全額割引されません。

2年契約の場合、工事費の残債{(60ヶ月-24ヵ月)×625円=22,500円}が発生しますが、ソフトバンク光などが実施している乗り換えキャンペーンを利用すればそこまで痛手にはならないでしょう。

auひかりの工事費の残債については、
『業界激震!2018年3月からauひかりの解約時の費用がめちゃくちゃ高額になりました。』

を参考にしてください。

auひかり以外に工事費が無料の光回線

〇So-net光
戸建て・マンション:800円×30ヶ月=24,000円

〇BIGLOBE光
戸建て:750円×40ヶ月=30,000円
マンション:675円×40ヶ月=27,000円

〇NURO光
戸建て:1,334円×30ヶ月=40,000円

上記のように毎月割引されて、実質無料になります。

因みにSo-net光とBIGLOBE光はauスマートバリューが受けられます。

auひかりの戸建ては撤去工事費が必須

はじめにauひかりのデメリットとして紹介しましたが、戸建てタイプの場合は解約時に設置した光ケーブルの撤去工事を行う必要があります。

auひかりの撤去工事費は、28,800円です。

以前までは撤去工事に関しては任意となっていて、希望者のみ光コンセントの撤去を有料(1万円程度)で行うというものでした。

しかし2018年3月1日以降の契約については強制撤去となり、撤去工事費28,800円が必ず徴収されてしまいます。

他社では任意の場合が多いので、撤去工事費がかかるのは痛いところです。

auひかり×So-netの月額料金が一番安い

auひかりのインターネットサービスを契約しようと検討されている方は、絶対にauひかり×So-netに申し込むのが一番お得です。

So-net公式サイトや取り次ぎ代理店からauひかりに申し込むことができますよ。

auひかりプロバイダのキャンペーンを比較

auひかりの公式サイトやauショップからの申し込みでは、auひかりの高額な基本料金を毎月支払い続けることになります。

プロバイダによっては独自に月額料金の割引キャンペーンを実施しているので、au公式よりお得に申し込むことが可能です。

月額料金戸建てマンション
So-net
3,500円2,400円
BIGLOBE
4,900円3,800円
@nifty
4,875円2,550円
Asahi Net
4,650円2,550円
@TCOM
5,100円3,550円
DTI
5,500円3,800円
au one net
5,500円3,800円

So-netは月額料金の大幅な割引キャンペーンを実施しているので、戸建てでもマンションでもプロバイダの中で一番月額料金を安くすることができます。

後ほど詳しく説明しますが、So-netとBIGLOBE、@niftyはお得なキャッシュバックキャンペーンも実施しているので毎月の割引きよりもキャッシュバックの方が良いという方にはお勧めです。

一般的に、So-netとBIGLOBE、@niftyの大手3社がauひかりのプロバイダとして人気があります。

auひかりの代理店ではこの3社のキャッシュバックキャンペーンをメインで取り次いでいるので、auひかり代理店だとプロバイダ公式サイトよりも早めにキャッシュバックを貰うことができますよ。

auひかり×So-netのお得なキャンペーン

auひかり×So-netでは、月額料金の割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンのどちらかを選ぶことができます。

戸建て(3年契約)の割引キャンペーンは3年間の月額料金が割引きの対象です。

auひかり×So-netの割引キャンペーン
1ヶ月目~11ヶ月目⇒2,225円割引
12ヶ月目~23ヶ月目⇒2,125円割引
24ヶ月目~36ヶ月目⇒2,025円割引

毎月のインターネット利用料金から2,000円以上も割引きされるんです。

2年契約の場合、3年間の月額料金から1,325円の割引きが受けられます。

3年間の月額料金がかなり安くなるので、3年契約の「ずっとギガ得プラン」に加入することをお勧めします。

マンションの場合はマンションタイプにもよりますが、2年間2,650円の割引きになるので大変お得です。

またauひかり×So-netのキャッシュバック額は、戸建てだと50,000円、マンションだと30,000円になります。

ただし、キャッシュバックを受け取るにはauひかり×So-netの利用開始から3ヶ月後の15日より45日間に申請手続きを行うことが必要です。

キャッシュバックを受け取るまでに3ヶ月以上かかってしまうので、僕ならauひかりの取り次ぎ代理店でキャッシュバックを貰いますね。

auひかり×So-netと他社光回線の料金を比較

auひかり×So-netと他社を戸建てのインターネット料金を比較しました。

光回線月額料金
auひかり×So-net3,500円
So-net光3,980円
ビッグローブ光4,980円
@nifty光4,510円

So-net光は提供元が同じSo-netなので、auひかり×So-netと同じくらい安いです。

So-net光は全国的にサービスを展開していてauスマホとセットで「auスマートバリュー」も適用されます。

auひかり×So-netはauひかりが公式で発表している提供エリアのみでしかサービスが受けられないので、自宅のエリアがauひかりに対応していない場合はSo-net光がおすすめです。

合計最大88,800円の月額料金割引が超お得!

※So-net光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●36ヶ月間!2,200円の月額料金割引!
●37ヶ月目~48ヶ月間も500円割引!
●auの携帯料金が最大2,000円割引!
●v6プラス対応ルーター最大12ヶ月レンタル無料!
●人気のセキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼合計最大88,800円の大幅割引!▼
高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

auひかりのお得な公式キャンペーン

auひかりのお得な公式キャンペーンを詳しく紹介します。

auスマートバリューで最大2,000円割引

au携帯電話の料金を安くする為には『auスマートバリュー』への加入が絶対におすすめです。

概要

・au携帯電話の料金を月額最大2,000円割引き
・住所が同じ家族一人につき割引きされる
・50歳以上のご家族であれば住所が別でも割引の対象に

つまり、家族みんなでau携帯電話を利用していれば、みんなの携帯料金が月額最大1,000円割引されることになります。

適用条件

auひかり(ネット+電話)の申し込み
      +
auスマートフォン/4G LTEタブレット/auケータイで指定の料金プランやデータ定額サービスに加入

料金プランごとの割引額

auのスマホ・ケータイのプランによって割引額が異なります。

プラン割引額
auピタットプラン
(1GB~2GB)
翌日から
永年500円/月割引
※データ容量~1GBの月は対象外
auピタットプラン
(2GB~20GB)
翌日から
永年1,000円/月割引
auフラットプラン(20/30)翌日から
永年1,000円/月割引
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
翌月から
永年934円/月割引
データ定額5/20
データ定額5(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラットfor Tab/Tab(i)/Tab(L)
ISフラット(3G スマートフォン)
翌月以降最大2年間 2,000円/月割引
3年目以降 934円/月割引
データ定額30翌月以降最大2年間 2,000円/月割引
3年目以降 934円/月割引

また、似たようなキャンペーンで、ソフトバンク光には「おうち割」、ドコモ光には「シェアパック」がありますが、どれも同じぐらいの割引額になります。

auスマートバリューが適用される回線

auひかり以外にもauスマートバリューが適用される回線があるので紹介しておきます。

全国
●ビッグローブ光
●So-net光
●@nifty光
●J:COMネット

地方限定
●コミュファ光(東海地方)
●メガエッグ(中国地方)
●ピカラ光(四国地方)
●eo光(関西地方)
●BBIQ(九州)

auひかりから他の回線に乗り換える際に、上記の回線であればauスマートバリューを継続して利用できます。

後ほど詳しく説明しますが、So-net光とビッグローブ光は全国的に利用可能な光回線なのでお勧めです。

また、地方回線も安く利用できる光回線なのでauひかりと比較してみてください。

シミュレーション

auスマートバリューが適用されるとどのくらいお得なのか計算してみました。

月額1,000円割引きされる場合の割引総額になります。

auスマホ台数月額割引額1年間2年間3年間
1台1,000円12,000円24,000円36,000円
2台2,000円24,000円48,000円72,000円
3台3,000円36,000円72,000円108,000円
4台4,000円48,000円96,000円144,000円

auスマホを使っている家族が多ければ多いほど割引額も増えていきます。

家族3人か4人で3年間スマホと光回線を使えば、十数万円も割引きされるので大変お得です。

一人でもスマートバリューが適用されれば他社と比較しても十分安くなるうえに、新規申し込み特典が受けられるので是非検討してみてください。

超高速スタートプログラムで3年間月額500円割引

超高速インターネット(auひかり ホーム10ギガ/5ギガ)を希望される方が対象です。

概要

高速サービス利用料から初回36ヶ月間、月額500円を割引

適用条件

●「auひかり ホーム10ギガ」または「auひかり ホーム5ギガ」と「ずっとギガ得プラン」に申し込む方

●プロバイダはau one netであること

高速サービス利用から1年で高速サービスを解除した場合、解除料が2,500円かかります。

日常生活を送るうえでは1ギガでも十分なので、僕みたいに最低限の速度で良いという方にはこちらのキャンペーンはあまりおすすめしません。

auひかり乗りかえサポートキャンペーン

こちらも公式にあるキャンペーンで、他社の違約金を最大30,000円負担してくれるサービスです。

一見すると、お得だらけのサービスに思えますが、いろいろと気を付けなければいけない点があります。

3つの加入条件

●auひかりホームずっとギガ得プラン
3年単位の契約プランです。
1年目⇒2年目⇒3年目とだんだん料金が安くなっていきます。
戸建てタイプのほとんどの方はこのプランに入ります。

●電話サービス
光電話のサービスです。電話サービスのみの加入だと1,400円/月ですが、auひかりを契約していると500円で利用できます。
auスマートバリューの条件にもこの電話サービスの加入は必須になります。

●電話オプションパック
電話サービスのオプションだと思ってください。
「発信番号表示」や「番号通知リクエスト」などのオプションが500円で全て利用できるサービスです。

契約期間

36ヶ月間以上の継続利用が必要です。

もし、期間内に解約すると・・・

※お約束の継続期間中に解約された場合は、還元額の全部または一部をご返金いただく場合があります。
◎au公式サイトより引用

実際にどのくらいの料金を請求されるのか?ただの警告なのかわかりませんが、確実に違約金15,000円は発生することは頭にいれておきましょう。

還元方法

●au WALLETプリペイドカードへのチャージ
●郵便為替

上記のいずれかの方法を選べます。

auひかりで契約するプロバイダーによって還元額が変わる

最大30,000円
@nifty、@TCOM、au one net、So-net

最大15,000円
ASAHIネット、BIGLOBE、DTI

僕ならキャッシュバックで違約金はまかなうかも

auスマートバリューを加入する場合、ネットと電話サービスは必須になるので、電話サービスについておいておいて

もう一つの加入条件「電話オプションパック(500円/月)の36ヶ月の利用」は合計18,000円(500円×36ヶ月)払わなければいけません。

仮に他社の違約金9,500円を乗り換えサポートを利用して支払った場合、9,500円負担してもらう代わりに、18,000円の支払いが発生します。

結果としてマイナスになる場合があるので、僕なら後日受け取れるキャッシュバックを違約金に充てますね。

auひかり利用者のリアルな口コミ・評判

ここでは利用者のリアルな口コミを紹介します。口コミは個人の感じ方にもよるので参考程度に。速度面やサポート対応、勧誘…さまざまな利用者の生の声をお聞きください。

速度も料金も大満足!嬉しい喜びの声

au-uresiikoe

長く使うとお得になる『ずっとギガ得プラン』も好評なようで、当サイトの相談窓口にもauひかりの問い合わせが増えているそうです。

また、スマホとセット割であるauスマートバリューや、他社からの乗換えの2大特典など、かなり新規ユーザーの獲得に力を入れている印象を受けます。

光ファイバーを利用することで、高画質動画、写真のようなコンピュータグラフィックスを使用したオンラインゲーム、高品質なビデオチャットなど、大容量データを用いたコンテンツなど、利用状況によって速度に差はありますが、ADSLよりも断然快適にインターネットライフを過ごせるはずです。

auひかりを使った利用者の反応はどうなのか?まずは良い評判を集めてみたのでご覧下さい。

遅くて困る!回線速度に対して不満

au-sokudo-human

auひかりの開通後、インターネットの速度に不満を感じた場合「接続機器の種類・設定」「パソコンの性能」「ウイルスや常駐ソフト」が原因の場合もあります。

LANポートやケーブルの接続状況・PCでの利用メモリ・ウイルスソフトが二重で起動しているなど、まずは確認してましょう。

もう一つ理由があるとすれば『プロバイダ』です。

期限つきの契約なら簡単に変えることはできませんけど、不満があり違約金が掛からないでやめられる更新期間になったら、プロバイダの変更を視野に入れても良いと思います。

場合によっては速度が倍になることもありますからね。

通信障害が起きることも・・

自社回線で速度に定評のあるauひかりですが、ネット上の口コミを調べてみると「障害」に苦しむ人が多いことがわかりました。

障害・メンテナンス情報の確認はこちらで確認できます。

障害情報を確認してみると、毎日どこかしらで障害が起きていることがわかります。

それが戸建てタイプなのかマンションタイプなのか、エリアはどこなのかはバラバラです。

JCOMの障害が一番酷いと思っていましたが、auの障害の頻度は正直想像以上でした。

障害が起きた時の対処法

個人ができる対策はありませんが、いつも使っているよりネットの速度が遅いと感じたらまずは上記で紹介した障害・メンテナンス情報を確認しましょう。

以前、プロバイダー側の障害が原因だとしらず、PC側に原因があると想い込みリカバリーしてしまった人から相談を受けたことがあります。

すでにリカバリーをしてしまった後だったのでどうにもできませんでしたが、プロバイダー側の障害だとわかってからは酷く落ち込んでいる様子が文面から伝わってきました。

対処法になるかわかりませんが

●障害情報を確認する
●接続機器をむやみいいじらない
●ルーターのコンセントを抜く
●明らかに不要なPCのソフトを削除する

急激にネットの速度が遅くなるとイライラしたり、混乱する気持ちはわかりますが、障害が起きてしまった時は冷静に時を待つしかありません。

間違っても感情的になってPCを片っ端からいじったりはしないでください。

開通工事のトラブルでお怒り

au-kouji

開通工事での連絡トラブルで不満を感じる声を見かけますが、工事日になっても連絡が来ない場合には申込みをした代理店やauの窓口にすぐに問い合わせをしましょう。

auひかりの工事に関する問い合せ先

ご契約内容の変更・移転・各種手続・請求関連の項目で【各種手続き】に「工事」が該当すると思いますので、連絡先は下記の

通話無料:0077-777
受付時間:9:00~20:00

まで問い合せてみて下さい。(※上記番号がご利用になれない場合は0120-22-0077をどうぞ。)

工事日時になっても担当者が来ないとイライラして待つより、約束しているわけですから、そこは連絡をして急かすべきです。もしかしたら連絡の不備も考えられますから、遠慮する場面ではありませんよ。

信じられないかもしれませんが、申し込む代理店によって工事日が遅れることがあります。

〇3ヶ月待たされた
〇申し込んでから工事日の連絡がこない

元の回線を解約しているので、工事の段取りが遅れるとネットが使えない期間がでてきます。

キャッシュバックも大事ですが、開通工事の対応がしっかりしている代理店は本当に少ないです。

契約さえすればあとは知らんぷりなんて業者が多いので気を付けましょう。

不満で愚痴が止まらない

 

無線LANを使いたい場合

通常、無線LANを利用する場合にはオプション機能として月額500円のWi-Fi利用を申込む必要があります。
しかしauスマートバリューへ登録をすることで、月額500円のホームゲートウェイ内蔵無線LAN親機機能(Wi-Fi利用料)を無料にすることが出来ます。

参照:”AU公式 無線LAN機器レンタル

勧誘や顧客対応・サポート対応について

au-sapohuman

サポート対応に関してはどうしても批判的な投稿ばかり集まってしまいます。僕が家電量販店やauひかりの専門窓口から直接話を聞いた時は丁寧に対応してくれて問題はありませんでした。

担当者レベルで知識の違いがあったり、対応も当然違ってきます。せっかく良い光回線を扱っているのですから、もう少し教育や全体的な体制強化に力を入れ、悪い評判が先行しないよう頑張ってほしいものです。

結局は速度も通信障害も人それぞれ

一番気になる口コミは、速度や通信障害が起こるかだと思います。

調べていて感じたのは、人によって頻繁に速度が遅くなる人と速い人が両極端にいることです。

住んでいる地域や環境によって速度が違うとよく言いますが、実際にauひかりの通信回線が通っている電柱が近くにあるかどうかでも速度が全然違うらしいです。

もし速度で悩みたくないのであれば、戸建てなら5G、10Gの提供エリア内かどうか確認してみてはどうでしょうか。

【2019年最新版】auひかりのキャッシュバックキャンペーン情報

それではauひかりの2019年最新のキャッシュバックキャンペーン情報を紹介します。

auひかりのキャッシュバックキャンペーンに関する隠された罠や恐ろしい真実を知ってください。

評判から見えたauひかりキャッシュバックの真実

auひかりを申し込む際にキャッシュバックを多く貰うためには、WEBの代理店かプロバイダ公式サイトから申し込む方がお得になります。

しかし全員がキャッシュバックを貰うために申し込んで得するわけではないことが分かりました。

まずは、auひかりのキャッシュバックを実施しているWEBの代理店で申し込みした人たちの声を聞いてみましょう。


auひかりのWEB代理店に申し込んで後悔している人や不満の声がたくさんありました。

上記の他にも以下のような罠が潜んでいるので注意してください。

auひかり申し込み窓口の罠
・受け取り時期が遅くてキャッシュバックが貰えない
・知らないうちに高額なオプション料金が請求される
・分かりにくいところに厳しい条件が書かれている
・申し込みをキャンセルしたら高額なキャンセル料が取られる

そもそも高額キャッシュバックとして「最大11万円キャッシュバック」と書かれている代理店は、なぜそこまでキャッシュバックできるのかを考えてみると消費者を騙しているか誤解を与えるような姑息な方法を使っているとしか思えません。

消費者の無知を利用して違法行為すれすれを狙ってくる代理店は山ほどあるので注意しましょう。

auひかり申し込み窓口の比較

auひかりの申し込み窓口の中でも良心的でお得な申し込み窓口を比較しました。

下記の記事ではauひかりの申し込み窓口を網羅した記事になっているので参考にしてください。

★auひかりおすすめの申し込み窓口について詳しく知りたい方はこちら
『auひかりの一番おすすめキャッシュバック!申し込み方法とキャンペーンを比較』

NNコミュニケーションズ×アシタクリエイト×So-net公式を比較

auひかりのおすすめ申し込み窓口を3社を比較しました。

 NNコミュニケーションズアシタクリエイトSo-net公式
金額50,000円40,000円50,000円
受け取り1ヶ月後:30,000円
3ヶ月後:20,000円
1ヶ月後3ヶ月後
他社違約金55,000円まで負担55,000円まで負担30,000円まで負担
申請方法口頭とネット手続き口頭ネット手続き

NNコミュニケーションズとアシタクリエイトはauひかりのキャッシュバックが貰える人気の代理店です。

So-net公式は、プロバイダの公式サイトから申し込むことで月額料金の割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンのどちらかを選ぶことができます。

割引キャンペーンはキャッシュバックキャンペーンと違って、自動的に料金が安くなるだけなので面倒な手続きも必要ありません。

キャッシュバックを貰うよりも割引キャンペーンで毎月の月額料金を安くしたいという方は、auひかり×So-netの割引キャンペーンをお勧めします。

NNコミュニケーションズの注意点

NNコミュニケーションズはユーザーからの評判がずば抜けて良い代理店でした。

しかし注意点として、キャッシュバックを2回に分けて受け取る必要があります。

1回目はNNコミュニケーションズからのキャッシュバックで申し込み後にかかっくる電話で受け取り口座を伝えるだけの手続きになるので簡単です。

しかし、2回目はプロバイダからのキャッシュバックになるので送られてくるメールの指示通りにネットで申請手続きをしないといけません。

1回目のキャッシュバックで満足してしまい、2回目のキャッシュバックを貰い損ねることがないように注意しましょう。

アシタクリエイトの注意点

アシタクリエイトは専用サイトを見た限り、キャッシュバックが他の2社より劣ること以外は優秀で、特に注意点が見つかりませんでした。

申し込み後にかかってくる電話で受け取り口座を伝えるだけで最短1ヶ月後に40,000円のキャッシュバックを貰うことができます。

しかし、以前のアシタクリエイトはキャッシュバックの受け取り時期が遅く、キャッシュバックが貰えないというトラブルも何度かありました。

現在はそこまで悪い口コミや評判が見つかりませんでしたが、全面的に信用するにはもう少し様子を見たほうが良いかもしれません。

So-net公式の注意点

すでにauひかりのSo-netをお勧めしているように、So-net公式の月額料金割引キャンペーンは非常に優れています。

プロバイダの公式サイトなので安心して申し込むこともでき、月額基本料金が高額なauひかりにとっての助け舟です。

しかし、プロバイダの公式だからこそキャッシュバックキャンペーンには厳しいところがあります。

開通から3ヶ月後にSo-netの公式サイトから受け取り口座の登録をする必要があり、手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが貰えなくなってしまいます。

So-net側からすると、キャッシュバックを貰った後すぐにauひかりを解約されるのを防ぐための予防措置だということです。

So-net公式から申し込んでキャッシュバックを貰いたい方は、絶対に申請手続きを忘れないように気をつけましょう。

管理人おすすめの申し込み窓口

様々な代理店を比較した結果、僕がお勧めする申し込み窓口は「NNコミュニケーションズ」です。

お勧めする理由は金額や条件面だけでなく、昔から実績と人気があり、KDDIから7期連続で表彰されていて圧倒的に信頼度が高いので、自信を持っておすすめできます。

  • 金額:最大50,000円
  • 受取:最短1ヶ月後

auひかりについて疑問や不安に感じていることがあったら相談に乗ってくれたり、良いアドバイスをもらえるでしょう。

本当にauひかりでいいのか迷っていたり、エリア確認をしたい場合には相談だけでもしてみると良いかもしれません。

最終的な判断は読者の方にお任せいたしますが、総合的に考えキャッシュバックの受取り時期、金額を考慮しても良い申込み窓口だと思っています。

まだ申込み窓口が決まっていないのなら、ぜひ利用してみて下さい。

申し込むなら今!最大50,000円キャッシュバック!

※auひかりを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最大50,000円のキャッシュバック!
●最短1ヶ月後の受け取り!
●不要なオプション加入なし!
●申請手続きは申し込み時に完了!
●工事費実質無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

auスマートバリューが適用される光回線!おすすめはSo-net光

auひかりはプロバイダをSo-netにして月額料金を安くする以外の方法はお勧めできません。

auひかりの強みは何と言ってもauスマホとセットでお得な「auスマートバリュー」ですが、auひかり以外にもauスマートバリューが適用される光回線があります。

auひかり×So-netの次にお勧めできる光回線はSo-net光です。

So-net光


So-net光はauひかり系列の光回線なので、auスマートバリューが利用できます。

So-net光はこんな方におすすめ!
・auひかりが提供エリア外の方
・現在フレッツ光を利用中の方
・速度を重視される方
・月額料金を安く利用したい方
・3年以上の利用を予定している方

auひかりよりも知名度は劣りますが、全国的に展開している人気の光回線です。

So-net光はフレッツ光から転用できる

auひかりはフレッツ光とは異なる独自の回線を使っているため、フレッツ光からは転用することができません。

しかし、So-net光はauひかり系列の光回線でありながら、フレッツ光と同じ回線を使っているので転用が可能です

フレッツ光からSo-net光に転用した場合は月額料金が安くなります。

【転用した場合の月額料金】

 新規入会コース変更
戸建て3,980円
36ヶ月目以降
5,580円
4,800円
36ヶ月目以降
5,580円
マンション2,980円
36ヶ月目以降
4,480円
3,900円
36ヶ月目以降
4,480円

新規入会キャンペーン
⇒So-net以外のプロバイダから乗り換えた場合

コース変更キャンペーン
⇒So-netのプロバイダを継続する場合

So-netを継続して利用するよりも、So-net以外の他社から乗り換える方が断然安いです。

4年目以降は基本料金に戻ってしまいますが、3年間は通常よりも安く利用することができます。

また、転用の場合は開通工事を行う必要がないので、事務手数料が3,000円かかるだけで初期工事費は不要です。

現在フレッツ光を利用されている方は、So-net光に転用する方がお得になりますよ。

So-net光は月額料金が安い

So-net光では、転用でなくても新規で適用されるキャンペーンを実施しています。

現在の「大幅割引キャンペーン」は、3年間毎月2,000円割引され、工事費が実質無料になるキャンペーンです。

割引後の月額料金を以下にまとめました。

 1~36ヶ月37~48ヶ月
戸建て3,980円5,580円
マンション2,980円4,480円

転用時の新規入会キャンペーンと同等の割引額になるので非常にお得です。

比較して分かるように、現在フレッツ光でSo-netを利用されている方は継続して利用するよりも、一度So-netを退会して新規で契約する方が月額料金が安くなります。

手続きが面倒だからと継続する方が結構多いのですが、かなり料金に差が出てくるので一度退会してから申し込みましょう。

So-net光のひかり電話と無線ルーターが1年間無料

So-net光の割引キャンペーンでは、ひかり電話と無線ルーターの2つのオプションが1年間割引されます。

「So-net光 電話」⇒月額利用料500円
「So-net v6プラス対応ルーター」⇒月額利用料400円

上記のオプションの月額利用料が1年間割引されるので、実質無料で利用可能です。

So-net光のv6プラス対応ルーターを利用することで、インターネット速度が通常よりも速くなります。

しかし、So-net光の利用開始月から10ヶ月経過するまでにサービスを解約してしまうと、違約金として2,500円発生するので注意が必要です。

まとめ

auひかりは2年契約か3年契約かを選ぶことができますが、So-net光は3年契約のみしかありません。

利用開始月を1ヶ月目として37ヶ月後、38ヶ月後の更新月以外で解約してしまうと、違約金として2万円払う必要があります。

なので、3年以上利用する可能性が高い方はSo-net光が非常におすすめです。

So-net光の申し込みであれば、下記窓口が一番お得になります。

合計最大88,800円の月額料金割引が超お得!

※So-net光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●36ヶ月間!2,200円の月額料金割引!
●37ヶ月目~48ヶ月目も500円割引!
●auの携帯料金が最大2,000円割引!
●v6プラス対応ルーター最大12ヶ月レンタル無料!
●人気のセキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼合計最大88,800円の大幅割引!▼
高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

ビッグローブ光


ビッグローブ光は、So-net光と同じようにフレッツ光から転用できる光回線です。

もちろん、auスマートバリューも適用されます。

ビッグローブ光はこんな方におすすめ!
・auひかりが提供エリア外の方
・現在フレッツ光を利用中の方
・高額キャッシュバックが欲しい方
・インターネットをサクサク使いたい方
・短期的な引っ越しが多い方

ビッグローブ光は、引っ越しが多い方が長く利用するのに適した光回線です。

フレッツ光から転用できる

So-net光と同じく、ビッグローブ光はフレッツ光から転用できる光コラボレーションです。

転用する場合、フレッツ光の解約違約金とビッグローブ光の新規工事費が無料になります。

また、月額料金の割引き特典は以下の通りです。

【転用した場合の月額料金】

 月額料金割引額割引後
戸建て4,980円820円/月×24回4,160円
マンション3,980円980円/月×24回3,000円

ビッグローブ光は3年契約で、更新期間以外で解約すると20,000円の違約金が発生します。

割引き期間は2年間なので、更新期間までの1年間は通常の基本料金です。

戸建ての場合は合計19,680円の割引、マンションの場合は合計23,520円の割引になるのでかなり安くなります。

25,000円の高額キャッシュバック

ビッグローブ光では、転用でなく新規の申し込みでもお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの期間は、2018年12月3日~2019年1月31日です。

特典➀:キャッシュバックor月額料金大幅値引き
特典➁:工事費が実質無料
特典➂:IPv6対応無線ルーターが1年間無料

キャンペーン特典➀は以下の2つから選ぶことができます。

特典A
25,000円のキャッシュバック

特典B
1年間の月額料金大幅値引き

 月額料金割引額割引後
戸建て4,980円1,480円/月×12回3,500円
マンション3,980円2,500円

月額料金の割引額は合計で17,760円なのでキャッシュバックの方がお得ですが、受け取り時期が最短でも1年かかるので注意しましょう。

1年以内にビッグローブ光を解約してしまうとキャッシュバックの対象外になってしまいます。

また、開通してから1年後にキャッシュバックの手続きをしなければならないので、面倒に感じる方は月額料金を値引きしてもらうのがお勧めです。

ビッグローブ光は引っ越しでも安心の光回線

ビッグローブ光は、引っ越しが多い方におすすめの光回線です。

全国的に展開しているので引っ越し先でも利用でき、光回線を「移転」させることで解約せずに継続できます。

また、ビッグローブ光の3年プランであれば何度引っ越しても新規工事費がかかりません。

転勤などで引っ越しが多い方や、賃貸に住んでいて短期的に引っ越しを繰り返す方にとって安心できる光回線です。

★ビッグローブ光ついて詳しく知りたい方はこちら
『BIGLOBE光はキャッシュバックが評判!auユーザーにもおすすめ』

ビッグローブ光の申し込みであれば、下記窓口が一番お得に申し込むことができますよ。

申し込むなら今!必ずもらえる35,000円キャッシュバック!

※ビッグローブ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最短2ヶ月現金振込!
●不要なオプション加入なし!
●キャッシュバックが確実にもらえる!
●電話で口座を伝えるだけの超簡単手続き!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

キャッシュバックは受け取りやすさが重要です。

申し込み前に後悔しないよう、この記事では辛口評価していますが、素晴らしいサービスです。

申し込みは評判も良くキャッシュバックを実施している下記窓口がおすすめです。

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼35,000円キャッシュバック▼
最短2ヶ月で現金振り込み!
『ビッグローブ光の人気の申し込み窓口はこちら』

auスマホが割引きになる!一人暮らしならWiMAXがおすすめ


光回線はインターネット環境をつくる方法の一つですが、インターネットを使える環境を整える手段は他にもあります。

例えば、スマートフォンでデザリングしたりモバイルWi-Fiルーターを契約したりなどです。

しかしデザリングの場合、すぐにスマホの容量を超えてしまい速度制限がかかってしまうのでお勧めしません。

ここでは、auスマホとセットでお得なWiMAXをお勧めしています。

WiMAXはこんな方におすすめ!
・auスマホを使っている方
・一人暮らしの方
・外出先でもWi-Fiを使いたい方
・自宅で回線工事ができない方
・スマホのデザリングでは容量が足りない方

WiMAXならauスマホとセットで割引きになる

モバイルWiFiルーターには、ワイモバイル社が提供している「ポケットWiFi」とUQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」の2種類があります。

ワイモバイル社はソフトバンク系列、UQコミュニケーションズ社はKDDI系列の企業なので各々でスマホとのセット割を実施しています。

ガチャピンとムックのCMでお馴染みの「WiMAX」なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

WiMAXはauスマホとセットで割引きになる「auスマートバリューmine」が適用されます。

【auスマートバリューmineの割引額】

プラン割引金額
auピタットプランシンプル
⇒1GBまで
割引対象外
スーパーカケホ
カケホ
⇒2GBまで
シンプル
⇒1GB超~2GBまで
翌月から
500円/月
割引
スーパーカケホ
カケホ
シンプル
⇒2GB超~20GBまで
翌月から
1,000円/月
割引
auフラットプラン
データ定額5/20/30
LTEフラット
ISフラット
データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル
翌月から
934円/月
割引
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラットcp(1GB)
翌月から
743円/月
割引
データ定額1翌月から
500円/月
割引

auスマートバリューよりも少し割引額が小さくなりますが、月額最大1,000円の割引きになるのでお得ですよ。

ただし、auスマホとWiMAX 2+対応ルーター等の契約者が同一名義の場合のみ、 WiMAX「1回線」につきauスマホ「1回線」の割引きになるので注意しましょう。

WiMAXと光回線の料金を比較

光回線とWiMAXを比較したのが以下の表になります。

インターネット環境月額料金初期工事費契約年数
auひかり5,200円37,500円2年/3年
So-net光3,980円24,000円3年
WiMAX4,380円なし2年/3年

※auひかりは2年契約のギガ得プランの場合、So-net光は3年間の割引キャンペーン適用後の料金です。
※WiMAXはUQコミュニケーションズ公式サイトの料金です。

光回線と比較しても、WiMAXの料金はそこまで大きく変わりません。

また、光回線のような開通工事が不要なので、建物に配線を通したり壁に穴を開けたりする必要がなく、アパートやマンションの管理人に許可を得なくても利用できます。

また、WiMAXは基本的に光回線と同じく2年契約や3年契約での利用になりますが、日割りや月々のレンタルサービスを行っている業者もいるので短期的な利用も可能です。

外出先でインターネットを使いたい方や1年以内の短期利用を考えている方はWiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

WiMAXと光回線の速度を比較

WiMAXと光回線の速度を比較すると以下のようになります。

光回線⇒最大1Gbps(1000Mbps)
WiMAX 2+⇒最大440Mbps

WiMAX 2+はWiMAXの新しい通信方式で、従来よりも通信速度が大幅に進化しました。

しかし当たり前かもしれませんが、WiMAX 2+よりも光回線の方が2倍は通信速度が速いです。

また、短期間にデータ通信を使い過ぎると、ネットワークの混雑回避のために通信速度が制限される場合があります。

光回線の場合は速度制限がかかる可能性は稀なので気にする必要はありません。

WiMAX 2+の場合は3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時~翌2時頃)に制限がかかります。

UQコミュニケーションズの調査によると、YouTubeを高画質で合計13時間ほど観ると10GBを超えるらしいです。

3日間で1日当たり4時間20分ほどYouTubeを観てしまう方は注意しましょう。

また、1つのWiMAXを2人以上で利用する場合は、一人当たりのデータ容量が半分以下になってしまうので気をつけてください。

WiMAXはサービスエリアに注意

WiMAXはWiMAX 2+になってサービスエリアがかなり拡大しましたが、未だにサービスエリア外になりやすいです。

関東エリアはほとんどカバーしていますが、地方に行くと分散的にエリア外になる場所があります。

UQコミュニケーションズの公式サイトでサービスエリアをマップ上で確認しましょう。

また、UQコミュニケーションズでは「Try WiMAX」という15日間無料でWiMAXをお試しできるサービスがあるので、契約する前に試してみるのもお勧めですよ。

サイトで確認したら自宅はサービスエリア内だったのに、お試しで使ってみたら圏外になってて使えなかったというケースもあるので注意が必要です。

まとめ

大学生や社会人になって一人暮らしを始めるという方にとっては、どのようなインターネット環境が適しているか迷うかもしれません。

自分にとって最適なインターネット環境をつくるためにも、まずは手っ取り早く利用できるモバイルWi-Fiルーターを使ってみるのが賢明でしょう。

まずはお試し期間やレンタルから始めて、速度やデータ容量に満足できないようであれば光回線に切り替えれば良いと思います。

★WiMAXのレンタル方法を知りたい方はこちら
『WiMAXのレンタル方法まとめ!激安短期でお試ししたい方は必見です!』
★月額3,600円!31,400円キャッシュバック!
『【2019年】WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

auひかりで引越しをする場合の注意点

auひかりを利用しているけど引越した場合の費用はどうなるのか気になりますよね。

ここでは引越した場合に掛かる費用や注意点をまとめました。

契約解除料

引越し先がエリア内でauひかりを継続して利用できる場合は、契約解除料がかかりません。

引越し先がエリア外でauひかりを利用できない場合は、下記の契約解除料が発生します。

〇ギガ得プランを契約の場合
⇒9,500円

〇ずっとギガ得プラン
⇒15,000円

契約解除料を0にする方法があるので紹介していきます。

更新月に解約する

契約プランの更新月に解約すれば違約金を0にすることができます。

更新月は、契約満了月近くの2ヶ月間に設定されます。

例えば、ずっとギガ得プランの場合、3年毎の更新なので利用開始月から37ヵ月目と73ヵ月目の月内に解約すると違約金がかかりません。

ギガ得プランの場合、2年毎の更新なので利用開始月から25ヵ月目と49ヵ月目の月内の解約で違約金が0になります。

引っ越し先でもauひかりを継続する

引っ越し先でもauひかりを同じプロバイダで引き続き利用する場合は「移転手続き」をすれば解約金、初期工事費用は不要になります。

この場合は、プロバイダへ「移転手続き」の連絡をしましょう。

ちなみに、引っ越し先でもauひかりを利用するが、プロバイダが変わる場合は通常の解約と同じになるので、解約金がかかってしまいます。

キャッシュバックやキャンペーンがある他社に乗り換える

こちらは他社光回線や代理店などのキャッシュバックやキャンペーンで解約金を相殺する方法です。

更新期間で解約したり引っ越し先でauひかりを継続することが無理だったとしても安心してください。

違約金や撤去工事費、工事費の残債まで負担してくれるソフトバンク光のような光回線に乗り換えるという方法もあります。

しかし、ソフトバンク光ではauスマートバリューが適用されないのであまりお勧めはしません。

もしauひかりのプロバイダとしてBIGLOBEを利用している方は、BIGLOBE光に乗り換えることで撤去工事費を負担してくれる代理店があります。

僕がauひかりの申し込み窓口として推奨している代理店と同じところなので安心ですよ。

auひかりの工事費の残債

引っ越し先でもauひかりを継続する場合は、工事費の残債(未払い分)と新規工事費が実質無料です。

例を出して説明します。

例:戸建てで2年で解約した場合

①引越しの残債があるので翌月に利用料金とまとめて支払います。
⇒37,500円-(625円×24ヵ月)=22,500円
22,500円を翌月のインターネットの料金と一緒に支払います。

②次回の支払いで上記で支払った22,500円が割引されます
⇒ずっとギガ得プランの場合だと5,100円/月なのでそこから22,500円割引されます。この場合、あまった17,400円は更に翌月以降の料金から割引されます。

③引越し先の新たな工事費はこれまでと同じ割引が受けられます
⇒戸建て(625円×60ヶ月=37,500円)
⇒マンション(1,250円×24ヵ月=30,000円)

撤去工事費

auひかりホームを解約する際に、かなり高額な撤去工事費(28,800円)。

2018年3月1日以前にauひかりに申し込みをした方は希望制ですが、それ以降に申し込みした場合は強制的に回線撤去が必要です。

もし撤去工事を行うとなった場合、解約時の負担が増えることになりますね。

auひかりがエリア外の場合は、au系列の光回線がおすすめ

引っ越し先がauひかりの提供エリア外の方は、au系列の光回線に乗り換えることをおすすめします。

auスマホを使っている場合、auスマートバリューの適用でセット割が受けられるからです。

【au系列の光回線】

光回線対応エリア
auひかり関西・東海・沖縄がエリア外
ビッグローブ光全国
So-net光全国
@nifty光全国
コミュファ光東海地方
eo光近畿地方
ピカラ光四国地方
メガエッグ中国地方
BBIQ九州地方

地方の光回線であれば月額料金も安く、auスマートバリューの割引も受けられるのでお得になります。

auひかりの解約はプロバイダに連絡

auひかりを解約する際の手順や注意点について説明します。

1.プロバイダに連絡して解約する

auひかりの場合、auに連絡するのではなく、プロバイダに連絡することで解約の手続きを行うことができます。

他社では回線事業者とプロバイダ会社の両方に連絡する場合もありますが、auひかりの場合はプロバイダ1社へ連絡するだけで解約手続きができるので簡単です。

プロバイダごとの連絡先は以下になります。

プロバイダ連絡先(受付時間)
BIGLOBE0120-86-0962(9:00~21:00)
So-net0120-80-7761(9:00~19:00)
au one net 0077-777(9:00~20:00)
@nifty012-32-2210(9:00~19:00)
Asahi Net0570-01-3500(10:00~19:00)
@Tcom 0120-805-633(9:00~20:00)
DTI0120-830-501(10:00~17:00)

auの窓口では解約の手続きは行っていないので注意が必要です。

また、プロバイダ解約と同時にauひかり回線(KDDI)の解約も実施されるため、インターネットが使えなくなります。

乗り換えなどの場合は、インターネットが使えない期間を空けないために、あらかじめ解約日と新規の開通日を調整する必要があるという点に注意しましょう。

2.撤去工事/解約キットの返送

戸建てタイプの物件によっては撤去工事が必要な場合があります。

撤去工事が必要な場合は、KDDIより工事日の連絡が入り立ち合いが必要です。

また、工事が必要ない場合は解約キット(箱)が自宅まで届くのでレンタルしているモデム機器などを指定の場所に送り返せば完了です。

★auひかりの解約方法について詳しく紹介した記事はこちら
『auひかりの解約方法!1円も違約金を払う必要はありません!』

auひかりは速度が遅いという評判について

「auひかりの通信速度が遅い!」という声をよく聞きます。

auひかりの速度が遅いと感じる人たちはアパートやマンションに住んでいることが多いです。

アパートやマンションの建物内の配線方式によって、通信速度が極端に遅くなる場合があります。

以下にマンションタイプごとの配線方式と最大速度をまとめました。

タイプ配線方式最大速度
タイプⅤVDSL方式下100Mbps
上35Mbps
都市機構下100Mbps
上35Mbps
タイプG下664Mbps
上166Mbps
タイプEイーサ方式下100Mbps
上100Mbps
タイプF光ファイバー方式下100Mbps
上100Mbps
マンションミニ下1Gbps
上1Gbps
マンションギガ下1Gbps
上1Gbps
※1Gbps=1000Mbps

この中でも、VDSL方式の接続方法を使っているマンションは速度が遅いことが分かります。

VDSL方式とは、建物にすでに設置してある電話線を利用して、アパートやマンション内の配線を行う方法です。

既設の電話回線を使っているので、新たに工事をする必要がないというメリットがあります。

そもそも電話線の容量は光回線と比べ物にならないくらい低く、使えば使うほど劣化するという大きなデメリットを抱えています。

そのため、建物によっては下り最大70Mbps、上り最大30Mbpsの速度しか出ないこともあるのが難点です。

しかし、NTT回線の光回線も建物内の利用者が多いほど速度が遅くなるので、auひかりの速度とあまり変わらないみたいです。

僕もauひかりのマンションでタイプVを利用していて、確かに夜の混雑時間帯(21時〜23時ぐらい)になると遅くなるように感じますが、特に大きなストレスにはなっていません。

SNSを使ったりYouTubeで動画を観たりするぐらいなら5Mbpsあれば十分だといわれています。

一般的に、日常生活を送るうえではauひかりの速度でも十分快適にインターネットを利用することができるでしょう。

対策

2018年11月1日から新しく「タイプG」の導入が始まりました。

auひかりの「タイプG」とは?
VDSL方式で提供している「タイプV」のマンションに対して導入が進み、従来の最大速度下り100Mbpsを超える最大速度下り664Mbpsを可能にしたプラン

今までVDSL方式のマンションは、新しく光ファイバー方式に工事し直すしか速度を向上させる方法がありませんでした。

しかし、アパートやマンションのオーナーに「タイプG」の導入をしてもらえば、従来の電話線を利用したまま通信速度を向上させることが可能です。

まだ始まったばかりなので提供エリアは首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)と関西(大阪府、兵庫県)の一部マンションに限られていますが、もっとエリアが拡大していくことを期待したいですね。

エンタメ好きにオススメ!auひかりのTVサービスについて

auひかりで地デジは観れませんが、テレビサービスを利用すると様々な映画やドラマ、アニメなどが視聴できます。

テレビサービスの料金

auひかりのテレビサービスを利用するためには、「セットトップボックス(STW2000)」という機器をレンタルする必要があります。

セットトップボックスのレンタル料は月額500円なので、これがテレビサービスの最低必要料金です。

月額500円で利用できるサービスは以下の2つになります。

●Android TVで好きな動画が観れる
●ビデオパスで最新映画・ドラマ・アニメの中で毎月1本レンタルできる

追加料金を払うことで、ビデオパスが見放題になったり様々なチャンネルが観れたりしますよ。

ビデオパス見放題プラン

わざわざレンタルビデオ店に足を運ばすに、自宅で観たいビデオを楽しめるプランです。

月額500円の料金に追加で月額562円かかります。

見放題プランに加入すると、最新の映画やドラマ、アニメが約1万本見放題です。

しかもビデオを返却する手間や延滞してしまうリスク、貸出中で借りられないなどがありません。

普段DVDやビデオをレンタルされる方にはかなり嬉しいサービスですね。

テレビだけでなく、スマートフォンやタブレット、パソコンにも対応しているので外出先でも楽しめますよ。

様々なチャンネルが観れる

映画やスポーツ、ニュースなどのチャンネルを観るには、「プラチナセレクトパック」と「プレミアムチャンネル」のどちらかに加入する必要があります。

●プラチナセレクトパック

月額1,980円で以下のジャンルの全42チャンネルが視聴できます。

映画、アニメ・キッズ、音楽、スポーツ、ドラマ、エンタメ・バラエティ(総合)、ニュース、ドキュメンタリー

WOWOWやアニマックス、ディスカバリーチャンネルなどの人気チャンネルを観ることができるのでおすすめです。

●プレミアムチャンネル

以下のジャンルの全8チャンネルの中から好きなチャンネルだけを観ることができます。

映画、韓流、スポーツ、エンタメ、趣味

料金は選ぶチャンネルによって異なり、1チャンネル月額1,000円から提供されています。

プラチナセレクトパックとは少しだけチャンネルが異なるのでauひかりの公式サイトで確認しましょう。

こだわりのチャンネルがない限りはプラチナセレクトパックの方がお得です。

また、チャンネルを録画をするには別売りの外付けHDDを自前で購入する必要があります。

僕はバッファローの外付けHDD使っていますが、大体1万円前後かかりました。

好きな時間に好きなチャンネルが観れるのでおすすめです。

心配症の方にオススメ!auひかりの「おまかせアドバイザー」サービス

ネットや公式サイトから情報収集をしてもやっぱり不安…

そういう方におすすめのサービスがおまかせアドバイザーです。

契約前の利用者の悩みをアドバイザーが直接自宅に伺い、無料でサポートしてくれます。

僕も今までカスタマセンターに問い合わせたり、チャットで質問しましたが、実際に店舗で話を聞くのが一番わかりやすいです。

今はネットである程度の情報は得ることができますが、契約前にわからない事や不安点を取り除けるサービスはありがたいですよね。

公式サイトの情報を見る限り、満足度も高いので以下の条件に当てはまる方は利用してみてもいいかもしれませんね。

【対象】
●auひかりホームのエリアで戸建てに住んでいる
●下記のいずれかに当てはまる方
⇒auひかりホームの導入を検討中の方
⇒auひかりホームを申し込み済みで利用開始前の方。
⇒auひかりホームを利用中で、LAN環境の見直しや電話・テレビサービスの追加を検討していて、詳しい説明を聞きたい方。

The following two tabs change content below.

監修者K

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメント

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu