ドコモ光の評判がヤバイ!契約前に料金・プロバイダ・解約情報を完全網羅【2019年3月】

2019-03-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光コラボレーションの契約シェア率と言えばドコモ光とソフトバンク光です。

この記事ではドコモ光を契約前に絶対に知るべき全情報をまとめました。

●2019年のドコモ光利用者の評判・口コミ
●ドコモ光の最新のキャンペーン情報
●ドコモ光の月額料金、工事費、解約違約金
●ドコモ光で1番お得な申し込み窓口や契約方法
●プロバイダの選び方とおすすめのプロバイダ
●ドコモ光とスマホのセット割、割引の仕組み
●人気のひかりTV for docomoやスカパーなどのテレビオプション


ドコモ光は「多くの方から支持されている通り、自信をもっておすすめできるサービスです。

選べるプロバイダも他社と比較してかなり多く、スマホとのセット割もたくさんの割引があるというメリットゆえに複雑で分かりにくくなってしまっています。

ドコモ光を契約、申し込み前に僕の1番おすすめのプロバイダと申し込み窓口、スマホ料金が安くなる方法を活用して頂ければ幸いです。

※ここで紹介している口コミは全て2019年の最新の口コミになります

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

【2019年3月】ドコモ光の1番人気の申し込み窓口を紹介します。

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定25,000円キャッシュバック!

●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!


dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

3月は1年間の中で申し込み・工事の手続きが一番混み合うシーズンです!

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!


▼最大25,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光の基本料金

ドコモ光の料金プラン自体は複雑ではありません。

後ほど、みなさんが頭を悩ませるスマホとの割引やシェアパックについて説明をしますが、ここではまずインターネットの基本料金を頭にいれておきましょう。

※ドコモ光は人気のあるタイプAプランの料金になります。
 戸建てマンション
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
フレッツ光6,500円4,400円
auひかり5,200円3,800円
NURO光4,743円1,900円
~4,743円
ぷらら光4,800円3,600円
OCN光5,100円4,700円
So-net光5,580円4,480円
@nifty光4,500円3,400円
BIGLOBE光4,980円3,980円
U-NEXT光5,280円4,210円
戸建て・マンションともに平均的な金額ですね。

フレッツ光を使っている方でドコモユーザーの方は絶対ドコモ光にした方がお得です。

後ほど詳しく説明しますが、インターネットの月額料金も安くなりますし、ドコモのスマホ料金もめちゃくちゃ安くなります。

※重要※
光回線の中では月額料金が安くなるキャンペーンを開催している申し込み窓口もありますが、ドコモ光に関してはどこで申し込んでも月額料金は変わりません。


ドコモ光の6つのメリット

ドコモ光は人気の光回線です。

ここでは以下のメリットについてわかりやすくまとめています。
ドコモ光のメリット 1. 人気のプロバイダが選べる! 2.ドコモ光セット割りで最大3,500円スマホ代が安くなる! 3.ずっとドコモ割でスマホ料金がさらに割引! 4.シェアパックでスマホ料金がさらに安くなる! 5. docomo withでスマホ代が毎月1,500円割引! 6. dカードGOLDでドコモ光とドコモのスマホ料金の10%が還元!
他の光回線にはないメリットがたくさんあります!

それでは一つずつ見ていきましょう。

1.人気のプロバイダが選べる

ドコモ光のプロバイダをタイプAとタイプBに分けた一覧表です。
タイプAのプロバイダ ドコモnet、ぷらら、ソネット、GMOとくとくBB、andline 、excite 、Tigers-net.com、U-Pa!、ビッグローブ DTI、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho、スピーディア、@nifty
タイプBのプロバイダ TCOM、OCN、nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK
タイプAプランとタイプBプランの違いは選べるプロバイダが変わるのと月額料金が200円変わるだけです。

●戸建て
タイプA⇒5,200円
タイプB⇒5,400円

●マンション
タイプA⇒4,000円
タイプB⇒4,200円

もしプロバイダの変更をしたくなった場合、変更も可能です。

例1:タイプA⇒タイプAのプロバイダもOK
例2:タイプA⇒タイプBのプロバイダもOK

プロバイダの変更には事務手数料3,240円がかかりますが、auひかりなどプロバイダが変更できない光回線もあるのでドコモ光のメリットだと言えるでしょう。

プロバイダの変更が適用されるのは翌月からになります。

例:11月9日にプロバイダの変更をした場合
⇒12月1日から適用

プロバイダの変更はドコモショップかドコモインフォメーションセンターに電話で行います。

先ほどもドコモ光には26種類のプロバイダがあり、申込みの時に一つを選ぶ必要があることを紹介しました。

どんなプロバイダを選べばいいのか?そもそもプロバイダってどんな違いがあるか?

結論からいえば『GMOとくとくBB』が1番おすすめですが、プロバイダの選び方については以下の記事をご覧ください。

2.ドコモ光セット割りで最大3,500円スマホ代が安くなる

ドコモ光セット割りとは? ドコモ光とドコモのスマホを契約することで月々のスマホ料金が割り引きされるサービスです。 正確には「ドコモ光パック」と言います。
▼他の光回線では以下のサービス
ソフトバンク光⇒おうち割り
auひかり⇒auスマートバリュー

プランによって割引額が変わります。
データ容量割引額
100GB(シェア)-3,500円
50GB(シェア)-2,900円
30GB(シェア)-2,500円
15GB(シェア)-1,800円
10GB(シェア)-1,200円
5GB(シェア)-800円
LLパック(個人)-1,100円
Lパック(個人)-900円
Mパック(個人)-800円
Sパック(個人)-500円
ケータイパック(個人)-500円

ドコモ光セット割の割引対象

割引を受けられるのは主回線のみです。

100GBのシェアパックを利用すると最大3,500円の割引になりますが、主回線のスマホ料金から値引きされます。

ソフトバンクや、auなどは家族全員同額の割引が受けられます。

割引が受けられるのは主回線のみと聞くとサービスの質が悪いように思うかもしれませんが、主回線以外の方のデータ基本使用料が0円のため、トータルで考えると他の光回線よりお得になるケースが多いです。

ソフトバンク光やauひかりとセット割を適用したスマホ料金を比較してもドコモ光の割引額は最大です。

ドコモユーザーならドコモ光が1番安くなります。

ドコモ光セット割の適用条件

●ドコモ光とドコモのスマホを契約すること
●スマホの「パケットパック」を契約すること

「パケットパック」とは、スマホで毎月使うインターネット通信量についてのプランのことです。

ドコモのスマホを契約する時には必要なプランなので、見逃してセット割が適用できないということはないので安心してください。

また、条件がクリアしていれば、ドコモ光の開通工事完了後からドコモ光のセット割は自動的に割引されます。

家電量販店やネット代理店、申し込みの窓口も関係なく自動的にセット割は適用されます。

【ドコモ光セット割の対象プラン】
ドコモの携帯電話の料金の仕組みを簡単に説明すると、「基本プラン」+「パケットパック」+「インターネット接続サービス」で成り立っています。
「基本プラン」 ⇒ドコモ回線に必ず必要なプランで、携帯電話の場合は通話についてのプランだと思ってください。    「パケットパック」 ⇒ネットやSNSなどに使う通信データに関するプランです。    「インターネット接続サービス」 ⇒インターネットの接続に必要なプランで、利用する端末によってプラン名が少し違います。
2017年12月26日以前は、通話した分だけ別途料金が発生する通話プランの「シンプルプラン」を契約できるのは、家族向けデータプラン「シェアパック」を契約している人だけでした。

しかし、2017年12月27日から対象プランを拡大し、現在は一人向けの「ベーシックパック」「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」も対象プランになりました。

現在、ドコモ光セット割の条件は「パケットパック」を契約することで、通話プランやインターネットの接続サービスのプランに指定はないので、そんなに気にしなくて大丈夫です。

ドコモ光セット割はガラケーも対象

ドコモのガラケーは2種類あります。

●FOMA(フォーマ)
⇒3Gケータイ

●Xi(クロッシィ)
⇒4Gケータイ

Xiで「パケットパック」を契約していれば、ドコモ光セット割の割引対象です。

FOMAは「パケットパック」プランの対象外の端末なので、基本的にはドコモ光セット割は適用されません。

ただし、期間限定割引キャンペーンとしてFOMAでも2019年3月の時点ではセット割の対象となっています。

【ドコモ光期間限定割引の対象プラン】
●データSパック
●らくらくパック
●ケータイパック
●Xi総合プラン、Xi定額プラン
●FOMA総合プラン、FOMA定額プラン

【割引期間】
⇒工事完了月(日割り)+11ヵ月

工事完了した日にちに関係なく割引されます。

極端なことを言えば、割引期間が11ヵ月+1日になる場合もあれば、11ヵ月+30日になる場合もあるということになります。

タイミングが合えば最大1年間の割引になります。

3.ずっとドコモ割でスマホ料金がさらに割引!

ずっとドコモ割りとは? ドコモの携帯の継続契約年数に応じて割引が受けられるサービスです。
○ドコモを5年ずっと使いつづけている
×過去に5年ドコモを使っていたが、今はソフトバンク

データ容量のプランや利用年数によって割引額がかわってきます。
データ容量4年以上8年以上10年以上15年以上
100GB
(シェア)
-1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
50GB
(シェア)
-800円-1,000円-1,200円-1,800円
30GB
(シェア)
-600円-800円-1,000円-1,200円
15GB
(シェア)
-600円-800円-1,000円-1,200円
10GB
(シェア)
-400円-600円-800円-1,000円
5GB
(シェア)
-100円-200円-600円-900円
30GB
(個人)
-200円-400円-600円-800円
20GB
(個人)
-100円-200円-600円-800円
5GB
(個人)
-100円-200円-600円-800円
3GB
(個人)
----600円
ケータイパック
(個人)
----300円
上記の料金から主回線(代表者)の方がドコモを利用してきた年数によって割引されます。

例:ドコモ利用年数10年のお父さんが主回線で、お母さん、長男、次男と30GBのシェアパックを契約した場合

基本料金⇒13,500円
ずっとドコモ割り⇒-1,000円

13,500円-1,000円(ずっとドコモ割り)=12,500円の料金になります。

先ほども説明しましたが、主回線以外はシェアパックオプション500円が追加でかかります。

必須サービスのSPモード300円×4人=1,200円をさらに追加すると
合計でかかる金額 13,500円+500円+500円+500円+1,200円-1,000円=15,200円
ドコモを15年以上つかって、100GBのプランを契約したら2,500円割引されますが、100GBのデータプランを契約する人なんてほとんどいないでしょう。 ドコモの店員さんに確認したところ、ほとんどの方が10GB~15GBのプランを契約し割引額は最大でも800円くらいだそうです。 たしかに、他の光コラボにはない割引サービスなので、長年ドコモを利用している方は嬉しいと思いますが、欲を言えばもう少し割引額を増やすとかサービスの厚みがほしいところです。

4.シェアパックでスマホ料金がさらに安くなる!

これまで色んな光コラボの料金プランについて調べてきましたが、恐らくドコモ光が1番複雑だったかもしれません。

ドコモのスマホが安くなる割引は2019年3月の時点で5つあります。

●シェアパック
●ずっとドコモ割プラス
●docomo with
●ウェルカムスマホ割
●ドコモの学割

先程はメリットを伝えましたが、ここからは申し込んでから後悔しないようあえてドコモ光を辛口評価したいと思います。

ネットでも料金プランが複雑すぎるという声がありましたので、ここではドコモ光とドコモのスマホを契約した場合の料金プラン、シェアパックの仕組み、割引についてなどなど

とにかく、とにかく、とにかく、わかりやすく説明します。

まずはシェアパックの仕組みについて

ドコモの一番の売りはシェアパックです。

簡単にいうと家族でスマホのデータ容量をわけあえるということ。
名称基本料金ドコモ光セット割ずっとドコモ割
ウルトラシェアパック100GB25,000円-3,500円100円~2,500円
ウルトラシェアパック50GB16,000円-2,900円100円~2,500円
ウルトラシェアパック30GB13,500円-2,500円100円~2,500円
ベーシックシェアパック30GB15,000円-1,800円100円~2,500円
ベーシックシェアパック15GB12,000円-1,800円100円~2,500円
ベーシックシェアパック10GB9,000円-1,200円100円~2,500円
ベーシックシェアパック5GB6,500円-800円100円~2,500円
シェアパックは代表者を決めます。

これをカタログや公式サイトでは主回線(代表者)といいます。

例:お父さんが主回線の場合で、お母さん、息子さんの3人家族でシェアパック30GBプランを契約した場合

①30GBのデータ容量を4人で分け合えます。
②データ容量のわけあい方はなんでもOK(例:お父さん10GB、お母さん8GB、長男7GB、次男5GB)
③主回線以外の3人は500円の主回線オプションがかかります。
合計でかかる金額 13,500+500円+500円+500円=15,000円
これにSPモード300円が一人一人に追加されます。

15,000円+(300円×4人)=16,200円

この16,200円からドコモ光セット割(‐2500円)とずっとドコモ割りの割引(100円~2,500円)がされます。

後ほどドコモ光セット割とずっとドコモ割りについてわかりやすく説明しますので、今はあまり深く考えず、さらに安くなるんだなぁ程度の認識でOKです。

シェアグループは最大20回線まで

シェアグループは子回線19回線までで、主回線を含めて20回線まで契約可能です。

家族の範囲は三親等以内なので、かなりの範囲までシェアグループに入れます。

ちなみに使わなかったパケット容量を翌月末まで繰り越せます。

例:ウルトラシェアパック30GBを契約の場合

25GBしか使わなかったとしましょう。

翌月35GBまで利用できます。

シェアパックの良いところはこれだけではありません!

個別で利用できるパケット容量を設定できるんです。

例えば高校生と中学生の子供がいる場合。
高校生の長男には月に5GBの上限設定
中学生の次男には月に3GBの上限設定

データ使用量を制限することで、子供の使いすぎを防ぐことができます。

何も設定をかけていない場合、すこし極端な話かもしれませんが2人子供がyoutubeをみまくって2週間で30GBつかってしまう可能性だってあります。

お子さんとシェアパックを契約の際はパケット容量の設定をおすすめします。

シェアグループ内で分割請求もできる

世帯別でも、一人でも分割して請求してもらうこともできます。

【例1】:シェアグループ内の「ドコモ光を契約する父母 」「ドコモ光の離れて暮らす息子家族」で請求を分ける

【例2】:シェアグループ内の「ドコモ光を契約する父母 」+ 「離れて暮らす息子家族もドコモ光」+「ドコモ光を契約する一人暮らしの娘」で請求を分ける

などできます。

月々の割引のために支払いで手間がかかったり、不便になることはありません。

シェアグループ内でドコモ光が複数いたら「光複数割」でさらに割引

シェアグループが大所帯になると、グループ内にドコモ光を契約するお宅が複数あることもあります。

そういった場合、2回線目以降に1回線当たり毎月-300円割引の「光複数割」が適用されます。

光複数割の割引は主回線の利用料金が引かれます。

(例)
「ドコモ光を契約する父母 」+ 「ドコモ光の離れて暮らす息子家族」がシェアグループを組んでいる場合
⇒「光複数割」×1で―300円/月

「ドコモ光を契約する父母 」+ 「離れて暮らす息子家族もドコモ光」+「ドコモ光を契約する一人暮らしの娘」でシェアグループを組んでいる場合
⇒「光複数割」×2で-600円/月

ドコモ光のセット割が適用になる最大回線数は20回線までとお伝えしました。

ソフトバンク光やauひかりのセット割は最大で10回線までが適用範囲となります。

ドコモ光はただ、割引適用範囲が広いだけじゃなく、それに合わせてさらにお得になる割引サービスもあるのでかなりお得です。

ドコモのスマホが分かりやすく低価格な新プランに変更

2019年4月頃からドコモのスマホ料金が新しいプランになることが発表されています。

ドコモでは「おトクでシンプルな料金プランへ」と謳っています。

ドコモがドコモユーザーに携帯電話のプランについて調査すると、ドコモの料金プランについて、約5割が分かりにくいと感じていることが分かりました。

また、その分かりにくさからお得感が感じられていないことも分かりました。

新プランの詳細はまだ発表されていませんが、2割~4割の値下げをした新料金プランに変更することが決まっています。
新プランの変更点 現在の『端末代は安い、通信料は高い』から、今後は『端末代は高いけど、通信料は安い』プランになります。
現在主流の料金プラン
⇒端末代と通信料金がセットになっていて、端末購入補助があることが主流。

例
●端末代が実質0円になる
●機種の実質料金が安くなる

など、端末に対して月々のサポートがありました。

今後は「分離プラン」に移行
⇒スマホなどの端末代と月々の通信料金を別ものとして区別して扱うプラン。

スマホは「正価販売が基本」として、端末購入補助がなくなります。

つまり、新しい端末などは機種代が高くなります。

機種代を抑えたい人の救済措置として、docomo with端末の対象が拡大されることが予想されています。
【2019年3月】ドコモ光の1番人気の優良申し込み窓口を紹介します。

●超高速無線LANルーター永年無料レンタル!
●インターネットの速度がとにかく早い!
●大手上場企業が提供する1番人気のプロバイダ!

3月は1年間の中で申し込み・工事が一番混み合うシーズンです!

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼最大25,000円キャッシュバック▼
期間限定!工事費無料キャンペーン開催中!
『ドコモ光の人気の優良申し込み窓口はこちら』

5. docomo withでスマホ代が毎月1,500円割引!

ドコモのシェアパックはそれだけでも十分お得なプランですが、docomo withを利用するとさらにお得になります。

docomo withは、対象の機種を利用するだけで月々の料金が1,500円も割引になるお得な割引サービスです。

今回の6つのシミュレーション例のうち2つはauやソフトバンクの方が安いという結果がありましたが、家族の誰か一人でもdocomo withを利用すれば3社の中でドコモが一番お得になります。

「うちは家族全員最新のiPhoneを使ってます!」という方でなければ、docomo withはかなりおすすめですよ。

しかもこの割引はずーっと続きます。

対象の機種は最新モデルとはいきませんが、ふだん使いする分には全然問題ない性能です。

家族全員がdocomo withにする必要はないので、「最新のiPhoneを使いたいお子さんだけ除いてお父さんお母さんはdocomo withにする」ということもできます。

docomo withの対象機種と割引条件

2019年2月19日からiphone7も追加されさらに注目されるようになりました。
●2019年3月現在の対象機種は以下の通りです。 ・iphone7(32GB) ・らくらくスマートフォン me F-01L ・AQUOS sense2 SH-01L ・Galaxy Feel2 SC-02L ・LG style L-03K ・arrows Be F-04K ・AQUOS sense SH-01K ・MONO MO-01K ・らくらくスマートフォン me F-03K
全部が最新機種というわけではありませんが、発売から半年も経っていない新しい機種でも利用できます。

人気のiPhoneも対象になっているのが嬉しいですね。

docomo withの割引サービスを適用させるには以下のプランの契約が必要になります。
●基本プラン契約(電話のプラン) ・カケホーダイプラン ・カケホーダイライトプラン ・シンプルプラン
●パケットパックの契約 ・ベーシックプラン ・ベーシックシェアパック ・ウルトラデータパック(L/LL) ・ウルトラシェアパック(30/50/100) ・データパック(S/M) ・シェアパック(5/10/15)
上記の基本プランとパケットパックは、ドコモスマホを購入したら必ず契約しなければならないので、docomo withに契約するために特別に契約しなければならないというわけではないので安心してください。

つまり、普通に対象機器のドコモスマホを購入すれば条件を満たすことができます。

以下の割引サービスはdocomo withと併用できないということを覚えておきましょう。

・月々サポート
・はじめてスマホ割
・シニア割
・ドコモの学割
・シニアはじめてスマホ割

といっても、現在は最新機種じゃなくても十分な性能がありますし、年々高性能になっているので電池持ちも良くなってきています。

後ほど詳しくわかりやすく紹介しますが、docomo withはビックリするくらい安くなりますよ。

ネットサーフィン、Line、ツムツムなどのアプリ、youtubeなどしかスマホを活用しない人ならdocomo withの対象端末で十分です。
※ドコモ光とソフトバンク光とauひかりのスマホ料金を簡単に比較すると・・
●3人家族で15GB使う場合
ドコモ光
┗4,813円
ソフトバンク光
┗4,880円
auひかり
┗4,980円
●3人家族で30GB使う場合
ドコモ光
┗5,080円
ソフトバンク光
┗4,880円
auひかり
┗4,993円
●4人家族で15GB使う場合
ドコモ光
┗4,055円
ソフトバンク光
┗4,390円
auひかり
┗4,110円
一人でもdocomo withを契約するとドコモ光が圧倒的に安くなります。

6. dカードGOLDでドコモ光とドコモのスマホ料金の10%が還元!

dカードGOLDでドコモ光とスマホ料金の支払いをするとdポイントが10%還元されます。

スマホ代⇒16,820円(家族4人分)
ネット代⇒5,400円
合計⇒22,220円

毎月2,200ポイントくらい貯まります。

2,200ポイント=2,200円なので

年間で26,400円貯まります。

ただ、このdカードGOLDのネックなところは年会費が10,000円かかるところです。

年会費を差し引いても16,400円分のポイントが貯まるのでメリットですね。

●dカードゴールドの使い道

LAWSON、マクドナルド、Takashimayaなどなど

他にも居酒屋や家電量販店、カフェ、など誰もが知っているようなたくさんのお店で使えます。

しかも、今なら新規入会で11,000円分プレゼントされます!

つまり年会費の10,000円が無料になるようなものですね。

 

スポンサーリンク

【2019年最新版】ドコモ光の口コミ・評判

ドコモ光の口コミ・評判もチェックしていきましょう。

皆さんに正しく判断をしていただくために、ここではあえて辛口評価のものも掲載しています。

良い評判も悪い評判も、あまり鵜呑みにせず参考程度にご覧ください。

IPv6対応高速Wi-Fiルーターの無料レンタルがありがたい!

GMOとくとくBBやぷららなど、IPv6接続対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるのはメリットといえます。

中でもGMOとくとくBBはWi-Fiルーターの性能が良いので人気も高いです。

IPv6接続対応のルーターは自分で買うとなると安くても6,000円程度はするので、無料でレンタルできるのは嬉しいですよね。

ルーターを無料でレンタルできるかどうかというのも、賢く光回線を契約するのに大事なポイント。

契約を検討しているプロバイダにルーターの無料レンタルがあるかどうか、借りられるルーターの性能はどうかということもチェックしておくと安心です。

★【高性能×最新】Wi-Fiルーター無料レンタルができるプロバイダをチェックする

ドコモ光に乗り換えで安くなった!

ドコモ光に乗り換えて安くなったという口コミはかなりたくさん見つかりました。

現在ドコモのスマホを利用している方は様々な割引が受けられるので、活用すればかなりお得になります。

1回線あたり月300円割引の複数割がありがたい!

家族内で2回線以上契約する場合に1回線あたり月300円の割引が適用になる複数割。

そこまで多いケースではないかもしれませんが、単身赴任の方にはめちゃくちゃ助かると評判が良いです。

確かに、ネットの料金2回線分は決して安い出費ではありません。

1回線あたり月300円と小さな額ではありますが、積み重なれば大きな額になります。

2回線契約を2年継続した場合……

300円×2回線×24ヶ月=14,400円お得になります。

なかなか馬鹿にできない数字ですよね。

他の光回線にはこういったサービスはないので、とても素晴らしいと思います。

複雑なプランに困惑する人も

はっきり言ってしまうと、ドコモ光の料金プランは複雑です。

プロバイダも25社の中から選ばなければならないので契約する前から戸惑ってしまう人も多いです。

契約したら明細がスマホと一緒の請求なので、割引の仕組みが複雑です。

現在のドコモユーザーの方でも全部理解するのは正直難しいかもしれません。

気づかないまま過剰請求されている人もいると思いますし、現に請求に誤りがあったというニュースもありました。

この記事では、できるだけわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

もし記事の中で「ここがわからないな」というところがあればそこだけドコモ光のカスタマーサポートや契約の際のスタッフに質問してみるといいでしょう。

工事が遅れて不満の口コミも

どこの光回線でも言えることですが、工事は思ったより時間がかかります。

口コミを見ると、計4ヶ月待たされる人もいました。

普通は数週間~1、2ヶ月程ですが、さすがに4ヶ月待たされるとなると不満をぶつけてしまいますよね。

余裕を持って申し込もうと思っていても、ネットはできるだけはやく使いたいのが当たり前だと思います。

あまりにも時間がかかってしまった上に速度も期待外れだったら。。とますます不安になってしまう人も多いと思います。

申し込みが殺到するとどうしても工事に遅れが出てしまうので、ある程度は仕方のないことです。

このようにドコモ光は工事が遅いとの評判だったので、数週間で終わるだろうと思ってはいけません。

公式では数週間で終わりますと記載されていたとしても、余裕をもって数か月前に申し込みましょう。

工事はすぐに終わる人もいる

ドコモ光の工事は遅いという口コミが目立ちますが、工事が早いうちに終わっているという人もいます。

自分がネットを使用するまでに工事が間に合いそうという喜びの口コミも見つかりました。

申し込みのタイミングによっては混雑して工事が遅れてしまうこともあるので、ゆとりをもって申し込むのが一番です。

解約までに時間がかかる

口コミでは前の担当のスタッフには解約を予約できないと言われてしまったようですが、ドコモ光は解約する日を予約することができます。

このように担当スタッフによって、回答も異なってしまっているのが現状です。

解約する日の予約は何日前まで可能かというと、解約の手続きをした月の翌月末まで可能となります。

例えば、4月15日に解約の手続きをした場合、5月末までの期間であれば、解約日を予約することができます。

半年後に解約予約したいという場合などは予約することができないので、注意してください。

解約に限らず、「~できません。」と回答された場合は全て鵜呑みにするのではなく、本当にそうなのかを確認したほうが良いです。

もう一度問い合わせて別のスタッフに同じ質問をしても良いですし、あらかじめネットや口コミを見てから電話してみて下さい。

ドコモ光は早ければ即日解約することができますが、実際には問い合わせしても一向に電話がつながりません。

即日解約は難しいと考えたほうがよさそうです。

ストレスフリー!丁寧な対応に感動

ドコモ光のサポートセンターの対応が素晴らしかったという口コミです。

それぞれの方の理解レベルに合わせて対応してくれるというのは素晴らしいですね。

サポートセンターは繋がらないし対応が悪いという勝手なイメージがあったのですが、ポジティブな口コミが多く見られたことに驚きました。

対面で話すよりも電話で話す方が大変なものですが、それでも対応が良かったという口コミがあるのはとても丁寧な説明があったのだと思います。

カスタマーサポートの対応は様々

サポートセンターに関しては良い口コミもあれば悪い口コミもあります。

賛否両論なのは当たり前で、これは他の光回線にも言えることです。

結局のところ、どんな対応をされるかは「運任せ」なところもあります。

だからと言って、適当な対応だったり融通が利かなすぎる対応をされると誰でも腹が立ちますよね。

個人的にはイライラしても、疑問点などは納得して解決するまであきらめない方が良いと思います。

最悪、本当に我慢できないとなったら一度電話を切ってもう一度かけ直すというのもアリです。(笑)

違うスタッフさんだと対応が変わってスムーズに話が進むということもあります。

ただし、Twitterに書かれた口コミだけが全てだと思わないでください。

とびきり丁寧な対応をしてもらった場合やひどく対応が悪かった場合以外、いわゆる「普通の対応」をされた時にわざわざツイッターに書き込む人は少ないです。

もちろん全ての電話対応スタッフが素晴らしい対応をしてくれたら一番いいですが、相手も人間なのでなかなかそうはいきません。

ドコモ光に限らず、電話対応スタッフとはこういうものだと割り切る必要もありそうです。

キャッシュバックでなくdポイントなのは残念

進呈されたのがキャッシュバックではなく、dポイントでがっかりしてしまったようです。

しかも、期限付きのポイントなので放置してしまうと0になってしまいます。

ポイントは現金に比べ、用途が限られるのに更に期限があるとなると激萎えですよね。

ドコモ光では加藤社長がキャッシュバックで顧客獲得しない意向を示しています。

今後も他の光コラボのような高額なキャッシュバックキャンペーンが実施される可能性は低そうです。

ネット代理店では比較的現金キャッシュバックが多いですが光回線会社からのキャッシュバックはこうしたポイントで還元という手法が多いです。

ちなみにauひかりとソフトバンク光はキャッシュバックを郵便為替で行っています。

正直、ドコモ光のキャッシュバックは改善してもらいたいですね。

dポイントには2種類あります。

●dポイント
●dポイント(期間・用途限定)

ドコモ光で進呈されるdポイントは期間・用途限定される方のdポイントです。
dポイント(期間・用途限定)について 期限:6ヶ月 ※キャンペーンによって異なるとの記載がありましたが、だいたい6ヶ月のようです。使い道 ●街のお店(コンビニ・飲食店・アパレルショップなど) ●ネットのお店 ●dマーケット ●ドコモ商品 ●メールストア等ドコモサービス ●寄付 など
dポイントを使える提携先は開始当初よりも増えてきています。

しかし、期間限定ポイントは本当セコイなあ~と思います。

ポイント消費のためにdポイントの使えるお店を探すのも手間ですよね。

それよりだったら郵便為替でもらった方がまだマシです。

一方でdポイント進呈でも嬉しいというも多くありました。

また、キャンペーンは店舗限定でドコモショップや家電量販店、プロバイダやネット代理店で独自で行われています。

ドコモ光の公式キャンペーンではキャッシュバックは期待できませんが、こうした窓口からの申し込みなら高額キャッシュバックが受けられる可能性があります。

プロバイダや家電量販店などでは独自のキャンペーンにプラスして、ドコモ光の実施している公式キャンペーンも適用されるのでお得です。

ただし、「最大○万円キャッシュバック」や「○万円相当」という言葉には注意です。

冷静になってよく考えてみてください。

ただ、ドコモ光に乗り換えたからと言って無条件でこのお金がもらえるわけがありません。

「最大」や「相当」という言葉の裏には、何かしらのからくりがあります。

「最大○万円」ということは満額その金額分のキャッシュバックがもらえない可能性があるということです。

キャッシュバック取得の条件が何個かあって一つクリアするごとに○千円などという場合があります。

また、「○万円相当」というのはこの金額分のオプションが追加されるという可能性があります。

写真では細かい文字まで見ることが出来ないので詳しい条件などはわかりません。

こうした店頭にある広告は、大事なことや極まりの悪いことは、わざと小さい文字で見にくくしています。

店舗で契約する際は販売員や情報に踊らされずに、しっかりと確認することが重要です。

これはドコモ光に限ったことではありませんが、公式サイトややドコモショップから申し込むよりも、他の窓口から申し込むことをおすすめします。

ドコモ光の通信障害に関する口コミ・評判

ドコモ光でネットに繋がらない場合や通信障害の可能性がある場合は、ドコモ光公式サイトで確認できます。 ⇒ドコモ光の通信障害を確認する
口コミの様子だと頻繁ではありませんでしたが、たまに通信障害が起こるようです。

ただ、ドコモ光全体での通信障害ではないので、原因はおそらくプロバイダだと思われます。

ドコモ光に問い合わせても復旧したと言われたのにまだネットが使えなかったり、通信障害が確認できないこともあるようです。

しかし、ドコモ光利用者でもネットに繋がらないなどの通信障害はまったくないという声もありました。
通信障害はイレギュラーで起こるので、事前に把握するのは難しいです。

ドコモ光は比較的他の光回線に比べて通信障害は少ないようです。

少しでも通信障害かな?と思ったらドコモ光の公式サイトで情報が公開されていないか確認してみてください。

それでも何も書かれていない場合は、ドコモ光へ直接問い合わせをしてみてください。

そこで障害が何もないと言われれば、プロバイダ側の問題か機器のトラブルと考えられます。

口コミのを観ているとほとんどの場合、プロバイダの障害のようです。

ドコモ光を利用していて通信障害が良くならない場合は、プロバイダに問題がある場合があるという事を覚えておいてください。

引っ越しに伴う回線移転に関する口コミ・評判

引っ越し先でもドコモ光を使いたいけど、移転手続きが「ややこしい」「面倒くさい」「複雑」という口コミが多かったです。
移転の手続きが面倒くさいから解約して、新規契約したほうが手間がかからなそう、という意見ですね。

更新月以外に解約してしまうと、違約金が発生してしまいます。

auひかりは「乗り換えサポート」キャンペーンで違約金を負担してくれ、さらに新規申し込みだと工事費を無料にしてくれます。

乗り換えサポートキャンペーンがない光コラボに乗り換える場合でも、申し込む窓口を工夫することでお得なキャッシュバックをもらえることもあります。

特に家電量販店よりネット代理店の方が、より高額なキャッシュバックをしている可能性もあります。
確かにドコモ光を引っ越し先でも継続して利用する場合の手続きは複雑でややこしいです。

状況によって工事費も変わりますし、同じプロバイダが使えるかなども変わってくるからです。

しかし、これはドコモ光に限った話ではなく、auひかりやソフトバンク光でも同じような口コミは多いです。

引っ越しによってドコモ光を移転する場合、電話かドコモショップで手続きします。

工事費は条件によって変わります。

●NTT東日本/西日本を跨ぐか跨がないか
●配線工事の有無
●派遣工事の有無
(例) NTT東日本/西日本内、派遣工事あり、配線工事ありの場合の工事費 工事費 戸建て⇒9,000円 マンション⇒7,500円手数料 ⇒2,000円 ※必ず発生します
また、引っ越し先によってはプロバイダを変更する必要があります。

プロバイダが変更になる際には、Wi-Fiルーターなどの機器をレンタルしていると、返却する必要があります。

速度の変化については様々

フレッツ光からドコモ光に転用した場合の速度については、「遅くなった」「変わらない」「速くなった」と様々でした。

ドコモ光もフレッツ光の回線を借りて提供していますし、プロバイダの最大速度も同じなので基本的には速度は同じはずです。

ただし、プロバイダによっては「v6プラス」や「v6エキスプレス」「v6アルファ」などのインターネット高速化サービスがあります。

「v6プラス」に対応しているプロバイダを選ぶと通信速度が速くなります。

僕が申し込んだGMOとくとくBBもv6プラスに対応しているのでストレスなくネットを使うことが出来ます。

GMOとくとくBBはv6プラス対応のレンタルWi-Fiルーターが他のプロバイダと比較して性能が良く、速度に対する口コミ・評判もいいです。

そして、レンタル料金がかからないのもいいですよね。

さらにキャッシュバックキャンペーンなども実施しているのでおすすめのプロバイダです。
フレッツ光からドコモ光に転用するメリット ●インターネットの月額料金が安くなる ●ドコモユーザーならスマホ代がセット割で安くなる ●利用年数に応じて割引される「ずっとドコモ割」も適用される ●指定端末を使えば「docomo with」で-1,500円 ●スマホ料金をdカードGOLDで支払いならポイントがたまる ●「v6プラス」など高速化サービスが使える など

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光の速度は遅い?疑問について

ドコモ光が人気の理由の一つに、接続速度が速いことも挙げられます。

ドコモ光はIPv6接続・v6プラス接続に対応しているので、速度に不満がある方でも一気に速くすることができるのです。

※IPv6・v6プラスというのは、ざっくり言うと通常よりも速度の速いインターネットの規格だと思っていただければ大丈夫です。
ここではドコモ光の速度が遅い?疑問や口コミについてまとめました。

ドコモ光に変えてから速くなった!

ドコモ光にしたら速くなったという口コミはこれ以外にもたくさん見つかりました。

J:COMは知名度が高いですが、月額料金が高い上に速度も速いとはいえないのでおすすめしません。

もちろん使用環境や時間帯によって速度は異なりますが、世界最速インターネットを謳っているNURO光よりも速いと体感している方も。

夜のネット通信速度は?

一方、ドコモ光は遅いという声がかなり見つかりました。

とくに夜中に遅くなるという口コミが多かったです。

理由は利用者が増えて回線が混み合うからですね。

特に夜の21~23時の間が一番ネットが使われる時間帯になっていて、この時間帯にネットを使うと通信速度が遅くなりやすいです。

ドコモ光の速度の評判を調べているとやっぱり夜に速度の低下が起きている方がおおいみたいですが、中にはゴールデンタイムもいい感じの速度が出ている方もいます。

回線自体はフレッツ光と同じものなので、速度が遅い原因として考えられるのはプロバイダです。

ドコモ光×BIGLOBEを契約している人の口コミを見ると、実際に夜中がかなり遅くなるみたいです。

因みにこのような速度に対する不満はドコモ光に限らず、ソフトバンク光やauひかり、NURO光などの知名度のある光回線に対しても投稿されています。

ドコモ光は25社のプロバイダから好きなものを選べるので、評判の良いプロバイダを選ぶといいでしょう。

利用する環境も大きく影響してくるのでネット上の評判はあくまで参考程度にとどめておきましょう。

速度が遅い原因は?

「ドコモ光 遅い 原因」と調べている方が多いみたいですね。

ドコモ光を契約していて速度が遅いと感じている方が調べていると思いますが

原因はいろんな要素があるので一概には言えません。

そもそもドコモ光はベストエフォート制という制度があり、

使っているネット環境や時間帯によって速度が低下することがあることをパフレットやホームページにも記載してあります。

なので常に速い通信速度がでるということではありません。

通信速度が遅くなる原因は

●使用しているパソコンやスマホ
●機器を接続する環境
●回線の接続状況
●ネットを使う時間帯

などなど、その他にも大袈裟な話ですが住んでいる場所によっても変わってきます。

また、マンションタイプの方は接続方式が「光ファイバー方式かVDSL方式」かで最大速度が変わってきます。

VDSL方式の場合は最大100mbpsしかでないのでどんなに頑張っても速度は遅いままなんです。

あと、インターネッが無料の物件も速度が遅いことが多く、早いプランを利用する場合は有料になります。

僕の知人は遅すぎてストレスが溜まると言ってました。

もしこれから賃貸マンションを借りる方は不動産屋さんに確認しましょう。

「この物件はVDSLか光ファイバーかどっちですか?」って聞けば答えてくれますよ。

とりあえず、プロバイダーやドコモに問い合わせる前にまずは使用しているパソコンの動きだったり、使用しているwifiルーターだったり、できる事から確認してみることをおすすめします

So-netが遅い?

「ドコモ光 速度 So-net」と検索している方が多いみたいなので、評判を調べてみました。

So-netはv6プラスの接続方式を採用しているので、ドコモ光にプロバイダの中でも通信速度が出やすいプロバイダです。

この方の環境がわからないので原因がすべてSo-netにあるとは言い切れませんが、ツイッターに投稿するくらいストレスを感じている人がいるみたいですね。

ただ、個人的にはプロバイダー大手のSo-netなので良い噂も悪い噂も広まるのは当然のことで、人気だし有名なSo-netへの期待値が大きいゆえの不満もあるのかなと思います。

平均速度はどのくらい?

「ドコモ光 平均速度」と検索している人も多いですが、答えはありません。

速度は利用環境や接続する機器のスペックにも影響してくるので人によって全然違うんですね。

よく、ツイッターの評判などを見ると同じプロバイダーを利用している人で速度に満足している人と不満を感じている人がいるのはそういうことなんですね。

ショップスタッフに聞いてもよっぽど調子のよい人じゃない限り、一概には言えませんと言うと思います。

平均速度なんてない。1Gbpsは理論値で実際にはでない。

利用環境とプロバイダーが影響してくると覚えておきましょう。

マンションの速度は?

ドコモ光のマンション利用者の口コミです。

ネットを閲覧するくらいならなんとかという速度ですが、物足りない速度ですね。

利用環境がわからないので一概に言えませんが、パソコンで仕事をする人などは、プロバイダーを選ぶだけではなく、ご自宅の利用環境をしっかり整えましょう。

よくマンションに住んでいる方から速度が遅い時の改善策のお問い合わせを頂きますが、利用環境を見直すことで改善されるケースも多々あります。

実は戸建てよりマンションの方が通信速度がでにくくなっています。

マンションの場合は建物に引き込まれた1本の光回線を、各部屋へ配線していきます。

マンションに引き込まれた1本の光回線を、他の部屋の人と分け合って使っているイメージになりますね。

そのため他の部屋の人達が同時にネットを使うと、通信速度が遅くなってしまいます。

上りの速度は?

上りの速度とは主に「メールの送信や動画のアップロードなど」です。

上りの速度が速いと、写真や動画を送信するときや、webにアップするときにかかる時間が短くなります。

仕事で写真や動画のやり取りをする人は上りの速度を気にする人が多いですね。

ツイッターの評判をみる限り上りの速度に満足されている方が多かったです。

ちなみに下りの速度とはダウンロードの速度のことです。

下りの速度が速いと検索でページが表示される速度が速くなったり、動画が止まらずに観れるようになります。

あとはアプリやデータのダウンロードも速くできるようになります。

なので光回線を選ぶときは上りの速度でなく、下りの速度を重視してくださいね。

速度が遅い時の改善法

通信速度が遅い時の改善法として、

●Wi-FiルーターやLANケーブルを買い替える
●有線接続にする
●v6プラス接続に変更する

などがあります。

Wi-FiルーターやLANケーブルを最新のものにするだけで通信速度が改善されることがあります。

ご自宅のWifiルーターを見直してみましょう。

光回線は最大1Gbpsでると言われていますが、Wifiルーターが古いもので1Gpsに対応していない場合だと、当然速度は遅くなります。

最新のものでなくて構わないのでアマゾンで5,000円くらいのものを買えば問題ないと思います。

ドコモ光はプロバイダによって、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる場合もあります。

GMOとくとくBBなら買わなくても最新でハイスペックのWi-Fiルーターが無料です。
またオンラインゲームをする人は有線接続にするれば、接続がきれたり、急に通信速度が落ちることがなくなりますよ!

さらに接続方式をv6プラスに変更することで通信速度が一気に上がることもあります。

プロバイダに連絡すれば、自分がどの接続方式になっているのかを確認することができます。

v6プラス接続になっていなければ、プロバイダから接続方式を変更することができるのでぜひ試してください。

v6プラス接続に対応していないプロバイダもあるので、その場合はプロバイダを変更するしかありません。

ドコモに連絡して、変更手数料3,000円を支払えばプロバイダを変更することができますよ。

この記事でも紹介させてもらいましたが、速度が心配な方が選ぶべきプロバイダーは『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBBはIPv6接続サービス(速度が速くなるサービス)の利用もできます。

他にもIPV6対応のルーターをレンタルできるプロバイダはありますが、ルーターの性能はGMOとくとくBBが断トツです。

15,000円くらいの高性能なルーターが無料でレンタルできます。

また、37ヵ月以上利用すればもらえるのも嬉しいところ。

キャッシュバックの金額はどのプロバイダを選んでも変わらないし、セキュリティーソフトや訪問サポートなども重視するポイントではありません。

ドコモ光のプロバイダを選ぶ上で重視するポイントはレンタルできるWiFiルーターの性能一点と言っても良いです。

速度について心配な方もそうじゃない方もGMOとくとくBBを選んでおけば問題ないでしょう。

【注意点】
IPv6対応のルーターは、無料でレンタルできますが、36ヵ月以内に解約し、解約月の翌月20日までにWi-Fiルーターの返却が確認できなかった場合は10,000円の支払いが発生します。

もっと詳しく速度が遅い時の対処法を知りたい方はこちらをご覧ください。

【2019年3月】ドコモ光のキャンペーン情報

2019年3月ドコモ光のキャンペーン情報をまとめました。

まず、以下がドコモ光の公式キャンペーンです。(どこで申し込んでも適用されるキャンペーンになります。)
▼ドコモ光の公式キャンペーン ●dポイント10,000ポイントプレゼントキャンペーン ●最大18,000円の工事費無料キャンペーン! ●dカードまたはdカードGOLD新規入会でdポイント進呈キャンペーン ●スマホ乗り換えサポートキャンペーン ●家族紹介特典で最大50,000ポイント進呈 ●「ドコモの先得」で家族一人につき、dポイント10,000ptが進呈 ●「家族まとめて割」でシェアパック+対象機種購入で5,184円割引 ●「ひかりTV for docomo」新規申し込みキャンペーン ●2年の更新ごとに「更新ありがとうポイント」でdポイントが進呈
上記の公式キャンペーンに加えて申し込み窓口の独自キャンペーンが適用されます。

家電量販店やドコモショップだとだいたい商品券です。店舗によって変わる場合もありますが、だいたい10,000円分の商品券が多いです。

一方、ネットの代理店だと10,000円~15,000円が相場です。

家電量販店やドコモショップだと申し込んだ店舗に後日受け取りにいかなければいけませんが、ネットの代理店の場合、現金振込みや商品券を郵送してくれるのでネットの代理店のキャンペーンが1番おすすめです。

その中で1番おすすめなのはGMOとくとくBBになります。

GMOとくとくBBから申し込むと公式キャンペーンとは別に以下の特典が受けられます。
GMOとくとくBBがおすすめの理由 ●新規申込で最大15,000円のキャッシュバック ●転用でもキャッシュバック額が最大15,000円 ●最新wifiルーター永年レンタル無料 ●セキュリティソフト「マカフィー」が12ヵ月無料 ●インターネットなどの初期設定を初回無料で訪問サポート ●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円

「GMOとくとくBB」から申し込むと新規・転用にかかわらず、キャッシュバック15,000円を受け取ることが出来ます。

無料レンタルできるWi-Fiルーターもドコモ光のプロバイダの中で1番性能が良いもの(定価だと15,000円くらい)になります。

しかも永年無料でレンタル出来て、37ヶ月使うとそのまま貰えちゃいます。

キャッシュバックの受取り方法も簡単で、開通月を含む4か月目に案内メールが来るので、口座登録をすれば翌月末に振り込まれます。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンを利用することで工事費最大18,000円が浮くので、合計で43,000円お得になるという計算です!

ドコモ光の申し込み窓口としてはかなりお得なので、このチャンスを逃さないようにしましょう。

実際に僕も契約していますが、GMOとくとくBBの人気の理由に納得できますね。

★ドコモ光のキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちら

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

【2019年3月】ドコモ光の1番人気の申し込み窓口を紹介します。

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定25,000円キャッシュバック!

●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!


dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

3月は1年間の中で申し込み・工事の手続きが一番混み合うシーズンです!

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!


▼最大25,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光の申し込み方法と契約までの流れ

基本的には

申し込み⇒開通工事⇒利用開始

という流れになります。

ネット代理店から申し込んだ場合とドコモショップで申し込んだ場合の流れについて紹介します。

ネット代理店で申し込んだ場合

1.申し込み

ネットから申し込む場合は、

①代理店サイトのwebフォームに入力する

②記載されている番号に電話する

このどちらかの方法で申し込みが出来ます。

webフォームから申し込むとネット代理店から電話がかかってきます。

その電話で戸建てかマンションか、ドコモスマホかなどを聞かれて、適したプランを紹介してくれます。

それと同時にキャッシュバックなどの特典についても説明してくれますので、疑問点などがあれば遠慮なく質問しましょう。

こうした説明はメモを取りながら聞くと後々トラブルにならないのでおすすめですよ。

契約プランが決まったら指定のサポートセンターに連絡して、工事日を決めます。
【工事日の注意】 混雑状況によっては希望に添えない場合があります。 特に引越しシーズンの2月~4月はかなり混雑するので早めに連絡をしましょう。

2.開通工事

新規(他社からの乗り換え)か転用によって工事内容が変わります。

①派遣工事
家に工事スタッフが来て大掛かりな工事を行う
⇒戸建て19,440円(税込み)
⇒マンション16,200円(税込み)

②無派遣工事
スタッフ派遣なし、自分でケーブルを繋いで接続する
⇒2,160円(税込み)

初めて光回線を利用する方は回線を引き込まなければならないので派遣工事は必須です。

ただし、マンションに住んでいる方で前の住人が光コンセントを設置して、そのままになっている場合は派遣工事は必要ありません。

また、乗り換えの場合で、前の光回線ケーブルを撤去していない場合も派遣工事は必要ないです。

転用の場合はフレッツ光の回線を利用するので、新たにケーブルを引き込む必要がありません。

つまり、

光回線を契約したことがない人、ケーブルを撤去した人⇒派遣工事

フレッツ光からの転用、前のケーブルが残っている人⇒無派遣工事

この場合が多いです。

ただし、お住いの条件によってこれに当てはまらない状況もあるのでご了承ください。

工事が完了したら、利用開始です。

ドコモショップで契約した場合

1.住所を伝えてドコモ光が利用できるかを確認する

戸建てもマンションもドコモのスタッフさんに住所を伝えてドコモ光が利用できるかの確認をします。

また、その時点で建物の配線方式(VDSLか光配線)も調べてくれます。

2.申し込みに必要な持ち物

基本的に

①個人情報のわかるもの(運転免許証や保険証など)
②キャッシュカードやクレジットカード

この2つが必要です。

3.プランを選ぶ

プロバイダのプランをタイプA、タイプB、単独プランから選びます。

ドコモショップのスタッフさん曰く、ほとんどの方がタイプAを選ぶようです。

4.工事日を決める

光コンセントの有無によって派遣工事か無派遣工事かが決まります。

なので、お住いの住居に光コンセントがあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

光コンセントがあるのに派遣工事をお願いしてしまうと15,000円の工事費が発生してしまいます。

申込時にわからない場合は、とりあえず工事日を決めてしまって後から電話して無派遣工事に変更するという方法もあります。

ただし、2019年5月6日(月)まで申し込んだ方は工事費が完全無料になります。

悩んでいる方は早めに申し込みすることをおすすめします。

工事の時間は申し込み時点では「○月◎日の午前中」などざっくりとしかわかりません。

前日か当日に詳しい時間の連絡が入ります。

あとは工事が来て利用を開始するまでに、Wi-Fiルーターの用意などの準備をしましょう。

僕が申し込んだ「GMOとくとくBB」だとWi-Fiルーターが無料で使えるのでおすすめです。

ドコモ光の解約方法と違約金

2年間の契約期間ありのプランの場合、更新月以外に解約すると

マンションタイプ⇒8,000円
戸建てタイプ⇒15,000円

の違約金が発生します。

2年間の契約期間ありの場合の違約金を比較してみました。
名称戸建てマンション
ドコモ光13,000円8,000円
ソフトバンク光9,500円9,500円
auひかり9,500円9,500円
ビッグローブ光9,500円9,500円
NURO光9,500円9,500円
マンションの違約金は他の比べると少し安いですが、戸建ては3,500円高くなります。

今は乗り換え先の光回線で違約金は負担してくれるのでそこまで大きな問題ではありません。

大手でいうとソフトバンク光とauひかりになります。

●負担額
ソフトバンク光⇒最大10万円
auひかり⇒最大3万円

他にも期間限定のキャンペーンで他社の違約金を負担してくれる光回線もありますが、通年行っていて大手の光回線だと上記の2社ですね。

工事費の残債、違約金、撤去工事費など解約時に発生したものが対象になります。

面倒な手続きなどもないので、違約金が発生した場合は必ず利用しましょう。

工事費の残りは一括払い

ドコモ光に限らず工事費の残りは翌月に一括払いになります。
※工事費無料キャンペーン中に申し込んだ場合はいつ解約しても工事費の残債は発生しません。

それでは、ドコモ光の工事費の概要を説明していきますね。

ドコモ光の工事費は最大60回の分割払いができます。

戸建て⇒19,440円(税込み)
マンション⇒16,200円(税込み)
 戸建てマンション
12回1,620円1,350円
24回810円675円
36回540円450円
48回405円337円
60回324円270円
auひかりのように、月々の料金から工事費の割引サービスは行っていませんが、稀にキャンペーン期間中であれば工事費が無料になる場合があります。

○解約の場合

工事費の残りを一括で支払わなくてはいけません。

例:戸建で24回払いを契約し、1年で解約した場合

19,440円-(810円×12カ月)=9,720円

工事費の支払いで9,720円が発生します。

2年以内の解約なので13,000円の違約金も追加され

9,720円+13,000円=22,720円の支払いになります。

対処法はドコモ光の工事費の分割を60回にする。

ドコモ光の工事費は最大60回の分割払いにできます。

12回の分割払いも60回の分割払いにしても工事費は変わりませんし、リボ払いみたいに利息が高くなるわけではありません。

ソフトバンク光やauひかりのように工事費の残債を負担してくれる光回線に乗り換えるのであれば、工事費の残債を負担してもらえばよいし、工事費の残債を負担してくれない光回線に乗り換える場合でも、結局支払う金額は変わりません。

利息が発生するのであれば、60回の分割払いはおすすめしませんが、支払う金額が変わらないのであれば60回の分割払いにして、残債を乗り換え先の光回線に負担してもらうのが一番お得になる方法です。

ドコモ光の解約方法は電話とショップ

ドコモ光の解約方法は電話とドコモショップの2つです。

解約するときはドコモの携帯電話の契約内容を確認されるので、

ネットワーク暗証番号を口頭などで答える必要があります。

逆にドコモの携帯を契約していない人は会員IDが必要になります。

契約した時にドコモから送られ来た書類に会員IDが記載されているので確認してください。

解約の手続きをする場合は下記へ電話してください。
ドコモ光インフォメーションセンター 電話番号:0120-800-000/151(ドコモ携帯からの場合) 受付時間:午前9時〜午後8時
※解約手続きは事前予約がおすすめ

電話やドコモショップで解約する場合は、事前に予約をしてください。

電話の場合は中々つながらないことがありますし、ドコモショップの場合は混雑していると手続きの案内をされるまでに非常に時間がかかります。

ドコモショップの事前予約はwebでできるので解約手続きをする数日前に予約しておけば、スムーズに解約手続きをすることができますよ。

引越し先でドコモ光が使えない場合

ドコモ光を契約していて、引越し先で使えない場合にかかる解約金について説明します。

○違約金は発生しませんが、工事費の残債が残っている場合は一括で支払い。

ソフトバンク光も同じです。

auひかりに限っては更新月じゃないと違約金が発生します。

違約金は無料だけど、工事費の残債は支払わなければならないという光コラボがほとんどです。

新規申込みは工事前なら無料で解約できる

新規でドコモ光を申し込んだ人は、工事をする前であれば無料で解約することができます。

その場合解約金や工事費が発生することはありません。

工事の2日前の午後9時までであれば申込みを無料で解約できますので、

ドコモ光の申込みをしたけど解約したい人は、早めに解約を行いましょう。

逆に工事をしてから解約すると、ネットを使っていなくても解約金や工事費の残債が発生してしまいます。

工事が終わってしまうと、クーリングオフもできませんので注意してください。

レンタルしたものは必ず返却

ドコモ光を申し込んだ時にレンタルしたモデムやWi-Fiルーターは必ず返却しましょう。

ルーターの返却については、ドコモ光から返送用キットを送ってくれます。

返却しないと、ドコモやプロバイダから催促の電話がかかってきてとても面倒になります。

一番問題なのは返却しなかったら、モデムやWi-Fiルーターの賠償金が請求されます。

賠償の金額は場合によってことなりますが、10,000円以上が請求される場合もあります。

解約するときはドコモとプロバイダの両方に返却するものはないかを確認した方がいいでしょう。

またレンタルしたものによって返却する場所は異なる場合があるので、返却先も確認してください。

月末に解約しても大丈夫

ドコモ光は解約手続きをすると、その日の内に解約されます。

他の光回線であれば、解約処理が完了するのに6営業日かかる場合もあります。

そうなると、月末に申し込んでも解約手続きが翌月にまたいでしまいます。

ドコモ光であればそのような心配はないので安心です。

さらにドコモ光の解約月の月額料金は日割計算がされません。

つまり、1日に解約しても31日に解約しても同じ月額料金を支払うことになります。

ドコモ光は即日解約できるので、ギリギリまで使うこともできます。

ただ手続きの時にとトラブルが発生する場合もありますので、20日前後には解約をした方が安全ですよ。
★ドコモ光の解約方法について詳しく知りたい方はこちら ⇒ドコモ光の解約方法をわかりやすくまとめました。

ドコモ光を引っ越し先で契約するときのお得な方法

ドコモ光を引っ越し先で利用する場合、4つのパターンがあります。

1.ドコモ光の契約を「解約・新規申込み」で契約する
┗引っ越し先でプロバイダを変更したい人
┗手間がかかってもできるだけ費用を抑えたい人

2.ドコモ光の契約を「移転・引っ越し手続き」で継続する
┗費用面のお得さより、少しでも手間を減らしたい人
┗引っ越し先でプロバイダを変更したくない人

3.ドコモ光から他社光回線に乗り換える
┗ドコモユーザーじゃない人、他のスマホに変えたい人

4.他社光回線から引っ越し先でドコモ光を新規契約する

どのパターンでも共通するのは「事務手数料」と「開通工事費」がかかることです。

引っ越し先でドコモ光をお得に契約するには「事務手数料」と「開通工事費」をできるだけ安くするか、キャンペーンを利用することです。

1.ドコモ光を再契約し直す場合

この場合で1番お得になるのは以下の条件が揃っていることです。

★工事費無料キャンペーンが実施中
★15,000円のキャッシュバックが受け取りできる
(●ドコモ光の更新月に解約できること)

タイミングよく更新月に解約できるなら、なお良いですが更新月じゃなくてもお得にはなります。

工事費無料キャンペーンの実施中の重要性

工事費無料キャンペーンが実施中なら、開通工事費の支払いが不要だからです。 auひかりなどの工事費無料キャンペーンは、工事費の支払いは発生しますが、毎月の支払いから値引くすることで実質無料になります。 ドコモ光の工事費無料キャンペーンは、そもそも工事費の支払いがないことがお得です。 ()内の料金は工事費無料キャンペーンを適用時の料金です。
 新規契約
(更新月)
新規契約
(更新月以外)
タイプ戸建て
・マンション
⇒戸建て
戸建て
・マンション
⇒マンション
戸建て
⇒戸建て
マンション
⇒マンション
解約金0円0円13,000円8,000円
開通工事費18,000円
(0円)
15,000円
(0円)
18,000円
(0円)
15,000円
(0円)
事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円
合計21,000円
(3,000円)
18,000円
(3,000円)
34,000円
(16,000円)
26,000円
(11,000円)

キャッシュバックで費用がマイナスどころかプラスに

引っ越し先でドコモ光を再契約する場合の費用は、工事費無料キャンペーンがあれば、1番安くて3,000円、高くて16,000円です。

安いパターンは更新月のタイミング、高いパターンは更新月以外のタイミングでの解約です。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているネット代理店やプロバイダ、家電量販店から申し込みすれば、かなりお得になります。

2019年3月現在、僕がおすすめするのは以下の5社のプロバイダからドコモ光を申し込みすることです。

●GMOとくとくBB
●So-net
●DTI
●ぷらら
●OCN

GMOとくとくBBは最大2万円、その他のプロバイダでは15,000円のキャッシュバックを実施しています。

同じ窓口からのキャッシュバックは1度しか適用されないので、申し込み窓口に確認するようにしてくださいね。

2.ドコモ光の移転・引っ越し手続きする場合

このパターンだと2019年3月の時点で、1番お得になるのはドコモ光の「引っ越しキャンペーン」を受けることです。

ドコモ光の引っ越し手続きでかかる費用は、条件によって以下のように異なります。
 移転手続き
(同じNTT東西以内)
移転手続き
(NTT東・西またぐ)
タイプ戸建てマンション戸建てマンション
解約金0円0円0円0円
開通工事費9,000円7,500円18,000円15,000円
事務手数料2,000円2,000円2,000円
+2,000円
2,000円
+2,000円
合計11,000円9,500円22,000円19,000円
この「事務手数料」と「開通工事費」を引っ越しキャンペーンがdポイントで還元してくれます。

ドコモ光の引っ越し工事費無料キャンペーンの概要

【進呈されるdポイント】
●事務手数料:2,000pt
●移転工事費:2,000pt~最大18,000pt
●有効期限:6ヶ月間
●進呈のタイミング:引っ越し先でドコモ光を利用開始した翌々月

【条件】
●ドコモ光定期契約中で、引っ越し先でも引き続き契約すること
●引っ越し手続きをWEBからし、「ドコモ光引っ越しweb手続きセンター」からの電話で受付完了させること
●ドコモ光とドコモのスマホの契約者がdポイントクラブ会員であること

3.ドコモ光から他社光回線に乗り換える場合

ドコモ光から他社光回線に乗り換える際に、おすすめなのができるだけお得になるキャンペーンを多く適用させることです。

違約金や工事費残債を負担してくれる「乗り換えキャンペーン」

例
コミュファ光
auひかり
ソフトバンク光

ドコモ光を更新月以外で解約したり、ドコモ光の開通工事費の残債がある場合には、あった方がいいキャンペーンです。

「乗り換えたキャンペーン」を実施している光回線は少なくないので、使っているスマホが割引になる光回線でまずは探してみてください。

開通工事費が無料の「工事費無料キャンペーン」

例
NURO光
auひかり
ソフトバンク光

この「工事費無料キャンペーン」も実施している光回線は結構あります。

NURO光やau光の場合、毎月のネット使用料金から値引きする方法です。

auひかりの場合は60回払いなので、実質無料になるのはかなり先です。

もし、60回払いが終わる前に解約する場合には、一括で残債の支払いをすることになります。

その際はまた「乗り換えキャンペーン」を実施している光回線に乗り換えることをおすすめします。

新規申し込みでも継続でも関係なく特典がもらえる「お引っ越しキャンペーン」

例
ソフトバンク光

契約中の人が引っ越し先でも継続する条件の「引っ越しキャンペーン」などはあっても、新規申込者に対しての引っ越し特典はあまり多くありません。

もしこういったキャンペーンや特典があればラッキーです。

4.他社光回線からドコモ光に新規申込する場合

他社光回線を契約していて、引っ越しと同時にドコモ光に乗り換えたい人に対応した特別なキャンペーンはありません。

1番お得になるおすすめの申し込み窓口は、ドコモ光のプロバイダの以下の5社から申し込みすることです。

●GMOとくとくBB
●So-net
●DTI
●ぷらら
●OCN

1番おすすめなのは『GMOとくとくBB』です。

引っ越し先で様々な専門チャンネルが楽しめるテレビオプションも契約するなら最大20,000円のキャッシュバックがあります。

オプションなしでもキャッシュバックはもらえます。

また、GMOとくとくBBは速度の評判もよく、僕も利用していておすすめのプロバイダです。

ドコモ光テレビオプションのプランと月額料金

ドコモ光のテレビオプションはいくつかあり、月額料金はプランによって異なります。

●ドコモ光オプション
地上デジタル放送+BSデジタル放送
月額660円(税抜き)
※2018年12月より月額750円

●ひかりTV for docomo
ドコモ光回線で地上デジタル放送、BSデジタル、dTVチャンネル、ディズニーやアニメストアなど79の専門チャンネルが見れるサービスです。
【月額料金】
通常料金⇒3,500円
2年割⇒2,500円

●ドコモ光オプション+スカパー
対象の48チャンネルの中から5チャンネルを選ぶプランから、60チャンネル以上を見放題にできるテレビサービスです。
 セレクト5セレクト10基本プラン光パックHD
ドコモ光テレビオプション750円
スカパー月額基本料金390円
パック料金1,883円
(加入月は無料)
2,600円
(加入月は無料)
3,600円
(加入月は無料)
3,762円
(加入月は無料)
チューナー代0円900円
(24ヵ月無料
25ヵ月以降)
合計3,023円3,740円4,740円5,802円
●ひかりTV for docomo+DAZN for docomoの月額料金

「DAZN」ダゾーンとはスポーツをメインとした番組です。

【ドコモユーザー】
通常料金⇒4,280円
2年割⇒3,280円

【ドコモユーザー以外】
月額料金⇒5,050円

正直、ドコモのテレビサービスは安いとは言えません。

dTVとdアニメストアなどここでしか観られないものがどうしても観たい!というのであれば満足できるかもしれませんが

なんか暇なときに映画やドラマ、アニメが観たいな~、YouTubeを大画面で観たいな~

と何となく考えている方はFire TV StickやChromecast(どちらも約5,000円)を購入したほうがコスパがいいです。

また、休日にたまに映画などを観たい方には、アマゾンプライム(400円/月)やNetflix(650円/月~)もおすすめです。

コスパという面では本当は1番のおすすめは「ドコモ光×ぷらら」です。

ドコモ光でぷららを契約すれば「ひかりTVエントリープラン」という特典があるからです。

しかし、ぷららは「速度が遅い」という口コミ・評判であることが不安要素です。

ぷららの高速化サービス「v6エクスプレス」(無料)で、速度が改善されていれば、映像が好きな人にはダントツでおすすめします。

ぷららの「v6エクスプレス」の口コミが少ないのがおすすめしにくい点です。

ちなみにぷららの「ひかりTVエントリープラン」はパソコン、スマホ、タブレットでの鑑賞で、dTVやdTVチャンネルは含まれません。

ひかりTV for docomoはドコモテレビターミナルが必須

ひかりTV for docomoはスカパーと違って工事費はいりません。

その代わり「ドコモテレビターミナル」が必要です。
ドコモテレビターミナルでできること ドコモテレビターミナルは、HDMIケーブルでテレビと繋げるとテレビで映像を楽しめるようになる機器です。 専用のリモコンで画面の操作ができます。 ひかりTV for docomoだけでなく、youtubeなどもテレビ画面で見ることができます。
ドコモテレビターミナルは、ドコモショップやオンラインストア、家電量販店でも購入できます。

工事をしたくない人はスカパーよりも、ひかりTV for docomo方が簡単でおすすめです。

ひかりTV for docomoの注意点

●ひかりTV for docomoに繋げるテレビは1台だけ

●ダビングするにはハードディスクが別途必要

●ひかりTV for docomoを解約すると録画データは消える
※SONYの「PC TV Plus」というパソコン用ソフトウェアで保存できるようになります。

ひかりTV for docomoのキャッシュバックがある申し込み窓口

2019年3月現在は、GMOとくとくBBからドコモ光と同時に申し込みするとキャッシュバックがもらえます。

●ドコモ光+ひかりTV for docomo+DAZN for docomo
⇒20,000円

●ドコモ光+ひかりTV for docomo
⇒18,000円

●ドコモ光+DAZN for docomo
⇒15,000円

どのプランもドコモ光(2年契約)を希望するテレビプランと同時に申し込み、2019年5月31日に開通することが条件です。

ひかりTV for docomoの公式キャンペーン

ドコモ光公式キャンペーンで、「ひかりTV for docomo」を新規で申し込むとdポイント(期間・用途限定)2,500pt進呈されます。

公式キャンペーンなので、キャッシュバックがある『GMOとくとくBB』から申し込みしても適用されるキャンペーンなのでお得です。

適用条件

●「ひかりTV for docomo(2年割)」を新規申し込みすること

●期間内に「ひかりTV for docomo(2年割)」を申し込みし、翌月末まで継続利用すること

●「ひかりTV for docomo(2年割)」の契約者がdポイントクラブ会員であること

●ドコモ光(定期契約あり)を新規申し込みをし、申し込み月を含む7ヵ月以内にドコモ光を開通していること
※転用は対象外です

dポイントの進呈はドコモ光の開通日の翌々月中旬ごろに進呈されます。

また、もらえるdポイントは有効期限が6ヶ月の期間・用途限定のdポイントです。

★ドコモ光のテレビオプションの詳しい記事はこちら

ドコモ光と他の光回線の比較

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える(転用)場合の注意点

ドコモ光への転用手続きは承諾番号取得がスタート

転用の流れをここでささっと説明していきます。

フレッツ光から転用する場合は、開通工事や面倒な手続きが必要ないので楽です。

一番面倒くさいなあと感じるのが①の「転用承諾番号」の取得だと思います。

ただ、そこさえクリアしてしまえば後はスルスルと手続き出来ますよ。

ちなみに、フレッツ光東日本と西日本は承諾番号の申請先が違うだけで後の手続きは一緒です。
【転用の手順】 ①「転用承諾番号」を取得する ②ドコモ光に申し込む ③ 開通手続きを行う

①「転用承諾番号」を取得する

転用で一番大事なのが、NTT東日本・西日本から転用承諾番号を取得することです。

この転用承諾番号はドコモ光に申し込む際に伝えます。

転用承諾番号はNTTの専用窓口にて電話かWebで取得の申請を行いましょう。
【転用承諾番号の取得に必要な情報】 ・お客様ID/ひかり電話番号/連絡先電話番号(いずれか一つ) ・契約者名 ・利用場所住所 ・利用料金の支払い方法
申請先は、NTTの東日本と西日本で異なるので、以下のWEBページか電話番号から申請してください。

新生活の時期は、電話をしても繋がりにくい場合が多いので、Webでの申請をおすすめします。

●NTT東日本
Webでの申請はこちら
TEL 0120-140-202(9:00~17:00)

●NTT西日本
Webでの申請はこちら
TEL 0120-553-104(9:00~17:00)

転用承諾番号を受け取ったら忘れないようにメモをしておきましょう。

②ドコモ光に申し込む

転用承諾番号を受け取ったら早速ドコモ光に申し込みましょう。

どの窓口から申し込んでも公式のキャンペーンは受けられますが、僕がおすすめする窓口から申し込むとかなりお得です。

申し込みは、アンケートに答えてから氏名・住所・電話番号などの個人情報を入力するだけです。

ドコモショップや家電量販店など対面での申し込みでは直接質問が出来て安心感がありますが

必要のないオプションをつけられたり、お客さんが多く、申し込みに時間がかかったりします。

ネットでの申し込みであればお家でポチポチするだけで終わるのでとっても楽ちんです。

③開通手続きを行う

申し込みが完了してから1週間ほどで、申し込み先から電話がきて開通手続きを行います。

その電話での手続きの際に、NTTから取得した転用承諾番号を伝えます。

開通の案内についての書類が送られてきて、回線切り替え日が書面で書かれています。

回線切り替え日が、フレッツ光からドコモ光に切り替わる初日になるので、その日にインターネットの接続設定を行う必要があります。

ドコモ光の申し込みを完了してから平均2週間ほどで利用開始できます。

フレッツ光からドコモ光に転用する場合工事は必要ありませんが、利用者自身で自宅内の各種機器の接続や設定を行う必要があります。

インターネットの接続方法については後ほど詳しく説明しますが、

回線切り替え日から90日以内に接続しないとドコモ光の契約が解除される場合があるので注意しましょう。

⇒フレッツ光からドコモ光への転用についてもっと詳しく知りたい方はこちら

ドコモ光の工事について

ドコモ光の工事は光コンセントがあるかどうかによって、内容や費用にちがいがでます。

家の壁に画像のような光コンセントがついていれば、無派遣工事となります。

この場合はドコモからモデムが送られてくるので、それを自分で取り付けるだけです。

作業員が来て工事をすることもないので、立ち合いもいらないです。

光コンセントがない場合は派遣工事となり、工事作業員が来て作業をすることになります。

そのため工事の立ち合いをする必要がありるので、工事日を決めて時間を空けておく必要あります。

実際にどんな工事になるのかを簡単に紹介します。

派遣工事の内容

派遣工事は作業員が来て、ドコモ光の開通工事を行います。

申込みの時に予約した工事日に、作業員がやってきます。

基本的には電柱から光回線を建物まで引き込む作業になります。
工事手順 1.電柱から光ファイバーを室内に引き込む 2.光コンセントを設置する 3.光ファイバーとモデムを接続する 4.モデムとをパソコンと接続して基本設定する
光コンセントは電話のモジュラージャックなどをとりはずして、設置します。

モデムは工事の当日に作業員がもってきてくれるので、何か事前に準備する必要はありせんよ。

ただ作業員の人はモデムやWi-Fiルーターの設定はやってくれません。

自分で設定をする必要がありますが、難しくないのですぐに設定できます。

ただ不安な人はプロバイダの訪問サポートを使うか、ドコモへ連絡すればサポートしてくれます。

無派遣工事の内容

無派遣工事の場合はドコモから送られてきたモデムを自分で光コンセントに接続するだけです。

モデムは郵送で自宅に届くので、受け取ったら接続と設定をすればネットが使えるようになります。

作業員は来ないので立ち合いは不要ですし、90日以内に接続すればいいので時間があるときに作業できますよ。

ただ接続が完了していなとドコモから連絡が来る場合もありますので、なるべく早めに接続したほうがいいですね。

工事で穴をあけることはほとんどない

ドコモ光の工事で、壁に穴をあけることはほとんどありません。

・多目的配管
・電話線
・エアコンダクト

など光回線を通すことがルートがあれば、壁に穴を空けることなく工事をすることができますよ。

逆に、光回線を通すルートがない場合は壁に穴を開ける必要があります。

穴はおよそ直径1㎝ほどなので、そこまで目立つ穴ではありません。

穴を空けるかどうかは、工事前に作業員の方が教えてくれるので、

勝手に壁に穴を空けられる心配はありませんよ。

ただ壁に穴を空けたくないのに、作業員からどうしても穴を空けないと工事ができないと言われることもあるんです。

そんなときは無理に工事を進めるのではなく、工事をキャンセルした方がいいですよ。

工事の当日でも、工事を始めなければ無料でキャンセルすることができます。

一度工事をキャンセルして、ほんとうに壁に穴を空けてもいいのかをじっくり考えてみましょう。

工事をする場合は再度ドコモへ工事日の予約の連絡をすればオッケーです。

工事をしないときもドコモへ連絡して、申込みのキャンセルをしてください。

工事費や事務手数料は発生することなく、申込みをキャンセルすることができますよ。

マンションの人が確認してほしいこと

マンションでドコモ光の工事をする人は確認してほしいことがありますので、紹介しておきます。

工事前に建物の持ち主に連絡を!

ドコモ光の工事をする時は必ず、建物のオーナや大家さんなどに連絡をして工事の許可をもらいましょう。

許可なく工事をしてしまうと、後々トラブルの原因になることがあります。

特に工事の時に建物に穴を開けてしまった場合、退居するときに弁償させられる場合がありますよ!

また建物によっては大家さんやオーナーの立ち合いがないと、当日に工事ができない場合もあります。

トラブルの原因や当日の工事が中止にならないように、事前に建物の持ち主に連絡をしておきましょう。

工事ができない建物がある

光回線の工事ができないマンションやアパートがあります。

特に建物の持ち主から工事の許可をもらえない場合、家で光回線を使うことができなくなります。

工事ができない場合は残念ながら、ドコモ光を使うことができません。

家に光回線を引き込むことができない場合は、工事が不要なWiMAXなどを使えば家でネットが使えるようになります。

通信速度は光回線よりも遅く、また3日で10G使うと速度制限になってしまうデメリットがあります。

ただ外へ持ち運びもできるので、どうしても工事ができない場合はWiMAXを検討してみてください。

ドコモ光の工事費用について

ドコモ光は建物によって工事費は異なります。

・派遣工事の場合
戸建て:18,000円
マンション:15,000円

・無派遣工事の場合
マンションも戸建ても2,000円

また派遣工事を土日、祝日または年末年始(12月29日~1月3日)にした時、追加料金で3000円が発生します。

なるべく平日に工事をした方が、ムダな出費をへらすことができますよ。

忙しくて平日に時間が取れない場合は、工事を代理の人に頼むこともできます。

工事費は一括より分割がおすすめ

ドコモ光は派遣工事の場合のみ、工事費を分割払いで支払うことができます。

分割回数は12回・24回・36回・48回・60回から選ぶことができ、

もし分割支払いを選んでも、ドコモショップに行けばあとで一括支払うこともできますよ。

無派遣工事は一括のみの支払いになりますので注意してください。

分割支払いにしたすると、解約した時に工事費の残債が発生するので、

できれば一括で支払いをしたいという人もいますよね。

特に工事費の残債があると他の回線に乗り換えるときに、ネックになります。

実はソフトバンク光のように工事費の残債を負担してくれる回線もあるんです。

一括で支払った場合は、工事費の残債は負担してくれません。

工事費の残債を負担してくれれば、実際に払う金額が少なくなります。

できれば工事費を分割にしておいて、工事費の残債を負担してもらえるようにした方がお得になりますよ!

立ち合いは代理人に頼める

ドコモ光の立ち合い工事は代理人に頼むことができるので、忙しい人は追加工事費のない平日にでも工事ができますよ!

契約者本人が立ち合う必要はありません。

ドコモへ連絡して代理人が立ち合うことと、代理の人の連絡先を伝えればオッケーです。

工事日の当日は作業員から代理人へ工事の連絡がいくので、あとは工事を立ち合ってもらうだけです。

代理人は身内でなくてもいいので、ぼくは平日に予定が空いていた後輩に立ち合いを頼みました。

特に問題なく工事が終了したので、土日の追加料金を支払いたくない人は代理の人に頼みましょう。

派遣工事は1時間程度

派遣工事にかかる時間は30分~1時間程度です。

工事の内容によってはもっと時間がかかる場合もありますが、そのようなケースはあまりないみたいです。

作業員が来る時間は、午前(9時~12時)と午後(13時~17時)でわかれています。

事前に○時から工事をするという予約はできません。

作業員は工事日の当日に「あと何分後に行きます!」と連絡をしてくるので、遠くまで出かけるのは控えた方がいいですよ。

特に午後の人は13時~17時の間に作業員がくるので、それまで家で待機しておかないといけないのが不便です。

ドコモ光の工事の時は一日予定を空けていた方がいいかもしれません。

工事が中止されるケースもある

ドコモ光の工事をする時に、作業員の方から工事ができないと言われることもあります。
・光回線を通す配管がつぶれていた ・光回線を通すために特殊な道具が必要 ・自治体や近所の人の許可が必要
などとても特殊なケースにりますが、工事が中止になることがあります。

特に光回線を通すために、実は自治体や近所の人の許可が必要だった

ということがあるそうです。

ほとんどないことですが、その場合は自分で許可をもらう必要があります。

⇒★ドコモ光の工事についてわかりやすく説明してある記事はこちら

おまけ:ドコモ光について

ドコモ光とは

ドコモ光とは、NTTドコモが提供する最大速度は1Gbpsの光回線です。

ドコモユーザーにとって、ドコモ光はスマホとのセット割でお得になる光回線です。

初期費用

ドコモ光を開通するときの初期費用が次の2つです。

●事務手数料3,000円(税抜き)
●開通工事費
⇒戸建て:18,000円(税抜き)、マンション:15,000円(税抜き)

開通工事費は一括払い以外にも12回払い~60回払いまでできます。

光電話やテレビオプションも契約する場合は、別途費用がかかります。

ドコモ光のエリア

ドコモ光の提供エリアは26都道府県の一部の地域となっています。

東日本エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、 群馬県、福島県、北海道の一部

西日本エリア

大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、 香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の一部
ドコモ光対象外のエリアも多いように感じるかもしれませんが、実際は対象エリアは広い方です。

ドコモのスマホの「シェアパック」を離れて暮らす家族ともシェアするときにもメリットですね。

ドコモ光のデメリット

キャッシュバックが少ない

ソフトバンク光やauひかりは高額なキャッシュバックがあります。

しかし、ドコモ光は公式キャンペーンでキャッシュバックはありません。

また、ネット代理店からも申し込みでも、キャッシュバック額はだいたい15,000円くらいです。

他社光回線からドコモ光への「乗り換えキャンペーン」がない

ドコモ光には、他社の光回線からドコモ光に乗り換える人に対して、違約金を負担するキャンペーンがありません。

過去にはやっていたこともありましたが、ソフトバンクやauひかりのように通年を通して実施いないのがデメリットです。

解決策としてできることは、ネット代理店や家電量販店などのお得なキャンペーンをしている窓口から申し込みすることです。

ネット代理店の方がキャッシュバック額が大きいことが多いですが、時期によっては家電量販店で「乗り換えキャンペーン」を実施していることもあります。

ドコモ光でもらえるdポイントが期間・用途限定

ドコモ光での公式キャンペーンはdポイントによる還元が多いです。

しかし、2種類あるdポイントのうち、期間が短くて、用途も限定されるdポイントが還元されます。

用途・期間限定のdポイントはスマホ料金の支払いも対象外となっています。

解約金が少し高め

解約金は他の光回線と比較すると高いです。

ドコモ光から他の光回線に乗り換える場合は、違約金を負担してくれる「乗り換えキャンペーン」を実施している光回線をおすすめします。

例
●auひかり
●ソフトバンク光
●コミュファ光

この他にも「乗り換えキャンペーン」を実施している光回線もあるので、乗り換え時に確認してみてください。

料金プランがちょっとわかりづらい

プロバイダA・Bやスマホのセット割なども含め、料金が分かりづらいですね。 スマホの料金については、2019年4月頃から「安くて分かりやすい」新プランに変わることが発表されています。

WEBの代理店からはドコモユーザーじゃないと申し込めない

ネット代理店は家電量販店などの実店舗よりもキャッシュバック額などが高いメリットがありますが、ドコモユーザーが申し込み対象です。

家電量販店ならドコモユーザーじゃない人にも特典をつけてくれます。

ドコモユーザーじゃない場合は家電量販店からの申し込みがおすすめです。

まとめ

長い文章、ここまで読んでくれて本当に有難うございます。共感する部分、先々参考になりそうな分部、色々あったでしょう。情報提供不足ではあるけど、少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しい限りです。

キャンペーンやサービス内容は変わるけれど、2019年3月時点だとプロバイダは間違いなくGMOとくとくBBがおすすめです。

この記事は随時更新していきます。ブックマークなどしてちょこちょこ読みにきてもらえると嬉しいです。


The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメント

コメントを残す

*