【2019年】ドコモ光プロバイダのおすすめは?人気のプロバイダ26社を徹底比較

公開日:2018/10/23 更新日:2019/01/15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光に申し込むとプロバイダを選ぶ必要があります。

26社もあるので、どれを選んでいいのかわかりませんよね。

ネットで評判をみても、色んな意見があってさらに選ぶのが難しくなっている人が多いと思います。


・とりあえずおススメを教えてほしい
・選び方を知りたい
・サービスなどをじっくり比較したい

このような人に役立つ記事になっていますので、必ず納得できるプロバイダを見つけることができます。

また僕がおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

おすすめする理由も紹介していますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光プロバイダ人気ランキング

1位.GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの主なおすすめポイント
・無料レンタルできるWiFiルーターの性能が圧倒的に良い
・設定不要でルーターが使える
・dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円
・評判が良い

GMOとくとくBBの1番のおすすめポイントは無料レンタルできるWiFiルーターの性能が圧倒的に良いところです。

しかも、37ヵ月以上使えばもらえます。

それ以外にも、インターネット設定の出張サポートが無料だったり、セキュリティーソフトが1年間無料で利用できます。

多くのサイトで薦められているように、人気・サービスともに自信をもっておすすめできるプロバイダです。

2位.So-net

So-netの主なおすすめポイント
・wi-fiルーターを無料でレンタルできる(v6プラス対応のもの)
・接続方式がv6プラスなので、ネットにつながりやすい
・セキュリティ、リモートサービスが充実している

プロバイダ大手と言えばやはりSo-netでしょう。

キャッシュバック、wi-fiルーターの無料レンタル、セキュリティやサポートサービスなど、多くのサービスが揃っています。

全体的にサービスが充実しているので、初めてネット回線を使う人、転用や他の回線から乗り換える人など、どんな人が使っても満足できるプロバイダになっています。

どのプロバイダを選んでいいかわからないと悩んでいる人にはおススメできるプロバイダです。

因みにドコモ光以外にもNURO光やauひかりでも契約できます。

3位.OCN

OCNの主なおすすめポイント
・Wi-Fiルーターの無料レンタル
・セキュリティ対策「マイセキュア」が12ヵ月無料
・v6アルファ申込みで「ホームネットセキュリティ」が12ヶ月無料
・訪問サポートが初回無料
・格安SIM「OCN モバイル ONE」ユーザーは毎月-200円

OCNはタイプAよりも月額料金が200円高いタイプBのプロバイダですが、安心できる大手のプロバイダです。

以前までのOCNは「速度が遅い」と言われることも多かったのですが、高速化サービス「v6アルファ」が誕生してからは評判が良くなってきています。

また、セキュリティ対策「マイセキュア」と「ホームネットセキュリティ」でセキュリティ対策が充実しています。

ただ、タイプBのプロバイダはタイプAのプロバイダよりも年間で2,400円高額になるので、こだわりがなければタイプAのプロバイダの方がお得です。

4位.BIGLOBE

BIGLOBEの主なおすすめポイント
・IPv6接続対応ルーターが無料でレンタルできる
・3つのセキュリティソフトのセットオプションが最大12ヶ月無料
・リモートサポートが完全無料
・訪問サポート初回無料

BIGLOBEの一番のおすすめポイントはIPv6接続対応ルーターが無料でレンタルできる点です。

一つ注意が必要なのが、これはあくまで2018年8月30日以降にドコモ光に申し込んだ方のみが対象ということ。

これからドコモ光を申し込むという方には何も問題はありませんが、2018年8月29日以前に既にドコモ光を申し込んでいて、これからBIGLOBEへのプロバイダ変更を考えているという方は要注意。

その場合、対応ルーターのレンタルには月額500円がかかります。

2018年8月29日以前にドコモ光を申し込んで現在利用しているという方には、GMOとくとくBBなど完全に無料で高性能ルーターをレンタルできるプロバイダをおすすめします。

5位.ぷらら

ぷららの主なおすすめポイント
・キャッシュバックキャンペーンがある
・セキュリティ対策ソフト「マカフィー」が24ヵ月間無料
・Wi-Fiルーターのレンタルが無料
・訪問設定サポートが1回無料

ぷららの24ヵ月間セキュリティ対策が無料なのは、実はキャッシュバックがあるプロバイダの中では最長です。

セキュリティ対策の「マカフィー」はセキュリティ内容によって1年で3,000円~6,000円ほどします。

それが2年分無料なのは嬉しいメリットです。

ぷららはこれまで「速度が遅い」と酷評されています。

しかし、ネット高速化の「v6エクスプレス」によって通信速度の改善が期待されています。

6位.DTI

DTIの主なおすすめポイント
・キャッシュバックキャンペーンがある
・Wi-Fiルーターの無料でレンタルできる
・訪問設定サポートが1回無料
・セキュリティ対策ソフト「マカフィー」が12ヵ月間無料

キャッシュバック、Wi-fiルーターを無料でレンタルできるのでこれからドコモ光に申し込む人はメリットが多いプロバイダです。

2018年9月3日にv6プラス接続になったので、通信速度も安定しやすくなっています。

ただ2018年9月3日以前からDTIを使っている人は自分でv6プラス接続の申込みが必要になります。

またv6プラスに対応してるルーターを自分で用意する必要があります。

申し込みの手間や出費がかかるので、そこがデメリットになります。

ただこれからDTIに申し込む人であれば自動でv6プラス接続になり、Wi-fiルーターを無料でレンタルできるようになります。

7位.ドコモnet

ドコモnetの主なおすすめポイント
・ネットに関する問い合わせ窓口はすべてドコモ光でOK
・セキュリティ対策ソフト「マカフィー」が12ヵ月無料
・受信ボックス10GB・保存期限が無制限のメールサービスが使える

ドコモnet以外のプロバイダは、問い合わせ内容によってプロバイダなのかドコモ光なのか、窓口が違ったりします。

(例)ドコモ光×ぷららを契約でインターネット接続について聞きたい
インターネット回線に異常がある場合
⇒ドコモ光
  
インターネット回線には異常がない場合
⇒ぷらら

インターネットに詳しくない人は、そもそもどこが問題で異常なのかわからないと思います。

ドコモnetではドコモ光に問い合わせ窓口が一本化しているので、せっかく電話したのに内容によってたらい回しにされたり、対応してもらえなかったということがありません。

メールサービスについては、他のプロバイダでは受信ボックスの容量が2GBだったり、無制限だけど保存期限が2ヵ月だったりします。

ドコモnetの受信ボックスの容量と保存期限は、比較的キャパシティが広いのです。

8位.@TCOM

@TCOMの主なおすすめポイント
・ドコモ光×@TCOM申し込みで無線LANルータープレゼント
・開通工事後に「安心訪問サポート」で初期設定が1回無料
・「医療サポート24」で医療や育児・介護の悩みを24時間いつでも相談できる
・セキュリティ対策「TOKAI SAFE」が3ヵ月無料

@TCOMの大きなメリットは「無線LANルータープレゼント」です。

ただし、そのルーターが高速化サービス「v6プラス」に対応しているかどうかは、ドコモ光電話の利用状況によって変わります。

※「v6プラス」の速い通信速度で快適にネットを使うには、対応ルーターが必要です。

●ドコモ光を利用しない場合
⇒v6プラス対応のルーターをプレゼント(NEC社製PAWG1200HP3)

●ドコモ光電話を利用する場合
⇒プレゼントされるのはv6プラス非対応のルーターです。
ドコモ光電話とv6プラスに対応したルーターをレンタルで利用することになります。

9位.@nifty

@niftyの主なおすすめポイント
・セキュリティサービス「常時安全セキュリティ24」が12ヶ月間無料
・訪問設定サービスが1回無料

@niftyはセキュリティサービスやリモートサービスが充実しています。

普通にネットを使うのあれば問題なく使えるプロバイダです。

ただ同じタイプAで申込み時にキャッシュバックやWi-fiルーターを無料でレンタルできるプロバイダもあります。

そのようなプロバイダと比べると少しサービス面が弱く見えてしまいます。

10位. BB.exite(エキサイト)

BB.エキサイトのおすすめポイント
・総合セキュリティソフト「ESETファミリーセキュリティ」が36ヵ月無料

総合セキュリティソフトの無料期間は、他のプロバイダと比較すると長期間です。

しかし、BBエキサイトはその他のキャンペーンや特典が充実していません。

セキュリティ対策の他に無料のメールサービスがありますが、他社と比較するとメールボックスの容量などは小さいです。

また、IPoE接続の高速化サービスは、月額料金は別途700円の「ドコモ光+excite MEC光 接続プラン TYPE-D」の契約が必要です。

特典やキャンペーンのお得さ・速い速度など、総合的に考慮して、他のプロバイダをおすすめします。

11位.Asahinet

Asahinetのおすすめポイント
・IPv6に接続している
・フレッツ光から転用しても引き続きAsahiNetを使える
・サービスを提供している会社が老舗なので安心感がある

タイプBでありながらセキュリティサービスは有料、サポートサービスもついていないので、正直個人的にはメリットがほとんどないプロバイダです。

AsahiNetに強いこだわりがないのであれば、他のプロバイダを選んだほうがいいです。

12位.エディオンネット

エディオンネットの主なおすすめポイント
・4GBまでの大容量ブログが無料で利用できる
・電話窓口でフリーダイヤルが利用できる
・WEBメール、メール転送サービスが利用できる

エディオンネットでは、4GBまでの大容量ブログが無料で利用できます。

ドコモ光のプロバイダの中では、容量無制限のAsahiNetに次いで二番目に容量が多いです。

広告も出ないですし、デザインテンプレートも豊富なので、ブログに興味がある方にはメリットが大きいでしょう。

ただ、それ以外にプロバイダとして目立ったメリットはありません。

v6プラスにも対応していないので、速度重視の方は他のプロバイダを選ぶことをおすすめします。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

ドコモ光のプロバイダを決める前に知っておきたいポイント

どのプロバイダに乗り換えてもそこまで速度が変わるわけではない

ドコモ光のプロバイダを選ぶうえで速度を重視する方が多いみたいですが、どのプロバイダを選んでもそこまで速度は変わりません。

誰もが知っている大手のプロバイダを選ぶと加入者が多いので回線が混雑する可能性が高いとかってよく聞きますが

数年前から全てのプロバイダが情報を公開しなくなった為、速度に関する情報を入手するのが不可能になりました。

そもそもインターネット回線の速度は建物や接続方式、接続しているデバイス(PCやスマホ)の機能によっても大きく影響を受けます。

つまり、利用者の環境によって速度は変わるので口コミや評判などもあてになりません。

何人か家電量販店の店員さんに聞いたところ、大手のプロバイダは確かに資金力があるので、利用者が増えた場合設備を増強できると言っていましたが

設備の増強なんていつするかなんてわからないので期待しない方が良いでしょう。

そもそも、日常的にインターネットを使うくらいならどのプロバイダを選んでも変わりません。

ネームバリューで選ぶくらいでも全然良いと思いますよ。

僕がおすすめするGMOとくとくBBは15,000円くらいする高性能のwifiルーターが無料でレンタルできます。

しかも、37ヵ月以上GMOとくとくBBを利用した場合、ルーターはもらえます。

他にもルーターを無料でレンタルできるプロバイダはありますが、GMOとくとくBBの性能が一番良いです。

ホームページを見てもルーターに力をいれているのがわかりますよ。

因みにどのプロバイダを選んでもドコモ光はフレッツ光の回線になります。

あまり聞いたことのないプロバイダを選んでも同じフレッツ光の回線をつかっているので安心してください。

ドコモ光回線はいつでも最大速度がでるわけではない

ドコモ光回線の最大速度は1GMbps(1,000Mbps)になっています。

ほとんどの光回線の最大速度は1GMbpsです。

auひかりやNURO光などの一部の光回線は最大速度が1GMbps以上でる場合もあります。

ただいつでも最大速度の1GMbpsが出るわけではありません。

ドコモ光を含む、すべての光回線はベストエフォート方式という方法でネットサービスを提供しています。

ベストエフォート方式というのは利用環境、回線の混雑状況などによって通信速度が低下するということです。

つまり常に一定の通信速度が提供されるわけではありません。

通信速度が速いときもあれば、ほとんど速度がでないときもあるということです。

ドコモ光回線そのものがベストエフォート方式という、通信速度の安定を保証していないサービスです。

なので通信速度が速いという評判のあるプロバイダを選んでも、速度が遅くなることがあります。

ドコモ光の通信速度が遅くなる原因

ドコモ光はベストエフォート方式によって、利用環境、回線の混雑状況などによって通信速度が低下することを紹介しました。

ではどのような時に通信速度が遅くなるのか、原因について紹介します。

・マンションタイプは通信速度が遅くなりやすい
戸建てよりもマンションの人の方が同じドコモ光回線を使っていても、通信速度が遅くなりやすいです。

これは建物によって光回線の引き込み方法が異なるからです。

戸建ての場合は電柱から直接建物に回線を引き込んで、ネットを使います。

マンションの場合は電柱から建物にネット回線を引き込んで、そこから各部屋に回線が振り分けられます。

なので電柱から引き込んだ1本のネット回線を、マンションの各部屋の人と分けあって使うことになります。

そうなるとマンションの各部屋の住人が同時にネットを使うと、通信速度が遅くなってしまいます。

戸建ての場合は引き込まれたネット回線をそのまま使うことができるので、遅くなることはありません。

このような理由からマンションの人の方が遅くなりやすいです。

・マンションでVDSL配線だとさらに遅くなる
マンションタイプにも2種類の配線方式があります。

その配線方式によって、通信の最大速度の違いがあります。

光配線方式:最大速度1GMbps(1,000Mbps)
VDSL配線方式:最大速度100MBps

VDSL配線方式は光配線方式の10分の1しか最大速度がでません。

v6プラスの接続方式を使っているプロバイダと契約しても、VDSL配線方式の最大速度は100MBになります。

そのためVDSL配線方式のマンションに住んでいる人は通信速度が遅くなりやすいです。

・ネット回線が混雑しやすい時間につかう
ドコモ光を使っている人の評判として、夜間に通信速度が遅くなるといった声が圧倒的に多いです。

どのネット回線も、ネット接続している人が増えると回線が混雑して通信速度が遅くなってしまいます。

21時~23時の時間帯はネットを使う人が多くなっています。

特に22時前後が最もネット回線混雑して、通信速度が遅くなる時間です。

その時間帯に使うと通信速度は遅くなりやすいです。

昼はネットが快適に使えても、夜になると通信速度が遅くなるもこのような理由になります。

また平日よりも土日はネット利用者が多いので、お昼でも通信速度が遅くなることがあります。

・通信障害が発生する
ドコモ光の回線、またはプロバイダでの通信障害が発生することもあります。

その場合はネットに接続できなかったり、通信速度が遅くなることがあります。

通信障害が発生するとドコモやプロバイダの復旧を待つしかありません。

人気のプロバイダは混雑する可能性がある

一説によると、インターネットの速度が遅いと感じるのは混雑して速度が不安定になるからと言われています。

「プロバイダによって速度は異なる」と言われていますが、その一番の要因は「利用者が多いことによる混雑」です。

人気のプロバイダは利用者が多い分、混雑しやすい傾向にあります。

そのため、混雑を回避するためにはプロバイダの利用者がどれくらいいるか(大手かどうか)をチェックするのも手です。

ただし、メジャーなプロバイダ=遅い、マイナーなプロバイダ=速いというわけでもありません。

戸建てとマンションならマンションの方が混雑しやすいなど、利用環境などによっても異なります。

また、大手のプロバイダの方が設備面や経営面での安心感も大きいので、有名なプロバイダと契約したいという方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、人気のプロバイダでも混雑を回避できる「v6プラス接続」です。

プロバイダ選びの際のキャッシュバックの重要性

続いて、キャッシュバックについてです。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダがあります。

キャッシュバックもプロバイダを選ぶときには重要なポイントになります。

以下の2つのケースを見て、どちらの方がお得だと思いますか?

➀月額料金4,800円の回線を2年間使用した場合(キャッシュバックなし)
➁月額料金5,300円の回線を2年間使用した場合(キャッシュバック15,000円あり)

パッと見では月額料金が500円安い➀のケースの方がお得に見えますよね。

ですが、実際に計算してみると……

➀のケース

月額料金4,800円×24ヶ月=115,200円

➁のケース

月額料金5,300円×24ヶ月=127,200円

127,200円-キャッシュバック15,000円=112,200円

➁の方が安い

月額料金が高い➁のケースの方が、3,000円安いという結果になりました。

このように、キャッシュバックは総合的な出費額に大きな影響を与えるのです。

月額料金があまり変わらないドコモ光では、キャッシュバックが高いプロバイダを選ぶことが重要になってきます。

後でキャッシュバックをしているプロバイダを紹介します。

単独タイプは自分でプロバイダと契約する

ドコモ光は基本的に月額料金にプロバイダ利用料が含まれているセットプラン(タイプA、タイプB)になっていますが、それ以外に「単独タイプ」というプランがあります。

これは、タイプAやタイプB以外のプロバイダを自分で契約することができるプランです。

例えば、Yahoo!BBなどですね。

フレッツ光からの流れでプロバイダをそのままYahoo!BBにするという方も多いです。

Yahoo!BBはソフトバンク光のプロバイダというイメージが強いですが、実はドコモ光でも利用できるんです。

ドコモ光の月額料金とは別でプロバイダ利用料がかかるので割高にはなってしまいますが、プロバイダにこだわりがある方にはおすすめです。

ただし、全てのプロバイダが利用できるというわけではありません。

中には利用できないプロバイダもあるので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

家電量販店で聞いたところ、単独タイプを契約される方はほとんどいないそうです。

ほとんどの方がタイプAかタイプBを契約しているみたいですね。

プロバイダのタイプが変わることもある

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBに分かれていますが、まれにプロバイダのタイプがAからB、BからAに変わることもあります。

もし利用していたプロバイダのタイプが変わっても、それまでの料金がそのまま適用されます。

つまり、戸建てタイプ月額5,200円で利用していたAタイプのプロバイダがBタイプになったとしても、月額5,400円ではなくそのまま5,200円で利用できるということです。

ただし、一度別のプロバイダに変えて再度そのプロバイダに戻す場合には変更後の料金が適用されるので注意しましょう。

申し込み窓口によって勧められるプロバイダは違う

これはネットではなく対面の窓口で申し込む際の注意点です。

申し込み窓口によっては、販売員が一部のプロバイダを勧めてくることがあります。

例えば、ドコモショップで契約する際にはドコモNet、家電量販店のエディオンで契約する場合にはエディオンネットを勧められます。

もともとそのプロバイダを契約しようと思っていたならいいですが、プロバイダの違いがわからない状態で勧められてしまうと危険です。

他に自分が求めているサービスに合ったプロバイダがあったかもしれないのに、全く別のプロバイダと契約してしまうことになりかねません。

もちろん中立的な立場でどのプロバイダがおすすめかを教えてくれる販売員の方もいるでしょうが、全員がそうとは限りません。

自分が納得できる契約をするためには、事前にどのプロバイダにするか目星をつけておくことが大切です。

ドコモ光ミニの場合単独プランしか選べない

ドコモ光ミニとは2段階制の戸建て向けのプランです。

正直需要がないプランなので詳しくは説明しませんが、データ通信量が200mbの場合2,700円で使えます。

ただし、そこにプロバイダー料金が乗ってくるので結果的に4,000円近くの料金になります。

因みにプロバイダは自分で契約しないといけないのも面倒。

しかも単独プランのプロバイダなのであまり大手のプロバイダは契約できません。

大手のプロバイダでいうとヤフーBBくらいですね。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光のプロバイダを選ぶ前に比較すべきポイント

プロバイダによって提供しているサービスは違いますが、はっきり言ってどれもプロバイダを選ぶ上で決め手になるようなサービスではありません。

他にもセキュリティソフトとか訪問サポートなどは重要視するサービスではありません。

セキュリティーソフトは既にパソコンにインストールされてる場合もありますし、無料のソフトもあります。

インターネットが苦手な人の為の訪問サポートサービスやリモートサポートサービスはどのプロバイダでも無料で受けられます。

ドコモのカタログや公式サイトには掲載されていませんが、GMOとくとくBBでも1回だけ無料で利用できます。

つまり、特段プロバイダを選ぶ基準にはならないということです。

ではプロバイダ選びの決め手となるのは何か?

1つづつ紹介していきます。

レンタルできるwifiルーターを比較

インターネットを快適に使うためには回線速度が重要です。

ドコモ光の速度は最大1Gbps(1000Mbps)と言われていますが、利用環境によっては速度は大幅に変わります。

例えば、マンションでVDSL接続(速度が遅い接続方式)の場合は最大100Mbpsまでしかでないので、ドコモ光を契約しても最大100Mbpsしかでません。

wifiルーターも機器によって性能が変わります。

最大1Gbpsに対応しているものもあれば、古い物だと300mbpsにしか対応していないものもあります。

また、IPV6(速度が速い通信方式)に対応しているwifiルーターもあれば、対応していないルーターもあります。

ドコモ光のプロバイダでIPV6に対応しているwifiルーターをレンタルできるプロバイダを表にまとめました。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
DTIELECOM製
WRC-
1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps

比較してみるとGMOとくとくBBのwifiルーターの性能が1番良いことがわかります。

GMOとくとくBBでレンタルできるルーターはBUFFALO製とNEC製が選べますが、どっちを選んでも問題ないです。

好みのデザインで選べば良いと思います。

またGMOとくとくBBのルーターにはさまざまな機能がついています。

・バンドステアリング機能
Wi-Fiには2種類の周波数があり、通信速度が出やすい周波数の方へルーターが自動で切り替えてくれる機能です。

2.4GHz帯と5GHz帯の2種類の周波数があって、ネット利用者が増えると回線と同じように電波が混雑します。

そうなると通信速度が遅くなってしまいます。

普通のルーターであれば自分で周波数の切り替えをする必要があります。

バンドステアリング機能であれば自動で切り替えをしてくれるので、常に通信速度が速くなる周波数を選んで接続してれます。

なので通信速度が安定しやすい環境でWi-Fiを使うことができます。

・ビームフォーミング機能

ビームフォーミング機能はルーターがWi-Fiに繋いでいるパソコンやスマホを自動で感知します。

そして感知した端末を狙ってWi-fiの電波を届ける機能です。

家の中で複数の端末でWi-fiに接続しても、端末に電波が届きやすくなります。

・Wi-Fiの電波の届く範囲が広い
GMOとくとくBBのWi-Fiルーターの電波の届く範囲は広いです。

戸建であれば3階まで、マンションなら4LDKまでWi-Fiの電波が届きます。

WXR-1750DHP2の方はアンテナが外付けされていて、重点的にとどけたい箇所にWi-Fiの電波を送ることができます。

ビームフォーミング機能でも電波は届きますが、アンテナを使えばWi-Fiの電波の飛ばす方向をコントロールできます。

これらの機能があるので、広い家で家族の皆が違う部屋でスマホやパソコンを使ってもWi-Fiの電波が届きやすくなります。

家族からも「自分の部屋だとWi-Fiが入らない」、「家のWi-fiが遅くてイライラする」などの声がなくなります。

ネットで口コミを検索してみるとGMOとくとくBBの評判は本当に良いです。

この他にもツイッターにはGMOを利用して満足されている口コミがたくさん投稿されています。

気になる方はツイッターで調べてみてください。

Wi-fiルーターの受け取り方

Wi-Fiルーターの受け取り方について紹介します。

1.プロバイダから開通案内などの書類が届く
2.その後に電話やネットでプロバイダに連絡
3.工事が終了してから約10日後に到着
4.届いたWi-fiを設定する
5.利用開始

届け先は指定できる場合もありますが、ドコモ光の回線を引く住所にしておいた方がいいです。

また詳細な申込み方法がプロバイダから届く書類の中に同封されていることもありますので、確認してみてください。

Wi-Fiルーターは工事が完了した後に届くので、開通工事が完了してもすぐにはWi-Fiが使えませんので注意してくだいさい。

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターは工事日前に届く

GMOとくとくBBでWi-fiルーターをレンタルすれば、ドコモ光の開通工事前までにルーターが届きます。

工事日までにルーターが届くようにするには支払い方法をクレジットカードにする必要があります。

またクレジットカード支払いの登録は工事日の3日前までに行ってください。

なぜクレジットカード払いなのかというと、解約月の翌月20日までにWi-fiルーターの返却が確認できなかった場合に補償料が発生します。

補償料は10,000円で、保証料を請求するためにクレジットカードの情報が必要になるからです。

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターの申し込み方法は3種類あります。

・SMS
・GMOから郵送されてくるBBnaviの会員IDからの手続き
・電話での手続き

申し込みが完了したら、配送状況を確認することができます。

ドコモ光を申し込んだ時に登録したアドレスで配送状況を確認することができます。

工事日前にWi-Fiルーターが届けば、工事が終わってすぐにwi-fiを使えるようになるのでとても便利ですね!

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

プロバイダのセキュリティサービスを比較

プロバイダメール
ウイルス
チェック
セキュリティ
ソフト
ドコモnet無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ぷらら無料マカフィー
⇒24ヶ月無料
So-net無料カスペルスキー
⇒24ヶ月無料
GMO無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
nifty無料カスペルスキー
⇒12ヶ月無料
DTI無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ic-net無料ic-net安心
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
タイガース無料カスペルスキー
⇒永年無料
BIGLOBE無料セキュリティ
セット
プレミアム
⇒12ヶ月無料
andline無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
シナプス無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
excite無料Excite
インターネット
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
エディオン無料ウイルス
バスター
⇒月額429円
SIS受信時のみ
無料
スピーディア
永年無料
セキュリティ
⇒永年無料
楽天無料ウイルス
セキュリティ
⇒12ヶ月無料
TiKiTiKi無料ノートン
⇒月額450円

ウイルス
バスター
⇒月額450円

MyPC
セキュリティ
⇒月額200円
hi-ho無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ネスク無料ウイルス
バスター
⇒月額500円

マカフィー
⇒月額500円
01光コアラ無料
OCN送信時のみ
無料
マイセキュア
⇒12ヶ月無料
TCOM無料有害サイト
ブロック
⇒12ヶ月無料
TNC無料12ヶ月無料
AsahiNet月額200円カスペルスキー
⇒2ヶ月無料
WAKWAK送信時のみ
無料
マカフィー
⇒月額500円
ちゃんぷる受信時のみ
無料
ウイルス
バスター
⇒月額477円

インターネットを利用する上で、セキュリティが気になるという方も多いでしょう。

ほとんどのプロバイダにはメールのウイルスチェックやセキュリティソフトのオプションサービスがあります。

セキュリティソフトはほとんどのプロバイダが期間限定で無料で利用できるシステムです。

すでに自分でセキュリティソフトを利用している方にはあまりメリットにはならないかもしれませんが、お試しで使ってみるというのもいいでしょう。

ただ、今は無料でつかえるセキュリティソフトもたくさんあるので、特別プロバイダを選ぶうえで重視するポイントにはなりません。

●無料で使えるウイルスソフト
アバスト!無料アンチウイルス
Avira Free Antivirus
AVG アンチウイルス 無料版
Windows Defender

無料期間中に解約しないと自動課金される

ドコモNetだけは無料期間が終わればそのままセキュリティサービスが終了となりますが、それ以外は無料期間が終わると自動的に課金されてしまいます。

無料期間だけお試しで使ってみたいという方は、必ず無料期間がいつまでかを確認し、期間内にオプションの解約をするようにしましょう。

とはいえ、これらのセキュリティソフトはあくまで任意で加入するオプションサービスなので、そもそも契約をしなければ自動課金されることもないので安心してくださいね。

プロバイダのサポートサービスを比較

プロバイダリモート
サポート
訪問
サポート
ドコモnet31日間
初回無料
有料
ぷらら無料初回無料
So-net6ヶ月以内
初回無料
無料
※設定のみ
※Wi-Fiルーター
レンタル併用不可
GMO有料
nifty初回無料3ヶ月以内
初回無料
DTI無料初回無料
ic-net36ヶ月以内
無料
36ヶ月以内
初回無料
タイガース無料180日以内
初回無料
BIGLOBE無料初回無料
andline初回無料
シナプス6ヶ月以内
初回無料
6ヶ月以内
初回無料
excite有料有料
エディオン有料
SIS60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
楽天60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
TiKiTiKi有料
hi-ho60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
ネスク無料
01光コアラ有料
OCN有料初回無料
TCOM有料有料
TNC有料
AsahiNet
WAKWAK有料
ちゃんぷる12ヶ月以内
無料

パソコンやネットの設定が苦手な方向けに、遠隔操作でサポートしてくれる「リモートサポート」や、専門スタッフが自宅に来て設定などをしてくれる「訪問サポート」のサービスもあります。

ほとんどは有料のサービスですが、初回だけ無料で行ってくれるというところが多いですね。

ただリモートサービスはプロバイダによって、微妙に差があります。

例えば、10分以上リモートサポートを使うと追加料金が発生したり、パソコンやスマホの設定はしてくれるけどアップデートはしてくれない等です。

サポートをしてくれる範囲もことなるので、リモートサービスを使う前にサポートしてくれる範囲を確認しておいたほうがいいです。

またリモートサービスは1回の問い合わせで、1つの要望しか対応してくれない場合もあります。

他にも実際にリモートサービスを使った人の意見で、遠隔操作をしてもうときにカスタマーセンターの人にデータなどの見られて嫌だったという声もあります。

個人情報がもれることはないですが、気になる方は遠隔操作はしてもらわない方がいいでしょう。

またリモートサービスを使うためにソフトやアプリをダウンロートするなどの準備が必要になります。

リモートサービスを使う前の準備はプロバイダによってことなります。

プロバイダへ連絡するか、ホームページで確認してください。

表に無料と記載してあるプロバイダは何度リモートサービスを使っても無料です。

パソコンやネットの知識がある程度あれば必要ないサービスですが、苦手な方はうまく活用するといいでしょう。

一方訪問サービスも、サポートしてくれる範囲がプロバイダによって異なる場合があります。

また場所によっては別途交通費などが発生することもあります。

訪問サービスは有料で使う場合は1万円以上するサービスです。

初回だけですが、無料で使えるのは金額的にお得です。

特に初めてネット回線を申し込んだ人は訪問サービスを使って初期設定をしてもらいましょう。

それ以外では訪問サービスが活躍する場面は少ないです。

結論:ドコモ光のおすすめのプロバイダは速度の評判が良いGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、プロバイダ選びで重要な以下の3点をクリアしています。

・速度が改善される「v6プラス」に対応している
・高品質のv6プラス対応ルーターを無料でレンタルできる
キャッシュバックがもらえる

ドコモ光のプロバイダの中でも特に速度に定評があり、高性能ルーターも無料でレンタルできるのが最大の強み。

15,000円のキャッシュバックも魅力的ですし、ドコモ光の公式キャンペーンでもらえるdポイント20,000円分と合わせるとかなりお得になります。

・初めてネット回線を使う人
・他社からドコモ光に乗り換える人
・転用でプロバイダを変更したい人

このような人にはメリットがとても多いプロバイダになっています。

GMOとくとくBBを選べば、後悔することは少ないはずです。

速度とお得を両立するなら、下記窓口からの申し込みがおすすめです。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光の人気プロバイダの料金比較

ドコモ光の選べるプロバイダは光コラボの中でも圧倒的に多いです。

ドコモ光⇒26社
ソフトバンク光⇒1社
auひかり⇒7社

他社より圧倒的に選べるプロバイダが多いことがわかりますね。

後ほど紹介しますが、フレッツ光のようにプロバイダの変更ができるのも嬉しいところ。

因みにauひかりはプロバイダの変更ができません。

タイプAとタイプBの違いは料金(200円)

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBの2つのプランに分かれます。

その違いは200円の料金の差だけです。

タイプBの方が金額は高い=質が良いというわけではありません。

何故、タイプBの方が店員さんに聞いたところ「特に意味はないんです」と言われました。

何人かの店員さんに聞いてみなさん同じ回答だったので本当に深い意味はないんだと思います。

因みにタイプA⇒タイプBに変更になったプロバイダもあれば、タイプB⇒タイプAに変更になったプロバイダもあるみたいです。

この事から本当に深い意味はない事がわかりますね。

プロバイダタイプ
ドコモnetタイプA
ぷらら
So-net
GMO
nifty
DTI
ic-net
タイガース
BIGLOBE
andline
シナプス
excite
エディオン
SIS
楽天
TiKiTiKi
hi-ho
ネスク
01光コアラ
OCNタイプB
TCOM
TNC
AsahiNet
WAKWAK
ちゃんぷる
 戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
単独タイプ5,000円3,800円

ドコモ光のプロバイダはタイプAがおすすめ

ドコモ光のプロバイダは26社の中から選べますが、どのプロバイダのサービスも似たり寄ったりです。

それなら少しでも安いタイプAのプロバイダの中から選んだ方が良いです。

それでも200円しか変わらないので、言ってしまえばそこそこ知名度のあるプロバイダであれば特段問題ないということです。

多くのサイトでも薦められていますが、GMOとくとくBBがおすすめですね。

なんでおすすめか?

他社より無料でレンタルできるwifiルーターの性能が良いからです!

詳しくは後ほどわかりやすく紹介します。

プロバイダの使用料もドコモからセットで請求される

フレッツ光を使っている人で、毎月の請求がフレッツとプロバイダで分かれてくる人もいるかとおもいます。

ドコモ光のタイプAとタイプBになれば、プロバイダの使用料も一緒に請求されます。

ドコモとプロバイダで別々に請求書がくることはありません。

ただタイプBのOCNはドコモとNTTファイナンス、またはNTTコミュニケーションズの回収代行サービスの2社から請求書が来る場合があります。

これはOCNの基本料金はドコモとセットで請求されますが、その他のオプション使用料がNTTファイナンス、またはNTTコミュニケーションズから請求書が届く仕組みになっています。

OCNをプロバイダにするとドコモとNTTの代理店から請求書が届くので、二重請求なのでは?と驚く人もいるようです。

請求の内容は先ほど紹介した通りなので、請求書を確認してください。

またドコモ光でOCNをプロバイダに選んだ人でもNTTファイナンスに連絡すれば請求をまとめてくれます。

他のプロバイダを使っている人でも、ドコモやNTTの代理店、プロバイダから請求が来た人はオプションを使用している可能性があります。

ドコモやプロバイダに確認して、不要なオプションは解除しましょう。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

速度改善!ドコモ光でIPv6に対応しているプロバイダを比較

ドコモ光で利用できるプロバイダ25社(U-Pa!は除外)のうち、楽天ブロードバンドを除く24社はIPv6接続に対応しています。

IPv6というのは、超ざっくり言うと従来の接続よりも快適に利用できる接続方式です。(詳しいことはググってみてくださいm(_ _)m)

まずはIPv6対応プロバイダの一覧表をご覧ください。

プロバイダ申込無料
レンタル
ルーター
接続方式
ドコモnet不要×v6プラス
ぷらら不要v6プラス
So-net不要v6プラス
GMO不要v6プラス
nifty不要×v6プラス
DTIv6プラス
ic-net×v6プラス
タイガース×v6プラス
BIGLOBE不要v6プラス
andlinev6プラス
シナプス×IPoE IPv6
excite不要×PPPoE IPv6
エディオン不要×PPPoE IPv6
SIS×v6プラス
TiKiTiKi不要×PPPoE IPv6
hi-ho不要×PPPoE IPv6
ネスク×PPPoE IPv6
01光コアラ×PPPoE IPv6
OCNv6プラス
TCOM不要×PPPoE IPv6
TNC不要×PPPoE IPv6
AsahiNet不要×IPoE IPv6
WAKWAK不要×IPoE IPv6
ちゃんぷる×PPPoE IPv6

この表では、下記の3点を一覧表にまとめています。

・IPv6接続を利用するのに別途申し込みが必要かどうか
・IPv6対応のルーターを無料でレンタルできるかどうか
・IPv6の接続方式の種類

3つ目の「接続方式の種類」というのがよくわからないという方も多いと思います。

まず結論から言うと、v6プラス(IPoE IPv4 over IPv6とも言います)という接続方式のプロバイダをおすすめします。

IPv6接続には3つのパターンがありますが、それぞれ以下のような違いがあります。

PPPoE IPv6⇒速度改善なし
IPoE IPv6⇒一部のサイトでのみ速度改善
v6プラス⇒全般的に速度改善

つまり、「IPv6接続」だからと言って必ずしも速度が改善されるわけではないのです。

3種類の接続方式の中で全般的に速度が上がるのはv6プラスです。

インターネットを快適に利用したければ、v6プラスに対応したプロバイダを選ぶといいでしょう。

v6プラス接続を使うには申込みが必要なプロバイダがある

v6プラス接続を使うには申込みが必要なプロバイダがあります。

現在使っているプロバイダがv6プラス接続に変更した場合、申込みをしないとv6プラス接続ができないプロバイダがあります。

その場合は申込みをしない限り、v6プラスにはなりません。

またv6プラス接続に自動で切り替わるプロバイダもあるので、その場合は申込みは不要です。

プロバイダに問い合わせて、自分がどの接続方式になっているのかを確認して、申込みが必要な人は行いましょう。

申込みはどのプロバイダも無料でできます。

また新規で申し込む時にもv6プラス接続の申込みが必要になるプロバイダもあります。

申込みをせずにv6プラスを使い人は表に記載している、申込みが不要でv6プラスに対応しているプロバイダに申し込んでください。

v6プラス対応ルーターは無料レンタルを活用しよう

いくらプロバイダがv6プラスに対応していても、それに対応した機器がなければv6プラス接続は利用できません。

v6プラス対応プロバイダは12社ありますが、プロバイダによってv6プラス接続に利用できる機器は異なります。

どのプロバイダでどんな機器が利用できるのかをまとめました。

ドコモ光ルーター01はどのプロバイダでも利用可

まず、ドコモが貸し出している「ドコモ光ルーター01」というルーターであれば、12社のプロバイダ全てでv6プラス接続が利用できます。

ただし、このドコモ光ルーター01のレンタルには月額350円かかります。

仮に2年間レンタルし続けるとすると、350円×24ヶ月で8,400円かかります。

最初の31日間だけは無料で利用できますが、その後何年も利用することを考えるとちょっと高いかなと感じてしまいますね。

ちなみに、プロバイダをドコモNetに指定した場合、この「ドコモ光ルーター01」しか使えません。

つまり、ドコモNetでv6プラスを利用するには必ず月額350円かかってしまうというわけです。

ただこのドコモ光ルーター01はIPv4overIPv6という技術を使うので、ルーターの設定が不要です。

プロバイダの設定も不要なので、配線だけつなげばすぐにWi-fiが使えます。

対応ルーターを無料でレンタルできるプロバイダは6社

v6プラス対応ルーターを無料で貸し出してくれるプロバイダもあります。

結論から言うと、これが一番おすすめです。

対象プロバイダは以下の6社。

・ぷらら
・So-net
・GMOとくとくBB
・DTI
・BIGLOBE(2018年8月29日以降にドコモ光を申し込んだ方のみ)
・OCN

これらのプロバイダと契約すれば、契約期間中は無料でv6プラス対応のルーターをレンタルすることができます。

もちろんドコモ光を解約したりプロバイダを変更する場合には返却しなければいけませんが、ドコモ光ルーター01が月額350円かかることを考えるとかなりお得です。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

対応ルーターのレンタルに料金がかかるプロバイダは2社

残念ながら無料ではありませんが、v6プラス対応のルーターを有料でレンタルできるプロバイダもあります。

対象プロバイダは以下の2社。

・ic-net(月額300円)
・BIGLOBE(月額500円、2018年8月28日以前にドコモ光を申し込んだ方のみ)

先程BIGLOBEは無料レンタルができると書きましたが、2018年8月28日以前にドコモ光を申し込んだ方はルーターのレンタルに月額500円がかかります。

ドコモ光ルーター01のレンタルよりもだいぶ高いですね。

これからドコモ光を申し込む方には関係ありませんが、現在ドコモ光をBIGLOBEで契約している方は無料レンタルができるプロバイダへの変更を検討してもいいかもしれません。

ドコモ光電話対応ルーターが使えるプロバイダは9社

ドコモ光電話を利用している方であれば、ドコモ光電話対応ルーターでもv6プラスが利用できます。

対象プロバイダは以下の9社。

・So-net
・GMO
・@nifty
・DTI
・ic-net
・タイガースネット
・BIGLOBE
・andline
・SIS

別途ルーターのレンタルの手続きがいらないので、光電話を利用している方はぜひ活用したいところですね。

ただし、ドコモ光電話対応ルーターでは無線LAN機能が利用できません。

パソコンを有線で利用したい場合にはいいですが、スマホやタブレットでWi-Fiを利用したいという場合にはおすすめできません。

おすすめは無料レンタルができる6社

以上のことを踏まえて一番おすすめなのは、「v6プラス対応ルーターを無料でレンタルできるプロバイダ」です。

では、その中で一番おすすめなプロバイダはどこか?

さらに絞り込んでいきましょう。

v6プラス対応ルーターの機種はGMOとくとくBBがおすすめ

それぞれレンタルできるルーターのメーカーと型番、価格、無線LANの最大速度を一覧表にまとめました。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
DTIELECOM製
WRC-
1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps

ルーターの価格も最大速度もGMOとくとくBBが一番優れていますね。

GMOとくとくBBは速度に関して徹底的にこだわっており、評判もとてもいいです。

2種類のルーターからどちらかを選択できるので、性能的にはどちらも申し分ないのでどちらを選んでも大丈夫です。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光の人気プロバイダ26社の特徴比較

現在ドコモ光で利用できる26社のプロバイダの特徴や評判などをまとめました。

ドコモNet

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・WEBメール
・メール転送サービス
・マルウェア不正通信ブロック機能

利用者の口コミ

ドコモNetの速度に満足している方もいますが、そうでない方もいます。

全体的な印象としては評判はあまりよくない様子で、中にはドコモショップのスタッフにまでやめておいた方がいいと言われたという方までいました。

回線もプロバイダもドコモになることで問い合わせや手続きなどが楽になるというメリットはあるので、そこに魅力を感じる方にはおすすめです。

問い合わせ先

●ドコモの携帯電話から
⇒151(無料)

●一般電話などから
⇒0120-800-000(無料)

○受付時間
⇒9:00~20:00(年中無休)

ドコモnetについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!
『ドコモ光×ドコモnetの評判やIPv6速度は?トータルサポート・メール設定も解説』

ぷらら

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・フリーチケット1,200円分(毎月)
・ひかりTVエントリープラン
・有害サイトブロック
・WEBメール
・メール転送サービス
・プライベートドメインメール

利用者の口コミ

ぷららは2018年5月に大規模な通信障害が起こりました。

ツイッターにもその件に関する苦情のツイートが多数……

それを抜きにしても、ぷららの速度に関する評判は正直あまりよくない印象でした。

問い合わせ先

●固定電話から
⇒009192-33(無料)

●ひかり電話から
⇒0120-971391(無料)

●携帯電話・公衆電話・海外から
⇒050-7560-0033(有料)

○受付時間
⇒10:00~19:00(年中無休)

ぷららについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『ドコモ光×ぷららは遅い?評判や料金、IPv6、メリット・デメリットを解説』

So-net

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ソニーグループ優待、割引サービス
・ホームページ(10MBまで)
・ブログ(1GBまで)
・WEBメール
・ファミリーパック(家族3名まで追加ID無料)

利用者の口コミ

So-netのキャッシュバックや工事費無料でお得になった方のツイートが見つかりました。

やはり申し込みの際にはキャンペーンをうまく活用すべきですね。

速度に関しては不満の口コミもありました。

確かに集合住宅では建物自体が光配線方式ではなく、VDSL方式の場合が多いです。

その場合は契約が最大1Gbpsだったとしても、実際に出せる最大速度は100Mbpsになってしまいます。

集合住宅にお住まいで速度を重視する方は、必ず建物の配線方式を確認しておくようにしましょう。

問い合わせ先

0120-80-7761(無料)

●IP電話から
⇒050-3383-1414(有料)

○受付時間
⇒9:00~18:00(指定休日除く)

So-netについてもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!
『ドコモ光×So-netの速度や評判!料金とipv6対応などの全情報』

GMOとくとくBB

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ホームページ(350MBまで/最大15個)
・WEBメール
・メール転送サービス
・くまポン優待特典付与(毎月)

利用者の口コミ

速度に定評のあるGMOとくとくBBは、ツイッターでも評判が良いです。

GMOとくとくBBのv6プラスに切り替えたことで、速度が劇的に改善されたという方のツイートが見つかりました。

v6プラス対応ルーターが無料でレンタルできるのも利用者としては嬉しいですよね。

問い合わせ先

●入会前の問い合わせ窓口
⇒0120-377-109(無料・年中無休)

●入会後の問い合わせ窓口
⇒0570-045-109(有料・平日のみ)

○受付時間
10:00~19:00

GMOとくとくBBについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『ドコモ光の人気プロバイダ!GMOとくとくBBの評判を徹底解説』

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

@nifty

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・WEBメール
・メール転送サービス
・ブログ(2GBまで)
・ファミリープラン(家族用の子ID4つまで無料)

利用者の口コミ

@niftyの口コミは賛否両論でした。

速度が改善された方もいれば、夜に通信制限がかかり異常に遅くなるという方も。

期間限定無料のセキュリティソフトに関しては@niftyに限らずほとんどのプロバイダについています。

必ず契約内容を確認しておき、不要であれば無料期間が終わる前に解約をするようにしましょう。

問い合わせ先

0120-32-2210(無料)

●携帯・PHS・海外などから
⇒03-5860-7600(有料)

○受付時間
⇒10:00~19:00(指定休日除く)

ドコモ光×@niftyについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください!
ドコモ光×@niftyのv6プラスの速度、評判から学ぶプロバイダの選び方

DTI

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ホームページ(100MBまで)
・WEBメール
・メール転送サービス
・DTI Club Off(会員優待サービス)

利用者の口コミ

DTIはv6プラスに対応しているので、速度に満足の口コミもいくつか見つかりました。

ただ、v6プラスを利用しない場合には混雑による速度の低下も十分あり得ます。

対応ルーターは無料でレンタルできるので、DTIを利用するのであればv6プラスを申し込んだ方がいいでしょう。

問い合わせ先

0120-830-501(無料)

●携帯電話・PHSから
⇒03-5749-8091(有料)

○受付時間
⇒10:00~17:00(平日)

ドコモ光×DTIについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください!
ドコモ光×DTIの評判でわかる速度の遅さ、IPv6などの全情報

ic-net

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ホームページ(5GBまで)
・WEBメール
・ブログ(50MBまで)
・メール転送サービス

利用者の口コミ

何があったのかはわかりませんが、ものすごい怒りのツイートが見つかりました。

もちろんic-netには対応が良いスタッフもいるのでしょうが、残念ながらこの他にic-netに関する口コミは見つからなかったので判断が難しいですね。

問い合わせ先

0120-45-3133(無料)

○受付時間
⇒9:15~20:00(平日)
⇒10:30~19:00(土日祝)

タイガースネット

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・阪神タイガース関連コンテンツ(試合動画配信、選手壁紙、試合スコア速報&試合結果メール、ファンレター等)
・WEBメール
・ホームページ(100MBまで)
・メール転送サービス
・ブログ(200MBまで)

利用者の口コミ

タイガースネットには、阪神ファンには嬉しいメリットがたくさんるので、ファンの間でも話題になっているようです。

速度に関して不満の口コミもありますが、速度を重視する方よりも阪神ファンの方におすすめのプロバイダだと思いますね。

問い合わせ先

0120-650-633(無料)

●携帯電話・PHSなどから
⇒06-6347-0154(有料)

○受付時間
9:00~18:00(日曜・月曜定休/年末年始除く)

BIGLOBE

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ホームページ(100MBまで)
・ブログ(3GBまで)
・会員優待割引サービス
・WEBメール
・メール転送サービス
・家族会員サービス(家族4名まで家族ID無料)

利用者の口コミ

主に速度に関して不満の口コミが多く見られました。

BIGLOBEは人気のプロバイダなのですが、それゆえに混雑しやすいのかもしれませんね。

v6プラスを利用すれば改善が期待できるので、積極的に利用したいところです。

問い合わせ先

●一般電話・携帯・PHSの場合
⇒0120-86-0962(無料)

●IP電話など上記番号が利用できない場合
⇒03-6385-0962(有料)

○受付時間
⇒9:00~18:00(年中無休)

BIGLOBEについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『ドコモ光×BIGLOBEは速度が遅い!?対策とおすすめプロバイダ』

andline

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

Wi-Fiルーターレンタルを利用しない場合に限り、契約期間中以下のいずれか1つを無償提供

・スマートフォン対応TVミラーリングレシーバー
・スマートフォン対応プリンタ
・スマートフォン対応防水スピーカー

利用者の口コミ

速度に不満の口コミが見つかりました。

andlineはややマイナーなプロバイダなのでこれ以外にあまり口コミが見つからなかったので判断が難しいですね。

ただ、andlineはv6プラスに対応しているので、v6プラスを利用すれば改善が期待できます。

andlineについて詳しく知りた方はこちらも参考にしてください
ドコモ光×アンドラインの評判UPの秘密はルーター!特典や解約について

問い合わせ先

03-6809-3392(有料)

○受付時間
⇒10:00~19:00(年末年始除く)

シナプス

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・メール転送サービス
・有害サイトブロック
・WEBメール

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

099-813-8699(有料)

○受付時間
⇒9:00~21:00(年中無休)

BB.Excite

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ブログ(1GBまで)
・WEBメール

利用者の口コミ

v6プラスに対応していないことに対する不満の声も見つかりました。

速度に不満がある場合はプロバイダを変更するしかありません。

問い合わせ先

0570-783-812(有料)

○受付時間
⇒10:00~18:00(年末年始除く)

BB.exiteについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい!
ドコモ光×BBエキサイトの評判は?速度・特典のデメリットを解説

エディオンネット

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ブログ(4GBまで)
・WEBメール
・メール転送サービス

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

0120-12-9909(無料)

○受付時間
⇒9:00~19:00(年末年始除く)

エディオンネットについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『ドコモ光×エディオンネットはメリットなし!速度・設定サポートの評判まとめ』

SIS

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・メール転送サービス
・WEBメール
・ホームページ(3GBまで)

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

022-723-0861(有料)

○受付時間
⇒10:00~18:00(年末年始除く)

楽天ブロードバンド

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・楽天スーパーポイント100ポイント(毎月)

利用者の口コミ

速度にかなりの不満を持っている方のツイートが見つかりました。

楽天ブロードバンドはIPv6に対応していないので、速度に不満がある場合は他のv6プラス対応プロバイダに変更した方がいいでしょう。

問い合わせ先

加入前の問い合わせ窓口
⇒0800-600-0111(無料)

加入後の問い合わせ窓口
⇒0800-600-0222(無料)

○受付時間
⇒9:00~18:00(年中無休)

TiKiTiKi

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ホームページ(20MBまで)
・WEBメール
・メール転送サービス

利用者の口コミ

TiKiTiKiは岡山県の会社が運営しているプロバイダ。

知名度はあまりないので口コミの数は少ないですが、速度に満足のツイートが見つかりました。

残念ながらこの他に口コミが見つからなかったので判断が難しいですね。

問い合わせ先

●入会前の問い合わせ窓口
⇒0120-576-900(無料)

●入会後の問い合わせ窓口
⇒086-265-9547(有料)

○受付時間
10:00~18:00(日曜・祝日除く)

hi-ho

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ホームページ(100MBまで)
・WEBメール(1GBまで)
・メール転送サービス

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

0120-858-140(無料)

●携帯電話専用
⇒0570-064800(有料)

○受付時間
⇒9:00~18:00(年中無休)

@ネスク

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・ブログ(2GBまで)
・WEBメール
・メール転送サービス

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

0120-917-334(無料)

○受付時間
⇒9:00~17:30(年中無休)

01光コアラ

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

その他独自サービス

・WEBメール

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

092-725-5273(有料)

○受付時間
⇒9:00~18:00(平日)

U-Pa!

※2019年3月31日サービス終了のため、既に新規受付は終了しています。

料金

タイプA

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

利用者の口コミ

2016年6月にドコモ光のプロバイダに参入したU-Pa!ですが、1年もたたずにサービス終了が発表されてしまいました。

これにはがっかりした利用者も多かった様子です。

問い合わせ先

0120-330-148(無料)

○受付時間
⇒11:00~19:00(年中無休)

OCN

料金

タイプB

戸建て:5,400円
マンション:4,200円

その他独自サービス

・マルウェア不正通信ブロックサービス
・ネット家計簿
・WEBメール
・gooブログ(3GB)

利用者の口コミ

OCNも人気のプロバイダですが、速度に不満の口コミも少なくありませんでした。

ただ、v6プラスには対応しているので、速度に不満のある方はぜひ試していただきたいところです。

問い合わせ先

0120-506506(無料)

○受付時間
⇒10:00~19:00(日曜・祝日除く/年末年始除く)

OCNについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『ドコモ光×OCNまとめ!IPv6の評判・速度・料金・乗り換えなど』

@TCOM

※静岡県非対応

料金

タイプB

戸建て:5,400円
マンション:4,200円

その他独自サービス

・ホームページ(20GBまで)
・WEBメール

利用者の口コミ

速度に関しては賛否が分かれる形となりました。

利用者が多いとどうしても混雑してしまうので、難しいところですね。

v6プラスにも対応していないので、どうしても速度が出ないという場合にはプロバイダの変更も検討するといいでしょう。

問い合わせ先

0120-805633(無料)

○受付時間
⇒10:00~20:00(平日)
⇒10:00~18:00(土日祝)

@TCOMについて知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい!
ドコモ光×@TCOMの評判は悪いのにTCOMヒカリは速度で受賞歴!デメリットは?

TNC

※静岡県のみ対応

料金

タイプB

戸建て:5,400円
マンション:4,200円

その他独自サービス

・ホームページ(20GBまで)
・WEBメール

利用者の口コミ

静岡県限定なので混雑するのでしょうか、速度に不満の口コミがちらほら。

v6プラスも非対応なので、どうしても速度に不満がある場合はv6プラス対応プロバイダへの変更がいいかもしれませんね。

問い合わせ先

0120-696927(無料)
※IP電話不可

○受付時間
⇒10:00~20:00(平日)
⇒10:00~18:00(土日祝)

AsahiNet

料金

タイプB

戸建て:5,400円
マンション:4,200円

その他独自サービス

・ブログ(無制限)
・WEBメール

利用者の口コミ

AsahiNetは比較的速度に定評のあるプロバイダです。

v6プラスは非対応ですが、速度に満足の口コミがあるのはいいことですね。

問い合わせ先

0120-577-108(無料)

●携帯電話・IP電話など
⇒03-6631-0856(有料)

○受付時間
⇒10:00~17:00(平日)

AsahiNetについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!
『ドコモ光×AsahiNetはIPv6でも遅い?おススメできない理由について』

WAKWAK

料金

タイプB

戸建て:5,400円
マンション:4,200円

その他独自サービス

・ホームページ(50MBまで)

利用者の口コミ

速度が遅かったのか、対応が悪かったのか……。

何があったのかはわかりませんが、ものすごい憎しみのこもったツイートが見つかりました。

これ以外に口コミが見つからなかったので判断が難しいですね。

問い合わせ先

0120-309092(無料)

○受付時間
⇒10:00~19:00(年末年始除く)

ちゃんぷるネット

※沖縄県のみ対応

料金

タイプB

戸建て:5,400円
マンション:4,200円

その他独自サービス

・WEBメール

利用者の口コミ

残念ながら口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

問い合わせ先

098-851-2800(有料)

○受付時間
⇒10:00~19:00(平日)
⇒10:00~18:00(土曜日)

キャッシュバックキャンペーンを実施しているドコモ光の人気のプロバイダ4社

先ほどキャッシュバックキャンペーンの重要性について紹介しました。

では、どのプロバイダでならキャッシュバックを受け取れるのでしょうか?

実は、ドコモ光のプロバイダ26社の中でキャッシュバックを受けられるのは、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、DTIの4社だけです。

キャッシュバック金額はどこも同じ15,000円ですが、条件などが少しずつ違うので確認しておきましょう。

ぷらら

キャッシュバック金額

15,000円

キャンペーン期間

~2018年11月30日

適用条件

・キャンペーン期間中にぷらら公式サイトからドコモ光を申し込むこと

・申込月から3ヶ月後の月末までに利用開始すること

・4ヶ月以上継続利用すること

So-net

キャッシュバック金額

15,000円

キャンペーン期間

終了日未定

適用条件

・キャンペーン期間中にSo-net公式サイトからドコモ光を申し込むこと

DTI

キャッシュバック金額

15,000円

キャンペーン期間

2018年8月3日~

適用条件

・DTI公式サイト経由でDTI with ドコモ光とマカフィーマルチアクセスオプションに申し込むこと

GMOとくとくBB

キャッシュバック金額

15,000円(ドコモ光+ドコモ光電話バリュー)

5,500円(ドコモ光のみ)

キャンペーン期間

2018年12月1日~

適用条件

それぞれすべての条件を満たす必要があります。

ドコモ光のみの場合

・GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光2年定期契約プランを申し込むこと
・2018年12月31日までに開通すること
・ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに指定の方法でキャッシュバック受け取り手続きを完了すること

ドコモ光+ドコモ光電話バリューの場合

・GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光2年定期契約プランとドコモ光電話バリューを申し込むこと
・2018年12月31日までに開通すること
・ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに指定の方法でキャッシュバック受け取り手続きを完了すること

他社徹底対抗宣言

GMOとくとくBBには他の3社にはない特殊な制度があるので紹介しておきます。

それは「他社徹底対抗宣言」。

「ドコモ光の申し込みでGMOとくとくBBの特典よりもお得な条件の窓口があれば、それよりも同条件以上の特典を提供する」と宣言しています。

➀他社名
➁キャッシュバック適用条件
➂キャッシュバック金額

この3点を申し込みの際にオペレーターに伝えると、それと同じ条件以上の特典がもらえるんだそうです。

キャッシュバックに自信のある証拠ですね。

もしGMOとくとくBBよりもお得な申し込み窓口があった場合は、ぜひ申告してみてください。

ドコモ光のプロバイダ変更ではキャッシュバックはもらえない

現在ドコモ光のプロバイダを使っている人が、先ほど紹介した4社のうちのどれかに変更してもキャッシュバックはもらえません。

これからドコモ光に申し込む人だけが対象になります。

また一度キャッシュバックがもらったプロバイダから、2回目のキャッシュバックをもうらうこともできません。

何度も回線を乗り換えたり、プロバイダを変える人はあまりいないと思いますが注意してください。

キャッシュバックがもらえる対象の人
・はじめてネット回線を引く人
・他の回線から乗り換える人
・転用でドコモ光を申し込む人

状況別ドコモ光のおすすめプロバイダ

では、いくつかのタイプ別におすすめのプロバイダも紹介していきます。

速度重視ならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは速度に関する評判がいいのはもちろん、2017年度で最もv6プラスの普及に貢献した会社として、v6プラスの提供元の日本ネットワークイネイブラー株式会社から「v6プラス最優秀パートナー賞」を受賞しています。

つまり、それだけGMOとくとくBBでv6プラスを利用している人が多いということですね。

GMOとくとくBBの公式サイトでも通信速度の実測値を掲載しており、速度に対する自信が見て取れます。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

設定などのサポート重視ならドコモNet

ドコモNetには、「ネットトータルサポート」というサービスがあります。

ネットトータルサポートセンターに電話をするだけで、ルーター・セキュリティ・プロバイダの設定をドコモが遠隔でサポートしてくれます。

回線とプロバイダが別だと、どこに問い合わせていいのかわからず困惑しますよね。

「ドコモに問い合わせてください」「プロバイダに問い合わせてください」というようにたらい回しにされることがないので安心です。

月額500円はかかりますが、設定や接続に不安のある方や、困った時の遠隔サポートが欲しいという方にはおすすめです。

セキュリティで選ぶならタイガースネット

意外に感じるかもしれませんが、お得に質の高いセキュリティソフトを使いたいならタイガースネットがおすすめです。

タイガースネットでは、カスペルスキーが永年無料で利用できます。

カスペルスキーは、世界的に見てもとても評価の高いセキュリティソフトです。

ただし、どのセキュリティソフトが合っているかは人によっても違います。

使用しているパソコンとソフトの相性が悪いと、不具合が出ることもあります。

もし現在使用しているセキュリティソフトがあるならそれを基準に選ぶのも手ですが、多くのプロバイダでは無料期間が限られているので注意しましょう。

電話窓口の営業時間が長いのはシナプス

電話の問い合わせ窓口の営業時間にも注目しておきたいところです。

何か不便があったり電話での手続きが必要な場合、プロバイダに問い合わせをしたくても、平日の17時までしか受け付けていなかったら?

土日休みのフルタイムで働いている人はほとんど問い合わせる時間がありませんよね。

昼休みや休憩時間を活用すればできなくはないでしょうが、電話での手続きは思いのほか時間がかかってしまうこともありますし、できれば貴重な休憩時間を割くことはしたくないですよね。

シナプスの電話窓口は年中無休で9時~21時まで営業しているので、安心して問い合わせできます。

独自サービスで選ぶのもあり

先程紹介したプロバイダの独自サービスですが、特に魅力を感じるものがあればそれを基準に選んでしまうのもありです。

例えばタイガースネットは熱心な阪神ファンの方におすすめですし、楽天をよく利用する方であれば少しでも楽天ポイントがもらえた方が嬉しいですよね。

僕個人としてはプロバイダは速度とキャッシュバック重視で選ぶことをおすすめしていますが、最終的にどこと契約するか決めるのは契約者本人です。

絶対にここがいい!と思ったら難しいことを考えずに契約してしまうのも手かもしれませんね。

おススメできないプロバイダもある

 
ドコモ光のプロバイダの中でおススメできないプロバイダがあります。

強いこだわりがなければ申し込んでもほとんどメリットがないプロバイダです。

・エディオンネット
料金が安いタイプAのプロバイダですが、他では無料でつかえるセキュリティソフトが有料になっています。

また訪問サービスやリモートサポートがなく、キャッシュバックなどの特典もありません。

接続方式もv6プラスに対応していません。

店舗などでもおすすめされることも多いみたいなので、申し込むのであれば他のプロバイダも検討してからにしてください。

・AsahiNet
タイプBのプロバイダでメールウイルスチェックやセキュリティサービスが有料です。

またサポートサービスや、Wi-fiルーターのレンタル、キャッシュバックなどの特典もありません。

v6プラス接続にもなっていないので、通信速度も少し不安です。

タイプBでありながらサービスが少ないので、強いこだわりがなければ申込みは控えたほうがいいです。

タイプAでもサービスや特典が多いプロバイダを申し込んで、お得にネットを使ったほうがメリットが多いです。

申し込みは人気のプロバイダからがおすすめ

ドコモ光をこれから申し込むという方にぜひ知っておいていただきたいのが、申し込み窓口選びの大切さです。

ドコモ光の申し込み窓口には、主に以下のようなものがあります。

・ドコモの対応プロバイダ
・ドコモ光の公式サイト
・ドコモ光を取り扱っている代理店
・ドコモショップ
・家電量販店
・訪問営業や勧誘電話

6つもあるとどこから申し込めばいいかわからないですよね。

結論から言うと、プロバイダからの申し込みが一番おすすめです。

その理由と、申し込み窓口を選ぶ上で注意したい点をまとめました。

代理店からの申し込みはオプションなどのリスクが多い

代理店から申し込むとキャッシュバックがお得という情報を見かけたことがある方もいるかもしれませんが、ドコモ光においては代理店からの申し込みはおすすめしません。

理由は、ドコモ光は他の光回線と比べてあまりキャッシュバックに力を入れていないから。

確かにキャッシュバックを実施している代理店はありますが、代理店が指定するサービスや有料オプションなどへの契約が条件になっていることも多く、結果的に損をしてしまうリスクが大きいです。

ドコモショップや家電量販店も代理店

ドコモショップと聞くと「公式」というイメージを抱く方も多いと思いますが、全国にある全てのドコモショップは代理店です。

ドコモにはNTT直営のショップはありません。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店でもドコモ光の勧誘を見かけますが、あれも代理店です。

そのため、店によってキャッシュバックなどの特典やその条件も違います。

ネットの代理店同様、オプション加入など不利な条件で契約させられてしまうリスクが大きいため、おすすめしません。

公式サイトは安心だけど特典が物足りない

ドコモ光の公式サイトからの申し込みであれば不要なオプションをつけられることもないので安心ですが、お得かどうかというと少し微妙です。

もちろん公式にもdポイントプレゼントなどのキャンペーンはありますが、キャッシュバックはありません。

何よりも安心感を重視したいという方にはいいですが、少しでもお得にしたいという気持ちがある方には向いていません。

訪問営業や勧誘電話は絶対に避けよう

これは一番おすすめしない申し込み方法です。

キャッシュバックなどの特典がもらえる可能性が極めて低い上に、不要なオプションを大量につけられてしまうリスクがあります。

最悪の場合、事前にオプション契約についての説明が全くなく、請求が来てからそれが発覚するなんてことも。

ネット上でもいい評判をほとんど聞かないので、もしドコモ光の勧誘電話などが来てもきっぱりと断ることをおすすめします。

キャッシュバックのあるプロバイダからの申し込みがおすすめ

結論として、一番おすすめなのがプロバイダからの申し込みです。

プロバイダの公式サイトからの申し込みになるので安心ですし、ドコモ光の公式キャンペーンとの併用が可能です。

ただし、プロバイダならなんでもいいというわけではありません。

ドコモ光はキャッシュバックを実施していないプロバイダの方が多いので、まずどのプロバイダがキャッシュバックをやっているのかを知っておく必要があります。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光のプロバイダの変更方法(契約後でも変更できる)

ドコモ光のプロバイダは申し込みの時に決めます。

auひかりなどは基本的にはプロバイダの変更はできませんが、ドコモ光はいつでも変更できます。

変更する人は少ないそうですが、解約金などもかからず変更できるのでそこまで慎重になってプロバイダを決める必要はないと思います。

とりあえず評判の良いプロバイダを選んでおけば問題ないと思います。

正直、サービスの質はどこもほとんど変わりません。

プロバイダの変更は、ドコモインフォメーションセンターに電話するか、最寄りのドコモショップで手続き可能です。

●ドコモインフォメーションセンター
ドコモの携帯電話からの場合
⇒151

一般電話などからの場合
⇒0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

変更手続きに必要なもの

手続きの際には、以下の要素で本人確認をします。

●ドコモの携帯電話を利用している場合
・ネットワーク暗証番号
・口頭での本人確認
※原則本人確認資料は不要

●ドコモの携帯電話を利用していない場合
・契約ID(お客さまID)等

プロバイダの変更には事務手数料がかかる

プロバイダの変更には、ケースによって事務手数料がかかります。

●同一タイプ内での変更
事務手数料:3,000円

タイプAからタイプA、タイプBからタイプBなど、同一タイプ内での変更には3,000円の事務手数料がかかります。

●別タイプへの変更
事務手数料:3,000円
タイプAからタイプB、タイプBからタイプAなど、別タイプへの変更には3,000円の事務手数料がかかります。

●単独タイプからタイプAまたはタイプBへの変更
無料
単独タイプからタイプA、単独タイプからタイプBなど、別途プロバイダの契約をしていた方がドコモ光提携プロバイダのセットプランに切り替える場合には、無料で変更ができます。

タイプAまたはタイプBから単独タイプへの変更
事務手数料:3,000円
タイプAから単独タイプ、タイプBから単独タイプなど、ドコモ光提携プロバイダのセットプランを利用していた方が別途プロバイダの契約が必要な単独タイプに切り替える場合には、3,000円の事務手数料がかかります。

プロバイダの変更にかかる日数

プロバイダの変更は、同タイプ・別タイプに関わらず、手続きした翌月から反映されます。

手続きしてすぐ切り替わるというわけではないので注意しましょう。

例:11月29日に変更手続きをした場合
┗12月1日から新しいプロバイダを利用できます。

またプロバイダの変更では工事が発生することはありません。

ただルーターの設定が必要になります。

設定方法は後で紹介しますので、確認してください。

プロバイダのオプション解約は自分でする必要がある

利用していたプロバイダでオプションサービスの契約をしていた場合は、自分が解約手続きをしない限りずっと請求され続けます。

オプションに関しては別途解約手続きが必要なので、必ずプロバイダの変更前に契約内容を確認し、オプションの解約を済ませておきましょう。

工事が始まる前にプロバイダを変更することはできない

ドコモ光に申し込んでから工事をするまでの間にプロバイダを変更することはできません。

もし変更したい場合はドコモ光の申し込みを一度キャンセルして、再度申し込みをする必要があります。

そして工事日も再設定する必要があります。

そうなるとドコモ光を使えるようになるのにさらに時間が掛かってしまいます。

ドコモ光が開通するまえにプロバイダを変更することはおススメできません。

どうしても開通前にプロバイダを変更した場合はドコモに問い合わせて、申込みをキャンセルしてください。

またWi-fiルーターのレンタル手続きをしている場合はプロバイダい問い合わせてキャンセルしてください。

プロバイダの変更はあまりおすすめしない

ドコモ光のプロバイダの変更は、個人的にはあまりおすすめしません。

プロバイダを変更する理由として多いのが速度が遅いことへの不満です。

ただ、プロバイダを変更したからといって、速度が劇的に早くなる!という保証はありません。

確かに大手のプロバイダは資金力があり、設備投資ができるので利用者が増えても回線が混雑しづらいと言われていますが、100%速度が改善されるわけではありません。

無料で変更できるのであればどんどん試すべきですが、事務手数料(3,000円)が発生するので、デバイスの性能や回線の配線方式などがまずは問題ないか確認して、それでもどうしようもなく速度が遅くて不満で仕方ない場合、プロバイダの変更を検討してみるくらいで良いと思います。

実際に大手のプロバイダを契約しているのに速度が遅い!という投稿はかなり多いです。

現在利用しているドコモ光のプロバイダを確認する方法

現在速度などに不満があって、プロバイダを変更したいけど現在使用しているプロバイダがわからないという方もいるでしょう。

その場合は、いくつか確認方法があります。

契約時の書類を確認する

まずは、契約時の書類を確認する方法。

ドコモ光を契約すると契約書などの書類をもらいますよね。

プロバイダからの契約書もあるはずなので、契約書がすぐに出せるところにしまってある方は探してみてください。

My docomoにログインする

書類がどこにあるかわからないという方は、オンラインでも確認することができます。

ドコモの契約者向けサイト「My docomo」にアクセスし、dアカウントとパスワードを入力してログインすると、現在の契約内容が確認できます。

My docomoはアプリもあるので、スマホの容量に余裕がある方はインストールしておくといいでしょう。

通帳やクレジットカードの明細を確認する

ドコモNet以外のプロバイダを利用している場合は、ドコモからの請求とは別でプロバイダからの請求があるはずです。

支払い方法を口座振替にしている場合は通帳やネットバンクの明細、クレジットカード払いにしている場合はクレジットの明細を確認してみてください。

プロバイダによってドコモ光解約後の手続きが異なる

既にドコモ光を利用していて、解約を考えている方もいるかもしれませんね。

ドコモ光を解約した際のプロバイダの手続きについても確認していきましょう。

基本的にはドコモ光を解約するとプロバイダも同時で解約となりますが、中には別途手続きが必要な場合もあります。

プロバイダによってドコモ光解約後の対応が異なるので、一覧表にまとめました。

プロバイダドコモ光解約後
ドコモnet同時解約
ぷらら同時解約
So-net同時解約
※オプションは別途解約が必要
GMO同時解約
nifty同時解約
※オプションは別途解約が必要
DTI同時解約
※オプションは別途解約が必要
ic-net同時解約
タイガース同時解約
BIGLOBEプロバイダ契約継続意向について意思確認用紙が郵送される
andline無料プランでの契約継続
※解約希望の場合はプロバイダへ問い合わせ
シナプスプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
excite同時解約
エディオン同時解約
※「ドコモ光コラボプラン」以外のサービスプラン利用の場合は別途解約が必要
SIS同時解約
楽天同時解約
TiKiTiKi翌月1日から「メールアドレスコース(月額350円)」に変更
※解約希望の場合はプロバイダへ問い合わせ
hi-ho翌月1日から「ちょこっとコース(月額200円)」に変更
※解約希望の場合はプロバイダへ問い合わせ
ネスク同時解約
01光コアラプロバイダ契約継続意思確認書類が郵送される
※一定期間に返事をしない場合は自動解除
U-Pa!同時解約
※オプションも同時解約
OCN同時解約
TCOMプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
TNCプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
AsahiNetプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
WAKWAKプロバイダ契約継続意思確認メールが送られる
※一定期間に返事をしない場合は自動解除
ちゃんぷる同時解約

ほとんどは同時に解約されますが、オプションの解約が必要な場合や契約継続の意思確認が必要な場合など、対応は様々です。

「契約継続の意思確認」というとなんだか身構えてしまいますが、要するに「ドコモ光は解約しましたけどプロバイダの契約はどうしますか?」ということです。

メールアドレスを愛用しているなど、プロバイダの契約を続ける理由がある方以外は「プロバイダも解約したい」ということをきちんと伝えるようにしましょう。

TiKiTiKiやhi-hoなど、確認なしで月額料金の発生するコースでの契約が続いてしまう場合もあるので、解約希望の場合は忘れずに手続きをするようにしましょう。

単独タイプは別途解約が必要

「タイプA」「タイプB」ではなく、自分でプロバイダの契約をする「単独タイプ」での契約の場合、別途解約手続きが必要になります。

引っ越し先でも同じプロバイダを使う場合

ドコモ光を使っていて、引っ越しをする場合は移転手続きが必要になります。

同時にプロバイダにも住所変更をした連絡をする必要があります。

引っ越し先でもドコモ光を使う場合は工事が必要になり、費用も発生します。

引っ越し先が戸建タイプの場合:9,000円
引っ越し先がマンションタイプの場合:7,500円

工事が必要かどうかは建物に左右されます。

引っ越しの申込みをするときにドコモが調査してくれるので確認してください。

引っ越しの手続きの窓口は電話かドコモショップで可能です。

ドコモへの引っ越しの手続きが終了したら、プロバイダにも住所変更の手続きが必要になります。

住所変更手続きはプロバイダごとにことなります。

基本的には電話、またはプロバイダのホームページから手続きができます。

変更手続きをする時はプロバイダのユーザーIDとパスワードが必要になります。

ドコモ光の工事前にプロバイダから送られてきた書類にユーザーIDとパスワードが書かれています。

そちらを確認してください。

乗り換えでも同じプロバイダを使いたいとき

他社の回線からドコモ光を乗り換えて、そのまま同じプロバイダを使いたいときも手続きが必要です。

こちらもプロバイダによって、手続き方法や窓口がことなります。

電話やホームページでの手続きが一般的です。

光回線の変更手続きをする時はユーザーIDが必要になります。

ユーザーIDやパスワードはそのまま引き継げるので、アカウント等の変更はありません。

ドコモ光のネット接続をする際に必要なプロバイダの設定方法

ドコモ光に申し込んでから、工事が終了すると初期設定をする必要があります。

ドコモ光の初期設定をする時に、プロバイダの設定も行います。

初期設定が必要な人
・初めてドコモ光のネット回線を申し込んだ人
・転用でプロバイダを切り替えた人
・他社から乗り換えでドコモ光を申し込んだ人

転用をしても同じプロバイダを使う人だけは初期設定をする必要はありません。

初期設定をする上でプロバイダの設定をするにはプロバイダのユーザーIDとパスワードが必要になります。

プロバイダのユーザーIDとパスワードは郵送で送られてきます。

またドコモから開通通知も届きます。

どちらもドコモ光の開通日までには必ず届きますので、届いたら工事日まで保管してください。

なかなか書類が届かない場合はプロバイダに連絡をした方がいいです。

他社から乗り換えても同じプロバイダを使い続ける人の場合、今使っているユーザーIDとパスワードは同じものを使うことがきます。

例)auひかりでプロバイダをSo-netにしている人
          ↓
  ドコモ光でもプロバイダをSo-netにする人

このような場合でもユーザーIDとパスワードは変わりません。

ただ初期設定は必要になるので、必ず行ってください。

また他社から乗り換えた人、転用で同じプロバイダを使い続けるような人でもプロバイダから郵送物が届きます。

こちらも郵送物を確認したら、保管してください。

無派遣工事と言われた人も初期設定は必ず行うことになります。

なぜプロバイダの申込みが必要なのか

ドコモ光回線を申し込むときにそもそもプロバイダは必要なのか?と思っている人もいるかもしれません。

結論から言うと、プロバイダは絶対に必要です。

ドコモ光などのネット回線だけを申し込んでも、プロバイダと契約しないとネットに接続することができません。

そもそも光回線を申し込むときは必ずプロバイダの契約もセットで行うようになっています。

単独タイプのように自分でプロバイダと契約する人もいますが、それでもプロバイダの契約は必要です。

またプロバイダを複数契約をしてネットを使うことはできません。

プロバイダを追加することもできないので注意してください。

ドコモ光などの光回線を申し込む人で、プロバイダの契約が不要な人はいないので必ず契約してください。

まとめ

ドコモ光はプロバイダの種類が多いのがメリットでもあるのですが、だからこそ迷ってしまいますよね。

ですが、重要なポイントを押さえれば自然と絞り込まれてきます。

プロバイダ選びで重要な「速度」「キャッシュバック」をしっかりとチェックして、快適なネットライフに役立ててくださいね。

ドコモ光について詳しく知りたい方はこちらもどうぞ
ドコモ光の複雑な料金プランや利用者の口コミ・評判をまとめました

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*