ドコモ光のプロバイダのおすすめは?厳選5社比較と変更方法【2019年最新版】

2019-05-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光に申し込むと26社のプロバイダから1つを選ぶ必要があります。

この記事は徹底的にドコモ光のプロバイダを比較しました。

●おすすめのドコモ光のプロバイダ
●ドコモ光のプロバイダの違いと選び方
●プロバイダが実施するドコモ光申し込みキャンペーン
●プロバイダのサービス、特典の比較
●v6プラス対応のプロバイダと速度が遅いときの対策
●ドコモ光のプロバイダの変更や解約方法

結論はキャッシュバックキャンペーンを実施している5社のプロバイダです。

・GMOとくとくBB
・DTI
・So-net
・ぷらら
・OCN

どのプロバイダもそれぞれメリットが違います。

僕は『GMOとくとくBB』を利用していますが、かなりおすすめです。

おすすめする理由も紹介していますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

今が1番お得!期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!
GMOが1番おすすめの理由 ●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターが無料!他社より圧倒的な性能! ●2019年ドコモ光で1番人気のプロバイダ! ●パソコンが苦手な人でも簡単!GMOは難しい設定なしでネットがすぐに利用できる! 【期間限定】申し込み特典 ●ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!(WEB限定) ●インターネット設定を無料で出張サポート! ●スマホ乗り換えの違約金を10,260円負担してくれる! ●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円! 特典は申し込み窓口によって違います。 以下の窓口が【2019年】1番人気!「簡単・安心・お得」に特典を受け取れる申し込み窓口です。 3種類のルーターから選べるのはGMOだけ。 キャッシュバックも現在は最高額ですが、いつ変わるかわかりません。工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼WEB限定!最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『【2019年5月】ドコモ光の一番人気の申し込み窓口』

ドコモ光のプロバイダ選びのポイント

プロバイダ選びのポイントとしてよく言われているのは以下の3点です。

●月額料金の安いタイプAかどうか
●申し込み時のキャッシュバックキャンペーンや利用特典
●「v6プラス」など通信速度の高速化サービス、接続方式に対応しているかどうか

本当に大事なのは「キャッシュバックがあるか」です。

ドコモ光のプロバイダは全部で26社ありますが、2019年5月の時点でキャッシュバックを実施しているのは5社だけ。

以下がキャッシュバックを実施している5社です。

●GMOとくとくBB
●ぷらら
●So-net
●DTI
●OCN

この5社は全部が『無料レンタルルーター』『v6プラス』に対応していて他の特典も充実しています。

つまり、キャッシュバックを実施しているプロバイダを選べば、他のお得な特典も付随してくるということです。

状況と好みによっておすすめしたいプロバイダが変わるので、後ほど状況別におすすめのプロバイダを紹介しますね。

ちなみに、2段階の定額制プランの『ドコモ光ミニ』やプロバイダなしの『単独タイプ』プランは、自分でプロバイダと契約する必要があります。

どちらのプランも別途プロバイダ料金がかかることになるので、割高になる場合が多いのであまりおすすめしません。

僕は『GMOとくとくBB』を契約していて満足しています。

プロバイダの速度と無料レンタルルーターの性能

どのプロバイダも速度の速い、遅いは賛否両論あるので、深く気にする必要はありません。

ドコモ光の速度は最大1Gbps(1,000Mbps)で、どのプロバイダも従来の接続よりも快適に利用できる接続方式をIPv6です。

大手のプロバイダを選ぶと加入者が多いので回線が混雑する可能性が高いとかってよく聞きますが、数年前から全てのプロバイダが情報を公開しなくなった為、速度に関する情報を入手するのが不可能になりました。

ただ、基本的にはプロバイダで速度の条件は同じはずで、利用しているパソコンやルーターなどの周辺機器などが大きく関係しているので、どのプロバイダを選んでもそこまで速度は変わりません。

つまり、利用者の環境によって速度は変わるので口コミや評判などもあてになりませんし、プロバイダをランキング化することもできません。

また、実際にいつも1Gbpsも出ているわけでなく、マンションタイプだと物件によっては最高速度が100Mbpsしかでない接続方式になっています。

一般的にネットに必要だと言われている通信速度は10Mbpsなので、100Mbpsでも十分速いので安心してくださいね。

通信速度の例
・LINE、メール:128kbps〜1Mbps
・ホームページ閲覧:1Mbps〜10Mbps
・YouTube動画:1Mbps〜20Mbps
・オンラインゲーム:30Mbps以上

IPv6接続には3つのパターンがありますが、全般的に速度が上がるのはv6プラスです。

ラッキーなことにキャッシュバックを実施しているプロバイダ5社は『v6プラス』に対応しています。

『v6プラス』接続を使うには申込みが必要なプロバイダもあります。

その場合は申込みをしない限り、v6プラスにはなりません。

(『v6プラス』は高速化サービス名称なのでプロバイダによって『v6エクスプレス』や『v6アルファ』と名称が異なります)

キャッシュバックの5社では、v6プラスの申込みは無料でできて、v6プラス対応ルーターも無料で貸し出してくれます。

これらのプロバイダと契約すれば、契約期間中は無料でv6プラス対応のルーターをレンタルすることができます。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps
ELECOM製
WRC-2533GST2
17,970円5GHz帯
1,733Mbps

2.4GHz帯
800Mbps
DTIELECOM製
WRC-1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netNEC製
Aterm
WG1200HS3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
OCNNEC製
コム端末
不明
(市販品ではないため)
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps

wifiルーターも機器によって性能が変わります。

比較してみると『GMOとくとくBB』のwifiルーターの性能が1番良いことがわかります。

『GMOとくとくBB』は速度への期待度が1番高いプロバイダと言えます。

GMOとくとくBBでレンタルできるルーターはBUFFALO製とNEC製、ELECOM製が選べますが、どれを選んでも問題なくおすすめです。

好みのデザインで選べば良いと思います。

ただ先ほども言った通り、100Mbpsでも十分速いです。

すごく速度にこだわる人でなければ、どのプロバイダでも心配ありません。

ドコモ光を解約したりプロバイダを変更する場合にはルーターの返却が必要です。

GMOとくとくBBの場合は、37ヵ月利用すればもらえる嬉しいメリットがあります。

【2019年】ドコモ光の1番人気の優良申し込み窓口を紹介します。

●超高速無線LANルーター永年無料レンタル!
●インターネットの速度がとにかく早い!
●大手上場企業が提供する1番人気のプロバイダ!

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼最大35,000円キャッシュバック▼
期間限定!工事費無料キャンペーン開催中!
『ドコモ光の人気の優良申し込み窓口はこちら』

プロバイダごとの月額料金

ドコモ光のプロバイダ料金ははタイプAとタイプBの2つのプランに分かれます。

その違いは200円の料金の差だけです。

プロバイダタイプ戸建てマンション
GMOタイプA5,200円4,000円
DTI
So-net
ぷらら
OCNタイプB5,400円4,200円

因みにタイプBの方が金額は高い=質が良いというわけではありません。

なんでタイプBの方が高いのか店員さんに聞いたところ「特に意味はないんです」と言われました。

何人かの店員さんに聞いてみなさん同じ回答だったので本当に深い意味はないんだと思います。

因みにタイプA⇒タイプBに変更になったプロバイダもあれば、タイプB⇒タイプAに変更になったプロバイダもあるみたいです。

ドコモショップの方に聞いたら、9割以上の方がタイプAのプロバイダを選んでいると言っていました。

店員さんもタイプAをおすすめするそうです。

優劣は特にないので、こだわりがなければお得なタイプAにしましょう。

ちなみに、タイプBのOCNはドコモとNTTファイナンス、またはNTTコミュニケーションズの回収代行サービスの2社から請求書が来る場合があります。

これはOCNの基本料金はドコモとセットで請求されますが、その他のオプション使用料がNTTファイナンス、またはNTTコミュニケーションズから請求書が届く仕組みになっています。

二重請求ではありませんので、ご安心ください。

NTTファイナンスに連絡すれば請求をまとめてくれます。

プロバイダのキャッシュバック額と条件

キャッシュバック受け取りの基本な条件は、そのプロバイダからドコモ光を申し込みすることです。

どのプロバイダもシンプルな条件でキャッシュバック受け取りができるので、申し込み窓口としておすすめです。

シンプルにキャッシュバック額と条件、月額料金の『お得さ』という点では

●So-net
●ぷらら
●DTI

がおすすめです。

これからそれぞれのプロバイダのキャッシュバック額や条件についてみていきましょう。

プロバイダのキャッシュバック額一覧

 キャッシュバック額条件
オプション
新規転用
GMOとくとくBB最大20,000円あり
5,500円なし
DTI15,000円なし
So-net15,000円なし
ぷらら15,000円なし
OCN15,000円なし
【キャッシュバックの受け取りまでの流れ】
   
プロバイダ経由でドコモ光を申し込み

ドコモ光開通

キャッシュバックの案内メールが届く

手続き

キャッシュバック入金

どのプロバイダもキャッシュバックの手続きの案内がメールで届きます。

時期はプロバイダによって異なりますが、1番早いOCNで開通月から翌月下旬ごろにメールが届きます。

So-netも2ヵ月後の15日以降と比較的早く、他のプロバイダは3ヵ月~4ヵ月後月末までにキャッシュバックの手続きに関するメールが届きます。

メールの案内に沿って振込口座を登録するとキャッシュバックが入金されます。

メールが届いたらできるだけ早く手続きを完了させてください。

手続きにはメールが届いてから1ヵ月などの期限があります。

期限を過ぎてしまうとキャッシュバックがもらえません。

GMOとくとくBBはキャッシュバック額がプロバイダの中で1番高額ですが、オプションなしだとキャッシュバックは5,500円。

15,000円~20,000円のキャッシュバックをもらうためには、ドコモ光の申し込みと同時に指定オプションの契約が必要です。

しかし、オプションがついていると損するというわけではありません。人気のオプションや欲しいサービスなら逆にお得になることもあります。

2019年5月現在は、ドコモ光でも人気の「ひかりTV for docomo」や「DAZN for docomo」が条件になっています。

GMOとくとくBBのキャッシュバック条件

20,000円(ドコモ光+ひかりTV for docomo+DAZN for docomo)

18,000円(ドコモ光+ひかりTV for docomo)

15,000円(ドコモ光+DAZN for docomo)

5,500円(ドコモ光のみ)

※2019年5月現在

「ひかりTV」は2年以内の解約をしてしまうと、違約金3,500円がかかってしまいます。

過去には「ひかり電話」の同時申込みが条件な時期もありました。NTTのアナログ電話よりも「ひかり電話」の方が圧倒的に安いので申し込み者は多いサービスです。

GMOはニーズの高いサービスをキャッシュバックの条件にしてくれるので、もともとオプションをつけたいと思っていた人やこれを機にオプションをつけたいと思っていた人には嬉しい増額のチャンスになります。

オプションなしでキャッシュバックを多くもらいたい人GMOとくとくBB以外がいいかもしれませんね。

申し込み窓口を間違えたらキャッシュバックはもらえない

プロバイダ以外の窓口からドコモ光を契約した場合は、これまで紹介したキャッシュバックはもらえません。

ちなみに、ドコモ光公式サイトだとキャッシュバックキャンペーンがないのでお得じゃありません。

家電量販店もキャンペーンを実施していますが、店舗ごとでキャンペーン内容が違います。

例えば、ヤマダ電機新宿店と池袋店ではキャッシュバックが違うこともあります。

僕が以前見た家電量販店のキャッシュバックに関する口コミでは1万円くらいのキャッシュバックが多かったですが、3万円とかなり高額なものもありました。

対面の窓口で申し込む際の注意点なのですが、販売員が一部のプロバイダを勧めてくることがあります。

例えば、ドコモショップで契約する際にはドコモNet、家電量販店のエディオンで契約する場合にはエディオンネットを勧められます。

もともとそのプロバイダを契約しようと思っていたならいいですが、プロバイダの違いがわからない状態で勧められてしまうと危険です。

僕は以前、エディオンの店員さんにドコモ光のプロバイダはエディオンが良いとすすめられました。

理由はどこを選んでも変わらないので、当店のキャッシュバック特典が受けられるエディオンネットがおすすめだそう。

あの時はプロバイダのことなんてよくわからなかったし、wifiルーターが無料でレンタルできることなんて知りませんでした。

家電量販店のキャンペーンを確認するときには、いくつかの店舗をまわってお得な店舗で契約することをおすすめします。

ネット代理店によってはキャッシュバックが高額でも、条件を満たすのが難しいものも見かけます。

申し込み窓口選びでは、キャッシュバックが受け取りやすいシンプルな条件の窓口を選びましょう。

僕がおすすめするドコモ光のプロバイダ5社は、シンプルにキャッシュバックが受け取りできるので安心です。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

今が1番お得!期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!
GMOが1番おすすめの理由 ●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターが無料!他社より圧倒的な性能! ●2019年ドコモ光で1番人気のプロバイダ! ●パソコンが苦手な人でも簡単!GMOは難しい設定なしでネットがすぐに利用できる! 【期間限定】申し込み特典 ●ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!(WEB限定) ●インターネット設定を無料で出張サポート! ●スマホ乗り換えの違約金を10,260円負担してくれる! ●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円! 特典は申し込み窓口によって違います。 以下の窓口が【2019年】1番人気!「簡単・安心・お得」に特典を受け取れる申し込み窓口です。 3種類のルーターから選べるのはGMOだけ。 キャッシュバックも現在は最高額ですが、いつ変わるかわかりません。工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼WEB限定!最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『【2019年5月】ドコモ光の一番人気の申し込み窓口』

キャッシュバック以外のサービスはそこまで気にしなくてOK

ドコモ光のプロバイダのサービスはキャッシュバック以外にもたくさんあります。

例えば、訪問サポート、リモートサービス、セキュリティーソフトが無料などなど。

プロバイダによっては細かい違いはありますが、そこまで気にしなくてOKです。

今は無料でつかえるセキュリティソフトもたくさんあるので、特別プロバイダを選ぶうえで重視するポイントにはなりません。

開通時に無料の訪問サポートが欲しいという人も多いですが、ほとんどのプロバイダが初回無料です。

キャッシュバックがあるプロバイダにはそれらの特典が最初から含まれています。

セキュリティサービスは12ヶ月は無料で、翌月から自動的に有料になることも多いので気をつけましょう。

オプションサービスの解約を忘れると知らないうちに支払い続けてしまいます。

『無料』というオプションサービスを見つけた場合、条件をしっかり確認してください。

インターネット回線の月額料金が高くて悩んでいる多くの方の共通点はオプションサービスの解約忘れです。

本当に多いので、そもそも使わないサービスなら利用しない、もしくはドコモ光の工事が完了後にプロバイダに電話してすぐ解約することをおすすめします。

セキュリティサービス

プロバイダメール
ウイルス
チェック
セキュリティ
ソフト
GMO無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
DTI無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
So-net無料カスペルスキー
⇒24ヶ月無料
ぷらら無料マカフィー
⇒24ヶ月無料
OCN送信時のみ
無料
マイセキュア
⇒12ヶ月無料

セキュリティソフトはほとんどのプロバイダが期間限定で無料で利用できるシステムです。

セキュリティソフトをプロバイダの比較対象にするよりも、キャッシュバックや無料レンタルできるルーターの性能や条件をよく確認することをおすすめします。

●無料で使えるウイルスソフト
アバスト!無料アンチウイルス
Avira Free Antivirus
AVG アンチウイルス 無料版
Windows Defender

サポートサービス

プロバイダリモート
サポート
訪問
サポート
GMO初回無料
DTI無料初回無料
So-net6ヶ月以内
初回無料
無料
※設定のみ
※Wi-Fiルーター
レンタル併用不可
ぷらら無料初回無料
OCN有料初回無料

パソコンやネットの設定が苦手な方向けに、遠隔操作でサポートしてくれる「リモートサポート」や、専門スタッフが自宅に来て設定などをしてくれる「訪問サポート」のサービスもあります。

ほとんどは有料のサービスですが、初回だけ無料で行ってくれるというところが多いですね。

ただリモートサービスはプロバイダによって、微妙に差があります。

例えば、10分以上リモートサポートを使うと追加料金が発生したり、パソコンやスマホの設定はしてくれるけどアップデートはしてくれない等です。

サポートをしてくれる範囲もプロバイダで異なるので、リモートサービスを使う前にサポートしてくれる範囲を確認しておきましょう。

またリモートサービスは1回の問い合わせで、1つの要望しか対応してくれない場合もあります。

他にも実際にリモートサービスを使った人の意見で、遠隔操作をしてもうときにカスタマーセンターの人にデータなどの見られて嫌だったという声もあります。

個人情報がもれることはないですが、気になる方は遠隔操作はしてもらわない方がいいでしょう。

またリモートサービスを使うためにソフトやアプリをダウンロートするなどの準備が必要になります。

リモートサービスを使う前の準備はプロバイダによってことなります。

プロバイダへ連絡するか、ホームページで確認してください。

表に無料と記載してあるプロバイダは何度リモートサービスを使っても無料です。

訪問サービスも、サポートしてくれる範囲がプロバイダによって異なる場合があります。

また場所によっては別途交通費などが発生することもあります。

訪問サービスは有料で使う場合は1万円以上するサービスです。

初回だけですが、無料で使えるのは金額的にお得です。

特に初めてネット回線を申し込んだ人は訪問サービスを使って初期設定をしてもらいましょう。

それ以外では訪問サービスが活躍する場面は少ないです。

 

スポンサーリンク

状況別:おすすめのプロバイダ

速度にこだわりたい人はGMOとくとくBB

とにかく速度にこだわりたい人は『GMOとくとくBB』がダントツでおすすめです。

原則的にはどのプロバイダを選んでも速度に変わりはありませんが、GMOとくとくBBは速度に強くこだわっていて自信も持っています。

1.過去にはJPNEから「v6プラス」最優秀パートナー賞を受賞した実績(2017年度)

2.他のプロバイダと比較して抜群に高性能のルーターを無料レンタル

3.GMOとくとくBBの全国平均速度を公開している

4.100Mbps以下の通信速度速度になった場合、GMOとくとくBBに申請すればGMOポイント100ptを還元してくれる

ここまで速度に高い意識を持っているプロバイダは他にありません。

実際に利用者の速度に関しての口コミ・評判は絶賛するものが多いです。

ちなみにv6プラスの環境ではPS4のオンラインゲームができないと言われていて、GMOとくとくBBにするか悩む人が多いようです。

v6プラスでPS4のオンラインゲームができなくなるのは一部のゲームです。

すべてのゲームが遊べないわけではありません。

GMOとくとくBBの提供するルーターでも、通信可能であることを検証で確認済みです。

GMOとくとくBBの公式サイトには『MONSTER HUNTER WORLD (モンスターハンターワールド/モンハンワールド/MHW)利用のお客様へ』と対処法がかいてあります。

それでもマルチプレイができなかった場合は、v6プラスのサービスを停止し、IPv4利用に切り替えることができます。

なので、ゲームが全くできなくなるということにはなりません。

それよりもGMOとくとくBBのデメリットは、キャッシュバックはオプションなしだと5,500円なことです。

元々オプションの契約を考えていた人やこれを機に契約したいと思っていたオプションがキャッシュバックの条件になっていれる場合には一石二鳥です。

そうでない人は、オプションなしで15,000円のキャッシュバックがあるプロバイダか、キャッシュバックが少なくても本当にGMOとくとくBBいいのか考慮してくださいね。

※オプションは時期によって「ひかり電話」「ひかりTV」「DAZN」「スカパー」と変わります。

【2019年】ドコモ光の1番人気の優良申し込み窓口を紹介します。

●超高速無線LANルーター永年無料レンタル!
●インターネットの速度がとにかく早い!
●大手上場企業が提供する1番人気のプロバイダ!

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼最大35,000円キャッシュバック▼
期間限定!工事費無料キャンペーン開催中!
『ドコモ光の人気の優良申し込み窓口はこちら』

オプションなしでキャッシュバックを受け取りたい方

オプションなしでキャッシュバックが受け取れて、月額料金も安いタイプAのプロバイダは以下の3社です。

●So-net
●ぷらら
●DTI

キャッシュバック以外に特にこだわりがない人は、大手で安心感のあるSo-netがおすすめです。

個人的には1番無難なのはSo-netだと思いますが、ぷららとDTIにはそれぞれ独自の特典があります。

実はSo-netにも優待サービスがあるようですが、公式サイトを見てもあまりお得なようには見えず微妙でした。

それらの特典にも全然興味がない人、それより大手がいいなという人はSo-netがおすすめです。

So-netの特典:ソニーグループ優待・割引サービス

ポイントが貯まったり、割引価格で買い物ができたりします。

前の光回線で使っていたプロバイダを継続したい方

他の光回線からドコモ光に乗り換える場合、契約中のプロバイダをそのままドコモ光で継続するパターン。

メリットは、プロバイダでコース変更の手続きをすれば、メールアドレスやその他のオプションを今後も引き継げることです。

契約中のプロバイダのメールアドレスは月額200円~300円くらいの有料オプションで残せるプロバイダも多くあります。

しかし、ドコモ光はプロバイダの数が多いので、契約中のプロバイダがドコモ光にある可能性も高いです。

他の光回線で契約中のプロバイダがドコモ光でキャッシュバック実施しているプロバイダなら15,000円がもらえます。


『auひかり×DTI』を契約中
⇒『ドコモ光×DTI』に乗り換え

『auひかり×So-net』または『NURO光』を契約中
⇒『ドコモ光×So-net』に乗り換え

『OCN光』を契約中
⇒『ドコモ光×OCN』に乗り換え

プロバイダのコース変更の手続きで、ドコモ光に乗り換えできますが、契約中の光回線ではあくまでも『解約』になります。

なので、違約金、工事費残債、auひかりなら撤去工事は別途発生します。

ドコモ光には違約金や工事費残債を負担してくれる乗り換えキャンペーンはないので、更新月に解約・乗り換えるのがおすすめです。

ドコモ光では2019年5月6日まで期間限定の工事費無料キャンペーンを実施しています。

ドコモ光のキャンペーンの中で1番お得なキャンペーンで、申し込み者が多く工事日が埋まりやすいです。

できるだけ早めに申し込み・工事日を決定することをおすすめします。

ちなみに、他のサイトではタイプBのプロバイダは月額料金が高いからおすすめしないと言っていますが、必ずしもそうではありません。

例えば、ドコモ光×OCNはタイプBのプロバイダですが、OCNにこだわりたい人も中にはいるかもしれませんね。

OCNが好きな人にはタイプBでもおすすめです。

フレッツ光×OCNやOCN光よりもドコモ光×OCNの方が月額料金はトータルで安くなります。

理由はOCN光やフレッツ光×OCNでは、高速化サービス「v6アルファ」利用には月額500円のレンタルルーターが必須だからです。

それがドコモ光×OCNなら無料でレンタルできます。

とくにこだわりがない人なら、月額料金が少しでも安いタイプAの方がおすすめです。

プロバイダ独自の特典で選ぶ

ぷららとDTIは他のプロバイダにない独自の特典があります。

ぷらら

特典:ひかりTVエントリープラン

スマホやパソコンで映画やドラマ、アニメなどの映像サービスが無料で楽しめる特典です。

NetflixやHuluなどは月額1,000円くらいします。

もし、ドコモ光×ぷららの「ひかりTV エントリープラン」があれば1年間で1万円くらいは節約できますね。

家のネットでドラマや映画をダウンロードしておいて、外で見ることもできますし、日常的に使えるサービスなのでお得感がありますよね。

以前は「速度が遅い」と言われていたぷららも、高速化サービス「v6エクスプレス」で速くなっているはずです。

映像サービスに魅力を感じる人はぷららがおすすめです。

DTI

特典:DTI club off 会員優待サービス

宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、ホテルレストランの飲食代金などが特別優待価格で使えるサービスです。

ぷららの『ひかりTV』と比較すると、活用しにくい特典かもしれませんね。

家族で出かける時などに活用したい人にはメリットになります。

ただ、無料のクーポンサイトはたくさんあるので個人的にはぷららの『ひかりTVエントリープラン』の方がおすすめです。

【無料クーポンサイトの例】
●ホットペッパー
●くまポン
●グルーポン
など

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

今が1番お得!期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!
GMOが1番おすすめの理由 ●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターが無料!他社より圧倒的な性能! ●2019年ドコモ光で1番人気のプロバイダ! ●パソコンが苦手な人でも簡単!GMOは難しい設定なしでネットがすぐに利用できる! 【期間限定】申し込み特典 ●ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!(WEB限定) ●インターネット設定を無料で出張サポート! ●スマホ乗り換えの違約金を10,260円負担してくれる! ●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円! 特典は申し込み窓口によって違います。 以下の窓口が【2019年】1番人気!「簡単・安心・お得」に特典を受け取れる申し込み窓口です。 3種類のルーターから選べるのはGMOだけ。 キャッシュバックも現在は最高額ですが、いつ変わるかわかりません。工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼WEB限定!最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『【2019年5月】ドコモ光の一番人気の申し込み窓口』

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光のプロバイダの変更方法について

プロバイダの変更方法

ドコモ光のプロバイダは申し込みの時に決めます。

auひかりなどは基本的にはプロバイダの変更はできませんが、ドコモ光はいつでも変更できます。

変更する人は少ないそうですが、解約金などもかからず変更できるのでそこまで慎重になってプロバイダを決める必要はありません。

とりあえず評判の良いプロバイダを選んでおけば問題ないと思います。

正直、サービスの質はどこもほとんど変わりません。

プロバイダの変更は、ドコモインフォメーションセンターに電話するか、最寄りのドコモショップで手続き可能です。

●ドコモインフォメーションセンター
ドコモの携帯電話からの場合
⇒151

一般電話などからの場合
⇒0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

変更手続きに必要なもの

手続きの際には、以下の要素で本人確認をします。

●ドコモの携帯電話を利用している場合
・ネットワーク暗証番号
・口頭での本人確認
※原則本人確認資料は不要

●ドコモの携帯電話を利用していない場合
・契約ID(お客さまID)等

プロバイダの変更には事務手数料がかかる

プロバイダの変更には、ケースによって事務手数料がかかります。

●同一タイプ内での変更
事務手数料:3,000円

タイプAからタイプA、タイプBからタイプBなど、同一タイプ内での変更には3,000円の事務手数料がかかります。

●別タイプへの変更
事務手数料:3,000円
タイプAからタイプB、タイプBからタイプAなど、別タイプへの変更には3,000円の事務手数料がかかります。

●単独タイプからタイプAまたはタイプBへの変更
無料
単独タイプからタイプA、単独タイプからタイプBなど、別途プロバイダの契約をしていた方がドコモ光提携プロバイダのセットプランに切り替える場合には、無料で変更ができます。

タイプAまたはタイプBから単独タイプへの変更
事務手数料:3,000円
タイプAから単独タイプ、タイプBから単独タイプなど、ドコモ光提携プロバイダのセットプランを利用していた方が別途プロバイダの契約が必要な単独タイプに切り替える場合には、3,000円の事務手数料がかかります。

プロバイダの最低利用期間とプロバイダ変更のタイミング

ドコモ光には2年契約など最低利用期間がありますが、プロバイダごとの最低利用期間は基本的にはありません。

ただし、キャッシュバックキャンペーンなどは条件に「4ヵ月間継続利用する」などあります。

条件の期間より前に解約してしまうと、キャッシュバックは受け取れなくなってしまうので注意してください。

プロバイダの変更にかかる日数

プロバイダの変更は、同タイプ・別タイプに関わらず、手続きした翌月から反映されます。

手続きしてすぐ切り替わるというわけではないので注意しましょう。

例:11月29日に変更手続きをした場合
┗12月1日から新しいプロバイダを利用できます。

またプロバイダの変更では工事が発生することはありません。

ただルーターの設定が必要になります。

設定方法は後で紹介しますので、確認してください。

プロバイダのオプション解約は自分でする必要がある

利用していたプロバイダでオプションサービスの契約をしていた場合は、自分が解約手続きをしない限りずっと請求され続けます。

オプションに関しては別途解約手続きが必要なので、必ずプロバイダの変更前に契約内容を確認し、オプションの解約を済ませておきましょう。

工事が始まる前にプロバイダを変更することはできない

ドコモ光に申し込んでから工事をするまでの間にプロバイダを変更することはできません。

もし変更したい場合はドコモ光の申し込みを一度キャンセルして、再度申し込みをする必要があります。

そして工事日も再設定する必要があります。

そうなるとドコモ光を使えるようになるのにさらに時間が掛かってしまいます。

ドコモ光が開通するまえにプロバイダを変更することはおススメできません。

どうしても開通前にプロバイダを変更した場合はドコモに問い合わせて、申込みをキャンセルしてください。

またWi-fiルーターのレンタル手続きをしている場合はプロバイダい問い合わせてキャンセルしてください。

プロバイダの変更はあまりおすすめしない

ドコモ光のプロバイダの変更は、個人的にはあまりおすすめしません。

プロバイダを変更する理由として多いのが速度が遅いことへの不満です。

ただ、プロバイダを変更したからといって、速度が劇的に早くなる!という保証はありません。

確かに大手のプロバイダは資金力があり、設備投資ができるので利用者が増えても回線が混雑しづらいと言われていますが、100%速度が改善されるわけではありません。

無料で変更できるのであればどんどん試すべきですが、事務手数料(3,000円)が発生するので、デバイスの性能や回線の配線方式などがまずは問題ないか確認して、それでもどうしようもなく速度が遅くて不満で仕方ない場合、プロバイダの変更を検討してみるくらいで良いと思います。

実際に大手のプロバイダを契約しているのに速度が遅い!という投稿はかなり多いです。

ドコモショップの店員さんに聞いたところ、プロバイダの変更をする人はほとんどいないみたいです。

プロバイダの乗り換えや変更のキャンペーン

キャッシュバックキャンペーンはない

プロバイダを乗り換える人限定の特別なキャンペーンはありません。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダは、ドコモ光を新規で申し込みする人を対象にしています。

セキュリティ-対策ソフトやルーター無料レンタルなどの特典は適用できる

プロバイダを乗り換える場合キャッシュバックキャンペーンは対象外ですが、各プロバイダの利用特典は適用されます。

特典内容はプロバイダによって違いますが、ルーターの無料レンタル、セキュリティ-対策ソフト、v6プラス利用などがあります。

ドコモ光のプロバイダの解約方法

既にドコモ光を利用していて、解約を考えている方もいるかもしれませんね。

ドコモ光を解約した際のプロバイダの手続きについても確認していきましょう。

基本的にはドコモ光を解約するとプロバイダも同時で解約となりますが、中には別途手続きが必要な場合もあります。

プロバイダによってドコモ光解約後の対応が異なるので、一覧表にまとめました。

プロバイダドコモ光解約後
ドコモnet同時解約
ぷらら同時解約
So-net同時解約
※オプションは別途解約が必要
GMO同時解約
nifty同時解約
※オプションは別途解約が必要
DTI同時解約
※オプションは別途解約が必要
ic-net同時解約
タイガース同時解約
BIGLOBEプロバイダ契約継続意向について意思確認用紙が郵送される
andline無料プランでの契約継続
※解約希望の場合はプロバイダへ問い合わせ
シナプスプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
excite同時解約
エディオン同時解約
※「ドコモ光コラボプラン」以外のサービスプラン利用の場合は別途解約が必要
SIS同時解約
楽天同時解約
TiKiTiKi翌月1日から「メールアドレスコース(月額350円)」に変更
※解約希望の場合はプロバイダへ問い合わせ
hi-ho翌月1日から「ちょこっとコース(月額200円)」に変更
※解約希望の場合はプロバイダへ問い合わせ
ネスク同時解約
01光コアラプロバイダ契約継続意思確認書類が郵送される
※一定期間に返事をしない場合は自動解除
U-Pa!同時解約
※オプションも同時解約
OCN同時解約
TCOMプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
TNCプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
AsahiNetプロバイダ契約継続意向について意思確認をされる
WAKWAKプロバイダ契約継続意思確認メールが送られる
※一定期間に返事をしない場合は自動解除
ちゃんぷる同時解約

ほとんどは同時に解約されますが、オプションの解約が必要な場合や契約継続の意思確認が必要な場合など、対応は様々です。

「契約継続の意思確認」というとなんだか身構えてしまいますが、要するに「ドコモ光は解約しましたけどプロバイダの契約はどうしますか?」ということです。

メールアドレスを愛用しているなど、プロバイダの契約を続ける理由がある方以外は「プロバイダも解約したい」ということをきちんと伝えるようにしましょう。

TiKiTiKiやhi-hoなど、確認なしで月額料金の発生するコースでの契約が続いてしまう場合もあるので、解約希望の場合は忘れずに手続きをするようにしましょう。

※単独タイプは別途解約が必要
┗「タイプA」「タイプB」ではなく、自分でプロバイダの契約をする「単独タイプ」での契約の場合、別途解約手続きが必要になります。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

今が1番お得!期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!
GMOが1番おすすめの理由 ●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターが無料!他社より圧倒的な性能! ●2019年ドコモ光で1番人気のプロバイダ! ●パソコンが苦手な人でも簡単!GMOは難しい設定なしでネットがすぐに利用できる! 【期間限定】申し込み特典 ●ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!(WEB限定) ●インターネット設定を無料で出張サポート! ●スマホ乗り換えの違約金を10,260円負担してくれる! ●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円! 特典は申し込み窓口によって違います。 以下の窓口が【2019年】1番人気!「簡単・安心・お得」に特典を受け取れる申し込み窓口です。 3種類のルーターから選べるのはGMOだけ。 キャッシュバックも現在は最高額ですが、いつ変わるかわかりません。工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼WEB限定!最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『【2019年5月】ドコモ光の一番人気の申し込み窓口』

ドコモ光のプロバイダ26社の特徴まとめ

ドコモ光のプロバイダについてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

※プロバイダの情報は随時追加していきます

『ドコモ光×ドコモnetについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×ぷららについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×So-netについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×GMOとくとくBBについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×@niftyについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×DTIについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×BIGLOBEについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×アンドラインについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×BBエキサイトについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×エディオンネットについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×OCNについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×@TCOMについて詳しく知りたい方はこちら』

『ドコモ光×AsahiNetについて詳しく知りたい方はこちら』

まとめ

以上、ドコモ光のプロバイダについてでした。

ドコモ光のプロバイダは全部で26社ありますが、色々調べた結果今回紹介した5社がベスト5だと思います。

僕はGMOとくとくbbを契約していますが、他のプロバイダを選んでもそこまで変わらなかったんじゃないかなぁって思ってます。

ぜひプロバイダ選びの参考にしてください。

ドコモ光について詳しく知りたい方はこちらもどうぞ
ドコモ光の複雑な料金プランや利用者の口コミ・評判をまとめました
The following two tabs change content below.

監修者K

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu