ドコモ光の工事に役立つ、工事内容、費用、注意点の全情報|ヒカリCOM

公開日:2018/11/15 更新日:2019/01/24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光の回線工事で失敗しないために

・工事費について
・マンションと戸建での工事内容の違い
・どんなときに建物に穴をあけるのか?

などを紹介します。

思ってたより工事費が高かった!工事のあとで建物のオーナーとのトラブルになってしまった!

なんてことにならないように工事内容や費用、注意点などをわかりやすく解説していきます。

工事のトラブルが一切なく、快適にドコモ光が使えるようにしていきましょう。

ドコモ光のお得な申込み方法を知りたい方はこちらをどうぞ!
【2018年11月】ドコモ光の一番お得な申し込み方法!おすすめキャッシュバック情報比較

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光の申し込みから開通工事までの流れ

ドコモ光の工事内容を紹介する前に、ドコモ光に申し込んでから工事までの流れを説明します。

工事の流れは申込み方法や新規でドコモを申し込む人、フレッツ光からドコモ光へ切り替える人などによってことなります。

1.ドコモへ申し込む

ドコモ光への申し込み方法は主に3つあります。

・ドコモショップや家電量販店などの店舗
・電話
・ドコモの公式やプロバイダのwebページ

各窓口からドコモ光の申込みをします。

また電話やwebで申込みをした人は後日ドコモサポートセンターから、工事内容の確認などの連絡がきます。

ドコモ光をwebで申し込む人は、ドコモの携帯やスマホを契約している人でないと、申込みをすることができません。

今は他社のスマホを使っていて、今後スマホとネット回線の両方をドコモにしたい人もいるでしょう。

そのような人でスマホの更新月はまだだけど、先にドコモ光を申し込んで工事日の予約をした人はドコモショップで申込みをしてください。

ドコモ光の申込み時に注意すること

ドコモ光を申し込む人で、自宅やマンションに光コンセントがある人は必ずドコモの人に伝えましょう。

あとで紹介しますが、ドコモ光は派遣工事と無派遣工事の2種類があります。

無派遣工事の方が安くて、工事の立ち合いもいりません。

光コンセントがある場合は無派遣工事になる可能性が高いです。

家に光コンセントがあるのに派遣工事になると、立ち合いも必要ですし無派遣工事よりも高い工事費を請求されます。

お金も時間もムダになってしまうので、ドコモの人に光コンセントがあるかどうか聞かれなくても、自分から伝えるようにしましょう。

またこれから引っ越す先でネット回線を引く人や、すぐに光コンセントがあるかどうかわからない人もいるはずです。

そのような人は先に申込みをしておいて、光コンセントがあることがわかれば工事日前までにドコモに伝えましょう。

そうすれば無派遣工事になる可能性があります。

光コンセントがわからない人は工事内容のところで紹介するので参考にしてください。

2.工事の内容、工事日、支払などの確認

ドコモショップや家電量販店などの店舗で申し込んだ人は店員がNTTへ連絡して、工事の内容や工事日を決めてくれます。

webや電話で申し込んだ人はドコモサポートセンターから連絡が来るので、工事内容の確認、工事日、工事費用の確認をします。

また工事の時間は指定することができません。

午前(9時~12時)と午後(13時~17時)の2つの時間帯から工事をする時間を決めます。

そしてドコモのサポートセンターからの電話にはなるべくでるようにしてください。

電話にでられない場合、こちらから掛けなおしをしなければなりません。

掛けなおすと中々サポートセンターに繋がらないケースもあるみたいです。

サポートセンターと電話して工事日を決めないと、いつまで経ってもドコモ光を使うことができません。

まれに1週間以上たってもサポートセンターから電話がこない人もいます。

そのような人はこちらからサポートセンターに確認してください。

特に工事日は必ず確認してください。

また初めてドコモ光へ申し込んだ人はプロバイダから契約内容の確認の電話がきます。

またた他社からの乗り換えやフレッツ光からの切り替えでプロバイダを変更した人も同様の電話がきます。

プロバイダの場合は工事の内容ではないので、電話の対応の優先度は低いですがなるべく対応するようにしてください。

3.開通工事の案内が届く

ドコモから工事開通に関する書類が郵送で届きます。

ドコモ光の申込みに関する控えやプロバイダの提供条件書などの書類になります。

また初めてドコモ光へ申し込んだ人や、他社からの乗り換え、フレッツ光からの切り替えでプロバイダを変更した人はプロバイダからも書類が届きます。

こちらはプロバイダのアカウントIDやパスワードが記載されています。

ドコモ光の開通工事が終わったあとに、ネット接続設定のときに必要になります。

ドコモ、プロバイダから送られてきた書類は工事日まで確実に保管してください。

4.工事開始

工事の前日までに工事業者から電話連絡がきます。

工事日と工事開始時間の確認の電話になります。

電話にでられなくても、留守電にいれてくれる場合もあります。

また場合によっては工事日の当日にも電話がくることもあります。

工事の作業員が到着すると工事開始になります。

フレッツ光からドコモ光に切り替える人は転用承諾番号を取得すること

フレッツ光からドコモ光に切り替える人は転用承諾番号が必要になります。

転用承諾番号はNTTへ電話、またはwebで手続きをすると取得することができあます。

転用承諾番号がないと申込み手続きができないので必ず行ってください。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

ドコモ光の工事内容について

ドコモの工事には派遣工事と無派遣工事の2種類の工事があります。

このうち作業員が家にきて、工事をするのは派遣工事になります。

派遣工事と無派遣工事の詳細については後で紹介します。

ここでは派遣工事の内容について説明します。

主にドコモ光の開通工事とは、光ファイバーというネットを使うための回線を家の中に引き込む作業になります。

光ファイバーは電線と同じように電柱に通っていることが多いです。

この光ファイバーを電線と同じように自宅に引き込んでネットを使えるようにするための工事をやります。

特に戸建の場合は電柱から家まで光ファイバーを引き込む作業が必要となることが多いです。

なのでまずは戸建ての工事手順から紹介します。

ドコモ光の工事手順について

ドコモ光の工事の手順は下記のようになっています。

1.工事の説明を受ける
2.光ファイバーを室内に引き込む
3.光コンセントを設置する
4.光ファイバーとモデムを接続する
5.モデムとをパソコンと接続して基本設定する

戸建とマンションでは工事内容が異なります。

先に戸建の開通工事の手順から紹介していきます。

1.工事の説明を受ける

工事業者が配管などを確認して、どんな経路で光ファイバーを引きこむのかを説明します。

壁に穴を空けるかどうかもこの段階で作業員が判断するので、もれなく確認してください。

また追加工事が発生することもあります。この追加工事はドコモから教えてもらった工事費に追加料金として請求されます。

2.光ファイバーを室内に引き込む

電線や電柱から光ファイバーを自宅に引き込みます。

その場合は主に電話用の配管から光ファイバーを引き込みます。

またはエアコンの配管からも光ファイバーを引き込むことができます。

その他にも電柱から光ファイバーを引き込むルートがいくつかあります。

・多目的配管
・ドアホンの穴
・TVの配線の穴
・通気口

これらの配管に光ファイバーを通すことができれば、壁に穴をあけることなく開通工事をすることができます。

3.光コンセントを設置する

ここからはNTTの作業員が家の中に入って作業をしてくれます。

ここでは光コンセントというコンセントを壁にとりつけていきます。

光回線1回線につき、1個の光コンセントをつけることができます。

この光コンセントは電気のコンセントと同じように、電柱から引いてきた光ファイバーを家につないでくれるものになります。

もともと壁についていることも多いので、その時は光コンセントの取り付けはしません。

光コンセントがない場合は電話のモジュラージャックや電気のコンセントのカバーをとりはずして、光コンセントを設置します。

光コンセントを設置しても、今まで通り電話線や電気のコンセントは使える場合が多いです。

また光コンセントの場所は一度きめると動かすことができません。

光コンセントの場所を動かす場合は再度工事が必要になります。

または他にもモジュラージャックなどがれば、光コンセントを増設することもできます。

その場合は別途費用がかかるかもしれないので、工事の作業員に聞いてみた方がいいです。

特に戸建で初めて光コンセントを設置する人は設置場所を慎重に決めてほうがいいです。

4.光ファイバーとモデムを接続する

光コンセントから出ている光ファイバーをモデムに接続します。

モデムとは光ファイバーからを通って送られてくる、信号を変換してくれる機器です。

このモデムをパソコンやWi-fiルーターと繋いでネットを使ってきます。

このモデムはNTTの作業員が工事当日にもってきてくれます。

最後にNTTの作業員が本当にネットが繋がるかの確認をします。

ここまでの手順が終わるとNTTの作業員は工事完了ということて、別の現場へ向かいます。

なのでこの後の手順は自分やらなければなりません。

5.モデムとをパソコンと接続して基本設定する

先ほどの手順でも紹介した通り、NTTの作業員はいないのでここからは自分で作業を進めます。

必要となる作業はモデムをパソコンとつないでインターネットを使うための基本設定になります。

基本的にはNTTの作業員が持ってきたモデムに説明書がついています。

その説明書にモデムの設定方法が書いてあるので、それを読みながら設定していきます。

また設定をする時にはプロバイダから送られてきたユーザーIDとパスワードが必要になります。

事前にプロバイダから送られてきた封筒の書類の中にユーザーIDとパスワードが書いてります。

そちらを使って設定を進めていきます。

プロバイダによって設置の方法は微妙にことなりますが、基本的な設置の流れを紹介しておきます。

1.NTTのモデムからでているLANケーブルを自分のPCに接続します。
2. モデムの説明書に沿って、設定を進めていきます。
3. プロバイダのユーザーIDとパスワードなどのIDを求められるので、入力する。
4.wi-fiルーターを使う人は、モデムのLANケーブルをルーターにつなぐ
5.ルーターの説明書に沿って設置を行う
6・Wi-fiが使えるようになったので、スマホやパソコンを接続させる。

以上でモデムとWi-fiルーターの設定が完了になります。

モデムの設定をするときに、CDが付属されていることもあります。

そちらのCDを使えばもっと簡単に設定を進めることができます。

またドコモ光ではプロバイダによっては訪問サポートやリモートサービスが使えることもあります。

初めてネットを使う人や設定が不安な人はサポートを使うことをおススメします。

さらにドコモ光ではWi-fiを無料でレンタルできるプロバイダもあるので、自宅にWi-fiを飛ばしたい方は使ってみることをおススメします。

ちなみに訪問サポートとWi-fiルーターを無料でレンタルが両方できるプロバイダも紹介しておきます。

・ぷらら
・DTI
・アイシーネット
・BIGLOBE
・ハイホー

モデムやWi-fiルーターの設定が完了すれば、ドコモ光でネットを使えるようになります。

無派遣工事の人はこちらの作業だけが必要となります。

無派遣工事については後で紹介しますが、ドコモからモデムが郵送されてきます。

郵送されてきたルーターを上記のように設定すればドコモ光のネット使えるようになります。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光のマンションタイプは戸建てと工事内容が違う

ドコモ光のマンションタイプの場合は光ファイバーの引き込み方が違います。

マンションの工事内容は下記となっています。

1.工事の説明を受ける
2.光ファイバーをマンションの共有部(MDF)に引き込む
3.共有部か各部屋へ配線される
4.光コンセントを設置する
5.光ファイバーとモデムを接続する
6.モデムとをパソコンと接続して基本設定する

特に2、3の工程が戸建とは異なります。

マンションの場合は電柱から共有部(MDF)という配電版へ引き込まれます。

そのあとその共有部から各部屋へ光ファイバーを配線していきます。

マンションに引き込んだ回線を部屋のみんなで分け合うようなるイメージです。

こちらはアパートも同じ工事の手順になります。

基本的にはマンションやアパートで1の電線から共有部への引き込みは完了しています。

2の共有部から自分の部屋への配線から作業が開始します。

そして3以降の光コンセントの設置からの作業は戸建てと同じになります。

マンションやアパートの配電版がある共有部は施錠されている場合が多いです。

管理人や不動産のオーナーに連絡して、鍵を開けてもらいましょう。

ドコモ光の開通工事の所要時間はおよそ1時間

ネット回線をするNTTやドコモからは工事にかかる時間はおよそ30分~1時間と言われることが多いです。

ただこれはあくまでも目安です。

工事の内容によっては1時間以上かかることも十分考えられます。

1番工事の時間がかかるのは戸建に住んでいて、初めてネット回線を引き込む人です。

こちらの場合は電柱から家まで光回線引き込む屋外工事、光コンセントからルーターまでつなぐ屋内工事の2つを行います。

そうなると工事の内容が多くなるので、1時間以上かかることも多いです。

戸建で既にネットを引き込んでいる人、マンションに住んでいる人は屋内工事だけ住む場合が多いので、工事が早く終わることがあります。

また他の光回線を使っていてドコモ光に切り替える人も屋内工事だけになること多いので、工事の時間はあまりかからないです。

無派遣工事になった方であればルーターを接続して設定するだけなので、慣れている人であれば30分以内には終わります。

ただ工事の作業にかかる時間に対してはあくまでも目安です。

また前の工事の作業が延びて、工事の開始時間が遅れてしまうこともあります。

逆に当日に工事のキャンセルが出て、工事開始時間が早まるなんてこともあります。

また工事が終わってもそのあとのネット接続やWi-fiの設置を自分で行う必要があります。

その場合はさらに時間がかかります。

戸建ての人で初めてネット回線引き込んでさらにネット接続やWi-fiの設置をする人であれば、
工事開始からネットが使えるまでに2~3時間かかってしまうこともあります。

ドコモ光の工事日当日は最低でも半日くらいを開けておいてください。

できるなら1日を工事日として空けておいた方が無難です。

ドコモ光の工事の立ち合いは代理人をたててもいい

ドコモ光の開通工事には立ち合いが必要です。

ただ工事の立ち合いは契約者本人である必要はありません。

工事立ち合いの代理をたてることも可能です。

ドコモ光の契約者がどうしても時間がなくて開通工事に立ち合う時間がない場合は、代理の人に頼んでも問題ありません。

代理をたてる場合はドコモ光のサービスセンターへ連絡します。

ドコモ光サービスセンター
0120-766-156

ドコモサービスセンターへ連絡するときに、代理の方の名前と連絡先を伝えます。

そうすれば工事日の当日は代理の方へ連絡がいくので、工事の立ち合いをすることができます。

その場合は工事当日に代理であることを伝えておいた方がいいです。

代理を頼む場合はある程度作業員の質問に答えられる人だと、工事の当日はスムーズに作業が進みます。

ドコモ光の開通工事はNTTの作業員が行う

ドコモ光の開通工事をするのはドコモの人ではありません。

NTTの作業員、またはNTTが指定した工事業者がきます。

作業員は1回の工事で大体2~3人で来ます。

ドコモはNTTの回線を使ってインターネットサービスを提供しています。

電柱から家に引き込む光ファイバーのケーブルはNTTが所有しているので、ドコモではなくNTTが工事をします。

他の光回線の工事をする場合もNTTの作業員が回線の開通工事を行います。

工事をする会社はNTTから工事業務を請け負っているようです。

地域によって工事をする会社が異なります。

なので工事前に来る連絡も、その地域の業者から連絡がきます。

ドコモ光の開通工事で光ファイバーが通せないときに壁に穴あけをする

工事をする時に一番気になるのが穴あけをするかどうかだと思います。

光ファイバーの線を通すところがないときは最終手段で穴あけをすることがあるそうです。空ける穴は直径1㎝くらいです。

穴をあけたら防水シールドで穴の周りを固めるので、穴から雨水が侵入することがありません。

他にも家の外の壁に光ファイバーを沿わせて固定するときにビス止めをすることがあります。その時も建物に穴があくことがあります。

どうしても穴あけをしたくない場合はその場で工事をキャンセルすることができますので、作業員の方に伝えてください。

この場合は工事費は発生しません。

ただ工事が始まると工事費が発生してしまうので注意してください。

ドコモ光の派遣工事と無派遣工事の違いについて

最初に紹介したように、ドコモ光の開通工事には派遣工事無派遣工事にわかれています。

派遣工事か無派遣工事かによって、工事内容や工事費用が異なります。

派遣工事になるか無派遣工事になるかはドコモが申込みの時に教えてくれます。

自分が派遣工事か無派遣工事なのかを必ず確認してください。

派遣工事について

派遣工事は先程説明したようにNTTの工事業者がきて、光ファイバーを引き込む工事になります。

派遣工事では必ず光コンセントの設置と光ファイバーの引き込みを行います。

どんな人が派遣工事になる可能性があるのかを紹介していきます。

①家に光コンセントがない人
家に光コンセントがついていない人は派遣工事になる確率が非常に高いです。

特に戸建で初めてネット回線を引き込む人は家に光コンセントが無い場合が多いです。

またマンションやアパートでも光コンセントがないケースもあります。

賃貸で光コンセントがついていない人はオーナーや不動産に許可を取ってから工事をしてください。

②他社からドコモ光に切り替えた人
こちらの人も派遣工事が必要となる場合が多いです。

光コンセントがあるから派遣工事にはならないんじゃないの?

と思う方もいるかと思います。

こちらの場合は他社の光回線を引き抜いて、ドコモ光の回線を引き込む必要があるからです。

ただ無派遣工事になる場合もあるので、ドコモと確認をしてください。

無派遣工事

無派遣工事の場合はNTTの業者が来ることはありません。ドコモからモデムが送られてきます。

それを自分で光コンセントから出ている光ファイバーを自分で接続します。

その後にネット接続の設定を行っていきます。

ドコモ光の工事内容のところでネット接続の設定方法について紹介しているので、参考にしてください。

またモデムが届いてから90日以内に接続してください。

期限内に接続をしない場合はドコモから解約される場合があります。

接続が完了していなとドコモから連絡が来る場合もありますので、早めに接続してください。

モデムを接続してパソコンで設定が完了すればドコモが開通したとみなして、基本料金の課金が始まります。

ドコモ光で工事が不要なのはフレッツ光からの転用の人だけ

フレッツ光からドコモ光に切り替えることを転用といいます。

この転用に人は工事が不要になります。

契約上で使う回線が変わるだけなので、光ファイバーを引いたりモデムを設置することもありません。

フレッツ光とドコモ光は同じ回線を使っているので、工事をする必要はないです。

工事費も発生しません。

だたし、フレッツ光で発生した工事費の残債がある人はそのままフレッツ光から請求が続きます。

残債があるかどうかはフレッツ光に確認すれば教えてくれます。

また切り替え時にプロバイダも変更した場合はモデムの再設定が必要になります。

切り替えたプロバイダから郵送で書類が届きます。

そちらに従って、設定を進めてください。

ドコモ光の転用時に1ギガ化する人は工事が必要

フレッツ光からドコモ光へ転用する人は基本的に工事は必要ありません。

通信の最大速度を1Gbps(1,000Mbps)にしたい場合は工事が必要になります。

最大速度を上げる工事はフレッツ光で契約しているプランによって異なります。

・フレッツ光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ(最大速度200MB)
マンション・ハイスピードタイプ(最大速度200MB)

・フレッツ光ライト(最大速度100MB)
・ライトプラス(最大速度100MB)

このどれかを契約している人は無派遣での工事になります。

・フレッツ光ネクストマンションタイプ(VDSL方式orLAN方式)

こちらのプランで契約している人は派遣工事になります。

無派遣工事、派遣工事はどちらも先ほど説明した工事内容と同じです。

また工事費が発生します。

無派遣工事:2,160円
派遣工事:16,200円
(どちらも税込みです)

工事が必要かどうかはドコモが調べてくれますので、確認してください。

最大速度が100Mbps~200Mbpsから1GMbpsに変更できるので、工事費が発生しますが変更しておくべきです。

戸建の人は2階にも回線がひける

2階建てや3階建ての戸建の家に住んでいる方もいらっしゃると思います。

ネット回線は1階だけでなく、2階からでもネット回線を引っ張ることができます。

ただ線を引き込む階の高さにも限界があって、電柱より低い階でないと引き込むことができないそうです。

電柱より高いとこに光回線を引き込むことはできません。

2階や3階に回線を引きたい方は一度ドコモに相談してみてください

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光の工事費について

工事費は表の通りです。

 戸建マンション最大速度を変更する人
派遣工事19,440円16,200円16,200円
無派遣工事2,160円2,160円2,160円

※税込み表示

マンションはすでに電柱や電線からネット回線が建物に引かれています。なのでマンションから自分の部屋に引き込むだけの工事になるので工事費が戸建よりも安くなっています。

また派遣工事を土日、祝日または年末年始(12月29日~1月3日)にした時、追加料金で3,240円(税込み)が発生します。

さらに特殊な工事をする場合は追加で工事費が発生します。

こちらは当日になってみないとわかりません。工事前に作業員が追加工事が発生するかどうかを教えてくれますので、確認してください。

そして工事費とは別ですが、ドコモ光を契約した時に必ず払う契約事務手数料の3,240円が発生します。

契約事務手数料は工事があるなしに関わらず、必ず発生します。

また夜17時〜20時の間に工事の時間帯を指定すると、追加で3000円発生します。

土日でしかも工事の時間帯を17時〜20時の工事にすると6000円になります。

忙しくてどうしても9時〜17時の間に工事に立ち会えない人は17時~20時に工事の時間を設定してもいいかもしれません。

土日祝日の追加工事費と時間外の工事費は契約事務手数料と同様に開通した翌月に支払います。

ドコモ光を契約して最初に支払う初期費用は戸建タイプで工事費を土日祝日にした場合
工事費19,440円+事務手数料3,240円+土日祝日の追加料金3,240円=25,920円になります。
※工事当日に追加工事が発生した場合は支払う金額が変わります。

工事が始まる前であればキャンセルすることできますので、作業員に提示された工事費に納得がいかない場合は工事を見送ってゆっくり考えることもできます。

ドコモ光の工事費は分割払いがお得

派遣工事のみ工事費を分割することができます。無派遣工事はできません。

分割回数は表のとおりです。

 戸建てマンション
12回1,620円1,350円
24回810円675円
36回540円450円
48回405円337円
60回324円270円

また工事費を分割にしたら解約時に払っていない工事費の残債が発生します。

残債が発生するのであれば一括で支払ったほうがいいのでは?と思うかもしれません。
でも一括払いよりも分割払いの方がいいメリットがあります。

回線にもよりますが、乗り換え時に発生する工事費の残債を負担してくれるキャンペーンがあります。

主にau光などは工事費の残債も負担してくれる回線です。

こちらを利用すれば実際に支払う工事費を少なくすることができます。

・戸建タイプで60回払い。2年で解約して工事費の残債を全額負担してくれる場合

工事費19,440円-残りの36ヶ月×324円(毎月支払う金額)
11,664円

残りの11,664円をキャンペーンで負担してくれることになります。
そうなると実際に払う工事費は8,276円になります。

実際の工事費の半分以下を支払うだけで、他社に乗り換えることができちゃいます。

一括で支払ってしまうとこの残債負担のキャンペーンが受けられなくなりますので、こだわりがなければ分割で支払った方がお得です!

また分割払いで支払いをしていても、途中で残りの工事費の残債を一括で支払うことができます。

その場合は近くのドコモショップで対応してくれます。

途中で一括でも支払えるので、最初は分割払いにしてキャッシュバックなどをもらったらそのあと残りの残債を一括で支払うのもアリです。

ドコモ光を引っ越し先でも使うときの工事費

現在ドコモ光を使っていて、引っ越し先で使う場合も工事が必要になります。

戸建タイプの場合:9,000円
マンションタイプの場合:7,500円
事務手数料:2,000円(マンション、戸建て共通)

西日本→東日本、東日本→西日本のように引っ越す場合はさらに追加料金が発生することがあります。

引っ越す前にドコモへ確認してください。

また引っ越しが完了した後でも、前の家で回線工事の残債が残っている場合はそのまま請求され続けるので注意してください。

ドコモ光の光複数割を使う人でも工事は必要

家族でドコモ光を2回線以上使う人が契約できる光複数割を申し込んだ人でも工事が必要になります。

2回線目を引く場合でも新規の扱いになるので、派遣工事の時にマンションであれば16,200円、戸建であれば19,440円になります。

場合によっては無派遣工事になることもありますので、契約するときにドコモへ確認してください。

超お得!ドコモ光は現在工事費無料キャンペーン実施中!

ドコモ光では現在新規申し込みの工事費無料キャンペーンを実施しています。

戸建てで19,440円、マンションで18,600円の派遣工事費が無料になるという嬉しいキャンペーンです。

ドコモ光新規工事料無料キャンペーン

キャンペーン受付期間

2018年12月1日(土)~2019年5月6日(月)

キャンペーン適用条件

ドコモ光を新規で申し込み、2019年11月6日(水)までに利用を開始すること。

※利用開始とは、ドコモ光の開通およびプロバイダの契約確認が取れた状態をいいます。

キャンペーン注意事項

フレッツ光や提携CATVのインターネット接続サービスからの切り替え、設置場所の移転の申し込みの場合はキャンペーン対象外となります。

また、新規契約の事務手数料3,000円や土日祝日の追加工事料、ドコモ光電話などのオプションサービスの工事費や工事内容によって発生する追加料金はキャンペーン値引きの対象外です。

キャンペーン期間中は混雑するので早めの申し込みがおすすめ

キャンペーン期間中は申し込みが増えるので、工事日も延びてしまう可能性があります。

ちなみに、キャンペーン実施期間内に申し込めば工事を翌月や翌々月に行ってもキャンペーンは適用されます。

今回のキャンペーンの受付期間は5月6日までなので、それまでに申し込めば6月に工事をしても工事費無料キャンペーンが適用されるというわけです。

また、仮に現在利用している回線の更新月が6月なのでそれまで工事日を延ばしたい人がいたとします。

その場合5月6日までに申し込んで、6月に工事を完了すればキャンペーンが適用になりますし、さらに更新月内に前の回線を違約金なしで解約することもできます。

無料キャンペーンの時に申し込んでから、解約月以外で解約しても工事費の請求をされることはありません。

工事費無料キャンペーンについてさらに詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。
【2019年】ドコモ光の工事費無料キャンペーンはいつ開催?条件、延長期間を予想|ヒカリCOM

工事費無料キャンペーンはやっていない時期もある

工事費無料キャンペーンは常にやっているわけではありません。

今回の工事費無料キャンペーンは2019年5月6日までやっていますが、これが終わってしまうとしばらくの間はやらないので、ドコモ光を検討している方はこのチャンスを逃さないようにしましょう!

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光のマンションタイプやアパートで工事する人が確認しておくこと

ドコモ光のマンションタイプに申し込む人に確認して欲しいことを紹介します。

戸建の方は読み飛ばしても大丈夫です。

・マンションに光回線が通っているか
・配線方式がどうなっているか

この2つを確認してください。

せっかく申し込んでもドコモ光が使えなかったり、通信速度が遅くなったりします。

ネット回線を引いていないマンションやアパートがある

古いアパートやマンションにはそもそもネット回線をひきこんでいないことがあります。

その場合は建物のオーナーや不動産にネット回線を引き込んでくれるように交渉してみるしかありません。

それでもマンションにネット回線を引き込んでくれない場合は電柱から住んでいる部屋に直接引き込む工事をするしかありません。

こちらもドコモと建物のオーナーや不動産に確認をとる必要があります。

許可を得ることができればドコモ光を使うことができます。

ただしこの場合戸建タイプの料金になる可能性が高いです。

またマンションやアパートで電柱から自分の部屋へ直接ネット回線を引き込むことができるのは、3階よりも下の人だけの場合が多いです。

住んでいる部屋が電柱より高い場合は自分の部屋に回線を引き込む工事ができないからです。

ダメもとでドコモへ相談してみるのはアリですが、工事ができる確率はかなり低いです。

マンションにネット回線を引き込めない、または自分の部屋にも回線を引き込むことができない場合はドコモ光を諦めるしかありません。

マンションにネット回線が引けないときはモバイルルーターを検討する

ネット回線が引けない場合はモバイルルーター(WiMAXやY!mobileなど)の購入を検討するしかありません。

こちらは工事が不要なのですぐにネットを使うことができます。

光回線よりも通信速度が遅く、電波も不安定ですがネット検索や動画を観るくらいであれば快適に使うことができます。

またソフトバンクエアーなども工事不要でネットを使うことができます。

どうしてもネット回線の工事ができない人は使ってみることをおススメします。

個人的にはWiMAXがおすすめです。

VDSLは要注意!

電柱からマンションにネット回線をつないでから、各部屋に配線するときに実は2種類の配線方法があります。

マンションでもこの配線方式の違いによって、せっかくドコモ光を契約しても通信速度が遅くなる時があります。

配線方式にはVDSL配線と光配線(光ファイバー)の2種類があります。

光配線=高速(1Gbps)
VDSL=低速(100Mbps)

※1Gbps=1000Mbps

VDSL配線は電話線を使ってネットを使います。

そのため最大速度が光配線よりも遅くなっています。

自分の住んでいるマンションやこれから引っ越す場所がどんな配線方式なのかを確認してください。

ドコモやマンションのオーナー、不動産に確認すれば教えてくれます。

また住んでいる部屋に光コンセントがあれば間違いなく光回線なので、自分で確認することもできます。

VDSLしか使えないマンションでも光回線を使いたい場合

住んでるマンションがVDSLでも光回線を使う方法があります。

それは自分の部屋に光回線を電柱から直接引き込むことです。

こちらも自分の住んでいる部屋の階によっては工事ができな場合もあります。

また料金は戸建てタイプになります。

もちろんオーナーや不動産に許可をもらう必用がありますが、結構ハードルが高いです。

VDSLでもネット検索や動画をみるくらいであれば快適に使えるます。

無理に光回線にする必要はないです。

ただ速度を少しでも早くした場合は光回線ではなく、WiMAXなどのモバイルルーターの検討をした方がいいです。

ドコモ光の工事についての注意点

ドコモ光の工事に関して注意してほしいことを紹介します。

特に工事日を決めるときに気を付けてほしいことになります。

ドコモ光の新築の方なら申込みの時間が通常よりかかる

新築の家で工事を申し込む場合は通常の申込みよりも時間がかかってしまうケースがあります。

新築の場合は新しく住所がつくられることが多く、その場合NTTやドコモが番地の登録する期間が必要になるからです。

登録には早くても1週間必要です。また1ヶ月以上かかった人もいるみたいです。

この番地登録ができないと、業者が電柱から家でまで光ファイバーを引き込む経路を設計することができなります。

他にも番地登録が間違っていると、作業員が家まで辿り着けないこともあります。

また同じ住所で建て替える場合は住所の登録はいりませんが、枝番がついたら住所登録をする必要があります。

新しく番地や枝番がついた家であれば早めドコモに連絡してください。

新築マンションであれば住所登録は不要です。たくさんの人が住むので、すでに住所登録が終わっているケースが多いです。

また住所が決まっていなくても仮申し込みができることがあります。

家を建築中でまだ住所が決まっていないけど、申込みだけでもしておきたい人はドコモに相談してみてください。

ドコモ光の回線工事日は月の初旬に設定しよう

ドコモ光の回線工事するときに注意しないといけないのが工事日です。

ドコモ光の工事を完了してから、前の回線を更新月に解約したい人は工事日を初旬にした方がいいです。

回線にもよりますが、電話で解約してから正式に処理が完了するまで1週間かかるケースがあります。

仮に1月31日にドコモ光の工事が完了し、解約の電話をした場合
1/31に工事終了。その日のうちに工事完了の電話

正式に解約処理が行われるのはそこから1週間後の2月7日付けになる。

解約金の発生

この場合は1月が更新月だった場合でも、2月の解約になるので2月分の使用料金と違約金が発生する可能性もあります。

例:1月が更新月で、1月5日にドコモ光の工事した場合

1/5に工事完了してその日のうちに解約の電話

1/12に解約の受理。

違約金もなし。

この場合であれば更新月内に解約できるので解約金はかかりません。
工事日を中旬に設定してから解約しても受理日がギリギリになります。

工事はなるべく月の初旬に設定しましょう。

ドコモ光の工事日が遅くなる期間がある

工事日は早ければ申込み日から2週間後に設定することができます。

しかし長い時は1~2ヶ月先でないと工事日を予約できないこともあります。

特に3~4月は繁忙期のため、工事日が1ヶ月先になる場合が多いです。

その期間に転勤や進学で引っ越す場合は工事日の予約が取りにくいので早めに申込みしましょう。

また7月と10月も会社に勤めている人の転勤者が増えるので、工事日の予約を取るのが難しくなります。

またどうしても狙った日に工事をしたい人や工事日を月の初旬にしたい人は1~2ヶ月前から、申込みをした方が安全です。

ドコモ光セット割は工事が完了した翌月から適用される

ドコモのスマホを使っている人がドコモ光とセットで契約すると割引されるドコモ光セット割があります。

ドコモ光セット割はスマホと光回線の両方が使えるようになった翌月から割引が自動で開始されます。

仮に4月にスマホとドコモ光を申し込んで先にスマホが使えたとして、5月に回線工事をすると6月から割引が自動で開始されます。

この場合5月の割引が受けられなくなります。

工事日を遅く設定すると割引の開始が遅れてしまい、損することがあります。

新規でセット割を申し込む方は工事を早めに設定してください。

工事日に作業が中止になるケースもある

工事当日に作業員が来て工事していると、思わぬ問題が発生して工事が中止になることがあります。

・光ファイバーを通す配管が詰まっていて、工事ができなくなった。

・光ファイバーを通すために、特殊な道具が必要になった。

・となりの人のベランダや庭の上から光ファイバーを通す必要があるので、許可をとらないといけない。

・行政などの許可をもらわないと工事ができない場所だった。

・天候が悪くて、作業ができないとき。

配管の詰まりであれば事前に確認して、工事の前までに対処できることもあります。

また建物のオーナーや不動産などに確認して、事前に許可をもらわないといけないものがないか聞いてみましょう。

さらに天気が悪いと工事が延期になることもあります。

台風や大雪で作業員の方が家までたどり着けないときや危険とみなされた時は工事が延期なるときもあります。

その際はまた工事日を再度予約することになります。

工事当日にならないと工事内容がわからない

建設会社や施工会社によって、建物の配管が異なっています。

そのため当日に建物の配管の状態をみてからでないと、どんな工事をするのかを決めることができません。

ドコモは事前調査をしないので、当日に工事ができるかどうかなどを決めます。

なので当日に来て配管を通すところがないと穴をあけたり、賃貸の場合不動さんやオーナーの許可をもらわないと工事ができなかったりします。

そうなると工事当日になって、工事を見送られることもでてきます。

賃貸の場合は必ず工事の許可をもらいましょう。

工事が始まってからキャンセルすると費用が発生する

ドコモ光の申込み案内が届いた日から8日以内であればクーリングオフができたり、工事の2日前の午後9時までであれば申込みをキャンセルできたりします。

また工事日の当日でも工事をキャンセルすることができます。

ただし工事が完了するとドコモ光を契約したことになるので、申込みをキャンセルする時は違約金と工事費を払う必要があります。

また工事が始まってから、途中で申込みをキャンセルすると工事費が発生します。

工事の着工をする前であれば無料で申込みをキャンセルすることができるので、工事が始まってからキャンセルしないように注意してください。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光で工事当日までに用意すること

工事日に関しては申込みの時に決めることができます。また申込みのあとにドコモに電話すると工事日を決めることができます。

工事日の何日か前にドコモから工事日の連絡がきます。また当日も工事業者から連絡があります。

工事日が近づいて何も連絡がない場合はドコモに問い合わせてください。

また工事の前にもいくつかやっておくことを紹介します。

・オーナーや不動産に工事の許可をもらう
・モデムの設置場所を決める

オーナーや不動産に工事の許可をもらう

賃貸の戸建やマンションに住んでいる人は必ずオーナーや不動産に工事の許可をもらってください。

トラブルになったり、工事ができなくなる場合があるからです。

特に許可をもらうときに以下の3つも確認しておきましょう。

1.工事日を伝える
工事日を伝えていないと工事当日にオーナーや管理人から注意されることがあります。事前に伝えておきましょう。

2.建物に穴やビス留めをしてもいいか許可をもらう
建物に穴やビス留めをする可能性があることを伝えておきましょう。許可をもらわずに穴やビス留めをすると部屋を退去するときにトラブルの原因になります。

3.マンション共有部のカギを用意する
マンションや集合住宅の場合はマンションの共有部に入って工事をすることもあります。

共有部に入るにはカギが必要な時があります。カギをもらってないと工事ができない時があります。

このカギも必要かどうか工事の許可をもらうときに一緒に確認してください。

そのカギを貸してくれるか、または管理人が立ち合ってカギをあけてくれます。

モデムの設置場所も決めておく

工事当日に作業員が持ってくるモデムの設置する位置を決めておいた方がいいです。

家のどの部屋に置くのかを決めておくと、当日の工事がスムーズに行うことができます。

またNTTの作業員にモデムの設置場所を選んでもらうこともできます。

ただモデムの設置場所が悪いとLANケーブルが届かなくて、ルーターや機器にLANケーブルが接続できなくなります。

特仕事やネットゲームなどで、デスクトップ型パソコンやゲーム機に直接LANケーブルを差し込んでネットを使いたい人もいるはずです。

そのような人はデスクトップ型パソコンやゲーム機を使う場所から逆算して、モデムを置く場所を決めておいた方がいいです。

または2階の部屋や家の隅々までWi-fiを飛ばしたい人も、Wi-fiルーターを設置する場所には注意してください。

こちらもWi-fiルーターを設置する場所から逆算して、モデムを設置する場所を決めてください。

家のなかでどのようにネットを使うのかを想定して、モデムの設置場所を決めておきましょう。

ドコモ光の工事に関する問い合わせ先

工事に関する問い合わせ先はすべてこちらになります。

●ドコモサービスセンター
ドコモの携帯電話の場合
┗15715(無料) 
一般電話
┗0120-766-156
受付時間:午前9:00~午後9:00(年中無休)

工事日の変更やキャンセル、また工事に関する質問はすべてこの窓口から問い合わせをすることができます。

ただ工事日を変更する場合、次の工事日が2~3週間先に延びてしまう可能性があります。

早くドコモ光を使いたいのであれば工事日を変更しない方がいいです。

またホームページで申込みをした人はこちらの番号から工事日の確認の電話がきますので、対応してください。

ドコモ光電話の工事費用と工事内容

ドコモ光電話の工事についても確認していきましょう。

利用の予定がない方は読み飛ばしていただいて大丈夫です。

ドコモ光電話の工事費用

区分料金
基本工事料派遣工事4,500円
無派遣工事1,000円
機器工事料設置料1,500円
設定料1,000円

※税抜きの金額です。

ドコモ光の工事同様、派遣工事と無派遣工事で料金が異なります。

ただし、ドコモ光とドコモ光電話を同時に申し込む場合、ドコモ光電話の基本工事料はかかりません。

設置料というのはドコモ光電話対応ルーターの開梱、設置、開通試験、片付け等に関わる工事費用です。

設定料というのは、電話の設定やドコモ光電話対応ルーターの設定を作業員にやってもらう場合に発生する工事費用で、自分で設定する場合にはかかりません。

ドコモ光電話対応ルーターにはレンタル料金がかかることもある

ドコモ光電話を利用するには、ドコモ光電話対応ルーターというものをレンタルする必要があります。

無線LAN機能を利用しない場合であれば無料でレンタルできますが、無線LAN機能つきのルーターを利用する場合には以下の月額料金がかかります。

東日本エリア:300円
西日本エリア:100円

ドコモ光電話の工事内容

ドコモ光回線を引き込み、ドコモ光電話対応ルーターから電話機に接続します。

ドコモ光電話対応ルーターから離れた場所で電話機を使いたい場合は、子機を設置するか、モジュラーケーブルを露出で配線する工事が必要になります。

モジュラーケーブルの配線工事は別途工事費が必要になるので、どこで電話機を使いたいのか、どこに光電話対応ルーターを設置するのかはあらかじめ考えておくといいでしょう。

ドコモ光電話の工事で番号が変わることもある

フレッツ光からドコモ光へ転用する人であれば電話番号の変更はありません。

フレッツ光以外のサービスからドコモ光電話を使う場合は電話番号の変更が必要な場合があります。

また引っ越しなどで県や市をまたぐ場合も電話番号の変更がされます。

ドコモ光電話へ申し込む前に電話番号が変わるかどうかを確認してください。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

体験談!ドコモ光の申込みから工事完了まで

引っ越しを機に、ドコモ光の申込みをして工事までやってみました。

ドコモ光を申し込んでから実際にネットが使えるようになるまでの過程を紹介したいと思います。

・引っ越し先はマンション
・引っ越し先には光コンセントがすでに設置ずみ
・他の回線からの乗り換えやフレッツ光からの転用はなし
・プロバイダはGMOとくとくBBにする予定
・工事費無料キャンペーン期間中に申込みをする

僕は申込みをすればマンションタイプになり、工事は必要になりそうだと予想しました。

ドコモショップへ申込み

初めてドコモ光をへ申込みをするので、近くのドコモショップで申し込みをしました。

平日に行ったのに受付までに45分、申込み手続きに1時間以上かかりました。

ドコモショップで申し込む場合は予約できるので、事前に予約をしてから行った方がいいですね。

住所と建物を伝えたところ、ドコモの方に派遣工事が必要と言われました。

12月の27日に申し込んで、工事日は1月16日の午後(13時~17時)にしました。

工事費は工事費無料キャンペーン中なので、無料です。

ただ土日に工事すると追加料金3,000円を取られてしまいます。

こちらは工事費無料キャンペーンの対象外なので、無駄な出費を抑えるために平日を工事日にしました。

申込みはやっぱりwebがいい

工事の申込みをするのであればやはりwebで行うのが無難です。

webであれば必要な情報を入力して、後日にかかってくるドコモの電話に対応すれば工事日が確定します。

ドコモショップでムダな時間を使う必要がないので、webでの申込みをおすすめします。

申込みから工事前まで

・申込み
↓4日後
・GMOとくごくBBからWi-fiルーターレンタルの連絡(SMS)
↓5日後
・ドコモから工事の案内
↓6日後
・ドコモから再度工事の案内
↓工事日前日
・ドコモ電話で工事日前日である連絡が来る
↓工事当日
・工事業者から家に来る連絡が来る

申し込んでから4日後にSMSでプロバイダのGMOとくとくBBから、Wi-FiレンタルのURLが届きました。

この段階で申し込めば、工事日前までにWi-Fiルーターが届くとのことなので、登録しました。

さらにその5日後にドコモから工事の案内がSMSに届きました。

そして工事の前日はドコモから、工事日当日は工事業者から電話で連絡が来ました。

ドコモ光の開通工事当日

工事日当日にドコモ光の工事業者から連絡がきました。

内容は10分後くらいに家に到着するとのことでした。

一名の作業員が家に到着し、最初に名刺を渡されました。

そして作業が開始になります。

主な作業内容は下記のようになりました。

1.光コンセントの位置の確認

2.作業員がNTTのモデムと光コンセントを光ファイバーケーブルで接続

3.作業員が持っているパソコンをモデムと接続し、ネットの接続テストを行う

4.ネットの接続が確認できるとサインを求められる

5.作業員が「工事内容のお知らせ(お客様控え)」という書類を作成する

6.作業員から注意事項を聞く

7.工事完了

1.光コンセントの位置の確認

最初に光コンセントの位置を確認しました。

家に光コンセントがない場合は、光コンセントの設置から作業がはじまるようです。

2.作業員がNTTのモデムと光コンセントを光ファイバーケーブルで接続

光コンセントの位置を作業員の方と確認します。

その後に作業員が光ファイバーケーブルを光コンセントに接続します。

そして光コンセントから出ている光ファイバーケーブルをモデムに接続します。

モデムと光ファイバーケーブルは工事作業員がもってきてくれますので、何か用意するものはありません。

こちらの写真がモデムの接続が完了した写真になります。

この黒い箱みたいなやつがモデムで、白い線が光ファイバーケーブルになります。

黒い線はモデムの電源になります。

3.作業員が持っているパソコンをモデムと接続し、ネットの接続テストを行う

作業員が持っているパソコンをモデムとつないで、ネットの接続テストを行います。

ネットがきちんと接続できることを確認できたら、作業は完了になります。

4.ネットの接続が確認できるとサインを求められる

作業員がもっていたパソコンの画面にサインする欄があります。

そのまま画面に指で名前をサインします。

5.作業員が「工事内容のお知らせ(お客様控え)」という書類を作成する

そのあと作業員が「工事内容のお知らせ(お客様控え)」という書類を作成します。

写真のような書類になります。

今回発生した工事費用の内訳になります。

作業員の方からは「この書類の内訳についてはドコモのサポートセンターへ質問してください」と言われました。

工事費無料キャンペーンで、工事費は無料なはずだけど?

と思いましたが、どうやら作業員の方は無料キャンペーンで工事費が無料になっていることを知らないのかもしれません。

またはドコモの人ではないので、最終的な工事費のことについては言えないのかもしれませね。

どちらにしてもドコモから請求が来るはずなので、その時に工事費がちゃんと無料になっているかを確認します。

6.作業員から注意事項を聞く

また最後にいくつか注意点を聞ました。

・Wi-fiルーターの設置は自分で行うこと

・Wi-fiルーターの設置でわからないことはドコモに問い合わせること

・光ファイバーケーブルの中はガラス状になっているので、過度に折り曲げたり重いものを置かないようにすること

それらの説明が終わると、工事完了ということで作業員の方は帰っていきました。

以上でドコモ光の開通工事は終了となりました。

5分で終わったWi-fiルーター設定

Wi-fiルーターの設定について紹介します。

ぼくがレンタルしたのはGMOとくとくBBのWi-fiルーターになります。

事前にWi-fiルーターのレンタルの申請をしていたので、工事日よりも前にルーターが到着していました。

①のように段ボールで届きました。

開封すると②の写真のようにルーターの箱が入っています。

③のWi-fiルーターの説明書と④のルーター、LANケーブル、電源コードなどが入っていました。

Wi-fiルーターは⑤の写真のようなもので、⑥でわかるように側面にLANケーブルや電源コードの差し込み口があります。

LANケーブルと電源コードを⑦のようにルーターに差し込みます。

電源コードを指して40秒ほど待つと、⑧の写真のようにルーターにランプがつきました。

ランプがついたので、Wi-fiルーターが正常に起動していることがわかりました。

最終的に⑨の写真のようにWi-fiルーターとモデムが接続されました。

左がWi-fiルーターで、右がモデムになります。

⑩の写真でわかるように光コンセントと、2つの電源コンセントが必要になります。

延長コードなどコンセントを増設して、そこにモデムやWi-fiルーターのコンセントにさして使うこともできます。

事前にモデムWi-Fiルーターを置くスペースと、電源を確保しておいた方がいいですね。

ここまでの作業が完了したら、スマホやパソコンからWi-fi接続をしていきます。

ネットワークIDとパスワードがルーターの裏面に記載されています。

ネットワークIDのWi-fi電波を選んで、パスワードを入力すればWi-Fiが使えるようになります。

ここまでの作業も5分程度でできるので、初めてネットやWi-fiを使う人でも問題なく設定ができます。

こちらが実際にWi-fiを接続したときの実測値になります。

ネットが遅くなりやすい22時ごろに計測しても、これだけの通信速度が出たので驚きました。

実際にドコモ光の工事をしてみた感想

ドコモ光の開通工事をしてみて感じたことは、とにかく工事の作業員は急いでいる様子でした。

早く作業を終わらせて、次の工事をしたいのだと思います。

また僕がやってもらった工事内容はたまたま前に家の人が光回線を使っていたため、モデムの設置だけで終わりました。

そのため他の人よりもスムーズに工事が終わりました。

GMOとくとくBBのWi-fiルーターが工事前に届いたので、工事が終わってすぐにWi-Fiが使えるようになったのも助かりました。

本来のマンションタイプであれば、共用部から配線を自分の部屋まで引き込んでからモデムを接続する工事になるはずです。

また光コンセントがない場合は設置の作業もあります。

そうなるとさらに時間がかかり、工事日当日もバタバタすることになったと思います。

Wi-fiルーターも届くのが遅くなると、工事が終わってもWi-fiが使えるようになるまでに時間が掛かったはずです。

今回のぼくの工事内容は派遣工事の中でも比較的スムーズに工事ができたケースになったと感じています。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光テレビの工事費用と工事内容

続いて、ドコモ光テレビの工事についても見ていきましょう。

ドコモ光テレビを利用しない方は読み飛ばしていただいて構いません。

ドコモ光テレビの工事費用

工事内容工事料金
基本工事ドコモ光同時申し込み
⇒3,000円

ドコモ光利用中
⇒7,500円
テレビ
接続工事
1台
⇒6,500円

2~4台
⇒19,800円
追加工事ブースター
設置
12,000円
端末接続3,300円

※税抜きの金額です。

ドコモ光と同時に申し込む場合、工事費が安くなります。

追加工事は利用環境によって発生することがあります。

ブースターというのは電波を増幅させるための機器で、テレビ信号の品質を維持するために設置することもあります。

テレビの台数が5台以上になる場合は、1台追加ごとに端末接続費用3,300円がかかります。

ドコモ光テレビの工事内容

まず電柱から光ファイバーを宅内に引き込み、映像用回線終端装置を設置します。

テレビの設置場所や屋根裏のテレビ設備等の確認をしたうえで工事が行われます。

これまでアンテナでテレビを見ていた場合は、使用しない既存の配線は撤去せずそのままにしておきますが、アンテナからの配線は取り外す必要があります。

まとめ

工事の内容がどうなるかは当日にならないとわからないことが多いですが、紹介したことを参考にして頂ければ慌てることなく工事ができるはずです。

トラブルなく回線工事を完了させて、さらにお得にドコモ光が使えるようになってらえると嬉しいです。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 開通工事, 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*